じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2014年3月
↓バックナンバーはこちら↓
過去のLOG 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

3月30日(日)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:18℃ 水温:13.9℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、イソカサゴ、オニカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ブダイ、アケウス、ミスガイヒラミルミドリガイクロヘリアメフラシアマクサアメフラシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシアカボシウミウシマンリョウウミウシ)、ミヤコウミウシコモンウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシ)、サクラミノウミウシトラフケボリ、アヤメケボリ、ハナヤカケボリセロガタケボリ)、テンロクケボリホソテンロクケボリシロオビコダマウサギなど
※3/30のガイドコース

   アカエラミノウミウシ

コメント:春の嵐のような一日でした 強い南よりの風と雨が降りしきる中、ポイント限定で午前中のみOPENしました 牛着岩の手前のみ2ダイブしました まず1ダイブ目は小牛前 海の中は案外、穏やかでした ウミウサギの仲間を中心にご紹介しました ソフトコーラルが多いこのエリアはウミウサギの仲間がたくさん生息しています 60分じっくりフォトダイブを満喫しました 続いて2ダイブ目は大牛の手前のみのダイブです 季節柄でしょうか、アカエラミノウミウシとサクラミノウミウシが大発生中です あちらこちらで見られました 陸上でも桜が見ごろですね 一日ごとに暖かくなってきます もうすぐゴールデンウィークです 冬場、潜っていなかった方は是非、潜り初めに遊びにいらして下さいね!

3月29日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:14.0〜13.8℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:イズヒメエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ (動画)、ブダイ、シマウミスズメ、キタマクラ、ヒラメカイカムリヒラミルミドリガイ動画)、クロヘリアメフラシ、ヒロウミウシ、ベッコウヒカリウミウシゴマフビロードウミウシ(写真)コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシ、マンリョウウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシサクラミノウミウシハナヤカケボリヒラムシの仲間など
※3/29のガイドコース

   ゴマフビロードウミウシ

コメント:引き続き春爛漫の暖かい一日でした 本日も3ダイブしてきました 今日はマクロ系でない方もご一緒しましたので久し振りに泳ぐダイビングもしました ただ、透明度が悪くワイドには厳しかったですが…(>_<) まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー 久し振りに-24mアーチをくぐりました そのままたて穴をご案内 根頭で軽くウミウシの仲間を紹介してクレバス〜水路〜湾内ブイでエグジットしました たて穴の根頭では昨日に続きゴマフビロードウミウシ、通称ゴマちゃんが見られました ホント、愛くるしいウミウシですね 2ダイブ目はグンカンからエントリーして-24mアーチブイでエグジットしました 久し振りに泳ぐダイビングでしたね 大きな、おそらくイズヒメエイが見られました 深場のウスアカイソギンチャクをチェックしましたが残念ながら大好物のアヤトリカクレエビは見つかりませんでした もう少し潮色が良くなればワイドも盛り上がってきますね ラスト3ダイブ目は-16mアーチ周辺をじっくりご案内しました 最近、慣れてきた中くらいの大きさのコブダイが近づいてきてダイバーのまわりをずっとウロウロしていました その後、浅場でウミウシの仲間をチェックしながら元のブイでエグジットしました 陸上は汗ばむほど暖かくなりました 冬眠していたダイバーの皆さん、そろそろ冬眠から起きてご一緒しましょう

3月28日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:13.9〜13.7℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ(写真)、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、コブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間動画)、アカホシカクレエビ動画)、カイカムリ動画)、コンシボリガイミスガイスイートジェリーミドリガイヒラミルミドリガイセトミドリガイクロヘリアメフラシヒロウミウシシロイバラウミウシミツイラメリウミウシサガミコネコウミウシアカボシウミウシゴマフビロードウミウシイガグリウミウシミヤコウミウシフチベニイロウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ、シラユキウミウシ、ワライボヤマツカサウミウシ、サギリオトメウミウシ、オトメウミウシ、アヤメケボリトラフケボリ、ツマニケボリ、ハナヤカケボリシロオビコダマウサギテンロクケボリソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間トラウツボに付いた寄生虫動画)など
※3/28のガイドコース

   ベニカエルアンコウ

コメント:いいお天気になりました 本日、マクロ系フォトダイブで60分×3本勝負でした まず1ダイブ目は−24mアーチブイからエントリーしてクレバス経由で湾内ブイへ 軽くヨタは残っていたもののまずまずのコンディションでした(潮色は…×) −24mアーチの根頭ではたくさんのウミウシの仲間が見られました そしてたて穴の根頭では頻繁に見られているコンシボリガイやミスガイも見つかり盛り上がりました(^o^) 2ダイブ目は大牛裏カドからエントリーして大牛洞窟方面へ行きました たまたまベニカエルアンコウを発見 色彩が地味で擬態の上手い個体でした その後、カイカムリやアカホシカクレエビなどをご紹介して大牛洞窟前へ エグジット時間が迫っていたのであまりじっくりは探せなかったのですが久し振りにフチベニイロウミウシが見つかりました お昼休みを挟んでラスト3ダイブ目は小牛前のみじっくり60分、潜りました ソフトコーラルが多いこのエリアはウミウサギの仲間がたくさん見られますね 小牛の水路側の亀裂にいるトラウツボに寄生虫がいっぱい付いています カイアシの仲間っぽいフォルムなんですが大きくて黒っぽい色をしています 動きは速くてピョンピョン移動します 興味のある方はリクエストして下さいね(笑)

3月27日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:14.0〜13.8℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ハオコゼ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、マアジ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、コケギンポの仲間動画)、マルタマオウギガニヒラミルミドリガイビワガタナメクジクロヘリアメフラシヒロウミウシミツイラメリウミウシコモンウミウシ)、アオウミウシサラサウミウシ)、ミヤコウミウシマツカサウミウシ属の一種3(写真)オトメウミウシサクラミノウミウシコガネミノウミウシアヤメケボリ)、トラフケボリセロガタケボリ)、テンロクケボリホソテンロクケボリシロオビコダマウサギソリキヌヅツミなど
※3/27のガイドコース

   マツカサウミウシ属の一種3

コメント:昨日の雨が上がりすっかりお天気が回復しました でも波、ウネリともやや強く厳しいコンディションでした 水深-15mくらいでもウネリの影響で揺すられました 浅場でウミウシ探しをしようと思ったのですが断念…(>_<) ウネリの影響を受けにくい場所を探しながらのダイビングでした 潮色は昨日と変わらず、水温は少〜し下がりました H型のアーチ内にはキンメモドキやツマグロハタンポの群れがぐっちゃり詰まっていました ともかく春濁りの影響でワイドは厳しいのであまり移動せずにじっくりマクロ系をウォッチしたり撮影するのがオススメですね クレバスではやや大きな通称ワライボヤマツカサウミウシ(見出し写真)が見られました 2ダイブ目はウネリを避けて小牛の前のみ潜りました ヤギ類ではトラフケボリやアヤメケボリ、ウミトサカの仲間ではテンロクケボリ、セロガタケボリ、シロオビコダマウサギなどのウミウサギガイ科の仲間がたくさん見られました ダイビング中、やや大きなコブダイがエサをねだりに近づいてきました フレンドリーでとてもカワイイですよ! 明日も引き続きお天気になりそうです じっくりマクロ系のフォトダイブ・リクエストです

3月26日(水)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:16℃ 水温:14.7〜14.3℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、マダイ、イシダイ、メジナ、コブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ヨコエビの仲間動画)、カイカムリイソコンペイトウガニ、ツノガニ、コンシボリガイ(写真)セトミドリガイヒラミルミドリガイスイートジェリーミドリガイ)、クロヘリアメフラシヒロウミウシコトヒメウミウシ)、ミツイラメリウミウシイガグリウミウシボブサンウミウシコモンウミウシ)、アオウミウシ)、シロウミウシサラサウミウシシラユキウミウシハナショウジョウウミウシオトメウミウシサクラミノウミウシヒブサミノウミウシコガネミノウミウシハナヤカケボリベニキヌヅツミヒラムシの仲間)、ツツボヤの一種など
※3/26のガイドコース

  コンシボリガイ

コメント:お天気はあいにくの雨降りでしたが西風がおさまりまずまずの海況に恵まれました 時折り、日差しもあり春の陽気でした 本日もウミウシ&マクロ系のリクエストで60分×2ダイブ、がっつり潜りました まず1ダイブ目は牛着岩の裏からエントリーして小牛の裏カドでエグジットしました あいにくの潮色でしたのであまり移動せずじっくりがっつりエグってきました 小牛の洞窟では本日の見出し写真のヨコエビの仲間が見られました ツルツルの光沢感が堪りませんね(笑) リクエストの生物は昨日に続いて、ボブサンウミウシとコンシボリガイが見られました 波がありましたので湾内まで引き返してブイで浮上しました 続いて2ダイブ目はロッカク岩から大牛洞窟前です じっくり心ゆくまでウミウシ撮影に没頭して頂きました〜(^o^) 明日もがっつりウミウシの仲間をエグってきたいと思います!

3月25日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:14.8〜14.6℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ホタテウミヘビ、コブダイ、トウシマコケギンポアライソコケギンポ)、ヒラメ動画)、シマウミスズメ、カワハギ、キタマクラ、イソコンペイトウガニ、ツノガニ、カイメンガニ動画)、モクズショイコンシボリガイミスガイヨコジマキセワタ(写真)セトミドリガイ、スイートジェリーミドリガイ、ヒラミルミドリガイミドリアマモウミウシクロヘリアメフラシ)、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ベッコウヒカリウミウシ)、アカボシウミウシボブサンウミウシコモンウミウシアオウミウシサラサウミウシノウメア・ワリアンスシロハナガサウミウシマツカサウミウシオトメウミウシサギリオトメウミウシアカエラミノウミウシアヤメケボリハナヤカケボリ、セロガタケボリ、テンロクケボリ、ツマニケボリ、シロオビコダマウサギ)、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミヒラムシの仲間、トラウツボに寄生虫動画)など
※3/25のガイドコース

  ヨコジマキセワタ

コメント:今週に入り桜の開花情報が報道されるようになりました 昨日は日中、Tシャツで過ごせるくらいの暖かさ 半袖で出ていた腕が日焼けするほどでした さて海の方はというと西よりの風がやや強かったたため風波が立っていました 水温はUPして15℃近くになりましたがこの時期、特有の春濁りの影響で潮色はDOWNしてしまいました(>_<) まず1ダイブ目はボブサンウミウシとコンシボリガイのリクエストでした どちらも見られて本当に良かったです ただ浅場はウネリが入っていました 続いて2ダイブ目はロッカク岩からエントリーして大牛カドをまわって湾内でエグジットしました まずはホタテウミヘビに餌付けパフォーマンスをしました 全身出てきてグッドジョブでした(^o^) その後はマクロ系をご紹介しました イソコンペイトウガニやミスガイ、ハナヤカケボリなどじっくり60分フォトダイブを満喫しました 気温、水温が上がったので寒さ知らずの快適ダイブでした お昼休憩の後、ラスト3ダイブ目はだいぶ波が高くなったため小牛の前のみのダイビングでした ただこのエリアはマクロ天国で60分ではとっても足りないくらいの生物が見られました 本日の1枚はヨコジマキセワタです 久し振りに見ました〜(^o^) 3ダイブ目の小牛前の砂地でGETしました〜

3月21日(金)

菖蒲沢 ビーチ

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:13.3℃ 透明度:7〜5m

観られた生物:イソカサゴ、メバル、ダンゴウオ動画)、スナビクニンコケギンポの仲間)、イチモンジハゼ、キタマクラ、スイートジェリーミドリガイヒラミルミドリガイ)、ミドリアマモウミウシ)、アオウミウシシロウミウシ、シラユキウミウシ、オトメウミウシ通称アオパンダボヤなど

  ダンゴウオ

コメント:三連休の初日は冬型の気圧配置が強まり大西が吹きました と、いうことで穏やかな東伊豆の菖蒲沢にお邪魔しました のんびりビーチダイブでした エントリーしてしばらくは表層(水深-3mくらい)を泳ぎ、ダンゴ岩近くまで移動してそこからダイビングをスタートしました 先週、見つけたダンゴウオは健在でした 続いてトウフ岩に移動してウミウシ探しをしました レアものは見られませんでしたがこの時期、旬のウミウシやコケギンポの仲間などが見られました 再びダンゴ岩周辺に戻ってダンゴウオ探しをしました 他の個体も見られ改めてダンゴウオ・シーズン真っ只中だな〜という印象でした エグジットエリアに向かう途中の浅場でスナビクニン探しをしました コチラもたくさん見られましたよ〜 ただ、ウネリがキツくばっちり撮影、という訳にはいきませんでした 西風が吹いたら無理せず東伊豆に移動してのんびりビーチダイブというのも楽しいですね 来週あたりから春らしくなってきそうですね 早く雲見を潜りたいですね

3月17日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:14.9〜14.6℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、キビナゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、メジナ、ササノハベラ、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、カイカムリイソコンペイトウガニ動画)、ノコギリガニ、コンシボリガイボブサンウミウシ(写真)、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシマツカサウミウシ属の一種3オトメウミウシセロガタケボリハナヤカケボリ)など
※3/17のガイドコース

  ボブサンウミウシ

コメント:前日の西風がおさまり凪になりました NOゲストでしたがイソコンペイトウガニの動画撮影と生物情報の収集で3ダイブしてきました 昨日は雲見を予定していましたが朝から風が強く、OPENしていたもののよりコンディションが良い東伊豆に移動しました 雲見は午前中のみのオープンだったのでベタ凪でのんびり潜れる菖蒲沢で正解だったのですが前日のLOGをチェックすると水温、透明度とも劇的にUPしたようで期待大です まず1ダイブ目はイソコンペイトウガニ狙いです 30分の潜水時間でしたがイソコンペイトウガニとソフトコーラルの動画撮影に費やしました(笑) 続いて2ダイブ目はウミウシ・リサーチです 以前からボブサンウミウシがいるとの情報を聞いていましたがなかなかチェックできずに今日まできました 情報通り小さくてカワいいボブサンウミウシが見られました(^o^) 潜水時間が短かったので軽くさらった程度ですが大きなコンシボリガイも見られ満足の1本でした  ラスト3ダイブ目はホタテウミヘビの餌やりとイソコンペイトウガニを再度、動画撮影しました 普段は写真でしかと撮る機会がないので動画撮影も楽しかったです YouTubeにUPしましたので是非ご覧ください!

3月16日(日)

菖蒲沢 ビーチ/ポイントM

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:13.2〜13.1℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、イソカサゴ、カサゴ、キンギョハナダイ、メジナ、カミナリベラ、オハグロベラ、ダンゴウオ、スナビクニン)、ウバウオ、チャガラ、カワハギ、キタマクラ、コウイカの仲間、サラサエビ、アシナガモエビモドキ、イセエビ、キイロウミコチョウモンガラキセワタスイートジェリーミドリガイセトミドリガイ)、ヒラミルミドリガイミドリアマモウミウシ)、クロモウミウシ)、クロヘリアメフラシヒロウミウシ)、サガミコネコウミウシマンリョウウミウシコモンウミウシ)、アオウミウシシロウミウシサラサウミウシ)、ジボガウミウシシラユキウミウシ)、ユビウミウシ)、オトメウミウシイナバミノウミウシ(写真)サクラミノウミウシセスジミノウミウシムカデミノウミウシヒラムシの仲間)、通称アオパンダボヤなど

  イナバミノウミウシ

コメント:朝から西風が強くかろうじて午前中、雲見はOPENしたようですが、穏やかな東伊豆に移動してじ〜っくりウミウシダイブを満喫してきました 今回はダンゴウオやスナビクニンが見られエグジット後に暖かいサンルームで快適に過ごせる菖蒲沢に行きました 海は今日の西伊豆とはうって変わってフラットな凪でした ただ西風が強烈なため沖合いは風波が立っていました まず1ダイブ目はビーチです お目当てのスポット、トーフ岩まで移動距離があるので少し水面移動をしました そして潜降して水底集合 春濁りですね〜(>_<) 潮色がかなり落ちてしまいました でもこの季節はウミウシがいっぱい見られます 旬のクロモウミウシやゴクラクミドリガイの仲間、ムカデミノウミウシがいっぱいいました 生物情報には上がっていなかったのですが、ダンゴウオを発見! ちびっこで動きが素早く撮影はできませんでした スナビクニンも簡単に見つかります ストライプや水玉などバリエーション色々でした 2ダイブ目はボートダイビングをしました 菖蒲沢のボートポイントは平均水深が深めなのですがポイントMに限っては浅くNDLを気にせず生物探し&撮影ダイブを満喫できます ここでは雑魚キャラのジボガウミウシは3個体 とてもカワいいイナバミノウミウシや美しいセスジミノウミウシ、そして大きなベニカエルアンコウも見られました ドチザメが集まる穴をチェックしたのですが残念ながらドチザメは見られませんでした(>_<) お引越しをしたんですかね? ホームゲレンデの雲見でなくてもたくさんのウミウシが見られて楽しいダイブでした!

3月11日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:13.3〜12.9℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、イソカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クエ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、イスズミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、オキゴンベ、タカノハダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、カワハギ、アオリイカ、オトヒメエビ、カイカムリ)、イソコンペイトウガニ(写真)ナマコマルガザミイバラウミウシソウミウシの仲間、アオウミウシ、マツカサウミウシ属の一種3オトメウミウシハナヤカケボリチヂワケボリシロオビコダマウサギヤクシマダカラなど
※3/11のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:3月に入ってからもまだまだ寒い日が続きますが予報では明日あたりから春の陽気に変わりそうですね 本日の雲見は少しウネリが入っていましたが空気が澄んでいて海越しの富士山がとてもキレイでした まず1ダイブ目は−24mアーチブイからエントリー たて穴の根経由でクレバス〜水路を抜けて湾内ブイでエグジットしました 潮色がだいぶ落ちました 春濁りでしょうか? 潜降中、カメラを立ち上げるとモニターにバッテリーLOWマークがっ(^_^;) やってしまいました… どうやら充電していなかったようです(>_<) 浅場はウネリが強かったのでクレバスでサラッとウミウシ探しをしました H型のアーチ内では大きなクエに遭遇 興味のないフリをして気配を消していた逃げずにずっとそばにいました(もしかしたらコイツも餌付けできるかも…笑) カメラがバッテリー切れのためマクロ系は早々に諦め小牛の前へ すると今日もやってきましたコブダイ若魚 久し振りの再会だったのでたっぷりとエサをご馳走しました サーフェスインターバル中にもうダッシュでショップに予備のバッテリーを取りに行きました 2ダイブ目は−16mアーチ付近からエントリー 砂地にいるホタテウミヘビにエサをあげてきました 4個体ともエサを食べるようになりノブオ以外にも一番、大きなホタテウミヘビが初めて砂地から出て全身を露わにしました あいにく撮影はできませんでそいたが マクロ系はカイカムリやナマコマルガザミ、イソコンペイトウガニなど ウミウシはイバラウミウシやオトメウミウシ、イソウミウシの仲間が見られました 水温もやや下がりましたので装備を万全にして対応しましょう!

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2013  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED