じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2014年6月
↓バックナンバーはこちら↓
過去のLOG 1月 2月 3月 4月 5 7月 8月 9月 10月 11月 12月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

6月29日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ  気温:28℃ 水温:21.6〜18.6℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アカエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、クロアナゴ、ベニカエルアンコウ、ハナオコゼ(写真)ハナタツマダラフサカサゴ、イソカサゴ、カサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、シラコダイ、カゴカキダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、 イトフエフキ、ホンベラ、イトベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、コブダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、カワハギ、アオサハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、マダコ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アケウス)、シマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、ミスガイムラサキウミコチョウコトヒメウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシワライボヤマツカサウミウシカメキオトメウミウシトラフケボリアヤメケボリトガリアヤメケボリ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリ)、ヒナコダマウサギソリキヌヅツミベニキヌヅツミ)、ヒラムシの仲間など
※6/29のガイドコース

  ハナオコゼ

コメント:前日の雨が上がり夏を思わせるジリジリとした日差しが肌を焦がすような暑さでした 昨日までいなかった海水浴客が早くもちらほらと見かけるようになりました 海の方は午後から西よりの風が吹き波が高くなる予報 早め早めに3ダイブしました まず1ダイブ目は小牛前をじっくり60分ダイブ 甲殻類やウミウサギの仲間を中心にご紹介しました ここ最近、見ていなかった餌付けをしたコブダイの若魚が久し振りに登場 ボクのことを覚えてくれていたようで懐っこく移動する先々についてきました そして2ダイブ目は大牛カドからエントリー 久し振りにホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました よっぽどお腹が減っていたのでしょう ボクが到着するなり 全身露わにしてエサをねだってきました(笑) 今日は初めて他のホタテウミヘビも全身を砂から出すことに成功しました 日光猿軍団ならぬ雲見ウミヘビ軍団がつくれたら面白いですね お昼休みを挟んでラスト3ダイブ目は島裏からエントリー ハナタツのペアやキンメモドキの大群、小牛洞窟前のベニカエルアンコウ、クレバスのウミウシ達をご紹介しました 本日の一枚はハナオコゼ 漁師さんが船の係留ロープに付いていたところを捕まえました お願いして譲ってもらい小牛のギンポ岩で解放しました そのうちハナオコゼが恩返しにやって来るかもしれませんね(笑)

6月28日(土)

雲見 牛着岩

天候:  気温:24℃ 水温:18.8〜18.4℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ベニカエルアンコウハナオコゼ、 カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、スズメダイ、ホンベラ、ニシキベラ、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、コウライトラギス、イチモンジハゼ、アカイソハゼ、アオサハギ、アミメハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、コウイカの仲間イソバナカクレエビアカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ホムラチュウコシオリエビ、イボイソバナガニミスガイムラサキウミコチョウ)、コトヒメウミウシセンヒメウミウシミツイラメリウミウシイガグリウミウシニシキウミウシキイロウミウシキャラメルウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、フジイロウミウシシラユキウミウシワライボヤマツカサウミウシヒブサミノウミウシシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミベニキヌヅツミ)、ヒラムシの仲間など
※6/28のガイドコース

  カナメイロウミウシ

コメント:お天気は今ひとつだったものの穏やかな海況になりました 本日、じっくりマクロ系リクエストでがっつり3ダイブしてきました まず1ダイブ目はウミウシの鉄板コース、大牛洞窟前へ 相変わらずのウミウシ密度の濃さでした そしてムラサキウミコチョウが大発生中! いたるところで見かけます 洞窟内でサクラテンジクダイをご紹介 サクラテンジクダイはまだ口内保育が始めっていませんがオオスジイシモチとコスジイシモチはすでに口内保育が始まっています これから夏にかけて他のテンジクダイの仲間も恋の季節を迎えますね 2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーしてクレバス〜水路〜湾内ブイへ H型のアーチの上ではキンメモドキの群れが圧巻です クレバスではセンヒメウミウシやギザギザタイプのコトヒメウミウシ、お気に入りのワライボヤマツカサウミウシが見られました 水路で小さなベニカエルアンコウの目撃情報があったのですが残念ながら見つけられませんでした(苦笑) ラスト3ダイブ目は小牛洞窟前からスタート ベニカエルアンコウやアカシマシラヒゲエビ、ムラクモキヌヅツミなどが見られました 小牛をまわって湾内エリアではイソバナカクレエビやシロオビコダマウサギをご紹介しました アカホシカクレエビはすでに抱卵していますね 潮色が良くなったのでワイド系もイケます ウミウシがいっぱいいますのでマクロ系のリクエストもお待ちしています 本日の一枚はカナメイロウミウシ とってもキレイなウミウシですね(^o^)

6月27日(金)

安良里 黄金崎ビーチ

天候:曇り  気温:25℃ 水温:19.2℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:シビレエイ、ウツボ、ハナタツ()、サンゴダツ、カサゴ、イソカサゴ、アサヒアナハゼ()、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、クロホシフエダイ、メジナ、ニザダイ、アイゴ、トビヌメリ、コケギンポの仲間ヒラメ、カワハギ、キタマクラ、コウイカの仲間カイカムリコノハガニ、コワタクズガニ、ヒラミルミドリガイ、アカボシウミウシ(交接シーン)コトヒメウミウシシロウミウシヒメマダラウミウシホソテンロクケボリスカシカシパンヤドリニナワレカラの仲間など

  ハナタツ

コメント:西伊豆ダイバーズ協議会主催の緊急対策訓練に参加してきました 会場は黄金崎ビーチ 海保、警察、消防等々、関係各位の協力を得て実りある訓練ができました 皆様どうもおつかれさまでした 今後も継続して実施していきましょう! 訓練後、現地ガイドで黄金崎ビーチを遊びで潜りました ボクは完全に遊びモードでみんなにくっついて色々な生物を見せてもらいました(^o^) 潮色、良くなりましたね〜 ハナタツがいっぱいいました 水面は20℃以上あって快適でした 普段、あまり砂地をじっくりというパターンがないのでシビレエイを久し振りに見ました 明日は雲見でがっつりフォトダイブです ウミウシの仲間を中心にエビカニ、ウミウサギの仲間など五目的な感じで生物をご紹介する予定です 7月無制限ダイブは1〜7日で開催します まだ空きがありますので是非、お誘いあわせの上遊びにいらして下さいm(_ _)m

6月26日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ  気温:27℃ 水温:19.7〜18.4℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アカエイ、ウツボベニカエルアンコウホソウミヤッコキンギョハナダイルリハタ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、タカベ、テングダイ、スズメダイ、キンメモドキ、ニザダイ、ヤマドリ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビオルトマンワラエビフトユビシャコ科の一種ミスガイ)、 ムラサキウミコチョウ)、クロヘリアメフラシコトヒメウミウシセンヒメウミウシミツイラメリウミウシ)、サガミリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシニシキウミウシキイロウミウシキャラメルウミウシコモンウミウシ)、アオウミウシ、シロウミウシウスイロウミウシ)、シラユキウミウシカナメイロウミウシハナイロウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシミノウミウシ亜目の仲間アヤメケボリトガリアヤメケボリテンロクケボリセロガタケボリ)、ムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミベニキヌヅツミホシキヌタヒラムシの仲間ワレカラの仲間ワタトリカイメンに群れていた生物など
※6/26のガイドコース

  サガミリュウグウウミウシ

コメント:ウミウシの仲間を中心にじっくりマクロ系の生物を撮影したいというリクエストにお応えして牛着岩を50分×3ダイブしてきました お天気、凪とも恵まれ透明度もすっかり回復しました 水面は21℃くらいあり水温の方もだいぶ上がってきましたね〜 まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー 隣の根でニシキウミウシの幼体やハナイロウミウシが見られました その後、クレバスでじっくりウミウシ探し サガミリュウグウウミウシやワライボヤマツカサウミウシ、コトヒメウミウシなどが見られました ラストはたて穴の根頭に移動してニシキベラの放精シーンを観察しました 続いて2ダイブ目は大牛洞窟前でウミウシダイブ ムラサキウミコチョウやミスガイがいっぱい見られました カナメイロウミウシやキイロウミウシ、キャラメルウミウシなどキレイ系のウミウシが充実していますよ〜 お昼休みを挟んで3ダイブ目は小牛洞窟前から小牛まわりで湾内ブイエグジット ウミウシの仲間はもちろん、ベニカエルアンコウ、アカシマシラヒゲエビ、アカホシカクレエビ、イソバナカクレエビなどウミウシ以外のマクロ系の生物もご紹介しました オオスジイシモチやコスジイシモチは口内保育を始めました いよいよ夏ですね もう少しするとサクラテンジクダイの口内保育も始まります ボク的には雲見のテンジクダイの仲間ではサクラテンジクダイの口内保育シーンが一番のオススメです(^o^)

6月25日(水)

雲見 オオ根/ブルーホール/牛着岩

天候:曇り時々晴れ  気温:25℃ 水温:18.8〜18.2℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:サカタザメ、トビエイ、ウツボ、トラウツボ、イソカサゴ、カサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、メジナ、イシダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、ニザダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、コケギンポの仲間、ヒラメ、アミメハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、マダコイソバナカクレエビ、ニシキテッポウエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビヨコエビ(写真)アミの仲間ミスガイクロヘリアメフラシ)、ミツイラメリウミウシ)、コミドリリュウグウウミウシイガグリウミウシキャラメルウミウシコモンウミウシアオウミウシ)、シロウミウシウスイロウミウシカナメイロウミウシハナイロウミウシシロハナガサウミウシアカエラミノウミウシガーベラミノウミウシサクラミノウミウシ)、スミゾメミノウミウシ)、テンロクケボリホソテンロクケボリムラクモキヌヅツミなど
※6/25のガイドコース

  ヨコエビ

コメント:安満地ツアーから帰ってきて雲見第一弾は海中清掃でした 現地ショップのガイドを中心にお客様もボランティア参加して下さいました ゴミは意外と少なく釣り人、漁師、ダイバーのマナーの良さを改めて実感しました\(^o^)/ みなさんどうもお疲れ様でした オオ根の砂地ではぃサカタザメを今シーズン初めて目撃しました サカタザメがのっこんでくるといよいよ夏が始まった感じです アオリイカの産卵床はまだ卵が産みつけられていませんでした 今後に期待しましょう さて海中清掃を終え2ダイブ目はこの日だけ解放するポイント、通称雲見のブルーホール 一年に一度しか潜れない激レアポイントです 透明度が先週に比べて劇的に回復したので洞窟内に差し込む光がとてもキレイでした まさにブルーホールにふさわしい水中景観です 壁面をチェックするとウミウシだらけです 実は以前からここが隠れたウミウシポイントだということを知っていたので他のパーティーとは同じ場所でエントリーせずここだけ40分、ひたすらウミウシダイブをしました(笑) 午後からは他のダイバーも合流して牛着岩を2ダイブしました まずはテッパンの大牛洞窟前 キレイ系のウミウシ達がざっくざくでした 今シーズン、良く見かけるハナイロウミウシやカナメイロウミウシには癒されました(^o^) そして本日のヒットはヨコエビ ハナイロウミウシとのコラボは最高でした\(^o^)/ ラスト4ダイブ目は潮流がかかってきたため湾内で潮をかわしながら潜りました ウミウサギの仲間やイソバナカクレエビなどマクロ系の生物が見られた他、砂地ではトビエイが優雅に泳ぐシーンが見られました その後、洞窟ダイビングも楽しみお腹いっぱいの4ダイブでした

6月22日(日)

安満地ツアー 勤崎/小勤/観音崎/港内

天候:雨時々曇り  気温:24℃ 水温:22.4〜21.4℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、ワカウツボエナガカエルアンコウハダカハオコゼピグミーシーホースジャパニーズピグミーシーホースイシヨウジ、カタクチイワシ幼魚、マジマクロイシモチ、キンセンイシモチ、スジオテンジクダイ、ヨコスジイシモチ、コロダイ、メジナ、タテジマキンチャクダイ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ、クマノミ、クマノミの卵、イラ、オトメベラ、コブダイyg、ミナミゴンベ、サラサゴンベ、メガネゴンベ、タテジマヘビギンポ、スジクロユリハゼ、 ホタテツノハゼ、ダテハゼ、ガラスハゼイソバナカクレエビイソギンチャクエビムチカラマツエビキミシグレカクレエビビシャモンエビ、ニシキテッポウエビ、キンチャクガニゼブラガニキモガニ、 ヒメサンゴガニ属の一種、モンハナシャコムラサキウミコチョウホウズキフシエラガイニシキウミウシ、 アオウミウシ、コイボウミウシキイロイボウミウシ、メリベウミウシの仲間、トラフケボリムラクモキヌヅツミ)、ホラガイジュズベリヒトデヒトデの仲間)など

  ピグミーシーホース

コメント:安満地ツアー2日目も朝からあいにくの雨降りでした でも透明度はばっちり、水温も伊豆と比べると温かく今日もがっつり4ダイブしてきました〜(^o^) まず1ダイブ目は勤崎でピグミーシーホースをリクエスト 前日、見られなかったので期待が膨らみます そしていました〜、(ピグミーシーホース! いや〜、ホントにカワイイですね コイツ、大好きです この周辺にはアカヤギの一種が多く群生していてイソバナカクレエビやガラスハゼなども見られました 続いて2ダイブ目は小勤を案内してもらいました 深場ではスジクロユリハゼやホタテツノハゼなど安満地らしい生物が見られました ガレ場ではキンチャクガニも登場 エナガカエルアンコウやモンハナシャコも見られお腹いっぱいです そして一旦、サービスに戻りボリュームたっぷりのランチを頂きました 午後の3ダイブ目は観音崎です 中層ではカメガイの仲間がいっぱい ふわふわと浮遊系を楽しみました カタクチイワシの幼魚(シラス)の群れがキラキラと光っていてとても癒されました ラスト4ダイブ目はお馴染み港内、うみほたる前でじっくりのんびり お目当てのキミシグレカクレエビが見られ大満足の一日でした 海はもちろんダイビングサービスの皆さんのホスピタリティーが素晴らしいですよ\(^o^)/ 次回の安満地ツアーは11月7〜10日の日程で予定しています 皆様のご参加をお待ちしています!

6月21日(土)

安満地ツアー 勤崎/松島/港内

天候:雨  気温:25℃ 水温:22.9〜21.5℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クモウツボ、イシヨウジ、マジマクロイシモチ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ)、スジオテンジクダイ、コロダイ、メジナ、シテンヤッコ、タテジマキンチャクダイ(写真)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ、オトメベラ、ホンソメワケベラ、イラカンムリベラ、ミギマキ、サラサゴンベ、ミナミゴンベ、カモハラトラギス、コウライトラギス、ハシナガウバウオ、ニラミギンポ、ハタタテハゼ、クサハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、ヒトヅラハリセンボン、サザナミフグハナキンチャクフグ、キタマクラ、ウミシダヤドリエビオドリカクレエビ)、ガンガゼエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、コシオリエビの仲間イソコンペイトウガニ)、サンゴガニ、キモガニ、ムラサキウミコチョウ)、アオウミウシウミウサギホリキヌヅツミアミメジュズベリヒトデなど

  タテジマキンチャクダイyg

コメント:半年振りの安満地ツアーです 今回も「ダイビングサービスうみほたる」さんにお世話になってきました(^o^) 20日の19:30に三島駅に集合してみんなで夕食を摂ってから出発 陸路、高知県を目指しました 運転すること約13時間、目的地に到着 あいにくの雨降りでしたが西伊豆よりさらにカントリーで風光明媚な集落が広がっています 前回の11月の安満地ツアーでは潮色があまり良くなかったのですが今回はお天気以外はバッチリでした まず1ダイブ目は勤崎 ピグミーシーホース狙いでしたがいつもいるヤギからいなくなってしまい見られませんでした(>_<) でも生物は多いですね〜  ブイ下だけでも十分に楽しめます 続いて2ダイブ目は松島です サンゴの群生が見どころでした(^o^) お昼ご飯はボリューミーナなカツカレー とってもおいしかったです! 3ダイブ目は再び勤崎 ブイ下のみ60分のまったりダイブ ここでは雑魚キャラでも伊豆で見られたらうれしい生き物ばっかりでした  オプションのラスト4ダイブ目は港内のうみほたる前を潜りました  オシャレハナダイが水深-5mにいるとのことでしたが見つけられず… 水底が砂泥地なので泥ハゼ系がいっぱいいました イソギンチャクではイソギンチャクモエビやオドリカクレエビが見られました エグジットは恒例のうみほたる大宴会 海も陸もおなかいっぱい楽しみましたよ〜\(^o^)/

6月15日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ  気温:26℃ 水温:18.4〜17.8℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、ゴンズイ、マツカサウオ)、カサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、ハオコゼ、メバル、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ)、イシダイ、テングダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、ヒラメ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、ノコギリガニミスガイ(写真)ムラサキウミコチョウアメフラシニシキウミウシ幼体ボブサンウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシシラユキウミウシハナイロウミウシ、オトメウミウシ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリヒラムシの仲間など
※6/15のガイドコース(

  ミスガイ

コメント:昨日の荒れた海況とは一転、穏やかなコンディション&素晴らしいお天気に恵まれました 後は水温と透明度がUPしてくれればといったところでしょうか? 本日の1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチ〜たて穴〜-24mアーチブイというあまり泳がずにマクロ、地形、魚影を楽しめる鉄板コースです テングダイのペアはクランクで、ボブサンウミウシはいつもの場所に戻ってきました(^o^) ラストは-24mアーチの根頭でキンメモドキの群れと戯れてエグジットしました 2ダイブ目は大牛カドからエントリーしてホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました 今日も砂から全身出てきてダイバーの皆様を楽しませてくれました そして大牛洞窟方面へ ミスガイが二桁、まさにウジャウジャ見られました 大牛洞窟でサクラテンジクダイの群れを見た後はウミウシ三昧 お腹いっぱいになりましたね お昼休みの後のラスト3ダイブ目は三競で洞窟ダイビング 潮色は今ひとつでしたが2〜4番洞窟を堪能しましたね マクロ、地形、魚影、大物となんでも楽しめるオールインワンなダイビングをいかがですか?

6月14日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ  気温:25℃ 水温:19.4〜17.8℃ 透明度:3m

観られた生物:ホシエイ、ウツボ、トラウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、シラコダイ、カゴカキダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、オハグロベラ、コブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、コウライトラギス、コケギンポの仲間)、アカイソハゼ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビベニホンヤドカリイソコンペイトウガニ(写真)アケウスモクズショイヨツハモガニミスガイ卵隗)、ムラサキウミコチョウ)、ヒロウミウシミツイラメリウミウシ)、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、ホムライロウミウシ幼体キイロウミウシキャラメルウミウシイロウミウシの仲間コモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ、シラユキウミウシ、アヤメケボリ)、ホソテンロクケボリ、シロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミヒラムシの仲間など
※6/14のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:温帯低気圧に変わった台風6号の影響で波、ウネリが強くポイント限定のOPENになりました まず1ダイブ目は 小牛前をじっくりリフレッシュダイブ コケギンポの仲間やウミウサギの仲間、イソコンペイトウガニなどの小さな生物をご紹介しました 島裏はウネリが強烈でしたが湾内はさほど影響を受けていませんでした 2ダイブ目はブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜たて穴〜ブイというコース取りです  潜降して水路前で200本の方の記念ダイブをしました おめでとうございます これからも素敵なLOGを重ねて下さいね(^o^) そしてクランクではテングダイのペア、たて穴入口ではフチベニイロウミウシ似のイロウミウシの仲間、アケウスなどをご紹介しました 今日もミスガイだらけでした それにしても当たり年ですね〜 お昼休憩をして午後の3ダイブ目は大牛洞窟前へ ただし波、ウネリが強いので大牛カドの湾内エリアからエントリーし、エグジットも湾内エリアのトレジャーロックでエグジットしました ホムライロウミウシの幼体をはじめキレイなウミウシの仲間がたくさん見られました 明日は凪予報です あとは潮色が良くなることを願うばかりです(^_^;)

6月12日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り  気温:25℃ 水温:20.0℃ 透明度:3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、カサゴ、イソカサゴ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、マダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、タカノハダイ、カワハギ、アオサハギ、ヨソギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクライソバナカクレエビ(写真)アカホシカクレエビ)、イソコンペイトウガニモクズショイ、ベニイシガニ、ミスガイ卵隗)、ムラサキウミコチョウミツイラメリウミウシ)、イガグリウミウシヒメマダラウミウシイロウミウシの仲間ホムライロウミウシ幼体コモンウミウシアオウミウシシロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシフジイロウミウシ)、カナメイロウミウシシラユキウミウシハナショウジョウウミウシオトメウミウシトラフケボリ、アヤメケボリ、ホソテンロクケボリテンロクケボリ)、セロガタケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミ)、ヒラムシの仲間ワタトリカイメンにいた生物動画)など
※6/12のガイドコース

  イソバナカクレエビ

コメント:台風6号(温帯低気圧に)が接近中ですが海は穏やかでした 水温はUPしてようやく20℃の大台を越えました\(^o^)/ ところが潮色はさらに悪くなり透視度3mといったところでしょうか(>_<) あまり泳ぎまわると離反するおそれがありますので週末は泳がずじっくりマクロ系のダイビングをしようと思います まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーして小牛まわりで湾内ブイでエグジットしました -24mアーチの根頭にはおびただしい数のキンメモドキが群れていて圧巻です これで潮色が良ければ…と悔やまれますが(涙) カクレエビの仲間やウミウサギの仲間、ウミウシの仲間がいっぱい見られました 大牛から小牛方面にやや強い潮流がかかっていました 続いて2ダイブ目は大牛洞窟前から大牛まわりで湾内ブイへ 大牛洞窟前はまさにウミウシパラダイスですね 本日もたくさんのウミウシが見られました NEWフェイスのイソコンペイトウガニも見つかり今週末のマクロ系ダイブもおおいに盛り上がりそうです 2ダイブ目はウネリが強くなり台風(温低)の影響が出てきました 明日は西風が強くなる予報ですが明後日は大丈夫だと思います

6月9日(月)

雲見 牛着岩/黒崎/オオ根

天候:晴れ  気温:27℃ 水温:19.6〜19.2℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホシエイ、ウツボ、トラウツボ、イタチウオ、ゴンズイ、ノコギリヨウジ、カサゴ、イソカサゴ、アサヒアナハゼ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、シラコダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ(写真)、イシダイ、メジナ、スズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、カワハギ、ヨソギ、シマウミスズメ、ハコフグキタマクラアカシマシラヒゲエビオトヒメエビイセエビオルトマンワラエビ、ミスガイ)、ムラサキウミコチョウモンガラキセワタ、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、イガグリウミウシホムライロウミウシ幼体ボブサンウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシウスイロウミウシ)、フジイロウミウシカナメイロウミウシシラユキウミウシワライボヤマツカサウミウシドト・ラケモサオトメウミウシホソテンロクケボリベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミヒラムシの仲間、ワレカラの仲間、メダマイカリムシコぺポーダワタトリカイメンにいた生物動画)など
※6/9のガイドコース(

  サクラテンジクダイ

コメント:週明けの月曜日はお天気、凪に恵まれました 梅雨の中休みといったところでしょうか まずは湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜小牛洞窟へ 小牛の洞窟ではアカシマシラヒゲエビのペアやソリキヌヅツミ、ムラクモキヌヅツミといった美しいウミウサギの仲間をご紹介しました -24mアーチブイでエグジットしたのですが根頭のキンメモドキの群れは圧巻ですね\(^o^)/ 2ダイブ目はリクエストで黒崎へ  潜降してすぐにボディーカラーが青いキレイなサガミリュウグウウミウシが見られました その他、コぺポーダやメダマイカリムシといった寄生虫も見られました  3ダイブ目は運試しでオオ根へ アオリイカの産卵床が設置されていますのでそれを狙って入りました  ところがアオリイカの影もカタチも見られず… 卵隗がまだひとつも無かったので雲見ではアオリイカの産卵はこれからでしょうね エントリーエリアでは大きなホシエイが見られました! ラスト4ダイブ目は大牛洞窟前でじっくりウミウシダイブ 今日もたくさんのウミウシの仲間が見られました そしてワタトリカイメンにはゴマ粒くらいの大きさの生き物がびっしり付いていました よ〜く見てみると縞模様がありミツバチみたいな感じでした この生き物、いったい何者なんでしょうね!?

6月8日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:19.2〜19.0℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ動画)、ハナタツ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、テングダイ、ササノハベラ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、オトヒメエビ、ミスガイ)、ムラサキウミコチョウイロウミウシの仲間ボブサンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシシラユキウミウシカナメイロウミウシ(写真)ワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシツノワミノウミウシツグチガイヒラムシの仲間など
※6/8のガイドコース(

  カナメイロウミウシ

コメント:前日のヨタが取れ穏やかなコンディションになりました 本日、200本記念と100本記念の方がご一緒するというなんともおめでたい一日になりました(^o^) まず1ダイブ目はブイからエントリーして-24mアーチへ -24mアーチの根頭にはおびただしい数のキンメモドキの群れが集結していて圧巻です 2ダイブ目は大牛のカドからエントリーして大牛洞窟前へ まずはホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました 完成度の高いパフォーマンスですので是非、観られた生物のホタテウミヘビの動画をご覧くださいm(_ _)m そしてリクエストをお待ちしています(^o^) それにしてもミスガイだらけですね 今日も卵隗も含めミスガイがいっぱい見られました カナメイロウミウシも大牛洞窟前、水路、小牛洞窟で見られています 当たり年なのでしょうか? ラスト3ダイブ目は三競をご案内しました 潮色が芳しくない雲見ですが三競洞窟は太陽光が差し込みとてもキレイでした! 洞窟ダイビングの模様を是非、ご覧ください 明日は無制限ダイブで平日がっつり4ダイブ予定です 潮色に関係なく楽しいダイビングをご提供致します\(^o^)/

6月7日(土)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:曇り 気温:19℃ 水温:19.6〜19.0℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、ハナタツ、コクチフサカサゴ、ハオコゼ、アナハゼ、アカエソ、キンギョハナダイ、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、シラコダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、テングダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ホンソメワケベラ、キンメモドキツマグロハタンポ、 トビヌメリ、コウライトラギス、ホシノハゼ、ヒラメ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、マダコイソバナカクレエビヤドリツノモエビアケウスイソコンペイトウガニ、ミスガイ、イガグリウミウシボブサンウミウシ(写真)コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシ、イロウミウシの仲間アヤメケボリトガリアヤメケボリテンロクケボリホソテンロクケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギサザエイバラカンザシ動画ヒラムシの仲間メダマイカリムシなど
※6/7のガイドコース

  ボブサンウミウシ

コメント:ウネリ、風波はあったものの全エリアOPENでした 潮色は依然、芳しくありませんでしたので移動距離は短めにがっつり4ダイブしてきました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜H型のアーチへ ここで折り返し元のブイでエグジットしました テングダイはクランクで大きなクエはH型のアーチの上で見られました 2ダイブ目は小牛前でじっくりウミウサギの仲間をご紹介しました イソコンペイトウガニやイソバナカクレエビなどのエビカニの仲間も見られました 午後に入ると波が高くなり牛着岩の沖側でのエントリーのみOKでエグジットが禁止になりました と、いうことで-24mアーチブイからエントリーして湾内ブイでエグジットしました -24mアーチの根頭ではキンメモドキの群れがグッチャリ ボブサンウミウシ、フチベニイロウミウシ、ハナタツなど人気の被写体がお出迎えしてくれました ラスト4ダイブ目は運試しにオオ根のアオリイカの産卵床へ ところが産卵床の場所を勘違いして辿り着けず…(>_<) 砂地ではトビヌメリが休んでいるところに遭遇しました 産卵床の場所をしっかり確認して是非、リベンジしたいと思います

6月6日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:19.6〜19.4℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナタツ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イシダイ、メジナ、テングダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、オトヒメエビ、コケギンポの仲間、オルトマンワラエビ、アケウスモクズショイ、ショウジンガニ、ベニイシガニ、ミスガイ)、ムラサキウミコチョウ)、ヒラミルミドリガイミドリアマモウミウシキュウバンウミウシミツイラメリウミウシ)、イガグリウミウシ)、マンリョウウミウシミアミラウミウシ(写真)ニシキウミウシキャラメルウミウシイロウミウシの仲間ボブサンウミウシホムライロウミウシ幼体コモンウミウシ)、アオウミウシ)、シロウミウシサラサウミウシ)、ウスイロウミウシアラリウミウシカナメイロウミウシシラユキウミウシ)、サガミイロウミウシシロハナガサウミウシワライボヤマツカサウミウシオトメウミウシ)、サクラミノウミウシホソテンロクケボリムラクモキヌヅツミ卵隗)、ソリキヌヅツミ)、ヒラムシの仲間など
※6/6のガイドコース

  ミアミラウミウシ

コメント:今日も朝から雨が降ったり止んだりのハッキリしないお天気でした 海の方はとても穏やかなコンディション ただ潮色が依然、芳しくありませんね…(>_<) 潮流は小牛から大牛方面に緩く流れていました まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーしてたて穴〜クレバス〜湾内ブイへ ファーストコンタクトはボブサンウミウシ この個体はゴールデンウィークからずっと見られているロングセラーです たて穴、クレバスでじっくりウミウシダイブをしました 今シーズン初のキュウバンウミウシをGET この仲間を見かけるようなると夏が近いなぁ〜と感じてしまいます(^o^) 続いて2ダイブ目は大牛洞窟前から大牛まわりで湾内ブイへ 相変わらずミスガイの卵隗&ミスガイ本体がいっぱい見られました ムラサキミノウミウシも個体数がぐっと増えましたね〜 カナメイロウミウシやミアミラウミウシなどのキレイどころがお出迎えしてくれました 明日きっとたくさんのウミウシが見られるハズ! 楽しみです\(^o^)/

6月5日(木)

浮島 ビーチ

天候:曇り時々雨 気温:20℃ 水温:19.4℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:クロホシイシモチ、ニシキベラ、カミナリベラ、オハグロベラ、トビヌメリ、サビハゼ、イバラカンザシなど

  体験ダイビング

コメント:東海地方もついに梅雨入りしてしまいました 朝のうちは小雨が降りしきっていましたが海に到着すると雨が上がりました(^o^) 浮島ビーチは汽水地のため河川からの水が流入して残念ながら透明度、水温とも下がってしまいました(>_<) それでもお誕生日記念に元気に体験ダイビングを開催しました プールで練習を終え、海へ テンション高くおおいに盛り上がりました〜 水中アーチやイバラカンザシには特に大コーフンでしたね 是非、今夏はライセンスコースに参加してダイバーになりましょう! またご一緒できるのを楽しみにお待ちしています 海の方ですが水温は平年並みになりましたが潮色が厳しいですね 今週末のファンダイブはあまり泳ぎ回らずにじっくり腰を据えて生物をご案内したり、地形ダイビングは移動距離を短くしてゆっくり移動しようと思います

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED