ダイビングログ2006年6月
6月11日(日)、雲見2例目のダンゴウオを当店にて発見!
一日でも長く観られるといいですね

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

6月29日(木)

神子元島 江の口〜三ツ根/白根

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:16℃ 透明度:15〜8m

観られた生物:カスザメ(写真)ホシエイアカエイ科の仲間、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イサキ)、タカベ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、イシダイとイシガキダイのハイブリッド、マダイ、アオブダイ、メジナ、ニザダイ、ヒメギンポ♂など

  カスザメ

コメント:陽気は完全に夏でした 今日は久し振りに神子元をやりましたが、あいにくの濃霧 さらに水温は16℃とこの時期にしてはかなり低空飛行でしたが、そこはさすがに神子元です 十二分に楽しめました! 1ダイブ目は江の口からエントリー カド根でタカベ、イサキの群れ、クエやテングダイと戯れ癒されました 最後はドリフトしてホシエイに遭遇 2ダイブ目は白根に入りました イサキの子供がたくさん群れていました イシダイとイシガキのハイブリッドも登場 深場は潮が青くとてもキレイでしたよ!来週7月4日(火)、銭洲遠征の前日にも神子元をやります
BY松田

6月28日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:27℃ 水温:19〜18℃ 透明度:7〜5m

観られた生物:トビエイ、ヒラタエイ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、マツカサウオ、カタクチイワシ動画キビナゴ動画、キンギョハナダイ、マダイ、アライソコケギンポ)、ダテハゼ、サビハゼ、ヒラメコウイカの仲間ビシャモンエビ、アケウス、モクズショイ、イボイソバナガニ♀(写真)アオウミウシ、トラフケボリなど

  イボイソバナガニ♀

コメント:梅雨の晴れ間の暑い一日になりました 砂地ではエイの仲間やヒラメが多く見られました 突然、頭上が暗闇に包まれたのでふと見上げるとおびただしいカタクチイワシの群れが頭上を通過しています 陽射しが遮られるほどの数です ホントすごいので是非、動画をご覧下さい! そして根回りには小さめサイズのコウイカの仲間がたくさんいて近づくとスミをあちらこちらで吹いて逃げていきます ムチカラマツにはビシャモンエビやイボイソバナガニのメスがしがみついていました この時期はウミウシ以外にもたくさんの生物が観られますよ!
BY松田

6月26日(月)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:曇り 気温:24℃ 水温:19〜17℃ 透明度:7〜5m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、ホタテウミヘビベニイザリウオハナタツ)、カタクチイワシ動画、キビナゴ、イソカサゴ、マダイ、アイゴ、トビヌメリ、アライソコケギンポ、サビハゼ、マダコ、アケウス、アオウミウシ、クモガタウミウシ(写真)、トラフケボリなど

  クモガタウミウシ

コメント:OWD講習最終日です 大潮の下げ潮でただでさえ遠浅の張石ビーチ、結構な距離を水面移動しました(苦) 雨の影響で水面は冷たくて濁っていましたが、水中はまずまずの透明度でした!講習中、3日間連続でエイと出会うLUCKにも恵まれたようです 講習修了後、初ファンダイブで牛着岩を潜りました 途中、カタクチイワシの大群に巻かれ立ち往生 きっと生徒さんが講習を3日間頑張ったご褒美でしょう 安全停止中も潜降ロープでキビナゴの大群に巻かれ、群れ、ムレ、むれの幸せダイビングでした!!
BY松田

6月25日(日)

浮島 ビーチ

天候:曇り 気温:25℃ 水温:19〜18℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴベニイザリウオ)、クロホシイシモチ、オハグロベラ、スズメダイ、ヒメスイ、キビレミシマ、トビヌメリ、ヘビギンポ)、ヒメギンポ(写真)、チャガラyg、ドロメyg、サビハゼ、クツワハゼ、コウイカの仲間、コンペイトウコブシガニ、ヒラミルミドリガイ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシオトメウミウシネアカミノウミウシなど

  ヒメギンポ

コメント:OWD講習の傍らでフロート設置の大義名分のもと、リサーチダイブを楽しんできました ビーチ左奥のドラゴンホール手前にベニイザリウオが2個体いるとのこと 早速行ってみると、情報通り推進1mくらいのところに2個体しるじゃありませんか こんなに浅いトコロでベニイザリウオを見たのは初めてです それにしても浮島はウミウシが相変わらず多いですね〜 ウミウシ専門店の名に恥じない品揃えといった感じで潜っていて飽きませんでした 後半はムーンビーチからショットホールにかけての壁沿いでダンゴウオ探しをしましたが今回は見つかりませんでした 明日はOWD講習ファイナル 雲見でやる予定です
BY松田

6月24日(土)

岩地 ニヤヨコ根

天候:曇り 気温:26℃ 水温:18〜16℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ヒラタエイ)、カタクチイワシ、マサバ、マアジ、ネンブツダイ、スズメダイ、ヒロウミウシ、シラユキウミウシ、コウイカの仲間、マダコ、オルトマン ワラエビ、イシガニ、アオウミウシ、ノウメア・ワリアンスハナオトメウミウシ(写真)、コイボウミウシ、ヒラムシの仲間、トラフケボリ、シュスヅツミなど

  ハナオトメウミウシ

コメント:久し振りに岩地を潜ってきました 今週初めの週間天気予報は見事に外れ、最高の天気でした 1ダイブ目はニヤヨコ根の西側(潜降ブイがあった所)からエントリーし、根の中央付近のダイバーが一列でやっと通れるクレバスを抜け、ソフトコーラルがびっしりはえている離れ根付近を散策 たくさんのウミウシの仲間や大きなネンブツダイの群れ、砂地でヒラタエイなどをウォッチ 2ダイブ目は同じ所からエントリーし根を大きく時計回りで 途中、周囲が真っ暗になり見上げるとカタクチイワシの大群が頭上を通過していました 群れの後から大きめのマサバの群れが猛然とアタックをかけてい て、プチ・サーディンラン・ダイブといった感じでした!
BY松田

6月22日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:25℃ 水温:19〜18℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ベニイザリウオハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、マトウダイ、カサゴ、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、テングダイ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、イチモンジハゼ、ヨソギ、ウミスズメ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、モンガラキセワタ(写真)、ミツイラメリウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コモンウミウシウスイロウミウシコンガスリウミウシ)、オトメウミウシ、コイボウミウシ、トラフケボリなど

  モンガラキセワタ

コメント:水温は少し上向いたものの、潮色がもう少しといった感じです 深場ではマトウダイが見られました マトウダイというと冬のイメージがありますが、このところたまに目撃されているようです ネコザメは−26アーチ付近から留守にしていました 水路ではコンガスリウミウシが2個体見られました!今シーズン良く見かけるウミウシの一種ですが、例年雲見ではこんなにコンガスリウミウシが見られたことはありません それに昨シーズン、あれほどいたセンテンイロウミウシを今シーズンなんとまだ1個体も見ていません、、、 年によってウミウシもトレンドがあるんですね 海って面白い
BY松田

6月19日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:20〜16℃ 透明度:12m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、マアジ、ムツ、メジナ、アイゴ、ニザダイ、ビシャモンエビ、アケウス、アメフラシ、ヒラミルミドリガイ、センヒメウミウシ(写真)ミツイラメリウミウシコモンウミウシウスイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、オトメウミウシ、アカエラミノウミウシ、ヒラムシの仲間、トラフケボリなど

  センヒメウミウシ

コメント:快晴の夏日!シャツを着ているのがうっとおしい一日になりました ウミウシ狙いで牛着岩の壁をじっくりリサーチ いました、いました今シーズン初センヒメウミウシ 15mmくらいあるジャンボサイズでした!センヒメウミウシのデザインと色合いがとってもキレイですよね〜 水路の壁のいたるところでイロウミウシの仲間が交接中でした 一昨日目撃したビシャモンエビも同じムチカラマツにしがみついていました しばらく見られると思います 水面は濁っていたものの、−10m〜はとてもキレイでした ただ、いかんせん水温が低くカメラが結露 黒潮が北上してくれないかな〜!!
BY松田

6月18日(日)

銭洲  ネープルス/エビ根〜ヒラッタイ/ネープルス

天候:曇り 気温:24℃ 水温:20〜19℃ 透明度:12m

観られた生物:オオセ、ドチザメ、マダラエイアカエイヒラタエイ、アカハタ、キンギョハナダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、 メジナ、イスズミ、ヒレナガカンパチ)、カンパチ、シマアジ、タカベ、ウメイロ、レンテンヤッコ、シラコダイ、キホシスズメダイ、ナメモンガラ、ハコフグ、イセエビ、アオウミウシ、ウミガメなど  今回ご参加の皆様 雨のネープルス

  ヒレナガカンパチとシマアジ

コメント:前夜は前線の通過に伴い、さながら嵐のような風雨に見舞われました でも当日の朝は雨も上がり、定刻通り銭洲に向け出航しました 途中、船が揺れる場面もありましたが現地に到着してみると、まずまずのコンディションでした 1ダイブ目はネープルスで大きなマダラエイやドチザメ、シマアジ群れなど 2ダイブ目はエビ根からヒラッタイに流し岩場でウミガメとオオセ、砂地でエイ三昧でした 3ダイブ目は再びネープルスでこの日、特に魚影の濃い南端を潜りました 潜降中からカンパチやシマアジの群れがスクランブル 深場では巨大なカンパチも観られいいダイブでした!次回は7月5日、参加者募集中です
BY松田

6月17日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:24℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ダンゴウオ、ネコザメ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、カタクチイワシ、キビナゴ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イサキ、マダイ、 ムツ、アライソコケギンポ、マダコ、ビシャモンエビヒラミルミドリガイ(2ミリ程度)コモンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シロウミウシ、キイボキヌハダウミウシ(写真)、オトメウミウシなど

  キイボキヌハダウミウシ

コメント:昨日は大雨で濁りましたが、潮色も白っぽいもののかなり回復しました 1ダイブ目は裏からエントリーして-24、-26アーチへ ベニイザリウオや大きなネコザメをウォッチしてからグンカンでエキジットしました 根頭にはカタクチイワシの大群が巻いていて壮観でした!2ダイブ目はブイから入ってじっくり生物ウォッチ&地形ダイブ ダンゴウオやハナタツ、ベニイザリウオ、ウミウシの仲間をじっくり観察しました 行き止まりの洞窟は渋滞していた為、他に逃げると今シーズン雲見で初のビシャモンエビをGET!写真のキイボキヌハダウミウシとビシャモンエビ、久し振りに見ました(かなり嬉しい、、、)
BY松田

6月14日(水)

銭洲 東の瀬/ダルマ/ネープルス

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:22〜18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:メジロザメの仲間(写真)マダラエイ、 モヨウモンガラドオシ、クエ、キンギョハナダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、ムロアジ、ヒレナガカンパチ、ヒラマサ、タカベ、ウメイロ、レンテンヤッコシラコダイ、キホシスズメダイ、ナメモンガラ、アオヒトデなど  今回ご参加の皆様凪のオオ根ヒラッタイ

  メジロザメの仲間

コメント:お天気、凪に恵まれ航海も順調で9:30に銭洲に到着しました 石モノ狙いの釣り師が多く、磯は釣竿の林です 平日でも来るんですね〜、さすがは銭洲 と、いうことで1ダイブ目は島の東側にある瀬を潜りました この日は潮が動かず、魚が大爆発という感じではありませんでしたが、マダラエイやメジロザメの仲間、カンパチ、ヒラマサ単体など 2ダイブ目はダルマをやりました 昨シーズンのいいイメージで入ったダルマですが、潮がビタッと止まり苦戦 モロコやタカベの群れがパラパラ そして3ダイブ目はオオ根をやりましたが、最後の最後にムロアジの群れ、カンパチの群れが登場 黒潮の南下が関係あるのでしょうか?今後に期待です
BY松田

6月13日(火)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:18〜17℃ 透明度:12m

観られた生物:ダンゴウオベニイザリウオ)、ハナタツ、カタクチイワシ、キビナゴ、マアジ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、アライソコケギンポ、サビハゼ、アケウス、アオウミウシ、オトメウミウシ(写真)など

  オトメウミウシ

コメント:前日5ダイブやったので今日は窒素を抜いて、明日の銭洲に備えようと思っていたのですが、新しいモニターフィンが届いたので、いてもたってもいられず早速試してきました ボク的には久し振りのフルフットフィンでTUSAのSS-9というフィンです 使ってみた感想としては、フィント感はまずまず、細かいキックで効率よく進む反面、大きなストロークだと若干抜ける感覚あり(SF-8ほどではない) 着底 してじっくりFWやフォト といったスタイルには少し不向きかもしれませんが、泳ぐにはいいですね フィールドインプレッションは前日より透明度が良くなりましたが、水温が少し下がりました イワシやキビナゴの群れはキレイですね〜!
BY松田

6月12日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:20〜19℃ 透明度:10m

観られた生物:ダンゴウオトビエイ、クロアナゴ、ベニイザリウオハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、ヒメスイ、オビアナハゼ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、イサキ、マダイ、コロダイ、イシダイ、テングダイ、ミナミゴンベ、ヒメギンポ、コウイカの仲間、ヒメセミエビ、モクズショイ、アケウスアマクサアメフラシヒラミルミドリガイコトヒメウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシ、マンリョウウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、サラサウミウシアオウミウシコンガスリウミウシイロウミウシの仲間シラユキウミウシミアミラウミウシ(写真)ニシキウミウシオトメウミウシコイボウミウシヒラムシ、 トラフケボリなど

  ミアミラウミウシ

コメント:今日は暑い一日になりました 潮色もグッと良くなり、太陽の光が射し込み透明度はさらにUP!ただ、少しヨタが入っていましたが、、、 本日も朝からガッツリ潜ってきました 1ダイブ目は昨日行けなかった-26アーチにネコザメを見に行ったのですが、残念ながらまたまたお出掛け中でした 2ダイブ目はそう、やっぱりダンゴウオ!ですよね ハナタツやベニザリウオなどもじっくりウォッチできました 3ダイブ目、4ダイブ目は水路や縦穴付近でウミウシ祭りです ホントにたくさんのウミウシをウォッチできて楽しかったですよ〜 ラスト5ダイブ目はほとんど修行でしたw
BY松田

6月11日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨時々曇り 気温:22℃ 水温:20〜18℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ダンゴウオ(写真)ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イシダイ、ツマグロハタンポ、アライソコケギンポ、ヘビギンポ♀コウイカの仲間、イセエビ、ヒメセミエビオルトマンワラエビ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシアオウミウシ、サラサウミウシ、コンガスリウミウシニシキウミウシオトメウミウシガーベラミノウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミなど

  ダンゴウオ

コメント:昨日は強烈なヨタと濁りであいにくのコンディションでしたが、一夜明けて海況もすっかり回復しました 本日のヒットはなんと言ってもダンゴウオでしょう!雲見2例目となるダンゴウオをGET 大きな個体でとってもキュートです その他、小さな生物をじっくりフォト&ウォッチで4ダイブ心ゆくまで楽しんできました −26アーチのネコザメはNDLの都合上、明日にお預けです 明日もガッツリ4ダイブ、楽しんできます ダンゴウオ・リクエスト、お待ちしています!!
BY松田

6月10日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:20〜18℃ 透明度:3〜2m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、マダイ、コロダイ、イサキ、ヨコスジフエダイ、イシダイ、メジナ、テングダイ、アライソコケギンポ(写真)ダルマガレイ、コウイカの仲間、アオウミウシ、モミジガイなど

  アライソコケギンポ

コメント:低気圧の影響でウネリがあり、アドベンチャラスな今日の雲見でした 1ダイブ目は様子見で小牛の前をのんびり ヨタがキツくフォト派の方にはちょっと厳しい感じでした 2ダイブ目は昨日−26アーチにいたネコザメを見に牛着岩の裏からエントリー 浅場は潮色が良かったのですが、5m以深は浮遊物が巻き上がってガクンと潮色が落ちていました 朝イチで−26アーチに行ったパーティはネコザメを確認できたらしいのですが、我々が入った時には残念ながらネコザメはお出かけしていました また明日、アーチを覗いてみたいと思います
BY松田

6月9日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ネコザメ、(ネコザメ動画ベニイザリウオ)、ハナタツ)、キンメモドキ、マダイ、コロダイ、イシダイ、カミナリベラ、オハグロベラ、ニシキベラ、イトヒキベラ、ヤマドリアライソコケギンポ)、マダコ、イセエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、モクズショイ、コトヒメウミウシキュウバンウミウシアオウミウシニシキウミウシ(写真)、マンリョウウミウシ、シュスヅツミトラフケボリウミウサギガイの仲間など

  ニシキウミウシ

コメント:平日まったり、のんびりフォト ・ダイブです 水面は風波が立っていたものの水中は穏やか、潮色もまずまずでした 1ダイブ目は小牛の前でほとんど動かず 2ダイブ目は水路でウミウシ狙い 3ダイブ目は小牛のまわりでイザリウオの仲間やハナタツなど そして4ダイブ目は−26アーチでネコザメの目撃情報があった為、沖から大牛にかけて潜りました ご一緒した方が4ダイブで撮った写真の枚数がなんと200枚以上!じっくり写真を撮りたい方には平日がオススメです
BY松田

6月8日(木)

雲見 赤井浜/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:19〜18℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、カタクチイワシ、キビナゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、アカネテンジクダイ、タカベ、イサキ、マアジ、マダイ、テングダイ、トビヌメリ、ベラギンポ、チャガラyg、ドロメyg、クツワハゼ、サビハゼ、イチモンジハゼ、イソハゼの仲間、カワハギ、メイタガレイyg(写真)、コウイカの仲間、アオリイカの卵、ヒメイソギンチャクエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、イシガニ、ノコギリガニ、トゲアシガニ、ヒラミルミドリガイ、メリベウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシニシキウミウシオトメウミウシなど

  メイタガレイ

コメント:梅雨入り直前、平日のんびりダイブです ここ2〜3日で温かいいい潮が沖合いから入り、透視度も回復傾向です 1ダイブ目は赤井浜 水温も浅場では20℃近くなったので砂地でサカタザメ、モクでアオリイカ狙いでした サカタザメは見られませんでしたが、モクの中でアオリイカの産みたて卵を発見しました!いよいよ夏近しですね 2ダイブ目は潮色回復ということで牛着岩をグンカンからエントリー タカベの幼魚やカタクチイワシの群れと戯れました 3ダイブ目は三競へ なんとそこでメリベウミウシと遭遇!まるで遊星からの物体Xのような奇妙なウミウシです 明日もメリベウォッチを目論んでいます
BY松田

6月6日(火)

雲見 沖の根/タケノコ

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜17℃ 透明度:12〜5m

観られた生物:ウツボ、クエ、キンギョハナダイ、イサキ、タカベ、マダイ、イシダイ、メジナ、キホシスズメダイ、マツバスズメダイ、アオブダイ、ニザダイ、ヒラメ、イセエビ、サンゴガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシホシアカリミノウミウシ、イイジマフクロウニなど

  イシダイの群れ

コメント:沖の根に潜降ロープを設置で潜りました 昨日よりいい潮が入ってきているとの情報 作業とはいえ、期待できます 潮もタルんでいて水底のワイヤーにもヨリカンが付いていたので作業は思いのほか順調に進み、余った時間で遊びました 久しくダイバーが入っていないだけあって魚影は「特濃」でした!オープングはイサキ、タカベのシャワー、メジナの壁、そしてありえないようなイシダイの大群、さらにマダイの老成魚、大型のモロコ、とどめは巨大ヒラメなどメガトン・パンチが炸裂っ!といった表現がピッタリのゴージャスなダイブでした
BY松田

6月4日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:18〜17℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、イワシの仲間、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、コロダイ、アイゴ、ニザダイ、トウシマコケギンポアライソコケギンポヒメギンポ)、コウイカの仲間、アケウス、ツノガニ、スベスベマンジュウガニ、アメフラシ、コモンウミウシアオウミウシサラサウミウシシロウミウシウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ、リュウモンイロウミウシシラユキウミウシコンガスリウミウシニシキウミウシDORIDIDAEsp.4(写真)オトメウミウシフリエリイボウミウシサクラミノウミウシ、コガネミノウミウシ、ヒラムシの仲間など

  DORIDIDAEsp.4

コメント:昨日はかなり厳しい潮色で苦戦しましたが、今日は少し回復の兆しです 水温も18℃と少し上昇しました!狭〜いエリアをじっくりと潜りました 1ダイブ目は大牛と小牛の間の水路の壁のみ ウミウシ狙いです 昨シーズンのこの時期はセンテンイロやコトヒメウミウシ、キュウバンウミウシの仲間が多く見られましたが、今シーズンはコンガスリウミウシDORIDIDAEsp.4など今まで見られなかったウミウシが見られます 水温が上がってきましたので、そろそろオオ根周辺の砂地にサカタザメが見られるかもしれません 期待しましょう!
BY松田

6月3日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:17〜15℃ 透明度:2m

観られた生物:ホタテウミヘビハナアナゴ、ベニイザリウオ(写真)ハナタツ、ハオコゼ、イシダイ、アライソコケギンポ、カワハギ、コウイカの仲間、オルトマンワラエビ、ミツイラメリウミウシウスイロウミウシ、アオウミウシ、マンリョウウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミなど

  ベニイザリウオ

コメント:今週はじめの週間予報では土日はお天気が今ひとつとの予報でしたが、週末を迎えると最高のお天気に恵まれました!ジリジリ肌を焦がす陽射しが夏を感じさせます さて、海の中はと申しますと、潮色が前日よりさらに落ちたような気がします 今日のガイドスタイルは、ほとんど泳がずにフォトとウォッチに専念しました イザリウオの仲間やハナタツ、ウミウシの仲間が数多く見られました ワイド、地形は残念ながら今日は無しです 明日もねちっこく潜りますよ〜
BY松田

6月2日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:21℃ 水温:17〜16℃ 透明度:3〜2m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ(写真)、イタチウオ、サクラテンジクダイ、アライソコケギンポ、ヒメギンポ♀、コウイカの仲間、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、ツノガニ、ノコギリガニ、アマクサアメフラシ、スイートジェリーミドリガイコトヒメウミウシ、シラユキウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシウスイロウミウシコンガスリウミウシ、マンリョウウミウシ、オトメウミウシアカエラミノウミウシサクラミノウミウシヒラムシの仲間トラフケボリ、タルダカラなど

  ノコギリヨウジ

コメント:潜り放題キャンペーン2日目もガッツリ潜ってきました!潮色は依然芳しくなかったので、ウミウシの仲間をじっくり探しました コトヒメウミウシですが今年初めて見ました やはりイロウミウシの仲間が多く、三競でコンガスリウミウシを2日続けて見られてボク的にはラッキーでした その他、今まで見たこともないくらい小さなミツイラメリウミウシや洞窟の中でオトメウミウシのコロニー?などが見られました 那珂川のホタルは見物人で大盛況 ホタルの淡い光がとても幻想的でした 皆さんも是非、アフターダイブにホタルを見に行きませんか?
BY松田

6月1日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ時々曇り 気温:25℃ 水温:17〜15℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ヒラタエイ、トビエイ(写真)ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、イワシの仲間、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、テングダイ、カミナリベラ、ヒメセミエビ、アケウス、マルツノガニ、モクズショイ、ノコギリガニ、アマクサアメフラシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、コンガスリウミウシ)、DORIDIDAEsp.4、オトメウミウシ、キイロイボウミシ、トラフケボリ、ヒメイトマキボラなど

  トビエイ

コメント:今日から6月です 最高のお天気になりました!「潜り放題キャンペーン」も遂にスタートし、早速、ガッツリ4ダイブやってきました 1ダイブ目はグンカン周辺で大物探し お目当てのトビエイには遭遇しませんでしたが、ヒラタエイが見られました トビエイはウミウシ・ウォッチの3、4ダイブ目でたて続けにGET ダイビングってこんなもんなんですよね〜 このところ潮色悪く、ワイドが厳しいので小さな生物を中心にじっくりウォッチという感じでしょうか 今夜は那珂川(松崎)にホタル見物に行ってきますね  BBSで後ほどご報告しますね そして、明日もガッツリ潜ってきま〜す!
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED