じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2014年5月
↓バックナンバーはこちら↓
過去のLOG 1月 2月 3月 4月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

5月28日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:16.8〜16.2℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、ベニカエルアンコウ、マツカサウオ、カサゴ、コクチフサカサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヘビギンポ、コケギンポの仲間イチモンジハゼ、アオサハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビオルトマンワラエビアケウス)、アオサハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ミスガイ卵隗)、ムラサキウミコチョウ)、セトミドリガイアメフラシタツナミガイミツイラメリウミウシイガグリウミウシオセロウミウシキャラメルウミウシボブサンウミウシイロウミウシの仲間コモンウミウシアオウミウシシロウミウシ)、サラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシコガネマツカサウミウシドト・ラケモサワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシサクラミノウミウシ)、スミゾメミノウミウシツグチガイトラフケボリアヤメケボリトガリアヤメケボリ)、テンロクケボリホソテンロクケボリセロガタケボリ)、ベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミ)、ワレカラの仲間ヒラムシの仲間)など
※5/28のガイドコース

  フジイロウミウシ

コメント:朝一番は午前中のウネリが残っていましたが、徐々に回復する予報です 雨が降ったため河川から冷たい水が流入し水温が下がってしまいました(>_<) でも潮色はまずまずです まず1ダイブ目は−24mアーチブイからエントリーして水路〜湾内ブイでエグジットしました ニヤ潮(小牛から大牛方面への潮流)が結構、キツかったですね お目当てのボブサンウミウシをご紹介してたて穴へ 入口にいるフチベニイロウミウシは珍しく岩の窪みから出ていました(^o^) 大きくてキレイなウミウシです 水路ではオススメのワライボヤマツカサウミウシをチェック 平均水深が深かったので当店としてはやや短めの50分のボトムタイムでした 続いて2ダイブ目は流れを避けて雲見のウミウシのビッグポイント、大牛洞窟前へ ラインナップが揃ってきましたね〜 60分がっつり潜りました(^o^) お昼休みを挟んでラスト3ダイブ目は小牛前カドから小牛前のみじっくり50分 エグジットは湾内ブイです ウミウサギの仲間を中心にご紹介しました 水温はまだ安定していませんがウェットスーツに衣替えしました これからいよいよ伊豆半島のダイビングの本格的なシーズンです 当店で是非、地形、ワイド、マクロとオールインワンで楽しめる雲見をご案内させて下さい(^o^)

5月26日(月)

川奈 ビーチ

天候:曇り 気温:24℃ 水温:19.0〜18.6℃ 透明度:6m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウホソウミヤッコミノカサゴ)、カサゴ、オニカサゴ、セレベスゴチ)、ダンゴウオ)、イチモンジハゼ、アカイソハゼムスメウシノシタアオリイカ(写真)アオリイカの卵隗マダコ)、アケウスユビウミウシベニキヌヅツミヒトデの仲間コぺポーダメダマイカリムシなど

  アオリイカの産卵

コメント:TOA会(TUSAオフィシャルアドバイザーの集い)が川奈で行われました みんなで川奈ビーチを潜りました 初めて潜ったポイントでしたがガイドしてもらい今シーズン初めてアオリイカの産卵シーンが見られました ダンゴウオのあくびシーンもみられとても楽しかったです! 潮色は雲見とさほど変わりませんでしたが、水温が上がりました〜(^o^) お天気が今ひとつだったのでドライスーツで潜ったのですがこの水温でしたらウェットスーツでも大丈夫ですね アフターダイブはミーティングを行いました 色々な話が聞けました ミーティングの後はホテルに移動 チェクインを済ませた後、メンバー全員で宴会をしました 楽しい時間はあっという間に過ぎました TUSA児島さん、本当におつかれさまでした そしてお世話になりました 明日は雲見でじっくりウミウシダイブです LOGの更新をお楽しみに!

5月23日(金)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:21℃ 水温:17.8〜17.6℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ(写真)、トラウツボ、ホタテウミヘビハナアナゴベニカエルアンコウワニゴチ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、スズメダイ、オキゴンベ、トラギス、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、コウイカの仲間アカホシカクレエビオルトマンワラエビカイカムリアケウス)、ミスガイ卵隗)、ムラサキウミコチョウミドリアマモウミウシタツナミガイサガミコネコウミウシイガグリウミウシマンリョウウミウシホムライロウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ)、ボブサンウミウシシラユキウミウシウスイロウミウシコガネミノウミウシトラフケボリトガリアヤメケボリテンロクケボリセロガタケボリシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミ)、ボウシュウボラ、ヒラムシの仲間)など
※5/23のガイドコース

  ヤギの上で休むウツボ

コメント:前日のウネリがおさまり凪になりました 朝のうちは小雨が降りしきり肌寒かったのですがお天気は昼前に回復しました まず1ダイブ目は−24mアーチブイからエントリー 珍しくアーチの入口にテングダイが出て来ていました それにしてもこのエリアは魚影が濃いですね〜 キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイの群れに良型のイサキも交ざってました −24mアーチから小牛洞窟、そして小牛まわりで湾内ブイへ ウミウシやウミウサギの仲間、ベニカエルアンコウ、エビ・カニの仲間が見られました 浮遊物が多かったら浮遊系もと思ったのですが浮遊物が前日よりさらに少なくなった気がします 潮色が良くなる前兆でしょうか? 期待しましょう(^o^) 2ダイブ目は大牛洞窟前から大牛まわりで湾内ブイへ 大牛洞窟前ではウミウシやウミウサギの仲間をチェック それにしても今日もミスガイとミスガイの卵隗だらけでした マンリョウウミウシより多かったですね 好きな生物なので全部の個体をカブリつきで観察してしまいました 中には交接中のペア(実際は3個体いましたが)なども見られミスガイ祭りといったカンジでした(笑) 本日の見出し写真は珍しくウツボを載せてみました ヤギの上でちょこんと休んでいるみたいで可愛かったです そうそう、今日からウェットスーツに衣替えしました 水温が上がってきたのでテンションもUP↑ですね\(^o^)/

5月22日(木)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:18.0〜17.6℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ヒラタエイ、クロサギ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、チャガラ、サビハゼ、クツワハゼ、カワハギ、アオリイカ、ベニシボリの卵隗ミスガイ(写真)ミスガイの卵隗ヒラミルミドリガイフレリトゲアメフラシシロウミウシオトメウミウシハツユキダカラバイなど

  ミスガイ

コメント:最近、話題の浮遊系ダイブを西伊豆でできないかと浮島ビーチを潜ってきました あいにくウネリが強く中層でふわふわしていると波酔いしそうな感じでした 肝心の浮遊物の中にいるクラゲやプランクトン、幼魚などはウネリの影響でかなり見つけづらくカメラ越しに被写体を確認しているとまるで峠道を走っている車の中で読書しているようで三半規管がかなりキツかったです(>_<) 凪いだらまた準備して再挑戦したいと思います と、いうことでウネリの影響の少ない砂地でちまちまと90分潜ってくました うっかりフードを忘れてしまったので寒いかと思ったのですがここに来て水温がまた上がりましたね いよいよ来週あたりウェットスーツ(ロクハン)に衣替えしようかと思います 砂地のあちらこちらでミスガイの卵隗が見られたので探してみると大きなミスガイが砂地をのんびり這っていました 時期的なものなんでしょうか? このところミスガイを頻繁に見かけます そして久し振りにフレリトゲアメフラシに遭遇 せっかくなので動画をとっていると背中に開いたり閉じたりしている穴がありました じ〜っと見ているとなんとそこから糞を排泄していました 面白かったのでしばらく観察を続けると比較的、短い間隔で糞を排泄していました せっかくなので興味のある方はこちらの動画をどうぞ 明日は仁科エリアのてんぐさ解禁日です ウネリが入っているのでちょっと怪しいですが今夜中にしっかり「準備をしないとです 水温が上がりテンションも上がってきました(^o^)

5月18日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:17.0℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、キンギョハナダイ、クエ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポコケギンポの仲間アカホシカクレエビアケウスイソコンペイトウガニワレカラの仲間ミスガイ)、スイートジェリーミドリガイミドリアマモウミウシカメノコフシエラガイヒロウミウシオセロウミウシマンリョウウミウシ)、イロウミウシの仲間ホムライロウミウシ幼体(写真)アオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシボブサンウミウシミレニアムマツカサウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシアカエラミノウミウシサクラミノウミウシツグチガイトラフケボリ)、アヤメケボリホソテンロクケボリテンロクケボリ、セロガタケボリ、シロオビコダマウサギ)、ムラクモコダマウサギ、ソリキヌヅツミムラクモキヌヅツミヒラムシの仲間)など
※5/18のガイドコース

  ホムライロウミウシ幼体

コメント:潮色は例年並みに下がってしまいましたがお天気、海況とも穏やかな一日でした まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜小牛まわりで湾内ブイでエグジットしました ウミウシの仲間を中心にじっくりのんびり60分ダイブです 気温は高く各地で夏日を記録していますが、水温は例年より低いので衣替えのタイミングが悩ましいシーズンです(>_<) 今日はミスガイが特に目に付きました 本来、夜行性なので潮色が悪いと海の中が暗くなって遭遇率がUPします…(涙)  続いて2ダイブ目はウミウシ狙いで大牛洞窟前から−24mアーチ〜水路〜湾内ブイというコース取りでした 大牛洞窟前では本日の見出し写真のホムライロウミウシの幼体が引き続き見られました そして2週間前に見つかったボブサンウミウシも健在でした 潮色はパッとしませんがマクロ系なら超楽しいダイブがお約束できます なんていっても雲見は実はスーパーマクロ系ポイントなんです\(^o^)/ もちろん、洞窟も交ぜますよ〜

5月11日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:16.4〜16.2℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、イスズミ、テングダイ、 ニザダイ、マツバギンポコケギンポの仲間)、アカイソハゼ、ヒラメ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、カイカムリアケウスイソコンペイトウガニマダコミスガイ)、アメフラシベッコウヒカリウミウシミヤコウミウシイロウミウシの仲間コモンウミウシ)、アオウミウシ)、シロウミウシサラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシミレニアムマツカサウミウシワライボヤマツカサウミウシサクラミノウミウシツグチガイトラフケボリトガリアヤメケボリ)、アヤメケボリ)、ホソテンロクケボリ)、テンロクケボリ)、セロガタケボリ)、ムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギ
※5/11のガイドコース

  ボブサンウミウシ

コメント:五月晴れ、ベタ凪の雲見でした ただ昨日から潮色が下がってしまい今日の透視度は10〜8mくらいでした 水温は若干、UPの16台でした まず1ダイブ目は小牛前のみじっくり60分ダイブ ウミウサギの仲間を中心に観察しました いつものコブダイがボクを見つけるやいなやすぐに近づいてきました カワイイですね〜 イソコンペイトウガニや外套膜が美しいウミウサギの仲間ムラクモキヌヅツミ、シロオビコダマウサギなどが見られました 続いて2ダイブ目は−24mアーチからエントリーしてたて穴付近〜クレバス付近を経由して小牛まわりで湾内ブイへ 5日前に見つかったボブサンウミウシはカイメンを摂食中で本日も同じ場所で見られました 触角と二次鰓がちゃんと出ていてとてもキレイな個体です 昨シーズンから頻繁に見られていますが当たり年なんでしょうか? クレバスではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ、小牛前ではウミウサギの仲間をチェック 湾内のブイ下、5mに専用の酸素瓶を設置しましたので窒素がスッキリ抜けて体調もバッチリっです!

5月5日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→雨 気温:19℃ 水温:15.6〜15.5℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビハナタツホソウミヤッコカサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラミノウミウシ、スズメダイ、ニシキベラ、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、マツバギンポコケギンポの仲間イソコンペイトウガニミスガイムラサキウミコチョウミドリアマモウミウシクロイバラウミウシオセロウミウシホムライロウミウシコモンウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシアラリウミウシボブサンウミウシミレニアムマツカサウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシコガネミノウミウシサクラミノウミウシヒブサミノウミウシアヤメケボリハナヤカケボリホソテンロクケボリツマニケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギテンロクケボリムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミ)、コぺポーダ)など
※5/5のガイドコース(1

  コンガスリウミウシ

コメント:朝のうちは晴れ間も見られましたが予報通りお天気は下り坂 1ダイブ終了した頃から雨が降りだしました でも海況の方は依然、穏やかで透明度もこの時期にしては抜群でした 本日、雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブしてきました(^o^) まず1ダイブ目は大牛カドからエントリーしてホタテウミヘビの餌付けSHOW動画)を妓楼しました 今日も全身出てきてダイバーを楽しませてくれました その後、大牛洞窟方面へ ウミウシの仲間を中心にじっくりマクロ系の生物をご紹介しました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーして島裏まで流しました たて穴付近のハナタツや浅場でウミウシ探しをしました 3ダイブ目は小牛前です ウミウサギの仲間が特に多くコケギンポの仲間やイソコンペイトウガニなどが見られました ランチを挟んで4ダイブ目は三競で地形ダイビング動画)を満喫しました 偶然、コンガスリウミウシを見つけることができてホント、ラッキーでした 和風な装いの美しいウミウシですね(^o^) ラスト5ダイブ目は−24mアーチブイからエントリーしてH型のアーチ〜クレバス〜水路〜湾内ブイというコース取りです 通称うさぴょんことコぺポーダやワライボヤマツカサウミウシ、ツマニケボリやホソテンロクケボリといった外套膜が美しいウミウサギの仲間が見られました そしてとてもキレイなボブサンウミウシが見つかりお腹いっぱいダイビングを満喫しました〜\(^o^)/

5月4日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:15.3〜14.6℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ(写真)、ノコギリヨウジ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、テングダイ、コブダイ、ブダイ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、コケギンポの仲間)、ムスメウシノシタ、アオサハギ、キタマクラ、コウイカの仲間、イソバナカクレエビ、コシオリエビの仲間、カイカムリアケウスイソコンペイトウガニミスガイミドリアマモウミウシクロヘリアメフラシフジイロウミウシサクラミノウミウシムラサキミノウミウシトラフケボリアヤメケボリ)、ツマニケボリテンロクケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギ、コぺポーダなど
※5/4のガイドコース

  ベニカエルアンコウ

コメント:引き続き五月晴れの穏やかな海況です 小牛から大牛方面の流れがややかかっているものの潮色抜群で気持ちよく潜れました まず1ダイブ目は水路前からエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜24mアーチと地形ダイブをしました 潮流がかかっている分、魚の活性が上がって魚影もかなり濃かったです! 続いて2ダイブ目は小牛前のみじっくりのんびり コケギンポの仲間やウミウサギの仲間、コブダイなどをご紹介しました 洞窟はありませんがいろいろな生物が見られる小牛前はボクのオススメのガイドコースです ラスト3ダイブ目は小牛の裏カドから小牛まわりで湾内ブイへ 先だって見つけたイソコンペイトウガニ、昨日、見つかったベニカエルアンコウ、コブダイやウミウサギの仲間をご紹介しました 昨日、ボロカサゴの目撃情報があった水路前を未練がましく捜索しましたがやはり見つかりませんでした 4年前の2月29日に小牛の裏でボロカサゴを目撃したことがありますが、その時も結構、移動していました もしかしたら見つかるかもしれないので、これからも頭の片隅に意識しながら潜りたいと思います 本日の一枚は水路にいるベニカエルアンコウです キレイなオレンジ色のカワイイ個体です(^o^)

5月3日(土)

浮島 ビーチ(ナイトダイビング)

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:15.4℃ 透明度:−m

観られた生物:トビエイ、ヒラタエイ、ウツボ、ホタテウミヘビハオコゼアサヒアナハゼ、クロホシイシモチ、ヒメジエソの仲間アイゴ、トビヌメリ、サビハゼ、シマウシノシタ(写真)アミメハギヨソギ、クサフグ、キタマクラ、スナダコ()、サラサエビ、ロウソクエビミナミロウソクエビアシナガモエビモドキエビジャコの仲間、ヨツハモガニ 、コツブムシの仲間)、アズキウミウシミドリアマモウミウシクロヘリアメフラシ)、ウミフクロウマンリョウウミウシアカエラミノウミウシサクラミノウミウシバイワレカラなど

  シマウシノシタ

コメント:日中、雲見で60分×3ダイブした後、浮島に移動してナイトダイビングを楽しみました 浮島ビーチはMAXでも水深が-10mそこそこなのでエアーを気にせずのんびり潜ってきました 昼間のダイビングでカスザメが目撃されたそうで弥が上にも期待が高まります! 普段は活発に活動している 魚達も眠りにつき近づいてもあまり逃げません 逆に日中は砂の中や海藻の中に身を潜めていた夜行性の生物が出てきて活発に活動をしています カスザメには逢えませんでしたがヒラタエイはウジャウジャいました エビカニの仲間も夜行性のモノが多いのでたくさん見られました そして本日のヒットはなんといってもシマウシノシタでしょうか 久し振りにしかもじっくり観察できました さあ、そろそろ戻ろうという時に限ってさまざまな生物との出会いがあってやめ時がなかなかきまりません(笑) エキジット間際に大きなトビエイが悠々と泳ぐ姿は圧巻でした 結局、100分近く潜ってしまい日中の60分×3ダイブと合計すると今日一日だけで280分も水中にいたことに「なります(^o^) いや〜、ダイビングってホントに楽しいですね そしてナイトダイビングも是非、リクエストして下さいね ナイトダイビングの模様をコチラからムービーで観られます

5月3日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:15.4℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボベニカエルアンコウハナタツイソカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ヒメギンポ、マツバスズメダイ、ニシキベラ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ミナミゴンベマツバギンポコケギンポの仲間アカイソハゼアオサハギムスメウシノシタ、オトヒメエビ、イソコンペイトウガニムラサキウミコチョウモンガラキセワタアメフラシクロイバラウミウシサガミリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシオセロウミウシ)、マンリョウウミウシホムライロウミウシ幼体フチベニイロウミウシアオウミウシシロウミウシ、サラサウミウシ、リュウモンイロウミウシボブサンウミウシハナイロウミウシミレニアムマツカサウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシサクラミノウミウシ)、セトミノウミウシコガネミノウミウシスミゾメミノウミウシアヤメケボリホソテンロクケボリセロガタケボリシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミ)、ヒラムシの仲間トラウツボに付いた寄生虫など
※5/3のガイドコース

  サガミリュウグウウミウシ

コメント:五月晴れの気持ちいいお天気、そして海の方は素晴らしい透明度でした(^o^) マクロ系のフォトダイブ・リクエストで60分×3本勝負でした まず1ダイブ目は島裏からエントリーしてH型のアーチ〜−24mアーチブイへ 潮流は小牛から大牛方面に流れていました H型のアーチの突き当りの根でベニカエルアンコウ探しをしました 残念ながら移動していまったようですがサクラミノウミウシが2個体、見られました たて穴へ移動してハナイロウミウシ、フチベニイロウミウシ、ハナタツをご紹介しました H型のアーチではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ  浅場でトラウツボを発見 と、いうよりトラウツボに付いた寄生虫を発見(笑) すぐちかくには大きなクエが2個体いました 続いて2ダイブ目は大牛洞窟前です もちろんウミウシダイブです ムラサキウミコチョウ、クロイバラウミウシ、オセロウミウシ、ボブサンウミウシなどが見られました そして大きなサガミリュウグウウミウシがムチカラマツの残骸に付いたコケムシに群がっていました ここで摂食と繁殖を繰り広げるのでしょうかね? ラスト3ダイブ目は小牛前でじっくりんのんびり 水路入口でなんとボロカサゴの目撃情報がありました みんなで一所懸命探したのですが見つかりませんでした… 代わりと言ってはなんですがキレイなオレンジ色のベニカエルアンコウがいました ウミウサギの仲間をメインにご紹介 居着きのコブダイがダイバーに寄ってきましたのでゲストと一緒に餌付けを楽しみました 水温はやや低めですがこの時期にしては素晴らしい透明度です 潮が青いので気持ちのいいダイビングができますよ(^o^)

5月2日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:16.3〜15.9℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、カサゴ、フサカサゴ、イソカサゴ、オビアナハゼ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イシダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、イチモンジハゼ、アカイソハゼ、アオサハギ、ヨソギ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、イソコンペイトウガニ(写真)ヨコエビの仲間ムラサキウミコチョウクロヘリアメフラシヒロウミウシコミドリリュウグウウミウシイガグリウミウシ)、オセロウミウシ)、ミアミラウミウシホムライロウミウシ幼体コモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシハナイロウミウシミレニアムマツカサウミウシ)、オトメウミウシハナショウジョウウミウシ)、マドレラ・フェルギノーササクラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、フタスジミノウミウシコガネミノウミウシツルガチゴミノウミウシミノウミウシ亜目の仲間セロガタケボリシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミなど
※5/2のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:いよいよゴールデンウィークも後半戦に入ります 本日はリサーチで牛着岩周辺を潜ってきました まず1ダイブ目はまたまたミズタマウミウシの目撃情報があった大牛洞窟前へ 情報によると先だってボクが見たエリアとほぼ変わらない場所でした 現地ガイドが3人がかりで探しましたが残念ながら見つかりませんでした でもきっとこの辺にいるはずです 明日もガイド中に探してみたいと思います 今日もこのエリアではたくさんのウミウシ達が見られました 1ダイブは必ずここは押さえたいですね 続いて2ダイブ目は島裏からエントリーして小牛まわりでブイへ H型のアーチの突き当りの根の沖側にはベニカエルアンコウがいました 小牛の洞窟ではハナショウジョウウミウシやヨコエビの仲間など 小牛まわりではミアミラウミウシやウミウサギの仲間が見られました 本日の見出しは久し振りのイソコンペイトウガニです 小さくて擬態が上手いのでちょっと手強いかもしれません 明日も雲見無制限ダイブを開催します ゴールデンウィーク後半もまだ余裕がありますので飛び入り参加、大歓迎で皆様のエントリーをお待ちしています
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2013  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED