ダイビングログ2009年1月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

1月25日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:13.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:クマドリカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウver.12)、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、マツカサウオyg、キビナゴ、クエ(動画)、ネンブツダイ、マダイ、イシダイ、クダゴンベオキゴンベタスジウミシダウバウオ、ニジギンポ、ガラスハゼアオサハギver.12)、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、アオリイカ、ヒョウモンダコ、ビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビオルトマンワラエビナマコマルガザミゼブラガニニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シロハナガサウミウシウミウサギガイなど

  クマドリカエルアンコウ

コメント:前日は雲見の民宿はまゆに前泊し、新年会を開催し大いに盛り上がりました! 午前中は風がおさまり雲見OPENの予報に、早め早めのダイブをしました 1ダイブ目は風の陰になっている小牛のカドからエントリーして−24mアーチ付近のクマドリカエルアンコウygとクダゴンベをウォッチ フォトジェニックな被写体だけにじっくり時間をかけましたが、特に黒クマ(写真)はヨタの影響といる場所が悪く苦戦しました この時期にしては60分弱のロングダイブになりました2ダイブ目は風もかなり強くなってきた為、ブイからエントリーし小牛の前面のみ50分強、じっくりフォトダイブをしました 小さな甲殻類の仲間やウミウシの仲間、ベニカエルアンコウが3個体見られました 丸加ブイの下にいたネコザメの子供はどこかにいなくなってしましました 凪になれば雲見フォトダイブ、最高です!

1月24日(土)

菖蒲沢 カサゴ根/ポイントM

天候:曇り 気温:13℃ 水温:14.3℃ 透明度:20〜18m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ゴンズイ、オニカサゴ、カサゴ、メバル、キビナゴ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オキゴンベブダイヒメギンポスケロクウミタケハゼコウイカ仲間、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビツノクロミドリガイ、 アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシ(写真)、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシアオミノウミウシ科の一種ハツユキダカラなど

  サラサウミウシ

コメント:西風強風だった為、雲見はCLOSE、、、 あまりにも風が強いので田子を断念して東伊豆に移動 菖蒲沢を潜ってきました 菖蒲沢は風の陰の為、西伊豆の大荒れの海が嘘のようにベタ凪でした 乗り合いで2ボートダイブしました 1ダイブ目はカサゴ根をやりました エントリーして海の青さにはホント驚かされました! ザラカイメンの間には真っ白なベニカエルアンコウ、その他アオミノウミシ科の仲間やミチヨミノウミウシなどが見られました 2ダイブ目はポイントMです ドチザメは残念ながら留守でしたが、たくさんのウミウシの仲間が見られて盛り上がりました! そろそろダンゴウオも登場の予感です 2月15日〜3月15日まで早咲きの河津桜祭りが開催されます ダイビングでダンゴウオを観察してアフターダイブで河津桜を鑑賞する「花よりダンゴツアー」なんていかがでしょうか?

1月18日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:10℃ 水温:15.9℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:クマドリカエルアンコウyg(写真)、アカハタ、キビナゴ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、コブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、クダゴンベ、オキゴンベ、キンメモドキ、スケロクウミタケハゼ、ガラスハゼムチカラマツエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミアカネコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシリュウモンイロウミウシコイボウミウシキイロイボウミウシミレニアムマツカサウミウシアオウミウミウシ科の仲間スミゾメミノウミウシなど

  クマドリカエルアンコウ

コメント:遂に登場しましたっ! クマドリカエルアンコウ!! しかも雲見初登場の黒水玉バージョンです たしかに白×橙に比べると写真映えしませんが、じっくり観察するととってもかわいい個体です クマドリカエルアンコウにガブリ寄りで他の生物のチェックがやや甘くなってしまいましたが、オオモン、イロ、ベニなどカエルアンコウの仲間が数多く観察されている模様です クダゴンベやイソコンペイトウガニ、アカネコモンウミウシなども見られ2009年の雲見は大いに盛り上がっています 来週末はデジカメ・ダイバーが集結して熱いフォト・セッションが繰り広げられそうです また、ドライスーツ以外のレンタル器材がFreeですので器材をお持ちでない方も是非、この機会に潮色抜群のの冬の海を体験してみませんか?

1月13日(火)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:15.1℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アオヤガラ、ミノカサゴ、メバル、オオモンハタ、ボラ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、アケボノチョウチョウウオyg(写真)、トノサマダイyg、ヤリカタギyg、カゴカキダイ、タカサゴヒメジ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、オキゴンベ、ガラスハゼ、チャガラ、ニシキハゼオルトマンワラエビナマコマルガザミシロイバラウミウシヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、コイボウミウシなど

  アケボノチョウチョウウオyg

コメント:連休明け、冬型の気圧配置が強まり西風強風 残念ながら雲見はCLOSEということで田子の湾内を潜ってきました! 前回、デジタルU/WフォトのSPを修了したばかりでデジカメ熱ムンムンといった感じでしたので、平日じっくりフォトダイブをしてきました! 1ダイブ目は白崎の1番ブイからエントリー 深場を捜索した後、漁礁の土管から白崎の根にかけてのんびり移動 相変わらずピカチュウの個体数が多く楽しめました 2ダイブ目は白崎の2番ブイからエントリー 深場でピカチュウなどウミウシの仲間を撮影し、ヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地に移動 西風の影響で水温は下がりましたが、チョウチョウウオの仲間の幼魚がたくさん見られました 浅いので採光バッチリでソラスズメダイの群れがとてもいキレイでしたよ

1月12日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:9℃ 水温:15.7℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:ネコザメ(動画はコチラ)、トラウツボイロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジマツカサウオyg、クロホシイシモチ、コブダイ若魚、テンスyg、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コガネスズメダイ、ミヤケテグリコケギンポの仲間、スケロクウミタケハゼ、セボシウミタケハゼ、ガラスハゼコクテンベンケイハゼツバメウオ若魚(写真)、ツマジロモンガラyg、アオサハギ、ヨソギ、アオリイカ、ビシャモンエビ、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、 ウミエラカニダマシ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミゼブラガニシロハナガサウミウシ、ヒブサミノウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ツバメウオ若魚

コメント:3連休最終日は前日まで吹いた西風がおさまり、午前中は穏やかなコンディションに恵まれました ただ、午後から大西が吹く予報の為、午前中に早めのダイブをしました 1ダイブ目は大牛の沖合いからエントリー 小さな甲殻類の仲間やウミウシの仲間をじっくりフォト・ダイブ 下り潮の為、アゲンストでブイまで戻るのが大変でしたがブイ下ではゼブラガニやツバメウオ、そしてネコザメが見られました ネコザメは−26mのアーチ周辺で見られるようなビッグサイズではなく、東伊豆のダイビング・サイトで目にするようなリトル・サイズでとってもかわいかったですよ ただ、尻尾をこちらに向けている為、被写体としては、、、いまひとつでしたが・・・ 昨年9月末から見られているツバメウオ、越年しました〜 少しでも長く見られるといいですね

1月11日(日)

田子 白崎bP/白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:15.9℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アオヤガラ、ミノカサゴ、カサゴ、メバル、アケボノチョウチョウウオyg、トノサマダイyg、ヤリカタギyg、カゴカキダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、スケロクウミタケハゼガラスハゼ、ホシハゼ、カザリイソギンチャクエビオトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミコトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、カンナツノザヤウミウシ(写真)ウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシver.1)、ニシキウミウシver.1)、アオウミウシ、シロウミウシクリヤイロウミウシ、コイボウミウシ、ヒラムシの仲間ver.1)など

  カンナツノザヤウミウシ

コメント:3連休中日は冬型の気圧配置が強まり、あいにくの大西 雲見はCLOSEでしたが、田子湾内を何故か?3ダイブしてきました(笑) 1ダイブ目は白崎の1番ブイからエントリー 水温が下がってきたので深場をリサーチ 水深を徐々に上げていくとご一緒したがダイビングベルを鳴らしています 近づいて見るとカンナツノザヤウミウシではありませんか! 弁天島では今冬、良く見かけるのですが白崎では久し振りに見ました 2ダイブ目も1番ブイを今度は水深をやや浅めにとってフォト・ダイブ ピカチュウがたくさん見られました そしてこの悪コンディションの中、ラスト3ダイブ目は2番ブイからエントリー ヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地でチョウチョウウオの仲間の幼魚をじっくり観察してきました 水温が下がってきたので白崎でリュウグウハゼ、マトウダイなどの遭遇率が上がってくる可能性大 キアンコウと遭遇するサプライズも期待しましょう!

1月1日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:15.7℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウ、マツカサウオyg、キリンミノyg、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、タキゲンロクダイyg、キンチャクダイyg、ヨコシマクロダイyg、クマノミ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コウライトラギスタスジウミシダウバウオ、ニジギンポ、セボシウミタケハゼガラスハゼツバメウオ若魚、シマウミスズメ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、モクズショイ、ナカザワイソバナガニ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミコトヒメウミウシver.1)、イシガキウミウシ、オセロウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシシロタスキウミウシキイロイボウミウシコダマウサギガイ、トラフケボリ、キヌヅツミガイの仲間、ベニキヌヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  クダゴンベ

コメント:明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願いします! さて、2009年がスタートしました 昨日は大西が吹き、雲見がCLOSE、、、 田子湾内で潜り納めをしましたが、夜が明けてすっかり風もやみ凪になりました 3年振りに元日の雲見潜り初めです 潮色よく穏やかなコンディションに恵まれ、幸先のいいスタートになりました と、いうことで新年早々、ガッツリ3本フォト・ダイブをしてきました(笑) たくさんの被写体が登場し、お腹いっぱいといった感じです 今シーズンも生物情報をガッチリ収集してフォト&FW中心に雲見の海をご案内しますので、皆さま今シーズンも是非遊びにいらして下さいね! これからの時期、寒い日が続きますので防寒対策を万全にしていらして下さいね!

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜2012  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED