ダイビングログ2008年7月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

7月31日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24〜23℃ 透明度:8m

観られた生物:トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、カエルアンコウ(写真)、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウver.12)、イタチウオ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、イサキ、マダイ、カゴカキダイ、ツマグロハタンポ、コウライトラギス、ヤマドリ、ヒメギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間オキナワベニハゼ、ミナミハコフグyg、コウイカの仲間、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、アカシマシラヒゲエビオトヒメエビナマコマルガザミムラサキウミコチョウニシキウミウシモンコウミウシコールマンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウ ミウシアラリウミウシセンテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシミヤコウミウシキイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、オトメウミウシ、スミゾメミノウミウシシロミノウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

  カエルアンコウ

コメント:前日のヨタもすっかりなくなり穏やかなコンディションに回復しました 表層〜中層の青くて温かい潮と中層〜水底の濁った冷たい潮が混ざった感じで水温、透視度とも少し下がりました 1ダイブ目は前日見つけた真っ黒でちっちゃいカエルアンコウ(写真)を探しに牛着岩を潜りました 少し移動していたものの、同じエリアで海藻の陰にひっそりと隠れていました 久し振りにカワイイ個体と出会いました 2ダイブ目はウミウシがHOTなエリアを潜りましたたくさんのウミウシの仲間、イロカルアンコウ、アカシマシラヒゲエビの爪のクリーニング・シーンなどを撮影&観察していただきました 3ダイブ目の三競では地形あり、ウミウシあり、オキナワベニハゼあり、ベニカエルアンコウありの満腹ダイブでした!

7月30日(水)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:曇り 気温:31℃ 水温:26〜25℃ 透明度:12〜7m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、カエルアンコウ、タツノイトコ、イタチウオ、マツカサウオ、ムツ、ツマグロハタンポ、ホンソメワケベラヤマドリ、コケギンポの仲間 、アカホシカクレエビヒメイソギンチャクエビ、イセエビ、ゾウリエビ、ヒメセミエビミノウミウシの仲間サチコツグチなど

  マツカサウオ

コメント:台風のヨタが若干残っているものの、いい潮が歯おいって来ました 表層は真っ青で透視度12m、中層から水底付近はヨタの巻き上げで濁っていましたがかなり回復傾向です 生物もとても充実しています 午前中はOWDコースの最終日でオオ根を潜りました 講習修了後、ファンダイブで小牛周辺を潜ったのですが、真っ黒なカエルアンコウがいました とてもカワイイ個体なので是非、リクエストして下さいね 地形と生物の両方を堪能しました 今回はウミウシをあまりウォッチできませんでしたが、ミノウミウシの仲間を見つけました 最初はサキシマミノウミウシかと思ったのでしたが、ちょっと違うようです どなたかご存知の方いませんか?

7月28日(月)

雲見 牛着岩/張石ビーチ/三競

天候:曇り 気温:31℃ 水温:27〜20℃ 透明度:7〜5m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、マアジ、テングダイ、タカベ、オキナワベニハゼミナミハコフグyg(写真)ビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシセンヒメウミウシ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシセンテンイロウミウシシロタエイロウミウシver.12)、キャラメルウミウシフリエリイボウミウシキイロイボウミウシミズタマイボウミウシユビウミウシオトメウミウシサクラミノウミウシの幼体?スミゾメミノウミウシサチコツグチなど

  ミナミハコフグyg

コメント:AOW&ファンダイブ 今日も穏やかなコンディションになりました 1ダイブ目はアドベンチャーダイブのディープ -24mのアーチではテングダイのペアが見られました 2ダイブ目は牛着岩でウミウシ・フォトダイブ 今日もたくさんのウミウシが見られましたよ〜! 3ダイブ目は張石ビーチでアドベンチャーダイブのU/Wナビ 爆笑ハプニングもありましたが、コンパスを上手く使いこなして四角形ナビもバッチリでした!4ダイブ目は三競でウミウシ・フォト60分勝負 ミナミハコフグygやオキナワベニハゼなどフォトジェニックな魚たちとの出会いがありました台風のヨタが徐々に入ってきました 明日はちょっと厳しいかもしれません、、、でもこの台風の影響でいい潮が入ってくるといいですね

7月27日(日)

雲見 牛着岩 浮島 ビーチ(ナイトダイブ)

天候:曇り 気温:31℃ 水温:26〜20℃ 透明度:7〜5m

観られた生物:トビエイ、ホシエイ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ)、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、マアジ、ムツ、イサキ、テングダイ、マダイ、コロダイ、タカベ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、ミナミハコフグyg、シマウミスズメ、アカホシカクレエビ(写真)イソギンチャクモエビ、ソメンヤドカリ、アオウミウシなど

  アカホシカクレエビ

コメント:本日はAOW&ボートSP&ファンダイブです 1ダイブ目は小牛の手前をのんびり潜りました ベニカエルアンコウやアカホシカクレエビ、砂地ではホタテウミヘビなどをじっくり観察しました 2ダイブ目はアドベンチャー・ダイブのドリフトで牛着岩の裏からエントリーしてグンカンまで流しました トビ根では大きなホシエイが見られた他、良型のマダイやマアジの群れ、ミナミハコフグの幼魚が2個体見られました 3ダイブ目は小牛を1周しました 砂地ではトビエイに遭遇!雲見の地形&生物を満喫しました! 夜はポイントを移動して浮島でナイトダイビングをしました ビーチは泥が堆積して視界不良のあいにくのコンディションでしたが、これもいい経験ということでまたコンディションがいいときにナイトをやりましょう!

7月26日(土)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜26℃ 透明度:5m

観られた生物:アオヤガラ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、カゴカキダイ、イトヒキベラ、オハグロベラ、ツマグロハタンポ、ベラギンポ、ヤマドリ、トウシマコケギンポ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ(写真)シロタエイロウミウシシロハナガサウミウシなど

  ナマコマルガザミ

コメント:リフレッシュ・ダイブでのんびりまったり潜りました 1ダイブ目はオオ根を潜りました 浅場は水温が高くぬくぬくです この時期、旬のサカタザメを狙ったのですが、残念ながらみられませんでした ユビノウトサカにはたくさんのシロハナガサウミウシが見られました その他、砂の中に潜っては現れを繰り返すベラギンポの行動を見て楽しみました 2ダイブ目は牛着岩の水路や洞窟で地形を楽しみました 水路の壁の巨大シロハナガサウミウシは健在 それにしても存在感があります ビギナーの方やブランクがあいてちょっと心配という方、是非ご相談下さい!のんびりまったりリフレッシュしながら、地形も楽しめるダイブをコーディネートします

7月25日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:31℃ 水温:27〜21℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、ミノカサゴ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、カワハギ、ビシャモンエビムラサキウミコチョウコトヒメウミウシセンヒメウミウシ、シロイバラウミウシ、ニシキウミウシコールマンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシフリエリイボウミウシユビウミウシルージュミノウミウシオショロウミウシ属の仲間Cuthona sp.11)、シロミノウミウシ(写真)など

  シロミノウミウシ

コメント:ウミウシフォト・リクエストで牛着岩と三競を潜りました 1ダイブ目は牛着岩でルージュミノウミウシのオーダーにお応えしました 前日から少し移動していた為、見つけるまで少しだけ時間がかかりましたが、この実に美しいミノウミウシを本日も見られてラッキーでした 個人的にとても好きなセンヒメウミウシも見られましたし、、、 2ダイブ目は前日に続き、オキナワベニハゼ狙いで三競です 3個体いるのでまさにより取り見取り状態 キャラメルウミウシも例年に比べると爆発的な個体数が見られました 水温は依然高く、潜っていて本当に気持ちいいですね〜!フィニッシュのベニカエルアンコウですが今日はアクビ・シーンを見せてくれませんでした 明日はリフレッシュ・ダイブでオオ根&牛着岩でしょうか

