DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2003年5月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

5月31日(土)

田子 弁天島/白崎

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:22℃ 透明度:8m
観られた生物ヒラタエイ、ホソウミヤッコ、イシヨウジ、ダルマガレイ、ハナアナゴ、ミノカサゴ、スズメダイ、クマノミ、マダイ、コロダイ、ブダイ、ハナハゼ、アオリイカ、ニセイガグリウミウシ、イガグリウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、サラサエビ、オトヒメエビ、ゼブラガニなど

 ヒメイソギンチャクエビ

コメント:今日は台風の近づく中、潜ってきました 風が強く水面は荒れていましたが、水中はウネリも無く透明度もまずまずでした ネジリンボウは残念ながら観られませんでしたが、甲殻類やウミウシの仲間をゆっくりウォッチしてきました イシヨウジは卵を抱えていたようで、その姿はまるでツチノコのようでした(笑) 田子の湾内は台風が直撃しない限りダイビングが楽しめるスーパーポイントです!
BYカズ

5月29日(木)

雲見 沖の根/牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10m
観られた生物ワラサ群れトビエイ×2、コロダイ、テングダイ・ペア、ハナタツ×2イロイザリウオ(黄)イロイザリウオ(橙)、ウメイロ、アオブダイ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ツノダシ、アオウウミウシ、ビシャモンエビ、モクズショイ、サンゴガニ、イセエビ、など

 ハナタツ

コメント:5月に開いたばかりの沖の根に今シーズン始めて入りました さすが大潮の沖の根、昨日の神子元よりビンビンに流れていました 狙いはもちろんトビエイの大編隊!が、水温がまだ少し低く、−32mのタナで根待ちするも、単体しかまわって来ませんでした が、ダイビングの後半にはワラサの大群が登場し、会心の1本となりました 大潮の沖の根にトビエイや回遊魚狙いで是非チャレンジしてみませんか??上級者の方も思わず唸る1本となることでしょう!2本目は牛着岩で定番のイザリー、タツをの〜んびりウォッチしました
BY松田

5月28日(水)

神子元島 江ノ口/白根/カメ根

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:22℃ 透明度:10m
観られた生物カンパチ群れワラサ、アオブダイ、モロコ、ハマフエフキ、マダイ、イサキ、タカベ、ウメイロ、テングダイ、トビエイなど

 カンパチ

コメント:素晴しいお天気、海況に恵まれ平日3ダイブ神子元を潜り倒しました 1本目は江ノ口で軽くウォーミングアップ 2本目からトップ・ギアで攻めました 白根ではワラサや1.5mはあろうかという丸太ン棒のようなカンパチ、トビエイ、3本目はちょっと小ぶりですが(写真)カンパチの群れが排気の泡に集まってゆ〜っくりボク等のまわりを廻ってくれました 午後の3本目は丘側から汚い潮が沖に入り込んできて透明度は落ちましたが、程よいカレントで気持ちよ〜くドリフト出来ました 水温的にも今シーズンはそろそろ・・・という予感ビンビンの1日でした
BY松田

5月27日(火)

田子 弁天島〜前浜(ナイト)

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:21℃ 透明度:10m
観られた生物ハナアナゴ、アカエイ、シビレエイミノカサゴハチ、アオヤガラ、マルガザミ、フトミゾエビ、コウイカの仲間など

 コウイカの仲間

コメント:気温より水温の方が高い為、ナイトダイビングでも寒さを感じることなく楽しんで潜れました 生物をじ〜っくり観察しました コウイカの仲間にライトを当ててウォッチしていたら「これ以上オレに近寄るんじゃねぇ!」と威嚇されてしまいました(笑) アオヤガラなどもシマシマ模様で熟睡していてストロボを何度焚かれても起きる気配さえありませんでした これからの時期、ナイトダイビングがますます盛り上がってきます
BYカズ

5月27日(火)

田子 フト根/弁天島

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22℃ 透明度:12〜10m
観られた生物ハマフエフキ、アオブダイ、マダイ、アカエイ、キンギョハナダイ、サクラダイ、キビナゴ、クマノミ、ニザダイ、アカエソ、ウミテングホウボウ、ミノカサゴ、ヒレナガネジリンボウネジリンボウ、アオウミウシ、サガミリュウグウウミウシミアミラウミウシキベリアカイロウミウシ、ニセイガグリウミウシ、イソギンチャクモエビ、ゼブラガニなど

 ウミテング

コメント:外海でハマフエフキの群れに遭遇しました 2本目の弁天島ではなんとウミテングをGET!!しばらく同じエリアにいますのでウミテングが見たいっ!という方は是非、わたくしカズにリクエストして下さいね!(松田も今シーズンはまだ見てません エッヘン!)湾内ボートポイントからますます目が離せません!!弁天島では定番のネジリンボウにヒレナガネジリンボウはもちろん、砂地のハゼの仲間や根のまわりでは様々なウミウシを観ることが出来ます 水温、透明度とも上昇傾向にありますので今週末〜の田子が楽しみです
BYカズ

5月26日(月)

田子 弁天島×2/白崎bP

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:21℃ 透明度:10m
観られた生物ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、コロダイ若魚、クマノミ、イトヒキベラ、トラギス、コウライトラギス、セイテンビラメ、アカエソ、メイチダイ、オニカサゴ、イソカサゴ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナミドリガイ、アワシマオトメウミウシ、キベリアカイロウミウシセンテンイロウミウシ、シュスヅツミ、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、サラサエビ、コワタクズガニなど

 ヒレナガネジリンボウ

コメント:本日はお客様がズームアップレンズを購入し、初めて使用するとのことで田子湾内じ〜っくりウミウシの仲間やネジリンボウを中心に動かないダイブをしました ヒレナガネジリンボウはひとつの穴に3個体(トリオ?)見られました 明日はスタッフ・カズがアグレッシヴに田子の外海をブン流します 華麗なフロート打ちでお客様を魅了することでしょう!yukariさん、ウミウシ情報ありがとうございます
BY松田

5月25日(日)

田子 白崎bP/ハイアワセ

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22〜21℃ 透明度:12〜8m
観られた生物アカエイ(大)、ハマフエフキ群れ、サクラダイ、キンギョハナダイ、スズメダイ、メジナ、ニザダイ、キビナゴ、ハナハゼ、ダテハゼ、ニシキハゼオトヒメウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、シロウミウシ、ハナオトメウミウシハナミドリガイミチヨミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、アカホシカクレエビ、ゼブラガニなど

 オトヒメウミウシ

コメント:湾内と外海の対照的な2つのポイントを潜りました 1ダイブ目の白崎ではトビエイ狙いのウミウシ探しをしました トビエイは残念ながら見ることが出来ませんでしたが、数多くのウミウシをウォッチしました 特にオトヒメウミウシ(今年に入って2度目)は南方系のウミウシの為珍しく超ラッキーでした ヒラヒラと羽ばたきながら早足で歩いていました 2ダイブ目のハイアワセはダイバーのエントリー数がフト根に比べて断然少ないため、ソフトコーラルがムッチャクチャ元気です まるで竜宮城のようです!いい感じで潮がかかっていたので、最後は気持ちよ〜くドリフトを楽しみました 
BY松田

5月25日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22℃ 透明度:15m
観られた生物アオリイカ、アカエイ、ハナミノカサゴ、クマノミ、コロダイ、キビナゴ、テンスyg、カゴカキダイ、イシダイ、イタチウオ、トウツボ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビなど

 ビシャモンエビ 

コメント:今日は風が強く、水面が少しザワついていたものの、水中は穏やかで、水温・透明度とも上がり快適でした アオリイカが数個体見られました そろそろ群れで見られる日も近いのではないでしょうか また、グンカン付近の魚影も濃くなり、イソギンチャクにはクマノミが付いて華やいできました 
BYカズ

5月24日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:21〜20℃ 透明度:10m
観られた生物タツノオトシゴハナタツ、ノコギリヨウジ、テングダイカンパチ、イサキ、キビナゴ群れ、ヒラメ(大)、メイタガレイ、ヤマドリ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、カゴカキダイ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、マツカサウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、イタチウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、スジコウイカ、ヒメセミエビ、イセエビ、アカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミ、モクズショイ、トゲアシガニ、オルトマンワラエビ、ビシャモンエビキッカヒロウミウシフタイロニシキウミウシ、ニシキウミウシ、キベリアカイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシサガミリュウグウウミウシなど

 イボイソバナガニ

コメント:本日は地形メインで潜りました 土曜日でしたが、ENT.の時間が早かったことと、2本目に三競にENT.したため水中で他のダイバーに出会うことなく、思う存分雲見の地形を楽しみました 特に三競の洞窟内では水が澄んでいて水中に射し込む光がとてもキレイでした 三競は光と影のコントラストがとても魅力的なポイントです
BYカズ

コメント:久し振りに雲見でイザリーを外してしまいました。。。早くも才能の枯渇か・・・??明日は田子の湾内で一から出直しますm(_ _)m
BY松田

5月23日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:20℃ 透明度:10m
観られた生物トビエイ、ガラスハゼ、ヤマドリ、アライソコケギンポ、テングダイ×2、マツカサウオ、イタチウオ、アカハタ、イシダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、トラウツボ、ナマコマルガザミ、モクズショイ、キッカヒロウミウシ、アオウミウシなど

 マツカサウオ

コメント:本日は午後着で、の〜んびり1ダイブ 透明度は昨日と比べ若干落ちました が、心配されたお天気もなんとか持ちこたえてくれました 明日から週末です さらに気合を入れて頑張りま〜す!!
BY松田

5月22日(木)

雲見 グンカン/牛着岩×2

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:21℃ 透明度:12m
観られた生物ハナタツ×2、タツノオトシゴ、ベニイザリウオトビエイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ウメイロ、イサキ群れ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、マツカサウオ、イタチウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、トラウツボ、ビシャモンエビ×2、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、コマチコソオリエビ、シャコの仲間、ナマコマルガザミ、マルツノガニ、ウスイロウミウシキッカヒロウミウシサガミリュウグウウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、トラフケボリ×10など

 コンペイトウコブシガニ

コメント:今日も引き続き良いコンディションでした タツノオトシゴの仲間やイザリウオの仲間は相変わらず個体数が多く、ふと振り返ると大きなトビエイが目の前を横切り超ラッキーでした ウミウミも大変多く、大型のサガミリュウグウウミウシから小さなウスイロウミウシの交接シーンまでじっくりウォッチすることができました 甲殻類も大変充実していて、エビ・カニ好きのダイバーにも堪えられない1本をお約束します!他店情報ですが大型のネコザメが元の棲家に戻ったようです
BY松田

5月21日(水)

田子 弁天島〜前浜(ナイトダイビング)

天候:曇り時々晴れ 気温:18℃ 水温:19〜20℃ 透明度:−m
観られた生物サカタザメシビレエイ、アカエイ、ヒラタエイ、ホウボウセミホウボウ、メイタガレイ、ダルマガレイ、マダイyg、コモンフグ、カワハギ、ヨメヒメジ、ハナアナゴ、コウイカの仲間、ミミイカ、マルガザミ、ツノナガコブシガニ、クモガニ、コイボウミウシ、ウミフクロウ、ツキヒガイなど

 セミホウボウ

コメント:今日の日中は汗だくになって内装工事?をしていました クールダウンを兼ねてカズとバトンタッチしてナイトガイドをしました 水温も20℃と温かくなった為、意を決してウェットスーツに衣替えしました 55分潜ったのですが、寒さは感じませんでしたよ〜 田子のボートナイトは水深が深めにとれるため、生物層が本当に豊かです EXIT後の満天の星空や移動中のボートの引き波が夜光虫でブルーに光り輝くサマはダイバーでよかった〜の一語に尽きます!!
BY松田

5月21日(水)

田子 弁天島/白崎

天候:曇り時々晴れ 気温:21℃ 水温:20℃ 透明度:12m
観られた生物コロダイ若魚、オオモンハタ、ミツボシクロスズメダイyg、アブラヤッコ、ハナハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、トゲカナガシラ、オニカサゴ、ダルマガレイ、コケギンポ、アカエソ、ホンソメワケベラ、アカエイ、キベリアカイロウミウシ、ハナミドリガイユビノウハナガサウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ヒロウミウシゴマフビロウドウミウシアカホシカクレエビ、ゼブラガニなど

 コケギンポ

コメント:今日は昨日とはうって変わって穏やかな五月晴れのダイビング日和でした 海の中も丘もの〜んびりすることができました ネジリンボウやヒレナガネジリンボウにはなんと30cmまで寄ることができました!ヒロウミウシ、キベリアカイロウミウシ、ゴマフビロウドウミウシなどの珍しいウミウシもGETできた他、クマノミやミツボシクロスズメダイygなどもオオサンゴイソギンチャクに付き始めだんだん海が賑やかになってきました
BYカズ

5月20日(火)

浮島 ビーチ×3

天候:曇り時々晴れ 気温:21℃ 水温:20℃ 透明度:12m
観られた生物サラサウミウシ、キイロウミコチョウ、アオウミウシ、ウスイロウミシ、シロウミウシ、スィートジェリーミドリガイ、ムカデミノウミウシ、コイボウミウシ、ユビウミウシミズタマイボウミウシ、キイロイボウミウシ、イナバミノウミウシミノウミウシの仲間珍しいウミウシの仲間ハマフエフキ、ツマグロハタンポ、ムツ群れ、クロホシイシモチ、ギンポ、トウシマコケギンポ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、セジロノドグロベラyg、ヤマドリ、キビナゴ、アオリイカ、ホシキヌタ、ハツユキダカラ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、モンハナチャコナマコマルガザミ、スベスベマンジュウガニ、ノコギリガニなど

 ミズタマイボウミウシ

コメント:平日貸切りウミウシ祭りでした ビーチでほとんど動かずじ〜〜っくりウミウシ・ウォッチをしました 希少種〜普通種まで本当に沢山のウミウシを観ることができました 西伊豆はウミウシの種類、数ともとても多い海ですので、1ダイブ1時間以上じ〜っくりかけて色々なウミウシを観ませんか?リクエストお待ちしています
BY松田

5月18日(日)

田子 弁天島/フト根(沖)

天候:曇り時々晴れ 気温:18℃ 水温:20℃ 透明度:12m
観られた生物タカベ、ハマフエフキ、コロダイ、スズメダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ハナハゼ、ダテハゼ、ヤセアマダイ、メジナ、ニザダイ、アイゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、キベリアカイロウミウシ、アオウミシ、ニセイガグリウミウシ、コモンウミウシ、オルトマンワラエビ、イソギンチャクモエビ、サンゴガニなど

コメント:今日も引き続き水温が高く、ウェットスーツでも充分ストレスなくダイビングできました 1本目の弁天島では、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウのペアを2本目のフト根沖では、潮が少しかかっていたもののウミウシ〜タカベの群れなどをじっくり観察することが出来ました!これから水温とともにますます生物も増えてくると思うと楽しみですね。是非、この機会に西伊豆に遊びにいらして下さい。これからもっと×2楽しくなる西伊豆の海を一緒に楽しみましょう!!
BYカズ

5月14日(水)

田子 弁天島/白崎

天候:曇り→晴れ 気温:20℃ 水温:20℃ 透明度:12m
観られた生物トビエイ、アカエイ、ハナアナゴ、ネジリンボウ、ハナハゼ、イトヒキベラ、イラ、キュウセン、ダテハゼ、テンクロスジギンポ、トラギス、コウライトラギス、ホシノエソ、ホウボウ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ヨメヒメジ、メイチダイ、ダルマガレイ、キイロイボウミウシ、ニセイガグリウミウシ、アオウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ユビノウハナガサウミウシフジイロウミウシアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミゼブラガニなど

コメント:暑くもなく、寒くもなくとても過ごしやすい気候でした 弁天島では定番のネジリンボウが登場し始めました 砂地ではエイの姿が多く観られます 白崎は相変わらずウミウシが多く、今日も沢山観られました この時期は中層をトビエイが泳いでいますので、ウミウシに夢中になっているとついつい見逃してしまいますので、時々中層も注意すると良いでしょう 湾内もだんだん盛り上がってきましたよ〜〜
BY松田

5月13日(火)

浮島 ビーチ (ナイトダイビング)

天候:曇り→晴れ 気温:18℃ 水温:20℃ 透明度:−m
観られた生物ハナアナゴ、マアナゴ、ホタテウミヘビ、マダイyg、クロサギ、サビハゼ、ハコフグ、ソメンヤドカリ、ノコギリガニ、カメココフシエラガイ、アメフラシ、ヤツデスナヒトデ、モミジガイ、ブンブク、ムラサキハナギンチャク、ウミサボテン、ヒョウモンダコなど

コメント:貸切の浮島ビーチを潜りました 水底から見上げる月光はダイバーならではの特権ではないでしょうか?水温も上がり、これからますますナイトダイビングが楽しい季節になります 大きなヤツデスナヒトデがブンブクを捕食しようとしていました EXIT.してから飲むBEERは格別の味です!
BY松田

5月13日(火)

雲見 牛着岩×2

天候:曇り→晴れ 気温:22℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10m
観られた生物アカエイアライソコケギンポ(橙、黒)、イサキ、コロダイ、タツウミヤッコベニイザリウオ×2(橙、白)クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、イシダイ、テングダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アカハタ、ブダイ、ツマグロハタンポ、イタチウオ、マツカサウオ、カサゴ、トラウツボ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビなど

コメント:今日は海洋状況に恵まれました 水温が水面で21℃水底でも19℃と上がり海の濁りもきれいにとれていました おかげで、雲見の地形を充分に堪能する事がでしました このままの海洋状況が続いてくれればウエットスーツでいけますね 生物のほうも当りました クエやコロダイ、テングダイなどの大物からベニイザリウオまで見ることができ満足な1日でした これからの西伊豆の海がますますたのしみですね ぜひ、遊びにいらして下さい
BYカズ

5月11日(日)

雲見 牛着岩×2

天候:曇り 気温:18℃ 水温:18℃ 透明度:8m
観られた生物アライソコケギンポ(橙、黒)、イサキ、タテフエダイ、クロホシフエダイ、イトフエフキ、マダイ、ハナタツ×2、タツノオトシゴベニイザリウオ×2(橙、白)クマノミ、ニザダイ、アイゴ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アカハタ、ブダイ、ツマグロハタンポ、イタチウオ、マツカサウオ、アオウミウシ、キッカヒロウミウシ、ベニキヌヅツミ、イソギンチャクモエビ、マルツノガニ、モクズショイ、ゼブラガニナマコマルガザミ、オオアカヒトデ×2など

 写真提供:K・M様 

コメント:G・W明けの日曜日ということもあり、ダイバーも少なく快適に潜れました 心配されたお天気もなんとかもってくれました 海の中は生物が多くなり賑わっています 1本目はビデオも持ってのダイブ、2本目はカメラでじっくりといったスタイルで潜りました ベニイザリウオタツノオトシゴの仲間などの人気者をじっくりウォッチしました 残念ながらトビエイは観られませんでしたが、そろそろ牛着岩の外側に出て来ると思われます 珍しいキッカヒロウミウシもほぼ同じ場所にしますのでウミウシ好きの方も是非遊びにいらして下さい
BY松田

5月7日(水)

黄金崎 ビーチ×2

天候:時々晴れ 気温:22℃ 水温:19℃ 透明度:8m
観られた生物イロイザリウオ(オレンジ・黄)タツノオトシゴタカクラダツ、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ホウボウ、マダイ、ワニゴチ、サツマカサゴ、ミノカサゴ、ボラ、ダルマガレイ、コノハガニなど

コメント:今日はあいにくのお天気で透明度もあまり期待していなかったのですが、いざENT.してみると濁りが薄くなり、雨にもかかわらず見通しが良かったです これから徐々に潮色が良くなってくるかと思うと楽しみです 今回ウェットスーツで潜ったのですが、水温も高く60分間快適に潜れました ミノカサゴが逆さまになってトビヌメリを狙っていたのですが、結局捕食することが出来ませんでした。。。自然界の厳しさをほんの少し垣間見た一瞬でした
BYカズ

5月5日(月)

黄金崎 ビーチ×3

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8m
観られた生物イロイザリウオ(大・小)、イシヨウジ、タカクラダツ、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ホウボウ、ハオコゼ、ヘビギンポ、ニジギンポ、アサヒアナハゼ、ニザダイ、シマウミスズメ、カワハギ、クロホシイシモチ、ナマコマルガザミ、コノハガニ♂♀など

コメント:連休の最終日も穏やかな1日となりました このところの水温の上昇でネジリンボウ(ヒレナガネジリンボウ含)が十数個体確認されました イロイザリウオ大小2個体、タカクラタツも観られマクロ派、フォト派に堪えられないダイブができます 甲殻類も大変充実していますので、の〜んびり生物ウォッチ&フォトの方は是非リクエスト下さい 極秘情報としては昨日(5/4)、なんと今話題のミミックオクトパスの目撃情報が寄せられたそうです! 
BY松田

5月4日(日)

神子元島 白根エリア/カメ根エリア

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:17℃ 透明度:10m
観られた生物トビエイ多数マダラエイ多数、ヒラタエイ、アカエイ、ドチザメ群れヒラマサ大×2シマアジ大、モロコ、ヒラメ大、アオブダイ、ハマフエフキ、イサキ群れ、タカベ群れ、ニザダイ群れ、テングダイなど

 写真提供:M・T様

コメント:お天気も凪もサイコ〜でした!潮もビンビン流れていて気持ち良〜くブン流しましたぁ〜 「流した距離だけ獲物の数が比例する」の松田の持論通りトビエイがんがん、マダラエイびんびん、特大サイズのヒラマサやこんなの見たことも無いというくらい大きな×2シマアジをGETしました 弱っちいサメで恐縮ですが一応、ドチザメも群れて泳いでいました この時期から神子元を潜っておけば、ハンマーシーズンにアグレッシヴなストロング・スタイルのサメ当てガイドでハンマー大漁間違い無しです!皆様のリクエストお待ち申し上げます!!
BY松田

5月4日(日)

雲見 牛着岩×2

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:18〜17℃ 透明度:8〜6m
観られた生物コケギンポ、クマノミ、イシダイ、ガラスハゼ、スズメダイ群れ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、イサキ、カサゴ、アカエソ、ホソウミヤッコ、トラウツボ、アオウミウミウシ、シロウミウシ、ニシキウミウシ、オルトマンワラエビ、オオヒメエビ、ハナガサクラゲ、アカヒトデなど
コメント:3連休の中日ということで今日は大変混みあっていました 春濁りの為、あいにくの透明度でしたがお天気がとても良く、ウェットスーツで潜られる方も多数いらしゃいました アーチにもしっかり光が射し込んでいて雲見独特の雰囲気を感じられました小牛側の砂もすっかり藻が溶け、ゆっくり生物を探すには最適の場所になっています これから砂地の生物にも期待が大です 雲見はこれからますます目が離せなくなります!! 
BYカズ

5月3日(土)

田子 弁天島ナイトダイビング

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:17℃ 透明度:−m
観られた生物サカタザメ(大)×2、ヒラタエイ×2、アカエイ、ヒラメ(大)、ホウボウ、マダイ、コクチフサカサゴ、ヨメヒメジ、カワハギ、コモンフグ×2、マルガザミ、ヨツハモガニ、ツキヒガイなど

 写真提供:H・N様

コメント:田子のボートナイトは通常のビーチからのナイトに比べ、深度がとれるため生物層が非常に豊かです 1m〜のサカタザメがついに出始めました!かと思えばスナイソギンチャクには小さな×2マルガザミがいたり、大変バラエティーに富んでいます この時期は夜光虫がとても多く、往復のボートの引き波で青く輝く水面(ミナモ)がとてもキレイです EXT.後の水面から見上げる星空の美しさはダイバーならではの特権です 是非×2リクエストして下さい
BY松田

5月3日(土)

田子 白崎/フト根沖

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:18〜17℃ 透明度:8〜6m
観られた生物トビエイ、アカエイ、オオモンハタ、オニカサゴ、カサゴ、ニザダイ群れ、アオブダイ、トラウツボ、コガネスズメダイ、アカエソ、イトヒキベラ、キンギョハナダイ、ハナハゼ、ゴンズイ、オビアナハゼ、タカベ、マアジ、ハナオトメウミウシ、シロウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、クロスジウミウシサガミリュウグウウミウシ、キイロイボウミウシ、ハナミドリガイ、オオアカヒトデ、ムラサキハナギンチャク、ゼブラガニアカホシカクレエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビなど

 写真提供:M・T様

コメント:ピーカンで凪もベタベタという、絶好のコンディションの中 外海と湾内をボートダイブしました ウミウシの種類、数とも非常に多くフォト派の方には満腹といったダイブでした 透明度は外海(フト根)より湾内(白崎)のほうが良かったです 水温は少し低めですが外海の深場は潮色がとてもよかったので今後に期待が出来ます 外海は南西方向に潮が流れていた為、シイラ狙いで(田子にカツオが揚がり始めましたので)最後はドリフトをしたのですが残念ながらGETすることは出来ませんでした
BY松田

5月1日(木)

雲見 牛着岩 アウトサイド/小牛〜−24アーチ〜ブイ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:19〜17℃ 透明度:6m
観られた生物テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、イサキ、マツカサウオ、クマノミ、オオモンイザリウオベニイザリウオ、コケギンポ、ガラスハゼ、タツノオトシゴ、イタチウオ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ニセイガグリウミウシ、トラフケボリ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、モクズショイ、マルツノガニ、サンゴガニ、イボイソバナガニ、ゼブラガニ、ナマコマルガザミウミエラカニダマシ、オオアカヒトデ、アカヒトデ、トラフナマコ、アカナマコなど
コメント:G・Wの平日、海はまさに貸しきり状態でした 昨日とはうって変わってお天気、凪とも素晴しいコンディション 水温も一気に上昇し、温かいところで19℃、冷たいところでも17℃とウェットスーツの方でも頑張れば?潜れる水温まで上昇しました 今日は残念ながらトビエイを観ることは出来ませんでしたが、いよいよトビエイシーズン開幕といったカンジです ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウもそろそろ登場するのではないでしょうか?
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002 Dive Store EXILES All rights reserved.