ダイビングログ2007年3月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

3月31日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ→雨 気温:15℃ 水温:15℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ハオコゼ、イソカサゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ)、コウイカの仲間、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、ノコギリガニ、ナマコマルガザミ、コモンウミウシ、サラサウミウシアオウミウシシロウミウシキカモヨウウミウシ(写真)オトメウミウシコイボウミウシキイロイボウミウシスミゾメミノウミウシヒラムシの仲間など

  キカモヨウウミウシ

コメント:3月最終日は穏やかなコンディションに恵まれました 陸上では桜が満開で見頃です!さて、海の中はといいますと春濁りでしょうか?潮色があまり芳しくありません 功いうときはあまり無理をせず、狭い範囲でじっくり小物ウォッチなんて如何でしょうか?新たな発見や驚きがあるまもしれません 縄張り争いや交接シーンなど生態にもスポットを当てて観察&撮影をしてみませんか とっても楽しいですよ
BY松田

3月18日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:15℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ダイナンウミヘビ、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ(写真)、アオヤガラ、キビナゴ、マダイ、イシダイ、メジナ、コブダイ、ニザダイ、ヒメギンポアライソコケギンポイチモンジハゼガラスハゼ、アミメハギ、アオサハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、イセエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミカナメイロウミウシサラサウミウシアオウミウシウスイロウミウシミゾレウミウシミレニアムマツカサウミウシシロミノウミウシミチヨミノウミウシスミゾメミノウミウシウミウサギガイ不明種(産卵シーン)、シュスヅツミ、テンロクケボリなど

  マツカサウオyg

コメント:寒の戻りで冷え込みましたが、先週とはうって変わって冬型の気圧配置も緩み、穏やかな雲見でした これから来るであろうウミウシ・シーズン(春濁りとも?)に備えてじっくりウミウシ探しをしました 相変わらずイロウミウシの仲間が多く見られました 今回はたまたま来ていた知り合いのダイバーの方にカナメイロウミウシの情報をもらい、見ることができました 前から見てみたいウミウシのひとつでしたのでラッキーでした Kちゃん、どうもありがとう!その他、先々週目撃されたマツカサウオの幼魚をチェック 500円玉よりちょっと大きいサイズでとてもかわいかったですよ 小物系がかなり充実の牛着岩です
BY松田

3月12日(月)

田子 白崎bP/造船所前

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:16℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ダイナンウミヘビ、メバル、マダイ、クロサギ、スズメダイ、ソラスズメダイ、トラギス、コウライトラギス、ニジギンポ、イソギンポ、ホシハゼ、サビハゼ、ダルマガレイ、アオリイカ、ヤリイカ卵、イセエビナマコマルガザミニシキツバメガイ(写真)、アメフラシ、アオウミウシイガグリウミウシなど

  ニシキツバメガイ

コメント:強い冬型の気圧配置で大西が吹き荒れました 1ダイブ目はファンダイブで白崎へ ボートと潜降用ブイをつないでいるのに風がつよすぎて水面移動がままならないくらいでした 水中は穏やかで潜降ロープの周辺でニジギンポと戯れました 2ダイブ目はイレギュラーでしたが、風の陰になっている造船所の前の浜に移動 水底は砂泥地で表面にうっすら藻が生えて、どことなく浮島ビーチの藻場にそっくりです と、いうことは頭楯目系のウミウシがいそうな雰囲気がビンビンしています そこで急遽3ダイブ目を決行 いました、いました久し振りのニシキツバメガイ 燕尾姿が本当に美しいウミウシです このポイントは今後、精査する価値大です
BY松田

3月11日(日)

土肥 通り崎ビーチ

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:17〜16℃ 透明度:6m

観られた生物:オオウミウマ、マトウダイ、クロサギ、コモンウミウシミツイラメリウミウシ、トラフナマコなど

  オオウミウマ

コメント:ドライスーツSPコースを開催しました 天気予報で午後から西風が吹くとのことで土肥のダイビングプールとビーチに行きました 浅場は風波の影響でウネリが入り、あいにくのコンディション でもオオウミウマや小さなウミウシの仲間をじっくりウォッチしたり、冬場が旬の生物マトウダイが登場するなど水中ツアーも充実のSPコースになりました 水中にアントクメが増えてきて春の訪れを感じました もう少しすると冬型の気圧配置も緩みますので、コンディションも安定してきます 冬眠されていた方は是非、G・W前にリフレッシュ・ダイブをご一緒しましょう!
BY松田

3月4日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:18℃ 透明度:15m

観られた生物:ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、コロダイ、イシダイ、ブダイ、ヒメギンポ(写真)、アライソコケギンポガラスハゼ、シマウミスズメ、アオサハギ、アオリイカ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビオルトマンワラエビナマコマルガザミサラサウミウシアオウミウシシロハナガサウミウシセスジミノウミウシヒブサミノウミウシスミゾメミノウミウシヒラムシの仲間オオウミシダトウマキクリムシコダマウサギガイテンロクケボリ)、シュスヅツミなど

  ヒメギンポ♂婚姻色

コメント:暖かい週末でした 水温もグッと上昇しなんと18℃台!潮色も抜群で最高のコンディションです 小さな生物を中心にじっくりのんびりダイブ サプライズはありませんでしたがレギュラーメンバーのウミウシの仲間やハナタツがたくさん見られました 大きなクエがホンソメワケベラに気持ち良さそうにクリーニングされていたり、大物との遭遇もありました 岩礁域ではヒメギンポのペアをよく見かけます オス、メスとも婚姻色でとてもキレイですよ!
BY松田

3月3日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ホソウミヤッコ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イシダイ、マダイ、クマノミ、ヒメギンポ、アオリイカ、コウイカの仲間、マダコ、オトヒマエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、シロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ(写真)ミゾレウミウシノウメア・ワリアンスニシキウミウシイガグリウミウシ、シロハナガサウミウシ、コイボウミウシウミウサギガイ不明種、ヒラムシの仲間など

  センテンイロウミウシ

コメント: お天気に恵まれ春爛漫といった暖かい一日になりました 当店では久し振りの地形ダイブを楽しみました 洞窟に差し込む光が最高にキレイでした!生物のほうは1月末に発見してからいまだ健在のミゾレウミウシや昨シーズンあまり見られなかったセンテンイロウミウシなどキレイ系イロウミウシが見られました!それにしてもこの時期にこの水温の高さはありえないって感じです 冬眠ダイバーの方も是非、そろそろ活動を開始してみてはいかがでしょうか?
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED