DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2004年6月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

6月30日(水)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24〜21 透明度:15m
観られた生物:クエ、ハマフエフキイサキタカベ、ニザダイ、メジナ、ホウライヒメジ、マアジ、メアジ、アオブダイなど

 タカベの群れ

コメント:台風8号のウネリが若干入ってきましたが、お天気、潮色、水温共に申し分の無いダイビング日和になりました イサキ、タカベが物凄い数で出迎えてくれました 水温も「ハンマー適温」でいつ出るかいつ出るかと期待をしていたのですが、今回は残念ながらGETすることは出来ませんでした でも、海の青さと魚影の濃さに癒されました
BYカズ
コメント:今回は台風前のラストチャンスでしたが、、、無念です。。。
BY松田

6月27日(日)

浮島 アジョウ根/カマガ根bQ

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22 透明度:10m
観られた生物:ヒラタエイベニイザリウオハナタツ、ハナミノカサゴ、オニカサゴ、ハオコゼ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、メジナ、ニザダイ、ニシキベラ、ホンベラ、キュウセン、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ショウジンガニ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、フジイロウミウシ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシキイロイボウミウシ(写真)、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシなど

 キイロイボウミウシの交接

コメント:アジョウ根、カマガ根とウミウシの多いポイントを潜りました 仁科川に架かる浜橋の拡張工事の影響なのか、アジョウ根は泥が沈着していました あまり潮通しが良いとは言えないポイントですので、小さな生物をじっくりウォッチするには適しているのかもしれません カマガ根は潜るたび、イザリウオの新たな個体が見つかり、イザリウオ好きのボクにとってはたまりません!ソフトコーラルやカイメンが多く、地形も起伏に富んでいて、きっとイザリウオの仲間には棲みやすい場所なのでしょう イザリウオの仲間だけを本気で探せば相当な数が見つかると思います
BY松田

6月26日(土)

田子 弁天島/白崎bQ

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:22 透明度:12m
観られた生物:アカエイ、ヒラタエイ、ミノカサゴ、ホシノエソ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、カイワリ、スズメダイ、マツバスズメダイ、クマノミ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼガラスハゼ、カワハギ、ヨソギ、キタマクラ、オトヒメエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ(写真)、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ゼブラガニ、ベニツケガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、オオアカヒトデなど

 イソギンチャクモエビ

コメント:潮色がここにきて回復傾向です 今日は西よりの風が比較的強かった為、大事を取って田子の湾内を潜ったのですが、弁天島の砂地がとてもキレイでした お目当てのネジリンボウは他のダイバーの方が直前に入ったらしく砂が巻き上がっていましたので今回はパスしました エイの仲間が砂地のあちこちで見られました 明日は東よりの風に変わり、コンディションがさらに上向きそうです!
BY松田

6月25日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:22 透明度:10〜6m
観られた生物:ヒラタエイ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ(写真)ハナタツ×3()、イタチウオ、ノコギリヨウジ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、カゴカキダイ、クマノミ、アライソコケギンポアカシマシラヒゲエビ(爪のクリーニング)、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ヒメセミエビ、ウミシダカクレエビ、モクズショイ、ウミエラカニダマシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:潮色がだいぶ回復してきました 水温も22℃とまずまずです 久し振りにアカシマシラヒゲエビを見に行きましたが、水温の上昇に伴い活性が上がったのか、手のひらを差し出すと爪のクリーニングをしてくれました また真っ赤なすごくキレイなハナタツも見つかりました 明日は今日よりも風が強くなりそうで雲見は少し微妙ですが、魚影もグンと濃くなりましたので、凪が良くなりましたら是非ご一緒しましょう!
BYカズ

6月24日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21 透明度:8m
観られた生物:ヒラタエイ、アカエイ、オオモンイザリウオハナタツ、アオヤガラ、サツマカサゴ、マアジ、ムツ、マアジ、アカカマス、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、コロダイ、スズメダイ、クマノミ、ツバメウオ(写真)、オキゴンベ、ミギマキ、メジナ、ニザダイ、アイゴ、ハナハゼ、クツワハゼ、キタマクラ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、モクズショイ、アオウミウシウスイロウミウシなど

 ツバメウオ

コメント:午前中は雲見の海中清掃の為、オオ根と船着場を潜りました え〜こんなに!?というくらい沢山のゴミが回収できました 良い事をした後は気持ちがいいですね そして午後はチェックダイブをしました 台風一過、何か面白い生物はいないかと探していると、なんとツバメウオ(体長60cm位)が泳いでいるではありませんかっ!潮色が悪く残念ながらいい写真を撮ることは出来ませんでしたが、まあ証拠写真くらいにはなったと思います その他、白いオオモンイザリウオ(幼魚)や定番のハナタツが観られました 今週末、お天気はパッとしないようですが、生物が大変充実しています 是非ご一緒しませんか?
BY松田

6月24日(木)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:22 透明度:8〜6m
観られた生物:アカエイ、ヒラタエイ、ハナアナゴ、アオヤガラ、コチ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、クロイシモチカゴカキダイ、オハグロベラ、コウイカの仲間、アオリイカの卵、オトヒメエビ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ(写真)など

 サガミイロウミウシ

コメント:AOW2日目です ADVでU/Wナチュラリストを開催したのですが、クロホシイシモチが産卵された卵をくわえる瞬間や、オトヒメエビがキタマクラをクリーニングするシーン、ハナハゼとテッポウエビの共生など生物の生態や珍しいシーンに立ち会うくとができました AOWコース修了おめでとうございます!さらなるアドベンチャーをご用意してお待ちしています
BYカズ

6月23日(水)

浮島 ビーチ(ナイト)

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:22 透明度:−m
観られた生物:ヒラタエイ、ハナアナゴ、アオヤガラ、セレベスゴチ、アイゴ、マダコ、サメハダテナガダコ、ソメンヤドカリヨツハモガニカノコキセワタガイ(写真)、ハツユキダカラ、ヤツデスナヒトデなど

 カノコキセワタガイ

コメント:水温が高くなってきて、ナイトダイビングが気持ちの良い季節になりました ハナアナゴやヒラタエイがあちらこちらで見られた他、大きなヤツデスナヒトデも見られました でも今回のヒットはなんといってもカノイコキセワタガイでしょう!以前から見たいと思っていたウミウシだったので、ご一緒したダイバーの方よりボクの方がむしろハシャいでしまいました これからの季節、BEERをちょっとガマンしてナイトダイビング、ご一緒しませんか?
BYカズ

6月23日(水)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23 透明度:8m
観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(写真)、ワラサ、カンパチ、ウメイロ、イサキ、マダイ、テングダイ、タカベ、イシガキダイ、イシダイ、アオブダイ、シイラなど

 ハンマーヘッドシャーク

コメント:台風一過で珍しい生物が入ってきていないか期待に胸を膨らませながらのダイブでした 神子元は若干台風のヨタが残っていた為、根の近くには寄らず、2ダイブとも流しました 1ダイブ目はブルーウォーターダイブを堪能!?(つまりスカです。。。)2ダイブ目はEN.してすぐにハンマーをGET!しました 水温もバッチリで爆発の予感がヒシヒシとします
BYカズ

6月23日(水)

浮島 浮島根/カマガ根bR〜bQ

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21〜19 透明度:5〜3m
観られた生物:ヒラタエイ、ベニイザリウオ×2()、ハナタツ×2、サクラダイ、キンギョハナダイ、タカベ、マダイハマフエフキ、イスズミ、メジナ、ニザダイ、タキゲンロクダイ、レンテンヤッコ、ブダイ、イラ、イトヒキベラ、コシオリエビの仲間、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、コイボウミウシキイロイボウミウシアンナイボウミウシタマゴイロイボウミウシなど

 ハナタツ

コメント:AOWコースです 1ダイブ目のフト根は魚影が濃く、深場はサクラダイがとてもキレイでした 中層に大型のマダイ、ハマフエフキがのんびりと泳いでいました 2ダイブ目はボクの大好きなカマガ根を潜りました ベニイザリウオが2個体(多分お初?)、定番のハナタツが2個体見られた他、割りと珍しいアンナイボウミウシ(どんなイボウミウシ?)が見られました お天気も良く、リゾート気分を満喫してきました ランチはボリュームがあってサラダ、味噌汁、おしんこがついてくるカツ丼がオススメです
BY松田

6月20日(日)

田子 白崎bP/白崎bQ/瀬の浜

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:22 透明度:8〜3m
観られた生物:トビエイヒラタエイ、シビレエイ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、コロダイyg、マダイ群れ、カゴカキダイ、ガラスハゼ、イトヒキベラ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニハナミドリガイ、アオウミウシ、キイボキヌハダウミウシ(写真)イガグリウミウシハナオトメウミウシなど

 キイボキヌハダウミウシ

コメント:OWDコースの3日目、今日も思ったより台風の影響は出ませんでした OWDコースを修了した皆様、ダイバー認定おめでというございます!次回は今日よりは海況がいいはずですので、次回こそ西伊豆の素晴しい海をあますところなくご案内させて頂きます!
BYカズ
コメント:深場はすこし潮が冷たかったものの割りとキレイでした 昨シーズンは1個体も見られなかったキイボキヌハダウミウシをご一緒したダイバーの方に見つけてもらいました(ラッキー) 明日も出航の予定ですが、台風の動きが本当に気掛かりです、、、
BY松田

6月19日(土)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23〜22 透明度:20m
観られた生物:ハンマーヘッドシャークメジロザメ多数(写真)カンパチ、コショウダイ、テングダイ、マダイ、イサキ、タカベ、アオブダイ、ニザダイ、メジナなど

 メジロザメ

コメント:1ダイブとも、カメ根を潜りました 1ダイブ目はEN.してすぐ、メジロザメが登場しました 数は多かったのですが、上手く撮影することができませんでした。。。2ダイブ目もEN.してからしばらく泳ぐと、ハンマーが登場!割りと浅い水深を移動していました 深場にいくとメジロザメがあっちにもこっちにもという感じでした すごくいい潮が入っています 台風一過の来週に期待です
BY松田

6月19日(土)

田子 瀬ノ浜

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23 透明度:5〜3m
観られた生物:トビエイ、クロホシイシモチ(写真)、クロサギ、ヒメジ、ソラスズメダイ、オハグロベラ、ニジギンポ、トラギスなど

 クロホシイシモチ

コメント:今日はOWD2日目 田子へ潜りに行ってきました 昨日のOWD1日目浮島に比べ、田子の湾内はほとんど台風の影響を受けることなく快適にOWDコースを続ける事が出来ました さすがは田子!といった感じです スキルの練習がおもだったため、ほとんど生物を観る機会がありませんでしたが、それでもトビエイが現れたりと楽しませてくれました
BYカズ

6月18日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:22〜21 透明度:5m
観られた生物:トビエイベニイザリウオ×2、イザリウオ排泄シーン(希少画像)ハナタツ、マツカサウオ、コクチフサカサゴ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、テングダイ、イシダイ、タカベ、オトヒメエビ、モクズショイ、アケウス、アオウミウシ、ウスイロウミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:台風6号の影響のヨタが入ってきました 明日以降、雲見・浮島はCLOSEしそうです。。。田子湾内は今のところOKです 潮色が落ちましたので小さいな生物をじっくり探したかったのですが、ウネリの為厳しいダイブになりました 水温は一気に上がり、22℃あります 台風一過の来週が楽しみです それにしても週末に台風が当たるパターンが続き本当に困りますね
BY松田

6月16日(水)

神子元島 カメ根/青根〜

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:20〜18 透明度:12〜8m
観られた生物:トビエイワラサ群れカンパチ群れ(写真)、タカベ、イサキ壁(一寸先は闇?)、ハマフエフキ、ヒラスズキ群れ、テングダイ、メジナ、ニザダイ、アオブダイ、イシガキフグなど

 カンパチ

コメント:1ダイブ目はカメ根エリアを潜りました タカ根を過ぎてからワラサが大爆発!このところワラサの群れが本当にスゴイですね〜 2本目は青根でエントリーしてすぐカンパチの群れがゆっくりと目の前をまわってくれました しばらく進むと目の前が真っ暗になるくらいのイサキ壁にぶつかりました イサキの壁の向こうにはトビエイ、そして根頭のサラシにはメータークラスのヒラスズキが悠然と泳いでいました そうこうしているとワラサの大群に巻かれるなど、サメは見られませんでしたが、見所満載のゴージャスなダイブでした 今週末のイナンバ・ツアーにご参加の皆様、台風6号が近づいていますので催行の可否を近々にインフォメーション致します
BY松田

6月13日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19℃ 透明度:5m
観られた生物:ウツボ、マツカサウオ、イタチウオ、キビナゴ、クエ、マダイ、テングダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、ツマグロハタンポ、タカベ、イサキ、マアジ、クマノミ、コケギンポの仲間(写真)ヤマドリ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ウミエラカニダマシアオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

 コケギンポの仲間

コメント:最高のお天気でした!あまりにも暑いのでちょっとクール・ダウンを兼ねてチェックダイブに行って来ました 普段、あまりガイドコースに入っていないところを潜りましたので、レギュラーメンバーのハナタツやイザリウオの仲間は見ていません 雲見をメインにガイドしていますが、エリアが広いのでまだまだ開拓の余地があるな〜と感じました 今シーズンはウスイロウミウシが異常に多い気がします ウミエラカニダマシなど、特に珍しい生物ではないのですが、こんな時でないと撮影できないので、写真におさめてきました 潮色はちょっと厳しいですが、中層はイサキやタカベが多く、かなり賑やかになってきました!
BY松田

6月12日(土)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:20℃ 透明度:5m
観られた生物:トビエイ、ハナアナゴ、サツマカサゴ(写真)ミノカサゴ、マダイ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、クマノミ、ハナハゼ、ダルマガレイ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビオルトマンワラエビ、モクズショイ、アオウミウシ、イガグリウミウシニセイガグリウミウシニシキウミウシ、オオアカヒトデなど

 サツマカサゴ

コメント:温帯低気圧になったものの台風4号の影響で外海は荒れてCLOSEしましたが、さすがは田子湾内、潮色以外は影響を受けませんでした 1ダイブ目、潜降中に突如トビエイが出現!中層では大型のマダイが群れていました その後、根づたいで小さな生物をじっくりウォッチしてきました テンジクダイの仲間も大きな群れを構成してマウスブリーディング(口内保育)している様子もじっくりウォッチできます 生物層が大変充実してきました 今回の台風の影響もすぐに回復しますので台風一過、水温も上がってきた西伊豆の海からますます目が離せません!
BYカズ

6月10日(木)

見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:20〜17℃ 透明度:8m
観られた生物:ネコザメ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツ×2(写真)、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、クエ×2、、マダイ、テングダイ、マアジ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、クマノミ、スズメダイ、オキゴンベ、コケギンポ、ハコフグ、ウミスズメ、キタマクラ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、ウスイロウミウシリュウモンイロウミウシイバラカンザシなど

 ハナタツ

コメント:予報では曇りでしたが、時々晴れ間の差すダイビング日和になりました 潮色は今ひとつでしたが、温かいところでは20℃あり、ウェットスーツでも大丈夫でした 初めての雲見(伊豆)という方とご一緒でしたので、地形と生物の両方が楽しめるコース取りをしました 大きなネコザメがいつもとは反対向き(尻尾が手前)で横たわっていました 潮色に左右されないコース取りやガイドスタイルを実践していますので、皆様きっと楽しんで頂けると思います!
BY松田

6月9日(水)

神子元島 カメ根

天候:曇り時々雨 気温:24℃ 水温:21〜19℃ 透明度:12m
観られた生物:メジロザメオオセトビエイワラサ(写真)ヒラマサ、イサキ、タカベ、ハマフエフキ、アオブダイなど

 ワラサ大爆発

コメント:1ダイブ目は流れもなくのんびりまったり 水路の砂地にオオセがお昼寝中 しばらくするとトビエイ、ワラサの群れ、さらにヒラマサが目の前を通り過ぎて行きました 2ダイブ目も期待に胸を膨らませてEN. エリア内でワラサが大爆発!!360度どこを見てもワラサ、ワラサ、ワラサ、、、 あんなにすごい群れは初めて見ました そしてシグナルフロートを上げ、安全停止に入るとなんと下からメジロザメがっ!しかもボクのフィン先をかすめて通り過ぎていきました ありえないことですが、近すぎてアタックをかけられるのではないかとヒヤヒヤしました(笑)
BYカズ

6月6日(日)

藺灘波(イナンバ)

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23℃ 透明度:30m
観られた生物:キハダ12ヒレナガカンパチ123、シマアジ、ツムブリ、ヘラヤガラ、タカベ、ウメイロ、メジナ、イシガキダイ、イシダイ、タテジマキンチャクダイ同左ygレンテンヤッコユウゼン、ハタタテダイ、ツノダシ、フエヤッコダイ、ツバメウオ、ナメモンガラ、モンガラカワハギ、イシガキフグ、アオウミガメ、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシなど

 イナンバ

コメント:先週の銭洲に続き、遠征2連戦です しかも今回は銭洲よりさらに遠いイナンバを目指して出航しました 往路に6時間、何もない外洋にそそり立つイナンバ島に到着しました 朝方まで降りしきっていた雨はすでに止み、青空が広がっていました 風も無く凪もベタでした そして水中世界は言葉に出来ないほど素晴しい海でした ダイバーまわりを取り囲むカンパチ、シマアジ、ツムブリ、そして今まで見たことも無いほどのおびただしい数のイシガキダイの群れ、さらに圧巻は40`オーバーはあろうかという、キハダ(マグロ)の編隊・・・ 胴回りが丸々していて、まるで潜水艦か魚雷のようでした 帰路に三宅島近くで見たイルカも忘れられない思い出になりました 次回イナンバ遠征は6月20日です 今度は一体、何が見られるのでしょうか
BY松田

6月6日(日)

浮島 ビーチ/カマガ根bQ

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜17℃ 透明度:12〜10m
観られた生物:トビエイヒラタエイハナアナゴクロイシモチ、コケギンポ、ハナハゼ、ダルマガレイ、コウイカ、アオリイカの卵、オルトマンワラエビ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、キャラメルウミウシ(写真)コイボウミウシキイロイボウミウシタマゴイロイボウミウシ、ムカデミノウミウシ、コガネミノウミウシなど

 キャラメルウミウシ

コメント:昨夜半から雨が降り続き、川がある為、ビーチの透明度が心配されましたが、思っていたより潮色が良くほっとしました フィッシュ・ウォッチングはもちろん、ウミウシもじっくり観察してきました 2ダイブ目はカマガ根を潜りました 沖の水温は少し低めでしたが、トビエイを目撃するなど充実の内容でした これから梅雨時ですが、水中は生物が増え、ダイビング・シーンがますます盛り上がってきます!
BYカズ

6月5日(土)

神子元島 カメ根/青根〜

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:18〜16℃ 透明度:20m
観られた生物:メジロザメ、エイラクブカ、トビエイ12、アカエイ、ヒラタエイ、ワラサ(写真)、モロコ、イサキ、タカベ、ウメイロ、メジナ、ニザダイなど

 ワラサ

コメント:冷たい潮が入りこんで、水温が急に下がりました 1本目は下り潮がキツくかなり「頑張るダイビング」でした お目当てのハンマーは残念ながら見られませんでしたが、イサキやタカベが物凄い数でした 2本目は青根からEN.しました 潮流がたるんだので、の〜んびり潜れました トビエイやメジロザメなどをウォッチした後、中層でタカベの群れと戯れていると、突然ワラサの大群が現れ、ダイブ終了間際まで途切れることなくずっとダイバーのまわりを回遊していました
BY松田

6月2日(水)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23℃ 透明度:20〜30m
観られた生物:ハンマーヘッドシャークメジロザメワラサカンパチモロコ、コショウダイ、ハマフエフキイサキ、タカベ、テングダイ、アオブダイ、ヘラヤガラ、レンテンヤッコ、コガネスズメダイ、アオウミウシなど

 メジロザメ

コメント:最高のお天気、最高の潮色の中、気持ち良く潜ってきました イサキ、タカベの群れやハマフエフキ、ヘラヤガラなどをウォッチしていると深い場でメジロザメがスーっとやってきました その奥にはハンマー、ハンマー、メジロ、メジロ、ハンマー、、、と大爆発!ダイビングも最高でした!!
BYカズ
コメント:下り潮ビンビンの中、2DIVE目にハンマー&メジロをギンギン見ることができました 今週土曜日、是非×2神子元にご一緒しませんか?
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002 Dive Store EXILES All rights reserved.