ダイビングログ2007年2月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

2月27日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:17〜16℃ 透明度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、イソカサゴ、キビナゴ、クロホシイシモチ、 サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、ガラスハゼ、ツマジロモンガラyg、アオサハギ、 アオリイカ、コウイカの仲間、マダコ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、シロウミウシミゾレウミウシニシキウミウシキイロイボウミウシウミウサギガイ不明種シュスヅツミオオウミシダトウマキクリムシ(写真)など

  オオウミシダトウマキクリムシ

コメント:引き続きお天気、コンディションに恵まれました 大牛やグンカンなど最近あまりご案内していないガイドコースをとりました サプライズはありませんでしたが、レギュラーメンバーは手堅く見られました 久し振りにクリムシを見ました(前に見ている個体) 大牛の洞窟ではサクラテンジクダイをウォッチ スケルトン・ボディがとてもキレイです その他、壁沿いではミゾレウミウシやニシキウミウシなどをウォッチ −16mのアーチの近くでは、コブダイの若魚が我々のまわりを人なつっこそうに泳いでいました
BY松田

2月26日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、イソカサゴ、キビナゴ、クエ、クロホシイシモチ、アカネテンジクダイ、ツマグロハタンポ、マダイ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、アライソコケギンポガラスハゼ、アオサハギ、コウイカの仲間、マダコ、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、マルガザミ(写真)ナマコマルガザミアオウミウシニシキウミウシシロハナガサウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイ不明種など

  マルガザミ

コメント:前日とは一変、春のような暖かい陽気になりました 水温もなんと18℃と上昇!快適に潜れました 牛着岩の水路の洞窟では大きなモロコ(クエ)と遭遇 中層ではキビナゴの群れが日差しに反射してキラキラしていました 小牛の脇では大型のマダイも登場 潮色がいいので砂地付近はとても明るかったです 砂地といえば写真のマルガザミ 普通はスナイソギンチャクに 付いていることが多いのですが、なんとホタテウミヘビに付いていました ホタテウミヘビとツーショットで撮れれば良かったのですが、ホタテウミヘビは残念ながら引っ込んでしまいました どういう関係だったのでしょうかね?
BY松田

2月25日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:9℃ 水温:16℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、キビナゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、マダイ、イシダイ、メジナ、ホンソメワケベラ、ブダイ、ニザダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、トウシマコケギンポアライソコケギンポ()、コウライトラギス、ガラスハゼハナハゼ、アオサハギ、コウイカの仲間、マダコアカホシカクレエビナマコマルガザミ、マルツノガニ、サラサウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシウスイロウミウシシロタスキウミウシミレニアムマツカサウミウシシロハナガサウミウシオトメウミウシミチヨミノウミウシコダマウサギガイ、テンロクケボリ、トラフケボリシュスヅツミウミウサギガイ不明種ツグチガイヒラムシの仲間など

  トウシマコケギンポ

コメント:今冬は暖冬と言われていますが、この週末は冬らしく冷え込みました 水温は依然高く、海も凪いで潮色もバッチリでした!1ダイブ目は牛着岩の水路でウミウシ・ウォッチング 様々なイロウミウシの仲間が見られました 特にシロタスキウミウシはホント久し振りに見ました 場所が悪く触覚を含めた全体像を捉えることができませんでしが、本日一番のヒットでした 小牛周辺の砂地がとてもキレイでまさに癒し系といった感じでした 予報では凪ぎになりそうなので、明日あさっても雲見をやる予定です
BY松田

2月18日(日)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:17℃ 水温:16℃ 透明度:12m

観られた生物:アオヤガラ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、ガラスハゼシマウミスズメ(写真)アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミヒロウミウシミツイラメリウミウシアオウミウシコモンウミウシリュウモンイロウミウシミゾレウミウシ、ニシキウミウシ、オトメウミウシヒラムシの仲間、シュスヅツミ、ウミウサギガイ不明種など

