DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2004年3月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

3月29日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:18〜15℃ 透明度:12m

観られた生物:ベニイザリウオ(写真)ハナタツ×2、オニカサゴ、モロコ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、キンメモドキ1キンメモドキ2、ツマグロハタンポ、マダイ、テングダイ、コブダイ、イソハゼの仲間、アライソコケギンポ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、サラサウミウシコモンウミウシウスイロウミウシオトメウミウシミツイラメリウミウシセトイロウミウシミカドウミウシ、ニシキウミウシ、フジエラミノウミウシホシアカリミノウミウシ多数、ウミウシ名称不詳ヒラムシの仲間、オオアカヒトデなど

 ベニイザリウオ

コメント:暖かい春の陽射しの中、ウミウシ狙いで牛着岩を潜りました ウミウシが沢山生息する岩を昨日のダイブで見つけましたので、1本目はそこを中心に潜りました その岩だけでコモンウミウシ、アオウミウシ多数、セトイロウミウシ、ニシキウミウシ、フジエラミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ多数、ミツイラメリウミウシ3個体が見られました 2本目はミカドウミウシを見に大牛周辺を潜りました そこでもウスイロウミウシや初めて見た名前の分からないウミウシがいました 3本目はネコザメを狙って入ったのですが、残念ながらスカでした でも大きなモロコやコブダイがいて大興奮の1日でした でも、昨日のダイブの方がなぜかFunnyでした。。。
BY松田 

3月28日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:16℃ 透明度:15m

観られた生物:ベニイザリウオハナタツ×3、マツカサウオ、イタチウオ、モロコキンメモドキサクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、アオリイカ、オトヒメエビ、アオウミウシ、シロウミウシコモンウミウシミカドウミウシ(写真)ミツイラメリウミウシAEOLIDACEA sp.Cなど

 ミカドウミウシ

コメント:引き続きお天気、海況に恵まれた1日でした 1本目は大牛を中心にまわり、大きなベニイザリウオ(10cm以上)やハナタツ3個体をウォッチしました そしてなんと驚いたことにミカドウミウシを発見しました 体長は20cm以上もある巨大なヤツです 南方系のウミウシで伊豆で見たのは初めてです!2本目は−24アーチを中心に小さな生物をじっくりウォッチしました モロコやテングダイ、キンメモドキの大群などのワイドとウミウシの仲間の両方を楽しみました ウミウシが沢山生息している根を見つけましたので、明日も雲見をウミウシ狙いで潜ります LOGのUPをお楽しみに!
BY松田 

3月27日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:16℃ 透明度:15m

観られた生物:トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビハナミノカサゴ、マツカサウオ、イタチウオ、キンギョハナダイ、モロコ(写真)、イシダイ、テングダイ、コロダイ、キンメモドキ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、クマノミ、アライソコケギンポギンポの餌付けシーン、シマウミスズメ、アオリイカムチカラマツエビナマコマルガザミ、モクズショイ、アオウミウシなど

 モロコ(クエ)

コメント:久し振りのお天気でした 土曜日だというのに海はガラガラで快適に潜れました 1ダイブ目は大きな魚をメインに潜りました 水路のアーチでモロコ(クエ)2個体や24アーチでテングダイ、イシダイ、コロダイなどをウォッチしました 2ダイブ目は小さな生物に的を絞って潜りました ムチカラマツエビやナマコマルガザミなどの甲殻類を見たり、コケギンポの餌付けをして楽しみました すっかりダイバーに馴れているので、惜しげもなく全身を披露してくれます 明日も今日以上に良いコンディションです まだまだ空きがありますので、是非遊びにいらして下さい 
BY松田

3月22日(月)

雲見 牛着岩

天候: 気温:11℃ 水温:15℃ 透明度:15m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ダイナンウミヘビ、ベニイザリウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、モロコ、キビナゴ、キンメモドキ、イシダイ、テングダイコロダイ、クマノミ、アライソコケギンポ、ミナミハコフグ、マダコ、コウイカの仲間、ビシャモンエビ、ナマコマルガザミ、モクズショイアオウミウシミツイラメリウミウシ(写真)ニシキウミウシコイボウミウシセスジミノウミウシサクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ミノウミウシ名称不詳1ミノウミウシ名称不詳2など

 ミツイラメリウミウシ

コメント:朝から小雨の降りしきる寒い1日でした 降雨量がさほどでもなかった為、透明度に影響はなく相変わらずいい潮色でした 今日は雲見にしては、いつもよりウミウシが多く見られました 昨日見つけたベニイザリウオはどこかに行ってしまいましたが、また別の個体を見つけました ミナミハコフグは同じ場所にいました ちょっと育ちすぎて可愛さには欠けますが・・・ 大潮でしたが、流れがほとんどありませんでしたので2ダイブともじっくり、まったり潜れました
BY松田

3月21日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:13℃ 水温:16℃ 透明度:15m

観られた生物:ベニイザリウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、キンメモドキ(写真)、コロダイ、イシダイ、テングダイクマノミアライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ミナミハコフグマダコビシャモンエビムチカラマツエビ、ナマコマルガザミ、マルツノガニ、モクズショイ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

 キンメモドキ

コメント:今日はお天気、海況ともに恵まれたダイビング日和でした 1本目は−24アーチを潜りました 入口にはおびただしい数のキンメモドキの群れ、アーチの中にはテングダイやイシダイ、コロダイ、マツカサウオなどがいました 2本目は小牛に入ったのですが、なんとミナミハコフグがいました!この時期の西伊豆の海でまさかミナミハコフグが観られるとは思いませんでした 2月末〜3月上旬にかけて12℃まで水温が下がりましたが、越冬したものと思われます さほど動く魚ではありませんので、興味のある方は是非リクエストして下さい
BY松田

3月20日(土)

浮島 ビーチ/カマガ根bQ

天候:雨→曇り 気温:12℃ 水温:15℃ 透明度:12m

観られた生物:マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ゴンズイ、クロホシイシモチ、クロイシモチ、イラ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、トウシマコケギンポ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、クロヘリアメフラシ、ヨゾラミドリガイ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、オトメウミウシフジイロウミウシ、ニシキウミウシ、ミヤコウミウシ(写真)イガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシスミゾメミノウミウシ、ムカデミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ホシキヌタなど

 ミヤコウミウシ

コメント:あいにくのお天気でしたが潮色はバッチリ、ウミウシもたくさん見られました 1本目はウミウシを中心にじっくり60分以上潜りました その中でもヨゾラミドリガイ(5o程度)とミヤコウミウシ(2cm程度)は可愛かったです 2本目のカマガ根は潮色が良いのでロケーションも堪能できました 
BY松田

3月19日(金)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:16℃ 透明度:15m

観られた生物:講習の為、生物写真がありません チャガラ、メバル、キビナゴ、クサフグ、トビヌメリ、クロヘリアメフラシなど

 今日の浮島ビーチ

コメント:素晴しいお天気、海況に恵まれた1日でした 東京ではもう桜の開花宣言が発表されたそうですね 今日はピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー(中性浮力)のスペシャルティコースで浮島ビーチを潜りました 2ダイブ120分間みっちりトレーニングをした為、生物写真はありません 潮色は抜群で水温が16℃とこの時期にしては大変温かかったです 明日はファンダイブでまた浮島を潜りますので、LOGは明日のダイブをご期待下さい!
BY松田

3月17日(水)

雲見 沖の根/牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:15〜14℃ 透明度:20m

観られた生物:ホタテウミヘビ、タツノイトコ1、ホソウミヤッコ、ハナミノカサゴ、モロコ×6、イシダイ、イシガキダイ、イサキ、ニザダイ、キンギョハナダイ、スズメダイ、アライソコケギンポ、ヒラメ、ビシャモンエビムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミクロヘリアメフラシ、アオウミウシ、ニシキウミウシなど

 タツノイトコ

コメント:’04シーズン初めて沖の根を潜りました 多少潮がかかっていましたが、潮色も良く小さな生物から大物まで楽しむことができました 2ダイブで大型のモロコ(クエ)が6個体も観られました これからだんだん水温も上がってきますので、沖の根の魚影もますます濃くなってきます 離れ根で見るトビエイの大編隊の時期が今から待ち遠しいです 牛着岩の生物&地形と沖の根のロケーション&魚影の両方を楽しむ欲張りダイビングはいかがでしょうか?
BY松田

3月16日(火)

田子 小平床/白崎bQ〜1

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:14℃ 透明度:15m

観られた生物:テングダイ、キビナゴ、オニカサゴ、アオリイカ、イセエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビクロヘリアメフラシオトメミドリガイハナミドリガイテントウウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シロウサギウミウシサギリオトメウミウシヒロウミウシイガグリウミウシユビノウハナガサウミウシマツカサウミウシセスジミノウミウシ(写真)ウミウシ不明種、オオアカヒトデなど

 セスジミノウミウシ

コメント:暖かい1日でした 凪も良く素晴しい透明度でした ウミウシ狙いで小平床と白崎をじっくり潜りました 小平床は一昨年までポイントを休ませる為、CLOSEしていたのでソフトコーラルがとても元気です 60分のダイブ中、キビナゴが途切れることなく回遊し続け、深場ではテングダイのペアが見られるなど地形も魚影もきっとご満足頂けるポイントです またウミウシがとても多いですのでフォト派の方は是非リクエストして下さい 白崎は一昨年と同じくらいハナミドリガイが大発生してます!
BY松田

3月14日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:14℃ 透明度:15m〜

観られた生物:コケウツボ、ベニイザリウオ(写真)、マツカサウオ、イタチウオ、キビナゴ、モロコ×2、ルリハタ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、テングダイ、コロダイ、イシダイ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチクマノミ、スズメダイ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、アオリイカ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、ニシキウミウシイガグリウミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:朝からお天気、海況とも恵まれました ただ天気予報が午後から風が強くなるとのことでしたので、早めに2ダイブしました 1ダイブ目は裏からEN.してグンカンでEX.しました 潮色が良いのでワイドな海を楽しみました −24アーチの中にはテングダイのペアやイシダイ、コロダイ、マツカサウオなど数多くの生物を見ることが出来ました 2本目は小牛を潜りました ベニイザリウオや大きなモロコ2個体が見られました 水温は1℃下がりましたが、潮色は依然GOODです 来週の連休もまだ空きがありますので是非遊びにいらして下さい
BY松田

3月10日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:15℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15m〜

観られた生物:トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ1、ホソウミヤッコ、ハナミノカサゴ、マツカサウオ、キンギョハナダイツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、イシダイ、マダイテングダイコブダイ、スズメダイ、クマノミ、ヒメギンポ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、ビシャモンエビ(写真)ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、キッカヒロウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

 ビシャモンエビ

コメント:天気良し、凪良し、透明度良しと三拍子揃ったコンディションでした 潮色が良いのでワイドとマクロの両方を楽しむことができました ここに来て水温が上がりましたのでグローブ無しでも冷たくありませんでした 先月末のあの濁った潮は一体なんだったのでしょう??陽気も暖かくなり、EX.後も快適に過ごせます 春濁り前の潮色のいい時期の西伊豆の海を楽しみませんか?松崎の桜も色づきすっかり春めいてきました
BY松田

3月9日(火)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:16〜15℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、キビナゴ、サビハゼ、クロヘリアメフラシ、ユビノウハナガサウミウシなど

 ユビノウハナガサウミウシ

コメント:体験ダイビングで浮島ビーチを潜りました 朝のうちは風もなく穏やかでしたが、午後から風が強くなりました 体験ダイビングが午後からのEN.でしたのであいにくのコンディションとなりましたが、潮色も良くダイビング中ずっとキビナゴの群れが辺りを回っていてとてもキレイでした 水温も上がりました!冬眠されていたダイバーの皆様、そろそろ遊びにいらしては如何でしょうか?
BY松田

3月3日(水)

田子 白崎bP/小平床/白崎bQ〜1

天候:晴れ→曇り 気温:10℃ 水温:14〜13℃ 透明度:12m

観られた生物:ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、イソカサゴ、テングダイ、ウイゴンベ、アオブダイ、ヒメギンポニジギンポアライソコケギンポ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、ゼブラガニ、ハナミドリガイアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシレンゲウミウシ(写真)キベリシロウミウシイガグリウミウシユビノウハナガサウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシタマゴイロイボウミウシハナオトメウミウシフトガヤミノウミウシなど

 レンゲウミウシ

コメント:日曜日まで濁っていた潮が入り入れ替わりました!水温も2〜1℃上がり、潜りやすいコンディションになりました 昨シーズン再OPENした小平床を2本目に入りました 水深の調整がしやすいので、ウミウシをじっくりウォッチ&フォトをする方はもちろん、地形も面白くソフトコーラルが多いので全てのダイバーに楽しんで頂けるポイントです ウミウシの種類、個体数がここに来てぐっと増えました サイズも先月より大きくなり探しやすくなりました 暖かくなる前にこの時期限定のスタイルで春先の西伊豆の海を一緒に楽しみませんか?
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002〜Dive Store EXILES All rights reserved.