DiveStore EXILES ファンダイブコーナー2005年6月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

6月30日(木)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜18℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(単体数個体)メジロザメ群れ メジロザメ動画はコチラをクリック)、クエ、キンギョハナダイ、コショウダイ群れ、イサキ、タカベ、ハマフエフキ、メジナ、ニザダイ(写真)、アオブダイ、イソギンポ、ウミガメウミガメ動画 はコチラをクリック)など

ニザダイ

コメント:今シーズンのDSエグザイルは例年より神子元の開幕が遅れ、本日ようやく行けました いや〜、さすがは神子元ですね 参りました、、、静岡県は富士山を世界遺産に登録申請していますが、この神子元島こそ世界遺産ではないかと思うくらいの海の素晴しさでした(世界遺産に認定されて潜れなくなってしまったら本末転倒ですが) 下の方は少し冷たく、サーモクラインが発生していたため、メジロザメの画像が少しゆがんで見えます と、いうことで来週水曜日も神子元やります!
BY松田

6月29日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:21〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:ヒラタエイ(写真)ベニイザリウオ)、フサカサゴ、キビナゴ、イサキ、ヨコスジフエダイ、メジナ、ブダイ、ニザダイ、ハナハゼ、ガラスハゼ、アオウミウシなど

ヒラタエイ

コメント:昨晩は泡盛をご馳走になり、ついつい飲みすぎて前後不覚になってしまいました(苦) 朝起きてどうも調子が悪いので、1本浸かりに行きました ガイドやリサーチではなかったせいか、いまひとつ集中力が出ず、今回は生物をあまり見ていません なんとなく50分まったりしてしまいました でも体調は復活!明日は神子元です 集中してがんばりま〜す
BY松田

6月28日(火)

田子 瀬ノ浜/白崎bQ〜1

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22℃ 透明度:6m

観られた生物:ホシエイ、アカエイ、トビエイ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、キビナゴ、サツマカサゴ、マダイ、コロダイ(写真)、ハナハゼ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、タツナミガイ、ハナミドリガイ、イガグリウミウシ、ヒロウミウシ、アオウミウシなど

コロダイ若魚

コメント: 1ダイブ目はリフレッシュを兼ねて瀬ノ浜を潜りました 西風の影響か、透明度が落ちてしまいましたが、トビエイが泳いでいたり、アカエイの採食行動をウォッチしたり、ホシエイを目撃したりと、エイ三昧のダイブになりました!2ダイブ目は白崎を潜りました 大型のマダイが数個体、悠々と泳いでいました
BYカズ

6月26日(日)

藺灘波島(イナンバ)東側

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24〜23℃ 透明度:25〜20m

観られた生物:キハダ、カッポレ、ナンヨウカイワリヒレナガカンパチ)、ヒレナガカンパチ動画はコチラツムブリ、ヒラマサ、シマアジ、タカベ、ウメイロ、ムロアジ、イスズミ、メジナ、ニザダイ、イシダイ、イシガキダイ、アオヤガラ、ヘラヤガラ、ユウゼン、ミゾレチョウチョウウオ、カガミチョウチョウウオ、シラコダイ、タテジマキンチャクダイ成魚幼魚)、トサヤッコ、レンテンヤッコ、ムレハタタテダイ、ナメモンガラ、イシガキフグ、キイロウミウシなど

藺灘波島

コメント:3ヶ月振り(イナンバ雑誌取材)以来のイナンバ遠征です 凪も良く、素晴らしいコンディションでした 1ダイブ目エントリーしていきなり、キハダ、カッポレ、ヒレナガカンパチ、ヒラマサなどの銀河系軍団がお出迎え 魚影の濃さはハンパじゃありません!(昨シーズンの3倍は濃いでしょう)根の南側に進むとかる〜いダウンカレントが、かかっていました 2ダイブ目は潮陰でまったり、のんびり 待っているだけで来るは来るは、勝手に魚のほうからダイバーに近づいてきます いや〜、これだからイナンバは堪えられません!海のポテンシャルは銭洲の2倍以上かな〜(喜)今回、遠征にご参加の皆様、どうもおつかれさまでした!
BY松田

6月26日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ時々曇り 気温:28℃ 水温:21〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物: ネコザメ、トラウツボ、キビナゴ、キンギョハナダイ、キンメモドキ(写真)、ツマグロハタンポ、サクラテンジクダイ、ヨコスジフエダイ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、アライソコケギンポ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、イセエビ、ヒメセミエビ、トゲアシガニ、サラサウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、コイボウミウシなど

キンメモドキ

コメント:本日も無制限ダイブをやってきました!前日のリフレッシュ・ダイブですっかり勘を取り戻しましたので、今日はスタンダードなコース取りで、−24アーチのテングダイや−26アーチのネコザメを見てきました ネコザメは顔をこちらに向けた状態で寝そべっていたので、かわいい顔を穴が開くくらい覗き込んできました ダイバーの顔とネコザメの顔の大きさがほとんど同じくらいの大物です しばらくグンカンの沖の砂地にいたのですが、−26アーチに戻ってきたのでご紹介しやすいです しばらくはこの近辺にいそうな雰囲気です 是非、リクエストしてください
BYカズ

6月25日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ネコザメ、サカタザメ、アカエイ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ×3、ホソウミヤッコ、マツカサウオ、セレベスゴチ、ヤマドリ、キンギョハナダイ、クエ、キビナゴ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、イサキ、ヨコスジフエダイ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、コブダイ、タスジウミシダウバウオ、アライソコケギンポ()、トウシマコケギンポ、ダルマガレイ、マダコ属オクトパスsp.5、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、イボイソバナガニ♀、ゼブラガニヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、センテンイロウミウシ、アオウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、ウスイロウミウシ、センヒメウミウシ(写真)、ミチヨミノウミウシ、シュスヅツミ、トラフケボリなど

センヒメウミウシ

コメント:今日も凪です カズチームは3ダイブ、松田チームは4ダイブしました ネコザメ、サカタザメなどの大物から、センヒメウミウシなどのいいサイズのウミウシまで幅広くウォッチしました 生物、多いですよ〜
BY松田
コメント :ブランクの空いた方がいらっしゃいましたので、リフレッシュをかねてのんびり砂地を泳いでいると、大きなサカタザメがいました!思わぬ大物との遭遇でしたが、じっくりウォッチして楽しんできました!
BYカズ

6月24日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:27℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10m

観られた生物:ネコザメ、ベニイザリウオ×2、イタチウオ、ハナミノカサゴ、ルリハタ、オオモンハタ、キビナゴ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、テングダイ、イシダイ、マダイ、コロダイ、ヨコスジフエダイ、アライソコケギンポ1)、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウスイボイソバナガニ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミなど

ベニイザリウオ

コメント:梅雨の中休みで、いいお天気に恵まれました 潮色も一昨日の午後より良くなりました ヨタもとれ、コンディションは上向いています 地形を中心にワイド×2な雲見を楽しみました 途中、ベニイザリウオやネコザメ、テングダイなどのフィッシュウォッチも交え、本日も3ダイブしてきました 港はガラガラでとても気持ちよくダイブできました
BY松田

6月22日(水)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:25℃ 水温:21℃ 透明度:12→6m(午後)

観られた生物:ヒラタエイ、ハナタツ(写真)、ハナミノカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クエ、マダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、ニザダイ、アライソコケギンポ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、ナマコマルガザミ、モクズショイ、イボイソバナガニヒロウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、センヒメウミウシトラフケボリシュスヅツミなど

ハナタツ

コメント:大雨のため、川からの濁流は牛着岩周辺を覆いました でも、濁りは表層だけで、潜ってしまえば透視度は12mと潮色バッチリでした あいにくヨタが入っていたため、狭い水路などは避けましたので、地形に頼ったダイビングスタイルだと厳しかったかもしれません こういうコンディションの時は牛着岩の裏側からエントリーして風の陰になっているサイドで浮上するのに限りますね 今日も生物はたくさん観られました
BY松田

6月20日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21℃ 透明度:12m

観られた生物: ハナミノカサゴ、キビナゴ、コロダイ若魚、クマノミ、アライソコケギンポ12イボイソバナガニナマコマルガザミ、ミツイラメリウミウシ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、センテンイロウミウシ(写真)、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、キイロイボウミウシトラフケボリなど

センテンイロウミウシ

コメント:前日、カズ・チームがウォッチした黄色いベニイザリウオを探しに入りました が、見つけることができませんでした(涙) ベニイザリウオはイロやオオモンに比べて定着日数が短い気がします 今日も潮色はバッチリ、魚影も濃くなってきました そろそろウェットスーツに衣替えかな、、、と思いつつ雲見を後にしました
BY松田

6月19日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々雨 気温:25℃ 水温:21℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオハナタツ、 ハナミノカサゴ、マツカサウオ、キビナゴ、コロダイ、マダイ、サラサゴンベ、カゴカキダイ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、モンダルマガレイ、マダコ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、オルトマンエラエビ、ソメンヤドカリ、アケウス、マルツノガニ、イボイソバナガニモンガラキセワタ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシミツイラメリウミウシゴマフビロウドウミウシリュウモンイロウミウシサガミイロウミウシセトイロウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、シロウサギウミウシイチゴミルクウミウシノウメア・ワリアンス、ウスフジロウミウシ(写真)、ハナイロウミウシ、シラユキウミウシセンヒメウミウシ)、マドレラ・フェルギノーザ、ミヤコウミウシ、キイロイボウミウシなど

ウスフジイロウミウシ

コメント:今日も無制限ダイブでがっつり4ダイブしてきました チャンスが4回ありましたのでちょっぴり、リサーチもしました ベニイザリウオやアカホシカクレエビなどが見つかりました 
BYカズ
コメント:カズ・チームは生物全般を、松田チームはウミウシ・オンリーで行きました 珍しいウミウシがたくさん見つかり、雲見の海のポテンシャルの高さを改めて実感した1日でした 雲見はウミウシもすごいんです!
BY松田

6月18日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオオオモンイザリウオハナタツ、サツマカサゴ、キビナゴ、マダイ、コロダイ、イシダイ、アライソコケギンポトウシマコケギンポ)、イチモンジハゼ、アオサハギ、アオリイカ、アカホシカクレエビムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、アケウスマルツノガニ、イボイソバナガニ♀(写真)、ノコギリガニ、スイートジェリーミドリガイヒロウミウシミツイラメリウミウシキベリアカイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、リュウモンイロウミウシセンテンイロウミウシオトメウミウシヒブサミノウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

イボイソバナガニ♀

コメント:いいお天気になりました!無制限ダイブでガッツリ4本やってきました 潮色も良くなり、光が射し込んで砂地がとてもキレイでした ハナタツやイザリウオの仲間もバッチリ見られ、ウミウシの仲間も充実していました 時折、姿を見せるキビナゴの群れも日増しの数が増えている気がします 早くカンパチなどの大型回遊魚が入ってこないかなぁ〜 明日も雲見で無制限ダイブをやります
BYカズ

6月17日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:25℃ 水温:21〜20℃ 透明度:10m

観られた生物:オオモンイザリウオ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、キビナゴ、タカベ、メジナ、イスズミ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、クマノミ、カゴカキダイ、ニザダイ、アライソコケギンポ、ムチカラマツエビ、アケウス、ナマコマルガザミ(写真)ヒロウミウシミツイラメリウミウシアオウミウシウスイロウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、リュウモンイロウミウシ、センテンイロウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

ナマコマルガザミ

コメント:ウミウシの仲間を中心にじっくり生物ウォッチ&フォトで入ってのですが、あいにくヨタが入っていました そのため、残念ながら一ヶ所をじっくり探すことが出来ませんでした それでもウミウシの数は多く、ヨタが取れたらウミウシ好きのダイバーにはチャンス大です 昨日は川から流れ込んだ泥水の影響で視界が悪かったそうですが、今日はまずまずの透視度でした 今週末も「ねちっこく」潜りたいと思います(笑)
BY松田

6月15日(水)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:22℃ 水温:20℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:キビナゴ、イロイザリウオ、オオモンイザリウオ、マダイ、コロダイ、イシダイ、クマノミ、アオリイカ、カザリイソギンチャクエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、モクズショイ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、マダライロウミウシ(写真)キイロイボウミウシなど

マダライロウミウシ

コメント:今日は雲見の海底清掃に参加してきました 空き缶や家庭で出そうなゴミは意外と少なくひと安心 ただ、気になったのが鉄棒、鉄パイプが多かったこと・・・工事などで落ちたのかわかりませんが気をつけてほしいものです 2ダイブ清掃で潜ってトラック2台分のゴミが回収できました 海の中が綺麗になって気持ちが良かったです 清掃後、リサーチで1本潜ってきました 水温も上がり、ところどころでアオリイカが観られました アオリイカの産卵の季節も最盛期ですね
BYカズ

6月13日(月)

雲見 牛着岩/沖の根

天候:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:20〜19℃ 透明度:10m

観られた生物:イロイザリウオオオモンイザリウオ、キンギョハナダイ、イサキ、タカベ、サッパ、マダイ、イシダイ、ブダイ、アオブダイ、コブダイ、ニザダイ、アライソコケギンポ)、トウシマコケギンポ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、サンゴガニ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、センテンイロウミウシイチゴミルクウミウシ、センヒメウミウシ(写真)ミツイラメリウミウシヒラムシの仲間など

センヒメウミウシ

コメント:台風一過、穏やかな海況、そして夏を思わせる陽射しの中、平日3ダイブをしてきました 1ダイブ目は牛着岩でじっくりレギュラーメンバーの生物達をウォッチしてきました 2ダイブ目は大物狙いで沖の根をやりました あいにく潮がまったりとタルんでいて大物との遭遇はありませんでしたが、魚影の濃さはまずまずでした 3ダイブ目はじ〜〜っくりとウミウシ・ウォッチをしました たくさんのウミウシをウォッチすることができました!こちらの写真のイロウミウシですが、水中ではジュッテンイロウミウシかと思ったのですが、どうやら違うようです ご存知の方、情報をお待ちしています(6/16イチゴミルクウミウシと判明 yukariさんありがとうございます)
BY松田

6月12日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:20〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、キビナゴ、イタチウオ、イロイザリウオ、オオモンイザリウオ(写真)、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ヨコスジフエダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、ミナミゴンベ、クマノミ、アライソコケギンポ、ムチカラマツエビ、フタスジウミシダコシオリエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、モクズショイ、アオウミウシ、キベリアカイロウミウシ、ウスイロウミウシ、フジイロウミウシセンテンイロウミウシ、ミヤコウミウシなど

オオモンイザリウオ

コメント:暑い1日になりました!今週、台風4号の影響でなかなか雲見を潜れませんでしたが、今日はその分もたっぷり楽しんできました 残念ながら少し台風のヨタが残っていたため、狭いアーチやケーブの中に入ることができませんでしたが、生物ウォッチやフォトで3ダイブしてきました 今回の台風で雲見でも季節来遊魚が見られるかもしれませんね 来週以降の楽しみが増えました!
BY松田

6月11日(土)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り→雨 気温:25℃ 水温:19℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ノコギリヨウジ、サツマカサゴ、ハナミノカサゴ、オビアナハゼ、オオモンハタ、カゴカキダイ、クマノミ、ホンソメワケベラ、アライソコケギンポ、ハシナガウバウオ、シュンカンハゼ、クツワハゼ、ミナミハコフグyg、カザリイソギンチャクエビ、オドリカクレエビ、アカホシカクレエビ、イセエビ、ゼブラガニナマコマルガザミ、ハナミドリガイ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、センテンイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ハナオトメウミウシ、イロウミウシの仲間(写真)イガグリウミウシなど

イロウミウシ属の1種

コメント:田子の湾内は台風の影響を受けず、気持ちよくダイブを楽しむことができました さすがは田子ですね! カクレエビの仲間やウミウシの仲間をじっくりウォッチしてきました 台風の恩恵か松田チームはミナミハコフグの幼魚が観られたそうです この台風でまだまだ多くの季節来遊魚が流れてきているかもしれないですから、明日の雲見も思わぬ生物と出会えるのでは!と期待しています
BYカズ

6月10日(金)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:19℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ハナアナゴ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、コロダイ、クマノミ、クロホシイシモチ、コケギンポ、オビアナハゼ、ハナハゼ、オニハゼ、ダテハゼ、シュンカンハゼ(写真)、ダルマガレイ、オドリカクレエビオドリカクレエビの動画はコチラ)、ゼブラガニヒロウミウシミツイラメリウミウシフジイロウミウシクリヤイロウミウシシロウミウシイガグリウミウシアワシマオトメウミウシキイロイボウミウシなど

  シュンカンハゼ

コメント:台風4号が接近しているのがウソのように穏やかな海況でした 平日のんびりダイブをしてきました 岩肌にやたら目に付いたのがヒロウミウシとミツイラメリウミウシです いつもは一番多く見るアオウミウシを今日はなぜか1個体も見ませんでした 今日の見出し写真はシュンカンハゼです それほど珍しいハゼではないのですが、なかなか写真におさめることができません ご一緒したダイバーの方にご提供して頂きました どうもありがとうございました
BY松田

6月5日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウミガメネコザメネコザメ動画はコチラトビエイ、アカエイ、イロイザリウオ()、オオモンイザリウオホソウミヤッコ、マツカサウオ、ヒメサツマカサゴ、キビナゴ、ヨコスジフエダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、アライソコケギンポトウシマコケギンポ、ガラスハゼ、アオリイカ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ノコギリガニ、ヒロウミウシ(産卵中)コトヒメウミウシアオウミウシ(交接中)ウスイロウミウシ、キベリアカイロウミウシ、センテンイロウミウシリュウモンイロウミウシフジイロウミウシシラユキウミウシニシキウミウシミツイラメリウミウシイガグリウミウシキイロイボウミウシヒブサミノウミウシヒラムシの仲間など

  ハリセンボン

コメント:今日も暑い一日でした 潮色はバッチリなのですが、少しヨタが入っていました 台風4号の影響でしょうか?牛着岩の沖ではトビエイ単体やネコザメが高確率で観られています ところで今日のサプライズは小牛の砂地をウミガメが泳いでいたことでしょうか 毎年この時期になると、たま〜に観られるんです かろうじて画像に納めることができましたので是非ご覧下さい もう少し水温が上がると沖の根のトビエイの編隊の季節になります 乞うご期待ください!それでは、また
BY松田

6月4日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:25℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:トビエイ、オオモンイザリウオ、キビナゴ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、イサキ、コロダイ、マダイテングダイ、イシダイ、ヨコスジフエダイ、マツカサウオ、アライソコケギンポ()、ガラスハゼ、アオリイカ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシ、コイボウミウシなど

  ガラスハゼ

コメント:今日もお昼くらいから陽射しが気持ちよいお天気になりました この陽気に誘われてか、港はダイバーで賑わいました そんな中もちろん、無制限ダイブでガッツリ潜ってきました!潮色もまずまずで地形やF・Wを楽しんできました 夜の帳が降りたら、ホタル見物に出かけます 巧く撮れたらBBSに画像をUPしたいと思っています(かなり難しそうですが、、、)それでは、また明日
BY松田

6月3日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:24℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12m

観られた生物:トビエイ、カタクチイワシ、オオモンイザリウオ)、イロイザリウオ、ハオコゼ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、イサキ、コロダイ、マアジ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、イソハゼの仲間、アケウス、ゼブラガニ、ヒロウミウシ(写真)、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ヒラムシの仲間など

  ヒロウミウシ(交接中?)

コメント:昨日から降り続いた雨も朝には止み、お昼くらいから良いお天気になりました このところ牛着岩周辺ではトビエイが高確率で見られるようになりました そして水路の壁では相変わらず、たくさんのウミウシが見られました それと時期的なものなのでしょうか?ヒロウミウシの姿がやたら目につきます 大きなモノから極小までサイズはさまざまです 潮色もいい状態をキープしています ダイビングとは関係ないのですが、ホタルが見頃です 6月は1ヶ月間雲見無制限ダイブを開催していますので、のんびりお泊りでダイブ&ホタル鑑賞などいかがでしょうか?たくさんの方のエントリーをお待ちしています!
BY松田

6月1日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ネコザメ(1.2m)トビエイ)、オオモンイザリウオイロイザリウオ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、クエ、ネンブツダイ、イサキ、ミナミゴンベ、オキゴンベ、クマノミ、ブダイ、アライソコケギンポ)、トウシマコケギンポ)、ヒメギンポ、ニザダイ、ガラスハゼムチカラマツエビフトユビシャコの仲間、オルトマンワラエビ、アケウス、ナマコマルガザミヒロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ(交接器が写っています)ウスイロウミウシマダライロウミウシミツイラメリウミウシなど

  ネコザメ(40cm)

コメント:前日に続き、マンボウを探しに潜りました 結果から言いますと、、、本日もダメでした(涙)潮色は抜群で水底の砂紋がとてもキレイでした 砂地にはネコザメの子供や大きなネコザメ、トビエイが見られました 牛着岩周辺はたくさんのウミウシの仲間、イザリウオ、甲殻類など相変わらず生物が多いです H型の水路の洞窟では大きなクエがクリーニングされていたり、牛着岩の裏側では大きなマダイが悠々と泳いでいました この潮色が続いてくれると嬉しいですね!
BY松田

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.