ダイビングログ2007年1月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

1月28日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:11℃ 水温:15℃ 透明度:10m

観られた生物:ダイナンウミヘビ、ベニカエルアンコウ(ベニイザリウオ)、アオヤガラ、キビナゴ、クロホシイシモチ、マダイ(老成魚)、イシダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、コブダイ、クマノミyg、スズメダイ、ニザダイ、ツノダシ、セレベスゴチヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポガラスハゼ、イチモンジハゼ、カワハギ、コウイカの仲間、マダコ、アカホシカクレエビオトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ノコギリガニ、ショウジンガニ、シロウミウシサラサウミウシアオウミウシコンガスリウミウシミゾレウミウシ(写真)ニシキウミウシイガグリウミウシ、クモガタウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、オトメウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシフリエリイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシトラフケボリ、ツグチガイ、シロオビキヌヅツミウミウサギガイ不明種卵嚢)、ヒラムシの仲間など

  ミゾレウミウシ

コメント:前日の大西がピタリと止み、雲見をヤレました 朝のうちはまだ前日のヨタが残っていましたが、時間を追うごとに凪いできたので、ガッツリ3ダイブしてきました 潮色は思ったほど芳しくなかったものの、冬の生物が充実してきましたヨ!今日はボク自身、初めて観たミゾレウミウシや久し振りのコンガスリウミウシなどキレイ系ウミウシも登場しました 洞窟の入口近辺はクロホシイシモチの群れがグッチャリ、沖の中層では大型のマダイ、-16mアーチ付近ではコブダイAd.など 昨シーズン初めて雲見で確認されたダンゴウオ(2個体目は当店が発見)に味を占め、実は密かに探しています 見つかるといいなァ〜!!
BY松田

1月27日(土)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:16℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:イソカサゴ、メバル、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、カミナリベラ、イトヒキベラ、オハグロベラ、コウライトラギス、コケギンポの仲間、ニシキハゼ、サビハゼ、クツワハゼ、チャガラ、イチモンジハゼ、アオサハギ、カワハギ、ヒトデヤドリエビオルトマンワラエビ(写真)ヒロウミウシ交接中)、ウデフリツノザヤウミウシ産卵中)、サラサウミウシアオウミウシイガグリウミウシシロハナガサウミウシなど

  オルトマンワラエビ

コメント:冬型の気圧配置が強まり、大西の吹き荒れる土曜日になりました と、いうことでこんな日は田子湾内を楽しみます!昨年から引き続き、当たり年のピカチューをウォッチしてきました 1ダイブ目で2個体GETしたのですが、そのうち1個体はなんと産卵シーンを見ることができましたよ!! 西風が吹いている割に水温もさほど下がらず、潮色も抜群で、かなり楽しめました 2ダイブ目の白崎bQでは目撃情報を元にミズタマウミウシを一所懸命探したのですが、さすがに情報が2週間前とフレッシュでなかったためか見つけられませんでした、、、明日は冬型が緩み、西風も治まってきそうなので雲見を予定しています
BY松田

1月22日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:12℃ 水温:16〜15℃ 透明度:20m

観られた生物:バンドウイルカの群れ(100頭〜)ベニカエルアンコウ(ベニイザリウオ)ハナタツホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、キビナゴ、クロホシイシモチ、メジナ、イシダイ、ツマグロハタンポ、ミツボシクロスズメダイyg、オキゴンベ、テンスyg、ツノダシ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ)、アライソコケギンポ)、ガラスハゼ、ベンケイハゼ、アミメハギyg、アオサハギyg、コウイカの仲間、マダコイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミモクズショイコトヒメウミウシミツイラメリウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシニシキウミウシシロハナガサウミウシミレニアムマツカサウミウシオトメウミウシアデヤカミノウミウシミチヨミノウミウシウミウサギガイ不明種テンロクケボリトラフケボリボウシュウボラの産卵など

  アデヤカミノウミウシ

コメント:お天気、凪とも恵まれこの時期ではこれ以上無いというコンディションでした 1ダイブ目は水路の壁にへばりつき、ウミウシ・ダイブ アデヤカミノウミウシをGET!その名の通り、実にあでやかなウミウシです かなりウミウシの種類が増えて、賑わってきましたよ〜 2ダイブ目は裏からエントリーしてお得意のコースをとりました 1ダイブ目でウミウシ・ウォッチをやっていたので、ハナタツやベニイザリウオなど見るもの全てが大きく見えます(笑) そして2ダイブ目エキジット後、奇跡が起こりました 牛着岩の沖合いでイルカの群れが泳いでいるとの情報 早速行ってみると、ナブラの中にざっと100頭以上のイルカが群れているではありませんか!ボートで群れに近づくと、イワシの群れが逃げるのを追ってイルカも離れてしまいなかなか距離が詰められません 業を煮やしてカメラ片手にスキンダイビングで飛び込んだもののイルカのスピードには到底追いつかず、、、 残念ながら画像に納めることはできませんでした(涙) 一昨年以来のイルカの群れの登場です 今シーズンの雲見は何かが起こりそうないい予感がしますね!!
BY松田

1月21日(日)

浮島 ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:11℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15m

観られた生物:アカエイ(動画はコチラ)、アオヤガラ、メバル、カサゴ、キビナゴ、ボラ、クロホシイシモチ、メジナ、ツマグロハタンポ(写真)、キュウセン、カミナリベラ、オハグロベラ、コケギンポの仲間、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、ヒメギンポ♂婚姻色♀婚姻色)、ダテハゼ、ハナハゼ、サビハゼ、クツワハゼ、コウイカの仲間、イセエビナマコマルガザミ)、アメフラシクロヘリアメフラシキイロウミコチョウミツイラメリウミウシサラサウミウシアオウミウシ)、オトメウミウシキイロイボウミウシ、ツグチガイなど

  ツマグロハタンポ

コメント:晴れ間も見え、上々のコンディションでした!とにかく潮色が抜群です 砂地は日差しが反射して明るく、ハタンポの群れがとてもキレイでしたよ ムーンビーチの砂地の中層にはキビナゴの群れが入っていて、魚影もまずまず 岩肌にはあちらこちらでヒメギンポのペアが登場 恋のシーズンを楽しんでいるようでした これからますますウミウシの仲間も増えてくると思います 冬の伊豆の海もホント楽しいですよ
BY松田

1月14日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:16〜15℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、アオヤガラ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、オキゴンベ、ツノダシ、ニザダイ、ニジギンポ、ヒメギンポアライソコケギンポトウシマコケギンポ)、サビハゼ、ガラスハゼコウイカの仲間マダコアカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビオルトマンワラエビナマコマルガザミ、ショウジンガニ、サラサウミウシ、シロウミウシアオウミウシイロウミウシ不明種クモガタウミウシ)、ミレニアムマツカサウミウシオトメウミウシシロハナガサウミウシミチヨミノウミウシトラフケボリウミウサギガイの仲間など

  ハオコゼの背中に!?

コメント:穏やかなコンディションの1日でした 吹き続いた西風の影響でこの時期にしては少し潮色が落ちていましたが、依然魚影は濃くきっとご満足頂けるでしょう!1ダイブ目は−24アーチ周辺や水路の壁を丹念にチェック ウミウシの仲間もずいぶん見られるようになりました 2ダイブ目は小牛のまわりを潜りました 特にこれといった珍しい生物は見られなかったのですが、ハオコゼ背中の上を這っているミチヨミノウミウシの姿はとても微笑ましかったです(笑) 昨年末あたりから話題になっているイザリウオ改名説 早速、ベニカエルアンコウと表記してみました
BY松田

1月8日(月)

菖蒲沢 ビーチ

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15m〜

観られた生物:ウツボ、アオヤガラ、アカカマス、ツマグロハタンポ、キュウセン、ニシキベラ、カミナリベラ、ブダイ、ヒメギンポベニツケギンポコケギンポの仲間)、イチモンジハゼ、チャガラ、サビハゼ、アオリイカ、カザリイソギンチャクエビ、イセエビ、トゲアシガニ、キイロウミコチョウ(写真)クロヘリアメフラシシロウミウシなど

  キイロウミコチョウ

コメント:引き続き冬型の気圧配置で大西が吹き、本日も田子がCLOSE、、、久し振りに菖蒲沢を潜ってきました 東海岸に出るとまるで別世界のように凪いだ海が広がっていました 前日の大瀬崎とはうって変わってダイバーの数も少なく、の〜んびりビーチダイブを楽しんできました 水温は東伊豆は低く16〜15℃でしたが、潮色は最高に良く水中に差し込む光がとてもキレイでした カジメ林の間や岩肌などを丹念に探ってキイロウミコチョウをGET!菖蒲沢ビーチと言えばやっぱりキイロウミコチョウですね 波打ち際付近の浅場にはツマグロハタンポの幼魚が群れていてとてもかわいかったですよ
BY松田

1月7日(日)

大瀬崎 湾内

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:20〜19℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:モンガラドオシ、タカクラタツ、ホソウミヤッコ、イシヨウジ、ボラ、アオヤガラ、ゴンズイ、オキエソ、ミノカサゴ、メバル、マハタyg、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、メジナ、トラギス、コウライトラギス、キンチャクダイyg、ハタタテダイyg、オキゴンベ、 ミジンベニハゼ、アオリイカ、ヤリイカ卵、ガンガゼカクレエビ、ショウジンガニ、ミツイラメリウミウシアオウミウシスミゾメミノウミウシなど

  タカクラタツ

コメント:あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします と、いうことで2007年の最初のLOGはなんと大瀬崎です 台風並みの爆弾低気圧の影響で暴風波浪警報 近隣エリアは軒並みCLOSE あの田子までもCLOSEしてしまいました、、、でも、そのお陰でDSエグザイルOPENして以来、記念すべき初めての大瀬崎になりました このところの水温上昇で水中は20〜19℃とヌクヌク とても快適でしたよ!あいにくのコンディションでポイントにダイバーが集中したため、混雑してじっくりフォトというわけにはいきませんでしたが、こんな日でも潜れて本当に良かったです 今年も小物、大物、遠征とガッツリ、ネッチリ、ガンガン行きたいと思います
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED