ダイビングログ2007年6月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

6月30(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:29℃ 水温:21〜18℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:トラウツボ、ハナアナゴベニカエルアンコウ1011)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、ハオコゼイソカサゴサツマカサゴ(写真)、オニカサゴ、オオモンハタ、ルリハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メイチダイ、メジナ、オヤビッチャ、スズメダイ、ニザダイ、ヤマドリアライソコケギンポガラスハゼ、イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ダルマガレイ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ)、スベスベマンジュウガニ、キイボキヌハダウミウシ(摂食シーン)、アオウミウシ、ウスイロウミウシハナイロウミウシニシキウミウシミアミラウミウシキイロイボウミウシミチヨミノウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミテンロクケボリなど

  サツマカサゴ

コメント:梅雨の晴れ間になりました 水中ではカエルアンコウの仲間がたくさん見られました 魚影も濃くいいダイブができると思います!  砂地ではいたるところにヤマドリの姿も見られました エントリーブイのロープにオヤビッチャの幼魚がついていました 季節来遊魚も登場し、いよいよ夏の到来ですね 7月1日の銭洲遠征ツアーですが、昨日お申し込みの皆様にお電話で申し上げ通りボートのエンジントラブルで復旧するのが7月5日の予定です 皆様には本当にご迷惑をお掛けしました 改めてお詫び申し上げます
BY松田

6月29(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:27℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、カエルアンコウイロカエルアンコウベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、イシダイ、イサキ、コロダイ、メジナ、ニザダイ、スズメダイ、ホンソメワケベラ動画)、ヤマドリ、ニセクロスジギンポ動画)、アライソコケギンポハコフグyg(写真)ムスメウシノシタ、コウイカの仲間、マダコ、イセエビ、ヨツハモガニ、モクズショイ、ムラサキウミコチョウ、アマクサアメフラシ、キイボキヌハダウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アラリウミウシ、ミゾレウミウシ、ニシキウミウシ、キイロイボウミウシミズタマイボウミウシ、オトメウミウシ、AEOLIDINA sp.21、ウミウサギガイなど

  ハコフグの幼魚

コメント:今週は26〜28日でPADIのメンバーフォーラムとアップデート・セミナーに出席、昨日戻ってきました さて、本日は曇りベースのお天気で風がやや吹いていましたが、コンディションはまずまずでした 1ダイブ目はブイからエントリーしてアーチを存分に楽しみました 2ダイブ目も牛着岩  水路の岩の隙間で黄色い体にに黒い水玉!ミナミハコフグの幼魚を今シーズン初GETっ!と思いきや画像を確認してみると、どうやら「ハコフグ」の赤ちゃんのようです まぁ、でもどちらにしてもとってもキュートなのでOKですよね 砂地ではトビエイの摂食シーンや3種類のカエルアンコウ、ウミウシやタツの仲間がいっぱい見られました  三競ではホンソメワケベラとよく似たニセクロスジギンポを目撃 比較しやすいように動画をUPしますのでご覧下さい
BY松田

6月25(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:25℃ 水温:20〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ、イタチウオ、キビナゴ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、ツマグロハタンポ、メイチダイ、マダイ、コロダイ(写真)、イシダイ、メジナ、ブダイ、ニシキベラ、イトヒキベラ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ヒメギンポアライソコケギンポイチモンジハゼガラスハゼ、カワハギ、ヨソギ、ハコフグ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、ノコギリガニ、ムラサキウミコチョウカメノコフスエラガイコトヒメウミウシ(交接中)ヒロウミウシ)、ミツイラメリウミウシキイボキヌハダウミウシ)、アオウミウシシロウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシサガミイロウミウシイロウミウシ不明種)、アラリウミウシノウメア・ワリアンス)、シラユキウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシミアミラウミウシコイボウミウシ)、フリエリイボウミウシシロハナガサウミウシAEOLIDINA sp.21トラフケボリ、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間など

  コロダイ

コメント:前日より潮色がやや良くなりました!潜降ロープ付近には相変わらずコロダイ(写真:左)とメイチダイが群れています コロダイはサイズもそこそこありますのでここだけでも結構楽しめます ところで最近気になっていること 牛着岩の小牛の手前にユビノウトサカの群生地があるのですが、昨年9月中旬以降、シロハナガサウミウシが大発生してユビノウトサカが摂食されかなり傷んでいます このトサカは普段、ウツボのベッドになったり小さな生物の隠れ家になっていますがこのままだと食べつくされちゃうじゃないかとちょっぴり心配です それと今日、漁師さんから聞いたのですが船着場にハタタテダイかツノダシのどちらかがいたそうです 遂に雲見にも季節来遊魚の登場でしょうか!?
BY松田

6月24(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:24℃ 水温:21〜19℃ 透明度:8m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、クエ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、コミナトテンジクダイ、ツマグロハタンポ、イシダイ、マダイ、メイチダイ(写真)、イトフエフキ、イサキ、コロダイ、タカベ、メジナ、ニザダイ、ダルマガレイ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、ヒロウミウシ)、ミツイラメリウミウシ、クモガタウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシサガミイロウミウシシロタエイロウミウシ、シロハナガサウミウシなど

  メイチダイ

コメント:ヨタもとれ、凪になりました 浅場と深場の潮が混ざったか潮色、水温とも昨日の潮を足して2で割った感じでした 牛着岩の水路のアーチを抜けると、大きなクエが2個体、ホンソメワケベラにクリーニングされていました 潜降ロープ付近のコロダイはさらに数を増し、メイチダイも群れていました 19日のLOGのサルパ同様、メイチダイやイトフエフキが見られるようになると夏の訪れを感じますね 小牛の洞窟のオオスジイシモチがマウスブリーディング(口内保育)をしていました ネンブツダイやクロホシイシモチもペアになって群れています 来月あたりにはマウスブリーディングしている姿を見られそうですね そろそろ季節来遊魚が登場する予感がします
BY松田

6月23(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温:21〜17℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:トビエイ、ヒラタエイ、トラウツボ、ダイナンウミヘビ、ベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、オニカサゴ、キビナゴ、クエ、オオモンハタ、ルリハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、コミナトテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、タカベ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ニザダイ、 ヤマドリ、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、ノコギリガニ、キイボキヌハダウミウシ摂食シーン)、アオウミウシ、ミアミラウミウシ(写真)、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、トラフケボリなど

  ミアミラウミウシ

コメント:多少ヨタが残ったものの、前日の雨、風がおさまりコンディションも回復傾向です リクエストにより本日は極力、マクロモードを封印して(こそこそ、ちょっぴりマクロモード)ダイブしました 中層ではトビエイが優雅に泳ぐシーンやマダイが数個体見られました 潜降ロープのまわりにはコロダイも数匹群れていました キビナゴもアチラコチラで見られ、日増しに魚影が濃くなっています  浅場は水温21〜20℃で白っぽい潮色、深場はクリアですが、水温18〜17℃ う〜ん、どちらがいいんでしょうか、、、(悩) それと今日はキイボキヌハダウミウシがやたら目に付きました ミアミラといい、ジュッテンといい、年によって偏った種が大量発生している気がします さて、明日はヨタもとれコンディションもさらに上向くでしょう!
BY松田

6月19(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、サカタザメ、トラウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、キビナゴ、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、コミナトテンジクダイ、マダイ、コロダイ、イシダイ、イスズミ、メジナ、クマノミ(写真)、ニザダイ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、オトヒメエビ、ヒメセミエビオルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、ムラサキゴカクガニベニツケガニ、イソクズガニ、クモガニ、ミスガイムラサキウミコチョウカメノコフシエラガイサガミコネコウミウシコトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシサガミイロウミウシリュウモンイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンス)、ジュッテンイロウミウシ)、フジイロウミウシミゾレウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシDORIDIDAE sp.4ミアミラウミウシニシキウミウシイガグリウミウシコイボウミウシフリエリイボウミウシキイロイボウミウシミズタマイボウミウシオトメウミウシスミゾメミノウミウシヒラムシの仲間、サルパの仲間など

  クマノミ

コメント:最高のお天気になりました 海の中も中層にカエルの卵?のようなサルパの仲間の姿がたくさん浮遊していて夏の訪れを感じました♪ 1ダイブ目は牛着岩の水路を抜けて沖へ 大きなクエに大接近!ご一緒した方々におのおのデジカメやビデオで撮影して頂きました 動画ではクエの大あくびのシーンも撮れ大収穫でした 2ダイブ目は三競でウミウシダイブ カエルアンコウも 前日と同じ姿勢で定着していました 3ダイブ目は再び牛着岩をやりました 越冬クマノミ(写真)と戯れたり、洞窟でサクラテンジクダイやコミナトテンジクダイをウォッチしました ウミウシの仲間もたくさん見られましたよ!ご一緒した皆様、画像提供ありがとうございます
BY松田

6月18日(月)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウ)、ハナタツ、イタチウオ、カタクチイワシ、クエ、ルリハタ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、シマイサキ、タカベ、イシガキダイ、ツマグロハタンポ、コウイカの仲間、イセエビ、ヒメセミビ、オルトマンワラエビ、イソクズガニ、イバラウミウシ属の一種4ムラサキウミコチョウモンガラキセワタ、カメノコフシエラガイ、ミツイラメリウミウシサガミリュウグウウミウシクモガタウミウシコモンウンミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシリュウモンイロミウシ、サガミイロウミウシ、アラリウミウシノウメア・ワリアンスジュッテンイロウミウシ)、センテンイロウミウシフジイロウミウシキャラメルウミウシ幼体)、DORIDIDAE sp.4)、イガグリウミウシ、オトメウミウシ、ミズタマイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ヒブサミノウミウシセスジミノウミウシ、シュスヅツミ、ツグチガイ、ヒラムシの仲間など

  シロタエイロウミウシ

コメント:朝方に降っていた雨も上がり、上々のコンディションでした 本日は「どマクロ・フォトガイド」のリクエストでしたのでねっちこく3ダイブしてきました キャラメルウミウシが幼体と成体の2個体、ジュッテンイロウミウシが単体とペアで3個体、ミズタマイボウミウシが3個体とボク的に嬉しい系のウミウシがたくさん見られ、ダイバーの方も満足頂いた様子でよかったです!カエルアンコウの仲間やタツノオトシゴの仲間も 見られました 牛着岩では大きなクエが悠々泳いでいました 水温の上昇に伴い、魚影がグングン濃くなってきました ワイド派、F・W派の方も盛り上がれるコンディションです
BY松田

6月17日(日)

雲見 張石ビーチ/三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アカエイ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、クロサギ、コブダイ、コウイカの仲間、マダコ、スナダコ、イセエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、ムラサキゴカクガニ(写真)ムラサキウミコチョウカメノコフシエラガイミツイラメリウミウシシロウミウシコモンウミウシサラサウミウシアオウミウシウスイロウミウシアラリウミウシ)、ジュッテンイロウミウシサガミイロウミウシフチベニイロウミウシキャラメルウミウシイガグリウミウシミズタマイボウミウシ)、キイロイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、オトメウミウシスミゾメミノウミウシミチヨミノウミウシイボベッコウタマガイヒラムシの仲間など

  ムラサキゴカクガニ

コメント:レスキューコース2日目のシナリオ練習を張石ビーチで開催しました お天気が良く潮も温かく、気持ちよくトレーニングできました 講習生の皆さんがとても頑張ってくれました!と、いうことで午後の空いた時間を利用してファンダイブを楽しみました 皆さん小物系粘着ダイバーでしたので、小さな被写体を撮りまくりです ジュッテンイロウミウシやキャラメルウミウシ、ミズタマイボウミウシなど個人的にちょっと嬉しいウミウシの仲間も見られ、レスキュー講習同様、おおいに盛り上がりました!
BY松田

6月16日(土)

レスキュー講習

天候:晴れ 気温:25℃ 水温: 透明度:

観られた生物:

  講習風景

コメント:梅雨入りしたばかりだというのに最高のお天気でした 終日、限定水域トレーニングでしたのでLOGは上がっていませんが、たまにはこんなのもいいかなと思い掲載します 明日は講習後、がっつりフォトガイドです LOGのUPをお楽しみに!
BY松田

6月15日(金)

雲見 牛着岩/赤井浜

天候:曇り→晴れ 気温:25℃ 水温:22〜20℃ 透明度:12m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、クエ(写真)、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、マダイ、イトフエフキ、ツマグロハタンポ、ヨメヒメジ、スズメダイ、キュウセン、カミナリベラ、ニシキベラ、ブダイ、ヤマドリ、ヒメギンポ、イソギンンポ、ベラギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、マダコ、オトヒメエビガンガゼエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミヒラミルミドリガイコトヒメウミウシミツイラメリウミウシウスイロウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、フジイロウミウシシロタエイロウミウシシロハナガサウミウシツノワミノウミウシ、タルダカラなど

  クエ

コメント:東海地方も昨日、観測史上二番目の遅さで梅雨入り宣言が発表されたのも束の間、今日はすっかり良いお天気になりました!牛着岩は小牛から大牛方面に結構いい潮がかかっていました 潮は温かくとてもキレイでした 多少ヨタは入っていたものの、牛着岩の水路も問題なく通れました 水温的にもそろそろサカタザメが浅場にのっこんで来る頃だと思い、赤井浜を潜りましたが残念ながらまだもう少し早かったようです さらに以前から気になっていた赤井浜に向って右側の洞窟を丹念にチェックしました ウミウシが付きそうなロケーションだったのですが、これといったモノは見られませんでした 20℃を超えようやくウェットシーズンの開幕ですね
BY松田

6月13日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23〜20℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、キビナゴ、クエ、スズメダイ、ヤマドリ、クモガタウミウシなど清掃中にも色々な生物に出会いました

  海中クリーン作戦

コメント:雲見の海中清掃に参加してきました 1ダイブ目は牛着岩の小牛手前側を担当したのですがゴミはほとんど落ちていませんでした エキジット後小休止 2ダイブ目は以前から危ないなと気になっていたのですが、-24mのアーチの沖側に引っかかっているエビ網を回収することにしました 多少、危険が伴う作業のためダイビングサービスはまゆのスタッフ3名に協力してもらい20分後、無事作業を終えました 毎年、参加していますが海を生業としている者にとってとても大事なことですよね 19日(火)は一般ダイバー参加型のクリーン作戦を開催しますので興味のある方は是非、ご参加下さい
BY松田

6月11日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:20〜17℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ヒラタエイ、トラウツボベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、キビナゴ、ハオコゼ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、クマノミ、スズメダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、アオリイカ、マダコ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アケウスイソクズガニムラサキウミコチョウ)、モンガラキセワタコトヒメウミウシヒロウミウシ)、ミツイラメリウミウシキイボキヌハダウミウシカイメンウミウシクモガタウミウシコモンウミウシシロウミウシ)、アオウミウシ(交接器が露わ)ウスイロウミウシEUDORIDOIDEA DORIDIDAE sp.4リュウモンイロウミウシミゾレウミウシキャラメルウミウシ(写真)フジイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンスハナイロウミウシフチベニイロウミウシニシキウミウシイガグリウミウシドト・ラケモサオトメウミウシミズタマイボウミウシ)、フジエラミノウミウシ、 トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  キャラメルウミウシ

コメント:銭洲明け疲れを癒しに雲見をリサーチで潜りました 潮色よくビックリ!!小物中心にじっくり探してきました いるわいるわ沢山のウミウシが見られました 今シーズン お初のウミウシ達との出会いもあり、ネタ的には十分に情報収集できました 地形、ワイド、小物などいろいろなリクエストにお応えできそうです ここにきて水温もググっと上がりましたので、個人差はありますが5ミリフルスーツでもイケるのではないでしょうか?今年はラニーニャ現象で梅雨明けが早く猛暑になるとのこと 水不足が心配ですが、マリンスポーツをするには盛り上がりそうですね
BY松田

6月10日(日)

銭洲 ネープルス/ダルマ/エビ根〜ヒラッタイ

天候:曇り時々晴れ 気温:24℃ 水温:20〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:メジロザメの仲間エイラクブカコロザメ)、オオセホシエイ)、ヒラタエイ、イタチウオ、イットウダイ、アオヤガラ、オキザヨリ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、シマアジヒラマサヒレナガカンパチ)、メアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシガキダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、ニザダイ、キンメモドキシラコダイユウゼンレンテンヤッコ、カゴカキダイ、タカノハダイ、ミギマキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ナメモンガラ、ハコフグ、ハリセンボンイシガキフグ、イセエビ、ガーベラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、オオアカヒトデなど

  ダルマ(大ダルマ)

コメント:5:00に松崎港を出航し、途中大雨に降られお天気が心配されましたが、現地に到着するとなんとか雨もおさまり雲の間から時折り日差しが見られました コンディションは水温、透視度とも前日の雲見と大差ありませんでしたが、いかんせん海のポテンシャルが桁違いです サメの仲間や青モノが多く見られ、魚影も濃厚でした 1ダイブ目は様子見でネープルスでカンパチまみれ 2ダイブ目は軽トラック程はあろうかというホシエイに遭遇 3ダイブ目は魚影大爆発、何でもありの豪華キャスト登場 手応えはというと、遠征の開幕戦としては上出来だったのではないでしょうか?当店では標準で3ダイブしますので、色々なポイント、スタイルを楽しんでいただけますよ!是非、興味のある方は当店の遠征ツアーにご参加下さいね  今回ご参加の皆様
BY松田

6月9日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、ヒラタエイ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ、 ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、サクラテンジクダイ、コミナトテンジクダイスズメダイ、コケギンポの仲間、コウイカの仲間、マダコ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、フジイロウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、イロウミウシの仲間、シロハナガサウミウシ、キイロイボウミウシ、ヒブサミノウミウシトラフケボリ(写真)、ヒラムシの仲間など

  トラフケボリ

コメント:潜り放題キャンペーン中に付き、本日もガッツリ潜りました 1ダイブ目は翌日の銭洲遠征に備えてシュミレーション・ダイブをしました グンカン周辺の砂地にはエイの姿がたくさん見られましたよ!2ダイブ目は三競で100ダイブ&200ダイブ記念を開催しました 本来なら翌日の銭洲が記念ダイブになるのですが、銭洲あたりだと海況しだいでは記念ダイブがままならなくなるため、前倒し?で開催しました 3ダイブ目も牛着岩で地形ダイブをしました 時期的にそろそろサカタザメが砂地の浅場に登場するころですね
BY松田

6月8日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:ヒラタエイ、トラウツボ、ハナタツ)、クエ、オオモンハタ、マダイ、コロダイ、イサキ、イシダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、クマノミ、スズメダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、マダコ、イソギンチャクモエビオルトマンワラエビ、アケウスミスガイ(交接中)ムラサキウミコチョウ)、モンガラキセワタヒロウミウシミツイラメリウミウシスポンジウミウシウスイロウミウシ、アオウミウシ、ミゾレウミウシ、シロハナガサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ハナオトメウミウシコイボウミウシトラフケボリ、シュスヅツミ、サチコツグチ、ホソテンロクケボリテンロクケボリコダマウサギガイ、ボウシュウボラ、ヒラムシの仲間など

  ハナミノカサゴ

コメント:6月に入りコンディションがかなり上向いています 本日も引き続きグッド・コンディションでした 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからブイというコース取りです うっかりフードを着用するのを忘れてしまい少し寒さが心配だったのですが、全く問題ありませんでした 小牛の沖側ではクエやヒラタエイなどが見られました 2ダイブ目はじっくり小物ウォッチです 先だってキイロウミコチョウを見かけたエリアで今度は久し振りにモンガラキセワタを目撃しました コイツもかなり小さかったです(比較対象はお絵描き先生のペン先) 魚影も濃くなり今週末が楽しみです!!
BY松田

6月6日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:20〜18℃ 透明度:12m

観られた生物:ホシエイ動画はコチラ)、ヒラタエイ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、カタクチイワシ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、マダイ、コロダイ、イサキ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、コウイカの仲間、マダコ、ビシャモンエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ショウジンガニ(摂食シーン)ムラサキウミコチョウコトヒメウミウシキイボキヌハダウミウシ(摂食シーン)、ウスイロウミウシ、アオウミウシミゾレウミウシ、イガグリウミウシ、 シロハナガサウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミ、ヒラムシの仲間など

  ホシエイ

コメント:素晴らしいコンディションでした!1ダイブ目は牛着岩の沖合いからENT.してグンカンでEXT.しました 潮色がいいのでとても気持ちよく、何か大物が出そうな雰囲気ビンビンでした グンカン根頭では大型のマダイが2個体、悠々と泳いでいてまさに貫禄じゅうぶん! 2ダイブ目は小牛の沖合いと水路の壁をじっくりウォッチしました ウミウシの仲間やカエルアンコウの仲間などが見られました 3ダイブ目は大牛周辺です キイボキヌハダウミウシの摂食シーンにまたまた遭遇!このところ良く見かけるんです かなり食いしん坊なウミウシなのでしょうか?
BY松田

6月3日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19〜18℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、ネンブツダイ、イシダイ、マダイ、クマノミ、スズメダイ、ヤマドリ、トビヌメリ、アライソコケギンポガラスハゼ、ヒラメ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、マダコ、ビシャモンエビミスガイキイロウミコチョウムラサキウミコチョウ)、ヒロウミウシウスイロウミウシアオウミウシ(交接中)ミゾレウミウシイガグリウミウシ、シロハナガサウミウシ、オトメウミウシスミゾメミノウミウシホソテンロクケボリトラフケボリ(産卵中)、シュスヅツミなど

  アライソコケギンポ

コメント:1ダイブ目は潮が少しかかっていました 浮遊物は多めでしたが潮色はまずまずです 魚影も濃く、潜っていて楽しいですよ!先月あたりからムラサキウミコチョウの姿をたくさん見かけるようになりました 本日は5個体も見られました 羽ばたくシーンをほんの一瞬だけ動画におさめました(コチラをCLICK) ウミコチョウと言えばなんと、キイロウミコチョウを雲見で初めて目撃観察しました 浮島ビーチの−2〜5mくらいの浅場でよく見かけますが、雲見の−10mにもいるんですね〜 ムラサキウミコチョウに比べ、かなり小さいですよ(比較対象 物はお絵描き先生のペン先) 今日からウェットに衣替えしようと思ったのですが、水着の収納場所が分からず断念、、、 今まで家事を一切していなかったツケが・・・(涙)
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED