DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2003年6月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

6月30日(月)

浮島 ビーチ×2

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10m
観られた生物アカエイ、コロダイ若魚、クロホシイジモチ、マダイyg、イトフエフキ、メイチダイ、ツマグロハタンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、シマアジyg、マアジ、ムツ、アカカマス、ホタテウミヘビ、ウツボ、ネズミゴチ、トビヌメリ、メイタガレイ、アオリイカ、アオリイカ卵、マダコ、イソギンチャクモエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イボガザミなど

 ツマグロハタンポ

コメント:今日はお天気も良く、凪もとても穏やかでした リフレッシュ・コースで浮島を2ビーチしました 写真はビーチ沖に向かって左側のオーバーハングで撮影したものです 光が射し込み、ツマグロハタンポのシルエットがとてもキレイでした ムツやマアジ(小)、カマスygが沢山泳いでいました
BY松田

6月29日(日)

雲見 牛着岩×2/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10m
観られた生物カンパチ、メジナ、イサキ、テングダイ、コロダイ、タテフエダイ、マダイ、ヒラタエイ、トラウツボ、ベニイザリウオタツノイトコハナタツ、ガラスハゼ、コケギンポ、モクズショイ、ゼブラガニ(写真)、オルトマンワラエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、ビシャモンエビ、アオウミウシなど

 ゼブラガニ

コメント:昨日とはうって変わって真夏日を記録する最高のお天気でした が、海はというとウネリが残っていて、大牛と小牛の間の水路が通れない状態でした と、いうことでなるべく根に近づかないコース取りで、ハナタツやベニイザリウオのポイント行きました 明日は凪が回復しますので今日以上に期待が持てます!
BY松田
コメント:誰もいない三競をの〜んびり潜りました!洞窟に射し込む光がとっても幻想的でした BYカズ

6月27日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:20〜19℃ 透明度:10m
観られた生物コロダイ、イサキ、ニザダイ、メジナ、アイゴ、ヨソギ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、ハナタツ×2、オニカサゴ、カサゴ、コクチフサカサゴ、クマノミ、テンスygヤマドリビシャモンエビアカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、イボイソバナガニ写真)、アオウミウシ、ニシキウミウシ、シュスヅツミなど

 イボイソバナガニ 

コメント:昨日に引き続き、いいお天気でした 雲見ぼビーチは7月1日の海開きを控え、総出で準備に取り掛かっていました 海の中はというと、いい潮が入ってきたのか、水温に変化はないものの透明度はだいぶ良くなりました ムチカサマツをじっくり観察すると、ガラスハゼ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、イボイソバナガニの4種類が観られます よく見るととってもユーモラスな格好をしていますので、機会がありましたらウォッチしてみましょう 砂地ではテンスygの姿が多く見られます 
BY松田

6月26日(木)

雲見 牛着岩×2/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21〜19℃ 透明度:8〜5m
観られた生物カンパチ、マダイ、コロダイ、テングダイ、ベニイザリウオタツノイトコ(写真)、ホソウミヤッコ、コケギンポ、ガラスハゼ、ハナミノカサゴ、クマノミ、イタチウオ、マツカサウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、コウイカの仲間、アオウミウシ、ニシキウミウシなど

 タツノイトコ

コメント:今日は梅雨の晴れ間で夏を思わせるような暑さの中、雲見を潜りました 透明度は今ひとつでしたが、ダイビング中、何度かカンパチの群れが近くまで廻ってきたり、コロダイやテングダイに大接近するなど楽しいダイビングができました また、久し振りにタツノイトコをGETしました しばらく居付いて欲しいものです 海の中もだんだん夏モードになってきました!!オマケ→雲見の地形1雲見の地形2
BYカズ

6月24日(火)

雲見 牛着岩×2

天候: 気温:23℃ 水温:19℃ 透明度:8〜6m
観られた生物ベニイザリウオ×3ハナタツ×2ガラスハゼ、コケギンポ、マダイ、コロダイ、クマノミ、イタチウオ、マツカサウオ、メジナ、ニザダイ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、ヒラタエイ、ビシャモンエビ、モクズショイ、ウミエラカニダマシナマコマルガザミ、アオリイカ、アオウミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:朝方は雨降りでしたが、ダイビング中は雨もやんでくれました フォト派ダイバーの方と平日60min〜のダイブをしました 潮色は今ひとつでしたが、レギュラーメンバーのハナタツやベニイザリウオは台風にも負けず頑張って居てくれました 中層では大型のマダイやコロダイなどが観られ、砂地のウミエラにはウミエラカニダマシ、ムチカラマツにはガラスハゼやビシャモンエビなど大きな生物から小さな生物までとっても充実していました これからますます賑やかになってくる西伊豆の海が楽しみです!
BY松田

6月22日(日)

銭洲ツアー 3ダイブ

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:22〜21℃ 透明度:20m〜
観られた生物ウミガメオオセマダラエイカンパチ(写真)シマアジ、タカサゴ、ウメイロ、タカベ、ムロアジ、コロダイ、ヘラヤガラ、ゴマテングハギモドキ、ナメモンガラ、イシガキダイ、イシダイ、クマノミ、コガネスズメダイ、レンテンヤッコムレハタタテダイ、テングダイ、ルリハタ、ツマグロハタンポ、サザナミフグイシガキフグ、イラ、モヨウモンガラドオシ、ジャンボアメフラシ、キイロウミウシ、イセエビなど

 カンパチ

コメント:ついにこの日がやってました!松崎港を朝6:00に出航し、9:00過ぎに銭洲に到着しました 船長曰く、こんなに潮が止まっているのは珍しいというほど流れが無く、想像していたイメージとは違いましたが、潮色はどこまでも青く、ソフトコーラルとハードコーラルが共存し、伊豆の魚と小笠原の魚が混泳していました 魚は全くというほどスレておらず、カンパチの群れはとてもフレンドリーで、中層で出会ってから浮上した後もダイバーのフィン先をぐるぐる廻ってくれました また行きたいポイントです!!今後、銭洲をはじめ、イナンバやソーフ岩を潜りに行くツアーを企画しますので、乞うご期待下さいっ!
BY松田

6月22日(日)

雲見 牛着岩×2

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:19℃ 透明度:10〜8m
観られた生物コロダイ、イシガキダイ、メジナ、ニザダイ、アイゴ、キンギョハナダイ、チョウチョウウオ、クマノミ、コケギンポ、ヤマドリ、クロサギ、イソカサゴ、ヒメサツマカサゴ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、ミギマキ、トラウツボ、アオウミウシ、コノハガニ、ノコギリガザミ、オトヒメエビなど

 コケギンポ

コメント:銭洲チームとは別に雲見を潜ってきました 昨日より海況もかなり回復しました 今日ご一緒したダイバーはなんと100ダイブ記念でした 小牛の砂地で松田が描いた100ダイブ記念フラッグでお祝いしました 本当におめでとうございます!!日曜日というのにダイバーも少なく、ショップを10:00に出発して16:00までの〜んびり雲見で過ごしてきました やわらかい潮風を頬に感じるだけでも癒されるものです 今週末、のんびり癒されに来ませんか?
BYさわ

6月21日(土)

雲見 牛着岩/グンカン

天候:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:20℃ 透明度:8m
観られた生物トビエイ×3、ヒラタエイ、テングダイ、オオモンハタ、コロダイ、マダイ、ニザダイ、メジナ、カゴカキダイ、キンギョハナダイ、オニカサゴ、サツマカサゴ、トラウツボ、イタチウオ、マツカサウオ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、キッカヒロウミウシ(写真)リュウモンイロウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、オトヒメエビ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ウミシダヤドリエビ、モクズショイ、ノコギリガニ、マダコなど

 キッカヒロウミウシ

コメント:海況はあまり良くありませんでしたが、透明度は8mと思ったより見えていました テングダイ、コロダイなどは潮流を避けて潮陰でじっとしていました トビエイの活性が上がり、本日は3枚観ることができました また、キッカヒロウミウシやリュウンイロウミウシなどのちょっぴり嬉しいウミウシ達も観ることができ、夏を思わせる最高のお天気の中でのんびりと1日を過ごせました
BYカズ

6月21日(土)

田子 弁天島/白崎bP/フト根(沖)

天候:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:20〜19℃ 透明度:6m
観られた生物ハマフエフキ、マダイ、コロダイ、アオブダイ、イスズミ、メジナ、オオモンハタ、カイワリ、サクラダイ、コガネスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ヒラタエイ、セミホウボウヤセアマダイ、ダルマガレイ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、オニカサゴ、イトヒキベラ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、キベリアカイロウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、サガミイロウミウシシロウサギウミウシ、ハナミドリガイ(写真)、サンゴガニ、ゼブラガニ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビなど

 ハナミドリガイ

コメント:昨日は台風一過の吹き返しの西風が強く、今日も若干影響が残っていました 1本目、外海に出たものの潜降用ブイが沈むほどの激流であえなく湾内に引き返しました 残念ながらネジリンボウ、ウミテング、ベニイザリウオは観られませんでしたが、ウミウシを中心にじっくりのんびりダイブしました 午後になって潮がたるんできたので、再度外海に挑戦しました 朝とはうって変わって流れのないフト根(沖)でした 根頭にはハマフエフキがごってりたむろっており、あ〜もう夏だなぁという雰囲気になってきました!
BY松田

6月19日(木)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:20〜19℃ 透明度:6m
観られた生物ヘリシロウツボ、ホソウミヤッコ、キビナゴ、アカカマス、カイワリ、オニカサゴ、フサカサゴ、トラギス、ヨメゴチ、ダルマガレイ、コウライトラギス、コモンフグ、ハナキンチャクフグ、アオウウミウシ、フジイロウミウシ、イガグリウミウシ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ゼブラガニ、オオアカヒトデなど

 ヘリシロウツボ

コメント:台風6号の接近に伴い、リクエストの雲見はCLOSE・・・と、いうことで昨日に引き続き田子の湾内2ボートをしました ネジリンボウは水温低下のためかまたもや不発でしたが、レアなヘリシロウツボ(写真)をみることが出来ました ゼブラガニ、ナマコマルガザミ、カクレエビなどの甲殻類やウミウシの仲間を中心にじ〜っくり楽しみました 台風も日本海側に進路を変え、勢力を弱めつつありますので銭州ツアーは決行できそうです!週末は穏やかな海況、良いお天気になりそうです
BY松田

6月18日(水)

田子 白崎bP/弁天島

天候:曇り→雨 気温:26℃ 水温:20〜18℃ 透明度:8m
観られた生物トビエイ、アカエイ、ヒラタエイ、オオモンハタ、メジナ、ダルマガレイ、ミノカサゴ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、トラギス、コウライトラギス、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、キュウセン、イトヒキベラ、シマアジyg、カイワリ、カンパチ群れ、コモンフグ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナミドリガイ、アオウミウシ、ニシキウミウシフタイロニシキウミウシアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミゼブラガニなど

 カンパチ

コメント:見た目には穏やかな海況でしたが、実際に潜ってみると少し台風の影響が出てきました ネジリンボウは残念ながら影を潜めていました トビエイ、アカエイ、ヒラタエイなどのエイの仲間が多く観られます 砂地ではカイワレやシマアジygがキュウセンやコモンフグに寄り添って泳いでいます また、他店情報ですが、カスザメが観られたそうです EX.間際の浅場でなんとカンパチの群れと戯れる事ができました!水温が若干下がり、低いところでは18℃でしたが、外気温が高いのでウェットスーツでもOKです
BY松田

6月17日(火)

浮島 ビーチ(ナイトダイビング)

天候:曇り 気温:22℃ 水温:20℃ 透明度:−m
観られた生物ハナアナゴ、ホタテウミヘビ、アカエイ、アオヤガラ、マダイ、ヨメヒメジ、ハコフグ、ウミスズメ、カワハギ、シラコダイ、ソメンヤドカリ、マルガザミフトミゾエビ、モミジガイ、ヤツデスナヒトデ、キイロイボウミウシ、サラサウミウシユビウミウシ、ウミサボテンなど

 マルガザミ

コメント:誰もいない夜の浮島ビーチを貸し切りで潜りました あいにくの曇り空で海の中から月明かりを見ることはできませんでしたが、夜の浮島ビーチは生物がとても賑やかでした 
BY松田

6月17日(火)

浮島 ビーチ×2

天候:曇り時々雨 気温:26℃ 水温:20〜19℃ 透明度:12m
観られた生物アオリイカ多数ヒラタエイ、コケギンポ、コウライトラギス、ハナハゼ、カマスyg、シマアジyg、オハグロベラ、イソギンチャクモエビヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、リュウモンイロウミウシユビノウハナガサウミウシキイロウミコチョウ、ヒラミルミドリガイなど

 ヒメイソギンチャクエビ

コメント:台風6号が近づいていますが、全く影響もなく透明度もなかなか良かったです 講習で入ったので生物はあまり観られませんでしたがアオリイカが藻場に多数集まっており、卵もあちらこちらで見かけました キイロウミコチョウは小さすぎて上手く撮れませんでした。。。ハンドルネーム、鎌倉のウミウシ大好きさん、リクエストにお応えできなくでスミマセン・・・ 週末の銭州ツアー、海況がいいことを願いつつ、これからナイトダイブに向かいます
BY松田

6月12日(木)

雲見 牛着岩×2

天候:曇り時々晴れ 気温:24℃ 水温:21℃ 透明度:12m
観られた生物タツノオトシゴハナタツイロイザリウオベニイザリウオネコザメトビエイ×2、コブダイ、コロダイ、テングダイ、クロホシフエダイ、イサキ、マツカサウオ、イタチウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、ニザダイ、メジナ、ガラスハゼコケギンポ、フサカサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、ビシャモンエビムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ショウジンガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、ムラサキウミコチョウなど

 ハナタツ

コメント:入梅し今ひとつスッキリしないお天気が続いていますが、今日は時折雲の切れ間から陽が差し込み、まずまずのコンディションでした 定番のタツノオトシゴやイザリウオの仲間は健在で、トビエイやネコザメなどの硬骨魚も観られました ネコザメは今までの棲家とは別の所にお引越ししていました −24アーチのテングダイも3個体と増えていました 今日は見に行きませんでしたが、大牛の裏側の砂地やはまゆのブイ下の砂地にテンスの幼魚も入り海の中もだんだん夏モードになってきました 雲見海岸も海開きの準備の為、ユンボが入り整地をしていました
BY松田

6月8日(日)

浮島 カマガ根bQ/カマガ根bR〜bQ

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m
観られた生物コケギンポ、マツカサウオ、ニザダイ、イビナゴ、マアジ群れ、マダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、ミノカサゴ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、キイロウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、ニシキウミウシ、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ムラサキウミコチョウウスイロウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ヒロウミウシ(写真)、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、イセエビ、オルトマンワラエビなど

 ヒロウミウシ

コメント:前日に引き続き、カマガ根を潜りました ダイバーが多かったせいか砂地の透明度が落ちていた為、岩場を中心にウミウシ・ウォッチをしました 数多くのウミウシが観られウミウシ好きのダイバーには堪えられないダイブになること請け合いです!ボートの移動時間も5分と短く、ビギナーの方からエントリーできます
BYカズ

6月7日(土)

浮島 カマガ根bQ

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:21℃ 透明度:6m
観られた生物キイロイボウミウシ、キイロウミウシ、ニシキウミウシ、フジイロウミウシ、アオウミウシ、シラユキウミウシムラサキウミコチョウ(写真)、コイボウミウシ、イガグリウミウミウシ、ヒロウミウシトビエイサカタザメ、ニザダイ、ナガサキスズメダイ、テンクロスジギンポ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミなど

 ムラサキウミコチョウ

コメント:水面こそ流れがありましたが、水底付近は流れもなく、じっくり生物を探すことが出来ました 砂地ではトビエイやサカタザメなどの大物が観られ、岩場ではフジイロウミウシやムラサキウミコチョウ等のウミウシが観られました 個人的にはテンクロスジギンポをウォッチできたのが嬉しかったのですが・・・笑 のんびりまったりのボートダイビングはカレントの影響を受けにくい浮島がオススメです
BYカズ

6月5日(木)

雲見 牛着岩×2

天候:快晴 気温:24℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m
観られた生物オオモンイザリウオタツノオトシゴ、ガラスハゼ、コケギンポ、コロダイ、テングダイ、マダイ、ニザダイ、キビナゴ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツマグロハタンポ、マツカサウオ、イタチウオ、キンギョハナダイ、カゴカキダイ、アオヤガラ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシ、アオウミウシなど

 オオモンイザリウオ

コメント:今日の雲見はボク達で貸切でした!ウネリ、流れがあったものの透明度はずいぶん回復しました 今日のヒットはオオモンイザリウオとタツノオトシゴです 台風に負けず、頑張って残っていてくれました 中層にはキビナゴが数多く観られ、回遊魚シーズンの到来に期待が持てます 是非、今週末あたりご一緒しませんか?
BYカズ

6月5日(木)

田子 白崎bP

天候:快晴 気温:24℃ 水温:20〜19℃ 透明度:8〜6m
観られた生物トビエイ、マダイ、アオリイカ、トゲイバラウミウシキベリアカイロウミウシフジイロウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、ハナオトメウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ハナミドリガイ、イソギンチャクモエビ、ゼブラガニなど

 トビエイ

コメント:昨日の雨が嘘のように晴れ渡りました ウミウシ・リクエストでじ〜っくり60分、白崎で粘りました 水深−23mラインにキベリアカイロウミウシ、トゲイバラウミウシ2個体、イガグリウミウシ、アワシマオトメウミウシ3個体、ハナオトメウミウシがかたまっていました 浅場に移動中にトビエイに遭遇し、写真におさめることが出来ました!潮色がずいぶん良くなってきていますので、これからが楽しみです   
BY松田

6月4日(水)

田子 フト根(沖)/弁天島/白崎

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:20〜19℃ 透明度:10〜3m
観られた生物トビエイ、アカエイ、シビレエイ、マダイ、イシダイ、キンギョハナダイ、キビナゴ、ミギマキ、トラウツボ、ハナアナゴ、ダルマガレイ、チカメダルマガレイ、トゲカナガシラ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、サメジマオトメウミウシコモンウミウシ、ミチヨミノウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、フタイロニシキウミウシ、ニシキウミウシ、ムラサキウミコチョウウスイロウミウシキベリアカイロウミウシフジイロウミウシ、ハナオトメウミウシ、イガグリウミウシ、カザリイソギンチャクエビ、アカホシカクレエビ、オドリカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、モクズショイなど

 サメジマオトメウミウシ

コメント:外海は台風後の濁りが抜けていて、ワイド〜マクロまで充分に楽しめました 湾内はまだ濁りが抜けきっていませんが、甲殻類やウミウシをメインに楽しんできました なかでもキベリアカイロウミウシ、サメジマオトメウミウシなどの割と珍しいウミウシやオドリカクレエビやアカホシカクレエビ等のキレイなカクレエビの仲間をじっくりウォッチしました トビエイも観られましたので、透明度が回復すればさらに多くの枚数が観られると思います 
BYカズ

6月4日(水)

浮島 カマガ根bQ/カマガ根bP

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19℃ 透明度:12〜6m
観られた生物ニシキウミウシ、フタイロニシキウミウシ、サガミリュウグウウミウシキイロウミウシ、キイロイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、コガネミノウミウシ、ミノウミウシの仲間、モロコ、ルリハタ、アカハタ、メジナ、ニザダイ、イサキ、アオブダイ、ツマグロハタンポ、マツカサウオ、ハリセンボン、クマノミ、イソカサゴ、ベニイザリウオ、ガラスハゼ、イセエビ、モクズショイ、オオアカヒトデなど

 ベニイザリウオ

コメント:あいにくの雨模様と水温が少し下がりましたが海の中はとても賑やかでした 浮島ならではのウミウシ・ウォッチングを満喫しました 一昨年まで浮島のサンセットリゾートのガイドをしていましたので、2本目は得意のイザリウオ探しをしました 体長3cm程度の小さなとっても可愛いベニイザリウオ(写真)を見つけました 表層から中層(10mくらい)までは白濁していましたが深場はとても透明度が良かったです 台風4号のダメージから徐々に回復しつつありますので、今週末、来週が楽しみです。。。今週末から石垣島ツアーですが西伊豆が今、熱いですっ!!
BY松田

6月3日(火)

雲見 牛着岩×2/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m
観られた生物トビエイ(大)×2、ヒラタエイ、テングダイ・ペア、アカハタ、コロダイ、イサキ群れ、クマノミ、イタチウオ、マツカサウオ、タツノオトシゴベニイザリウオ×2イロイザリウオヒメゴンベ、オキゴンベ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、イトヒキベラ、ムチカラマツエビビシャモンエビ×2、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ホシマンジュウガニ、マルツノガニ、イボイソバナガニナマコマルガザミなど

 トビエイ(顔)

コメント:お天気、凪とも素晴しい一日でした 透明度も思ったより回復しています!大きなトビエイがホンソメワケベラにクリーニングされていてかなり接近することが出来ました 定番のイロイザリウオ、タツノオトシゴは相変わらず定位置にいてくれた他、新たにベニイザリウオを2個体発見しました!小さなエビ・カニを中心にじ〜っくり2ダイブしたあと、三競で洞窟三昧のダイブを楽しみました 生物層が豊かで、地形も変化に富んでいる雲見って何年潜っても本当に飽きませんね 本当に素晴しいポイントです
BY松田

6月2日(月)

大瀬崎 一本松/湾内

天候:曇り→晴れ 気温:24℃ 水温:21℃ 透明度:5〜3m
観られた生物マダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ニシキハゼ、スズメダイ、アカエソ、ヒラタエイ、カゴカキダイ、ミノカサゴ、マダコ、コウイカの仲間、コノハガニなど

 アオリイカ卵

コメント:今日はお休みだったので大瀬崎まで遊びに行ってきました 台風一過の平日、これが大瀬崎?と思えるほどガラガラでした自分にとってはラッキーでしたけど・・・笑 おかげでウルサイ○○の顔も思い出すことなく、の〜んびり遊んできました 透明度は悪かったですけど。。。産卵シーンは見られませんでしたが、産卵床がたわむほどのアオリイカの卵には思わず目を奪われてしまいました
BYカズ

6月1日(日)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り→晴れ 気温:24 水温:21 透明度:4〜2m
観られた生物ベニイザリウオ、ハナアナゴ、マツカサウオ、イソハゼ、コクチフサカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、ヨソギ、マルガザミ、オルトマンワラエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビキベリアカイロウミウシ、アオウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ニセイガグリウミウシ、イガグリウミウシハナミドリガイユビノウハナガサウミウシフタイロニシキウミウシなど

 ベニイザリウオ 

コメント:台風4号の影響で底揺れ(ウネリ)していて透明度も極端に下がるなど、かなりのBADコンディションでした 深場はナイトダイビングのように暗く、ヨソギが体色を変化させて寝ていたり、夜行性のマルガザミがスナイソギンチャクのまわりで活発に動き回っていました お目当てのネジリンボウやウミテングも影を潜めていたものの、数多くのウミウシの仲間やベニイザリウオ(体長4cm)を発見することができました!明日からは海も穏やかになり、すぐに回復することでしょう さて、今回の台風で一体どんな生物が運ばれてきたのか?今週はとっても楽しみです
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002 Dive Store EXILES All rights reserved.