ダイビングログ2009年7月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

7月30日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:32℃ 水温:19.3〜18.0℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ネンブツダイ、イサキ、マダイ、イ トフエフキ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ベニサンゴガニ、ムラサキウミコチョウモンガラキセワタコネコウミウシヒロウミウシコトヒメウミウシセンヒメウミウシセンニンウミウシミツイラメリウミウシイガグリウミウシニシキウミウシver.12) 、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシヘリシロイロウミウシフチベニイロウミウシコールマンウミウシアカネコモンウミウシコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシサガミイロウミウシシラユキウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンスセンテンイロウミウシミズタマイボウミウシコイボウミウシキイロイボウミウシバライロマツカサウミウシツノヒダミノウミウシ(写真)スミゾメミノウミウシハクセンミノウミウシ属の一種、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

  ツノヒダミノウミウシ

コメント:ここ最近では一番のお天気と凪でした!潮色も徐々にではありますが良くなり、今月17日のゲリラ豪雨で水底に堆積した泥もだいぶさらわれてキレイになりました 本日はウミウシ・リクエストということでねちっこく壁にへばりついてきました と、いうことでほとんど魚を見ていません(笑) それにしても今日も実にたくさんのウミウシの仲間たちが観られましたよ〜 この時期、特に目に付くのがセンヒメウミウシ 季節柄ですね それといつもの年よりリュウモンイロウミウシが多く発生しているように感じます ヒロウミウシやアラリウミウシ、ムラサキウミコチョウが集団になっているのも目に付きますね 今日の1枚はスポンジウミウシの卵塊の中にいたツノヒダミノウミウシです ウミウシの卵を食べるEGG EATERの仲間です

7月29日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:30℃ 水温:19.4〜18.2℃ 透明度:10m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウハナタツイソカサゴ、ハオコゼ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、マアジ、マダイテングダイ、ツマグロハタンポ、イトヒキベラ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、アカイソハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニヒラミルミドリガイヒロウミウシコトヒメウミウシver.123) 、センヒメウミウシミツイラメリウミウシver.12) 、イガグリウミウシニシキウミウシver.12) 、キャラメルウミウシver.123)、フチベニイロウミウシコールマンウミウシアカネコモンウミウシヒメコモンウミウシ(写真)コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシリュウモンイロウミウシアラリウミウシver.12)、ノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシキイロイボウミウシシロハナガサアウミウシオトメウミウシスミゾメミノウミウシハクセンミノウミウシ属の一種、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、ホソテンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ヒメコモンウミウシ

コメント:フォトダイブ・リクエストで牛着岩60分、何となく潜り足りなくて牛着岩45分、フォトダイブ・リクエストで三競70分の3ダイブでした 1ダイブ目は−24mアーチのブイからエントリー 中層にはこのところおびただしいくらいマアジが群れています キンギョハナダイやイトヒキベラもカラフルでとってもキレイ 水路の壁ではウミウシの仲間をじっくり撮影 アカネコモンウミウシやキャラメルウミウシなどが見られました 2ダイブ目は 生物探しをしました 特に出モノは無かったのですがコンディションがUPしてとても気持ちよく潜れましたよ 3ダイブ目の三競はひたすらウミウシ、ウミウシ、ウミウシ・・・ お陰で久し振りにヒメコモンウミウシが見られました! いい潮が入ってきましたのでこれから期待できますね

7月26日(日)

雲見 牛着岩/沖の根

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:16.7〜15.7℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツキンギョハナダイ、アカハタ、イサキ、タカベ、シラコダイ、マダイタキベラ、イトヒキベラ、アオブダイ、ブダイ、コブダイ、クマノミ、スズメダイ、ニザダイ、コケギンポの仲間、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、キュウバンウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、ホソテンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ベニカエルアンコウ排泄シーン

コメント:ビッグニュースです 朝一番で沖の根を潜ったパーティがハンマー8個体に遭遇したとのこと ワラサの群れにも巻かれたらしいのです つい最近も沖の根に移動中、水面でハンマーを目撃!という情報が入ったばかり いや〜、いよいよ雲見のダイビングシーンが盛り上がってきましたね〜 1ダイブ目は牛着岩をベタなコース取りでまわりました お天気が良かったので水中に差し込む光がとてもキレイでした ただ水温があまりにも低かったので2ダイブ目は小牛の手前の浅いところだけを潜りました コケギンポの口開けシーンをじっくり観察しました 3ダイブ目はいよいよ沖の根に入りました が、潮もすっかりタルみお目当ての大物には遭遇できませんでした でもイサキ、タカベが壁のように群れていて中層を泳いでいて気持ちよかったですね〜 今日の一枚はベニカエルアンコウ しかも珍しい排泄シーンです カエルアンコウの仲間は大抵、お尻を持ち上げて排泄するようです

7月25日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:18.3〜17.2℃ 透明度:10m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、ハナタツver.12)、マツカサウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マアジブダイ、クマノミ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、アオリイカ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシセンヒメウミウシ(写真)、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシコールマンウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシアラリウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、アオミノウミウシ科の一種スミゾメミノウミウシテンロクケボリなど

  センヒメウミウシ

コメント:お天気、海況に恵まれました〜! 2パーティに分かれて3ダイブしました 1ダイブ目、松田チーム、倉嶋チームとも牛着岩を潜りました 地形と魚影を楽しみました 2ダイブ目、下り潮が強かったので松田チームはドリフト、倉嶋チームは三競でウミウシ・フォトダイブをしました 潮色が良く気持ちよく流せました 三競もコールマンウミウシうを始めたくさんのウミウシが見られましたよ〜! ラスト3ダイブ目、松田チームはウミウシ・ダイブで牛着岩、倉嶋チームは地形ダイブで三競を潜りました 何よりも潮色が良くなったのが嬉しかったですね お天気も良くとにかく暑い1日でした このまま盛夏になってくれるといいのですが、、、

7月24日(金)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:雨時々曇り 気温:25℃ 水温:18.8〜16.3℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:サカタザメ、ダイナンウミヘビ、ベニカエルアンコウver.1234)、 ノコギリヨウジ、ハナタツver.12)、オニカサゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マアジ、マダイ、イシダイ、テングダイ、スズメダイ、コケギンポヒメイソギンチャクエビイソギンチャlクモエビ(写真)ムラサキウミコチョウヒロウミウシコトヒメウミウシセンヒメウミウシミツイラメリウミウシサガミリュウグウウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、 アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシハナショウジョウウミウシミノウミウシ亜目の一種、テンロクケボリなど

  イソギンチャクモエビ

コメント:雨予報のため、堂ヶ島火祭り(花火大会)の開催が心配されましたが、何とかかんとかお天気がもってくれました 今から600年ほど昔、海賊一味が西伊豆の海に出没していたそうです そこで村人たちは力を合わせて海賊の船を攻撃し、放った火矢が火薬庫に刺さり、大爆発が起こって船が沈没 この海賊船征伐にちなんで毎年開催されています とても盛り上がる素晴らしいイベントでしたよ 来年の7月24日は土曜日ですから、アフターダイブに是非ご一緒しましょう! さて、肝心の海のほうですが透明度がちょっぴりUPしました ただ深場は依然、冷たい潮が入っています 今日の1ダイブ目でベニカエルアンコウが5個体も見られました  2ダイブ目はウミウシ三昧 3ダイブ目のオオ根ではこの時期の定番、サカタザメを見てきました

7月23日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:18.1〜16.1℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:トビエイベニカエルアンコウver.12)、ハナタツver.12)、マツカサウオ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、マアジ、イサキ、ムツ、マダイ、テングダイ、ブダイ、スズメダイ、ヒメギンポ、オルトマンワラエビ、ベニイシガニ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシコトヒメウミウシセンヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシスポンジウミウシキャラメルウミウシver.12コンガスリウミウシ(写真)、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、コイボウミウシ、シロハナガサウミウシなど

  コンガスリウミウシ

コメント:ドリフトダイバーSPコースで牛着岩の沖合いを潜りました 1ダイブ目は潮が上っていたため、グンカンからエントリー トビ根〜ヒラ根〜トンガリ〜-26mアーチ〜たて穴〜-24mアーチのブイという感じで気持ちよく流しました ヒラ根の砂地でトビエイが食事中でした また-24mアーチの根頭ではマアジの群れ、イサキの群れが見られました 2ダイブ目は潮が変わり、今度は下っていました 小牛のカドからエントリーしてグンカンまで流しました 1ダイブ目より潮はタルんでいたため、魚の活性は午前中より少し落ちていました ラスト3ダイブ目はがっつりウミウシ・フォトダイブです 今日の1枚はコンガスリウミウシ 久し振りに出会いました 和風な感じのとてもキレイなウミウシですよ

7月22日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:27℃ 水温:16.8〜16.3℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ベニカエルアンコウ(ver.1234)、ハナタツハオコゼ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マダイ、テングダイ、メジナ、タカノハダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ダテハゼ、ニシキテッポウエビ、イボイソバナガニヒラミルミドリガイニシキウミウシウスイロウミウシホソテンロクケボリ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、アカヒトデヤドリニナ、アカヒトデなど

  部分日食

コメント:前線の影響かヨタが入っていましたが、雲見OPENでした  1ダイブ目は魚の見分け方SPコースです 様々な種類の魚を撮影し、生態や特徴も調べました 2ダイブ目は水中ナチュラリストSPコースです 人間が与えた水中環境へのダメージを調べたり、寄生や共生についてじっくり観察しました ヨタが入っていたため、共生ハゼが巣穴から出ていなかったためなかなか見つかりませんでした 最後の最後にダテハゼとテッポウエビの共生が見られました (喜) 片利共生しているハナハゼは残念ながらみられませんでしたが、、、 1ダイブ目の終了後、空を見上げると太陽が欠けているではありませんか!空模様が怪しかったため、あきらめていたのですが、曇り空のお陰でメガネなしでもバッチリ観測することができました いや〜、感動しました ダイビングをして天体ショーも観られなんとも贅沢な体験ができました〜

7月20日(月)

田子 弁天島〜前浜/白崎bP

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:16.8〜15.1℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:トビエイ、ミノカサゴ、カサゴ、メバル、マハタ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、コスジイシモチ、キンセンイシモチ、マダイ、イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシキイボキヌハダウミウシセトリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシver12)、ニシキウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシシロハナガサウミウシハナオトメウミウシ、ヒラムシの仲間など

  セトリュウグウウミウシ

コメント:三連休の最終日、そしてOWDコースもいよいよ今日でファイナルです 残念ながら雲見はCLOSE、、、 と、いうことで田子湾内を潜ってきました 1ダイブ目は弁天島の水深-17mのブイからエントリーして前浜の水深-9mのブイで上がるコースです 深場はスコーンと抜けていましたがいかんせん、冷たかったです まるで冬の潮のような感じでした 5mmウェットスーツの方はフ−ドベストを着用するなど、防寒対策が必要かと、、、 ボク自身はかぶりのロクハンを着用していますがドライスーツに戻しても・・・なんて考えがふと頭の中をよぎりました(苦笑) 2ダイブ目はセトリュウグウウミウシ狙いで白崎へ いました×2〜 いや〜、いつ見てもキレイなウミウシですね 思わず寒さなんか吹っ飛んでしまいます  今年はセトリュウグウウミウシの当たり年なのでしょうか!? 最後に三連休中に遊びに来て下さいました皆様、どうもありがとうございました!  バタバタでご迷惑をお掛けしてスミマセンでした

7月19日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:30℃ 水温:18.8〜17.6℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ベニカエルアンコウver12)、ハナタツ、イタチウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビイボイソバナガニムラサキウミコチョウミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシコールマンウミウシ(写真)、アオウミウシ、シロウミウシ、シラユキウミウシアラリウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ヒラムシの仲間など

  コールマンウミウシ

コメント:三連休の中日、波止場はこの連休1番の人出でした 一昨日のゲリラ豪雨による土砂の流入とヨタが入ったため、あいにくのコンディションでしたが、デモノ的にはまずまずでした 2パーティを一人で4航とOWDコースという編成でした OWDコースは張石ビーチが濁って使えないため、オオ根でトレーニング・ダイブ ファンダイブ・チームは牛着岩を潜りました 1ダイブ目は-24mアーチのブイからエントリーして水路、そして湾内のブイへ ハナタツや黒いベニカエルアンコウが見られました 2ダイブ目は-24mア−チぼブイからエントリーして小牛を一周しました 白いカエルアンコウはいつものワタトリカイメンにしました 3ダイブ目の大牛裏ではじっくりウミウシ・ダイブ ラスト4ダイブ目は三競で地形&ウミウシ オキナワベニハゼは4個体いるのが確認できました