  シマウミスズメ

コメント:2日間のレスキューダイバーコース終了後、ファンダイブのリクエストで潜りました 潮色もまずまずでなんと最高気温が17℃!まるで春のような陽気でした 水温も例年に比べ高めで、潜っていても寒さを感じません エルニーニョの影響なんでしょうかね?先月ミゾレウミウシをGETしたポイントに行ってみるとまだ同じ場所にいました 大きくて見栄えのいいウミウシですよ ちなみに昨日は河津のダイビングプールに行ったのですが河津桜が見頃を迎えています
BY松田

2月12日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:16℃ 透明度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ)、ホソウミヤッコ、キビナゴ、マダイ、イシダイ、メジナ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、オキゴンベ、ヒメギンポトウシマコケギンポ)、アライソコケギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼ、メガネハギyg、コウイカの仲間、マダコイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミスベスベマンジュウガニウミウシの仲間コモンウミウシサラサウミウシシロウミウシ、 アオウミウシ、ウスイロウミウシキカモヨウウミウシ、オトメウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、シロハナガサウミウシ、トラフケボリシュスヅツミシロオビケボリボウシュウボラの産卵シーン、ヒラムシの仲間など

  キカモヨウウミウシ

コメント:予報通り西風もおさまり凪になりました 1ダイブ目は牛着岩の壁でウミウシ・ウォッチをしました レギュラーメンバーのイロウミウシの仲間があちこちに登場 だいぶ密度も濃くなってきました 中層ではキビナゴが群れていて水中に差し込む光が反射してとてもキレイでしたよ!小牛の洞窟の入口付近にはクロホシイシモチがグッチャリ群れています 大西が吹いた翌日の割りに、潮色も良くヨタも取れていていいコンディションでした 生物が多く、透明度も良く、とにかく海が空いていますので、この時期の雲見はF・W派やフォト派、地形派の方にはとても楽しい時期ですね
BY松田

2月11日(日)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:17〜16℃ 透明度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、カサゴ、アオヤガラ、ボラ、クロホシイシモチ、コウライトラギス、ニシキハゼ、カワハギ、アミハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、ヒトデヤドリエビ、オルトマンワラエビ、シロイバラウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシタンブヤ・ウェルコニス(写真)、イガグリウミウシなど

  タンブヤ・ウェルコニス

コメント:今冬は冬型の気圧配置が緩く、西風の吹く日が例年より少ないようですが週末は大西が吹きました 西風に強い田子湾内をじっくり潜ってきました 先週に比べて水温も上がり、ダイビング中も温かく感じました 深場でリュウグウハゼなどの北からの季節来遊魚を期待したのですが、水温が高すぎるのか、今冬はまだ目撃していません ピカチューがよく見られるエリアでタンブヤ・ウェルコニスを発見!最初はサガミリュウグウウミウシかと思ったのですが、どうもタンブヤ〜のようです 初めて見ましたが、大きくて立派な体躯をしていました 2個体寄り添っていたのですが、まさにボリューム満点という感じでした(笑)
BY松田

2月5日(月)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ)、ボラ、ツマグロハタンポ、キュウセン、カミナリベラ、オハグロベラ、ブダイ、トビヌメリ、ヒメギンポ婚姻色♂婚姻色♀)、コケギンポの仲間、コウライトラギス、サビハゼ、ヒメイトヒキハゼ、アミメハギ、ヒメイカコウイカの仲間アメフラシクロヘリアメフラシシロウミウシアオウミウシキャラメルウミウシミズダマイボウミウシオトメウミウシムカデミノウミウシゴシキミノウミウシ、ツグチガイなど

  ヒメイカ

コメント:週末の西風もおさまり、穏やかな海況になりました 浮島ビーチでのんびりダイブです この時期旬のヒメイカがガイドロープ沿いのあちらこちらで見られました 普段はスルーしてしまうのですが、今回はちょっと粘ってみました(笑) 昨年からドラゴンホールの壁に定着しているベニカエルアンコウやシースラッグウォールのキャラメルウミウシは年を越してからも健在です その他、珍しいところではミズタマイボウミウシが観られました とにかく潮色がいいので潜っててホント気持ちいいです 水温も昨シーズンより高めなので、水中でじっくり粘れるのでフォトやF・Wの方向けでしょうか?バイパスの河津桜が八分咲きでいよいよ見頃です!
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED