DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2005年4月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

4月30日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:16〜15℃ 透明度:10〜8m

観られた生物: トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、オオモンイザリウオ(ピンク)、オオモンイザリウオ(黄)、イロイザリウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、コロダイ、イシダイ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、アオウミウシ、サクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシなど

  マツカサウオ

コメント:夏日になりました!スーツを着ると汗だくになります 小牛、-24アーチ、グンカンをじっくりまわりました オオギウミヒドラにはサクラミノウミウシとアカエラミノウミウシが付いていました 潜降ロープの下でオレンジ色のコケギンポを見つけましたのでこれからは、ブイ潜降もしくはブイ浮上が多くなりそうです またイザリウオの仲間も3個体見られました!連休中もまだまだ余裕がありますので、思い立ったら是非エグザイルに遊びにいらして下さい
BY松田

4月29日(金)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:15℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホソウミヤッコ、イタチウオ、マダイ、クマノミ、オキゴンベ、ハナハゼ、ダテハゼ、アオリイカ、カザリイソギンチャクエビ、オドリカクレエビ、アカホシカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ(写真)、イソギンチャクチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、ナマコマルガザミ、ハナミドリガイ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、アワシマオトメウミウシなど

  ハクセンアカホシカクレエビ

コメント:雲見リクエストでしたが、西風のため田子湾内を潜りました お天気は抜群で器材のセッティングをするだけで汗ばむ陽気でした 水温も17℃と上昇し、ソライスーツなら寒さ知らずで潜れます 生物たちも水温の上昇で活性化しているのか、クマノミは近づくとこちらに向かってきたり、クリーナーシュリンプ達も元気(必死?)にダンスを踊っていました またウミウシの仲間も数多く見られました
BYカズ

4月27日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:15℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、イロイザリウオオオモンイザリウオ(黄)オオモンイザリウオ(ピンク)ヒメサツマカサゴミノカサゴ、アカハタ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、ツマグロハタンポ、クマノミ、イシダイ、マダイ、ニザダイ、ブダイ、アカホシカクレエビムチカラマツエビクモガニの仲間ナマコマルガザミネコジタウミウシの仲間?ヒロウミウシ、アオウミウシ、サクラミノウミウシ、ミノウミウシの仲間(写真)トラフケボリなど

  ミノウミウシの仲間

コメント:ゆうべ吹いた西風もおさまり、凪になりました 牛着岩の小牛と大牛の壁を丹念にチェックしました シワメ(海草)にはウミウシやウミウシの卵が多く付着していました 潮色は依然10mくらいです 念のため、イザリウオの仲間を確認したのですが、3個体ともみられました ハナタツはどうやらいなくなってしまったようです お天気が良かったので砂地に射し込む光がとてもキレイでした G・Wのお天気も良さそうですね 突然のご来店でも対応いたします
BY松田

4月18日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:16〜15℃ 透明度:10m

観られた生物:イロイザリウオ(橙)オオモンイザロウオ(黄)オオモンイザリウオ(ピンク)マツカサウオ、アカハタ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、クマノミ、イシダイ(写真)、ニザダイ、イスズミ、メジナ、イソギンチャクモエビ、ヒメイソギンチャクエビ、ミスガイヒロウミウシアオウミウシサクラミノウミウシ、ネアカミノウミウシなど

 イ シダイ(クチグロ)

コメント:この時期の伊豆の海のコンディションは秋のお天気のように変わりやすいものです 先週まで抜群だった透視度が落ちてしまいました 海草が多く生え、海の中もすっかり春の装いになりました イザリウオの仲間は3個体とも見られましたが、ハナタツは残念ながら見つけることができませんでした ちょっと嬉しかったのは浮島ではよく見かけるミスガイですが雲見で初めて見ることができました 雲見はじっくり探せは色々なウミウシの仲間が見られるということを再確認しました コース取りにとらわれず1ヶ所から動かずじっくりウミウシ探しをしてみると楽しいと思います
BY松田

4月15日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15m〜

観られた生物:オオモンイザリウオイロイザリウオ(写真)、ハナタツ、キビナゴ、マダイ、クマノミ、ブダイ、ニザダイ、ガラスハゼ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、ヒロウミウシイバラウミウシヤグルマウミウシミツイラメリウミウシ、コモンウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、アカエラミノウミウシ、サクラミノウミウシミノウミウシの仲間ユウレイクラゲなど

 イロイザリウオ

コメント:コンディションが一気に上向きました!水温も16℃まで上昇し、透視度はなんと15m〜!!ユウレイクラゲが優雅に漂っているのが遠くからも見えました 本日、新たにイロイザリウオの幼魚が見つかりました この個体も小さく2cm程度です その他、ウミウシの仲間も大変豊富で、ヤグルマウミウシ(雲見で初めて見ました)やサクラミノウミウシ、名前はちょっとわからないのですが行き止まりの洞窟の入り口付近でとてもキレイなミノウミウシの仲間が見られました 潮色がとても良いので地形派の方も楽しんで頂けると思います 
BY松田

4月12日(火)

安良里 沖の根

天候: 気温:10℃ 水温:15℃ 透明度:8m

 ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:伊豆半島に8名いるTOA(TUSAオフィシャルアドバイザー)が全員集合し、安良里の海を潜りました 現地の高橋氏がホストとしてガイドやミーティングの運営面でご尽力下さいました 海の方も田子、浮島、雲見とはまた一味違うロケーションで、ウミウシの多さに驚きました ダイビング後はメーカーの開発の方も交え、非常に内容の濃いディスカッションができました 今後とも、東伊豆、南伊豆、西伊豆でそれぞれ活躍しているTOAの皆さんと協力して、良いモノ作りに貢献していきたいと思います
BY松田

4月10日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:14℃ 透明度:8m

観られた生物:水面でカマイルカの大群、 オオモンイザリウオ2cm、オオモンイザリウオ4cm(写真)、ハナタツ、マツカサウオ、キビナゴ、クエ、オオモンハタ、アカハタ、クマノミ、イスズミ、コブダイ、ガラスハゼ、アオサハギ、アカホシカクレエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミシロイバラウミウシ、ヒロウミウシ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、アカエラミノウミウシ、イナバミノウミウシなど

  オオモンイザリウオ(4cm)

コメント:2ダイブ終了後、沖の根などの外洋ポイントに行く途中にある「千貫門=せんがんもん」の沖合いにイルカの大群がいるとの情報が入りました ダイビングサービスはまゆさんの粋な計らいで急遽、ドルフィンウォッチングをすることになりました ポイントに到着するとナブラ(鳥山)が立っていて、ものすごい数のカマイルカがバンバン跳ねていました ボク自身、野生のイルカを見たのはパラオ、イナンバ(EXILES遠征ポイント)に続き3度目です 本当にアドレナリンが出まくりました 雲見の海はこんなサプライズもある豊かな海なんですね ダイバー冥利に尽きる瞬間でした
BY松田

4月9日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:14℃ 透明度:8m

観られた生物:オオモンイザリウオ2cm、 オオモンイザリウオ4cm、ハナタツ、オニカサゴ、クエ、キビナゴ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ヒョウモンダコ、アカホシカクレエビ、モクズショイ、ヒロウミウシシロイバラウミウシサガミコネコウミウシ(写真)アオウミウシシロウミウシサラサウミウシ、コガネミノウミウシ、タルダカラなど

  サガミコネコウミウシ

コメント:前日の西風が止み、凪になりました このところレギュラーメンバーになりつつあるイロイザリウオは同じ場所にいました とくにピンク色の小さな個体はとてもかわいいので、イザリウオ好きの方やフォト派の方は是非リクエストして下さい 水路のH型のアーチに1mオーバーと80cmクラスのクエ(モロコ)が居着いています 2ダイブとも目撃することができました 最後は浅場でサガミコネコウミウシを観て大興奮しました
BY松田

4月8日(金)

田子 白崎bP/白崎bQ〜4

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:14℃ 透明度:8m

観られた生物:ミノカサゴ、オオモンハタ、メバル、アカホシカクレエビ、ゼブラガニ、ハナミドリガイスイートジェリーミドリガイゴクラクミドリガイの仲間、コトヒメウミウシ、シロイバラウミウシ、アオウミウシシロウミウシ、サラサウミウシ、フジイロウミウシキベリアカイロウミウシ(写真)キベリシロウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシの幼体など

  キベリアカイロウミウシ

コメント:本当に暖かい1日でした ただ、西よりの風がとても強く潜水エリアが白崎に限られたため、2ダイブともウミウシをじっくりウォッチしてきました 田子の白崎は本当にたくさんのウミウシが観られます ハナミドリガイが大発生しているのは以前のLOGでコメントしましたが、コトヒメウミウシも非常に多いように感じます 潮色自体はGOODなのですが、西風が強く吹くとどうしても透視度が落ちてしまいます アフターダイブは松崎の川べりでお花見をしました
BY松田

4月5日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:14℃ 透明度:15m

観られた生物:オオモンイザリウオ(4cm)、オオモンイザリウオ(2cm)、タスジウミシダウバウオ、クロホシイシモチ、スズメダイ、オキゴンベ、イシダイ、コブダイ、ガラスハゼ、キタマクラ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、ナマコマルガザミ、モクズショイ、ベッコウヒカリウミウシヒロウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、ホクヨウウミウシの仲間(写真)タルダカラなど

  ホクヨウウミウシの仲間

コメント:朝のうち凪いでいたので雲見を潜りました 道中、車窓から海を見るととても青く、期待通りのすばらしい潮色でした!イザリウオは週明けも同じ場所から移動していませんでした ウミウシ探しでじっくり60分潜ったのですが、チビイザリの横にヒカリベッコウウミウシがいました その他、ユビノウトサカのそばにはホクヨウウミウシの仲間も見られました 昨シーズン、田子で1度見た以来でしたので興奮してしまいました 小牛の沖側にはどうやらコブダイが住みついているようで、今回も見られました
BY松田

4月3日(日)

田子 白崎bP〜2/弁天島

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:15〜14℃ 透明度:10〜8m

観られた生物: オオモンハタ、クロホシイシモチ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ホシハゼ、アカホシカクレエビ、オドリカクレエビ、ゼブラガニハナミドリガイ(写真)、アオボシミドリガイオトメミドリガイコトヒメウミウシヒロウミウシアオウミウシサラサウミウシ、センテンイロウミウシ、イガグリウミウシ 、ミノウミウシの仲間、トラフケボリなど

  ハナミドリガイ

コメント:天気予報では雨でしたが、終日お天気に恵まれ陸上ではむしろ暑いくらいでした 潮色はずいぶん回復し、水温も15〜14℃と少し上がりました 今年もハナミドリガイが大発生し、あちらこちらで見かけます その他、アオボシミドリガイ、オトメミドリガイなどのゴクラクミドリガイの仲間が見られました これからはようやく冬型の気圧配置も緩み、コンディションが上向いてきますので、まだ今シーズン潜られていない方はそろそろ冬眠から目覚めてみては如何でしょう?
BY松田

4月1日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13℃ 透明度:8m

観られた生物:オオモンイザリウオ4cm(写真)オオモンイザリウオ2cmハナタツハナミノカサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、スズメダイ、、マダイコブダイ、ニザダイ、メジナ、ガラスハゼ、モクズショイ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、フタイロニシキウミウシ、ホシアカリミノウミウシミノウミウシの仲間など

  オオモンイザリウオ(4cm)

コメント:今日から4月、新しい年度がスタートしました 西伊豆町もお隣の賀茂村合併し、朝からお祝いの花火が打ち上げられました 久し振りに凪になり雲見を潜りました 潮色はまずまずでしたが、吹き続いた西風の影響か、水温が14℃を切ってしまいました でも牛着岩でイロイザリウオが新たに2個体見つかるなど収穫もありました ウミウシもあちらこちらで目撃されました フォト派の方には充実のダイブができると思いますので、是非リクエストをして下さい!
BY松田

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.