じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2014年7月
↓バックナンバーはこちら↓
過去のLOG 1月 2月 3月 4月 5月 6月 8月 9月 10月 11月 12月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

7月30日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:20.6〜19.0℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウ、 マダラフサカサゴ、イソカサゴ、カサゴ、サクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、カミナリベラ、ブダイヤマドリ、コケギンポの仲間)、イチモンジハゼ、クツワハゼ、ホシノハゼ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビカイカムリイボイソバナガニベニサンゴガニベニイシガニムラサキウミコチョウ、ミツイラメリウミウシ、センヒメウミウシ、ニシキウミウシ)、イガグリウミウシキイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシキベリアカイロウミウシハナイロウミウシアヤメケボリトガリアヤメケボリテンロクケボリ、ホソテンロクケボリ()、ヒナコダマウサギムラクモキヌヅツミベニキヌヅツミ、ソリキヌヅツミ()など
7/30のガイドコース

  ベニカエルアンコウ

コメント: 真夏の日差し&穏やかな海況に恵まれました(^o^) でも台風11号、12号が発生しました 影響がでないといいですね(>_<) 本日はリサーチで牛着岩を2ダイブしました まず1ダイブ目は大牛洞窟エリアです なんと、三角岩のベニカエルアンコウ2個体はいなくなってしまいました(ToT) キレイ系のウミウシ達は健在ですね〜 久し振りのキベリアカイロウミウシ、このところ定着しているハナイロウミウシ、フォルムがお気に入りのセンヒメウミウシ、夏になると増えてくるムラサキウミコチョウなどなど ウミウシ・リクエストで潜ればもっと×2、見つかりそうですね〜(^o^) 洞窟内のサクラテンジクダイは口内保育しているオスが残念ながら亀裂の奥からなかなか出てきませんでした… 続いて2ダイブ目は小牛前をじっくりリサーチしました 色々、探しているのにコブダイの若魚が目の前をフラフラして集中できません と、いうことで少しコブダイに付き合いつつ再度、生物探し 抱卵中のアカホシカクレエビや小さなイソバナカクレエビ、ウミウサギの仲間はいっぱい そしてNEWフェイスの小さなオレンジ色のベニケロと久し振りに幸せの黄色いベニケロに再会しました(^o^) 明日はダイビング誌の雲見取材があるそうです 洞窟もいいけど生物もいろいろ紹介してもらえるといいなぁ〜

7月27日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:23.2〜21.5℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イソカサゴ、カサゴ、コクチフサカサゴ、マダラフサカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイ 幼魚)、 メジナ、イスズミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、 イトヒキベラ、オハグロベラ、ニシキベラ、カミナリベラ、ブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間)、マダコイソバナカクレエビアカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビイセエビカイカムリイボイソバナガニコノハガニ、アケウス、ムラサキウミコチョウテントウウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、カナメイロウミウシリュウモンイロウミウシハナオトメウミウシトラフケボリ)、アヤメケボリテンロクケボリホソテンロクケボリ)、ヒナコダマウサギ(写真)ベニキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミなど
7/27のガイドコース

  ヒナコダマウサギ

コメント:昨日からウネリがなくなりましたが西よりの風が強く島裏でエグジットするのはちょっと厳しい状況でした でもお天気は最高! 真夏の日差しの中、陸上でウェットスーツを着ていると早く海に入りたくて堪りません 本日、マクロ系のフォトダイブ・リクエストでがっつり3ダイブしてきました(^o^) まず1ダイブ目は小牛前でウォーミングアップ ウミウサギの仲間やコケギンポ、アカホシカクレエビ、イソバナカクレエビ、イボイソバナガニなどをご紹介しました 前日より水温が上がったので全く冷たくありませんでした 2ダイブ目は小牛裏カドからエントリー 小牛の洞窟前をチェックした後、小牛まわりで湾内ブイへ 先だって見つけたテントウウミウシはなんとペアになっていました(^o^) 今シーズンの雲見では個体数が少ないのにこの広い海の中で出会うんですからスゴイですね! 餌付けしているコブダイ若魚が登場 ゲストに餌付け体験をして頂きました 愛嬌のあるコブダイ若魚が間近で見られるのは嬉しいものですね ラスト3ダイブ目は-16mアーチの湾内側からエントリーしてロッカク岩で折り返し湾内ブイでエグジットしました 本当は大牛洞窟周辺をご案内したかったのですが海況不良により今回は断念しました また海のいい時にご案内させて下さいね 本日の一枚はウミウサギの仲間、ヒナコダマウサギです 小さいですが外套膜が美しいウミウサギです このところずっと同じソフトコーラルで見られています(^o^)

7月26日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:21.0〜19.4℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ動画)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウ)、ハナミノカサゴ、イソカサゴ、カサゴ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、タカベ、ムツ、マアジ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ)、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、イトヒキベラ、オハグロベラ、ニシキベラ、ブダイ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、コウライトラギス、ヤマドリマツバギンポ動画)、トウシマコケギンポコケギンポの仲間ヒラメ動画)、カワハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、マダコ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイボイソバナガニムラサキウミコチョウニシキウミウシキイロウミウシハナイロウミウシカナメイロウミウシテンロクケボリホソテンロクケボリヒナコダマウサギムラクモキヌヅツミ卵隗)、アカヒトデなど
7/26のガイドコース

  マツバギンポ

コメント:昨日までのウネリがすっかりおさまり穏やかな雲見が帰って来ました 本日はワイド派の皆さんとご一緒しました(^o^) まず1ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてモロコ根経由で先だってアオウミガメに遭遇したロッカク岩へ エグジットはグンカンというコース取り 雲見の現地ショップでは一番泳がない当店にとっては超が付くほどのロング・ディスタンスです(笑) -24mアーチ内はイサキがごっちゃり詰まっていました モロコ根の根頭には大型のマダイが群れ、メイチダイが脇を固めていました そしてロッカク岩へ 今日もウミガメは見られませんでしたがまたまたトビエイに遭遇しました グンカンの根頭にはネンブツダイやムツが群れ気持ちよく泳げました(^o^) 2ダイブ目はロッカク岩の砂地から-16mアーチ経由で湾内ブイへ ホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスのリクエストでした 本日はギャラリーが多かったので気合入れて行ったのですが当のホタテウミヘビがやや飽食気味だったらしくすぐにお腹いっぱいになって巣穴に戻ってしまいました(苦笑) 3ダイブ目は大牛洞窟前からたて穴根頭へ サクラテンジクダイの口内保育シーンやウミウシの仲間、ベニカエルアンコウを2個体ご紹介 安全停止中の根頭ではニシキベラの産卵&放精シーンや大きなマダイを観察しました ラスト4ダイブ目は小牛の前カドから小牛洞窟前を経由してたて穴根頭へ 小牛の前カドでは大きなヒラメを発見! 大きさの比較対象にするため脱いだフィンを並べて撮影して頂きました 小さな×2、クマノミの赤ちゃんや美しいカナメイロウミウシ、エグジット間際の根頭ではマツバギンポなどをご紹介しました 潮色は落ちてしまいましたが水温は少し上がりました!

7月25日(金)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:19.4〜17.6℃ 透明度:8m

観られた生物:トビエイ(写真)、ウツボ、ハナタツ)、イタチウオ、ベニカエルアンコウ、オニカサゴ、カサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ムツ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、シラコダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ニシキベラ、イトヒキベラ、ササノハベラ、オハグロベラ、マツバギンポコケギンポの仲間、ダテハゼ、ニザダイ、カワハギ、アオサハギ、ウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、マダコ、ニシキテッポウエビ、アカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビオトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイボイソバナガニ、ヨツハモガニ、ショウジンガニムラサキウミコチョウ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシオトメウミウシトラフケボリテンロクケボリ、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミソリキヌヅツミ)、コぺポーダなど
※7/25のガイドコース(

  トビエイ

コメント:引き続き暑い一日でした 昨日より少しおさまってきたもののウネリが残りました 水温は若干、上がったもの透明度が少し下がってしまいました(^_^;) まず1ダイブ目は前日にアオウミガメに遭遇したコースをチョイス 二匹目のドジョウならぬアオウミガメを狙います グンカンから砂地と岩場の際を移動しながらロッカク岩方面へ いよいよ昨日の現場に差しかかった時、そこにはカメではなくエイが鎮座していました ジリジリと近づいてトビエイの顔のすぐそばまでガブリ寄り 作り物のような眼が案外、可愛らしかったです(笑) ロッカク岩ではカイカムリとムラサキウミコチョウ、-16mアーチではイサキの群れを楽しみました 2ダイブ目は-24mアーチからエントリー 洞窟ダイビングをご案内しました その後、小牛の洞窟前でベニカエルアンコウをチェックした後、たて穴の根頭付近へ移動しました ウネリがあったもののニシキベラの産卵&放精シーンを観察した後、シグナルフロートをうってエグジットしました お昼休みの後、3ダイブ目はゲストのリクエストで黒崎を潜りました 浅根のアーチにはイサキとネンブツダイがごっちゃり入っていました ドラゴンウォールではお約束のハナタツ 先端洞窟ではソリキヌヅツミなどが見られました 時間を追うごとに海況が落ち着いてきました 明日はさらにいいコンディションになると思います あとは水温がもうちょっと上がってくれることを期待しましょう(^o^)

7月24日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:18.4℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:アオウミガメ動画)、トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、ベニカエルアンコウ)、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、マアジ、タカベ、ネンブツダイサクラテンジクダイ)、アカネテンジクダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチイサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、イトヒキベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、コブダイ動画)、ブダイ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ウイゴンベ、ヒメギンポコケギンポの仲間ムスメウシノシタ、カワハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、マダコ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ)、オルトマンワラエビ、アシボソベニサンゴガニカイカムリ)、アケウスイボイソバナガニ、ヨツハモガニ、サメハダオウギガニミスガイムラサキウミコチョウ)、テントウウミウシ(写真)ゾウアメフラシミツイラメリウミウシ、センヒメウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシ)、キイロウミウシキャラメルウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、カナメイロウミウシ)、サガミイロウミウシコイボウミウシハナオトメウミウシ、マドレラ・フェルギノーサ、ツグチガイ、トラフケボリ、テンロクケボリホソテンロクケボリヒナコダマウサギシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミベニキヌヅツミソリキヌヅツミ)、ヒメイトマキボラ、ヒラムシの仲間、ワタトリカイメンなどにいる謎の生物など
※7/24のガイドコース

  テントウウミウシ

コメント:昨日から遥か中国大陸に上陸した台風のウネリが雲見にも入ってきましたが、そのウネリはさらに強くなってしまいました(>_<) お天気は最高なんですが水温 はダウンしてしまいました マクロ系フォトダイブのリクエストでしたのでウネリの影響が少ないエリアをチョイスしてご案内しました まず1ダイブ目はテッパンの大牛洞窟前からエントリー ウミウシの仲間やサクラテンジクダイの口内保育シーンをご紹介しました さらにベニカエルアンコウが2個体、見られるオマケ付でした(^o^) 2ダイブ目は小牛洞窟前からエントリー 小牛洞窟の入口をなめて小牛まわりで湾内ブイへ 小牛洞窟入口ではここでもベニカエルアンコウをGET カナメイロウミウシは本日2個体目です ウミウサギの仲間が多数、アカホシカクレエビ、イソバナカクレエビ、コブダイ若魚の餌付け、そしてウネリを避けるように岩の窪みに隠れた幸せの黄色いベニケロも見られましたよ(^o^) 小牛まわりはウミウシ以外のマクロ系ダイブにはオススメのコースですね お昼休みをはさんでラスト3ダイブ目はグンカンからエントリーしてトレジャーロックへ グンカン根頭はネンブツダイやムツが群れていました  砂地と岩場の境を通ってロッカク岩付近まで行くとなんと以前、-24mアーチ付近で遭遇したアオウミガメに再会しました 台風一過、もういなくなってしまったと思ったので嬉しかったですね〜 しばらくゆっくりと一緒に泳ぎました ロッカク岩ではハナタツ、-16mアーチの湾内側ではトビエイやコブダイも見られなかなかゴージャスな1本になりました 本日の見出しはテントウウミウシです 普通種なんですがこのところ出会う機会がなく久し振りに見ました(^o^)

7月23日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21.4〜20.6℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、コケウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビハナタツ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、コブダイ、ニシキベラ、ブダイ、ヒメギンポマツバギンポコケギンポの仲間)、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビ(写真)、アカシマシラヒゲエビ、カイカムリイボイソバナガニムラサキウミコチョウヒロウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシハナイロウミウシカナメイロウミウシコイボウミウシマドレラ・フェルギノーサトラフケボリ)、アヤメケボリテンロクケボリホソテンロクケボリ)、ヒナコダマウサギベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミヤクシマダカラなど
※7/23のガイドコース

  イソバナカクレエビ

コメント:お天気は夏真っ盛り 肌をジリジリ語がすような強い日差しでした ところが台風のヨタが雲見にも入ってきましたね… と、いうことで狭い洞窟やアーチは避け、牛着岩を大きく潜りました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして小牛まわりで小牛洞窟入り繰り、さらにたて穴過ぎのハナタツをチェックして根頭で安全停止をして-24mアーチブイでエグジットしました ウネリに翻弄されながらもアトラクション感覚で楽しいダイビングができました(^o^) 特にゲストからリクエストを頂いたコブダイの餌付けが盛り上がりました 続いて2ダイブ目はロッカク岩付近からエントリーして大牛洞窟へ ファーストコンタクトはもちろん、ホタテウミヘビの餌付けです 今日もホタテウミヘビ達は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました(^o^) ゲストの皆さまも餌付けに参加して頂きました\(^o^)/ 大牛洞窟では口内保育を始めたサクラテンジクダイをじっくり観察しました カナメイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ハナイロウミウシなどのキレイどころも見られて本日も盛りだくさんの内容でした 明日はこのウネリが少しはおさまってくれると思います ウミウシ・フォトのリクエストなので頑張って即日にログをUPしたいところなのですが、あいにく堂ヶ島火祭りというこの辺では有名な花火大会を見に行きますのでちょっと厳しいかもしtれませんね(^_^;)

7月21日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:20.9〜20.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウ)、 イソカサゴ、マダラフサカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイyg、メジナ、イスズミコブダイ若魚、オハグロベラ、イトヒキベラ、ヤマドリイソギンポの仲間イソバナカクレエビカイカムリ)、ツノガニムラサキウミコチョウニシキウミウシミヤコウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシシロハナガサウミウシマドレラ・フェルギノーサアオウミウシ属の一種5アヤメケボリトラフケボリ)、トガリアヤメケボリテンロクケボリ)、ホソテンロクケボリ)、ヒナコダマウサギムラクモキヌヅツミ卵隗)、ソリキヌヅツミベニキヌヅツミ)、オニサザエヒラムシの仲間)など
※7/21のガイドコース

  サクラテンジクダイの
口内保育シーン

コメント:海の日の3連休の最終日は連休中、最高のお天気そして海況でした ビーチでは観光客向けにサザエ狩りのイベントがそしてダイバー向けに各器材メーカーのモニター会が開催された為、朝早くから駐車場は大混雑でした まず1ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしました 昨日、サクラテンジクダイの口内保育シーンが確認できたので早速、狙いました(^o^) そして複数個体の口内保育シーンが見られました 機会があるごとに観察を続けたいと思います 特にウミウシにべったりという訳ではありませんでしたが、それなりにウミウシの仲間も見られました 潮色が良くなり水温も上がりましたので気持ちの良いダイビングでした 続いて2ダイブ目は湾内のブイからエントリーして小牛前のみじっくり潜りました ウミウサギの仲間はいっぱいいますね〜 いなくなったと思っていた幸せの黄色いベニカエルアンコウ、ちょっと移動したところで発見しました(^o^) コブダイ若魚は相変わらずの大食漢でエサをあげている指をガブッと噛まれてびっくりしました あの歯を見ればわかりますが結構、痛かったです(>_<) 湾内ブイのロープにはイスズミの群れがスゴいですね ブイ下の水面ではイシダイの幼魚やアミメハギの幼魚が見られてエグジット後、ボート待ちしている間の密かな楽しみになってしました(笑) 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げますm(_ _)m

7月20日(日)

雲見 牛着岩/赤井浜

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:23.4〜19.8℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツキビナゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイクロホシイシモチサクラテンジクダイイサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ミギマキ、アイゴ、ニザダイ、カワハギ、アミメハギyg、ヒメセミエビ、シンイボテガニ(写真)ショウジンガニ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、マドレラ・フェルギノーサテンロクケボリホソテンロクケボリ、オオアカヒトデなど
※7/20のガイドコース

  シンイボテガニ

コメント:海の日の連休中日は港がかなり混雑しました 曇り予報でしたが時折り夏の日差しがあり海も穏やか 何より前日より水温、潮色ともアップしたことでしょうか(^o^) まず1ダイブ目はゲストに約一年ブランクの方もいらっしゃったのでブイからエントリーして水路〜クレバス〜三角穴〜ブイという地形メインのコース取りです  島裏ではイサキやネンブツダイの群れ、たて穴付近ではハナタツ などが見られました 続いては赤井浜で体験ダイビング 昨日は浮上後、水面で雷雨に見舞われましたが今日はお日様に恵まれました(^o^) 昨日、5個体見られたギターシャークことサカタザメは見られませんでしたが、温かくて青い海で初めての海の中を楽しんで頂きました 続いて3ダイブ目はロッカク岩からエントリーして大牛洞窟へ 砂地でまずホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました その後、ゲストの皆さんにも他のホタテウミヘビ達に餌付け体験をして頂きおおいに盛り上がりました! 大牛洞窟前で はウミウシの仲間をご紹介しました そして大牛洞窟内では待ちに待ったサクラテンジクダイの口内保育が始まりました これで見どころがまたひとつ増えましたね 沖出ししてシグナルフロートをうって安全停止をしたのですが潮が速くてあっという間に小牛の向こう側まで流されました(>_<) と、いうことでお昼休みを挟んでラストは久し振りにドリフトダイビングをしました グンカンからエントリーしてモロコ根経由で-24mアーチでエグジットしました 大物との出会いを期待したのですが今回は残念ながら見られませんでしたがスポーツといった感じの気持ちのいいダイビングができました!

7月19日(土)

雲見 牛着岩/赤井浜/オオ根

天候:雨 気温:26℃ 水温:22.2〜19.8℃ 透明度:8m

観られた生物:サカタザメウツボ、トラウツボ、ハナタツ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、シイラ、イサキ、ムツ、ヨメヒメジ、イシダイ、テングダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、オハグロベラ、ニシキベラ、カミナリベラ、トビヌメリ、ダテハゼ、クツワハゼ、サビハゼ、スジタテガミカエルウオ(写真)マツバギンポトウシマコケギンポ、ニザダイ、カワハギ、ハコフグ、アカシマシラヒゲエビアオウミウシリュウモンイロウミウシシロウサギウミウシテンロクケボリベニキヌヅツミソリキヌヅツミなど
※7/19のガイドコース

  スジタテガミカエルウオ

コメント:海の日の三連休がスタートしました 朝のうちはお天気は曇りベースだったのですが、次第に崩れ始めお昼過ぎには本降りの雨となりました 朝一番は雲見の牛着岩、ブイからエントリーしてクレバス〜-24mアーチ周辺〜たて穴根頭というコース取りです 昨日から残念ながら潮色が下がってしまいましたがH型のアーチを抜けた辺りの魚影の濃さには驚かされました イサキの群れ、ネンブツダイ、キンメモドキ、ムツ、キンギョハナダイ… まるで水族館のようでした これで潮色がよかったら最高だったんですけどね〜(>_<) ハナタツやテングダイ、エグジット間際の根頭ではスジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポのギンポ三兄弟が見られました 2ダイブ目は体験ダイビングで赤井浜を潜りました スキルの練習中にシイラがいてビックリ(@_@;) 思わず捕まえて昔のハトヤの大漁苑のCM状態(笑) 設置したフロートのメッシュに入れてキープしました(エグジット後、シイラははまゆスタッフに謹呈しました) その後の体験ダイブもギターシャークことサカタザメが登場し2ショット写真を撮って遊びました とても楽しんで頂いたようで午後から追加の体験ダイビングのリクエストを頂きました(*^^)v 2回目の体験ダイビングもサカタザメ三昧 すっかり水中世界に魅了されたようでした 是非、次回はライセンスコースにお申込み下さいね(^o^) 明日の連休中日は波止場は大混雑が予想されます ファンダイブと体験ダイビングのLOGをお楽しみに 明日もミラクル、起こらないかな〜(笑)

7月17日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:21.2〜17.8℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:トビエイヒラタエイ、ウツボ、コケウツボ、ワカウツボ、イタチウオ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウカサゴイソカサゴハオコゼ、アカエソ、キンギョハナダイアカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、チョウチョウウオ、レンテンヤッコ、カゴカキダイ、イサキ、コロダイ、マダイオキナヒメジイシダイyg(写真)、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、コブダイ、ニシキベラ、ササノハベラ、オハグロベラ、ブダイ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コウライトラギス、コケギンポの仲間、ハナハゼ、アイゴ、ニザダイ、カワハギ、アミメハギyg、ハコフグ、ウミスズメ、シマウミスズメ、キタマクラ、アカシマシラヒゲエビヒメセミエビイシダタミヤドカリイボイソバナガニ、ノコギリガニ、トゲアシガニ、スベスベマンジュウガニアメフラシ、ミツイラメリウミウシ、クモガタウミウシニシキウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシマドレラ・フェルギノーサ)、トラフケボリアヤメケボリテンロクケボリ)、ホソテンロクケボリベニキヌヅツミソリキヌヅツミ、トコブシ、マヒトデ、イバラカンザシなど
※魅惑の地形ダイビング水中景観(10
※7/17のガイドコース(

  イシダイ幼魚

コメント:引き続きお天気に恵まれました 朝のうちは風があり少しウネリが入っていましたが全エリア、オープン 潮色が若干、下がったものの水温は少し上がりました 水深-10m以浅はぬくぬくでした(^o^) 1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーしました 根頭ではキンギョハナダイが乱舞し夏の風物詩、ニシキベラの産卵&放精が繰りひろげられていました -24mアーチ内はイサキが群れていました イタチウオやマツカサウオ、アカハタなどが見られました たて穴を過ぎた岩肌では伊豆の人気者、ベニカエルアンコウとハナタツをご紹介 その後、迷路のような洞窟を抜けて三角穴へ 太陽光が差し込み幻想的な水中景観を堪能しました 2ダイブ目は島裏からエントリーして小牛洞窟〜小牛まわりで湾内ブイへ H型のアーチの根頭ではキンメモドキの群れと戯れました そして小牛の洞窟へ ベニキヌヅツミやソリキヌヅツミ、アカシマシラヒゲエビをご紹介した後、洞窟ダイビングを満喫しました このコース取りは何気に生物が多いのでお気に入りのコースのひとつです 湾内のブイ下ではイシダイやアミメハギの幼魚が見られます 夏ならではの光景ですね(^o^) お昼休みをはさんでラスト3ダイブ目は三競で地形ダイブを楽しみました 午後になると午前中は吹いていた風とウネリがおさまり穏やかになりました 洞窟やウミウシ、魚の群れなど何でもアリのオールインワンな雲見の海でした

7月16日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:18.8〜18.0℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ヒラタエイ、ホタテウミヘビ、ウツボ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ、イソカサゴ、カサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、カゴカキダイ、チョウチョウウオ、ネンブツダイ、イシダイ、メジナ、メジナ、テングダイ、イスズミ、コブダイ、キュウセン、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、コウライトラギス、ニザダイ、カワハギ、ミツイラメリウミウシ)、ヘリシロイロウミウシキイロウミウシアオウミウシ)、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ()、カナメイロウミウシサガミイロウミウシ(写真)、オトメウミウシ、ヒラムシの仲間など
※7/16のガイドコース

  サガミイロウミウシ

コメント:当店オリジナルSPコース、「雲見のウミウシの見つけ方」を開催しました 本日ご一緒のゲストは一年半振りのブランクということでしたのでチェック&リフレッシュダイブを兼ねて湾内ブイからエントリーしてクレバスでウミウシダイブをしました ふとH型のアーチの見ると珍しくここにテングダイがいました 最近、-24mアーチで見かけないことの方が多くなったような気がします さてさて肝心のウミウシ探しの方ですが、水中ライトを使って事前に学習した要領で頑張って頂きました(^o^) リフレッシュダイブが終了し2ダイブ目はウミウシの鉄板ポイント、大牛洞窟前を潜りました カナメイロウミウシを筆頭にキイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、サガミイロウミウシなどのキレイどころが見らえました その他、黄色いベニカエルアンコウを見つけたりロッカク岩付近の砂地ではホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました 本日の一枚はサガミイロウミウシです いつも摂食しているカイメンにめり込んでいて写真映えしないイメージ(個人のイメージです)のウミウシですが今日は珍しくイケていました(笑) コース修了おめでとうございます! 「雲見のウミウシの見つけ方」コース、皆様のリクエストをお待ちしています

7月15日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:18.2〜16.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、ヒラタエイウツボ、コケウツボ、 トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、イサキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、コブダイ、オハグロベラ、ブダイ、ヤマドリ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間)、カワハギ、ウミスズメ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、アカシマシラヒゲエビイシダタミヤドカリ)、マダコ、カイカムリアケウスイボイソバナガニベニツケガニマルタマオウギガニミスガイムラサキウミコチョウ)、ルンキナウミウシヒラミルミドリガイテントウウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシ)、センヒメウミウシ(写真)イガグリウミウシニシキウミウシ)、キイロウミウシコモンウミウシアオウミウシサラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシカナメイロウミウシヤグルマウミウシオトメウミウシトラフケボリ)、アヤメケボリトガリアヤメケボリテンロクケボリ)、ホソテンロクケボリ)、ヒナコダマウサギベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミ)など
※7/15のガイドコース

  センヒメウミウシ

コメント:まるで梅雨明けしたかのような夏の空が広がりました 本日、じっくりマクロ系フォトダイブのリクエストで60分×3本勝負でした まず1ダイブ目は小牛前です 黄色いベニカエルアンコウ、アカホシカクレエビやイソバナカクレエビ、ウミウサギの仲間をご紹介しました フィーディングを続けているコブダイ若魚が登場 ゲストに餌を渡して餌付け体験も楽しんで頂きました(^o^) 2ダイブ目はウミウシの仲間をメインにご紹介しました ポイントはもちろん大牛洞窟前です ご一緒したゲストは昨年、当店オリジナルの「雲見のウミウシの見つけ方SPコース」を受講して以来、ウミウシ探しの達人です 逆にボクの方が色々と見せてもらいました(^o^) ラスト3ダイブ目は小牛の洞窟前からエントリーして小牛まわりで湾内ブイでエグジットしました 小牛の洞窟前ではベニキヌヅツミやソリキヌヅツミといったウミウサギガイの仲間やアカシマシラヒゲエビのペア 小牛まわりではタマミルで久し振りにテントウウミウシを見つけました ウミトサカの仲間ではテンロクケボリやホソテンロクケボリ、ヒナコダマウサギなどの美しいウミウサギの仲間が見られました ウミウシ、ウミウサギ、エビカニなどのマクロ系の生物がいっぱい見られた今日の雲見でした 明日は「雲見のウミウシの見つけ方SPコース」を開催します 興味のある方は是非、スクールのバナーをクリックしてチェックして下さいね!

7月14日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:19.4〜18.0℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:カスザメトビエイ、ヒラタエイ、ハナタツホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、ベニカエルアンコウ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、イサキ、コロダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、オハグロベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、コブダイ(写真)、ブダイ、キンメモドキツマグロハタンポ、ヤマドリ、コケギンポの仲間()、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ)、アカシマシラヒゲエビアケウスショウジンガニキモガニ、ミスガイ()、ミドリアメフラシキュウバンウミウシアヤメケボリトガリアヤメケボリトラフケボリテンロクケボリ、ホソテンロクケボリ()、ベニキヌヅツミ()、ソリキヌヅツミなど
※7/14のガイドコース

  コブダイ

コメント:台風一過、さらに穏やかな海況になりました 朝のうちは霧が凄くて一抹の不安がありましたが時間を追うごとに霧と雲が晴れお昼前にはジリジリと肌を焦がすような日差しになりました さて、海の方はというと潮色、水温は前日より若干、UPしました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして小牛の前のみじっくり50分 昨年7月からフィーディングを続けているコブダイの若魚はエントリーするやいなや、エサのおねだりをしてきました(笑) ワイド系ではカスザメ、トビエイ、ヒラタエイ マクロ系では幸せの黄色いベニカエルアンコウ、アカホシカクレエビ、イソバナカクレエビ、ミスガイなどが見られました 2ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてまずは根頭でこの時期の風物詩、ニシキベラの産卵&放精シーンをご紹介 その後、たて穴横でハナタツを見て小牛の洞窟へ アカシマシラヒゲエビのエステ・シーンや本来は深場で見られるウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミなどをご紹介しました その後、水路でウミウシ探しをした後、湾内エリアへ 今日もワイド〜マクロまで雲見の海を堪能しました 明日はガッツリ、マクロ系で60分×3本勝負です LOGの更新をお楽しみに!

7月13日(日)

雲見 牛着岩

天候: 気温:25℃ 水温:18.8〜17.6℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、オニカサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、カサゴ、ヒメサツマカサゴワニゴチネンブツダイ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、ニシキベラ、ホンベラ、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、アイゴ、トラギス、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、カワハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、テッポウエビモドキイソバナカクレエビアカホシカクレエビクモガニの仲間ミスガイムラサキウミコチョウキイロウミコチョウウミフクロウ、アメフラシ、ヒロウミウシ)、ミツイラメリウミウシコミドリリュウグウウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシカナメイロウミウシ(写真)シロタスキウミウシリュウモンイロウミウシサガミイロウミウシシラユキウミウシハナショウジョウウミウシマドレラ・フェルギノーサオトメウミウシトラフケボリアヤメケボリテンロクケボリホソテンロクケボリヒラムシの仲間
※7/13のガイドコース

  カナメイロウミウシ

コメント:台風一過、最初の週末です 昨日のうねりがとれ、穏やかな海況になりました 朝からあいにくの雨降りでしたが潮色は回復 水温も若干、UPしました 本日は当店オリジナルのPADIディスティンクティブSPコース「雲見のウミウシの見つけ方」を開催しました まず1ダイブ目は大牛洞窟前のみじっくり45分、潜りました マドレラ・フェルギノーサやハナショウジョウウミウシといったショウジョウウミウシ科の仲間が目に付きました そして台風後もカナメイロウミウシは居残ってくれました(^o^) 凪が続けばミノウミウシの仲間も続々と登場してくると思われます 続いて2ダイブ目は島裏からエントリーしてクレバスでウミウシダイブをしました 台風一過で情報が無いながらもウミウシ力は健在でした! 水路前では石裏のウミウシをチェック ブリーフィングで事前に説明した通り、ウミフクロウなどが見らえました お昼休みを挟んでオプションの3ダイブのリクエストを頂きました 小牛前でじっくりマクロ系をご紹介 イソバナカクレエビや抱卵中のアカホシカクレエビ、黄色い小さなベニカエルアンコウが見られました コブダイの餌付けをリクエストして頂いたのですがボクがコブダイが来ているのに気付かずスミマセンでした…m(_ _)m 「雲見のウミウシの見つけ方」コース、修了おめでとうございます またご一緒できるのを楽しみにお待ちしています!

7月12日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:17.4℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ(写真)、オニカサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、イシダイ、イトヒキベラ、コブダイ、 ブダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、タカノハダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コウライトラギス、ヨコシマエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビ、アカシマシラヒゲエビ、ホンドオニヤドカリ、ヨツハモガニ、ベニイシガニ、マルタマオウギガニウスイロウミウシハナショウジョウウミウシシロハナガサウミウシトラフケボリアヤメケボリヒナコダマウサギベニキヌヅツミソリキヌヅツミヒラムシの仲間など
※7/12のガイドコース

  ベニカエルアンコウ

コメント:今週は月曜日のファンダイブを最後に台風8号の接近に伴い雲見はCLOSE…(>_<) 台風一過、本日から再開です 雲見はまだウネリが残っていましたがこれから急速に回復する模様です 明日は海況がきっと良くなるでしょう さてさて本日の海ですが台風の影響でだいぶ濁っていました 冷たい潮が入り、水温も17℃台と下がってしまいました まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーしました 根頭では夏の風物詩、ニシキベラの産卵&放精シーンが繰りひろげられていました 産卵するたびに他の魚が卵を狙って集まってきます その後、隣りの根でウミウシ探しをした後、小牛の洞窟へ 台風前に見られたベニカエルアンコウは残念ながら見つかりませんでしたが、アカシマシラヒゲエビのペアは健在 今日はクエとウツボがエステを受けに来店していました 続いて2ダイブ目は湾内ブイからエントリーして小牛前のみじっくり潜りました 抱卵中のアカホシカクレエビやアカヤギの一種を宿主にしていたイソバナカクレエビ、そしてヨコシマエビ ウミウサギの仲間はアヤメケボリ、トラフケボリ、ヒナコダマウサギなどが見らえました 餌付けをしているコブダイはボクの姿を見つけると人懐っこそうにやって来てエサのおねだりをしました(^o^) 本日の一枚は黄色くて小さなベニカエルアンコウ 岩の窪みに隠れてウネリをやり過ごしている様子でした 明日は当店オリジナルのPADIディスティンクティヴSPコース、「雲見のウミウシの見つけ方」を開催します ウミウシ好きの方はLOGをお楽しみに!

7月7日(月)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:27℃ 水温:22.8〜22.4℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:アオウミガメ(写真)、ウツボ、トラウツボ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ)、ムツイシダイ幼魚、チョウチョウウオ、シラコダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ若魚キンメモドキ、コケギンポの仲間、ウミスズメ、アミメハギ幼魚、キタマクラ、アメフラシ、アオウミウシなど
※7/7のガイドコース

  アオウミガメ

コメント:朝のうちはバケツをひっくり返したような大雨でした 一時はどうなることかと思いましたが1ダイブ目のエントリー時には小康状態となりやれやれ一安心 ところが強烈な台風8号のウネリが雲見にも入ってきました(>_<) 海況が悪くなる前に午前中で3ダイブしました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリー ブイ下にはイシダイの幼魚がいっぱい 好奇心旺盛でダイバーにまとわりついてきました そして小牛前カドでコブダイの若魚に餌やりをしました 昨日は午後の遅い時間にエントリーして会えなかったため、今日は朝一番でコブダイのポイントへ向かいました ボクの姿を見ると息せき切って近づいてきました 可愛いヤツですね〜(^o^) ご一緒したゲストにコブダイの餌を渡し、餌付け体験をして頂きました 続いて2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーして根頭周辺を散策しました 湾内より透明度が良くウネリもさほど気になりませんでした イサキやキンメモドキの群れがものすごかったです! キンギョハナダイやネンブツダイも群れていて魚まみれのダイビングを楽しめました ウネリのある時は狭い洞窟はウネリが集中するためなるべく避けて広いフィールドでダイビングを楽しむのが一番ですね ラスト3ダイブ目も魚影にまみれようと-24mアーチブイからエントリーしてこの周辺で遊びました すると最近、話題のウミガメに遭遇 遊泳中だったのですがそ〜っと近づくとクエ穴付近に着底して居眠りを始めました 今回は突然のことだったのでゲストにアドバイスできませんでしたが、撮影するときはストロボの発光禁止やタッチ厳禁、そ〜っと近づいて排気を控えめにする…などなどブリーフィングで説明するといいかもしれませんね 大事にして川奈のようにウミガメが居着いてくれたらホント、嬉しいですね 明日から台風でCLOSEです 8〜11日でご予約を入れて下さいました皆様、本当にすみませんでした 是非、また次の機会にご一緒しましう! そして台風一過の雲見の海に期待しましょう(^o^)

7月6日( 日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:22.2〜21.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、イタチウオ、ゴンズイ、マツカサウオ、サクラテンジクダイイサキ)、イシダイ、テングダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、キンメモドキ)、ツマグロハタンポ、ニザダイ、コケギンポの仲間、アミメハギ、カワハギ、アカシマシラヒゲエビ、ヒメセミエビ、カイカムリイボイソバナガニベニツケガニムラサキウミコチョウアメフラシアラリウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミ、シロオビコダマウサギヤクシマダカラ、メダマイカリムシなど
※魅惑の地形ダイビング水中景観(1011121314
※7/6のガイドコース(

  三競3番洞窟

コメント:前日の雨が上がりお天気&凪になりました 本日は雲見の地形ダイビングリクエストでがっつり5ダイブしてきました(^o^) まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜-24mアーチブイというコース取りです 潮色もグーンとアップしてコンディションもバッチリでした キンメモドキの群れに巻かれたりテングダイのペアと戯れたり地形+αも楽しめました 2ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてH型のアーチ〜クレバス〜三角穴〜湾内ブイという地形満喫コースです -24mアーチでは マツカサウオがたくさん見られました 太陽光が差し込み幻想的な水中景観が楽しめましたよ 3ダイブ目は大牛カドからエントリーして大牛洞窟へ まずはホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露 その後、このエリアにいるホタテウミヘビ達に餌付け体験をしてもらいました どのホタテウミヘビも良く慣れています リクエスト頂ければご案内します 大牛洞窟ではサクラテンジクダイをご紹介しました もうすぐ口内保育の季節です 楽しみですね エグジット後、お昼休憩を挟んで4ダイブ目は小牛洞窟からエントリー 小牛をまわって湾内ブイでエグジットしました 小牛前では餌付けをしているコブダイの若魚の登場を待っていたのですが残念ながら今回は現れませんでした ラスト5ダイブ目は三競で洞窟巡りをしました 午後になると太陽光の角度がちょうど三競の3番洞窟のエアードームのトップライトと重なりレーザービームが差し込みます 1番〜4番洞窟を満喫しました そうそう今回、初めて知ったのですが1番洞窟の入口を塞いでいた大岩が無くなって通り抜けできるようになっていたのですね(^_^;) めったに1番洞窟を通らないので今の今まで気が付きませんでした(苦笑) 明日は7月最後の無制限ダイブデーです 地形リクエストで3ダイブする予定です

7月5日(土)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:25℃ 水温:22.2〜22.0℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、カエルアンコウベニカエルアンコウ)、カサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、イシダイ幼魚、メジナ、イスズミ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、アカイソハゼ、ハナハゼ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間)、マダコアカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビオルトマンワラエビイボイソバナガニキモガニコトヒメウミウシミツイラメリウミウシサガミリュウグウウミウシコモンウミウシアオウミウシウスイロウミウシハナイロウミウシアヤメケボリ)、トガリアヤメケボリテンロクケボリ)、ホソテンロクケボリ)、ベニキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミなど
※7/5のガイドコース

  キンギョハナダイ

コメント:あいにくのお天気でしたが穏やかなコンディションでした 何より水温がぐ〜んと上がりました(^o^) 水底に入っていたヒンヤリした潮はどこへやら 深場でも22℃ありました! まず湾内ブイからエントリーして小牛前をじっくりのんびり ヤギ類をチェックするとアヤメケボリやトガリアヤメケボリなどのウミウサギの仲間は見つかるのですがいつものイソバナカクレエビお出掛け中でした 餌付けしているコブダイがすぐにすり寄ってきてエサのおねだりをされました(笑) オオスジイシモチやコスジイシモチの口内保育が見頃です もう少しするとネンブツダイやクロホシイシモチ、サクラテンジクダイなども口内保育を始めます 続いて2ダイブ目は島裏からエントリーして小牛洞窟前〜クレバス〜湾内ブイへ H型のアーチを抜けたところに群れているキンメモドキは今日もスゴかったです ここだけでも十分に楽しめますね〜 小牛の洞窟ではベニカエルアンコウが2個体 アカシマシラヒゲエビもペアでウツボのエステをしていました クレバスではハナイロウミウシやサガミリュウグウウミウシ、ギザギザバージョンのコトヒメウミウシが見られましたよ(^o^) 1ダイブ目で見つけられなかった水路左のTHEカエルアンコウはウミウチワの下に恥ずかしそうに隠れていました モジャモジャしていてとってもカワイイですね 明日は地形&魚影リクエストでがっつり5ダイブの予定です たまにはドリフトいいかもしれませんね!

月2日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:20.8〜18.4℃ 透明度:8m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビハナタツ、ノコギリヨウジ、カエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、イシダイ幼魚、メジナ、イスズミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ホンベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、イトヒキベラ、 コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、カワハギ、アオサハギ、カサゴ、イソカサゴ、オニカサゴ、マダラフサカサゴ、ハオコゼ、アナハゼマダコイソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビカイカムリイボイソバナガニ、アケウス、ミスガイムラサキウミコチョウ)、ミツイラメリウミウシアオウミウシ)、シロウミウシアヤメケボリ、セロガタケボリ、テンロクケボリホソテンロクケボリベニキヌヅツミソリキヌヅツミ
※7/2のガイドコース

  カエルアンコウ

コメント:7月に入りました 夏ですね〜 これで梅雨が明ければいよいよ夏本番といったところですね お天気、海況ともバッチリです! まず1ダイブ目はたて穴付近からエントリーして小牛の洞窟〜小牛まわりで湾内ブイへ お腹の大きなハナタツやベニカエルアンコウ、アカシマシラヒゲエビなどが見られました -24mアーチの根頭では優雅に泳いでいるトビエイがいました すぐそばまで近づいて一緒に泳ぎました(^o^) 餌付けをしているコブダイは小牛の前カドで遭遇 早速、エサをねだられました(笑) 小牛前ではアカホシカクレエビのペアやイソバナカクレエビなどを見てブイへ 潮色がちょっと悪くなりましたがその分、水温がちょっぴりアップしました 2ダイブ目はロッカク岩からエントリーして大牛まわりのトレジャーロック経由で湾内ブイへ カイカムリの仲間やウミウサギの仲間が見られました ラストは先週、見つかったカエルアンコウ ベニカエルアンコウって聞いていたんですがどうやら本種のTHEカエルですね とっても可愛かったです でもなんで先週、見つけられなかったんだろう? 7月の雲見無制限ダイブは1日から7日で開催します 日中、最大5ダイブしてもなんと¥19,000-です 皆様こぞってご参加下さいませ\(^o^)/

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVE