DiveStore EXILES ファンダイブコーナー2005年 7月

↓バックナンバーはこちら↓

ブラウザの「戻る」をご利用下さい

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

7月31日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:30℃ 水温:23〜16℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:イタチウオ、キビナゴ、キンギョハナダイ、マアジ、イサキ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、テングダイ、チョウチョウウオ、シラコダイ、カゴカキダイ、ソラスズメダイ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ヒメギンポ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、スベスベマンジュウガニ、センテンイロウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ(写真)など

  アオウミウシ

コメント:7月最終日、今日もお天気と凪に恵まれました!深場は水温がやや低めですがキレイな潮です 例年だと水温の上昇に伴い、海藻が夏枯れするのですが、今年は低水温のせいか、まだアントクメが岩肌を覆っています これから水温も上がってきますので期待しましょう
BY松田
コメント:牛着岩のまわりにはマアジ、キビナゴの群れが多く魚影が濃いです 季節来遊魚が登場すると海の中の彩りが増してさらに賑やかになります
BY カズ

7月30日(土)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:曇り 気温:30℃ 水温:23〜18℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:アカエイ、キビナゴ、ハナタツ、ハナミノカサゴ、イサキ、コロダイ、マダイシラコダイ、テングダイ、カゴカキダイ、イシダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、アライソコケギンポ)、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ(写真)、ミツイラメリウミウシ、センテンイロウミウシ、ウスイロウミウシ、シュスヅツミなど

  ムチカラマツエビ

コメント:OWDコース最終日を担当しました 予報に反して陽が射し、ダイビング日和でした 講習中、アカエイが見られしばしスキルの練習を中断してウォッチするなど余裕をもって楽しくコースを終えることができました ダイバー認定、おめでとうございます!
BYカズ
コメント:中層から上は温かく濁った潮、中層から水底にかけては冷たく澄んだ潮 う〜ん、究極の選択です(苦) とにかく暑い1日でしたのでダイビング後のアイスクリームがおいしかったです
BY 松田

7月29日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:32℃ 水温:22〜17℃ 透明度:6m

観られた生物:キビナゴ、ハナミノカサゴ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ(写真)、ヨコスジフエダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、カゴカキダイ、イシダイ、クマノミ、ベンケイハゼ、クリアクリーナーシュリンプ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、アオウミウシ、キベリアカイロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、オトメウミウシなど

  アカネテンジクダイ

コメント:今日も雲見へ行ってきました 地形リクエストでアーチを回っていたのですが生物達が視界に入ることはいること 大きな生物から小さな生物まで多くの生物達もウォッチしてきました 地形に生物と欲張ったダイブができるほど海が賑わいを見せています
BY カズ

7月29日(金)

浮島 ビーチ

天候:曇り 気温:32℃ 水温:23℃ 透明度:2〜3m

観られた生物:アカエイ、ウツボ、キビナゴ、ボラ、イトフエフキ(写真)、ソラスズメダイ、クロホシイシモチ、スズメダイ、アライソコケギンポ、クサフグ、トラフナマコなど

  イトフエフキ

コメント:OWDコースの2日目を担当しました 天気は抜群、凪はベタベタ、でも透明度が・・・ 台風7号で堆積した土砂がさらわれてくれると思ったのですが残念です でもコンディションに関係なく楽しくコースを開催できました!
BY 松田

7月28日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜19℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:サカタザメ、トラウツボ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、カサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、タカベ、イサキ、コロダイ、ヨコスジフエダイ、マダイ、テングダイ、サクラテンジクダイ、クマノミ、ニシキベラ、テンクロスジギンポ、ガラスハゼ、クリアクリーナーシュリンプ(写真)アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、モクズショイ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、アオウミウシフリエリイボウミウシ、ヒラムシの仲間、ホシキヌタなど

  クリアクリーナーシュリンプ

コメント:台風7号が去り、海も穏やかになりました 台風明け第一弾、潮色が良くなり水温も上昇 たくさんの生物を見ることができました 陽射しも痛いくらいで夏本番!ですね フォト、FW、ウミウシ、甲殻類、地形などリクエストベースで水中世界をご案内致しますので、皆さま是非遊びにいらして下さい
BY 松田

7月24日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:曇り 気温:28℃ 水温:22〜18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ヒラタエイベニイザリウオ)、イタチウオ、キビナゴ、イワシ群れ、イナダ群れ)、マダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポテンクロスジギンポ、ダルマガレイ、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビナマコマルガザミ、ノコギリガニ、ムラサキウミコチョウ(写真)、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シュスヅツミ、ベニキヌヅツミなど

  ムラサキウミコチョウ

コメント:いや〜、コンディションが上向いてきました 1ダイブ目は三競へ   EN.して早々にイナダの群れ、群れ、群れ 10分近くウォッチしました 潜水予定時間があるため、後ろ髪を引かれながらその場を移動しました 浮上中もイワシの大群にイナダがアタックをかけるシーンが見られました!2ダイブ目は牛着岩でのんびりダイブ 多少冷たい潮が入ってきましたが、潮色はグッと良くなりました!!でも明日あたりから台風の影響が出てきそうです、、、ただ、台風一過は季節来遊魚に期待大です
BY 松田

7月23日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:28℃ 水温:23〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:トビエイ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、 マアジ、イサキ、コロダイ、テングダイ、サクラテンジクダイ、カゴカキダイ、クマノミ、トウシマコケギンポ(写真)、 アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビなど

  トウシマコケギンポ

コメント:透明度も回復し、場所によっては12mくらいは見えていたのではないでしょうか 中層をチェックしているとトビエイが優雅に泳いでいたり、キビナゴ、マアジ、イサキの群れと遭遇しました カゴカキダイ がニザダイをクリーニングしているシーンはとても微笑ましかったです
BY カズ

7月21日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:ハナタツ、キビナゴ、クエ(写真)、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ツマグロハタンポ、ネンブツダイ、オキゴンベ、イシダイ、メジナ、マダイ、コロダイ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ダルマガレイアカホシカクレエビ、アケウス、センテンイロウミウシ、シュズヅツミ、ベニキヌヅツミなど

  クエ

コメント:コンディションがかなり上向いてきました 1ダイブ目は小牛のまわりをのんびりダイブ 大きなモロコが2個体、根頭でじっとしていました ヨタもほとんどなくなりましたのでトウシマコケギンポもじっくりウォッチできました 2ダイブ目は大牛の端からエントリーしてグンカンへ ハナタツは見られましたが、昨日いたベニイザリウオは移動していました 深場は16℃と冷たくキレイな潮が入っていました このまま右肩上がりでコンディションが上向いていくといいですね!とにかく暑い1日でした
BY 松田

7月20日(水)

雲見 牛着岩/赤井浜〜オオ根

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:21〜18℃ 透明度:5m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ(写真)ハナタツ、イタチウオ、オニカサゴ、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、アライソコケギンポ、アカホシカクレエビ、アケウス、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  ベニイザリウオ

コメント:台風のヨタもだいぶおさまってきました 結婚記念ダイブを牛着岩と赤井浜〜オオ根で開催しました キビナゴの大群にも囲まれ、のんびりダイブをしてきました
BYカズ
コメント:潮色もだいぶ回復してきました 一昨日が1mという透視度でしたので、今日の透視度5mは充分見えているように感じました(笑) ダイバーに人気のベニイザリウオやハナタツの他、大きなモロコが3個体も見られました!明日も雲見をやります 
BY 松田

7月18日(月)

雲見 牛着岩/オオ根/赤井浜

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:22〜18℃ 透明度:3〜1m

観られた生物:サカタザメ、アカエイ、ヒラタエイ、ハナタツ、キビナゴ、キンギョハナダイ、セレベスゴチ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、アライソコケギンポ)、カワハギ、アオサハギ、マダコ、アカホシカクレエビ、アケウス、イボイソバナガニ、シュスヅツミなど

  シュスヅツミ

コメント:外にいるだけで大汗をかくほど暑い1日になりましたが、海況は、、、 体験ダイブでサカタザメを見ることができました!是非、OWDコースでまたご一緒しましょう!
BYカズ
コメント:台風5号の影響でヨタが入り、前日は悪くても3mだった透視度が場所によっては1mまで落ちてしまいました さすがに水路は通れませんでしたが、普通に潜れました こんなBADコンディションでも元気いっぱい3ダイブされる方もいたり、これはこれで自然相手のレジャーですからありなのかもしれません 明日以降、海況も回復してくると思います
BY 松田

7月17日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22〜16℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホタテウミヘビハナアナゴ、ハナタツ、キビナゴ、ヘラヤガラ、キビナゴ、マアジ、イサキ、マダイ、テングダイ、サクラテンジクダイ、カゴカキダイ、イシダイ、クマノミ、アライソコケギンポ、マダコ、アカホシアクレエビ、ムチカラマツエビ、ヒメエミエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、イガグリウミウシなど

  アケウス

コメント:台風のヨタが入っていた為、牛着岩から離れ外側を大きく回りました 透明度は厳しかったですが、マアジ、イサキ、キビナゴなどの群れが大きくなっているように感じました 大型回遊魚もそろそろ入ってくる時期ですから、潮色が回復するのが待ち遠しいです
BYカズ

7月17日(日)

神子元島 ジャブ根/白根

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23〜16℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:トビエイ、クエ、イサキ、タカベ、メジナ、イシダイ、ニザダイ、イシガキフグなど

  トビエイ

コメント:台風のヨタ、冷たい潮、濁った潮などで今回は苦戦しました ジャブ根では大きなトビエイやチビトビエイ、タカベ、イサキの群れなどが観られました 白根ではクエが3本、イサキやタカベの大群が見られました 海況が回復すれば期待できます
BY松田

7月16日(土)

銭洲 エビ根/ネープルス

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:26〜23℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:マダラエイ(写真)、ウツボ、ヘラヤガラ、 アオヤガラ、キンギョハナダイ、アカハタ、キハダ群れ(キメジ)、ヒレナガカンパチシマアジムロアジ、イサキ、タカベ、 イットウダイ、アカヒメジ、イスズミ、メジナ、イシガキダイ、イシダイ、テングダイ)、ムレハタタテダイ、シラコダイ、ユウゼンコクテンカタギ、フエヤッコダイ、ミゾレチョウチョウウオ、カガミチョウチョウウオ、レンテンヤッコ、ムレハタタテダイ、ツノダシ、ニザダイ、ゴマテングハギモドキ、クマノミ、 ミツボシクロスズメダイ、キホシスズメダイ、ナメモンガラ、ソウシハギ、イシガキフグ、ハリセンボン、コイボウミウシなど

  マダラエイ

コメント:2週間振りの銭洲です 今回は台風5号の影響が心配されましたが、まったく問題なし 快適な船旅でした 1ダイブ目は外ヒラッタイからエビ根にかけて潜りました 潮が全く止まり、いつもの銭洲らしさがありませんでした 2ダイブ目はポイントを変え、エビ根から内ヒラッタイへ 潮が動きはじめてヒレナガカンパチの群れや大きなマダラエイ、ムレハタタテダイ、ユウゼンなどが観られ、最後はキハダ(キメジ)の群れに当りいい感じでした!3ダイブ目はネープルスからエビ根、内ヒラッタイにかけて流しました テングダイがグッチャリいたり、お約束のカンパチとの交流もできいいダイブでした 潮色は銭洲にしては今ひとつですが、それでもやっぱり銭洲は青いですね!今回ご参加の皆様、ありがとうございました
BY松田

7月16日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜18℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴ(写真)、ゴンズイ、ボラ、クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、サビハゼなど

  ハナアナゴ

コメント:OWDコース1日目は浮島で開催しました 数日前の大雨で川から土砂が流入し、透明度は今イチでしたがお天気も良く、楽しく講習を進めることができました 今回の台風のヨタで堆積した土砂がさらわれてくれると、コンディションも上向いてくると思います!
BYカズ

7月15日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜18℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:トビエイ、ハナアナゴ、ベニイザリウオ、ハナタツ、キビナゴ、マアジ、テンスyg、アライソコケギンポ(写真)、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、アケウス、ナマコマルガザミ、イボイソバナガニ、ウスイロウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  アライソコケギンポ

コメント:潮色は依然厳しいものの、生物はたくさん観られました 前日に引き続き、じっくり小さな生物をウォッチしました グンカン付近の砂地で今シーズン初めてテンスの幼魚を見かけました 大きめでさほどフラフラ泳がないので、そっと近づけばかなり寄れます その他、ハナタツやベニイザリウオなどを観察してきました いよいよ明日から3連休です 安全第一で楽しんできます!
BY松田

7月14日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:21〜18℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ヒラタエイ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ハナタツ(写真)、キンギョハナダイ、マアジ、ヨコスジフエダイ、テングダイ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ベンケイハゼ、シマウミスズメ、ダルマガレイ、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウ、セテンイロウミウシ、ウスイロウミウシなど

  ハナタツ

コメント:ここにきて潮色が落ちてしまいましたので、じっくり生物ウォッチをしてきました カメラを向けるとイヤイヤして背中を向けがちなハナタツが横顔を撮らせるまでじっくり観察したり、大穴のサクラテンジクダイをウォッチしたり・・・ 潮色がパッとしないコンディションの時は、1つの個体をじっくり観察するいい機会です!
BYカズ

7月10日(日)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:21〜18℃ 透明度:5m

観られた生物:ネコザメ、ホシエイ、アカエイ、ヒラタエイ、ハナアナゴ、ダイナンウミヘビ、ベニイザリウオ、ハナタツ、マツカサウオ(写真)、オニカサゴ、キンギョハナダイ、ヨコスジフエダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、コブダイ、カゴカキダイ、ヨメヒメジ、クマノミ、アライソコケギンポ、マダコ、イボイソバナガニ、アケウスなど

  マツカサウオ

コメント:ヨタが入っていたので岩場には近づかず牛着岩を大きく回ってきました 泳いでいくとイサキ、キビナゴの群れやマダイ、コブダイなどに遭遇したりと見ごたえバッチリ 砂地ではアカエイ、ヒラタエイなどが捕食の真っ最中でした 3本目はOWDチームと合流してビーチへ ここでも、小さなアカエイや大きなホシエイが観られダイブを満喫してきました
BYカズ
コメント:昨晩の大雨でショップ前の大浜は川の泥水が大量に流れこみ、ミルクコーヒーのような色になっていました でも、雲見はさほど影響を受けておらず無事OWDコースを修了できました 2日間のタイトなスケジュールで朝早くから夜中までどうもおつかれさまでした そしてダイバー認定おめでとうございます
BY 松田

7月9日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:28℃ 水温:21〜19℃ 透明度:10m

観られた生物:ヒラタエイ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ベニイザリウオ、ハナタツ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、イサキ、マダイ(写真)、コロダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ヒラソウダ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、 アケウス、ナマコマルガザミイボイソバナガニ、ミツイラメリウミウシ、センテンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、ウスイロウミウシ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  マダイ

コメント:昨日とは一変、雨模様になりましたが、なんとかお天気は持ちこたえてくれました 海の中は大賑わいでした 小牛周辺ではキビナゴの群れにヒラソウダ(ソウダガツオ)がアタックをかけるシーンや、大きなマダイが何個体も見られました!いよいよ、いい季節になりましたね〜
BY松田

7月9日(土)

浮島 ビーチ

天候:曇り→雨 気温:28℃ 水温:21℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:アカエイ、ボラ、カサゴ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ 、オハグロベラ、クサフグ、ソメンヤドカリ、ユビノウハナガサウミウシ(写真)など

 ユビノウハナガサウミウシ

コメント:今日はOWDの1日目で浮島へ行ってきました。あいにくのお天気でしたがはりきって限定水域スキルを終わらせ海へ。のんびりと浮島の砂地を回ってきました ところどころでまだ小さいアカエイの姿が観られとても可愛かったです
BYカズ

7月8日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:29℃ 水温:22〜17℃ 透明度:10m

観られた生物:ネコザメ、 アカエイ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、キンギョハナダイ、キビナゴ、イサキ、ヨコスジフエダイ、クマノミ、アライソコケギンポ、ダルマガレイ、アカホシカクレエビ、ムチカラマツエビ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシベニキヌヅツミシュスヅツミなど

  ベニイザリウオ

コメント:暑い1日でした!1本目はグンカンから入りました ベニイザリウオがまた2個体(ペア?)になっていました 2ダイブ目は裏から入り、−26mのアーチにネコザメを見に行きました 手前の岩の隙間に大きなアカエイが寝そべってしました その後、大牛をまわりハナタツやベニイザリウオ、ウミウシの仲間など小さな生物をウォッチしました 深場に依然冷たい潮が入っていますが、潮色はまずまずです 
BY松田

7月6日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:26℃ 水温:21〜18℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ネコザメ、サカタザメ、アカエイ、ハナアナゴ、ベニイザリウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、クエ、キンギョハナダイ、キビナゴ、イサキ、ヨコスジフエダイ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、クマノミ、アライソコケギンポ、キンメモドキ、ダルガレイ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ(写真)ムチカラマツエビアケウス、イボイソバナガニ、マダコ、ヒロウミウシ、センテンイロウミウシ、ウスイロウミウシなど

  カザリイソギンチャクエビ

コメント:今日もガッツリ無制限ダイブです 1本目、-26アーチで大きなネコザメが見られました 2本目は砂地でサカタザメ、3本目はクエなどの大物が見られました もちろん、小さなウミウシの仲間やベニイザリウオ、甲殻類もウォッチしてきました ヨタが入っていた為、洞窟などの狭い場所は避け、生物中心のダイブをしました
BYカズ

7月6日(水)

神子元島 ジャブ根/カメ根

天候:曇り時々雨 気温:26℃ 水温:22〜16℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:カンパチ(赤ブリ)、イサキ、コショウダイ、タカベ、テングダイ、イシダイ、アオブダイ、ニシキベラ、ニザダイ、イシガキフグ(写真)など

  イシガキフグ

コメント:深場に冷たい潮が入っていました ニザダイやイサキ、タカベがたくさんいました 2ダイブ目はカンパチの大きなヤツ(赤ブリ)も登場しました 丸太ん棒みたいに太いです!今回は残念ながらサメの姿を見ることできませんでしたが、それでも充分に楽しめました!!
BY松田

7月3日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:27℃ 水温:22〜17℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:サカタザメベニイザリウオ、ハナミノカサゴ(写真)、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、マダイ、ヨコスジフエダイ、コロダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、サクラテンジクダイ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、カゴカキダイ、クマノミ、ガラスハゼ、アライソコケギンポ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシアオウミウシ、センテンイロウミウシなど

  ハナミノカサゴ

コメント:深場に冷たい潮が入りました 冷たいところは水が澄んでいます −16mのアーチ付近の砂地でサカタザメが見られました 先週の土曜日にもこのエリアで見られました 要チェックですね 安全停止中にキビナゴの群れに囲まれました 360度どこを見てもキビナゴ、キギナゴ・・・ とてもキレイでした!
BYカズ

7月2日(土)

銭洲 エビ根/ネープルス

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:23〜22℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ドチザメ、オオセマダラエイ多数(マダラエイをクリーニングするシラコダイの動画)、ヘラヤガラ、キンギョハナダイ、ヒレナガカンパチツムブリ、ムロアジ、イサキ、コロダイ、マダイ老成魚、タカベ、 ウメイロ、アカヒメジ、オキザヨリ、ツバメウオ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、シラコダイ、ミゾレチョウチョウウオ、カガミチョウチョウウオ、レンテンヤッコ、ムレハタタテダイ、ツノダシ、ニザダイ、ゴマテングハギモドキ、クマノミ、キホシスズメダイ、ナメモンガラ、ソウシハギ、イシガキフグハリセンボンウミガメウミガメ動画はコチラ)、オトヒメエビ、コイボウミウシなど  銭洲の水中景観はコチラ

  ネープルス(オオ根)

コメント:先週のイナンバ遠征に続き、今週は銭洲に行ってきました 凪に恵まれ快適な船旅でした 1ダイブ目はエビ根の東側です エントリーして早々にカンパチがやってきてダイバーにまとわりつきます 大きなマダラエイも観られまずまずでした ただ、今までの遠征の中で潮色が一番悪かったです あちらこちらで放精している奇妙な生物 これが透明度に影響をあたえたのでしょうか?ちょっとわかりませんが、、、2ダイブ目はネープルスの西側、3ダイブ目はエビ根とヒラッタイの間を抜けてオオセやウミガメ、多分ドチザメであろうサメの仲間を見ました 帰りも船が揺れず快適でした 今回ご参加の皆様、どうもおつかれさまでした!
BY松田

7月2日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:22〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、クエ(写真)、ヨコスジフエダイ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、サラサゴンベ、アライソコケギンポアカホシカクレエビ、ヒメセミエビ、アケウスイボイソバナガニ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、センテンイロウミウシ、ウスイロウミウシ、など

  クエ

コメント:ヨタがすこ〜し入っていましたが、さほど影響はありませんでした 本日も無制限ダイブで雲見を満喫してきました 1ダイブ目は大きなクエがホンソメワケベラに気持ちよさそうにクリーニングされていました 2ダイブ目はウミウシや甲殻類など、小さな生物をウォッチしました 3ダイブ目はだいぶヨタも取れてきたので、リクエストの地形を楽しみました
BYカズ

7月1日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:21〜18℃ 透明度:10m

観られた生物:ネコザメ、ベニイザリウオ)、クエ、イサキ、コロダイ(動画はコチラ)、マダイ、テングダイ、イシガキダイ、タスジウミシダウバウオ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アケウス、イボイソバナガニヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、センテンイロウミウシリュウモンイロウミウシ、サガミイロウミシ(写真)ウスイロウミウシフリエリイボウミウシコイボウミウシ、ベニキヌヅツミ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリガイなど

  サガミイロウミウシ

コメント:あいにくのぐずついた空模様になりましたが、平日ガッツリ4ダイブしてきました 1ダイブ目はエリアを広く潜り、大きなネコザメやテングダイなどを観ました 2ダイブ目はイザリウオの仲間やウミウシの仲間を、3ダイブ目は魚全般と甲殻類、4ダイブ目はウミウシをねちっこくといった感じです 明日はいよいよ銭洲遠征です 少し西風が吹きそうですが、波はさほど高くなさそうです 何が見られるか楽しみです!!
BY松田

Copyright (C) 2005 Dive Store EXILES All rights reserved.