DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2005年1月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

1月26日(水)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:16℃ 透明度:15〜12m
観られた生物:トラウツボ、ダイナンウミヘビ、イタチウオマツカサウオハナミノカサゴ、ハオコゼ、キビナゴ、カタクチイワシ、クロホシイシモチ(写真)、ツマグロハタンポ、テングダイ、イシダイ、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、ヨコシマクロダイyg、カミナリベラ、キュウセン、ニセカンランハギyg、キタマクラ、アオリイカなど

 クロホシイシモチ

コメント:朝のうち振っていた雨も午前中に上がり、絶好のダイビング日和となりました 1ダイブ目は牛着岩の定番コースをご案内しました 洞窟の天井の亀裂はあたかもトップライトのようで、射し込む光に映し出される魚影はとてもキレイです 今や-24アーチの主とも言えるテングダイのペアも健在でした 午後から張石をのんびり2ビーチダイブ 体験ダイブの方も雲見の海を満喫されました
BY松田

1月23日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:17℃ 透明度:20〜15m
観られた生物: トラウツボ、イタチウオ、アオヤガラ、キンギョハナダイ、ハナミノカサゴ、マツカサウオ、マダイ、イシダイ、ツノダシ、ヒメゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ガラスハゼ、アオリイカ、マダコ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、ムチカラマツエビ、マルツノガニ、モクズショイ、アオウミウシ、シロウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロイボウミウシなど

 

コメント:あいにくのお天気でしたが、海の中は透明度が抜群で光も充分に射し込み地形がとてもキレイでした また水温が17℃とこの時期にしては高く、クマノミやミツボシクロスズメダイygが元気よくイソギンチャクのまわりを泳いでいました 中層では、アオリイカやマダイの群れが優雅に泳いでいました 今回は200ダイブのダイバーの方とご一緒でしたので、船長にお願いをして5分だけ三競へ 洞窟の中で記念撮影をしてきました!
BY カズ

1月9日(日)

田子 白崎bP/白崎bR〜2

天候:晴れ 気温:9℃ 水温:15℃ 透明度:15〜10m
観られた生物: アオヤガラ、ミノカサゴ、オモンハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、キンセンイシモチ、コロダイyg、トノサマダイyg、アケボノチョウチョウウオyg、ミスジチョウチョウウオyg、ガラスハゼアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシハナオトメウミウシキイロイボウミウシアカホシカクレエビヒトデヤドリエビ(写真)ゼブラガニなど

ヒトデヤドリエビ

コメント:冬型の気圧配置で強い西風が吹く中、田子をダイブしてきました ウミウシシーズン開幕目前といったカンジでした 甲殻類は相変わらず充実していて、特に今回はオオアカヒトデをホスト(宿主)にしているヒトデヤドリエビをじっくりウォッチしてきました オオアカヒトデを裏返すとヒトデヤドリエビがワラワラ付いていました
BY松田

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.