ダイビングログ2006年4月
↓バックナンバーはこちら↓

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

4月30日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:20℃ 水温:17℃ 透明度:12m

観られた生物:トラウツボ、ハナアナゴ、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、イシダイ、コロダイ、トウシマコケギンポ、ベンケイハゼ、ハリセンボン、アオリイカ、コウイカの仲間、ヨコシマエビ、ムチカラマツエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、マルツノガニ、サンゴガニ、クロヘリアメフラシ、シロウミウシウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、マンリョウウミウシ、オトメウミウシ、サクラミノウミウシ、ユビワミノウミウシ(写真)など

  ユビワミノウミウシ

コメント: お天気になり4月最終日はダイビング日和でした 1ダイブ目はヒレナガネジリンボウを期待して牛着岩の手前からエントリー 巣穴はありましたが、肝心のネジリンボウはお休みでした あちらこちらでマンリョウウミウシが見られました 4月には行ってから急に増えたような気がしますが、幼体を見たことがありません 幼体は一体どんなカンジなんでしょうか?潮色よくワイドや地形からウミウシなどの小さな生物のウォッチなど幅広く楽しめますよ
BY松田

4月29日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:18℃ 水温:17〜16℃ 透明度:12m

観られた生物:トラウツボ、イタチウオ、ハナタツマツカサウオ(写真)、ミノカサゴ、ハオコゼ、キビナゴ、クロホシイシモチ、メバルyg、イサキ、イシダイ、テングダイ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、ヒメギンポ、アオサハギ、ヨソギ、アオリイカ、コウイカの仲間、アケウス、マルツノガニ、クロヘリアメフラシ、アマクサアメフラシ、アオウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、ヤグルマウミウシ、サクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

  マツカサウオ

コメント: 引き続きいいコンディションが続いています 凪はバッチリ、潮色もまずまずでした 1ダイブ目は小牛のまわりをじっくりのんびりまわりました ヒメギンポのペアが仲睦まじくしている様子や、マツカサウオ幼魚のユーモラスな姿を観察しました 2ダイブ目はネコザメ狙いで裏からエントリーしてグンカンまで流しました 残念ながらネコザメには会えませんでしたが、グンカンの根頭はキビナゴやメバルの幼魚でとてもにぎやかな感じでしたよ
BY松田

4月28日(金)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12m

観られた生物:アカエイ、ウツボ、ベニイザリウオ)、ハナタツマツカサウオ、ハオコゼ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、イワシ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ニザダイ、アライソコケギンポ、トビヌメリ、イソハゼ、イチモンジハゼ、ホシノハゼ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、クサフグ、ショウジンガニ、アケウス(写真)、オトヒメエビ、アマクサアメフラシ、クロヘリアメフラシ、マンリョウウミウシ、ゴマフビロードウミウシ)、イソウミウシの仲間サラサウミウシアオウミウシシロウミウシヤグルマウミウシサクラミノウミウシアカエラミノウミウシなど

  アケウス

コメント:いや〜、今シーズン最高のコンディションでした 一昨日あたりから銭洲、イナンバの水温が21℃を超え、神子元島も水温18℃との情報が入りました そろそろ北上して西伊豆にもいい潮が入ってこないかな〜と思っていた矢先、昨日からコンディションがグ〜ンと↑上向きました 潮色も良く、エントリーした瞬間「青いっ!」っていう感じです!いよいよ明日からゴーづでんウィークです まだまだ余裕がありますので、今からでも遅くないですから是非、遊DSエグザイルに遊びにいらして下さい
BY松田

4月19日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:18℃ 水温:14〜13℃ 透明度:6m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ、ハオコゼ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、ブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ニザダイ、ミナミゴンベ、アライソコケギンポ)、イソハゼ、ホシノハゼ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、ショウジンガニ、アケウスクロヘリアメフラシヤマトウミウシ?マンリョウウミウシサラサウミウシアオウミウシシロウミウシコモンウミウシサクラミノウミウシトラフケボリなど

  ハナタツのペア

コメント:先週はツアーで石垣島を潜ってきました でもやっぱり雲見の海はホームゲレンデですね 潜っていて落ち着きます(笑) 浮遊物が多くワイドには厳しい潮色なので小さな生物をじっくりウォッチしてきました ハナタツ、ベニイザリウオとも3個体づつ見られたり、伊豆のウミウシ基本4種が見られたり(プチ・グランドスラム)と出物もまずまずでした この時期は地形も生物もとあまり欲張らず、特定の生物にターゲットを絞って生態をじっくり観察するスタイルが楽しいのではないでしょうか
BY松田

4月10日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:15℃ 水温:14〜13℃ 透明度:5m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ)、マツカサウオイソカサゴ、キンギョハナダイ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、ブダイ、アライソコケギンポ、イチモンジハゼ、ホシノハゼ、カワハギ、ハコフグ、サラサエビ、ショウジンガニ、モクズショイ、クロヘリアメフラシマンリョウウミウシエビスウミウシ(交接シーン)ゴマフビロードウミウシサラサウミウシアオウミウシシロウミウシヤグルマウミウシ)、オトメウミウシサクラミノウミウシトラフケボリなど

  エビスウミウシ

コメント:水中もすっかり春といった感じになってきました ウミウシの姿があちらこちらで見られます アオウミウシは言うまでもありませんが、今シーズンは特に大型のマンリョウウミウシが目に付きます その他、ゴマフビロウドやヤグルマといったウミウシも多いです 海藻が生え、イザリウオの仲間やハナタツが見つけづらくなりましたので是非、ガイドリクエストをお待ちしています 潮色が芳しくないのであまり動かずにじっくり生物を探しましょう!
BY松田

4月1日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:14〜13℃ 透明度:5m

観られた生物:コケウツボ、ベニイザイウオマツカサウオ、ハオコゼ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ♀、タカノハダイ、ニジギンポ、アライソコケギンポ)、イソハゼ、イチモンジハゼ、ホシノハゼ、サビハゼ、ヨソギ、カワハギ、コウイカの仲間、スナダコ、オトヒメエビ、サラサエビ、クロヘリアメフラシヒロウミウシマンリョウウミウシサラサウミウシアオウミウシシロウミウシヤグルマウミウシアカエラミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリボウシュウボラの産卵など

  ベニイザリウオ&マンリョウウミウシ

コメント:3月末から「寒の戻り」で冬型の気圧配置になりました 昨日まで吹き続けた西風ですが、今日はすっかり風もやみお天気バッチリ、凪になりました 西風が続いた影響か、水温は若干下がっていました 透明度は芳しくなく、もしや春濁り?というような潮色でした 中層の生物(魚)はあきらめ、岩肌をねっちっこく探るとたくさんの生物に出会いました 今日の見出し写真はベニイザリウオです いつも見られる個体ですが、今日はバックの壁にマンリョウウミウシが貼り付いていました マンヨウウミウシは他の場所でも2個体目撃されました ウミウシの種類、個体数が一気に増え水中でも春の訪れを感じますね
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED