ダイビングログ2009年6月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

動画はQuickTimeをダウンロードして下さ い

6月30日(火)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:曇り 気温:24℃ 水温:21.6〜20.9℃ 透明度:10m

観られた生物:アカエイ、トラウツボ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウ(ver.12)、イタチウオ、オニカサゴ、ネンブツダイ、アカネテンジクダイ、コロダイ、マダイ、クマノミ、コガネスズメダイ、ヤマドリヘビギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシノハゼ、アオリイカ、コウイカの仲間、ヒメイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、ヒラミルミドリガイ、ヒロウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、ニシキウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、ジュッテンイロウミウシ(写真)、キイロイボウミウシ、ガーベラミノウミウシ、シュスヅツミ、ベニキヌヅツミなど

  ジュッテンイロウミウシ

コメント:6月最終日、ここに来て潮色がグーンと良くなりました! 久し振りにワイドな感じのダイブも楽しめましたよ 1ダイブ目はここ最近のウチのトレンド、−24mのブイからエントリーして小牛の洞窟から小牛を1周 大好きなウミウシのひとつ、ジュッテンイロウミウシに会えました〜 2ダイブ目は潮色が良かったので最近設置されたグンカン・ブイからエントリー コブ根往復です 真っ白な砂地がとてもキレイでした 深場ではアオリイカが数個体、見られました サプライズはありませんでしたが気持ちの良いダイブでした 前線の影響でグンカン根頭はかなりヨタが入っていた為、ラスト3ダイブ目はオオ根へ 当然、アオリイカ狙いです 砂地とゴロタの境の産卵床ではアオリイカは見られませんでしたが、砂地の産卵床にはたくさん集まっていましたよ 是非、リクエストして下さいね!

6月29日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:21.6〜20.2℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、ガラスハゼムチカラマツエビオルトマンワラエビイボイソバナガニベニサンゴガニ(写真)、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシサガミリュウグウウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシver.12)、シラユキウミウシ、フジイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、ユビウミウシトラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ベニサンゴガニ

コメント:梅雨の晴れ間、真夏日になりました 潮色もようやく上がってきました〜! 1ダイブ目は小牛周辺をダイブしました −24mのアーチの根頭ではイサキの群れが見られました ネンブツダイの群れの中を良く観ると口内保育を始めている個体もチラホラ見かけるようになりました いよいよ海の中にも夏が来ましたね〜 2ダイブ目は大牛周辺を潜りました ムラサキウミコチョウが5個体かたまって産卵をしていました このエリアだけで3個体のキイボキヌハダウミウシを目撃 このウミウシもボク的には何となく夏のイメージなんですよねぇ 今日の1枚はサンゴガニの仲間です 狭いところに棲んでいるので撮影するのに手を焼きますが、なかなかキレイなカニですよね

6月27日(土)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:21.5〜21.2℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:サカタザメ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、スベスベマンジュウガニ、ムラサキウミコチョウ、ヒラミルミドリガイ、ヒロウミウシイバラウミウシ属の一種、センヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、シロタスキウミウシアラリウミウシver.12)、、ノウメア・ワリアンス、リュウモンイロウミウシ、オトメウミウシツルガチゴミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミホシキヌタ、ボウシュウボラなど

  ツルガチゴミノウミウシ

コメント:引き続き、お天気と凪に恵まれました(潮色は変わってませんが、、、苦笑) 1ダイブ目は−24mアーチ根頭のブイからエントリー 潮がタルんでいたので魚影は今ひとつでしたが、のんびり潜れました 本日もH型のアーチに群れていたイサキがキレイでした 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー ウミウシ・ウォッチング&フォトダイブで1時間近く潜りました 水温が20℃オーバーになりましたのでさほど寒さは感じませんでしたよ ラスト3ダイブ目はオオ根をやりました アオリイカの産卵シーンがリクエストでしたが、目的は達成できず、、、 すぐさまターゲットをチェンジして砂地でサカタザメ狙い 皆さんガブリ寄りで撮影して頂きました あいにくの視界でしたが記念ダイブも盛り上がりましたよ〜!

6月26日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:20.1〜18.2℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホシエイ、ベニカエルアンコウハナタツ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイクマノミ(写真)ガラスハゼムチカラマツエビ、ムラサキウミコチョウ、ノトアリモウミウシヒロウミウシコトヒメウミウシイバラウミウシ属の一種ミツイラメリウミウシニシキリュウグウウミウシイガグリウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シラユキウミウシ、シラユキモドキウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシシロタスキウミウシノウメア・ワリアンスヘリシロイロウミウシコイボウミウシオトメウミウシ、テンロクケボリ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

  クマノミ

コメント:前日までのヨタが取れお天気、凪に恵まれました! ただ潮色は、、、依然、低空飛行でした 1ダイブ目はここ最近のトレンド、−24mアーチ根頭のブイからエントリーしました 水路の壁ではとってもかわいいオレンジ色のベニカエルアンコウが見られました このところ、ベニ以外のカエルアンコウの仲間を見ていません イロとかオオモンカエルアンコウの小さいのが見たいですね〜 2ダイブ目は大牛周辺を流しました ムチカラマツエビやガラスハゼの幼魚をじっくり観察してきました 今日の1枚は昨秋からずっと追いかけている越冬クマノミです 牛着岩周辺にはボクの知っている限りでも数個体が越冬しています サイズが少しづつ大きくなっています

6月25日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:27℃ 水温:20.5〜17.7℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ(写真)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、ヤマドリ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ハリセンボン、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ムラサキウミコチョウ、アメフラシ、テントウウミウシ、ヒロウミウシ、イバラウミウシ属の一種ミヤコウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシアラリウミウシ、サガミイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、オトメウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ミノウミウシの仲間など

  ベニカエルアンコウ

コメント:まだヨタが残っていたもののOPEN 1ダイブ目は−24mアーチのブイからエントリー 地形を中心に50分のダイブでした 三角穴はギリギリなんとか通れました 2ダイブ目は同じブイからエントリー −26mアーチをくぐり大牛洞窟へ サクラテンジクダイ、いつ見てもキレイですね〜 ウミウシの仲間を観察しながら湾内でエキジットしました ラスト3ダイブ目は三競へ ただヨタが残っていた為、3番洞窟のエアードームや4番洞窟の奥のホールへは行けませんでした 明日以降、コンディションが回復して穏やかな海が戻ってくると思います もういい加減、ロクハンに衣替えしようと思っているのですが、水底に冷たい潮が入っていて躊躇しています、、、

6月24日(水)

田子 @白崎bP/白崎bQ〜3/前浜  Aフト根/弁天島〜前浜

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:21.7〜19.8℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:トビエイ、ヒラタエイ、サカタザメ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、キンギョハナダイ、サクラダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マダイ、メイチダイ、メジナ、イスズミ、ワニゴチ、アカカマス、ツバメウオ、アミメハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、オトヒメエビ、マルガザミ、ムラサキウミコチョウ、ハナミドリガイミツイラメリウミウシセトリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシコモンウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシシラユキウミウシ、アラリウミウシ、ハナイロウミウシ、コイボウミウシシロハナガサウミウシアワシマオトメウミウシver.12)など

  セトリュウグウウミウシ

コメント:前日に比べればずいぶんコンディションが回復しましたが、まだヨタが残っていた為、田子でファンダイブとOWDコースを開催しました ファンダイブの1ダイブ目は白崎の1番ブイを潜りました そして何と久し振りにセトリュウグウウミウシに遭遇 しかも2個体っ! 今まで1cmくらいの小さな個体しか見たことがなかったので10cm以上もあるサイズにはビックリ しかもとってもキレイでした〜 2ダイブ目は白崎の2番ブイからエントリーして3番ブイへ たくさんのウミウシが観られました 午後から参加の方は沖根を潜りました 湾内に比べ潮色が良く10〜8mくらい見えていたそうです 最後は前浜でOWD講習生と合流して潜りました 午後に入ってだいぶヨタが強くなったものの講習も無事、修了しました

6月23日(火)

田子 弁天島/白崎bP/前浜

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:21.0〜17.4℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:サカタザメ、ヒラタエイ、ヒフキヨウジ、アオヤガラ、ミノカサゴ、オニカサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、コブダイ、アカカマス、ニシキハゼツバメウオ(写真)、カワハギ、コウイカの仲間、オルトマンワラエビ、マルガザミ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アラリウミウシ、フジロウミウシ、テンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ツバメウオ

コメント:強いヨタが入り雲見、浮島ともCLOSE と、いうことで田子でOWDコース及びファンダイブを開催しました ファンダイブの1ダイブ目は弁天島にエントリー 雨の影響で水面は濁っていましたが深場は透視度が5mほどありました キレイなイロウミウシの仲間をじっくり撮影&観察 2ダイブ目は白崎bPを潜りました 土管漁礁を過ぎた中層には大きなマダイがたくさん集まっていました カマスの仲間もすごい群れで泳いでいました 3ダイブ目は前浜にエントリー 水深−9mの漁礁にはツバメウオ若魚が居付いていましたよ! その他、サカタザメやヒラタエイなど砂地に棲むエイの仲間も登場 海況が悪いながらもいい海でした

6月22日(月)

浮島 ビーチ

天候:雨 気温:25℃ 水温:20.7〜19.7℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ヒラタエイ、アオヤガラ、イトフエフキ、イネゴチ、キンメモドキニジギンポヒメギンポ、ヘビギンポ、チャガラ(写真)、ホシノハゼ、クツワハゼ、サビハゼ、ヒメイソギンチャクエビモクズショイニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシver.12)、ウスイロウミウシコイボウミウシキイロイボウミウシシロハナガサウミウシオトメウミウシムカデミノウミウシヒラムシの仲間など

  チャガラ

コメント:トレーニング・ダイブで大雨の降りしきる中、浮島ビーチを潜ってきました ヨタが入ってきて、ドラゴンホールは本当にしんどかったです、、、 浅場のウネリを避けるようにショットホール方面へ 途中、ムーンビーチ手前でキンメモドキの大群が見られました 魚影の濃さは圧巻でしたよ〜 ムーンビーチ、ショットホールは水深が12m〜あるためドラゴンホールと比べると穏やかでした サラサウミウシがやたら目に付きました その後、ビーチ右側のトップガンホール、水上トンネルへ チャガラの群れがとてもキレイでしたよ! いかんせんヨタが強烈だった為、本日はあまり生物を見つけることができませんでした、、、 明日から海が荒れる模様です 田子湾内をじっくり潜ってきます!

6月19日(金)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:20.8〜19.3℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツ、オキエソ、クロホシイシモチ、ヨメヒメジ、ガラスハゼ(写真)アオリイカver.123卵嚢動画)、ムチカラマツエビイソコンペイトウガニムラサキウミコチョウモンガラキセワタヒトエガイ卵塊)、イバラウミウシ属の一種ミツイラメリウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシヘリシロイロウミウシなど

  ガラスハゼ

コメント:今日はダイビングサービスはまゆさんのスタッフと一緒に潜りました そう、アオリイカの産卵シーンを狙いにオオ根に入りました 産卵床には朝からたくさんのアオリイカのペアが集まっていました 交接シーンも見られたのですが残念ながら画像におさめることはできませんでした 50分間ひたすらアオリイカを観察&撮影し続けました クルクルをイカの体色が変わってとてもキレイでした あっという間の50分でしたよ ボクは産卵床にベッタリだったのですが、はまゆスタッフ情報ではサカタザメが2個体見られたそうです 毎年この時期(水温20℃前後)になるとサカタザメが浅場にのっこんできます 2ダイブ目は小さな生物を集中して観察してきました 今の時期、本当にバリエーションが豊富な雲見です!

6月18日(木)

雲見 牛着岩/オオ根/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:20.7〜19.7℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、キンギョハナダイ、コロダイ、ホンソメワケベラ、ヤマドリ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、アオリイカの産卵ver.12動画)、ヒメイソギンチャクエビムラサキウミコチョウモンガラキセワタヒトエガイヒロウミウシイバラウミウシ属の一種センヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシver.12)、コールマンウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシノウメア・ワリアンスリュウモンイロウミウシヘリシロイロウミウシ、シロウサギウミウシ、ガーベラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリなど

  アオリイカの産卵

コメント:本日のターゲットはアオリイカの産卵シーンとウミウシの仲間の2点に絞って3ダイブしました 1ダイブ目は平均水深が比較的浅い、大牛洞窟前からエントリーしました ネコジタウミウシ科と思われる名前の分からなかったウミウシはイバラウミウシ属の一種と判明しました ま、和名がないこととネコジタウミウシ科ということにおいては大枠で当たっていましたが、、、 2ダイブ目はメイン・イベントのアオリイカの産卵シーンです 伊豆半島では各ポイントで産卵床の設置をしていますが、雲見では始めての試みゆえ、エリアとしての期待が大きいですね アオリイカの産卵は今が最盛期 たくさんのペアが見られました 3ダイブ目は三競でウミウシの仲間やオキナワベニハゼとタイマン勝負をしました 明日もアオリイカの産卵、見に行っちゃいます! 是非、リクエストして下さいね〜

6月17日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:20.6〜20.0℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.1234)、ハナタツホソウミヤッコ、オニカサゴ、イサキ、コロダイ、キンチャクダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、ハナハゼ、ダテハゼ、ムスメウシノシタ動画)、オルトマンワラエビイボイソバナガニアケウスイソコンペイトウガニミズヒキガニムラサキウミコチョウモンガラキセワタ、アメフラシ、クロイバラウミウシウミウシ不明種センヒメウミウシver.12)、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ(写真)アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタスキウミウシ、ノウメア・ワリアンス、センテンイロウミウシ、シラユキウミウシリュウモンイロウミウシヘリシロイロウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシ、トラフケボリホソテンロクケボリテンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  キャラメルウミウシ

コメント:ここに来て水温が上昇 20度超えをしました 温かくて濁った潮が入ってたため、全体的に透視度が下がってしまいました、、、 1ダイブ目はこのところ定番になりつつある−24mアーチの根頭ブイからエントリー 潜っていない昨日、一昨日とこの周辺の水面でハンマーヘッドシャークの目撃情報が上がっています 中層にも目をやりつつ、小牛をまわりました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー たくさんのウミウシの仲間をGETしました ネコジタウミウシ科の仲間と思われるウミウシですが、どこから来たのか2個体に増え、なんと交接していました 3ダイブ目は小牛の前をじっくりのんびり 砂地でハゼの仲間、ソフトコーラルではウミウサギガイの仲間を観察しました 安全停止中、イワシの群れがいい感じで入ってきました 回遊魚がそろそろ来そうですね〜!

6月14日(日)

雲見 三競/オオ根/牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:24℃ 水温:19.3〜18.0℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ヒラタエイ、ハナアナゴベニカエルアンコウver.12)、 ハナタツ、カサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、ニシキベラ、スズメダイ、クマノミ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ダルマガレイ、アオリイカ(写真)、ヒメイソギンチャクエビ、ガンガゼエビイボイソバナガニ、クモガニ、ウミウシ不明種、キャラメルウミウシ、コールマンウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシウスイロウミウシ、シロタスキウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シラユキウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリなど

  アオリイカ

コメント:引き続き穏やかな海況に恵まれました 本日はPPB(中性浮力)のトレーニングを含む、平日ガッツリ4ダイブです まず1ダイブ目はフォト・ダイブで三競3番から2.5番へ ウミウシ三昧のダイブを満喫しました 2ダイブ目はPPBスペシャルティ・コースでオオ根へ 講習中、ふとアオリイカの産卵床へ目をやると数ペアのアオリイカが交接、産卵にやってきていました しばし、講習を中断してこの生命の営みとでもいうべく幻想的なシーンを観察しました 今が旬です 是非、リクエストして下さいね 3ダイブ目は小牛の前の砂地でPPBの続きです 水底の砂を巻き上げずに中層に移動するテクニックなどを練習しました ラスト4ダイブ目は中層移動でからグンカンへ 潮色がグッと良くなり気持ちよく潜れましたよ!

6月13日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温:19.0〜18.1℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ホシエイ動画)、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツver.12)、 キンギョハナダイ、ネンブツダイ、テングダイ、スズメダイ、トウシマコケギンポコケギンポの仲間ハナハゼ、ダテハゼ、イボイソバナガニヒシガニ動画)、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシミツイラメリウミウシウミウシ不明種キイボキヌハダウミウシサガミリュウグウウミウシ(写真)、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタスキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シラユキウミウシ、マツカサウミウシ属の一種、トラフケボリ、ホソテンロクケボリなど

  サガミリュウグウウミウシ

コメント:前日のヨタが取れ、すっかり穏やかになりました PADIデジタルU/Wフォト・コースも兼ねてじっくり3回のフォト・ダイブをしました 1ダイブ目は久し振りのダイビングということでブイからエントリーし小牛の前のみ50分 小牛の前の砂地では6年ぶりでしょうか?ヒシガニに出会いました 肩にはアントクメが生えていてなんとも貫禄十分といった感じでした 2ダイブ目は−24mアーチの根頭ブイからエントリーして水路へ 赤とオレンジ色のハナタツが2個体、ベニカエルアンコウが4個体見られました ラスト3ダイブ目は鉄板ポイントの大牛洞窟前へ おそらくネコジタウミウシ科の仲間と思われる名前のわからないウミウシが本日も見られました 今日の1枚はサガミリュウグウウミウシです 大型で見応えがありますね

6月12日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:18.8〜17.8℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.1234)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、サクラテンジクダイ、ネンブツダイ、イトヒキベラ、ブダイ、ウイゴンベ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、コクテンベンケイハゼアオサハギ(写真)イボイソバナガニムラサキウミコチョウ、アメフラシ、ヒロウミウシキイボキヌハダウミウシイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シロタスキウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ユビウミウシ、マツカサウミウシ属の一種、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミ、トラフケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  アオサハギ

コメント:平日ガッツリ、50分×3本勝負してきました! 先週も目撃情報が上がったマンボウ遭遇の可能性を残しながら、1ダイブ目は−24mのアーチの根頭ブイからエントリーして水路へ ベニカエルアンコウはなんと5個体も見られました 2ダイブ目は同じく−24mアーチの根頭ブイからエントリーして大牛洞窟前へ ウミウシの仲間を中心にじっくりフォトダイブをしました ラスト3ダイブ目はしつこく同じところからエントリー 残念ながら今回もマンボウに遭遇することはできませんでしたが、小牛周辺の真っ白な砂地で癒し系ダイブを楽しんできました あいにくヨタが入っていた為、フォト・ダイブにはちょっぴり厳しいコンディションでしたが、明日以降はヨタもおさまり回復するでしょう

6月11日(木)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:19.8〜19.2℃ 透明度:10m

観られた生物:ホシエイ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.123)、 ハナタツ、 マダイ、イシダイ、メジナ、ムスメウシノシタ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニムラサキウミコチョウ、モンガラキセワタ、コトヒメウミウシヒロウミウシウミウシ不明種ミツイラメリウミウシイガグリウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シロタスキウミウシ、アラリウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、タテヒダウボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ヒブサミノウミウシシロミノウミウシホソテンロクケボリテンロクケボリトラフケボリ、ベニキヌヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  ハナタツ

コメント:朝一番から三競の3番洞窟入口の壁にへばり付きウミウシ・ダイブをしました ここ最近、2番洞窟から入り、2.5番でタイムアップしてしまう為、なかなか3番まで辿り着けませんでした ヘリシロイロウミウシの小さめ個体も見つかり、まずまずの充実度でした 2ダイブ目は一転、マンボウ狙いで−24mアーチの根頭ブイからエントリー 魚影が濃く、何かしら出てきそうな雰囲気がありましたよ〜 ちなみにブイ下でハナタツが2個体見られました 3ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー 予報通り、午後に入って海が荒れた為、ブリーフィング通り湾内のブイで浮上して大正解でした 海況判断が難しいこともありますので、是非ガイド(当店ではシェルパと呼んでいます)付きダイブをオススメします

6月10日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:24℃ 水温:19.2〜18.9℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、ウルメイワシ、ネンブツダイ、ヒレナガカンパチ、テングダイ、イスズミ、メジナ、スズメダイ、ヤマドリ、ニジギンポ、コケギンポの仲間オキナワベニハゼ、アケウス、ヒロウミウシコトヒメウミウシセンヒメウミウシ(写真)ウミウシ不明種ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウ、イガグリウミウシニシキウミウシver.12)、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシver.12)、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シロタスキウミウシセンテンイロウミウシリュウモンイロウミウシキイロイボウミウシ、バライロマツカサウミウシ、マツカサウミウシ属の一種ユビウミウシ、オトメウミウシ、サクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  センヒメウミウシ

コメント:ベタ凪、絶好のダイビング日和でした〜! ど〜してもマンボウが見たくて1ダイブ目は−24mのアーチからエントリー しばらく根待ちした後、たて穴付近をかすめて牛着岩の根沿いに移動しつつ大牛洞窟前へ ここまで来てしまうとマンボウは諦め、マクロモードに頭を切り替えます ウミウシ三昧のダイブを50分間楽しんで沖でフロート浮上 2ダイブ目は三競でウミウシ&地形ダイブ エアードームに入った時はちょうど日差しがあり光のカーテンを見ることができました 3ダイブ目はしつこくマンボウ狙いでまたまた−24mアーチのブイからエントリーしてH型のアーチから水路へ やっぱり今回もマンボウは見られませんでしたが、宝くじも買わないことには当たりませんからね〜 データなく通りすがりのマンボウに遭遇する難しさを実感しましたが、また懲りずにトライしますよ〜!

6月9日(火)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:19.4〜18.4℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホシエイ、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、マツカサウオ、クエ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイテングダイ動画)、タカベ、キンチャクダイ、オハグロベラ縄張り争い動画)、クマノミ、ソラスズメダイ、スズメダイ、ガラスハゼムチカラマツエビイボイソバナガニ(写真)アケウスイソコンペイトウガニムラサキウミコチョウヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、シロウサギウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンスシロタスキウミウシ、ウスイロウミウシ、コイボウミウシアオミノウミウシ科の一種トラフケボリ、ホソテンロクケボリ、テンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  イボイソバナガニ

コメント:引き続き、いっぱい潜ろうキャンペーン中につき平日ガッツリ4ダイブしてきました! 先週末のマンボウ情報にまんまと踊らされる覚悟で1ダイブ目から−24mのアーチのブイからエントリー 最近、根頭にいついたテングダイや良型のマダイは見られましたが残念ながらお目当ての、、、は遭遇できませんでした でも潮色はまずまずでグンカンまで気持ち良く流せました 2ダイブ目はまたまた−24mアーチのブイからエントリーして小牛を一周 ハナタツやベニカエルアンコウが3個体みられました 3ダイブ目はじっくりのんびりウミウシ・フォトダイブ 本日もたくさんのウミウシ達との出会いがありました〜 ラスト4ダイブ目は懲りずにマンボウ狙い でも結局会えませんでした、、、(涙) ガルガルし過ぎましたかね〜(苦笑)

6月8日(月)

雲見 緊急対処訓練

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:19.0℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:−

  訓練風景

コメント:雲見エリアでの緊急対処訓練が実施されました 雲見を主戦場ににする現地ダイビング・サービス、ショップが参加して丸一日がっつりトレーニングしました ダイビング指導団体によってレスキュースキル(手順)が若干異なったものの、雲見エリアということで擦り合わせ統一されたトレーニングができました これからのシーズンに向け、とてもよい準備ができたのではないでしょうか 雲見エリアとしての連帯感が生まれとても有意義な一日でしたよ ところで海のコンデョションですが、事故のシナリオで1ダイブしましたが、いい潮が入ってきて透明度抜群でした! 不謹慎かとは思いましたが、トビ根の砂地にトビエイが横たわっていたり、久し振りのジュッテンイロウミウシが見られたり結構、楽しんじゃいました

6月6日(土)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:22℃ 水温:18.2〜18.0℃ 透明度:10m

観られた生物:アカエイ、ヒラタエイ、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、オニカサゴ、イソカサゴ、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、イシガキダイ、テングダイ(写真)、タカベ、カゴカキダイ、ツノダシ、オキゴンベ、ジョーフィッシュの仲間ヤマドリガラスハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、コウイカの仲間ムチカラマツエビイボイソバナガニイソコンペイトウガニムラサキウミコチョウver.12)、アメフラシ、コトヒメウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、オセロウミウシ、シラユキウミウシシロタスキウミウシリュウモンイロウミウシトラフケボリ、テンロクケボリ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  テングダイ

コメント:朝から小雨がしとしと降りしきる中のダイビングでした 前日に続き潮色はまずまずでした 1ダイブ目は牛着岩の水路の沖合いからエントリーして沖側でエキジットしました 魚影が濃くお腹いっぱいって感じでした このところテングダイは−24mのアーチの中ではなく、根頭のほうで見かけます 2ダイブ目は小牛の周辺をじっくりのんびり 砂地ではエイの仲間をチラホラ見かけるようになりました 季節ですね〜 お目当てのトビエイは残念ながら見られませんでした、、、 3ダイブ目は鉄板ポイントの大牛洞窟前からエントリー 言うまでもなく被写体ザクザクのフォトダイブを満喫しました これといったレア物は見られませんでしたが、ラインナップは充実度はハンパじゃありません!  さらに他店情報ですが牛着岩の「たて穴」付近でマンボウが4個体出たそうです!!

6月5日(金)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:雨 気温:22℃ 水温:19.1〜17.3℃ 透明度:10m

観られた生物:ハナアナゴ、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、ムツ、セレベスゴチ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ツノダシ、ヤマドリ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、ヨソギ、ダルマガレイ、ガラスハゼイチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ムチカラマツエビヒメイソギンチャクエビガンガゼエビ(写真)イボイソバナガニイソコンペイトウガニムラサキウミコチョウモンガラキセワタ、ミドリアマモウミウシ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、マンリョウウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシマツカサウミウシ属の一種、トラフケボリ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリコダマウサギガイ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

  ガンガゼエビ

コメント:雲見いっぱい潜ろうキャンペーンで平日がっつり4ダイブしてきました〜! 1ダイブ目は−24mのアーチのブイからエントリー 水路の壁でじっくりウミウシ・フォトダイブ 5月26日の海中清掃で潜った黒崎以来、牛着岩でもツノダシの姿も見られました! 2ダイブ目は小牛周辺のみ イボイソバナガニの♀が今シーズン初めて見られました 3ダイブ目は鉄板ポイントの大牛洞窟前です ここのウミウシを始めとするする被写体の密度はハンパじゃありません マクロ系フォト派の方に是非オススメの王道コースです ホントはここだけで70分くらいやりたいですね〜 そしてラスト4ダイブ目はオオ根を潜りました 最近、アオリイカの産卵床を設置しましたがまだちょっと早かったですね 来月にはサカタザメも浅場にのっこんできっと来て盛り上がってくるでしょう

6月4日(木)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:曇り 気温:22℃ 水温:20.1〜18.9℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツ、オニカサゴ、イソカサゴ、クロホシモチ、テングダイ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ジョーフィッシュの仲間、ベラギンポ、コウイカの仲間、ムラサキウミコチョウミアミラウミウシ(写真)キャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、アラリウミウシ、ユビウミウシ、テンロクケボリホソテンロクケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  ミアミラウミウシ

コメント:PADIダイブマスターコースで3ダイブ潜りました 張石ビーチDMコースの張石ビーチではボクの盟友のインストラクターにもお手伝いしてもらい、とても内容の濃いコースになりました! 水中MAP作成のための計測ダイブをしました 潮色が上がりましたのでとても計測しやすかったです 3ダイブ目は−24mのアーチからエントリー エントリーエリア付近ではいつもの個体を違う赤いハナタツやベニカエルアンコウ、テングダイなどが見られました 水路の前の砂地ではジョーフィッシュの仲間が時折、全身姿を現して中層を漂っていました 水温の上昇と関係があるのでしょうか、ジョーフィッシュの活性がずいぶん上がりました

6月3日(水)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:曇り 気温:23℃ 水温:19.5〜19.4℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ハナタツ、カタクチイワシ、クエ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、タカベ、テングダイ、キンメモドキ、イソコンペイトウガニ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシオセロウミウシ、ウスイロウミウシ、セトイロウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタスキウミウシ、ハナショウジョウウミウシ、ガーベラミノウミウシ、コダマウサギガイなど

  セトイロウミウシ

コメント:PADIダイブマスターコースとデジタルU/Wフォトグラファー・コースを開催しました それぞれ担当のインストラクターが付き、水中世界を楽しみながらコースを進めていきました  今日は被写体をたくさんご紹介するのではなくひとつの被写体に対して構図やジャンメラの設定をあれこれ工夫しながらじっくり撮影して頂きました お陰でフォト講習はNEWカメラもすっかり手に馴染んだ様子 でロギングの際もモニターに接続して上映会をしましたが、素晴らしい作品の数々でした 潮色が今ひとつですが、こんな時は小さな生物に焦点を当てて潜ってみましょう  新たな発見があるかもしれませんよ 水温が若干上がり、これから雲見のダイビング・シーンがますます盛り上がっていきますね〜

6月2日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:19.2〜19.1℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、サクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、コロダイ、マダイ、イシダイ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキナワベニハゼ、ヒラメ、オトヒメエビ、イソコンペイトウガニ(写真)ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタスキウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ハナショウジョウウミウシ、オトメウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシ、ヒラムシの仲間など

  イソコンペイトウガニ

コメント:フォトダイブのリクエストで平日ガッツリ3ダイブです 1ダイブ目は大牛洞窟で洞窟の住民をじっくり撮影しました サクラテンジクダイやオトヒメエビ、ヒメセミエビなどが見られました 洞窟を出て根を左手に見ながら−16mのアーチ方面へ移動すると、たくさんのウミウシの仲間が見られました! 2ダイブ目は牛着岩の裏からエントリーしてH型の洞窟〜水路へ ここもウミウシ密度が非常に濃い〜〜ですよ そしてラスト3ダイブ目は三競2番から2.5番へ 移動距離が短いのでじっくり撮影したい方にはもってこいのコースです 雲見いっぱい潜ろうキャンペーン(日中4ダイブしても¥18,900−税込)に皆様のエントリーをお待ちしています!

6月1日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:18.8〜18.4℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:アカエイ動画)、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、カタクチイワシ、クエ、サクラテンジクダイマダイ、テングダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒラメシマウミスズメコウイカの仲間オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、モンガラキセワタ、ムラサキウミコチョウver.12)、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、キャラメルウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタスキウミウシ、ノウメア・ワリアンス、サガミイロウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、マツカサウミウシ属の一種オトメウミウシサクラミノウミウシテンロクケボリ、サチコツグチなど

  サクラテンジクダイ

コメント:今日から6月がスタートです そしていっぱい潜ろうキャンペーンのスタートです 6月最初のダイブは牛着岩、−24mのアーチのブイからエントリーしました 前日より潮色が若干上向いてきました 中層ではイワシの群れに大型のマダイがアタックをかけるシーンは見応え十分です 2ダイブ目は小牛の砂地をじっくり散策しました この時期、砂地ではエイの仲間やヒラメが旬です 案の定、アカエイやヒラメの姿を捉えることができました エイの仲間は採食行動中(食事中)、夢中になっていてダイバーをあまり意識していないのか、かなり接近することができますよ! 3ダイブ目はウミウシ・ダイブの王道、大牛洞窟へ 洞窟の住民を始め、本日もさまざまなウミウシの仲間を見ることができました〜♪

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED