DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2004年2月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

2月28日(日)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:17℃ 水温:12℃ 透明度:5m

観られた生物:ハナタツ、タツノイトコマツカサウオ(写真)、ハナミノカサゴ、アライソコケギンポ、マダコ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、マルツノガニ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ユビウミウシなど

 マツカサウオ

コメント:今日はあいにくのお天気でしたが、凪はとても穏やかでゆっくりダイブを楽しむことができました 1本目は、16アーチからグンカンヘ ハナタツ、アカホシカクレエビのダンスをじっくり楽しみました 2本目はマクロにしぼって小牛周りを ムチカラマツに着く魚・甲殻類を観察してきました ムチカラマツに着く生物はうまく位置を移動してなかなかシャッターチャンスを与えてくれませんが、うまく写真におさめれたときの嬉しさは一押しです この時期ならではの楽しみ方で西伊豆の海をぜひ楽しんでください
BYカズ

2月28日(日)

浮島 ビーチ

天候:雨→晴れ 気温:17℃ 水温:12℃ 透明度:3m

観られた生物:今回は生物写真がありません

 浮島ビーチ

コメント:朝から雨模様のすっきりしないお天気でしたが、気温はとても高かったです OWDコースで浮島ビーチを潜りました 寒冷前線の通過に伴い、午後から西風が強くなるとのことで早め、早めのダイブを心掛けました 案の定、午後から風が吹き始めましたが海況が悪くなる前に講習を無事に終わらせることができました 今回、OWDコースにご参加下さいました皆様には「遊び」の部分に時間をかけることが出来ずに本当に申し訳なく思います 次回ファンダイブでいらした時には、今回の分も穴埋めする意味でも楽しいダイブをご提供させて頂きます ダイバー認定おめでとうございます!そして、どうもありがとうございました
BY松田

2月27日(金)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:12℃ 透明度:3m

観られた生物:アカエイ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、フサカサゴ、メバル、コウライトラギス、オトヒメエビ、ナマコマルガザミハナミドリガイ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アワシマオトメウミウシハナオトメウミウシ(写真)ユビノウハナガサウミウシなど

 ハナオトメウミウシ

コメント:昨日よりさらに西風が強まり弁天島もCLOSEした為、白崎bPをじっくり2ダイブしました 1本目は深海性の生物(キアンコウなど)を狙って深場に行きました キアンコウは観られなかったものの、今まで見たこともないような巨大なアカエイが横たわっていました 慌てて写真を撮ろうとしたのですが、なんとカメラを忘れていました(悲) 水温の低いこの時期は大型のエイが白崎の深場でしばしば目撃されます そんなサプライズもダイビングの楽しみのひとつですね
BY松田

2月26日(木)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:13〜12℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホソウミヤッコ、ハナミノカサゴ、フサカサゴ、メバル、コウライトラギス、カザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、コノハガニ、ナマコマルガザミハナミドリガイアオウミウシシロウミウシキベリシロウミウシゴマフビロウドウミウシ(写真)イガグリウミウシアワシマオトメウミウシソバカスウミウシユビノウハナガサウミウシヒラムシの仲間など

 ゴマフビロウドウミウシ

コメント:今日は西風が強かったものの、透視度は少し回復してきたように感じました 今日もウミウシを中心にじっくりダイブしました 久し振りにゴマフビロウドウミウシとキベリシロウミウシを見ました 明日は今日より西風が強くなりそうです 週末にかけて少し寒くなりそうですので、今週末ダイビングをされる方は防寒対策を心掛けて下さい ウミウシというなんとも摩訶不思議な生物を是非一緒にウォッチしませんか?
BY松田

2月25日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:17℃ 水温:13〜12℃ 透明度:3m

観られた生物:ハナミノカサゴ、マツカサウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、キンメモドキ、テングダイオキゴンベ、ミギマキ、アライソコケギンポ、ヒメギンポ♀、シマウミスズメヒラメムチカラマツエビ(写真)ナマコマルガザミモクズショイ、ニシキウミウシなど

 ムチカラマツエビ

コメント:本日も相変わらずの春濁りに悩まされるダイブでした 西よりの風が弱く吹いていましたので、大牛側でのENT.を止め24アーチと小牛を潜りました 先週から春濁りの季節がやって来ました 四季のある伊豆の海はどうしてもこの時期、透明度が下がります でもこれも自然のサイクルで仕方のないことです この時期ならではのダイビング・スタイルで小さい生物を中心にじっくり楽しみましょう 明日は西風がやや強くなりますが、EXILESでは穏やかなポイントをチョイスして潜りますのでCLOSEはありません
BY松田

2月22日(日)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り→雨 気温:17℃ 水温:13〜12℃ 透明度:3m

観られた生物:アカエイ、シビレエイ、ホソウミヤッコ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、アライソコケギンポ、コウイカの仲間、オトヒメエビ、ゼブラガニ、ナマコマルガザミ、ハナミドリガイ(写真)チゴミドリガイスイートジェリーミドリガイ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシカメキオトメウミウシハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、イガグリウミウシヒロウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、ヒラムシの仲間など

 ハナミドリガイ

コメント:今日もとても暖かな1日でした 水温、透明度は芳しくありませんでしたが、夜行性のシビレエイが日中から観られるなどサプライズもありました ウミウシの中でもミドリガイの仲間が充実しています ただ、この時期は全体的にまだ個体が小さい為、写真を撮るにはそれなりの装備が必要のようです 潮色がもう少し回復してくれれば、広範囲でもっと多くの個体数(ウミウシ)を見つけられるのですが・・・ 視界不良の中でのダイビングはバディ・コンタクトがより一層大切になってきます
BY松田

2月21日(土)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:13℃ 透明度:5m

観られた生物:イロイザリウオ、オニカサゴ、コケギンポ、コウイカ、スナダコ、オトヒメエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ゼブラガニ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、サラサウミウシシロウミウシハナミドリガイ(写真)、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシヒロウミウシなど

 ハナオトメウミウシ幼体

コメント:春を感じさせる陽気の中、じっくりウミウシウォチングを楽しんできました 1匹1匹時間をかけて観察していると小さな体で一生懸命移動している姿が観かけられます 体を動かすたびに模様が微妙に違って観えるため思わずじっくり見入ってしましました 潮色は相変わらずあまりいいとは言えませんが、じっくり小物を観察するダイブもまたおもしろいです 日々変わりゆく伊豆の海へぜひ遊びにいらしてください
BYカズ

2月20日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:12℃ 透明度:5m

観られた生物:トラウツボ、ベニイザリウオ×2、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、マダイ、クマノミ、キツネベラygアライソコケギンポ、ガラスハゼ、ヒラメ、マダコ、コウイカの仲間ビシャモンエビイソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、モクズショイ、クロヘリアメフラシ、アオウミウシ、ミアミラウミウシ幼体(写真)、ニシキウミウシ、キッカヒロウミウシなど

 ミアミラウミウシ幼体

コメント:今日も引き続き、お天気と海況に恵まれました 透明度が悪い為、小さな生物を中心にじっくりウォッチ&フォトダイブをしました レギュラーメンバーのベニイザリウオやハナタツはもちろん、珍しいミアミラウミウシの幼体やキッカヒロウミウシを観ることができました 陽射しがとても暖かかったので、平日3ダイブを堪能しました 潮色はあまり良くありませんが、その時々に合わせたガイディングを致しますのできっと楽しんで頂けると思います
BY松田

2月19日(木)

浮島 カマガ根bP/ビーチ

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:12℃ 透明度:5m

観られた生物:ヒラタエイ、クロアナゴ、ホソウミヤッコ、マツカサウオ、イタチウオ、トウシマコケギンポ、ハナキンチャクフグ、イセエビ、クモガニの仲間、モクズショイ、クロヘリアメフラシ、キイロウミコチョウ(写真)、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシセトイロウミウシ、ニシキウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ユビウミウシユビノウハナガサウミウシサクラミノウミウシ?ムカデミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ミノウミウシ不明種(多数確認)ヒラムシの仲間、ホシキヌタなど

 キイロウミコチョウ

コメント:素晴しいお天気の中、浮島をウミウシ狙いで3ダイブしました 透明度は厳しいものがありましたが、こういう時こそ小さな生物をじっくり見るにはいいチャンスではないでしょうか?ビーチ、ボート共たいへん多くのウミウシを観察することができました オトメウミウシとクロヘリアメフラシが大発生しています ちょっと前までムカデミノウミウシが大発生していましたが、個体数は減ったようです その他、ユビノウハナガサウミウシも多数観られました
BY松田

2月18日(水)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:13〜12℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、キビナゴ、ミノカサゴ、イソカサゴ、メバル、タカノハダイ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ハナミドリガイアオウミウシサラサウミウシコモンウミウシキベリシロウミウシ、イガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ(写真)ハナオトメウミウシなど

 ユビノウハナガサウミウシ

コメント:このところ吹き続いた西風の影響でしょうか、水温、透明度共下がってしまいました 白崎のウミウシは個体数は多いものの、いかんせんサイズが小さく、コモンウミウシなどは3個体いましたが、上手く撮れませんでした うっかりフードを持っていくのを忘れてしまった為、顔が冷たくて長時間のダイブができませんでした(悲) 水温が最も低いこの時期はフードとウィンター・グローブは必須アイテムですね 今日の河津桜
BY松田

2月15日(日)

菖蒲沢 ぽいんと えむ/ビーチ

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:14〜13℃ 透明度:12m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、キビナゴ、メバル、アイゴ、カサゴ、コウイカの仲間、イセエビ、オトヒメエビ、アオウミウシ、コモンウミウシサラサウミウシ(写真)コイボウミウシキイロイボウミウシウミウシの仲間不明種など

 サラサウミウシ

コメント:昨夜から雷雨となり、冬の嵐のようになりました 翌朝も予報通り大西となった為、東伊豆の菖蒲沢に移動しました ファンダイブ・チームは1本目ドチザメ狙いでぽいんとえむに、講習チームは午前中プールダイブをしました 残念ながらドチザメはお出かけ中で見れれませんでしたが、ウミウシや地形を楽しみました 午後からは講習チームも合流し、一緒にビーチを潜りました 同じ伊豆かと思うくらい穏やかな菖蒲沢でした 講習チームの皆様、ファンダイブの皆様、遊びにきてくださいましてどうもありがとうございました!
BY松田

2月14日(土)

田子 フト根/白崎bP

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13℃ 透明度:12m

観られた生物:アカエイサクラダイ、キンギョハナダイ、チョウチョウウオ、レンテンヤッコタカベ、ミギマキ、クマノミ、コガネスズメダイ、シマウミスズメyg、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ、ゼブラガニ、オオアカヒトデ、ハナミドリガイキベリシロウミウシ(写真)クロスジウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ハナオトメウミウシなど

 キベリシロウミウシ

コメント:2月とは思えないお天気の中、のんびりダイビングを楽しんできました 凪もよくフト根まで潜りに行ってきました 水温は13℃と変わらずでしたが、キンギョハナダイ、タカベが群れで迎えてくれ冬とは思えない魚の群れを楽しんできました また、ウミウシもキベリシロウミウシやクロスジウミウシなども姿を見せウミウシ好きの方には待ちに待った時期がやってきました ぜひリクエストしてください 
BYカズ

2月12日(木)

田子 弁天島/白崎bP/瀬ノ浜

天候:曇り→晴れ 気温:12℃ 水温:13℃ 透明度:15m

観られた生物:イロイザリウオ(写真)、ホソウミヤッコ、イシヨウジ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ホウセキキントキ、ハタタテダイヒメギンポ♀、アライソコケギンポ、ハナキンチャクフグ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イボイソバナガニ、ムラサキゴカクガニ、ゼブラガニ、クロヘリアメフラシ、スイートジェリーミドリガイチゴミドリガイサラサウミウシアオウミウシシロウミウシシロタスキウミウシ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ミツイラメリウミウシユビノウハナガサウミウシソバカスウミウシ1ソバカスウミウシ2、ハツユキダカラ、オオアカヒトデ、ニホンアワサンゴなど

 イロイザリウオ

コメント:良いお天気だったのですが、沖合いに風波が立っていたため田子の湾内を潜りました 水温は13℃と低めでしたが、外気温が高かったので苦になりませんでした ここにきてようやく田子のウミウシも大爆発の予感です 1、2本目共ウミウシ目当てで潜り、3本目はイロイザリウオを見に久し振りに瀬ノ浜に入りました 体色はキレイとは言えませんが、体長9cmと貫禄のあるイロイザリウオでした 浮島入口の河津桜も前回の撮影から1週間が過ぎ、八分咲きになりました
BY松田

2月11日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:13℃ 水温:13℃ 透明度:18m

観られた生物:ベニイザリウオ(写真)ハナタツ、ホソウミヤッコ、キリンミノカサゴyg、クロサギ、オハグロベラ、オキゴンベ、アライソコケギンポガラスハゼ、アオリイカ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビビシャモンエビナマコマルガザミ、モクズショイ、アオウミウシ、ニシキウミウシオトメウミウシタマゴイロイボウミウシ、ベニキヌヅツミ、ホシキヌタなど

 ベニイザリウオ

コメント:ここ数日ではお天気、凪ともに一番良かったです 祝日でしたが、海はとても空いていました 定番のハナタツやベニイザリウオは相変わらず健在でした アカシマシラヒゲエビのペアが昨夏、抱卵していましたが、孵化したKIDS達が親と同じ場所に棲みついているようです 小さなアカシマシラヒゲエビがウツボをクリーニングしている姿が観られました 西風がおさまると潮色自体はとてもキレイな為、気持ちよくダイビングできます ダイバーの少ないこの時期、じ〜っくりフィッシュ・ウォッチングやフォトなどはいかがでしょうか?
BY松田

2月5日(木)

田子 白崎bP/白崎bQ〜1

天候:晴れ 気温: 水温:14〜13℃ 透明度:12m

観られた生物:ミノカサゴ、フサカサゴ、ニジギンポ、ガラスハゼ、シマウミスズメ、オドリカクレエビ(写真)アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、マルツノガニ、ハナミドリガイ、アオウミウシ、サラサウミウシサガミイロウミウシ、アワシマオトメウミウシ、シラユキウミウシイガグリウミウシシロイバラウミウシユビノウハナガサウミウシキイロイボウミウシ、ヒラムシの仲間など

 オドリカクレエビ

コメント:冬型の気圧配置で西風が強い中、田子をウミウシ狙いで潜りました このところ西風が続いていた為、水温は14〜13℃と下がりましたが、潮色はまずまずでした 深場(−30m)にカンナツノザヤウミウシを探しに行ったのですが、残念ながら見られませんでした が、小さなシロイバラウミウシとシラユキウミウシがいました!白崎bQでオドリカクレエビとアカホシカクレエビ2個体が付いたイソギンチャクやサガミイロウミウシなどの収穫がありました ウミウシは個体が小さくて、写真が今ひとつでスミマセン。。。浮島入口の河津桜がだいぶ色づき始め、少しづつ春が近づいているのを実感しました
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.