7月18日(土)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:曇り 気温:30℃ 水温:19.5〜19.4℃ 透明度:3m

観られた生物:サカタザメ、ウツボ、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ(写真)、アオヤガラ、キンギョハナダイ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、カゴカキダイ、イサキ、イシダイ、テングダイ、メジナ、クマノミ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポヒメギンポガラスハゼ、チャガラ、カワハギ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシコトヒメウミウシセンヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシキャラメルウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、コイボウミウシ、ヒラムシの仲間など

  ハナタツ

コメント:ゲリラ豪雨の翌日、いよいよ海の日の三連休に突入しました コンディションが心配されましたが、思ったよりは回復していました 1ダイブ目は初ファンダイブの方がご一緒ということでオオ根を潜りました 石垣島でCカードを取得した後のニゴニゴの雲見をご案内するのもちょっぴり気が引けたのですが、楽しんでいたようでほっとしました! 2ダイブ目は大牛裏からエントリーしてウミウシ・フォトダイブ ウミウシ・ダイブは潮色に影響されないところがいいですね 本日もたくさんのウミウシが見られましたよ  3ダイブ目は牛着岩の水路から-24mアーチのブイへ 沖の潮色も芳しくありませんでしたが、魚影が濃く楽しめました -24mアーチ手前のハナタツのお腹が日に日に膨らんできています!

7月17日(金)

田子 白崎bP/弁天島

天候:雨→曇り 気温:27℃ 水温:14.8〜14.7℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:ヒラタエイマトウダイ(写真)ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、コスジイシモチ、キンセンイシモチ、イトヒキベラホウボウコケギンポの仲間チャガラツバメウオイセエビオルトマンワラエビヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシハナオトメウミウシ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間ver12)など

  マトウダイ

コメント:ゲリラ豪雨に見舞われ雲見の海は一面、カフェオレのような色になってしまいました ボク等が到着したとき、2組のダイバーが先に潜っていたのですが、エキジョト後に水中の様子を確認したところ、とてもダイビングできる状態ではないということが判明 田子に移動しました 田子湾内は河川からの泥水の影響を全く受けておらず普段通りでした 1ダイブ目はここ最近の白崎のトレンド、セトリュウグウウミウシ狙いで深場に入りました 潮色はまずまず でもハンパじゃなく冷たかったです、、、 冬の魚マトウダイに遭遇した時に完全に心が折れ、セトリュウグウウミウシ探しを断念 浅場でフォトダイブを楽しみました ちなみに2ダイブ目の前浜では潜降ロープの水深-2mくらいの温かい所にツバメウオが避難していました(涙)

7月16日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:17.2〜15.8℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マダイ、メジナ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ベニサンゴガニ、ヒラミルミドリガイニシキウミウシver.12)、コモンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシリュウモンイロウミウシマツカサウミウシ属の一種オトメウミウシサキシマミノウミウシツノワミノウミウシトラフケボリ(写真)、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

  トラフケボリ

コメント:午前中は別チームのレスキューコースのシナリオに参加して、午後からファンダイブを2本やりました レスキュー・チームにご参加の方々はこの2日間、海水に浸かっていないせいか、かなり海水に飢えている様子でした(爆) 1ダイブ目は-24mアーチのブイからエントリーして小牛を一周しました カエルアンコウの仲間やハナタツ、ウミウシの仲間が観られました ヨタが入り、コンディションが今ひとつだったため、大牛側はやめ、2ダイブ目は-24mアーチからエントリーし水路方面へ ベニカエルアンコウが狭い範囲に3個体かたまってついていました お天気は最高! あとは水温がグッと上がってくれるのを待つのみですね〜

7月15日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:20.4〜17.1℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、タカノハダイ、クマノミ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、アオサハギ、ハコフグ(写真)、コウイカの仲間、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビノコギリガニムラサキウミコチョウヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシキャラメルウミウシアオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、フジイロウミウシ、センテンイロウミウシ、オトメウミウシ、イナバミノウミウシスミゾメミノウミウシ、オオアカヒトデなど

  ハコフグ

コメント:北海道から開港したばかりの富士山静岡空港、レンタカーで西伊豆までというガッツのある方とご一緒しました 前日の長旅でお疲れだったでしょうが、なんと3ダイブがっつり潜りました! 1ダイブ目は牛着岩の水路、H型のアーチなど地形とマアジやテンジクダイの仲間などの魚影を満喫しました 2ダイブ目は大牛の壁沿いでウミウシ・フォト・ダイブを楽しみました 潮色は相変わらず芳しくありませんでしたが、キレイなウミウシ達がたくさん見られお腹いっぱいダイブでした ラスト3ダイブ目は三競のエアー・ドームへ 地形、魚影、ウミウシetc. 透明度が悪くても楽しいダイビングができるようにコーディネート致します 今度ご一緒するときは是非、2日間のんびり潜りましょう!

7月14日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:18.8〜17.7℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、アオサハギ、アミメハギ、イボイソバナガニムラサキウミコチョウミツイラメリウミウシ、トサカリュウグウウミウシ(写真)キャラメルウミウシウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  トサカリュウグウウミウシ

コメント:暑い1日になりました 本日もみっちりフォト・ダイブを楽しみました 1ダイブ目は小牛前で小さな生物を中心に撮影大会 低水温の中、ほとんど動かなかったのですが皆さん撮影に集中していたのとロクハンを着込んでいたので1時間近く粘れました 2ダイブ目は前日の2ダイブ目に潜ったコースをリクエストして頂きました ターゲットはウミウシです そして何とトサカリュウゴウウミウシに遭遇しました〜! 体長は5mm以下で肉眼では判別不可能でした・・・(笑) 初めて見ましたがとってもキレイでしたよ 毎日のように潜っているポイントでも、見たことのない生物との新しい出会いがあったり、海って本当に新鮮な感動で溢れていますね

7月13日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:21.2〜20.1℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ヒラタエイ、サクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、ヤマドリ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、 アカイソハゼ、スナダコ、ヒメイソギンチャクエビ、ソメンヤドカリ、テントウウミウシ、シロイバラウミウシ、イバラウミウシ属の一種、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、キイボキヌハダウミウシ、ニシキウミウシ(幼体)、キャラメルウミウシオセロウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシノウメア・ワリアンス、セトイロウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シロハナガサウミウシ、クセニアウミウシ属の一種、ミノウミウシ亜目の仲間、ムラサキミノウミウシスミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリなど

  アカネコモンウミウシ

コメント:フォト・ダイブでガッツリ3ダイブしてきました お天気も良く気持ちのいいダイブができました ただ、潮色はガク〜〜ンと落ちてしまいましたが、、、 1ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー 洞窟のレギュラーメンバー、サクラテンジクダイのマウスブリーディング(口内保育)シーンをじっくり観察しました もちろんウミウシの仲間もたくさん観られましたよ〜 2ダイブ目は三競でクセニアウミウシ属の一種をお目当てに入りました 向きが今イチでしたが、ご紹介することができて良かったです! とってもキレイなウミウシですよ〜 ラスト3ダイブ目はオオ根でアオリイカの産卵シーンとサカタザメ・リクエストです ところが、、、大外ししていまい、な〜んにも見れませんでした ご一緒した皆様、ホントすみませんでした(涙)

7月12日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:28℃ 水温:18.8〜17.5℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼオキナワベニハゼイチモンジハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ムチカラマツエビイソギンチャクモエビオトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ハナシャコの仲間、アケウスムラサキウミコチョウ、アメフラシ、テントウウミウシコトヒメウミウシイバラウミウシ属の一種ヒロウミウシセンヒメウミウシver.12)、ミツイラメリウミウシver.12)、キイボキヌハダウミウシイガグリウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシオセロウミウシアオウミウシver.12)、シロウミウシシラユキウミウシウスイロウミウシver.12)、セトイロウミウシアラリウミウシver.12)、ノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシ、センテンイロウミウシver.12)、フリエリイボウミウシ、イナバミノウミウシクセニアウミウシ属の一種(写真)ツルガチゴミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリ、ツグチガイ、ヒラムシの仲間など

  クセニアウミウシ属の一種

コメント:お天気、凪とも恵まれました! 深場に冷たくて済んだ潮が入ってきている為、透視度は良いもののヒヤっとします 1ダイブ目は−24mアーチのブイからエントリーしました いつも見かけるハナタツやベニカエルアンコウは所定のエリアで見られました 魚影も濃くいい感じです イバラウミウシ属の一種やセトイロウミウシ、キャラメルウミウシなどボク好みのウミウシもGETできました 2ダイブ目の三競ではボク的にはここ最近のナンバー1ヒットウミウシ、クセニアウミウシ属の仲間が見られました 木〜金曜日とヨタが入り、コンディションが良くなかったので心配だったのですが、いてくれました〜 18〜20日の海の日の三連休もまだまだ余裕があります 是非、遊びにいらして下さい!!

7月9日(木)

浮島 ビーチ

天候:雨→曇り 気温:26℃ 水温:22.8℃ 透明度:5m

観られた生物:アカエイ、ヒラタエイ、ウツボ、ネンブツダイver.12)、クロホシイシモチ、コスジイシモチキュウセン、オハグロベラ、トラギスメギンポ、チャガラ、サビハゼ、クツワハゼ、 カワハギ、アミメハギ、ヒメイソギンチャクエビver.12)、オトヒメエビ、ツブワタリイシガニ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシver.12)、ウスイロウミウシ、コイボイウミウシ、キイロイボウミウシシロハナガサウミウシオトメウミウシ、ムカデミノウミウシver.12)、イナバミノウミシ(写真)など

  イナバミノウミウシ

コメント:ガイド・トレーニングで浮島ビーチを潜りました 前日の雲見で冷たい潮が入り寒い思いをしたのでせっかく衣替えしたロクハンからまた衣替えをしてドライスーツで潜りました ホームゲレンデの雲見と違い、浅い浮島の湾内、111分のロング・ダイブでがっちりコース取りのトレーニングができました ドラゴンホールではヨタがキツく苦戦しましたがとってもかわいいムカデミノウミウシの幼体や小さなイナバミノウミウシを発見しました 砂地中央の漁礁ではネンブツダイやクロホシイシモチの口内保育のシーンが見られますよ! 今やウミウシ・フリークの聖地になりつつある浮島、今回はコンディションがあまり良くなかった為、 全然ウミウシを発見できませんでしたが、ポテンシャルの高さは十分に感じましたね

7月8日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨→曇り 気温:28℃ 水温:20.8〜17.2℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ベニカエルアンコウキンギョハナダイサクラテンジクダイオオスジイシモチ、イサキ、クマノミ、スズメダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼオキナワベニハゼ、アミメハギ、ムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ベニサンゴガニ、ムラサキウミコチョウ、イバラウミウシ属の一種、センヒメウミウシコトヒメウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシサガミリュウグウウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシウスイロウミウシシラユキウミウシver.12)、アラリウミウシノウメア・ワリアンスフジイロウミウシ、ハナイロウミウシ、サガミイロウミウシリュウモンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、スミゾメミノウミウシ、チゴミノウミウシ、クセニアウミウシの一種、トラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  キンギョハナダイ

コメント:ウミウシ・リクエストです 前日、発見したクセニアウミウシ属の一種は何と2個体に増えていました! そもそもこのウミウシがリクエストでしたので思う存分粘って撮影して頂きました 2ダイブ目は大牛洞窟でアクラテンジクダイの口内保育を観察しました 岩肌ではとてもイレイなハナイロウミウシもGET! 深場(-15m以深)には16℃台の冷たくて澄んだ潮が入ってきました 3ダイブ目の三競では水深-10mくらいでも冷たい潮が入ってきてサーモクラインができていました 温かい潮を求めて水深−6〜7mくらいの浅場でキンギョハナダイの群れと戯れました ウミウシ・リクエストの方が多いのですが、地形やお魚rクエストも大歓迎です 海の日の連休もまだ余裕がありますので、是非遊びにいらして下さい!

7月7日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:30℃ 水温:20.7〜18.5℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、ベニカエルアンコウ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイオオスジイシモチガラスハゼムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ動画)、ムラサキウミコチョウモンガラキセワタ動画)、コトヒメウミウシ、イバラウミウシ属の一種コハナイバラウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシセトイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシ、リュウモンイロウミウシサガミイロウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシスミゾメミノウミウシクセニアウミウシ属の一種(写真)ミノウミウシ亜目の一種、トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  クセニアウミウシ属の一種

コメント:本日も凪の雲見でフォト・ダイブを満喫しました 年に何回かあるのですが、久し振りにダイビング・ガイドの神が降りてきた感じがしました 今日のTOP写真のクセニアウミシの仲間ですが以前、浮島のドラゴンホールで見つけて以来、雲見でもず〜っと探し続けていました そして本日ついに ホーム・ゲレンデの雲見でGETすることができました〜!! 明日もウミウシ・リクエストが入っていますのでじっくり観察してきますよ〜 本当にキレイなウミウシなので興味のある方は是非、リクエスオして下さいね テンジクダイの仲間の口内保育が見頃です 海の中もすっかり夏モードですね〜 海況(潮色、水温)が今ひとつ安定していませんが良くなったり悪くなったりしながら徐々に秋のベストシーズンを迎えます

7月6日(月)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:雨→晴れ 気温:25℃ 水温:20.5〜19.6℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:サカタザメ(動画)、ヒラタエイ、 ハナアナゴ、ベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ(写真)、イサキ、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、アオリイカ、ムチカラマツエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、 イセエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウ、イバラウミウシ属の一種キイボキヌハダウミウシ、キャラメルウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シラユキウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、マツカサウミウシ属の一種、オトメミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  サクラテンジクダイ

コメント:過去に銭洲遠征でご一緒したベテラン4名様とご一緒しました 潮色は前日よりもずいぶん回復しました 小さな生物はあまりお好みではない様子でしたので、ウミウシなどはサラッと流しました 大牛洞窟のサクラテジクダイのマウスブリーディング(口内保育)、ついに捉えました 機会があればじっくり自分自身の撮影ダイブで口内の卵を撮ってみたいものです 例年に比べ、7月にしては今ひとつのコンディションのような気がします 青ヶ島付近を流れている黒潮が伊豆半島にグッと近づいて分流が駿河湾に入ってくれるといいですね オオ根のアオリイカの産卵床は本日はお休み(?) 砂地でサカタザメを探して遊びました 明日はじっくりフォトダイブです へたったロクハンでは正直この水温はしんどいです、、、 発注した新しいロクハンが早く届かないかな〜

7月5日(日)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:21.0〜19.5℃ 透明度:6〜3m

観られた生物:サカタザメ、 マハタ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、ニシキベラ、スズメダイ、オキナワベニハゼアオリイカ(動画)、オルトマンワラエビ、オトヒメエビ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシセンヒメウミウシ、イバラウミウシ属の一種、イガグリウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシウスイロウミウシフジイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンスシロタスキウミウシ、シラユキウミウシ、シロウサギウミウシセンテンイロウミウシリュウモンイロウミウシver.12サガミイロウミウシキイロイボウミウシ、オトメウミウシ、フジエラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

  アオリイカ

コメント:引き続き本日もガッツリ4ダイブしてきました! ウミウシ・リクエストの方がいらっしゃいましたのでウミウシ・エリアを中心に潜りました 深場には冷たい潮が入っていたため、浅め浅めのコース取りをしました 今日もたくさんのキレイなウミウシの仲間に出会えましたよ〜 三競ではシロタスキウミウシのペアが登場 例年、雲見ではそれほど見かけないのですが今シーズンは割と良く見かけます ラスト4本目のオオ根は大いに盛り上がりました〜 アオリイカのペアが産卵のため産卵床にたくさん集まっていました 潮色がガク〜ンと落ちて3mくらいしか透視度がなかったのですがそれが功を奏したのでしょうか、待っているだけで手が届きそうな距離まで接近してくれました もちろん砂地のサカタザメもしっかり押さえましたよ

7月4日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:27℃ 水温:20.3〜17.1℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ハナタツ、サクラテンジクダイ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、オキゴンベ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、コウイカの仲間オトヒメエビイボイソバナガニ、ベニサンゴガニ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシ、ハナイロウミウシ(写真)キベリシロウミウシ、オトメウミウシ、ガーベラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  ハナイロウミウシ

コメント:海況が回復し、7月の「いっぱい潜ろうキャンペーン」が始まってからはや4日 ようやくホームゲレンデを潜れました 1ダイブ目はブイからエントリーして小牛を1周しました 軽く上げ潮がかかっていましたが、砂地から小牛のカドに出るとアゲンストから一転フォローに変わります 潮に乗って気持ちよく潜れました中層のネンブツダイも口内保育をしている個体がずいぶん増えました 2ダイブ目は雲見の代表的なアーチ、-24mのアーチを潜りました 3ダイブ目は大牛洞窟を潜りました たくさんいるサクラテンジクダイの中、頬をパンパンに膨らませている個体を発見 雲見の海の中もすっかり夏ですね〜 4ダイブ目は三競で洞窟巡り 久し振りにガッツリ4ダイブ満喫しました 今日の1枚はハナイロウミウシ とってもキレイなウミウシですよ〜

7月2日(木)

田子 白崎bP/弁天島/白崎bP〜2

天候:雨→晴れ 気温:26℃ 水温:18.6〜17.5℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:サカタザメ動画)、ヒラタエイ、ヒフキヨウジ、ノコギリヨウジ、カサゴ、ミノカサゴ、ネンブツダイマダイ、クロホシイシモチ、イトヒキベラ、ニシキベラ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポの仲間、ホシハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、カマスの仲間、ツバメウオ動画)、ヒラメ、ムスメウシノシタ、コウイカの仲間、マダコ、オトヒメエビ、イセエビver.12)、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、セトリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシアオウミウシシロウミウシフジイウロウミウシシロハナガサウミウシアワシマオトメウミウシホソテンロクケボリなど

  ツバメウオ

コメント:本日も前線の影響でヨタが入ったため田子へ移動 雲見は何とかOPENしていましたが、セトリュウグウウミウシも出ていることですし、無理をせず田子湾内をじっくり3ダイブしました 潮色はまずまずで水面水温は22℃くらいあるものの、深場(-30m付近)は17℃あるかないかといったところです すでにウェットスーツに衣替えしましたので、深場の低水温はちょっぴりしんどいものがあります、、、 1ダイブ目は白崎bPをダイブしました 相変わらずカマスの群れ、大きなマダイが中層で見られました 本日もセトリュウグウウミウシ、バッチリ見られました 前日と同じ個体でした 2ダイブ目は白崎bRからbSへ まったりウミウシ・ダイブでした 3ダイブ目は前浜でツバメウオ&サカタザメ狙い 砂地には大きなヒラメもいておおいに盛り上がりました!

7月1日(水)

田子 白崎bP/弁天島/白崎bP〜2

天候:曇り 気温:29℃ 水温:20.9〜16.7℃ 透明度:10〜5m

観られた生物:ウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウ、ミノカサゴ、ネンブツダイ、マダイ、イトヒキベラ、ヒメユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシハゼ、シュンカンハゼ、カマスの仲間、カワハギ、ガンガゼエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシセトリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシver.12)、ニシキウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ、シロハナガサウミウシ、カメキオトメウミウシアワシマオトメウミウシハナオトメウミウシ、テンロクケボリなど

  セトリュウグウウミウシ

コメント:前線の影響で強いウネリが入りました 雲見はCLOSEではなかったのですが、3ダイブリクエストだったため田子へ移動 湾内を3ダイブしました 1ダイブ目は白崎bPブイからエントリー そう、ここ最近出没しているセトリュウグウウミウシ狙いです いや〜、今日もいましたねぇ〜 しかも前回見たのとは別の個体です 他店情報では4個体一度に見られたのこともあったそうです 浅場の根が突き出したところの中層では大きなマダイやカマスの仲間の群れが見られました 潮色が良くなったので群れ系もいい感じです! 2ダイブ目は弁天島へ 外洋に面している分、ヨタが入っていましたが南方系のヒメユリハゼも見られ気分は夏モードです ラスト3ダイブ目はのんびりまったりのウミウシ・ダイブの白崎でした

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED