ダイビングログ2007年4月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

4月28日(土)

 雲見 牛着岩

天候:晴れ→雨 気温:19℃ 水温:17℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビソウシカエルアンコウハナタツ)、ノコギリヨウジ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、アライソコケギンポ)、アオリイカ、マダコ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミムラサキウミコチョウコモンウミウシアオウミウシ(交接中)クモガタウミウシシロハナガサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、スミゾメミノウミウシアカエラミノウミウシ)、ヒブサミノウミウシトラフケボリテンロクケボリ、シュスヅツミなど

  マダコ

コメント:連休初日、雨の予報でしたがいい方に外れ、午前中はお天気になりました 1ダイブ目は大人のコブシ2個分はあろうかという、ベニカエルアンコウ界のチェ・ホンマンを見に牛着岩の沖を潜りました 貫禄たっぷりの姿に一同大ウケでした 2ダイブ目は雲行きが怪しくなり一転、嵐のようなコンディションになりました 大牛の沖を潜ってクエのクリーニングステーションやミゾレウミウシを見に行く予定でしたが、海況不良のため、小牛の前を潜りました 50ダイブの記念ダイブをしたのですが、まるでナイトダイビングのようなダークな雰囲気で、ある意味印象に残るダイブになりました、、、
BY松田

4月27日(金)

 雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:17℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ)、ソウシカエルアンコウハナタツ、()、イタチウオ、マツカサウオyg、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、ツマグロハナタンポ、コロダイ、イシダイ、ウミヒゴイ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポコケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ガラスハゼ、ハコフグ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ(写真)ビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、モクズショイ、シロイバラウミウシムラサキウミコチョウサラサウミウシシロウミウシアオウミウシミゾレウミウシニシキウミウシアワシマオトメウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ヒブサミノウミウシミチヨミノウミウシハクセンミノウミウシミノウミウシの仲間トラフケボリシロオビキヌヅツミ、シュスヅツミ、チャイロキヌタなど

  アカホシカクレエビ

コメント:大型連休直前の雲見最新情報です 昨日吹き荒れた西風もおさまり、潮色もまずまずでした 大牛の洞窟付近のクリーニングステーションではここ最近よく目撃されているクエが本日も来ていました その他、コロダイやイシダイなど大型の魚が順番待ちをしていました 潮色が良いのでこの連休はワイド、地形も存分に楽しめそうです もちろん小物系もいろいろと見られると思います!おすすめエリアは大牛周辺でしょうか 大物、群れ、地形、小物のオールインワン・ダイブが可能です
BY松田

4月23日(月)

 雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:20℃ 水温:17〜16℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:アカエイ動画)、ウツボ、ベニカエルアンコウ) 、ソウシカエルアンコウハナタツ)、ヒフキヨウジ、イタチウオ、マツカサウオyg、 キビナゴ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、マダイ、イソギンポ、アライソコケギンポ、イチモンジハゼ、ガラスハゼ(写真)ダルマガレイ、アオリイカ、コウイカの仲間、イソギンチャクモエビビシャモンエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミミスガイムラサキウミコチョウ)、アメフラシ、ミツイラメリウミウシコバンウミウシ属?、クモガタウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシリュウモンイロウミウシウスイロウミウシコンガスリウミウシシラユキウミウシミゾレウミウシニシキウミウシオトメウミウシミレニアムマツカサウミウシヒブサミノウミウシユビワミノウミウシトラフケボリ、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間など

  ガラスハゼ

コメント:週末吹いた風もおさまり凪の平日、ガッツリ3ダイブです 潮色は良くなったのですが、なぜか本日も細かいモノ系ダイブです 1ダイブ目は小牛の洞窟周辺を丹念に探しました 大人のコブシ大より大きなベニカエルアンコウ(写真は2番)がいてビックリ!先週見られたコンガスリウミウシやヒブサミノウミウシは今週も見られました 2ダイブ目は-16mのアーチ付近からエントリー クリーニングステーションでクエ狙いでしたが、残念ながら遭遇しませんでした ムチカラマツを宿主にする生物をじっくり観察しました 3ダイブ目は大牛周辺を潜りました ミスガイやムラサキウミコチョウ、ミゾレウミウシ(1/28〜)などのキレイなウミウシの仲間が見られましたよ 連休もまだ余裕があります 是非、遊びにいらしてくださいね
BY松田

4月21日(土)

 田子 弁天島〜前浜/白崎bP/白崎bS

天候:曇り時々晴れ 気温:18℃ 水温:17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ミノカサゴ、オニカサゴ、メバル、ボラ、セレベスゴチ、メジナ、スズメダイ、コウライトラギス、コケギンポホシハゼ(写真)、イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ダルマガレイ、コウイカの仲間、イセエビ、ナマコマルガザミ)、コノハミドリガイスイートジェリーミドリガイミドリアマモウミウシのペアヒロウミウシコモンウミウシサラサウミウシシロウミウシ)、アオウミウシクリヤイロウミウシイガグリウミウシアワシマオトメウミウシコイボウミウシ、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間)など

  ホシハゼ

コメント:天気予報が良いほうに外れ、お天気になりました 風も思ったより吹きませんでしたが、前日のヨタが若干残っていた為、田子を潜りました 湾内は非常に穏やかだったので、1ダイブ目は弁天島に入りました エントリーしてみると、なんと潮が青いじゃないですか!4月に入って潮色が一番キレイでした 2ダイブ目は白崎の1番ブイをのんびりじっくり 今シーズン数多く見られているコモンウミウシは本日もたくさん見られました ダイブ前に見てみたいとリクエストのあったスイートジェリーミドリガイも見られラッキーでした!3ダイブ目は浅場の白崎4番ブイです 久し振りのクリヤイロウミウシに遭遇 大きなイセエビやゴロタの隙間でホシハゼをウォッチして楽しみました
BY松田

4月20日(金)

 雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:16℃ 水温:17〜16℃ 透明度:8m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオyg、クエ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、ツマグロハタンポ、イシダイ、コロダイ、ニジギンポ、ダルマガレイ、アオリイカ、ボウズコウイカ(写真)、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アメフラシコモンウミウシサラサウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ミアミラウミウシカイメンウミウシの仲間クモガタウミウシオトメウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ミチヨミノウミウシフジエラミノウミウシ幼体?)、キリヒメミノウミウシ、シュスヅツミなど

  ボウズコウイカ

コメント:昨日通過した低気圧の影響でかなりヨタが入っていましたが、今回も平日ガッツリ3ダイブです 1ダイブ目は-24mのアーチ近辺を潜りました 今や-24mのアーチの主と化した大型のイシダイにはバッチリ会えました その他、ミアミラウミウシやコモンウミウシ、ハナタツなど 2ダイブ目は小牛の洞窟探検です 洞窟の住人、コウイカの仲間やエビカニ、イタチウオやテンジクダイの仲間をウォッチ 3ダイブ目は大牛の周りを散策しました ウミウシ・ポイントではフジエラミノやキリヒメミノ、ミチヨミノなどのミノウミウシが見られました 明日は西風の予報です 田子湾内をじ〜っくりといった感じでしょうか
BY松田

4月16日(月)

 雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:18℃ 水温:16℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ()、イタチウオ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、コブダイ、ブダイ、ニザダイ、ヒメギンポガラスハゼハリセンボン、ヒラメ(写真)ダルマガレイ、アオリイカ、ボウズコウイカビシャモンエビ()、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、サラサウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシコンガスリウミウシシラユキウミウシニシキウミウシシロハナガサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、アカエラミノウミウシヒブサミノウミウシ()、ミノウミウシ不明種、ヒラムシの仲間など

  ヒラメ

コメント:あいにくのお天気でしたが、海は流れも波もなく本当に穏やかなコンディションでした 1ダイブ目はウミウシ探しをしました ミノウミウシやイロウミウシの仲間がたくさん見られました 2ダイブ目は地形&甲殻類ウォッチをしました 洞窟の中のさまざまな住人と出会うことができました 3ダイブ目はとにかく小物探しです 小物ばかり意識していたら足元に大きなヒラメがいて本当にビックリしました!胸ビレを立てて警戒しているものの静かに近づいたら全く逃げませんでした 大物から小物、そして洞窟と平日貸し切り状態の雲見を楽しんできました ご一緒した方から画像をいっぱい提供してもらったので今日のLOGは生物写真が大充実!!
BY松田

4月15日(日)

 浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:17℃ 透明度:8m

観られた生物:ベニカエルアンコウ)、キビナゴ、ボラ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、キュウセン、スズメダイ、アイゴ、ニザダイ、カワハギ、マダコ、コノハミドリガイアメフラシ、クロヘリアメフラシ、サラサウミウシ)、シロウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、ミカドウミウシ幼体(写真)キャラメルウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシアカエラミノウミウシ)、ツグチガイ、チャイロキヌタなど

  ミカドウミウシ幼体

コメント:前日大荒れだった海も風がおさまりコンディションはすっかり回復しました 潮色も予想以上に良く、中性浮力の講習とじっくりフォト・ダイブをしてきました さすがはウミウシ専門店の異名を持つ?浮島の海、さまざまなウミウシが見られました キャラメルウミウシやミカドウミウシの幼体などちょっと南方系の雰囲気です また、エントリーエリア付近ではたくさんのアメフラシ達の交接、産卵シーンが繰り広げられていました アメフラシ達が恋の季節を楽しんでいるようです
BY松田

4月14日(土)

 田子 白崎bP/白崎bQ/造船所前

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:17℃ 透明度:6〜3m

観られた生物:トビエイ、ホタテウミヘビハナアナゴベニカエルアンコウノコギリヨウジカタクチイワシメバル、セレベスゴチ、クロホシイシモチ(写真)、マダイ、ウミヒゴイ、ウミタナゴ、クロサギ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラyg、アイゴ、ソラスズメダイ、スズメダイ、ニジギンポ、コケギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、イチモンジハゼ、カワハギ、アオリイカ、イソギンチャクモエビオトヒメエビイセエビアズキウミウシハナミドリガイコノハミドリガイヒロウミウシサラサウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサガミリュウグウウミウシミヤコウミウシイガグリウミウシシロハナガサウミウシ、ヒラムシの仲間など

  クロホシイシモチ

コメント:予報通り朝から西風強風 と、いうことで予定通り田子湾内をねちっこく潜って来ました 1ダイブ目は定石どおり白崎の1番ブイ 今シーズンお初のサガミリュウグウウミウシやイロウミウシの仲間をじっくりウォッチ 途中、大きなトビエイがのんびり泳いでいるシーンに遭遇!2ダイブ目は白崎の2番ブイ このエリアは意外なウミウシとう遭遇があるので期待したのですが、今回は特になし アオリイカの群れがすごかったです そして期待の3ダイブ目 先月、ニシキツバメガイをGETしたポイントですが、藻場がなくなりさらに視界不良、、、コンディションはかなりキツかったはずなのにマクロハンターチームは毛穴が詰まりそうな濁り水を満喫したのでした(爆)
BY松田

4月13日(金)

 雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:17℃ 透明度:8m

観られた生物:アカエイ、コケウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオyg、ルリハタ、イシダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポガラスハゼ、アオサハギ、アミメハギ、ビシャモンエビ、ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ(写真)、サラサウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シラユキウミウシ、ウスイロウミウシミゾレウミウシ、ニシキウミウシ、オトメウミウシ、シロハナガサウミウシ、サクラミノウミウシヒブサミノウミウシミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、シュスヅツミ、トラフケボリ、テンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ムラサキウミコチョウ

コメント:日中、南よりの風がやや吹きましたがコンディション的にはなんとかもち、ガッツリ3ダイブしてきました しばらく見失っていたミゾレウミウシとも再会できました 今年の1月28日に初めて目撃してからもうずいぶん経ちますが、ウミウシの寿命っていったいどのくらいなのでしょうかね?機会あるごとにこの個体追い続けたいと思います さらに今日は久しぶりにムラサキウミコチョウを見ることができました!いつ見てもキレイなウミウシですね -24mのアーチには大きなイシダイ、H型の洞窟にはルリハタの姿が見られました 水温も上がりこれからが楽しみですね 明日は午後から西よりの風が吹きそうです 田子湾内をねちっこくやる予定です
BY松田

4月10日(火)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:17〜16℃ 透明度:8m

観られた生物:オオスジイシモチ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、アイゴ、クロサギ、チョウチョウウオ、キュウセン、ソラスズメダイ、ヒメギンポ、クサフグ、サメハダテナガダコ、アメフラシアカエラミノウミウシ(写真)イバラカンザシなど

  アカエラミノウミウシ

コメント:体験ダイビングで浮島ビーチを潜りました お天気、凪とも抜群で気持ちよ〜く潜れました プールはとてもキレイで海もドライスーツなら快適な水温、ストレスなく水中世界を楽しむことができました 浅場のゴロタではアメフラシとその卵塊があちらこちらで見られました また、トップガンホールを抜けるとハタンポの幼魚がグッチャリ群れていてとてもキレイでしたよ!浮遊物は若干あったものの日の光が差し込み、潮色もバッチリでした
BY松田

4月8日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:16℃ 透明度:5m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ベニカエルアンコウ()、ハナタツ()、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、アイゴ、ニザダイ、スズメダイ、オハグロベラ、ブダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポ、イチモンジハゼ、サビハゼ、ハリセンボン(写真)、カワハギ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミシロウミウシアオウミウシ()、コモンウミウシミレニアムマツカサウミウシアカエラミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

  ハリセンボン

コメント:前日よりもさらに温かいまさに春爛漫の雲見でした 本日のフィールド・インプレッションですが、潮色は相変わらず 流れはなく浮遊物が若干多いものの、生物も次第に増えてきました 今回は薄暗い壁を離れ、浅めの日当たりのいい岩肌をじっくり観察しました ミノウミウシの仲間もチラホラ登場 イロウミウシの仲間はあちらこちらで見られます このところ、コモンウミウシの姿を良く見かけます 今シーズンのトレンドなのでしょうか?潜降浮上用のロープ付近ではユニークなハリセンボンと遭遇 しばし戯れました 冬型の気圧配置も緩み、コンディションも安定してきますので、是非遊びにいらして下さい!
BY松田

4月7日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:16℃ 水温:16〜15℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ()、ハナタツホソウミヤッコマツカサウオ()、オニカサゴ、フサカサゴの眼に寄生虫、クロホシイシモチ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、コブダイ、ニジギンポアライソコケギンポイチモンジハゼガラスハゼ()、アオサハギ、アミメハギ、コウイカの仲間、ビシャモンエビアカホシカクレエビ、イセエビ、ナマコマルガザミコトヒメウミウシミツイラメリウミウシシロウミウシコモンウミウシアオウミウシウスイロウミウシセンテンイロウミウシオトメウミウシミレニアムマツカサウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリウミウサギガイの仲間()、ヒラムシの仲間、アカクラゲなど

  ウミウサギガイの仲間

コメント:べた凪、流れなしとフォト・ダイブ日和の雲見でした 春濁りで潮色はギョクロ(玉露)・モードでしたが、ウミウシなどの小さな生物中心のマクロ・モードでしたので潮色はまったく関係ありませんでした(笑) 越冬した大きなクマノミは体色が真っ黒で貫禄十分といった感じでした 安全停止中、アカクラゲが中層をフワフワ浮遊していました 近づいてみるとハナビラウオなのかゥラゲウオなのか良くわかりませんでしたが、触手のまわりにたくさん群れていました クラゲがだんだん増えてくる時期なので、機会があったらじっくり追跡して観察してみたいものです
BY松田

4月2日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:16〜15℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオyg、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イシダイ、メジナ、ウミタナゴ、ブダイ、クマノミ、ガラスハゼ、アオリイカ、コウイカの仲間、ビシャモンエビ(写真)、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ヒトエガイコトヒメウミウシシロウミウシアオウミウシサラサウミウシコモンウミウシフジイロウミウシノウメア・ワリアンスシラユキウミウシオトメウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシサクラミノウミウシミチヨミノウミウシヒブサミノウミウシヒラムシの仲間、ウミウサギガイ不明種、シュスヅツミなど

  ビシャモンエビ

コメント:昨日まで残っていたヨタもおさまり凪の雲見を潜ってきました 透明度、水温とも前日より少しだけUPしました それでも中層ワイド系は厳しいのでマクロ系ダイブをしてきました 1ダイブ目のグンカンでは根頭付近で久し振りにヒトエガイを見ました 最初は大きくて全然気づきませんでした(笑) 2ダイブ目の大牛では1月からずっと見られていたミゾレウミウシがいなくなってしまいました、、、でもコトヒメウミウシやシラユキウミウシ、ビシャモンエビなど小さな生物が充実していましたよ 最後の三競も地形というよりは生物ウォッチ中心ののんびりダイブです 海藻が増え始め、生物が少し見つけづらくなっていますので是非、ガイドリクエストお待ちしています
BY松田

4月1日(日)

田子 白崎bP/弁天島

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:15℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ホソウミヤッコ、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、コロダイ、アイゴ、ニシキハゼ、アミメハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、マダコ、イセエビ、ナマコマルガザミ、ミズヒキガニ、サラサウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシなど

  イガグリウミウシ

コメント:とにかく暖かい、というよりは暑い一日でした 未明に吹き荒れた春の嵐の影響でrクエストの浮島は残念ながらCLOSE と、いうことで小物天国の田子湾内に行ってきました 潮色は依然、芳しくありませんでしたが、その分集中して小物をじっくりとウォッチしてきました 弁天島では水深−22mのスナイソギンチャクのそばで久し振りにミズヒキガニが登場!中層には良型のアオリイカが群れていました 海の中にも確実に春が訪れていますね
BY松田
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED