DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2003年7月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

7月31日(水)

神子元島 カメ根/青根

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23℃ 透明度:20
観られた生物アカシュモクザメ群れメジロザメ群れワラサカンパチ、アオブダイ、イサキ、タカベ、サワラなど

 アカシュモクザメ

コメント:1本目はこの時期の定石通りカメ根からエントリーしました 潜降してすぐメジロザメを目撃!その後、ハンマー50個体位の群れに遭遇しました 浮上中、水面近くで体長1mくらいのサワラを発見 ちょっと距離があったので写真におさめることは出来ませんでした 2本目もエントリーしてすぐにハンマーの群れに遭遇 その後もすぐ別の群れに遭遇しました 3本目はお待ちかねの青根です 潜降して早々にハンマーに遭遇しました イサキ、タカベ、カンパチとのんびり戯れたあと流して、狙い通りメジロザメの群れに囲まれました 今シーズンの出方はなんとなく把握しましたよ〜!
BY松田

7月30日(火)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23〜20℃ 透明度:15
観られた生物アカシュモクザメ群れメジロザメ、イサキ、タカベ、アオブダイ、ヒカリボヤなど

 アカシュモクザメ

コメント:今日はチェックダイブで神子元に入りました 1本目早々、ハンマーヘッドシャーク100個体くらいの群れに遭遇しました 群れと平行にゆっくり泳ぎ、かなり長い時間ウォッチすることができました!途中から流したものの、メジロザメが単体で現れたのみでした 2本目もカメ根に入りましたが、午後から冷たい潮が入り込み、ハンマーに遭遇することはできませんでした 明日もガツンと行きますよ〜
BY松田

7月28日(月)

神子元島 カメ根/青根 シーズン開幕

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25〜23℃ 透明度:30〜15
観られた生物アカシュモクザメ群れメジロザメ群れワラサ群れカンパチ群れ、タカベ群れ、イサキ群れ、ハマフエフキ、アオブダイ、ニザダイなど

 アカシュモクザメ

コメント:神子元に遂に夏の潮が入ってきました〜 1本目は南側がチョッパヤの為、手堅く刻んだコース取りをしてスカでした(涙) 2本目はアグレッシヴに南側を攻めたもののハンマー3個体・・・ 気合を入れて臨んだ3ダイブ目の青根は爆発しました!!EN.早々にワラサの大群とカンパチの群れが交錯する上にハンマーがでました その後、流しに切り替えるとハンマー50個体くらいの群れに遭遇 潜水時間も35分になり、フロートを打つや否や、メジロザメの群れに囲まれました 群れの中にはハンマーも混じりなんともゴージャスなダイブを堪能しました(喜)
BY松田

7月28日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23℃ 透明度:15m
観られた生物トラウツボ、ゴンズイ、イタチウオ(写真)ベニイザリウオ×3、マツカサウオ、ハナタツ、キンギョハナダイ、ルリハタ、イサキ、マダイ、コロダイ、ツマグロハタンポ、テングダイ、イシダイ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、テンスyg、ハナハゼ、ダテハゼ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、キッカヒロウミウシ、アオウミウシイバラカンザシなど

 イタチウオ

コメント:雲見にもいい潮が入ってきました 水温、透明度共に上がりましたよ!っていうことで、さらに魚影が濃くなりました アーチ、ケーブにもキレイに光が射し込んでいます ベニイザリウオやハナタツも健在です いよいよ海の中にも夏が来た!!って感じですね ますます西伊豆の海から目が離せませんよ〜
BYカズ

7月27日(日)

田子 弁天島/白崎bP/フト根(沖)

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23〜22℃ 透明度:10〜6m
観られた生物トビエイ、アカエイ、ゴンズイ、ボラ、ハナミノカサゴ、カサゴ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、キンセンイシモチ、マダイハマフエフキアオブダイ、コロダイ、タカベ、マアジ、カイワリ、シマアジyg、メジナ、イスズミ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、クマノミ、スズメダイ、マツバスズメダイ、ナガサキスズメダイ、オハグロベラ、ホンソメワケベラ、コケギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、カワハギ、ヨソギ、アラレフグ、コモンフグ、キタマクラ、ダルマガレイ、アオリイカ卵、オトヒメエビ、ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、フタイロニシキウミウシ、サキシマミノウミウシなど

 クマノミ

コメント:白崎に10個体くらいのマダイの群れが入っています 珍しい魚ではないのですが、大きなマダイの群れを見ると、おぉ〜ってカンジですよ
BYカズ
コメント:弁天島で体長50cmほどのアラレフグを目撃しました!外海は魚影が濃く、根頭付近にハマフエウキの群れ、アオブダイ、コロダイなどの大型の魚がまわっています 外海&湾内の組合わせがオススメです
BY松田

7月26日(土)

浮島 カマガ根bQ/ビーチ

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温:23〜22℃ 透明度:15m/5m
観られた生物ハリセンボン、マアジ、アカカマス、ボラ、アオヤガラ、クロホシイシモチ、アカエイ、ハナアナゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、ガラスハゼ、トラギス、ヒメギンポ、ニジギンポ、オハグロベラ、コウライトラギス、ダルマガレイ、イセエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、ゼブラガニサキシマミノウミウシ、キイロイボウミウシ、アオウミウシ、フタイロニシキウミウシ、ムラサキウミコチョウ(写真)ヒロウミウシニセイガグリウミウシなど

 ムラサキウミコチョウ

コメント:ゆっくりのんびりビーチを潜って来ました ハナハゼ、ダテハゼ、テッポウエビの共生をじっくり観察するのも楽しいですよ〜
BYカズ
コメント:午前中はファンダイブ、午後はOWD講習と掛け持ちで潜りました 午前のボートはカマガ根を貸切りました 透明度抜群!いい季節がきましたね〜 ウミウシやエビカニをメインにマクロ系をじっくりウォッチしましたビーチは濁っているものの沖はいい潮が入っていますよ〜!! 
BY松田

7月25日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:22℃ 透明度:8〜6m
観られた生物トラウツボ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ×4、ハナタツ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、モロコ、オオモンハタ、イサキ、マダイ、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポ、ハナハゼ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、マルツノガニ、キッカヒロミウシ、ニシキウミウシ(写真)、アオウミウシなど

 ニシキウミウシ

コメント:グンカンと24アーチに行ってきました ハナタツとベニイザリウオは相変わらず元気でした!小牛に大きなマダイが付いてます!大きいですから見ごたえがありますよ〜 16アーチには丸々太ったハナミノカサゴ、行き止まりの洞窟の沖には、小さなハナミノカサゴがずっといます これから潮色もどんどん良くなってきますので、是非ご一緒しませんか?
BYカズ

7月25日(金)

浮島 ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:21℃ 透明度:3m
観られた生物トラギス(写真)、コウライトラギス、クロイシモチ、クロホシイシモチ、ハナハゼ、ソラスズメダイ、クサフグ、カワハギygなど

 トラギス

コメント:OWD講習でビーチを潜りました 浅場はまだ前日の大雨の名残りが残っていました ENT.エリア付近はほとんど見えませんでしたが、水深-5m付近から沖側は3mくらい視界が確保できました 潮の干満で明日はもっと回復するものと思われます 梅雨明け間近っ! 
BY松田

7月24日(木)

田子 ヤイズ根/弁天島

天候:雨→晴れ 気温:26℃ 水温:21℃ 透明度:15m/6m
観られた生物オニハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、カイワリyg、コケギンポ、ヘビギンポ、マアジ、メジナ、イラ、セミホウボウ、コスジイシモチ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、キタマクラ、アオサハギyg、ヨソギ、イソカサゴ、オルトマンワラエビ、マルガザミキイロウミウシニシキウミウシフタイロニシキウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、イガグリウミウシ、サキシマミノウミウシ、トラフケボリ(写真)など

 トラフケボリ

コメント:夜半から大雨が降ったため、透明度が心配されましたが、1本目のヤイズ根は素晴しい透明度でした 水面だけわずかに濁っていましたが、1〜2mも潜降すると水底-20mの真っ白な砂地がキレイに見えました 台風7号のウネリの為、底揺れしていた為、リクエストのウミウシ・フォトにはかなりしんどかったのですが・・・ ビーチは雨の影響で透明度が厳しいですが、沖のボートポイントはかなり潮色が良くなりました!今週末が楽しみです 
BY松田

7月23日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→雨 気温:23℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m
観られた生物トビエイホタテウミヘビ、ベニイザリウオ×3ハナタツ、マダイ、コロダイ、タカベ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ハナミノカサゴ、ガラスハゼ、コケギンポ、ダルマガレイ、カザリイソギンチャクエビ(写真)ビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、コマチコシオリエビ、キッカヒロウミウシ、アオウミウシなど

 カザリイソギンチャクエビ

コメント:ガラスハゼのペアが観られるムチカラマツがあるのですが、♀のお腹がずいぶん膨らんでいて、ひょっとしたら産卵シーンに立ち会えるのではないかと期待しています(次に潜った時、お腹が小さくなっていたらショック!)そんなこんなで、海の人気者達を観てそろそろEX.という時にトビエイにばったり遭遇しました ボクも驚きましたが、トビエイも驚いたようで、お互いにフリーズしてしまいました(笑)我に返りカメラを構えた時にはトビエイも飛び立ってしまいました・・・残念(>_<)
BYカズ

7月23日(水)

神子元島 江ノ口/三ツ根

天候:晴れ→雨 気温:23℃ 水温:22〜21℃ 透明度:10m
観られた生物ドチザメ、コブダイ、アオブダイ、モロコヒゲダイ、テングダイ、タカベ、イサキ、ホウライヒメジ、ヒラタエイ、クマノミ、キンギョハナダイ、マツバスズメダイ、ミギマキ、ネンブツダイ、イシガキフグなど

 ネンブツダイ

コメント:はるかかなたの台風7号の影響が出ているようで、南側のエリアを潜ることが出来ませんでした でも、そこは神子元、結構色々な生物が観られました 1本目ではドチザメを目撃!音でゲストに知らせたところ、反転して逃げてしまいました サメってホント音に敏感な生物ですよね〜 2本目はテングダイのカタマリの中に1匹地味なヤツが・・・ ヒゲダイでした 西伊豆ではなかなか観れないので、ちょっとラッキーでした 今年は長梅雨ですね 夏が待ち遠しいです
BY松田

7月22日(火)

雲見 沖の根/牛着岩/三競

天候:晴れ→雨 気温:25℃ 水温:22〜19℃ 透明度:10〜6m
観られた生物トビエイ(写真)、ホタテウミヘビ、アオブダイモロコ、キンギョハナダイ、サクラダイ、マダイ、コロダイ、イサキ、タカベ、ハタタテダイ、ツノダシ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、カゴカキダイ、コケギンポ、ガラスハゼ、ベニイザリウオ×4ハナタツ、イタチウオ、ツマグロハタンポ、ハナミノカサゴ、ダルマガレイ、ボウズコウイカ、オトヒメエビ、イセエビヒメセミエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、トゲアシガニ、ノコギリガニ、モクズショイ、ミアミラウミウシキッカヒロウミウシ、ニシキウミウシなど

 トビエイ(沖の根にて)

コメント:1本目で沖の根に行ってきました EN.直後トビエイ狙いで深場に移動早々にトビエイが目の前を横切りました 久し振りに大編隊が観られるかと期待が膨らみましたが、今回は3枚だけでした。。。イサキの群れやモロコ、アオブダイなどを間近でじっくり観察し、大満足の1本でした 牛着岩のほうも、生物がとても充実しています 連休後のイザリーとタツの新居はしっかりチェックしてきましたので、バッチリお見せ致します!
BYカズ

7月21日(月)

浮島 ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:23〜22℃ 透明度:10〜8m
観られた生物ホタテウミヘビ、クサフグ、キタマクラ、ダテハゼ、ハナハゼ、コウライトラギス、オハグロベラ、タカノハダイ、マダイ、ソラスズメダイ、ヒメイソギンチャクエビなど

 ヒメイソギンチャクエビ

コメント:オープンウォーターの講習中だったのであまり生物をじっくり、といいう訳にはいかなかったのですが、19日から3日間、心配されたお天気にも恵まれ、素晴しい連休になりました そして本日、また新たにダイバーが誕生しました!私の場合、スクールがメインですので生物には少し・・・ですが、これからも一所懸命勉強しま〜す!
BYさわ

7月21日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m
観られた生物ハナタツ×2ベニイザリウオ×4(写真)、ホソウミヤッコ、タツノイトコ、マダイ、コロダイ(ad、yg)、イサキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポ、ガラスハゼ、ホタテウミヘビ、トラウツボ、ハナミノカサゴ、イタチウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、ダルマガレイ、コマチコシオリエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、アオウミウシ、キッカヒロミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:海の中は相変わらず賑やかでした 連休中とあって沢山のダイバーに写真を撮りまくられた人気のイザリウオは引越し作業に大忙しでした(^^;) なんてったって1時間前の場所にいないんですから・・・ お願いだから遠くにいかないで〜ってカンジでした イザリ〜は個体数が多いのでまだまだたくさん観られます!海が賑わってきたこの機会に是非っ!
BYカズ

7月21日(月)

神子元島 カメ根

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:23〜18℃ 透明度:8m
観られた生物イサキ、タカベ、ニザダイ、アオブダイ、テングダイ(写真)、ヒラタエイ、キンギョハナダイなど

 テングダイ

コメント:ダイバーの数もさほど多くなく、今日はチャンスかっ?と思ったのですが、予想に反して大ハズレをやってしまいました。。。今回の神子元島ツアーにご参加の皆様、申し訳ございませんでした 次回ご一緒する時は、腹を切る覚悟で臨みます・・・? 1本目は水温が23〜21℃、とてもいい感じでした 期待して入った2本目は冷たい潮が入ってきて水温がなんと18℃ 神子元恐るべし。。。明後日の神子元はさらに気合を入れて頑張ります!!
BY松田

7月20日(日)

田子 弁天島〜前浜(ナイトダイブ)

天候:曇り 気温:25℃ 水温:21℃ 透明度:-m
観られた生物サカタザメ×4(写真)シビレエイセミホウボウ×2、ハナアナゴ、セレベスゴチ、ホシノエソ、ジャワハギ、アオヤガラ、ハコフグ、ウミスズメ、ボウズコウイカ、フトミゾエビ、マルガザミ、ジャノメガザミ、ツノナガコブシガニなど

 サカタザメ

コメント:昼間とはうって変わって、他のパーティと交錯することもなく静かなナイトダイビングでした 水温が上昇した為、サカタザメの活性がかり上がっています このところナイトダイブでは100%観ています 弁天島のサカタザメは個体が大きいのでとっても見ごたえがあります この時期はEX.後も気温が高いのでナイトダイビングがオススメです ロギングしながらSHOPでビールでも一緒に如何ですか?
BY松田

7月20日(日)

田子 弁天島/白崎/フト根(沖)

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:22〜21℃ 透明度:8m
観られた生物トビエイ、アカエイ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ミノカサゴ、セミホウボウ、ハナアナゴ、コケギンポ、クマノミ、キントキダイ、イスズミ、メジナ、タカベ、イサキ、アオブダイ、ハマフエフキ、マダイ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、ナマコマルガザミ、イガグリウミウシ、ニセイガグリミウシ、ニシキウミウシ、フタイロニシキウミウシ、キベリアカイロウミウシ、サガミリュウグウウミウシ(写真)、アオウミシなど

コメント:連休中日ということでしたが、海の中も生物で賑わっていました EN.してすぐにトビエイが出迎えてくれて続いてマダイの群れが!ウミウシもこのところの水温上昇で減少していたのですが、久し振りに沢山見られました 定番のネジリンボウは健在です!!
BYカズ
EXILESはガイド1名に対してダイバー5名までの人数比で潜りますので生物は絶対魅せます!撮れますよ〜
BY松田

7月19日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:25℃ 水温:22〜21℃ 透明度:8m
観られた生物ミナミハコフグyg(写真)ハナタツ×2ベニイザリウオ×5、マダイ、クロダイ、コロダイ、オキゴンベ、イタチウオ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、コケギンポ、ガラスハゼ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ、イセエビ、ノコギリガニ、ウミエラカニダマシミチヨミノウミウシ、アオウミウシ、ムラサキウミコチョウなど

 ミナミハコフグ

コメント:連休初日とあって潜水地は盛況でした 全員フォト派の方でしたので、撮る生物を決めてからコース取りを組み立てました レギュラーメンバー(イザリー、タツ)はもちろん、ミナミハコフグやウミエラカニダマシなど小さな生物をじ〜っくりウォッチしました 1ダイブ60分×3というロングダイブでした
BY松田

7月17日(木)

田子 弁天島

天候:曇り→雨 気温:25℃ 水温:22〜21℃ 透明度:8m
観られた生物アカエイ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ(写真ササハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、マダイ、オハグロベラ、ボラ、コモンフグ、コケギンポ、トラギス、コウライトラギス、サツマカサゴ、ダルマガレイ、スズメダイ、ナガサキスズメダイ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、セトイロウミウシなど

 ヒレナガネジリンボウ正面

コメント:今日は久し振りにいいお天気の中、ネジリンボウとヒレナガネジリンボウに会ってきました 相変わらず近くまで寄っても姿を隠すことなく、じっくり写真を撮ることができました 話は変わりますが、海の日(7/20)に向けてマスクを新調しました TUSA M-14です 視界がものすごく広がり、ワイドからマクロまでバッチリ生物をGETしますよ〜!とっても見やすいマスクなので皆様も是非お試し下さい
BYカズ

7月13日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:23℃ 水温:21〜18℃ 透明度:12m
観られた生物ハナタツ×2ベニイザリウオ×5オオモンイザリウオ(写真)、ヨコスジフエダイ、コロダイ、イタチウオ、キュウセン、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ソメンヤドカリ、ノコギリガニ、ショウジンガニ、モクズショイ、コダマウサギガイサガミイロウミウシなど

 オオモンイザリウオ

コメント:今日は1ダイブでオオモンイザリウオを含む合計6個体のイザリウオの仲間を観てきました フォト・ダイブの為、他の生物はあまり観なかったのですが穴が空くほどじ〜っくりウォッチしてきました オオモンイザリウオは本日NEWです とってもキレイな個体なので是非リクエストして下さい 雲見のガイドでは毎回、タツノオトシゴの仲間とイザリウオの仲間をご紹介するように心掛けていますが、今シーズンは特に個体数が多いように感じます これからも新たな個体をい〜っぱい見つけますよ〜!
BY松田

7月12日(土)

田子 弁天島(ナイトダイビング)

天候:曇り 気温:24℃ 水温:21〜16℃ 透明度:-m
観られた生物サカタザメシビレエイ(写真)、アカエイ、ヒラタエイ、ダイナンウミヘビ、アオヤガラ、ホウボウ、ダルマガレイ、カワハギ、ウミスズメ、コモンフグ、キタマクラ、マルツノガニ、コノハガニ、マルガザミ、ツノナガコブシガニ、ボウズコウイカなど

 シビレエイ

コメント:土曜日ということで、ナイトダイビングも混雑が予想されていましたが、水中では他のパーティと全く出会いませんでした 今回も思う存分楽しんできました!!EN.直後にアオヤガラに突撃され、ダイビング中はウミスズメに体当たりされ・・・ え、楽しそうに聞こえませんか?(^^;) 面白かったんですよ〜(笑) サカタザメ2個体GET!あまり大きくなかったものの、逃げなかった為じ〜っくり観察することができました 気温が高くなりEX.後に寒さを感じませんので、是非ナイトダイビングをご一緒しましょう!!
BYカズ

7月12日(土)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り→晴れ 気温:28℃ 水温:22〜18℃ 透明度:10m
観られた生物トビエイアカエイ、ウミテング(写真)、トゲカカガシラ、セミホウボウ、オニカサゴ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、ニシキハゼ、ホシノエソ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、カイワリ、ゴマヒレキントキ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、ニセイガグリウミウシ、ハナミドリガイなど

 ウミテング

コメント:暑い1日となりました 心配された透明度も全く問題ありませんでした 弁天島では、久し振りにウミテング(写真)に会うことができました (約1ヶ月ぶり) ウミテング大好きなボクとしてはとてもラッキーでした!水温の上昇に伴い、ウミウシがだんだん淋しくなってきましたが、そのかわり魚の数、種類ともグ〜ンと増えてきますのでこれからますます楽しみです 水面と水底の温度差が激しいため、ウェットスーツの方はインナーをがっちり着込むことをオススメします
BY松田

7月8日(火)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:21〜20℃ 透明度:6m
観られた生物ベニイザリウオ×10、ハナタツ×2(写真)、コロダイ、ツマグロハタンポ、イタチウオ、クロホシイシモチ、クマノミガラスハゼコケギンポ、ウツボ、オキゴンベ、シラコダイ、スズメダイ、キュウセン、ニシキベラ、ホンベラ、ハコフグ、ウミスズメ、シマウミスズメ、キタマクラ、イセエビ、オトヒメエビ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビオルトマンワラエビ、ノコギリガニ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、ベニキヌヅツミなど

 ハナタツ

コメント:じっくり平日フォトダイブをしました そして、な、な、なんとっ!ベニイザリウオを10個体もGETしてしまいました 持ちネタは5個体いたのですが、今日1日で新たに5個体発見し、合計10個体のイザリウオを撮影しました チェックダイブでもこんなに見つからないのに・・・ と、いうことでボクの中では7月8日は「イザリウオの日」と勝手に制定しました(笑) 10匹目などは安全停止中になにげなく岩肌をみるとそこにぽつ〜んとイザリ〜がっ!イザリー大好きダイバーの方、リクエストお待ち申し挙げます!!
BY松田

7月7日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:20℃ 水温:19〜17℃ 透明度:5〜3m
観られた生物ハナタツタツノイトコ、ホソウミヤッコ、ベニイザリウオ×5、アカエイ、クマノミ、マダイ、コロダイ、オオモンハタ、コケギンポ、ガラスハゼ、クロホシイシモチ、スズメダイ、ホンソメワケベラ、コマチコシオリエビ(写真)、オルトマンワラエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、キッカヒロウミウシなど

 コマチコシオリエビ

コメント:まだ透明度が回復していませんでしたが、雲見の海の中は魚影が濃くなり、華やかになりました もちろん、定番のハナタツやイザリウオの仲間は健在です 今日はいたるところでコケギンポを観ることができ、ギンポテンツ(ギンポ好きの意?)なボクとしては嬉しい限りでした!!特に珍しくはないのですが、今回はウミシダをホスト(宿主)にしているコマチコシオリエビ(写真)にスポットを当ててみました
BYカズ

7月7日(月)

浮島 ビーチ

天候:曇り 気温:20℃ 水温:19〜17℃ 透明度:6〜3m
観られた生物アカエイ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ウツボ、クロホシイシモチ、クロサギ、シラコダイ、キュウセン、ホンベラ、ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミ、アオリイカ卵、ユビノウハナガサウミウシ(写真)、ユビノウハナガサウミウシ卵など

 ユビノウハナガサウミウシ

コメント:引き続きOWD講習につき、生物はあまり多く観ることが出来ませんでした(言い訳?)ビーチ右側の水上アーチ下でイバラカンザシを突付いて遊びました ピラミッドライン付近のユビノウトサカにユビノウハナガサウミウシがぐっちゃり付いていました その近くの積み石の裏にはユビノウハナガサウミウシの卵がビッチリ産み付けられていました 卵を傷付けないようにそ〜っと覗きましょう 
BY松田

7月6日(日)

田子 弁天島(ナイトダイビング)

天候:曇り 気温:20℃ 水温:19〜17℃ 透明度:−m
観られた生物サカタザメシビレエイ、アカエイ、アオヤガラ、ハチ(写真)、アカエソ、セレベスゴチ、コクチフサカサゴ、カワハギ、ヨメヒメジ、カイワリ、コモンフグ、キタマクラ、コロダイ若魚、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、マツカサウオ、ハナアナゴ、クロアナゴ、ボウズコウイカ、アオリイカ卵、アカホシカクレエビ、フトミゾエビ、ツノナガコブシガニなど

コメント:日曜日の晩に田子を貸切でボートナイトをしました 昼間のダイビングではちょっとしんどい透明度もナイトでは全く苦になりません 水深22m付近は水温17℃とちょっと低めでした そのため、お目当てのサカタザメは浅場(8〜5m付近)で出ているようです 50分、じ〜っくりビデオ撮影をしました 田子のボートナイトはお一人様からでも出航いたしますので、是非トライしてみませんか?
BY松田

7月5日(土)

黄金崎 ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:20〜17℃ 透明度:3m
観られた生物サカタザメモンガラドオシ(写真)、ハナアナゴ、ミノカサゴ、ヒメサツマカサゴ、サツマカサゴ、タツノイトコ、ダルマガレイ、アオヤガラ、トビヌメリ、ダテハゼ、サビハゼ、ホシノハゼ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、キンセンイシモチ、アオリイカ卵、スジコウイカ、ハナガサクラゲなど

 モンガラドオシ

コメント:今日はお天気が良く、海の状態もだいぶ回復してきました まだ透明度が回復していなかったのは残念でしたが・・・ でも、そのお陰で?昼間のダイビングでサカタザメを観ることができました おいおい、君は夜行性だろうっってカンジでしたが(笑) またアオヤガラも手が触れられるほど接近できるなど不思議な感じのダイビングを体験した1日でした おしまい 明日以降は凪も良く、透明度が回復すると思います
BYカズ

7月1日(火)

浮島 ビーチ

天候:曇り→雨 気温:27℃ 水温:20〜18℃ 透明度:12〜8m
観られた生物アカエイ、マダイ、マアジ、ボラ、オオスジイシモチ(写真)、クロホシイシモチ、アオヤガラ、オハグロベラ、ホンソメワケベラ、ソラスズメダイ、ヘビギンポ、ツマグロハタンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ゴンズイ、アオリイカ、マダコ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、ウスイロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシなど

 口内保育中です

コメント:あいにくのお天気でしたが、海況はとても穏やかでした 水底と水面で2度ほど温度差がありましたが、深場は非常に透視度が良かったです テンジクダイの仲間(ネンブツダイやクロホシイシモチ、オオスジイシモチなどのイシモチ系)のマウスブリーディング(口内保育)が見られます 珍しい魚ではないのですが、アオリイカの産卵と同様にこの時期ならではの風物詩と言えましょう 7月に入りました いよいよダイビングのトップシーズンです 皆様こぞってEXILESに遊びにいらして下さい!ボクの軽快なトークと正統派のガイディングであなたのハートをゲッツ!します 
BYカズ

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002 Dive Store EXILES All rights reserved.