ダイビングログ2007年5月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

5月28日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:18〜17℃ 透明度:8m

観られた生物:オオモンカエルアンコウygベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、コロダイ、 メジナ、スズメダイ、コケギンポの仲間、コウイカの仲間、ヒョウモンダコ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビスベスベマンジュウガニ(写真)ヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシジュッテンイロウミウシフジイロウミウシソバカスウミウシイロウミウシ不明種(4個体つながっています)ミアミラウミウシスポンジウミウシオトメウミウシシロハナガサウミウシミズタマイボウミウシサクラミノウミウシホソテンロクケボリトラフケボリヒラムシの仲間など

  スベスベマンジュウガニ

コメント:前夜まで吹き荒れた西風がおさまり、いいコンディションになりました 1ダイブ目は三競で地形三昧!と、思いきやウミウシの仲間が非常に多く壁にへばりつきでウォッチしてしまいました 雲見では久し振りのミズタマイボウミウシGET その他、イロウミウシの仲間が4個体仲良くダンゴ状態にかたまっていました 牛着岩周辺ではカタクチイワシの群れにサバがアタックしているようで、中層にウロコがキラキラと舞っていました 生物情報としては魚影がかなり濃くなっています 一昨日見つけたオオモンカエルアンコウ幼魚は同じ場所にいました なによりジュッテンイロウミウシが見られたのがヒットでした キレイな個体なので興味のある方はお早めにリクエストして下さい(いなくなってしまう前に)
BY松田

5月27日(日)

田子 前浜/白崎bP/白崎bQ〜4

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:19〜18℃ 透明度:6m

観られた生物:アカエイ、ウツボ、ベニカエルアンコウ、ホシヨウジ、マゴチ、ミノカサゴ、メバル、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、コロダイ若魚、カゴカキダイ、トビヌメリ、 ニジギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、クロイトハゼ、シュンカンハゼ、ホシハゼ、イチモンジハゼ、ウミスズメ、オトヒメエビ(写真)ハナミドリガイクロコソデウミウシサラサウミウシシロウミウシアオウミウシ(交接中)イガグリウミウシキイロイボウミウシ、ヒラムシの仲間など

  オトヒメエビ

コメント:朝7:30の時点では無風でこのカンジならと雲見を予定していたのですが、8:00過ぎから風が強くなり田子にポイントを変更しました 1ダイブ目はリフレッシュダイブを兼ねて前浜−5mのブイからエントリー ここ最近、ウミテングの目撃情報が寄せられているので期待はしていたのですが、残念ながら今回も会えませんでした 砂地では大きなマゴチやアカエイ、30cmくらいあろうかというホシヨウジが見られました 2ダイブ目は白崎1番ブイです ソフトコーラルをバックにミノカサゴが胸鰭を広げて泳ぐ姿が印象的でした 3ダイブ目はここ最近のお気に入り白崎2番〜3番でクロコソデウミウシ複数個体GETしました 明日は凪ぐので雲見の三競をやります
BY松田

5月26日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:アオヤガラ、オオモンカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウ)、ハナタツ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、コロダイ、メジナ、スズメダイ、ニザダイ、ヤマドリ、ガラスハゼアカホシカクレエビコトヒメウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、ミアミラウミウシツノワミノウミウシウミウサギガイ、ホソテンロクケボリなど

  オオモンカエルアンコウyg

コメント:前日振った大雨も上がり朝からお天気になりました ただ、だんだん西風が強くなる予報でした 雨水が流入したにもかかわらず潮色はそんなに悪くなかったですよ ただ、ヨタが入っていたので小さな生物を撮影すのは大変だったかもしれません カエルアンコウの仲間で久し振りにオオモンカエルアンコウの幼魚を見つけました サイズも小さくエツキイワノカワに擬態していました その他、小振りのかわいいベニカエルアンコウも発見 しばらく見られるといいですね〜 さて、雲見のウミウシのサンクチュアリ、水路の壁はというとヨタがキツく残念ながらじっくり探せませんでした ブイ下には大きなコロダイが数個体群れ、ちょっと夏っぽくなってきた今日の雲見でした
BY松田

5月21日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツ、オニカサゴ、カタクチイワシ、クエ、ネンブツダイ、マダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、アライソコケギンポ)、ガラスハゼイチモンジハゼ(ウミウシと2ショット)、ボウズコウイカ、アカホシカクレエビ(写真)ビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、カニダマシの仲間、ムラサキウミコチョウ)、ヒロウミウシコモンウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシセンテンイロウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシミゾレウミウシ、ニシキウミウシ、スポンジウミウ)、スミゾメミノウミウシ、ヒブサミノウミウシウミウサギガイ、ヒラムシの仲間など

  アカホシカクレエビ

コメント:昨日までのヨタもとれ、コンディションは回復しました お天気にも恵まれ、ダイビング日和でした 1ダイブ目はブイからエントリーしました 潜降中、カタクチイワシの大群が登場 大型のマダイが数匹アタックをかけていました 水路の壁で小物ウォッチをし、最後は沖で浮上しました 2ダイブ目は大牛周辺を潜りました クリーニングステーションには常連のクエがいました 3ダイブ目は小牛周辺です ネンブツダイとクロホシイシモチが大きな群れを形成し混泳していました テンジクダイの仲間ではそろそろオオスジイシモチが口内保育を始め、7月くらいにはネンブツダイもモゴモゴやりだすことでしょう 魚影が確実に濃くなっています!
BY松田

5月20日(日)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bR〜2

天候:曇り→晴れ 気温:22℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、マダイ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、 ヤマドリ、コウライトラギス、コケギンポの仲間、 チャガラ、イチモンジハゼ、ガラスハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、クロイトハゼ、カワハギ、コウイカの仲間、マダコ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒロウミウシクロコソデウミウシキイボキヌハダウミウシコモンウミウシシロウミウシアオウミウシイガグリウミウシシロハナガサウミウシハナオトメウミウシ、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間、アナアオサ、マクサ、ネザシミル、ウチワサボテングサなど

  キイボキヌハダ捕食シーン

コメント:風はおさまったのですが海況不良の為、本日も田子湾内を潜りました この一週間、田子湾内をたっぷり堪能した感があります ナチュラリストSP講習を開催しましたので、生物の生態をじっくり観察してきました ダテハゼとテッポウエビの共生やハナハゼの片利共生 ベニカエルアンコウの保護色(隠ぺい色)とホンソメワケベラの保護色(警戒色)の違いなど普段は通り過ぎてしまうようなシーンも腰を据えてウォッチ 特に今回ヒットだったのはキイボキヌハダウミウシの捕食シーンです ナチュラリスト講習にはもってこいの題材となりました
BY松田

5月19日(土)

田子 弁天島〜前浜/白崎bS〜2/白崎bP

天候:曇り→晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ハナアナゴ、ベニカエルアンコウホソウミヤッコ、マダイ、クロホシイシモチ、ヨメヒメヒメジ、ヒメギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、クロイトハゼ、ニシキハゼ、コウイカの仲間、マダコ、イソギンチャクモエビオトヒメエビナマコマルガザミヨコジマキセワタコノハミドリガイ)、ヒロウミウシクロコソデウミウシ)、キイボキヌハダウミウシ)、コモンウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、クリヤイロウミウシ)、サラサウミウシシラユキウミウシ、クモガタウミウシ、イガグリウミウシ)、シロハナガサウミウシ、ハナオトメウミウシ)、コイボウミウシ、シロミノウミウシ(写真)ヒラムシの仲間など

  シロミノウミウシ

コメント:雲見潜り放題キャンペーン開催中ですが本日も西よりの風が強く田子を潜りました 60分×3本勝負でじっくりフォトセッションして頂きました!リクエストのウミウシも見rことができ、ラッキーでした 前日より潮色が良くなり田子湾内のコンディションは上々です 明日も午前中はウネリが残りそうなので田子を潜ります ナチュラリストSP講習を開催しますので魚の画像もバッチリ上げられると思います 今回ご一緒した皆様、たくさんの画像提供ありがとうございました!
BY松田

5月18日(金)

田子 白崎bP〜2/白崎bQ〜3/白崎bR〜4

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ハナアナゴ、ベニカエルアンコウミノカサゴ、サツマカサゴ白化個体、メバル、オオスジイシモチ、キンセンイシモチ、マダイ、イトヒキベラ、キュウセン、ヒメギンポコケギンポの仲間、ニシキハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、シュンカンハゼ、イソハゼの仲間イチモンジハゼ、ダルマガレイ、アオリイカ、マダコオトヒメエビオルトマンワラエビハナミドリガイコノハミドリガイヒロウミウシクロコソデウミウシコモンウミウシサラサウミウシシロウミウシアオウミウシイガグリウミウシシロハナガサウミウシハナオトメウミウシ、コダマウサギガイ、ヒラムシの仲間など

  クロコソデウミウシ

コメント:西風強風、雲見CLOSEでしたが、小物ウォッチにはもってこいのポイント、田子湾内白崎をみっちり3ダイブしてきました bP〜bSまでブツ切りにして3ダイブで各エリアをつなぎました 1ダイブ目はすでに定番になった大きなベニカエルアンコウを見つつトビエイ探し 2ダイブ目はサプライズが度々あるbQブイ周辺でウミウシ探し 3ダイブ目は2ダイブ目の最後に見つけたクロコソデウミウシ(写真)からスタートしてネジリンボウ&ウミテング探し 残念ながら今回はお目当ての生物を見つけることはできませんでしたが、たくさんの生物を観察できました 明日はいよいよ田子のNEWポイントがOPENします ちょっと海況が心配ですが、、、
BY松田

5月14日(月)

田子 白崎bP/弁天島〜前浜

天候:曇り時々晴れ 気温:21℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12〜5m

観られた生物:トビエイベニカエルアンコウ、クロホシイシモチ、キュウセン、クロサギ、トラギスの摂食シーンクロイトハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシノハゼ、カワハギ、アオリイカ、コウイカの仲間(写真)マダコゴマフビロードウミウシコモンウミウシサラサウミウシシロウミウシアオウミウシクリヤイロウミウシイガグリウミウシ)、アワシマオトメウミウシハナオトメウミウシセトミノウミウシヒブサミノウミウシボウシュウボラの摂食シーンヒラムシの仲間など

  コウイカの仲間

コメント:前日のヨタもなくなり穏やかなコンディションの田子でした 水面から見ると潮色はあまり良くありませんでしたが、実際に潜ってみると深場はスコーンと抜けていました 水温は雲見より若干低かったですが、この時期にしては十分すぎる透視度です さすがは田子、ウミウシの仲間がいっぱい見られました 1ダイブ目は白崎1番ブイのみじっくりコース 2ダイブ目は弁天島のブイからEN.して砂地と岩場の境を前浜に向って流しました ハナハゼやクロイトハゼなどの砂地のハゼをたくさん見かけました さらにトビエイも登場し、これからますます良くなっていくことでしょう!
BY松田

5月13日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:5m

観られた生物:アカエイ科のエイ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、ヒメサツマカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、マアジ、イシダイ、イスズミ、メジナ、ブダイ、ニザダイ、ニジギンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポガラスハゼ、アオサハギ、ハリセンボン、アオリイカ、マダコ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビナマコマルガザミミズヒキガニ(写真)コモンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、ニシキウミウシヒブサミノウミウシスミゾメミノウミウシウミウサギガイホソテンロクケボリ)、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ミズヒキガニ

コメント:水温が上がり海の中も夏っぽくなってきました 西風の影響でコンディションは今ひとつでしたが、生物がたくさん見られました ブイ下の岩の隙間には座布団サイズの大きなアカエイ科のエイが寝そべっていました その他、砂地ではミズヒキガニのペアが見られました 珍しいところではキレイなウミウサギガイがユビノウトサカを摂食していました 色合いが本当にキレイな個体なので是非リクエストして下さいね
BY松田

5月12日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ハナタツ)、イタチウオ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、イスズミ、マダイ、クマノミ、スズメダイ、ニザダイ、 ヒメギンポ、ビシャモンエビ、ナマコマルガザミ、コンペイトウコブシガニ、ムラサキウミコチョウ(写真)ヒロウミウシサラサウミウシコモンウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシイロウミウシの仲間Glossdoris sp.1cf.electra)、ミゾレウミウシニシキウミウシオトメウミウシコイボウミウシツノワミノウミウシミノウミウシ不明種(AEOLIDINAsp.21)、スミゾメミノウミウシ)、サクラミノウミウシ)、ヒラムシの仲間など

  ムラサキウミコチョウ

コメント:天気良し、凪良しの絶好のダイビング日和でした 水温もここに来て急上昇!若干、潮色は落ちましたがフォトリクエスト60分×3本勝負でも寒さを感じずに潜れました!魚影が濃くなってきていい感じです 1ダイブ目は牛着岩の沖側でエントリーして水路の壁をじっくりウミウシ探し  2ダイブ目は大牛を中心にF・W&ウミウシ探し、安全停止中、大型のマダイがクリーニングされているとこをウォッチしました 3ダイブ目は三競で洞窟&ウミウシ探し お天気が良かったので洞窟に差し込む日差しがとてもキレイでした
BY松田

5月8日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:イタチウオ、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、コミナトテンジクダイ、マダイ、イシダイ、イスズミ、トウシマコケギンポ、コウイカの仲間、ヒョウモンダコ、イソギンチャクモエビ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コモンウミウシ、イロウミウシの仲間(DORIDIDAE sp.4)、イガグリウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシ、サクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ヒラムシの仲間など

  三競洞窟 撮影風景

コメント:取材最終日は地形を中心に60分×2本+90分×1本勝負でした 1ダイブ目は牛着岩の水路の壁&三角穴 2ダイブ目は大牛の洞窟、3ダイブ目は三競をやりました 3ダイブ目の三競では光のカーテンが水中に差し込み、まるでダイビング雑誌を観ているようでした(あ、まさに取材でしたね) 6月10日発売の月刊ダイバー7月号、イズッコのコーナーを是非、ご覧くださいね
BY松田

5月7日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:22℃ 水温:18〜17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:カエルアンコウの仲間、ハナタツ、イタチウオ、キビナゴ、カタクチイワシ、サッパ、マダイ、クマノミ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、コミナトテンジクダイ、サクラテンジクダイ、ビシャモンエビ、イセエビ、ヒメセミエビオルトマンワラエビ、モクズショイ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、ミゾレウミウシ(写真)など

  ミゾレウミウシ

コメント:ダイビング雑誌の取材で潜りました 前日の雨の影響で濁りが残っていたのと、ヨタが入っていたので潜るエリアがかなり限定されてしまいました と、いうことでひとつひとつの生物にじっくり時間をかけて潜りました 本日の撮影終了後は、松崎のケーキ屋さんフランボアーズと地魚料理のさくらも取材を取材を兼ねていきました 明日はお天気、凪とも良くなりそうです いい取材ができるよう、サポートします
それから、他店情報ですが、マンボウの目撃情報がありました!連休明けで海も空いています 是非、遊びにきませんか?
BY松田

5月5日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ→曇り 気温:23℃ 水温:18〜17℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウカエルアンコウの仲間ハナタツ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、 クマノミ、アライソコケギンポ、ガラスハゼボウズコウイカアカホシカクレエビムラサキウミコチョウ)、サラサウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシコモンウミウシ)、イロウミウシ の仲間ウスイロウミウシ)、コンガスリウミウシミゾレウミウシミアミラウミウシクモガタウミウシオトメウミウシ)、コイボウミウシ、ヒブサミノウミウシ)、サクラミノウミウシトラフケボリなど

  イロウミウシの仲間

コメント:本日はさながらフォトセッションといった感じになりました 1ダイブ50分〜60分でガッツリ3ダイブのじっくり撮影会です(笑) ダイバー全員で被写体を車座に取り囲んでヒザとヒジをがっちり固定した4点ポジション 傍から見ると異様な光景でした(爆) 透明度抜群でロケーションも十分に楽しめるコンディションでしたが、あえて接写大会 ほとんど泳がなかったのですが、水温も昨年より高くそれほど寒さは感じませんでした 冬の水温があまり下がらなかったので、越冬したクマノミを見ることができます 連休も終わり入梅前いい時期です!是非、遊びにいらして下さい 今回ご一緒した皆様、たくさんの画像提供ありがとうございました
BY松田

5月4日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、カエルアンコウの仲間ハナタツ)、イタチウオ、キビナゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ヒメギンポ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、シマウミスズメダルマガレイ、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ(写真)、アケウス、コモンウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシイロウミウシ不明種オトメウミウシ、シロハナガサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシスミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミ、ヒラムシなど

  ナマコマルガザミ

コメント:G・W中盤、一番の人出でした お天気も良く、透明度もUPしてダイビング日和になりました 海のほうはというと-24mのアーチの入口付近ではネンブツダイやクロホシイシモチなどのテンジクダイの仲間が大きな群れを形成しています 7月くらいになると口内保育シーンを見られるようになるでしょう とにかく潮色がいいのでキビナゴの群れがとてもキレイですよ!日差しが強かったので、洞窟内に差し込む光がとっても幻想的でした
BY松田

5月3日(木)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:18〜17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ(写真)、キンギョハナダイ、シマアジyg、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、マダイ、メジナ、ソラスズメダイ、マツバスズメダイ、ミナミゴンベyg、オキゴンベ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、クツワハゼ、ボウズコウイカ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウサラサウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシ)、ウスイロウミウシミゾレウミウシシラユキウミウシツルガウミウシスミゾメミノウミウシ)、セスジミノウミウシミノウミウシ不明種、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間など

  ハナタツ

コメント:G・Wもいよいよ後半戦です TVの道路情報では各高速道路とも帰省ラッシュで大渋滞とのことでしたが、雲見の港はダイバーがまばらでした 海の中も昨日の西風の影響で少しヨタが残っていたものの、潮色は完全に回復していました 三競の浅場では水温がなんと18℃もありましたよ!牛着岩の裏で浮上したのですが、水深-5mの根頭で安全停止をしていると一昨日に続き、本日も大きなマダイがゆっくりと回遊していました 貫禄たっぷり迫力じゅうぶんです 明日も安全停止中にウォッチできるといいなぁ〜
BY松田

5月1日(火)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:19℃ 水温:17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ)、カエルアンコウの仲間ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオyg、キビナゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ 、コミナトテンジクダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミyg、ソラスズメダイ、スズメダイ、ミナミゴンベyg、イソギンポ、コケギンポの仲間、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミキイボキヌハダウミウシ(捕食シーン・アップ)コモンウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、ミゾレウミウシ、シラユキウミウシ、シロタエイロウミウシニシキウミウシ、オトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、シロハナガサウミウシトラフケボリ、シュスヅツミなど

  キイボキヌハダ捕食シーン

コメント:昨日とはうって変わってあいにくのお天気になりましたが、海況はまずまず、潮色もいい感じでした 1ダイブ目は大牛周辺をじっくりダイブしました 久し振りにシロタエイロウミウシを目撃しましたあまり動き回るウミウシではないのでしばらく見られそうですね しばらく経って小さなキイボキヌハダウミウシが自分より大きなアオウミウシを捕食していました 図鑑などではウミウシを食べるウミウシと紹介されていましたが、捕食シーンを実際に見るのは初めてでした 2ダイブ目はカエルアンコウを見に牛着岩の沖へ 移動していて見つけるのに時間がかかってしまいました、、、中層ではキビナゴの群れに大きなマダイがアタック 魚影も濃くなってきましたよ〜
BY松田
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED