ダイビングログ2006年3月
↓バックナンバーはこちら↓

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

3月22日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:13℃ 水温:13.9℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ、カサゴ、イソカサゴ、メバル、アカハタ、キンギョハナダイ、メジナ、クロホシイシモチ、スズメダイ、オハグロベラ、カミナリベラ、ブダイ、アライソコケギンポ)、ニザダイ、イチモンジハゼ、カワハギ、キタマクラ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビ、モクズショイ、スイートジェリーミドリガイクロヘリアメフラシミツイラメリウミウシ(交接)サラサウミウシアオウミウシシロウミウシシラユキウミウシオトメウミウシゴマフビロウドウミウシヒブサミノウミウシアカエラミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリボウシュウボラ(写真)など

  ボウシュウボラの産卵

コメント:前日の西風もおさまり、穏やかな海況になりました 水温が水面近くで14.1℃と少しづつ上がってきました シワメ(アントクメ)も生え、春ですね〜 春といえばやはりウミウシでしょうか?小牛の壁でもたくさんのウミウシの仲間が見られました 海藻が多くなってきましたので、ハナタツやイザリウオの仲間が少し見つけづらくなってきました ウォッチ&撮影をご希望の方は是非、ガイドリクエストをして下さいね バッチリご案内致します!
BY松田

3月16日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:13.5℃ 透明度:6m

観られた生物:キンギョハナダイ、メジナ、ブダイ、スズメダイ、ヒメギンポ(♂写真)、ニザダイ、イチモンジハゼ、サビハゼ、クツワハゼ、シマウミウスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、カワハギ、イシガニ、ショウジンガニ、ゴクラクミドリガイの仲間クロヘリアメフラシサラサウミウシアオウミウシシロウミウシオトメウミウシヤグルマウミウシヒイラギウミウシフリエリイボウミウシサクラミノウミウシベニキヌヅツミ)など

  ヒメギンポ♂

コメント:春の嵐が去り、穏やかな凪になりました 昨日、静岡市では桜の開花宣言がされ本格的な春の到来といった感じです このところ伊豆半島各地でマンボウの目撃情報が寄せられているようです 田子でも先週土曜日にマンボウが目撃されました 運試しをかねてグンカンから沖に流しましたが残念ながら遭遇しませんでした 昨日まで荒れていた影響で、潮色は悪くなっていました 海藻が多く生え始め、海の中も確実に春が来ているのを感じました
BY松田

3月15日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:13.1℃ 透明度:12m

観られた生物:ダイナンウミヘビ、トラウツボ、ベニイザリウオハナタツ)、ノコギリヨウジ、マツカサウオyg、キンギョハナダイ、オオスジイシモチ、メジナ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、スズメダイ、ニザダイ、アライソコケギンポ)、ホシノハゼ、キタマクラムチカラマツエビミツイラメリウミウシゴマフビロウドウミウシアオウミウシシラユキウミウシサクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリなど

  ベニイザリウオ

コメント:土曜日の午後から吹き出した西風もようやくおさまり、凪になりました 大西が吹いた割には潮色はまずまずでした 小牛でゴマフビロウドウミウシが2個体、その他サクラ、スミゾメなどのミノ系ウミウシも見られました ベニイザリウオやハナタツなどお馴染みのメンバーも元気そうでした 伊東、IOP、田子などでマンボウの目撃情報があります 雲見でもサプライズを期待しましょう!
BY松田

3月12日(日)

田子 弁天島/小平床/尊之島

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13.9℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウミガメ2個体、アカエイ、ダイナンウミヘビ、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ヒメギンポ、ボウズコウイカ、コマチコシオリエビ、ウミシダヤドリエビ、コマチガニ、ナマコマルガザミ、マルガザミサラサウミウシキイロイボウミウシシュスヅツミテンロクケボリガイ(写真)、ヤツデヒトデ、オオアカヒトデ、ツツボヤの一種など

  テンロクケボリガイ

コメント:前日フト根(沖根)でマンボウの目撃情報があり、勇んで行ったものの予報どおりの西風でフト根は断念 かわりに小平床をやりました この小平床がメガヒットでした エントリーして早々、大きな×2ウミガメが登場!ソフトコーラルがビンビン、魚影もグッチャリで大満足 最後はまたまたウミガメが登場してくれました 「小さいものクラブ」用の装備だった為、残念ながら画像におさめることは出来ませんでしたが瞼にバッチリ焼き付けました 潮色よくコンディション↑↑上向きです↑↑
BY松田

3月11日(土)

浮島 ビーチ(ナイトダイブ)

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:13.4℃ 透明度:-m

観られた生物:アカエイ、ハナアナゴ、ホウボウyg(写真)、クサフグ、マダコ、スナダコミミイカ、フトミゾエビ、ツノナガコブシガニ、ヨツハモガニ、コノハミドリガイミドリアマモウミウシウミフクロウ、ウミサボテン、ヒメハナギンチャクなど

  ホウボウyg

コメント:午後から吹き始めた西風も夕方に入り一時おさまりました 多少のヨタは入ったもののコンディションは問題ありませんでした お目当てのホウボウygやミミイカをGETでき、夜行性の魚、エビカニ、ウミウシなど、たくさんの生物が見られました 浮島ビーチはナイトになると昼間とは全く違う表情を見せてくれます 是非これからの季節、オススメです!
BY松田

3月11日(土)

浮島 カマガ根bP/ビーチ

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:13.2℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオ、 ノコギリヨウジ、ハナミノカサゴ、ルリハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、ツマグロハタンポ、アライソコケギンポ、ヒメギンポ、ハコフグyg、アカホシカクレエビアシナガモエビモドキ、イセエビ、オルトマンワラエビゼブラガニトウマキカイコガイダマシクロヘリアメフラシスイートジェリーミドリガイミツイラメリウミウシ、ヒロウミウシ、オオアリモウミウシ)、サラサウミウシシラユキウミウシオトメウミウシコイボウミウシサガミミノウミウシ(写真)スミゾメミノウミウシサクラミノウミウシ、オオアカヒトデなど

  サガミミノウミウシ

コメント:暖かい春の陽気に包まれました 朝一番はいい凪でした〜!カマガ根をのんびりじっくり潜りました 午後に入り西風が吹き始め、潮も動き出しました カマガ根bPのオオタニ(チャネル)はかなり潮がかかり楽しめました ブイが飛ばされていた為、水中からフロートをうってドリフトしながら安全停止、浮上というスタイルでしたが、あっという間に流されました(喜) 3ダイブ目のビーチは一番奥のショットホールまで泳ぎました ショットホール手前の壁にはサガミミノ2個体、サクラミノをはじめたくさんのウミウシの仲間が見られました ドラゴンホールにはベニイザリウオも登場しました
BY松田

3月8日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13.7℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ベニイザリウオハナタツ、マツカサウオ、オニカサゴ、サッパ、クエ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イシダイ、メジナ、マダイ、シラコダイ、ニザダイ、アライソコケギンポ、ヒョウモンダコ、クロヘリアメフラシミツイラメリウミウシサラサウミウシアオウミウシコミドリリュウグウウミウシ(写真)、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  コミドリリュウグウウミウシ

コメント:春を思わせるような暖かさになったものの、前日の予報が悪いほうに変わり朝から西風がやや強く吹きました 水面は風波がたった為、ブイエントリー、ブイエキジットのコース取りです 水路の壁にはウミウシがたくさん生息し 、H型の洞窟では2ダイブとも大型のモロコ(クエ)をウォッチすることができました 明日は東よりの風に変わり凪になりそうですが、今日とは一転寒くなりそうです 今日、2度目の桜の開花予想が発表になりましたが、静岡市で3月19日とのこと あともう少しで本格的な春ですね!
BY松田

3月5日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:13.7℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ、イタチウオ、イソカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、メジナ、ツマグリハタンポ、クマノミ動画、スズメダイ、オハグリベラ、ブダイ、イチモンジハゼ、ホシノハゼ、カワハギ、シマウミスズメ、オトヒメエビ、イセエビ、クロヘリアメフラシサラサウミウシアオウミウシシロウミウシコモンウミウシシラユキウミウシフジイロウミウシオトメウミウシアカエラミノウミウシなど

  ベタ凪快晴の牛着岩

コメント:午前中は写真の通りベタ凪快晴、絶好のコンディションでした 西風が止んだため水温も上昇、長めに潜っても今日はさほど寒く感じませんでした ベニイザリウオやハナタツなど伊豆の人気者も依然見ることができます この時期は雲見でもあちらこちらでクロヘリアメフラシの交接シーンを目撃することができます かなりの個体数のクマノミがこの冬の水温に負けず越冬しました シワメ(アントクメ)が少しづつ生え始め、海の中でも春の訪れを感じることができました
BY松田

3月4日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:12.6℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、イソカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、メジナ、ツマグロハタンポ、クマノミ、スズメダイ、ニシキベラ、オハグロベラ、ニザダイ、ヒメギンポ♀アライソコケギンポトウシマコケギンポ)、イチモンジハゼイソハゼの仲間、アミメハギ、カワハギ、キタマクラ、アオリイカ、コウイカの仲間、モクズショイ、クロヘリアメフラシサラサウミウシシロウミウシアオウミウシコモンウミウシゴマフビロウドウミウシオトメウミウシスミゾメミノウミウシオオウミシダトウマキクロムシ(写真)など

  オオウミシダトウマキクリムシ

コメント:前日まで吹いた西風が週末におさまりました 今日から3月のログがスタートです 少し上がった水温も西風の影響か、若干下がってしまいました ウミウシの仲間は依然多く、久し振りに伊豆の基本4種?アオ、シロ、サラサ、コモンウミウシが見られました 潮色はバッチリ!これから陽気も暖かくなってきますので、春濁り前の透視度抜群の海を一緒に楽しみませんか?
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED