DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2004年4月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

4月25日(日)

田子 弁天島/フト根(沖根)

天候:曇り 気温:19 水温:17〜16℃ 透明度:8〜

観られた生物:キビナゴ、オニカサゴ、トゴットメバル、サクラダイ、キンギョハナダイ、アオブダイ、ニザダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、アオサハギ、コウイカの仲間、アカシマシラヒゲエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ、ゼブラガニハナミドリガイヒロウミウシ、アオウミウシ、キベリシロウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシキイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ヒブサミノウミウシ(写真)アカクラゲなど

 ヒブサミノウミウシ

コメント:1本目は弁天島でウミウシウォッチングをしました 田子の定番、ハナミドリガイ、キベリシロウミウシをはじめ伊豆では珍しいヒブサミノウミウシまで沢山のウミウシ達が見られました 2本目は久し振りの外海に出ました 浮遊物は多かったものの潮色は良く魚影も大変濃かったです タカベの群れやアオブダイなど中層をウォッチしたり、深場でアカシマシラヒゲエビのクリーニングシーンを観察したりと田子の海をお腹いっぱい満喫してきました
BYカズ

4月24日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:17〜16℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ネコザメ(写真)ベニイザリウオハナタツ、マツカサウオ、イタチウオ、フサカサゴ、オニカサゴ、テングダイ、クマノミ、イシダイ、キンメモイドキ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、アオブダイ、ヤマドリ、アライソコケギンポ、マダコ、ムチカラマツエビ、ヒメイソギンチャクエビ、ナマコマルガザミ、サンゴガニ、ノコギリガニ、モクズショイ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、ニシキウミウシ、シュスヅツミなど

 ネコザメ

コメント:あいにくの透明度でしたが、ネコザメをはじめとする大物からハナタツ、ベニイザリウオなどの人気モノまで3ダイブじっくりウォッチできました ネコザメですが、ボクが初めて出会ったときから3シーズン目になります 体長は1.2m以上もあり、あまりにも大きいので「化け猫」と呼んでいます(大きさを比較する対象物がなくて残念なのですが) 大牛の洞窟にはサクラテンジクダイが20匹以上の群れを作っています 図鑑では単独生活をすると紹介されていますが、個体が小さいうちは群れで生活をするのでしょうか スケルトンのボディにうっすら桜色でとても美しい魚です
BY松田

4月23日(金)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bQ

天候:雨→晴れ 気温:23℃ 水温:17〜16℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:アカエイ、ミノカサゴハナミノカサゴ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、キンセンイシモチ、ミギマキ、オキゴンベ、イトヒキベラ、ソラスズメダイ、クマノミ、ハナハゼ、ダテハゼ、イチモンジハゼメイタガレイゼブラガニハナミドリガイ、アオウミウシ、サラサウミウシアワシマオトメウミウシキベリシロウミウシ(写真)キイロイボウミウシイガグリウミウシコガネミノウミウシなど

 キベリシロウミウシ

コメント:風はそれほど強く感じなかったのですが、沖合いに白波が立っていましたので田子を潜りました 黄金崎ではネジリンボウがすでに出ているとのことでしたので、1本目は弁天島にネジリンボウをチェックしに入りました 残念ながらネジリンボウはまだ出ていませんでしたが、深場でコガネミノウミウシが久し振りに見られました 2本目の白崎bPはアカエイだらけでした サイズがどれも大きく貫禄たっぷりだったのですが、いかんせん厳しい透明度で写真におさめることは出来ませんでした 3本目は白崎bQでじっくりウミウシをウォッチしました ウミウシのサイズもずいぶん大きくなりました
BY松田

4月19日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:20℃ 水温:18℃ 透明度:

観られた生物:マツカサウオ、ヒメサツマカサゴ、ハナミノカサゴ、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、コブダイ、アライソコケギンポトウシマコケギンポ、コウイカの仲間、マダコ、オトヒメエビ、ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、シャコの仲間、モクズショイ、スイートジェリーミドリガイ、シロウミウシ、ウスイロウミウシアオウミウシアラリウミウシ(写真)、ニセイガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、アカクラゲなど

 アラリウミウシ

コメント:心配されたお天気もなんとかもち、平日の〜んびり3ダイブしてきました 1本目は小牛のまわりで甲殻類など小さな生物をじっくり観察しました 2本目は大牛をじっくりとウミウシウォッチング 今日も沢山のウミウシ達が見られました! そして、3本目はテングダイ、コブダイやキンメモドキの群れなど大きな生物や群れを楽しんできました 牛着岩だけでも、コースの取り方によって色々なスタイル、ロケーションを楽しめます!
BYカズ

4月18日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:18℃ 透明度:5〜3

観られた生物:トラウツボ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、マダイ、コロダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、コウイカ、マダコ、イセエビ、オトヒメエビ、ヒメイソギンチャクエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、コノハガニ、スイートジェリーミドリガイ(写真)ウスイロウミウシアオウミウシサガミイロウミウシニシキウミウシユビノウハナガサウミウシ、アカクラゲなど

 スィートジェリーミドリガイ

コメント:春濁り特有の浮遊物はあるものの、昨日より潮色が回復していました 水温も上がりドライスーツなら陸、海ともに快適です また、牛着岩にもウミウシが増えてきています もちろんテングダイやイシダイ、マダイといった見ごたえのある魚からキンメモドキのような小魚の群れも観られます 生物はもちろん、ダイビングスタイルのリクエストも出来る限りお応えいたします
BYカズ

4月17日(土)

田子 白崎bQ〜1/bP

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:17℃

透明度:3〜2m

観られた生物キビナゴ、ミノカサゴ、オニカサゴ、タカノハダイ、ヒョウモンダコ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、ハナミドリガイアオウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシコモンウミウシフジイロウミウシ(写真)、キイロイボウミウシ、ニシキウミウシアワシマオトメウミウシハナオトメウミウシヒロウミウシイガグリウミウシユビノウハナガサウミウシ、アカクラゲなど

 フジイロウミウシ

コメント:厚い1日でした 西風が強く、沖のポイントがCLOSE・・・春濁りで視界不良、、、そんな中でもEXILESなら、じっくりのんびり楽しいダイブができます! 
BY松田
コメント:田子の湾内はとても穏やかで、のんびりダイビングを楽しむことができました 春濁りで透明度はいまいちパッとしないものの、生物達は確実に増え行動も活発になってきています もちろん、ウミウシも数多く観られますので、ぜひ遊びにいらしてください
BYカズ

4月14日(水)

浮島 ビーチ

天候:曇り→雨 気温:16℃ 水温:17℃ 透明度:2m

観られた生物:トラウツボ、キュウセン、トビヌメリ、クツワハゼ、カワハギ、コモンフグ(写真)、イセエビ、ナマコマルガザミ、クロヘリアメフラシ、アメフラシ、アオウミウシニシキウミウシなど

 コモンフグ

コメント:4月だというのに台風1号の接近に伴い、ヨタが入りました ショットホールのサガミリュウグウウミウシを撮りに入ったのですが、ムーンビーチからショットホールのL字の曲がり角付近の砂がもうもうと巻き上がり、危険と判断し引き返しました 水温はいいカンジなのでこの台風が去った週末が楽しみです メーカーの器材メンテ講習を受講したり、ショップのリニューアル工事をしていていばらくLOGのほうがおろそかになってしまいましたが、ようやく落ち着いていましたので、今週末からガンガン潜りたいと思っています
BY松田

4月3日(土)

田子 白崎bP、bQ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、キビナゴ、カゴカキダイ、コウライトラギス、ハナハゼ、オトヒメエビ、ゼブラガニハナミドリガイアオウミウシサラサウミウシキベリシロウミウシシラユキウミウシ(?)、イガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、アワシマオトメウミウシシロミノウミウシ(?)、ウミウシの仲間(名称不詳)アカクラゲなど

 サラサウミウシ

コメント:昨日のお昼前から強い西風が吹きだし、今日も予報通りの西風の中でのダイブとなりました 冬の西風と違って水温、透明度共下がらずコンディションは良好でした 白崎bP、とbQを2本潜りました ウミウシの個体数は非常に多く、アオウミウシとハナミドリガイがあちらこちらで目にとまりました −12mでシロウミノウミウシと思われるウミウシが見られたりと収穫の多いダイブでした お天気が良かったので、ヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地は光が射し込みとてもキレイでした!
BY松田

4月2日(金)

田子 白崎bP

天候: 気温:20℃ 水温:17℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:キビナゴ、ヒメサツマカサゴ、ハナミノカサゴ、イシダイ、カゴガキダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、アオリイカ、コウイカ、オトヒメエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビアカクラゲ、ミズクラゲ、ハナミドリガイ(写真)、サラサウミウシ、アオウミウシ、ユビノウハナガサウミウシなど

 ハナミドリガイ

コメント:今日は午前中のうちはあいにくのお天気でしたが、海の中は水温、透明度共にあがっていていました 透明度が良かったので水中を漂うアカクラゲなど凄くキレイに観えました また、キビナゴの群れに遭遇しするなど中層も賑わいを見せてきたように思えます もちろんウミウシも、冬に比べると同じ個体でも大きくなったものがいて見応えがあります ぜひ、遊びにいらしてください
BYカズ

月1日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:16〜15℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオハナタツ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、キンメモドキ(写真)、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイテングダイ、イシダイ、コロダイ、クマノミ、アライソコケギンポムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、モクズショイ、ヨツハモガニ、アオウミウシ、シロウミウシ、ミカドウミウシミノウミウシの仲間(名称不詳)、ヒカリボヤの仲間など

 キンメモドキ

コメント:今日から4月になりました 素晴しいお天気の中、貸し切りの雲見を潜りました 1本目はモロコ狙いで水路のH型アーチを通りましたが、視界不良になるくらいキンメモドキが入っていて肝心のモロコは見られませんでした 2本目はミカドウミウシを見に大牛にを潜りました こちらはほぼ同じ場所にいました 大きなベニイザリウオは移動していなくなってしまいましたが、別のベニイザリウオが入っていました 3本目は小さな生物をメインに小牛に入りました とにかくお天気が良く、気持ちの良いダイブができました!
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.