7月24日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜21℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、カンパチ(写真)カンパチ動画、マアジ、タカベ、イサキ、テングダイ、コロダイ、マダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ニシキベラ、ニジギンポイチモンジハゼオキナワベニハゼヒトデヤドリエビビシャモンエビムラサキウミコチョウヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシイガグリウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシサガミイロウミウシ、アラリウミウシ、フジイロウミウシ、シラユキウミウシ、センテンイロウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシコイボウミウシフリエリイボウミウシミズタマイボウミウシルージュミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ヒラムシの仲間など

  カンパチの群れ

コメント:平日3ダイブリクエストです 1ダイブ目はワイド系ということで牛着岩の沖合いからエントリーしてグンカンへ 途中、-26mのアーチ付近でネコザメを探したのですがどこかへお出かけ中でした 残念、、、 グンカン根頭で安全停止をしようとシグナル・フロートを準備しているとカンパチの群れがやってきました安全停止中、いや水面に浮上後もフィン先をグルグルまわっていてプチ銭洲気分(カンパチのサイズ、ロケーション含め)を味わえました 2ダイブ目はガラッとスタイルを切り替え撮影装備も切り替え「どマクロ・フォト」 たくさんのウミウシの仲間を撮影して頂きました 中でもイチ押しはルージュミノウミウシでしょうか とてもキレイなミノウミウシですよ 3ダイブ目は三競でオキナワベニハゼ&ベニカエルアンコウのアクビ・シーン狙い オキナワベニハゼはなんと3個体に増えました ベニカエルアンコウも2回大きなアクビをしたのですがシャッター・チャンスを逃がしてしまいました

7月23日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜21℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:トビエイ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウ、イタチウオ、ノコギリヨウジ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マアジ、ムツ、イサキ、テングダイ、マダイ、メジナ、ニザダイ、カゴカキダイ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ニジギンポトウシマコケギンポ(写真)、コケインポの仲間、オキナワベニハゼコウイカの仲間、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、センテンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、シロタエイロウミウシver.12)、キャラメルウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

  トウシマコケギンポ

コメント:連休が明けて波止場はダイバーの数もまばらでした ここに来てコンディションがUP!青いんです 水温も上がり、水底の冷たくて白っぽい潮が温かく青い潮となじんだ感じです 1ダイブ目は-24mのアーチでテングダイを見たり、地形を楽しみました 水路の壁のシロタエイロウミウシですが、以前から観察し続けている個体とさらに巨大な個体がどこからかやってきて2個体観察できます 2ダイブ目の小牛ではベニカエルアンコウやイソギンチャクに住むエビの仲間などを観察しました 3ダイブ目の三競では地形と洞窟に差し込む太陽光を満喫してきました もちろん、ウミウシの仲間やオキナワベニハゼも見られましたよ!

7月21日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:28℃ 水温:27〜19℃ 透明度:5m

観られた生物:ネコザメ、トビエイ、ベニカエルアンコウver.12)、イタチウオ、マツカサウオ、マアジ、ムツ、タカベ、マダイ、テングダイ、クマノミ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ(写真)、イチモンジハゼ、ニシキハゼ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、シロイバラウミウシキイボキヌハダウミウシ、ニシキウミウシ、センテンイロウミシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリテンロクケボリなど

  オキナワベニハゼ

コメント:三連休の最終日は連休中で最高のコンディションになりました 1ダイブ目はネコザメ狙いで牛着岩の沖合いからエントリーして-26mのアーチ付近へ 尻尾を向けていたので撮影は厳しかったのですが間近でじっくり観察できました その後はマクロ・フォトダイブに切り替え3ダイブのんびり満喫しました 2ダイブ目で潜った三競ではかねてからチェックしていたオキナワベニハゼを見に行ったのですがなんと2個体に増えていました!さらにダイバーに慣れてきたのか、以前ならライトの光を当てたり、少し距離を詰めただけで穴の中に引っ込んでしまったのが、クローズアップレンズを装着して撮影できる距離まで寄れるようになりました さらに依然は一度穴の中に引っ込むとなかなか出てこなかったのですが、今では引っ込んでもしばらく待てば出てきます 是非、リクエストして下さいね

7月20日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23〜20℃ 透明度:5m

観られた生物:トラウツボ(写真)ベニカエルアンコウ、イタチウオ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、マアジ、タカベ、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、ビシャモンエビ、ヒロウミウシ、センヒメウミウシキイボキヌハダウミウシニシキウミウシコールマンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、フジイロウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルミウシフリエリイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、ルージュミノウミウシスミゾメミノウミウシなど

  トラウツボ

コメント:三連休の中日、たくさんのダイバーで波止場が賑わっていましたEXILESチームも3パーティに分かれてのダイビングです 牛着岩の大牛と小牛の間の水路は大渋滞が予想される為、混雑を避けたコース取りでガイドをしました 1パーティ5名までという少人数制の為、混雑時でもフォトの方にはじっくりと撮影をして頂きました これだけのダイバーが雲見を潜っているのに水中で他のパーティとすれ違わなかったことにはビックリ!松田が主に潜っているコースはそんなに人気のないコース取りだったんですかね〜?(笑) 潮色が悪い中でもたくさんのフォトジェニックな生物をウォッチ&撮影して頂きました ビーチも海水浴客が増えてきて、夏真っ盛りという感じになってきましたね〜!

7月19日(土)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23〜20℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(水面)、ネコザメ、サカタザメベニカエルアンコウ(写真)、マツカサウオ、アオヤガラ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マアジ、ムツ、タカベ、イサキ、テングダイ、マダイ、メジナ、イシダイ、イシガキダイ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、アオリイカ、ガンガゼエビ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシなど

  ベニカエルアンコウ

コメント:三連休の初日は台風のヨタがやや強く、潮色も落ちました リクエストはウミウシ以外ということで、大物もちょっと頑張ってみました 例年、夏〜になると西伊豆エリア(雲見〜浮島〜田子辺り)に入ってくるはぐれ?ハンマーが牛着岩に登場しました 安全停止中、水面で我々のフロートのまわりをハンマーがグルグルまわっていたとのことでしたが、水中からは確認できませんでした、、、 今日はヨタが入った為、三競や狭い洞窟を断念しましたが、明日以降はコンディションも回復してきますので是非、地形のリクエストもお待ちしています!ウミウシ以外を探していると意外とウミウシばっかり目に入ってしまうもんですね〜(笑)

7月18日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:30℃ 水温:23〜20℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:イズヒメエイ、ベニカエルアンコウ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ(写真)、マアジ、タカベ、イサキ、ムツ、コロダイ、マダイ、メジナ、イトヒキベラ、オハグロベラ、ブダイ、コケギンポの仲間コウイカの仲間アカホシカクレエビイソギンチャクモエビビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビナマコマルガザミヒトエガイヒロウミウシキイボキヌハダウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシジュッテンイロウミウシリュウモンイロウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシルージュミノウミウシヒブサミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  サクラテンジクダイ (口内保育)

コメント:連休前日の今日は港も空いていました 台風のヨタが徐々に大きくなってきましたが、幸い進路が日本海側に向かっているのでヨタは明日がピークで明後日以降は穏やかなコンディション、素晴らしいお天気に恵まれそうです 本日も実にたくさんの生物が見られました!ウミウシの仲間やブイ下ではイズヒメエイも登場!今日の1枚は主に大牛洞窟で見られるサクラテンジクダイです この個体はオスで口いっぱいに卵を抱え、マウスブリーディングの真っ最中でした テンジクダイの仲間のマウス部リーディングはピークを迎えています じっくり観察してみては如何でしょうか?潮も少しづつ良くなってきている気がします 今後に期待!ですね

7月14日(月)

雲見 オオ根/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23〜20℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:サカタザメ、トビエイ、ウツボ、ハナアナゴ、イタチウオ、マツカサウオ、ミノカサゴ、ルリハタ、ネンブツダイ、マアジ、カンパチyg、タカベ、イサキ、ムツ、マダイ、メジナ、レンテンヤッコ、イトヒキベラ、オハグロベラ、クマノミ、ニザダイ、コケギンポの仲間、トウシマコケギンポ、ハナハゼ、アカホシカクレエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリノコギリガニ、トゲアシガニ、ミアミラウミウシ、コールマンウミウシ(写真)、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、キャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ツメタガイの卵のう、スカシカシパンなど

  コールマンウミウシ

コメント:1ダイブ目はオープンウォーター・コースのダイブ4の水中ツアーでご一緒させて頂きました ブログで話題のスカシカシパンや砂茶碗と呼ばれるツメタガイの卵のうを手にとってご紹介しました 本命のサカタザメを探している最中、なんとカンパチの群れが登場!その後、サカタザメも見られオープンウォーター・コースは感動のフィナーレ?になりました その後、早速ファンダイブを開催 1ダイブ目は牛着岩の水路から小牛を1周 洞窟や小さな生物をウォッチして楽しみました 午後からもう1ダイブしました 平日とあってダイバーも少なく貸し切りの三競でウミウシ&地形ダイブ 3番洞窟のエアードームに差込む光もとてもキレイでした いよいよ梅雨が明けて夏も本番を迎えます 

7月13日(日)

銭洲 エビ根〜ヒラッタイ水路/ネープルス/エビ根〜ヒラッタイ水路

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:26〜24℃ 透明度:20m〜

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク、メジロザメの仲間ドチザメオオセマダラエイモヨウモンガラドオシ、ヘラヤガラ、イタチウオ、アカハタ、キンギョハナダイ、ムロアジ、ヒレナガカンパチカンパチyg、ツムブリ、キハダver.12)、タカサゴ、ウメイロ、タカベ、テングダイ、イシガキダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、シラコダイ、ムレハタタテダイ、ニシキベラ放精ver.12)、キホシスズメダイ、ニザダイ、ツノダシ、ツバメウオ、ナメモンガラ、イシガキフグ、イセエビ、サメジマオトメウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アオヒトデ、アオウミガメな ど 今回ご参加の皆様 本日の銭洲

  キハダ(キメジ)の群れ

コメント: 先月22日の銭洲遠征開幕戦が海況不良の為、中止になったので今回がEXILES2008年遠征開幕戦になりました お天気、海況に恵まれ無事、開幕戦を飾ることができました 朝のうち若干、西よりの風があった為、島の東側エリアを潜りました 1ダイブ目はエビ根とヒラッタイの間の水路を東側からエントリー 西側に向けてまた穏やかな東側に戻りました エントリーしてすぐドチザメが登場 水路では大きなアオウミガメが3個体が見られました 2ダイブ目はネープルスの東の瀬からエントリー ネープルスの南側をまわり元の東の瀬を約半周しました ハンマー登場!キハダやヒレナガカンパチ、ニシキベラの放精シーンを観察しました 3ダイブ目はエビ根とヒラッタイの間の水路を通り抜けるゴールデン・コース ダイブタイムが30分過ぎてからキハダ・ラッシュ ツムブリやメジロザメも登場し開幕戦に花を添えてくれました 次回は8月24日のイナンバ遠征! 乞うご期待下さい

7月12日(土)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:21〜19℃ 透明度:8m

観られた生物:サカタザメ、ハナアナゴ、イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、 オハグロベラ、オキナワベニハゼ、ハナハゼ、ビシャモンエビナマコマルガザミムラサキウミコチョウヒロウミウシキイボキヌハダウミウシオセロウミウシ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシフジイロウミウシセンテンイロウミウシサガミイロウミウシキャラメルウミウシver.123)、シロタエイロウミウシver.12)、ポルカドットイボウミウシフリエリイボウミウシver.12)、ミズタマイボウミウシシロハナガサウミウシルージュミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ガーベラミノウミウシver.12)、アオミノウミウシ科の仲間ヒラムシの仲間など

  サカタザメ

コメント: 1ダイブ目はじっくりマクロ系フォトガイド カエルアンコウの仲間やウミウシの仲間を撮影しました 2ダイブ目は三競でウミウシ・オンリーのダイブ たくさんのウミウシが見られた他、以前からチェックしているオキナワベニハゼやベニカエルアンコウのペアもいました 特にベニカエルアンコウは大アクビをしている場面をバッチリ撮影 いや〜、いいタイミングでした! 3ダイブ目はサカタザメを見たいとのリクエストでオオ根に行きました 6個体ものサカタザメに出会え、バッチリ撮影して頂きました この時期は浅場にのっこんでいますので体験ダイビングでも見られる可能性大です 金色の特徴的な眼が砂から出ていますので比較的簡単に見つかりますよ

7月11日(金)

雲見 張石ビーチ/牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:20〜19℃ 透明度:8m

観られた生物:サカタザメ、ハナアナゴ、イロカエルアンコウ、ミノカサゴ、ボラ、クロホシイシモチ、カイワリyg、シマアジyg、セレベスゴチ、コウベダルマガレイ、ビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシキイボキヌハダウミウシニシキウミウシフジイロウミウシリュウモンイロウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシ(写真)ルージュミノウミウシガーベラミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリなど

  シロタエイロウミウシ

コメント:引き続き、オープンウォーターダイバー・コースとダイブマスターコースです 張石ビーチは若干、泥が堆積していましたが講習にはさほど影響ありませんでした ブリーフィングの中でちょっと話してはいたのですが、講習中にサカタザメに遭遇 前日のオープンウォーター・ダイブで生物を見ていなかっただけにラッキーでした!シマアジの幼魚も湾内に入り、だいぶ夏っぽい雰囲気になってきました 講習も2日目が終り、しいよいよ次回でダイバー認定です ダイブマスター・コースもあと残すところわずか 頑張りましょう!コンディションはだいぶ良くなってきました 日曜日の銭洲遠征もすばらしい海況になりそうです 先月末の開幕戦が海況不良で中止になっただけに楽しみですね〜!

7月10日(木)

浮島 ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:21〜19℃ 透明度:2〜1m

観られた生物:

  講習風景

コメント:オープンウォーターダイバー・コースとダイブマスターコースを浮島で開催しました 先だっての大雨で堂ヶ島側からの道路が崩落しましたが帰りには片側交互通行で通れるまで復旧しました 海の中は、、、といいますと川からの土砂が流れ込み堆積 こちらの復旧はもうしばらくかかりそうです 台風が直撃してひと荒れしてくれればすぐに戻ると思います 砂地を避けて水上アーチやドラゴンホールの方に行けば、通常通りのウミウシダイブが満喫できるとのことです お天気もまずまずで海を見ながらサンデッキでのランチも大好評でした ロケーション抜群の浮島は癒されますね〜!

7月8日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:25℃ 水温:20〜19℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ヒラタエイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オハグロベラ、ブダイ、タカノハダイ、コケギンポの仲間、ベンケイハゼ、コウイカの仲間ビシャモンエビver.12)、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、アシブトイトアシガニムラサキウミコチョウ、シロイバラウミウシ、ミツイラメリウミウシキイボキヌハダウミウシ、ミアミラウミウシ、ニシキウミウシ、 アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、アラリウミウシ、ジュッテンイロウミウシリュウモンイロウミウシサガミイロウミウシキャラメルミウシ、シロタエイロウミウシ、ポルガドットイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、ルージュミノウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

  ルージュミノウミウシ

コメント:水温、潮色とも前日より少し上向いてきました それにしてもこのところの低水温は何なんでしょうか?5月末にロクハンに衣替えしたのですが、水温が下がったのでまたドライスーツに逆戻り 陸上では暑くて参ってしまいますが、水中では、、、やはりドライでしょうか 早くいい潮が入ってきてくれるといいですね 本日はほぼウミウシ・オンリーのリクエストで岩肌や下ばかり見ていました(笑) それにしてもウミウシ密度が濃いですね〜!今日みたいに潮色が悪いときでもマクロ系のフォトダイブならコンディションに関係なく楽しめます 今日の1枚はルージュミノウミウシ ペアで見られました とてもキレイなミノウミウシでしばらく同じエリアで見られそうです

7月7日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:24℃ 水温:20〜18℃ 透明度:5m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ハナタツ(写真)、マツカサウオ、ミノカサゴ、マアジ、タカベ、ヤマドリ、オキナワベニハゼビシャモンエビver.12)、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、ムラサキウミコチョウコトヒメウミウシver.12)、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、センヒメウミウシコナフキウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、オセロウミウシ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシ、シロウサギウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、シラユキウミウシリュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、センテンイロウミウシセトイロウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシキイロイボウミウシ、オトメウミウシ、サキシマミノウミウシ、ルージュミノウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、オショロミノウミウシ属の仲間、ヒラムシの仲間など

  ハナタツ

コメント:本日、ご一緒した4名全員が外部ストロボを装備したフォトダイバーです マクロ系フォトダイブのリクエストで3ダイブねちっこく潜ってきました 牛着岩、三競で今日もたくさんのウミウシの仲間を見てきました! 今日の1枚はオキナワベニハゼです この個体の存在はずいぶん前から知っていましたが、とってもシャイでアプローチの仕方が悪かったり、ライトやストロボの光が当たるとすぐに穴の中に引っ込んでしまいなかなか撮影できませんでした とってもかわいいので是非、リクエストして下さいね ご一緒した方からたくさんの画像データを頂いたのですが、加工する時間がちょっとないので画像のUPはしばらくお待ちくださいませ、、、

7月6日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:28℃ 水温:20〜17℃ 透明度:8〜3m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ハナタツ、キビナゴ、マアジ、タカベ、マダイ、オキゴンベ、コケギンポの仲間トウシマコケギンポver.12)、アカホシカクレエビビシャモンエビムチカラマツエビモンガラキセワタヒラミルミドリガイ、 コトヒメウミウシ(ver.12)、ヒロウミウシミツイラメリウミウシキイボキヌハダウミウシニシキウミウシ、 アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシシロハナガサウミウシユビウミウシガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ホソテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  ビシャモンエビ

コメント:じっくりフォトダイブ・リクエストです 1ダイブ目は小牛の手前のみ50分まったり潜ってきました ベニカエルアンコウのペアやアカホシカクレエビ、ホソテンロクケボリなどが見られました 2ダイブ目は牛着岩の沖合いでイロカエルアンコウやたくさんのウミウシの仲間を撮影して頂きました キャラメルウミウシやシロタエイロウミウシなどキレイなイロウミウシの仲間が今年は特に多いような気がします ラスト3ダイブ目はダイバーの往来で混雑がなくなったのを見計らって水路の壁にへばりつき、ウミウシの仲間を中心に泳がないダイブをしました コトヒメウミウシが2バージョン、小さな個体を中心にちょっとオタクっぽいダイブを楽しんできました

7月5日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:20〜16℃ 透明度:8〜3m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、キビナゴ、マアジ、タカベ、イサキ、マダイ、メジナ、ブダイ、コケギンポの仲間、アオリイカ、アカホシカクレエビアカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、通称オランウータンクラブ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシセトイロウミウシキャラメルウミウシシロタエイロウミウシコイボウミウシ、オトメウミウシ、サキシマミノウミウシフタスジミノウミウシミチヨミノウミウシガーベラミノウミウシスミゾメミノウミウシハナビラミノウミウシ(写真)オオウミシダトウマキクリムシなど

  ハナビラミノウミウシ

コメント:沖合いから冷たい潮が入りました 浅場は20℃〜あるのですが透視度3mくらい 深場はまずまずの潮色ですが、水温がなんと16℃!陸上は夏日ですが水中ではドライスーツで快適でした、、、 今日もたくさんの生物が見られました 雲見5年振りに登場のアカシマシラヒゲエビはイソカサゴをクリーニングしていました 今日の1枚はハナビラミノウミウシです 初めて見ました! 最初はサガミミノウミウシかと思ったのですが白い斑点が点在しています インターネットで調べたところ、そっくりな個体がいました 中層から表層にかけての濁った温かい潮にはマアジやタカベが群れていて魚影が本当に濃いです 黒潮が八丈島の沖合いを流れていますが、また分流が駿河湾に入ってきたらスゴイことになりそうですね

7月4日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:20〜18℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:イロカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオ、ネンブツダイ、オキナワベニハゼ、イソハゼの仲間、ハコフグyg、シマウミスズメ、ビシャモンエビver.12)、オルトマンワラエビ、コトヒメウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシキイボキヌハダウミウシコールマンウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシアラリウミウシフジイロウミウシセンテンイロウミウシフチベニイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、シロタエイロウミウシフリエリイボウミウシガーベラミノウミウシver.12)、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイの仲間、ヒラムシの仲間など

  イロカエルアンコウ

コメント:本日はじっくりマクロ・フォト・リクエストです 潮色が落ちていますが、マクロ系のファイブなら全く問題ありません とてもキレイなウミウシの仲間やカエルアンコウの仲間などフォトジェニックな生物をご案内しました 今日は三競でオキナワベニハゼを見ましたが穴の中に引っ込んでしまい、撮影には至りませんでした 警戒心が強くなかなか近づけませんがチャンスがあったら是非、撮影して頂きたいと思います 今日の1枚はダイバーに人気のイロカエルアンコウです 撮影時はプレッシャーをかけないようにそっとアプローチして下さいね そうすれば長い間、同じエリアにとどまってくれるので何回も撮影して頂けます 牛着岩のシロタエイロウミウシですが単体から2個体に増えました!

7月2日(水)

雲見 オオ根/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:20〜18℃ 透明度:8〜4m

観られた生物:サカタザメ、ヒラタエイ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、マツカサウオ、ミノカサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、シマアジyg、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、テングダイ、タキベラygヤマドリ、ヒメギンポ、オキナワベニハゼ、ハナハゼ、ハコフグygアカシマシラヒゲエビビシャモンエビコトヒメウミウシミツイラメリウミウシニシキウミウシコールマンウミシ通称オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シロウサギウミウシキャラメルウミウシver.123)、シロタエイロウミウシ、キイロイボウミウシスミゾメミノウミウシアオミノウミウシ科の仲間(GLAUCIDAE sp)ミノウミウシ亜目の仲間(AEOLIDINA sp)トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  ミノウミウシ亜目の仲間

コメント:潮色が少し下がりましたが、見られる生物は依然充実しています 1ダイブ目はリフレッシュ・ダイブでオオ根を潜りました 砂地に日差しが差し込み癒されました これからの時期、例年ですとサカタザメが浅瀬にのっこんで来ますのでそれを狙って浅場の水底に砂紋が少ないエリアをじっくり探すと1個体みつかりました 砂の中から眼を出していますので注意していれば比較的かんたんに見つかります 2ダイブ目は牛着岩の大牛でじっくりフォトダイブ 3ダイブ目は−24アーチ付近でカレントを楽しみ、最後はプチ・ドリフト気分 ラスト4ダイブ目は三競でウミウシ三昧の満腹ダイブをしました コースやスタイルにバリエーション豊富な雲見、これからますます盛り上がっていきますよ!

7月1日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:20〜18℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.12345)、イタチウオ、マツカサウオ、ミノカサゴ、タキベラyg、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、ハナキンチャクフグ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、通称オランウータンクラブ、ヒトエガイコトヒメウミウシキイボキヌハダウミウシ(驚愕の映像はコチラ)、ミアミラウミウシニシキウミウシコールマンウミウシミツイラメリウミウシ通称オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシアラリウミウシシロウサギウミウシフジイロウミウシセンテンイロウミウシ、フチベニイロウミウシ、キャラメルウミウシver.1234)、シロタエイロウミウシガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  キイボキヌハダウミウシ

コメント:今日から7月です いよいよ夏本番を迎えます 今日の1枚は衝撃の画像です その年にもよりますがこの時期どのエリアでも比較的多く見られるキイボキヌハダウミウシですが、自分の体長の3倍はあろうかというニシキウミウシ腹足にキイボキヌハダウミウシが2個体で喰らい付いて体液を吸っているではありませんかっ!しかも良く見るとキイボキヌハダウミウシは2個体とも体の右側から交接器をあらわにしています  捕食とか摂食シーンは大型回遊魚や軟骨魚が注目されがちですがウミウシの世界でも繰り広げられているのですね 小型の後鰓類を摂食しているシーンはよく見かけるのですが・・・ すごいネーチャーシーンに遭遇してしまいました

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜 DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED