ダイビングログ2008年4月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

4月30日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:カエルアンコウイロカエルアンコウオオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナタツホソウミヤッコ、イタチウオ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、アライソコケギンポ、アオリイカ、コウイカの仲間、ヒョウモンダコムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ムラサキウミコチョウ、テントウウミウシウデフリツノザヤウミウシ(通称:ピカチュウ)アカネコモンウミシ(写真)、ドーリス科の仲間(通称オセロ)、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシキャラメルウミウシアラリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシver.12)、シロハナガサウミウシ、オトメウミウシ、ヒラムシの仲間ハナガサクラゲなど

  アカネコモンウミウシ

コメント:引き続きまずまずのコンディションです 昨日は水面〜中層と中層〜水底で潮色と水温に差があったのですが、今日はほとんど差がありませんでした フォトダイブ・リクエストで前日とほぼ同じコースをご案内しました カエルアンコウの仲間4種類(本種、ベニ、オオモン、イロ)、ハナタツ、 ピァチュウやイロウミウシの仲間が多数見られました 三競ではキャラメルウミウシやドーリス科の仲間でウミウシ好きの方には通称「オセロ」と呼ばれている比較的珍しいウミウシが複数個体見られました よ 潮色が若干下がっていますので、地形やワイドというよりマクロに装備&眼を切り替えたほうが楽しめると思います 今日の1枚はアカネコモンウミウシです  雲見では比較的珍しいウミウシなのですが、今シーズンはすでに3個体目撃されています 写真映えするキレイなウミウシです しばらく同じ場所にいる習性がありますので是非、リクエストして下さいね
BY松田

4月29日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:20〜16℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:カエルアンコウオオモンカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、マツカサウオygミノカサゴ、マアジ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、ツマグロハタンポ、ヘビギンポ、アライソコケギンポ、ハナハゼ、イチモンジハゼ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビアケウスイボイソバナガニナマコマルガザミテントウウミウシ、アメフラシ、コトヒメウミウシウデフリツノザヤウミウシ(写真)マンリョウウミウシコモンウミウシモンコウミウシセトイロウミウシアオウミウシ(交接シーン)シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシアラリウミウシシロタエイロウミウシ、オトメウミウシ、コガネミノウミウシアオミノウミウシ科の1種、トラフケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:前日の西風もおさまり午前中はいいコンディションに恵まれました 1ダイブ目はウミウシ・リクエスト じっくり撮影して頂きました!セトイロウミウシのペアやシロタエイロウミウシ、コモンウミウシなどのキレイなイロウミウシがたくさん見られました 2ダイブ目はカエルアンコウの仲間やハナタツなど伊豆の人気者やミツカラマツエビ、イボイソバナガニなどムチカラマツを宿主にする甲殻類を観察してきました ラスト3ダイブ目は生物リクエストでピカチュウ(写真)とカエルアンコウ(本種)をガン見してきました(笑) ちょっと水温が下がりましたが潮が安定しないのがこの時期の特徴です ボク的にはロクハンに衣替えはもうちょっと先でしょうか、、、
BY松田

4月28日(月)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:20〜19℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ミノカサゴ(写真)、メバル、セレベスゴチ、マアジ、マダイ、ブダイ、ヘビギンポコケギンポの仲間、カワハギ、コウベダルマガレイ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、チゴミドリガイハナミドリガイスイートジェリーミドリガイ、アメフラシ、イガグリウミウシコモンウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシアラリウミウシベニキヌヅツミテンロクケボリver12)、コダマウサギガイなど

  ミノカサゴ

コメント:あいにくの西風強風でリクエストの浮島がCLOSE、、、 でもご安心下さい 田子という西風に強くっ生物層が豊かな素晴らしいポイントが近所にあります と、いうことで田子湾内でフォト講習ダイブをしてきました 今日の1枚はフォト講習で撮っていただいた写真です 水中デジカメに興味をお持ちの方、是非リクエストしてくださいね!海のコンディションはというと浅場はヨタが入っていましたが、潮色が良く水温も高め いい状態が続いています 明日は東よりの風に変わりますので雲見いっぱい潜ろうキャンペーンを再開します 潮がいいので地形&ワイドも楽しみたいと思います
BY松田

4月27日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:21〜20℃ 透明度:12〜6m

観られた生物:トラウツボ、カエルアンコウオオモンカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオyg(写真)、 クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、コロダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ソラスズメダイアライソコケギンポver.12)、シマウミスズメ、コウイカの仲間、マダコ、ヒョウモンダコ、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、アケウス、ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ、テントウウミウシクロイバラウミウシミアミラウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、ドト・ラケモサ、オトメウミウシ、トラフケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  ハナタツ

コメント:西よりの風が強く吹く予報でしたが、午前中はまずまずのコンディションでした 午後から風が強くなりましたが、牛着岩のインサイドは特に影響なし じっくりフォトダイブを満喫してきました お天気が良く潮色も回復したのでアーチの周辺のキンメモドキやクロホシイシモチの群れなどワイコンを使って下からあおって水面の太陽光など取り込んで撮影してみてはいかがでしょうか 一見、リゾートで潜っている錯覚に陥ってしまうくらい素晴らしいロケーションです さらにマクロ系も非常に充実していてます 今日はニシキウミウシやミアミラウミウシなど大型のイロウミウシの仲間が多く見られました 砂だまりではヤマドリが背ビレを広げディスプレイをするシーンをじっくり観察しました キレイなイロウミウシがたくさん見られますので是非、リクエストをお待ちしています!!
BY松田

4月26日(土)

浮島 ビーチ(ナイトダイビング)

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:21〜20℃ 透明度:-m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、アオヤガラyg、コスジイシモチ、スナダコ、マダコ、フトミゾエビ、コノハガニマルガザミミスガイ(写真)、タツナミガイ、アメフラシ、ヒメハナギンチャク、ウミサボテンなど

  ミスガイ

コメント:夜は雲見から浮島に移動してナイトダイビングを楽しんできました さすが連休とあって夜の浮島ビーチは賑わっていました 夜行性のアナゴの仲間や甲殻類がたくさん見られました リクエストはミミイカだったのですが残念ながら見つけることができませんでした どうもスミマセン、、、(ボクも大好きなので見たかったなぁ〜) ダイビングの終了間際、ミスガイが砂地を移動しているシーンに遭遇しました 浮島ではよく見かけるウミウシなのですが貝を背負い全身フリルのような独特な姿は一度見たら忘れられない美しさです
BY松田

4月26日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:21〜20℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:カエルアンコウオオモンカエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ハナタツ、マツカサウオygテングダイ、イシダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ヘビギンポ、アライソコケギンポ、アオサハギムチカラマツエビアカホシカクレエビイボイソバナガニ、ツノガニ、コノハガニ、ナマコマルガザミテントウウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、フジイロウミウシ(写真)、ハナイロウミウシ、オトメウミウシトラフケボリテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  フジイロウミウシ

コメント:潮色が一夜にして回復しました!お天気も曇りベースの予報でしたが日差しの強い暑い1日になりました 前日までのヨタもとれ、岩肌でじっくりウミウシ・フォトダイブを楽しんできました 久し振り?に-24mのアーチに行ったのですが(笑)、キンメモドキとクロホシイシモチ、ネンブツダイが混泳し今日くらい潮色がいいとワイドもありかな、といった感じです さらにアーチの上にはテングダイが見られました マクロ系はとにかくたくさん見られます 今の時期ですとソフトコーラルにアケウスの姿が良く見られます トサカの仲間に付いていると体色のキイロと背景の赤のコントラストがとてもキレイですョ 今日の1枚はフジイロウミウシ アライウミウsやノウメア・ワリアンス同様、大変美しく写真映えするウミウシですね
BY松田

4月25日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:21〜20℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、カエルアンコウオオモンカエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウver.1234)、ハナタツ、アナハゼ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、マアジ、ツマグロハタンポ、コロダイ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ハナハゼ、コウイカの仲間ムチカラマツエビオトヒメエビ、オルトマンエワラエビ、キイロウミコチョウテントウウミウシミアミラウミウシドーリス科の仲間、コモンウミウシ、セトイロウミウシver.12)、アオウミウシシロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタエイロウミウシフリエリイボウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、オトメウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ハナタツ

コメント:潮色が少し落ちましたが、水温はさらにUP↑ ドライスーツで60分×2ダイブ、潜っていても全く寒さを感じませんでした この大型連休中も前半はまずまずのコンディションに恵まれそうです! 地形があまりにも有名な雲見です透明度が芳しくない時はマクロ系フォトダイブもしくは、生物ウォッチがオススメです ポピュラーなところではハナタツやカエルアンコウの仲間(現在、本種、オオモン、イロ、ベニの4種類)が見られます その他、岩肌にはたくさんのウミウシの仲間 地形に起伏があり暗がりの多い雲見はウミウシの仲間にとってもかっこうの棲家なのでしょう 明日以降、ヨタがおさまってきますので狭い水路でもじっくりウミウシ撮影ができるようになりますヨ
BY松田

4月20日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:20〜19℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボカエルアンコウ噴水孔動画)、オオモンカエルアンコウ(写真)イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.123)、キンギョハナダイオキゴンベツマグロハタンポ(動画)、コウライトラギスコケギンポの仲間アオサハギムスメウシノシタコウイカの仲間ムチカラマツエビオルトマンワラエビアケウスコノハガニ♂、キイロウミコチョウ、ムラサキウミコチョウテントウウミウシアズキウミウシニシキリュウグウウミウシの仲間マンリョウウミウシクモガタウミウシドーリス科の仲間(DORIDIDAE.sp4)、コモンウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シロタエイロウミウシ、マツカサウミウシ属の1種、ミレニアムマツカサウミウシドト・ラケモサハナショウジョウウミウシver.12)、ヒブサミノウミウシスミゾメミノウミウシサクラミノウミウシミノウミウシの仲間、イボベッコウタマガイ、トラフケボリ、サルパの仲間など

  オオモンカエルアンコウyg.

コメント:引き続き素晴らしいコンディションでした!透明度は前日よりさらにUP↑しました ワイド、地形も十分に楽しめるコンディションでしたがマクロ系のフォトダイブリクエストで本日もじっくりネッチリ潜りました(笑) 岩肌のあちらこちらでウミウシの仲間が恋を謳歌し、生命の営みを繰り広げていました ウミウシの産卵シーンに出くわしたらウミウシの卵の形状などもインプットしておくと卵だけを見たときにどんなウミウシの卵が識別するのに役立ちますよ その他、オオモンカエルアンコウなど人気の被写体をじっくり撮影して頂きました “雲見では”珍しい話題のピカチュウは今日も見られたようです このコンディションが,G·W中も続くといいですね
BY松田

4月19日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:20〜19℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:カエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウイタチウオ、クロホシイシモチ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、イチモンジハゼイソハゼの仲間、コウイカの仲間、 ヒョウモンダコ、ムチカラマツエビ、ヒメセミエビオルトマンワラエビナマコマルガザミ、フトトゲイトアシガニ、キイロウミコチョウムラサキウミコチョウモンガラキセワタ、テントウウミウシ、アズキウミウシ、アメフラシ、クロヘリアメフラシ、 ヒロウミウシ、コトヒメウミウシウデフリツノザヤウミウシニシキリュウグウウミウシ属の1種スポンジウミウシマンリョウウミウシミアミラウミウ ミウシドーリス科の仲間(写真)コモンウミウシver.12アカネコモンウミウシセトイロウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウ シ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシver.12)、センテンイロウミウシシラユキウミウシ、サガミイロウミウシver.12)、アラリウミウシver.12)、ノウメア・ワリアンスジュッテンイロウミウシミズタマイボウミウシマツカサウミウシ属の1種ver.12オトメウミウシver.12)、ヒブサミノウミウシ 、サクラミノウミウシver.12ガーベラミノウミウシスミゾメミノウミウシアカエラミノウミウシトラフケボリ、ベニキヌヅツミ 、ヒラムシの仲間など

  ドーリス科の仲間

コメント:昨日の春の嵐が去り、コンディションが劇的に変わりました 水温は20〜19℃、透視度は12〜8mとUP↑ つい最近までの春濁りはどこへやら。黒潮の枝(分流)が駿河湾に入ってきたのでしょうか 魚影の濃さはいうまでもありません。予報がいい方に外れ日中は日差しもあり、アーチに差し込む光がとてもキレイでした フォト派の方の被写体としましてはカエルアンコウの仲間が4種類(本種、イロ、ベニ、オオモン)見られました その他、ハナタツやたくさんのウミウシの仲間が見られました キレイどころではピカチュウやアカネコモンウミウシ、キャラメルウミウシ、キイロウミコチョウなど ウミウシ好きには嬉しいシーズンですね!写真はDORIDIDAE sp.4、和名のないドーリス科の仲間です。雲見では個体数が比較的多く見つけやすいと思います 真っ白なお饅頭みたいでとってもかわいいウミウシですよ!
BY松田

4月16日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:17〜16℃ 透明度:6〜3m

観られた生物:トラウツボカエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウver12)ホソウミヤッコ、イタチウオ、ゴンズイ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、クエ、マツカサウオ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、コロダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、ナカザワイソバナガニ、テントウウミウシ、クロヘリアメフラシ、コトヒメウミウシウデフリツノザヤウミウシニシキリュウグウウミウシ属の1種、サガミリュウグウウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、マンリョウウミウシ、ドーリス科の仲間、アカネコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシ、ノウメア・ワリアンスキャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ、マツカサウミウシ属の1種、コガネマツカサウミウシ、ユビウミウシオトメウミウシホシアカリミノウミウシアカエラミノウミシ(写真)、ヒブサミノウミウシ、スミゾメミノウミウシガーベラミノウミウシサクラミノウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  アカエラミノウミウシ

コメント:春濁りでしょうか、、、 昨日の3ダイブ目に潮が悪きなっていたので気になってはいたのですが。。。 アーチの入口付近にはキンメモドキはテンジクダイの仲間が大きな群れを形成し、クリーニングステーションでは大きなクエが口を開けて気持ち良さそうにお掃除されていましたが、いかんせんこの透明度です あまり無理して泳がずじっくり小物ウォッチするほうが断然楽しめます まだサイズが小さめですが、ウミウシのバリエーションが豊富です なんといってもピカチュウっ!本日も見られました 他にもいると交接→産卵→増殖!という嬉しいパターンになるのですが カエルアンコウの仲間は本種、イロ、ベニと3種類確認しました
BY松田

4月15日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ→曇り 気温:19℃ 水温:16〜15℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:カエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、クロホシイシモチ、イシダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ヒョウモンダコ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、ニシキツバメガイ、キイロウミコチョウアズキウミウシテントウウミウシヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ネズミウミウシゴマフビロードウミウシ、マンリョウウミウシ、ソバカスウミウシドーリス科の仲間ver.12)、モンコウミウシコモンウミウシアカネコモンウミウシ、サラサウミウシ、シロタエイロウミウシアオウミウシヘリシロイロウミウシ(写真)ウスイロウミウシセンテンイロウミウシクリヤイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンス、シラユキウミウシ、サガミイロウミウシ、キイロイボウミウシマツカサウミウシ属の1種、ドト・ラケモサ、オトメウミウシ、ムカデミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アカエラミノウミウシサクラミノウミウシヒブサミノウミウシツツイシミノウミウシ、トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  ヘリシロイロウミウシ

コメント:先週の爆弾低気圧の通過に伴い、濁りがなくなり潮色が上昇したのですが今日になって潮色が若干落ちてきました 浮遊物は多いものの午前中はまずまずの潮色でしたが、午後に入ると少し濁ってきました ワイド&地形フォトはちょっぴり厳しいですが接写なら全く問題ありません と、いうことでウミウシ・フォト・リクエストでガッツリ3ダイブしてきました! 1ダイブ目の牛着岩ではニシキツバメガイやキイロウミコチョウなどの頭楯目、アカネコモンウミウシやシロタエイロウミウシなどのイロウミウシの仲間をじっくりウォッチ お天気も良く洞窟に差し込む光がキレイでした 2ダイブ目はグンカンから入り、カエルアンコウの仲間をじっくり観察 最後の三競はウミウシ三昧のフォト・ダイブでした 平日60分×3本、満腹ダイブを楽しんできましたよ〜!
BY松田

4月13日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:18℃ 水温:17〜15℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、ハオコゼ、イソカサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、イスズミ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビニシキツバメガイキイロウミコチョウアズキウミウシ、コトヒメウミウシ、イバラウミウシ属の1種エビスウミウシウデフリツノザヤウミウシ(写真)マンリョウウミウシモンコウミウシコモンウミウシアカネコモンウミウシシロウミウシサラサウミウシシロタエイロウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、クリヤイロウミウシマツカサウミウシ属の1種ver.12)、ドト・ラケモサオトメウミウシスミゾメミノウミウシツツイシミノウミウシヒブサミノウミウシサクラミノウミウシなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:東よりの風で、今日も引き続き穏やかな海況でした 浮遊物こそ若干見られますが潮色が上向き12mくらいの透視度があります 水温も17℃と上昇し、寒さ知らずのとても潜りやすいコンディションでした 今日のヒットはなんといってもピカチュウことウデフリツノザヤウミウシでしょう ウチでもよく潜る田子の白崎や弁天島といったポイントではポピュラーなウミウシですが、潮通しの良い雲見では珍しいのではないでしょうか?雲見を潜って十ン年、少なくともボク自身は初めて見ました!その他、彩り豊かなニシキツバメガイやツツイシミノウミウシ(初めて見ました)、今シーズン2個体目のアカネコモンウミウシ(幼体)などたくさんのウミウシが登場 またハネガヤの仲間にはマツカサウミウシの仲間が産卵、増殖中です 撮影時する時は ハネガヤ類の刺胞にご注意下さいね
BY松田

4月11日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:18℃ 水温:16〜15℃ 透明度:10m

観られた生物:ダイナンウミヘビ、カエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオ、ハオコゼ、クロホシイシモチ、イシダイ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、コケギンポの仲間ver.12)、ハコフグ、コウイカの仲間ムチカラマツエビナマコマルガザミ、アシブトイトアシガニ、ニシキツバメガイ(写真)、クロヘリアメフラシ、ドーリス科の仲間(DORIDIDAE sp4)、モンコウミウシ、コモンウミウシシロウミウシサラサウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシアラリウミウシver.12)、ノウメア・ワリアンスユビウミウシマツカサウミウシ属の1種オトメウミウシマドレラ・フェルギノーサヒブサミノウミウシアカエラミノウミウシトラフケボリ、ハツユキダカラ、タルダカラなど

  ニシキツバメガイ

コメント:前日の雨も上がりいいお天気になりました 平日、雲見貸切3ダイブしてきました!潮色は予想に反してちょっと上向きました(喜) リクエストのウミウシもじっくりガッチリ撮影して頂きました シロウミウシやサラサウミウシなどは大きな個体が見られますが、他のイロウミウシの仲間は比較的小ぶりでとてもかわいいですね 今日のヒットはなんといってもニシキツバメガイですね 昨シーズンは田子で3月と秋口に数個体を目撃しましたが、雲見ではなんと2005年11月以来でした、、、 色彩が特に鮮やかな個体だったので本当にキレイですよ〜 嬉しかったですねぇ その他、洞窟付近にはテンジクダイの仲間、ハタンポなどがぐっちゃり群れています いつ潜っても雲見の海は被写体には困りませんね
BY松田

4月9日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:18℃ 水温:16〜15℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、イソカサゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ(写真)アライソコケギンポver.12)、アカホシカクレエビクロヘリアメフラシ、アメフラシ、モンコウミウシ、コモンウミウシコールマンウミウシシロウミウシサラサウミウシシロタエイロウミウシアオウミウシver.12)、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシノウメア・ワリアンスオトメウミウシオオウミシダトウマキクリムシなど

  ヒメギンポ

コメント:前日の春の嵐が過ぎ、暖かな春らしい陽気になりました 昨日は河川からの濁流が沿岸に流れ込み、かなり濁っていたものの今日はすっかり回復していました 今日はデジタルU/Wフォトグラファーの講習とフォト・ガイドで雲見を潜ってきました たくさんの生物を撮影するというより、的を絞ってひとつの被写体をじっくり撮影して頂きました ストロボの設定やカメラ本体の設定をアジャストしながら機材が手に馴染むまで心置きなく撮影してきました フォトジェニックな生物が溢れんばかりの春の雲見、是非遊びにいらして下さいね ゴールデンウィークもまだまだ空きがあります
BY松田

4月6日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:16〜15℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:カエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオyg、ハオコゼイソカサゴ、マダイ、イシダイ、 ウミスズメ、キタマクラ、アオリイカ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミキイロウミコチョウアズキウミウシ、テントウウミウシ、ネズミウミウシドーリス科の仲間ボンボリイロウミウシモンコウミウシコモンウミウシコールマンウミウシシロウミウシver12)、サラサウミウシシロタエイロウミウシ、アオウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトア(写真)、 ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、シラユキウミウシノウメア・ワリアンス、フリエリイボウミウシ、オトメウミウシマツカサウミウシ属の1種ヒラムシの仲間など

  ヒュプセロドーリス・クラカトア

コメント:ここに来て若干、潮色が落ちてきました 春濁りの始まりでしょうか? こういうコンディションの時こそじっくりウミウシ・ダイブが満喫できます と、いうことでエリアを絞ってウミウシ一本勝負をしました 一昨日に続き本日もヒュプセロドーリス・クラカトアが見られました ほんとキレイなウミウシですね〜 大潮でしたが流れはほとんどなく春の海をまったりのんびり潜ってきました アントクメがかなり成長してきましたのでもう少しするとスナビクニンが登場するかもしれませんね あまり泳ぎまわらずじっくり小さな生物をご紹介いたしますので是非、リクエストをお待ちしています
BY松田

4月4日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:16〜15℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウver.123)、コクチフサカサゴ、メバル、セレベスゴチ、マダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、アイゴ、ニザダイ、コウライトラギス、ウバウオ、ヒメギンポコケギンポの仲間ver.12)、イソハゼの仲間、イチモンジハゼ、ベンケイハゼ、コウイカの仲間アカホシカクレエビアケウス(写真)、コマチガニ、ナマコマルガザミ、クロヘリアメフラシアメフラシサガミリュウグウウミウシマンリョウウミウシニシキウミウシボンボリイロウミウシモンコウミウシコモンウミウシコールマンウミウシシロウミウシサラサウミウシシロタエイロウミウシアオウミウシヒュプセロドーリス・クラカトアウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、ジュッテンイロウミウシ、ミズタマイボウミウシマツカサウミウシ属の1種ver.12)、オトメウミウシ、マドレラ・フェルギノーサ、サクラミノウミウシオショロミノウミウシ属の仲間(Cuthona sp)オオウミシダトウマキクリムシテンロクケボリなど

  アケウス

コメント:この間、新年も迎えたと思ったら早いものでもう新年度がスタートしましたね 西伊豆の桜も今が見頃です 今日の雲見は午前中は凪の予報 潮色もまずまずでこの時期にしては素晴らしいコンディションでした(ちなみに昨年の今頃の透視度は5m) 潮色が安定しなくなるこれからのコンディションに向けて、ウミウシ情報を収集してきました やりました〜っ、1月に続きなんとヒュプセロドーリス・クラカトアをGET!いつ見てもキレイなウミウシです それなりの器材でじっくり撮りたいウミウシです その他、珍しいところではボンボリイロウミウシが見られました いかんせん個体が小さく、触角が白に近いほんのり薄青色でした 海の中もすっかり春 季節柄、サクラミノウミウシがあちらこちらで見られました
BY松田
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED