ダイビングログ2009年4月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

4月30日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:20.1℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、イタチウオ 、クロホシイシモチ、コロダイ、クマノミ、キンメモドキ、 ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュの仲間、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニ、ナマコマルガザミ、ミスガイ、モンガラキセワタ、ムラサキウミコチョウ、サガミコネコウミウシ、コトヒメウミウシ、センヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシ(写真)コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、 サラサウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、キベリシロウミウシ、 バライロマツカサウミウシ、アカエラミノウミウシガーベラミノウミウシサクラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ、コダマウサギガイ、テンロクケボリなど

  ニシキウミウシ幼体

コメント:早いもので4月ももう今日で終わりです 嬉しいことに水温がついに20℃を超えました 潮色は午前中はまずまずなのでrすが、午後になると少しづつ落ちてきます ロケーションや魚群などワイドな感じを楽しむのなら1ダイブ目がオススメです 午後はまったりウミウシや甲殻類などマクロ系を満喫しましょう! 1ダイブ目は大牛洞窟前でウミウシ三昧のダイブ とっても小さくてキレイなニシキウミウシの幼体をGET ヒドロ虫ではガーベラミノウミウシの幼体も見られましたよ〜 2ダイブ目は裏からエントリーしてー24mのアーチと小牛周辺を潜りました エキジットエリアのブイ付近でジョーフィッシュをじっくり観察しました それにしてもシャイなヤツなのでアプローチは慎重に、、、 3ダイブ目はまたまた大牛洞窟前でウミウシ三昧のダイブでした! 明日から5月です 海況がさらに上向いてくるといいですねぇ

4月29日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:19.3℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、イタチウオ、マツカサウオ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチサクラテンジクダイ、 イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、キンメモドキ、 ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ジョーフィッシュの仲間、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ホシハゼ、ハコフグ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、 イセエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニ、イソカイカムリの仲間、 ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシゴマフビロードウミウシ、 マンリョウウミウシ、ニシキウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シラユキウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシ(写真)キベリシロウミウシキイロイボウミウシ、コイボウミウシ、バライロマツカサウミウシ、マツカサウミウシ属の一種、ハナショウジョウウミウシ、アカエラミノウミウシ、ガーベラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、アオミノウミウシ科の一種スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、コダマウサギガイ、テンロクケボリ 、ヒラムシの仲間など

  ヘリシロイロウミウシ

コメント:ゴールデンウィーク前半戦、本日も「雲見いっぱい潜ろうキャンペーン」で3ダイブしてきました! 1ダイブ目はご一緒した方が雲見デビューとのこともありベタにー24mのアーチを潜りました アーチ前にはキンメモドキが大きな群れ サガミリュウグウウミウシのペアやニシキウミウシなどの大型のウミウシが登場 H型のアーチのカヤの仲間にはバライロマツカサウミウシとその卵塊がたくさん付いています 2ダイブ目は小牛周辺を潜りました 小牛の洞窟ではイタチウオやイセエビ、オオスジイシモチなどが見られました もうひと月もするとテンジクダイの仲間の先頭を切って港内保育が始まることでしょう ジョーフィッシュの仲間はなんと2個体見られましたよ! 3ダイブ目は大牛洞窟 ウミウシの仲間が爆発的に増えていました 今日の1枚はヘリシロイロウミウシ 3ダイブ目に見られました

4月28日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:17.4℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、イタチウオ、キビナゴ、イソカサゴ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、イシダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ジョーフィッシュの仲間、ヤマドリ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、イソカイカムリの仲間、イソコンペイトウガニ、ノコギリガニ、ナマコマルガザミムラサキウミコチョウ(写真)、マンリョウウミウシ、ニシキウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシキベリシロウミウシキイロイボウミウシユビウミウシ、バライロマツカサウミウシ、サクラミノウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、サチコツグチなど

  ムラサキウミコチョウ

コメント:前線の通過に伴い26〜27日は大荒れCLOSE、、、 3日ぶりのダイビングになりました 多少、ヨタが残っていたものの荒れた割にはコンディションはまずまずでした 1ダイブ目は大牛洞窟から−16mのアーチ方面へ このエリアのウミウシ密度の濃さはハンパじゃありません! 実にたくさんのウミウシの仲間が観られました〜 2ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして小牛をまわりました これといった発見はありませんでしたがレギュラーメンバーが登場し、ダイバーを楽しませてくれました 今日の1枚は大牛洞窟付近のムラサキウミコチョウの幼体です 5mm程度の個体で、ちょっと撮影しづらいサイズですが、実はもっと×2倍小さい個体もいるんです マニアの方、リクエストして下さいね〜(笑)

4月25日(土)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:12℃ 水温:18.4℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、イタチウオ、キビナゴ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、 ネンブツダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュの仲間、ヒメギンポ、コクテンベンケイハゼアカホシカクレエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニ、イソカイカムリの仲間、モンガラキセワタコトヒメウミウシ(写真)キャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、バライロマツカサウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシ、サクラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、サチコツグチ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

  コトヒメウミウシ

コメント:前線の接近に伴い、グズついた肌寒い1日になりました でも海の中はとってもHOTでしたよ〜!(水温もここに来てUP) 1ダイブ目は−24mのアーチへ 午前中は潮色も良く、アーチの周辺にグッチャリかたまっているキンメモドキの群れを堪能しました 帰り道、水路の壁でウミウシ・ウォッチ&フォト カヤ類にはマツカサウミウシの仲間が大繁殖していました 2ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして−24mのアーチ&小牛を潜りました 小牛の洞窟ではイタチウオやイセエビ、小牛の岩肌ではベニカエルアンコウやたくさんのウミウシの仲間が見られました 今日の1枚はコトヒメウミウシです 雲見では3種類のバージョンが見られますがデザインがかなり違うので同じ種類とは思えないのですがどんなもんなんでしょう? ちなみに写真のタイプは勝手にタイプCと呼んでいます

4月24日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:18℃ 水温:16.6℃ 透明度:8〜3m

観られた生物:ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、クロホシイシモチ、オキゴンベ、ミギマキ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュの仲間、 ヒメギンポ、トウシマコケギンポコケギンポの仲間コクテンベンケイハゼ、シャコの仲間、オルトマンワラエビ、スイートジェリーミドリガイクロヘリアメフラシヒロウミウシ(写真)コトヒメウミウシニシキウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシキイロイボウミウシバライロマツカサウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシサクラミノウミウシホソテンロクケボリトラフケボリベニキヌヅツミなど

  ヒロウミウシ

コメント:引き続きスタッフ・トレーニングです コンディションは残念ながら水温、透明度ともに下がってしまいました、、、 でもコース取りを覚えるスタッフ・トレーニングにはかえって良かったかもしれません ブイ→水路→-24mのアーチ→水路→ブイの反復です  潜水時間を長めに取って水路の壁で生物(ウミウシ)情報の収集もしました  オセロウミウシやシラユキウミウシ、サクラミノウミウシなどが見られました H型のアーチや−24mのアーチ付近ではキンメモドキがグッチャリ塊りになっていて見応えがありますよ! 本日は3ダイブしたのですが午後からかなり濁った潮が入ってきました アントクメなどの海藻が成長してきていかにも春の海といった感じです

4月23日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:18.8℃ 透明度:10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウver.12)、クロホシイシモチ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュの仲間動画)、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、テントウウミウシ、アマクサアメフラシ、コトヒメウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、バライロマツカサウミウシ(写真)マツカサウミウシ属の一種、オトメウミウシ、サクラミノウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  バライロマツカサウミウシ

コメント:コースガイドのトレーニングダイブで牛着岩を2ダイブしました ここに来てようやく水温が上がり、例年並みになりました!気温、水温とも温かいのでドライスーツで快適なダイビングでした ひたすらブイ→水路→-24mのアーチ→水路→ブイのルーティン ウチではリピーターの方にはまずご案内しないコースなのですが一応、基本コースです 潮色もまずまずでしたので地形も確認しやすかったと思います そして観られた生物ですが、カヤ類にマツカサウミウシの仲間がたくさん観られるようになりました 卵塊が付いていますので繁殖のシーズンなのでしょう その他、サクラミノウミウシなどが観られました このまま水温が上がってゴールデンウィークに突入できるといいですね〜

4月18日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:17℃ 水温:14.4℃ 透明度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.1234動画)、ハナタツ、キビナゴ、 キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ動画)、 ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、イチモンジハゼ、アオサハギ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、オルトマンワラエビ、アケウス、ムラサキウミコチョウテントウウミウシカリヤウミウシ(写真)コトヒメウミウシシロイバラウミウシムツイバラウミウシミツイラメリウミウシサガミリュウグウウミウシ動画)、マンリョウウミウシニシキウミウシ(極小幼体)シロタエイロウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシアラリウミウシキベリシロウミウシ、バライロマツカサウミウシ、マツカサウミウシ属の一種オトメウミウシセスジミノウミウシver.123アカエラミノウミウシサクラミノウミウシヒブサミノウミウシver.12)、フタスジミノウミウシネアカミノウミウシセトミノウミウシアオミノウミウシ科の一種トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、サチコツグチコダマウサギガイ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  カリヤウミウシ

コメント:天気、凪、そして潮色も回復しこの時期にしては申し分のないコンディションに恵まれました! ですが〜、そんな青い潮には背を向けて本日もウミウシ三昧の雲見を満喫してきました(嬉) 魚、甲殻類は完全にターゲットから外してとにかくウミウシONLY! いや〜、ヤバいくらい本日もたくさんの海の宝石たちとの出逢いがありました ボク自身初めて観るウミウシが2種類も観られました まず、ひとつは見出し写真のカリヤウミウシ 10mmくらいはありましたのでカメラにバッチリおさめられました〜(喜) あともうひとつはアカネミノウミウシです 観てみたいウミウシのひとつでしたが、実物を目にしたときコイツとは全く気付かず、さらにサイズが小さかったのとエキジット時間が迫っていたためテキト〜に撮影してしまいました・・・(涙) 今度、出逢ったらじっくり粘ってみたいものです

4月13日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:15.0℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、イシダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ジョーフィッシュヒメギンポコケギンポの仲間、アオサハギ、アオリイカ(写真)、マダコ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、 オルトマンワラエビ、アケウスイソコンペイトウガニナマコマルガザミ、クロモウミウシ、テントウウミウシクロヘリアメフラシサガミコネコウミウシコトヒメウミウシマンリョウウミウシイガグリウミウシシロタエイロウミウシオセロウミウシver.12)、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシアラリウミウシフジイロウミウシノウメア・ワリアンスキベリシロウミウシキイロイボウミウシミルクオトメウミウシオトメウミウシ、サクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシフタスジミノウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミガイ、サチコツグチコダマウサギガイ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  アオリイカの捕食シーン

コメント:かる〜くヨタが入っていたもののまずまずのコンディションでした 前日、温かく濁った潮が入ってきた為、潮色が心配されましたがどうやら落ち着いたようで透視度が少し下がったもののそこそこ見えていました 1ダイブ目はジョーフィッシュ・リクエストで砂地へ とってもシャイなので観察&撮影するには慎重なアプローチが必要です 引っ込んでしまったらしばらくその場から離れて帰りにまた寄ると顔を出しています 2ダイブ目は深場の生物探しをしにナイトロックスを背負ってヒラ根〜トビ根エリアへ行きました お目当ての生物は見つけられませんでしたが、今後も根気強く探していきたいと思います 3ダイブ目は久し振りに三競3番へ 久し振り過ぎて今ひとつウミウシを見つけきれませんでした、、、(反省) 水温、気温とも上がってきましたので50〜60分、フォトダイブ3本も寒くないですよ(もちろん、それなりの装備で!)

4月12日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:16.0℃ 透明度:12→3m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツver.12動画)、 キビナゴ、クロホシイシモチ、ジョーフィッシュ動画)、マダイ動画)、 メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、スズメダイ、マトウダイ動画)、 ニザダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、 カワハギ、ヒラメ動画)、ハコフグ、キタマクラ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、ナカザワイソバナガニイソカイカムリの仲間アシブトイトアシガニ動画)、クロヘリアメフラシクロモウミウシテントウウミウシヒロウミウシコトヒメウミウシムツイバラウミウシゴマフビロードウミウシニシキウミウシミヤコウミウシオセロウミウシキャラメルウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシアラリウミウシセンテンイロウミウシバライロマツカサウミウシ(写真)マツカサウミウシ属の一種オトメウミウシセスジミノウミウシサクラミノウミウシアカエラミノウミウシヒブサミノウミウシフタスジミノウミウシツノワミノウミウシサチコツグチ、トラフケボリなど

  バライロマツカサウミウシ

コメント:今週はホント、いい凪になりました〜! もちろん、本日もフォト・ダイブです 1ダイブ目はブイからエントリーしてジョーフィッシュへ一直線 今まであまり活性が上がっていなかったせいか日曜日の今日もノーマーク 貸切で観察&撮影をしました 巣穴に引っ込んだ後、ウミウシの鉄板ポイントの水路の壁へ ウミウシをザクザク撮影してきました 2ダイブ目は裏からエントリーして小牛を一周 ハナタツ2個体、ベニカエルアンコウが3個体見られました 中層にはキビナゴの群れ、水底にはマトウダイがいました 最後、安全停止中に大型のマダイが登場 ただ、浅場に温かくん濁った潮が入ってきているのが気になりました そして3ダイブ目は三競へ 案の定、午前中は12m以上あった透視度が3mくらいまで落ちてしまいました でも、マクロ狙いなら透視度より水温が高いほうが快適ですよね? ボク自身、潮色が悪いほうがガイド魂が燃えちゃったりしますし

4月11日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:15.4℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ダイナンウミヘビ、ベニカエルアンコウミノカサゴ動画)、キビナゴ、キンギョハナダイ、ジョーフィッシュ(写真)、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ 、アイゴ、ブダイ、スズメダイ、ニザダイ、ヤマドリ、コケギンポの仲間、 イチモンジハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、マダコ、アケウス、モクズショイ、モンガラキセワタテントウウミウシクロヘリアメフラシムツイバラウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシ、マンリョウウミウシ、コモンウミウシアオウミウシシロウミウシ、ウスイロウミウシ、セスジミノウミウシアカエラミノウミウシサクラミノウミウシフタスジミノウミウシヒブサミノウミウシホソテンロクケボリトラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  ジョーフィッシュ

コメント:引き続きいいコンディションが続いています! 浮遊物が若干、増えたものの潮色はバッチリ、水温もいい感じで上がってきました 1ダイブ目は今年になって初めてグンカンを潜りました 今月あたまにミズタマウミウシの目撃情報がありましたのでダメ元で入りました 動くウミウシなので予想通り見つかりませんでしたが(笑) 久し振りに入ったグンカンは日差しが水底の砂地まで差し込みキレイでしたね〜 2ダイブ目は雲見第4のウミウシ・ポイントへ ここでは久し振りにウミウシ探しをしましたがポイントが荒れていないのでウミウシの仲間がザクザク見つかりました!帰りはブイで上がったのですが、 いつもはシャイでなかなかじっくり観察ができないジョーフィッシュ幼魚の撮影に初めて成功しました カエルアマダイなのかニラミアマダイなのかそれとも他のアゴアマダイの仲間なのか、、、 なんなんでしょう、コイツ?

4月10日(金)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:15.4℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ動画)、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、メジナ、ミギマキ、キンメモドキ動画)、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ヤマドリヒメギンポコケギンポの仲間、 イソハゼの仲間、ヨソギ、カワハギ、マダコ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、アケウスイソカイカムリの一種ナカザワイソバナガニイソコンペイトウガニ、コノハガニ、ナマコマルガザミマルガザミテントウウミウシ、アズキウミウシ、アメフラシ、アマクサアメフラシ、クロヘリアメフラシムツイバラウミウシ、ヒロウミウシ、ゴマフビロードウミウシ動画マンリョウウミウシ動画)、シロタエイロウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシアラリウミウシキベリシロウミウシ、コイボウミウシ、ミズタマイボウミウシアカエラミノウミウシ、フジエラミノウミウシ、サクラミノウミウシフタスジミノウミウシフトガヤミノウミウシヒブサミノウミウシアオミノウミウシ科の一種ホソテンロクケボリコダマウサギガイサチコツグチトラフケボリベニキヌヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  ゴマフビロードウミウシ

コメント:お天気、凪とも4月上旬にしては最高の状態だったのではないでしょうか? 気温はなんと27℃の夏日 水温もついに15℃台までUP! さらに水面水温はもっと温かかったですね 若干、浮遊物があったものの潮色はよく透視度で12mくらい見えていましたよ 1ダイブ目はウチ的には雲見3大ウミウシ・ポイントのひとつ大牛洞窟前からエントリー フトガヤミノ、アカエラミノ、サクラミノ、フタスジミノなどたくさんのミノウミウシの仲間が登場 2ダイブ目は小牛洞窟前から小牛を一周 ハナタツやカエルアンコウ、エビ、カニ他、キンメモドキの群れにまみれて来ました 潮がいいのでとっても気持ちよかったですよ 3ダイブ目はキイロウミコチョウ&ダンゴウオ探しでオオ根へ ターゲットは見つかりませんでしたが、浅場で色々な発見がありました オオ根はじっくり精査する必要がありそうです!

4月8日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:14.9℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ動画)、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ブダイ、クマノミ動画)、スズメダイ、ニザダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ホシノハゼ、アオサハギ、ウミスズメ、 マダコ、ヒョウモンダコ動画)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、コシオリエビの仲間ナカザワイソバナガニイソコンペイトウガニ動画)、イソカイカムリの仲間ナマコマルガザミ、ジンガサヒトエガイ、クロヘリアメフラシサガミコネコウミウシヒロウミウシコトヒメウミウシミツイラメリウミウシマンリョウウミウシ動画)、ミヤコウミウシオセロウミウシシロタエイロウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシキイロイボウミウシミズタマイボウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシセスジミノウミウシver.12)、アカエラミノウミウシver.12)、サクラミノウミウシフトガヤミノウミウシスミゾメミノウミウシベニキヌヅツミガイトラフケボリサチコツグチコダマウサゴガイテンロクケボリなど

  イソコンペイトウガニ

コメント:お天気、海況に恵まれました ここに来て潮色、水温とも上昇しました! 1ダイブ目は大牛の沖合いを潜りました 本日もたくさんのウミウシの仲間が見られました ヒドロ虫やカヤ類にはサクラミノウミウシやアカエラミノウミウシ、フトガヤミノウミウシなどのミノウミウシの仲間やマツカサウミウシの仲間が多数見られました 洞窟の入り口や中ではクロホシイシモチやハタンポ、キンメモドキなど魚影が非常に濃いです! 2ダイブ目は水路から小牛周辺を潜りました カイメンの際をチェックするとベニカエルアンコウがいました 隠蔽色で周囲にうまく溶け込んでいて見つけづらい個体でした 胸ビレや眼に気づくと擬態を見破れます 注意して探して見ましょう 見つかるととても楽しいですよ〜

4月5日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:14.7℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、マツカサウオ、カサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、アイゴ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、アオサハギ、シマウミスズメ、 マダコ、アカホシカクレエビオルトマンワラエビナカザワイソバナガニイソカイカムリの仲間ナマコマルガザミ、テントウウミウシ、コトヒメウミウシ、ミヤコウミウシ、オセロウミウシアオウミウシ(写真)、シロウミウシ、サラサウミウシ、シロウサギウミウシ、シラユキウミウシセンテンイロウミウシキイロイボウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシアカエラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ベニキヌヅツミガイサチコツグチなど

  アオウミウシ

コメント:PADIデジタルU/Wフォトグラファー・コースを開催しました 牛着岩の水路の壁で、あまり動かないウミウシの仲間を撮影 じっくりフォトの練習をしました 講習とはいえ水路の壁といえばウミウシの鉄板ポイント 様々な種類のウミウシが登場しました 最近のボクのマイブームなんですが、小牛の岩肌にはイソカイカムリの仲間をよく見かけます カイメンを背負ってうまく擬態しています 機会がありましたら是非、探してみてください とってもユニークな姿をしていますよ 牛着岩の手前の砂地で初めてジョーフィッシュの幼魚が見られました 情報としてはずいぶん前から聞いていたのですが、いかんせん縁がなく巣穴を覗いても一度も見られた試しがありませんでした、、、 見られたといってもほんの一瞬でしたが、、、

4月2日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:13.7℃ 透明度:8m

観られた生物:クエ(動画)、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ブダイ、クマノミ、ヒメギンポver.12)、コケギンポの仲間ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミテントウウミウシコトヒメウミウシヒロウミウシニンジンヒカリウミウシ(写真)ツルガウミウシオセロウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、キベリシロウミウシキイロイボウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシサクラミノウミウシアカエラミノウミウシフジエラミノウミウシヒブサミノウミウシ、アオミノウミウシ科の一種、スミゾメミノウミウシベニキヌヅツミサチコツグチ、コダマウサギガイなど

  ニンジンヒカリウミウシ

コメント: フォトダイブで大牛の沖合いと牛着岩の水路を潜りました 1ダイブ目の大牛ではミノウミウシの仲間やイソコンペイトウガニ、ナマコマルガザミなどの甲殻類をじっくり観察&撮影しました このエリアもウミウシ密度が非常に濃くなってきました 2ダイブ目は牛着岩の水路の壁を潜りました 週末はダイバーで賑わう(通り道として使っているようです)ため、このエリアにはなかなかとどまれないのですが、さすがにこの時期の平日は貸しきり状態のため、何でも有りのスタイルで雲見を満喫できます 三角穴よりの岩肌で久し振りにニンジンヒカリウミウシに遭遇しました 発光するウミウシらしいね 機会があったら是非、見てみたいものです その他、とてもキレイな模様のマツカサウミウシの仲間が見られました!

4月1日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:16℃ 水温:13.6℃ 透明度:10m

観られた生物:オオモンカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ヒメギンポヒョウモンダコムチカラマツエビアカホシカクレエビ動画)、オルトマンワラエビ、アケウス、ナカザワイソバナガニ、イソコンペイトウガニイソカイカムリの仲間ver.12)、スイートジェリーミドリガイアオボシミドリガイクロヘリアメフラシヒロウミウシver.12)、シロイバラウミウシテントウウミウシマンリョウウミウシシロタエイロウミウシver.12)、コモンウミウシアオウミウシシロウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシオトメウミウシセスジミノウミウシサクラミノウミウシアカエラミノウミウシヒブサミノウミウシアオミノウミウシ科の一種、 ツノワミノウミウシトラフケボリベニキヌヅツミガイサチコツグチなど

  オオモンカエルアンコウ

コメント: 早いもので今日から4月です 例年に比べると水温が2〜3℃低くいようです ゴールデンウィークくらいまでには17〜18℃くらいまで上昇してくれるといいのですが、、、 でも、気温が高くなったので水温ほど寒さを感じません 数年前に雲見でダンゴウオやスナビクニンが登場したときのコンディションに似ているような気がします と、いうことは久し振りにダンゴウオが登場!?なんてこともあるかもしれませんね 本日の海の方はというと、大牛の沖側ではオオモンカエルアンコウの幼魚が登場 ワタトリカイメンもしくはオオパンカイメンに似た体色をしていますが、カエルアンコウの仲間は周囲の色に体色を合わせますので一個体をずっと追跡していくのも面白いですよ コンディションが上向いてくれることを期待しましょう!
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED