じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2013年7月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

7月31日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26.2〜25.1℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、タツノイトコ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、ハナミノカサゴ、メバル、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、タカベ、イッセンタカサゴ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、オハグロベラ、ツユベラ、オキゴンベ、タカノハダイ、ミギマキ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、アカイソハゼ、ミナミハコフグハナキンチャクフグイソバナカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビビシャモンエビカイカムリイソコンペイトウガニイボイソバナガニウスイロウミウシリュウモンイロウミウシセンテンイロウミウシアヤメケボリホソテンロクケボリなど
※7/31のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:7月も今日で終わりですね 明日から8月がスタート いよいよ夏本番ですね 本日、じっくり3ダイブしてきました いや〜、ついに来ました黒潮祭り 時間を追うごとに青くて温かい潮が入ってきて一気にコンディションがUPしました いや〜、年に何回かしかない幸せな瞬間ですね〜 普段はロクハンかぶりのフードまでバッチリなんですが、あまりの温かさにフードを外して潜りました(^O^) 島前からエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜たて穴〜三角穴〜湾内ブイとベタなコース取りでしたがマクロ系を交えつつ、地形と魚影を満喫できる楽しいダイブができました 2ダイブ目はお客様が休憩している間にネタ探しで小牛前を潜りました お目当てのコウワンテグリとウミウシカクレエビは残念ながら見つからず… 明日以降、ファンダイブしながら捜索します ツユベラygは定位置で見られました その他、でっかいイソコンペイトウガニやイソバナカクレエビ、 アライソコケギンポはレギュラーメンバーですね ラスト3ダイブ目は-16mアーチから大牛洞窟へ ペットのホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを楽しんで頂いた後は大牛洞窟前へ ヤマブキウミウシは移動してしまったようです サクラテンジクダイの口内保育シーンをじっくり観察しました 50分たっぷり楽しみました〜 明日から8月の無制限ダイブがスタートです 黒潮祭りも始まり超楽しみですね〜〜ヽ(^0^)ノ

7月28日(日)

土肥 ダイビングプール

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:−℃ 透明度:−m

観られた生物:プールダイブにつき生物情報はありません

  ちびっこプールダイブ

コメント:今日も暑い×2、一日でした ジュニアの体験ダイビングを土肥のダイビングプールでやってきました 小学校の水泳大会の選手なので英力には全く問題ないのですが、いかんせん体格がまだ小さいので8Lタンクを使用しました それでも最初のウチはタンクに振り回されてしまいバランスを取るのにひと苦労 ところが子供って本当に飲み込みが早いというか適応するのが早いですね しばらくするとタンクに振り回されながらもフワフワと中性浮力を取り始めました 休憩時間中も25mのスイミングプールで本気泳ぎで競争したり、フィンスイムを楽しんでいました いや〜元気です(^O^) 午後もダイビングプールでタンクのエアーが残り少なくなるまで水の中で遊びました 面白半分で水中カメラを渡したところ思いのほか撮れていてビックリ(@_@;) いい夏休みの思い出になりましたね
動画はコチラをコリックしてください

7月27日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:22.5〜20.1℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ホタテウミヘビオオモンカエルアンコウハナタツ、タツノイトコ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、メバル、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイの卵、イトヒキベラ、ツユベラyg(写真)キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コウワンテグリ、アオサハギ、カワハギ、キタマクラ、ハナキンチャクフグ、ウミウシカクレエビイソバナカクレエビクリアクリーナーシュリンプビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、カイカムリイソコンペイトウガニナマコマルガザミマルタマオウギガニ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシキャラメルウミウシヤマブキウミウシウスイロウミウシセンテンイロウミウシシラユキウミウシミチヨミノウミウシハナヤカケボリ、トラフケボリなど
※7/27のガイドコース

  ツユベラyg

コメント:穏やかなコンディションの中、がっつり4ダイブしてきました〜 まず1ダイブ目は島前から7エントリーしてH型のアーチを抜け、キンメモドキの大群へ 一同大いに盛り上がりました〜ヽ(^0^)ノ 地形を中心にご案内しました〜 2ダイブ目は三競でまたまた洞窟ダイブです とはいえ、洞窟だけではなくオオモンカエルアンコウやイソコンペイトウガニ、クリアクリーナーシュリンプなどのマクロ系も見られました(^O^) 3ダイブ目は-16mアーチからエントリーして大牛洞窟へ まずは恒例のホタテウミヘビの餌付けSHOW ところが一回しか食べてくれませんでした 連日の餌やりで食傷気味だったのでしょうね(>_<) しばらく餌付けはお休みしてここ一番であげたいと思います その他、大きな抱卵中のイソコンペイトウガニやハナタツ、すっかり定着したヤマブキウミウシ、ビシャモンエビなどが見られました ラスト4ダイブ目はここ最近、見つけたコウワンテグリ、ツユベラの極小幼魚、ウミウシカクレエビを探しに潜りました 結果的には全部、健在でした〜ヽ(^0^)ノ フォトジェニックなので水中カメラをお持ちの方は是非、リクエストして下さいね〜 本日の一枚はツユベラの幼魚です 黒潮に乗って運ばれて来た南方系のお魚さんんです

7月26日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:21.4〜20.8℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、ハナタツ、タツノイトコマツカサウオ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、オハグロベラ、イトヒキベラ、ツユベラyg、オキゴンベ、ウイゴンベ、タカノハダイ、ミギマキ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、アイゴ、ニザダイ、コウワンテグリ(写真)、ニジギンポ、コケギンポの仲間)、ガラスハゼヒラメ、ウミスズメ、シマウミスズメ、キタマクラ、ハナキンチャクフグ、マダコ、ウミウシカクレエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビカイカムリイソコンペイトウガニモクズショイマルガザミニシキウミウシ)、ヤマブキウミウシセトイロウミウシリュウモンイロウミウシハナヤカケボリアヤメケボリトガリアヤメケボリトラフケボリテンロクケボリ)、ベニキヌヅツミ)など
※7/26のガイドコース

  コウワンテグリyg

コメント:表層に温かい潮が入ってきました 水面は依然、先週の集中豪雨の傷跡で流木やゴミが多く、ダイビングボートの航行に注意が必要です 時期が時期なら流木にシイラが付きそうなんですが…(^_^;) まず1ダイブ目は先だって小牛前で見つけたウミウシカクレエビを探しました 宿主はやっぱり動きますよね… 残念ながら見つけられず コケギンポの仲間やイソバナカクレエビ、ウミウサギの仲間をチェックしました 続いて2ダイブ目は-16mアーチからエントリー ペット?のホタテウミヘビに給餌しました なんだか最近、大きくなってきたような気がします(笑) いつもはベルの音でどこからともなく現れるコブダイ、今日はお出掛け中でした いつものイソコンペイトウガニや最近、見つけたとても美しいヤマブキウミウシが見られました ラスト3ダイブ目は島裏からエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ キンメモドキの群れ、相変わらずスゴイですね〜ヽ(^0^)ノ 小牛前では今シーズンの初モノ、コウワンテグリの幼魚がいました 全長1cmに満たないちびっこで超カワイかったです ボク的にはコウワンテグリは昨シーズンは見られなかったので2シーズン振りでしょうか 定着してくれるといいなぁ〜 そして1ダイブ目では見つけられなかったウミウシカクレエビ、執念で見つけました〜o(^▽^)o ここに来て南方系の魚たちが目につくようになりましたね あとは潮色が良くなってくれると申し分ないのですが 期待しましょう!

7月23日(火)

雲見 赤井浜/牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:22.9〜19.6℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:サカタザメ)、ウツボ(口に釣り針)、トラウツボ、ホタテウミヘビクロアナゴタツノイトコマツカサウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、マアジ、ムツ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、テンス、コブダイキンメモドキ) 、ツマグロハタンポ、ウミウシカクレエビ(写真)アカホシカクレエビイソギンチャクモエビビシャモンエビカイカムリイソコンペイトウガニ、ヒロウミウシ、ヤマブキウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシフリエリイボウミウシ、セロガタケボリなど
※7/23のガイドコース

  ウミウシカクレエビ

コメント:本日、12才と10才の女の子の体験ダイビング&ファンダイブをしました 10:30雲見着ののんびりスタートだったので1本、リサーチで入ってきました コブダイの若魚とホタテウミヘビにフィーディングしてきました どちらも食欲旺盛で気持ちいいくらい食べてくれました〜(笑) 大きめサイズのイソコンペイトウガニや一昨日、ご一緒したお客様に見つけて頂いたヤマブキウミウシは健在でした(^_^) 朝一番は思ったより潮色が良かったですね〜 10:30にお客様と合流し、体験ダイビングん(DSD)の説明をしいざ赤井浜へ 青いお魚、ソラスズメダイや矢印みたいなカタチをしたサカタザメにも逢えましたね〜! 続いては10才の妹さんの体験ダイブ(DSD) この時期、浅場でよく見かけるサカタザメはなんとまとめて3個体GETしました とっても楽しい体験ダイブ、そして今年の夏の思い出になったのでしゃないでしょうか? ラストはちびっこ体験ダイバーのご両親とファンダイブ 牛着岩をご案内しました H型のアーチの出口付近にはキンメモドキの大群がいました 潮がかかっていたので出口に入ってきた模様です イサキ、マアジ、スズメダイ、テングダイなどムレや大きな魚も見られて盛り上がりましたね〜 そして湾内ブイ近くでは当店的には今シーズン初のウミウシカクレエビが見られました 昨シーズンとは1ヶ月と20日遅れですね サイズも大きくとってもカワイかったです でもこの宿主、けっこう動くんですよね 昨シーズンは潜る度に見られるくらいウミウシカクレエビの当たり年でした さて今シーズンはどうでしょうか?

7月21日(日)

雲見 黒崎/牛着岩(フローダイビング

天候:曇り→晴れ 気温:27℃ 水温:21.5〜21.1℃ 透明度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、マアジ、イサキ、コロダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニシキベラ、オハグロベラ、アカササノハベラ、タカノハダイ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、カワハギ、ヨソギ、ハコフグ、ウミスズメ、キタマクラ、イソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシニシキウミウシウスイロウミウシサガミイロウミウシ、センテンイロウミウシ、フジイロウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ(写真)ベニキヌヅツミコペポーダなど
※7/21のガイドコース

  ツルガチゴミノウミウシ

コメント:潮色は依然、芳しくありませんが凪はバッチリ とても穏やかな雲見でした 本日、1ダイブ目は黒崎でバースデー記念&洞窟&マクロ系フォトダイブをしました 浅根のアーチ内には牛着岩同様、おびただしい数のキンメモドキが詰まっています アーチを抜け竜宮城へ リュウグウ系のウミウシが多いこのエリアですが今回は見つけられず… そのまま根頭づたいにドラゴンウォールへ向かいました いつものアカシマシラヒゲエビはアカササノハベラをクリーニング中 そっと手を差し出しましたが今回は爪のクリーニングはしてくれませんでした そのまま先端洞窟へ ムチカラマツで大きなビシャモンエビをチェック イタチウオ、サクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、ネンブツダイなど魚影が濃いですね〜 続いては牛着岩でフローダイビング(蛍光発光ダイビング)をしました 特殊なライトとフィルター(ゴーグル)を使用すると生物が蛍光色に発光します 事前ダイビングエリアでに何が発光して何が発光しないか下調べをしていますのでハズレなしで幻想的な海の中のエレクトリックパレードを楽しめますよ オプション+3,000円で参加できますので是非、リクエストをお待ちしています! 関連動画をブログに掲載しましたので参考にして下さいね 本日の一枚はツルガチゴミノウミウシ ウミウシの卵を食べるエッグイーターです

7月20日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:22.0〜18.2℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、クロアナゴ、ハナタツ、タツノイトコ、イタチウオ、マツカサウオ、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、ムツ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、キンメモドキコケギンポの仲間イソギンチャクモエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イソコンペイトウガニイボイソバナガニマルタマオウギガニムラサキウミコチョウヒロウミウシニシキウミウシヤマブキウミウシ(写真)アカネコモンウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、セトイロウミウシセンテンイロウミウシ) 、ハナヤカケボリ、テンロクケボリなど
※7/20のガイドコース

  ヤマブキウミウシ

コメント:集中豪雨以降、河川や山から流入した濁流の影響で透明度が落ちてしまいました… それ以外は生物が多く魚影も濃く楽しいダイビングができます! まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー 潮色通しがいいこのエリアは 本当に魚影が濃いですね イサキ、マアジ、ムツ、ネンブツダイ、キンギョハナダイがごっちゃり見られます -24mアーチ内ではテングダイ、イタチウオ、マツカサウオなどが見られました H型の洞窟の手前では相変わらずキンメモドキの大群がダイバーをお出迎えしてくれました クレバス〜三角穴〜水路を抜け小牛の砂地方面へ ギンポ岩でコケギンポの仲間と遊んだ後、湾内ブイでエグジットしました 2ダイブ目はここ最近、マイブームのホタテウミヘビのフィーディング(餌付け) ボクに慣れてきたせいか、かなり出てくるようになりました 目標は全身出すことでしょうか(笑) 大牛洞窟に向かう途中はマクロ系の生物が充実しています イソコンペイトウガニ、セトイロウミウシ、イソギンチャクモエビなどなど ムラサキウミコチョウはアチコチで見られ大牛洞窟にたどり着く前に時間になってしまいました(^_^;) ラスト3ダイブ目は2ダイブ目でたどり着けなかった大牛洞窟前からエントリー 口内保育中のサクラテンジクダイをご紹介しました そして今回、久し振りにヤマブキウミウシに出会うことができました〜 いや〜、キレイなウミウシですね〜〜 幸せの黄色いウミウシです! しばらく見られるといいなぁ〜

7月19日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:19.3〜19.1℃ 透明度:5m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビタツノイトコマツカサウオ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、オニカサゴ、イサキ、マダイ、イシダイ、メジナ、 クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ホンソメワケベラ、コブダイ、ブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ、コクテンベンケイハゼ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニムラサキウミコチョウニシキウミウシ、アオウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシトラフケボリアヤメケボリハナヤカケボリテンロクケボリムラクモコダマウサギなど
※7/19のガイドコース

  コケギンポの仲間

コメント:一昨日は夜半から未明にかけて西伊豆町に記録的な集中豪雨に見舞われました 幸い当店は被災を免れましたが田子地区、安良里地区、宇久須地区は甚大な被害を受けました 一日も早い復旧をお祈り申し上げます さて、海の方はというとベタ凪でした 海に流入した濁流の影響で透明度は落ちていましたがまあまあのコンディションでした まず1ダイブ目は最近、飼育しているホタテウミヘビとコブダイの餌やりでした まずはホタテウミヘビにフィーディングしました 餌を鼻先に差し出すと普段は砂から顔しか出していないのに全身の1/3くらいまで出てきてくれました 最終的には全身、砂地から出てきて餌を手渡しでパクっと食べさせるのが目標です そうこうしているうちにこちらも飼育しているコブダイに餌やりをしました このコブダイにも餌付けして自由自在に操れるようになるといいぁ〜〜 餌付け動画はブログにリンクを貼っていますので是非、ご覧下さいませ  2ダイブ目は小牛まわりでじっくりマクロ系を狙いました 最近、また見つけたハナヤカケボリやLサイズのイソバナカクレエビ、アヤメケボリなどなど 小牛のイソコンペイトウガニは今日は見つけられませんでした 明日は記念ダイブでこのエリアを潜りますのでまた探してみたいと思います

7月15日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:32℃ 水温:21.1〜18.8℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、シラコダイ、チョウチョウウオ、マアジ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、フトスジイレズミハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、マルコブカラッパカイカムリ(写真)イソコンペイトウガニムラサキウミコチョウ)、ヒロウミウシミツイラメリウミウシ)、ニシキウミウシフジナミウミウシサラサウミウシウスイロウミウシセンテンイロウミウシ)、リュウモンイロウミウシサガミイロウミウシキイロイボウミウシスミゾメミノウミウシなど
※7/15のガイドコース

  カイカムリ

コメント:連休最終日は前日めでのウネリがだいぶおさまりこの三連休中では一番良いコンディションでした 本日、当店オリジナルのPADIスペシャルティコース「雲見のウミウシの見つけ方」を実施しました ダイビング前に知識開発セッションで雲見特有の地形を利用したウミウシの見つか方を伝授 そしてトレーニングダイブで実行します まず1ダイブ目はブイからエントリーして牛着岩のクレバスでウミウシ探しです 暗がりのウミウシを見つけるにはLEDなどのライトが心強い味方ですね 見事、達成条件をクリアしました 続いては-24mアーチブイからエントリーしてサンクチュアリへ ここも本当にウミウシが多いエリアですね 単にウミウシを探すだけではなく産卵や交接シーン、ウミウシの卵についても水中でご紹介しました(^O^) 2ダイブ目はすっかり眼が慣れて1ダイブ目よりたくさんのウミウシを見つけて頂きました 3ダイブ目はウミウシ&ウミウシ以外も楽しみました 大牛洞窟ではサクラテンジクダイの口内保育シーン 南方系のフジナミウミウシや擬態の名手、ビシャモンエビやイソコンペイトウガニ ホタテウミヘビの捕食シーンをご紹介しました ショップに戻ってから見つけたウミウシの種を楽しくウミウシ図鑑で調べました また雲見で洞窟と暗がりにいるウミウシ探しをしましょうね〜 本日の一枚はカイカムリ カイメンの帽子をかぶった可愛らしいカニの仲間です 連休中に遊びに切れくださいました皆さま、本当にありがとうございました!

7月14日(日)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:曇り時々晴れ 気温:31℃ 水温:19.9〜18.3℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:サカタザメ)、トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビハナタツ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、カゴカキダイ、マアジ、イサキ、テングダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、コブダイキンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、コケギンポの仲間ムスメウシノシタ、ウミスズメ、ハリセンボン、キタマクラ、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、 オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニルンキナウミウシ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシ、オセロウミウシ、キャラメルウミウシ、フジナミウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、ジュッテンイロウミウシ(写真)、センテンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、フリエリイボウミウシキイロイボウミウシ、トラフケボリ、テンロクケボリなど
※7/14のガイドコース

  ジュッテンイロウミウシ

コメント: 海の日の三連休、中日はウネリが強く入っていたものの雲見はOPENしました 波止場はダイバーで賑わいました 海況不良もなんのその、がっつり5ダイブ楽しんできました〜ヽ(^0^)ノ まず1ダイブ目はブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜たて穴〜-24mアーチという洞窟巡り H型のアーチを抜けたところにいるキンメモドキの大群は圧巻ですね -24mアーチの根頭ではテングダイが見られました 2ダイブ目はリフレッシュ&スキルチェックでオオ根を潜りました 皆さん、水慣れしていて水中でとっても楽しそうでした 狙い通り、サカタザメがいっぱい見られました そして3ダイブ目は-24mアーチからエントリーして水路〜小牛前〜ブイというコース取り 時間の経過とともにウネリが強くなり、水路を通過中はまるでアトラクションのようでした 小牛前ではコケギンポの仲間やイソバナカクレエビ、イソコンペイトウガニをご紹介しました 4ダイブ目は-24mアーチからエントリーして周辺の地形とキンメモドキの大群をご案内しました 地形と魚影を満喫しましたね ラスト5ダイブ目、前半は最近のマイブームのフィーディング(魚の餌付け) コブダイ若魚とホタテウミヘビはすっかりダイバー慣れした様子です 特にコブダイはずっとダイバーのまわりにまとわりついていました 大牛洞窟ではマウスブリーディング中のサクラテンジクダイや洞窟前ではフジナミウミウシが見られました 台風は熱帯低気圧に変わったので明日は海が静かになってくると思います 本日の一枚は1ダイブ目にお客様が見つけたジュッテンイロウミウシ キレイですね

7月13日(土)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ→曇り 気温:30℃ 水温:21.0〜20.2℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、イロカエルアンコウ(写真)ミノカサゴ、アカカマス、コブダイyg、ハナハゼ、ダテハゼ、シュンカンハゼ、ホシハゼ、セイテンビラメ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビ、ガンガゼエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニイボイソバナガニ)、ヒメサンゴガニ属の一種ヒラミルミドリガイヒロウミウシ)、ミツイラメリウミウシイガグリウミウシニシキウミウシアオウミウシクチナシイロウミウシノウメア・ワリアンスシロハナガサウミウシベニキヌヅツミヒラムシの仲間など

  イロカエルアンコウ

コメント:残念ながらウネリが強く、海の日の三連休の初日は雲見CLOSE と、いうことで田子湾内を潜ってきました 1ダイブ目の弁天島はウネリが入っていたもののOPEN 深場のウミウシをチェックしようと思ったのですが潮色が悪く断念 浅場でウミウシ探しをしましたがウネリに翻弄されて厳しい海況でした 2ダイブ目は白崎1番ブイからエントリー 先端とは反対方向に向かってイロカエルアンコウを見てきました ジュズエダカリナに白いカエルアンコウがちょこんと乗っかていて可愛らしかったです キレイなクチナシイロウミウシも見られました 昼食を挟んで3ダイブ目は白崎1番ブイからエントリーして先端方面へ 今日もいましたでっかいイソコンペイトウガニ 存在感たっぷりです! イソバナカクレエビや毛先がピンクのイガグリウミウシ、ノウメア・ワリアンスなどが見られました イボイソバナガニは♂♀それぞれ見られますが付いているムチカラマツが違います この2匹が出会うにはちょっと距離がありすぎますかね〜 本日の一枚は白崎のイロカエルアンコウです オオモンカエルアンコウなのかな?

7月12日(金)

土肥 通り崎ビーチ

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:21.6〜20.8℃ 透明度:6m

観られた生物:ウツボ、カエルアンコウイロカエルアンコウ、イシヨウジ、ミノカサゴワニゴチアカオビハナダイ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コスジイシモチ、コロダイ、クロダイ、タキベラ、タカノハダイ、オキゴンベ、ウイゴンベ、ネジリンボウ、クサハゼセイテンビラメ、マダコ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、カニダマシの仲間、オランウータンクラブ、イボイソバナガニツノガニナマコマルガザミホソテンロクケボリ)など

  アカオビハナダイ

コメント:遠く沖縄にある台風7号の影響で雲見はCLOSE… 明日のダイビングに備え、海冒主のまのっちに土肥を案内してもらいました 移動中、通りがかった堂ヶ島はウネリが強くとても潜れる雰囲気ではありませんでした ところが土肥に来てみると軽いヨタは入っているものの穏やかな海況でした 浅場(水深-5〜6m)はヨタが入ってユラユラしていたものの深場(水深-15m〜)は非常に穏やかでした 通り崎はじっくり潜って生物探しをするのにとっても楽しい海ですね〜 キレイな黄色いイロカエルアンコウや大きなTHEカエルアンコウ、ワニゴチやセイテンビラメなど色々な生物が見られました〜 今日、一番カンドーしたのはアカオビハナダイです とっても美しいハナダイですね ハナダイ好きの人の心がちょっぴりわかったような気がしました これからはハナダイやハゼも勉強しないといけませんね… 明日の海況ですが、雲見はビミョーです ダイビングサービス的はやると言っていますので、明日は雲見の予定です 台風、どっかに飛んでけ〜〜〜(・∀・)

月10日(水)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:19.8〜18.7℃ 透明度:8m

観られた生物:サカタザメホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ハナタツ、タツノイトコ、マツカサウオ、 カサゴ、イソカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、イッセンタカサゴ、ムツ、コブダイ(写真)キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヤマドリ、トビヌメリ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポ、ダルマガレイ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイボイソバナガニムラサキウミコチョウモンガラキセワタイガグリウミウシニシキウミウシキイロウミウシフジナミウミウシセトイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシウスイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンスセンテンイロウミウシキイロイボウミウシフリエリイボウミウシソリキヌヅツミベニキヌヅツミアカヒトデフトトゲヒトデヒラムシの仲間など
※7/10のガイドコース

  コブダイ

コメント:当店オリジナルSPコース、「雲見のウミウシの見つけ方」を開催しました まず1ダイブ目はウミウシの鉄板コース、大牛洞窟前へ 前日の知識開発セッションで学んだことを活かして次々と暗がりに潜むウミウシの仲間を見つけて下さいましたね! 南方系のフジナミウミウシは本日も健在でした 続いて2ダイブ目は伊豆を潜るのが初めてという一年ブランクのご夫婦ダイバー リフレッシュを兼ねてオオ根の砂地ブイからエントリー 砂地で目を凝らして今が旬のサカタザメを探しました ちょっとしたコツで次々と見つかり、わずか30分のボトムタイムでしたが6個体もGETしました 3ダイブ目は地形&魚影ダイブ 湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜クエ穴〜-24mアーチというコース取り キンメモドキの群れは相変わらずスゴかったです! その他、中層ではイサキやムツ、マアジ、イッセンタカサゴ、ネンブツダイなど群れ、群れ、群れ!といったカンジでしたヽ(^0^)ノ ラスト4ダイブ目は「雲見のウミウシの見つけ方」のダイブ2で最近、当店で密かに温めているウミウシポイントへ 所変われば品変わるでダイブ1とは違ったウミウシが見られましたよ(^O^) ダイブの後半は最近、フィーディングで手なずけたコブダイやホタテウミヘビと遊んでおおいに盛り上がりました(笑) 今週末の三連休、中日の14日は満員御礼ですが、13日と15日はまだ空きがございます まだ間に合いますので是非、遊びにいらして下さい!!

月9日(火)

浮島 ビーチ(ナイト)

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:19.3℃ 透明度:−m

観られた生物:サカタザメアカエイウツボ、マアナゴ、ハナアナゴ、アオヤガラタツノイトコミノカサゴセレベスゴチ、エソの仲間、クロホシイシモチ、コスジイシモチ、スジオテンジクダイ、ヨメヒメジカンパチマダイアイゴサビハゼ(写真)、カワハギ、アミメハギ、ウミスズメ、キタマクラ、マダコ、ロウソクエビ、ソメンヤドカリマルガザミヒラミルミドリガイバイなど

  サビハゼ

コメント: 梅雨が明け一気に夏真っ盛りになりました うだるような暑さですが、こんな日はナイトダイビングが最高ですね〜 神秘的な夜の海を覗けてさらにクールダウンもできます 海の中も夏になりましたね〜 夜光虫の蛍のような幻想的な淡い発光がとてもキレイです サカタザメもビーチの浅場に登場 アカエイやアナゴの仲間、エビカニなど夜行性の生物がたくさん見られました たっぷり60分、夜の海を満喫しました〜 エグジットして見上げた夜空には満点の星がっ! その美しさにご一緒お客様が声をあげて喜んで下さいました ダイビング後は施設内の海辺の露天風呂で潮騒に耳を傾け、水平線に集魚灯を灯した船を眺めながら心もカラダも温まってきました もちろん、ナイトダイビング後のビールの味は格別ですよ(笑) これからの季節、ナイトダイビングをオススメします 是非、リクエストして下さいね〜(^O^)

月9日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:18.5〜18.3℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビタツノイトコ、キビナゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、マアジ、イサキ、イッセンタカサゴ、クマノミ、スズメダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、コブダイ、 ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベコケギンポの仲間イソバナカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、カイカムリイソコンペイトウガニムラサキウミコチョウニシキウミウシフジナミウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、フリエリイボウミウシアヤメケボリトラフケボリハナヤカケボリ(写真)テンロクケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギ)など
※7/9のガイドコース

  ハナヤカケボリ

コメント:マクロ系フォトダイブのリクエストで牛着岩を2ダイブしてきました 朝のうち沿岸部はものすごく霧が深くて船の航行に支障をきたすほどでした なんと港から目の前の牛着岩が霧で見えないほどでした と、いうことでエグジットは慎重にブイを設置している場所をチョイス -16mアーチの湾内側から大牛の沖側を通って-24mアーチブイでエグジットしました 潜降して早々、ダイビングベルで呼ぶ前にここ最近、フィーディング(餌付け)をしているコブダイが登場 ダイバーの周囲をを物欲しそうにず〜っと回っていました タツノイトコやイソコンペイトウガニ、フジナミウミウシなど人気の被写体が見られました エグジットエリアの-24mアーチブイへ向かう途中、キンメモドキの大群やネンブツダイの群れ、イサキ、キビナゴなどが中層を泳いでいました 午後になると霧が晴れ、ようやく青空が広がりました(^O^) 2ダイブ目は小牛前でじっくりフォトダイブ コケギンポの仲間やイソバナカクレエビ、ウミウサギの仲間をご紹介しました ちょっと潮色と水温が下がってしまいましたが、生物はとっても多くフォト派の方には嬉しい海が続いています! 本日の一枚はハナヤカケボリ ウミウサギの仲間ですが名前に反して実に地味、もとい擬態上手 久し振りに見つけましたヽ(^0^)ノ

月7日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:26℃ 水温:18.8〜18.6℃ 透明度:15m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、ホタテウミヘビハナタツタツノイトコ、キビナゴ、カサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、イサキコロダイ、マダイ、イトフエフキ、テングダイイシダイ、イシガキダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、コブダイサブカット)、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼイソバナカクレエビイソコンペイトウガニムラサキミノウミウシアヤメケボリトラフケボリシロオビコダマウサギなど
※7/7のガイドコース

  テングダイ

コメント:西よりの風は弱まり、海況も穏やかになりましたがガスがすごく牛着岩は煙って見えました 1ダイブ目は-16mアーチの湾内側からエントリー 潜降中、潮がひんやりしていましたが潮色は前日よりUP どうやら冷たくてキレイな潮が入ってきたようです まずは最近、マイブームのホタテウミヘビとコブダイにフィーディングをしました ホタテウミヘビは喰い付きが悪かったもののコブダイはダイビングベルを鳴らすとどこからともなく現れるようになりました まだ直接、手から餌を食べるまでは慣れていませんが、近いうち実現するかもしれませんね その他、砂地ではトビエイやタツノイトコが見られました 2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ -24mアーチの根頭ではテングダイのペアやハナタツが見られました 中層ではイサキの群れが凄かったです! H型のアーチ付近ではおびただしい数のキンメモドキの群れが今日もお出迎えしてくれました 小牛まわりではマクロ系の生物が充実していました イソコンペイトウガニやイソバナカクレエビ、ガラスハゼ、シロオビコダマウサギなどなど ムラサキミノウミウシの宿主を見つけたのでチェックをしてみると案の定、ムラサキミノウミウシGET 狙って見つけると嬉しいもんですね サザエが動かなければしばらく同じ場所で見られそうです 本日の見出し写真は-24mアーチの主、テングダイです ガブリ寄りしました!

月6日(土)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:曇り 気温:26℃ 水温:21.3〜19.8℃ 透明度:10m

観られた生物:サカタザメ)、トビエイ(写真)、ウツボ、イタチウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ムツ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、テングダイ、メジナ、ヨメヒメジ、クマノミ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、キュウセン、ブダイ、キンメモドキ)、ツマグロハタンポ、アイゴ、ニザダイ、トビヌメリヤマドリ、アオリイカの卵、ウスイロウミウシなど
※7/6のガイドコース

  トビエイ

コメント:ご新規のお客様限定、雲見2ボート一万円キャンペーンにグループでエントリーして下さいました のんびりお昼着で2ダイブ、楽しんできました まず1ダイブ目は海況不良ということとお客様の経験本数が少なかったのでオオ根でチェックダイブをしました 経験が少ないながらも若さでしょうか、スキルと度胸はバッチリでした(笑) この時期、旬のサカタザメを探しましたがなんと先に見つけられてしまいました(>_<) わずか30分少々のボトムタイムでしたが4個体のサカタザメとトビエイが見られました チェックダイブにしてはなかなかゴージャスな内容でしたよ〜(^O^) お昼休みを挟んで2ダイブ目は地形をご案内しました 湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜-24mアーチというコース取りです 朝のうちは西よりの風が強かったのですが午後になると風がおさまりました ウネリは残っていたものの水路は通行可 H型のアーチを抜けるとおびただしい数のキンメモドキの群れ、群れ、群れ! 撮影したり、群れに突っ込んだり、思い思いに楽しんでいました -24mアーチではテングダイのペアが見られボルテージは最高潮! 潮流とウネリで安全停止中につかんだロープはガンガン揺れてまるでアトラクションのようでした 速い流れの中全員でロープをつかんだのでブイが水面下に沈んでいました(笑) スポーティーなダイブもなかなか楽しいもんですね〜(^-^)

月5日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:26℃ 水温:21.3〜19.8℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビタツノイトコ、キビナゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、マダイ、イトフエフキ、メジナ、スズメダイ、キュウセン、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、コブダイ、ニザダイ、トビヌメリ、コケギンポの仲間)、ハナハゼ、ダテハゼ、ニシキテッポウエビ、カワハギ、イソバナカクレエビ(写真)イソコンペイトウガニアヤメケボリシロオビコダマウサギなど
※7/5のガイドコース

  イソバナカクレエビ

コメント:未明から西よりの風が強く海況が心配されましたが、なんとかOPEN 風波、ウネリが強く厳しいコンディションでした 本日はNOゲストでしたが昨日、餌付けに成功したホタテウミヘビに餌やりに行ってきました(笑) と、いうことでいつものリサーチ・ダイブとは違いほとんど生物をみていません(^_^;) でもずいぶん慣れて直接、手から餌を食べるようになりました(笑) ホタテウミヘビに餌やりをしているとコブダイの若魚がなにやら餌を催促している様子でボクのまわりから離れません 試しに近づいてきた時に餌をあげてみるとなんと食べたではないですかっ! 手から直接とまでは行きませんでしたが、徐々に慣らしていけば直接、手から餌を食べる日もそう遠くはなさそうです トレジャーロックまで泳いでフロートをうって浮上したのですが、仔犬のようにボクに付いて来てとてもカワイかったです 2ダイブ目は小牛前のみ潜りました 波止場にでっかいフナムシの死骸が落ちていたのでメッシュの巾着に入れギンポ岩へ するとコケギンポ、入れ喰いでした(爆) ジブンのカラダより大きなフナムシを咥え巣穴に引きずり込もうとするも入口でつかえて入りません そうこうしているうちにオキゴンベがやってきて横取りされてしまったのでした… ムービーで撮影したので近々、ブログにUPしたいと思います 明日は真面目にガイドしま〜す!

月4日(木)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:雨→晴れ 気温:25℃ 水温:22.1〜19.5℃ 透明度:10m

観られた生物:サカタザメ)、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、タツノイトコカサゴ、イソカサゴ、ワニゴチ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイオオスジイシモチシラコダイ、キンチャクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ヤマドリ、コケギンポの仲間ガラスハゼ、 ムスメウシノシタ、カワハギ、ハコフグyg、アオリイカの卵、イソバナカクレエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビヒメセミエビ、ソメンヤドカリ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウイガグリウミウシフジナミウミウシオセロウミウシウスイロウミウシノウメア・ワリアンスフジイロウミウシソリキヌヅツミヒラムシの仲間など
※7/4のガイドコース

  サカタザメ

コメント:朝からあいにくの雨降りで前日より波がやや高い雲見でした ダイビングには全く支障はなく全エリアOPEN 本日も雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブしてきました〜 まず1ダイブ目は小牛の洞窟前からエントリー 洞窟ダイブを楽しんだあと小牛まわりで生物ウォッチやフォトダイブをしました ギンポ岩でおおいに盛り上がりエグジットのために移動を開始しようとしたら砂地に矢印マークが そうですサカタザメです ジリジリと近づいてサカタザメの鼻先で接写しました〜 2ダイブ目は大牛洞窟でじっくりウミウシ・ダイブ 先月末に見つけたフジナミウミウシはかなりめり込んでいましたが確認できました その他、フジイロウミウシやノウメア・ワリアンス、オセロウミウシなどが見られました 3ダイブ目はサカタザメ狙いfでオオ根へ 潜水開始して7分で1個体目をGET ガブリ寄りで写真やムービー撮影を楽しみました その後も次々と見つかりこのダイブだけで3個体もサカタザメが見られました 続いて4ダイブ目はご一緒したお客様の50本記念でした リクエストでホタテウミヘビのいる-16mアーチ沖の砂地へ 餌付けを試みると見事に成功! いや〜、盛り上がりました 動画は早速、FBにUPしました(^-^) 久し振りにワニゴチも見られいい記念ダイブになりましたね ラスト5ダイブ目は3ダイブ目のオオ根で見たサカタザメを再度、リクエストして頂きました このダイブでは2個体GET 写真やムービーをじ〜っくり撮影しましたね 講習や体験ダイビングでご案内することの多いオオ根ですが、この時期はたくさんのサカタザメが浅場にのっこんでいるのでファンダイブのポイントとしても充分、楽しめます

月3日(水)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:曇り 気温:25℃ 水温:21.0〜19.6℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、ゴンズイ、キビナゴ、カサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、キンメモドキ)、ニジギンポコケギンポの仲間ヒラメイソバナカクレエビクリアクリーナーシュリンプアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ)、アカシマシラヒゲエビビシャモンエビ(写真)ルンキナウミウシコトヒメウミウシイガグリウミウシキャラメルウミウシアオウミウシトラフケボリ)、アヤメケボリテンロクケボリシロオビコダマウサギベニキヌヅツミソリキヌヅツミなど
※7/3のガイドコース

  ビシャモンエビ

コメント: 雲見無制限ダイブ・キャンペーンで5ダイブ、がっつり潜ってきました〜ヽ(^0^)ノ 雨予報でしたが海況はバッチリ、お天気もなんとか持ちました まず1ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてH型のアーチ〜三角穴〜湾内ブイへ 地形をメインにご案内しました 朝一番は潮がキレイですね〜 気持ちよく潜れました(^-^) 2ダイブ目は-24mアーチからグンカンまでプチドリフトをしました 潮が軽くかかっていたのいいカンジで流されました 3ダイブ目は三競を潜りました 幸せの黄色いカエルアンコウは依然、健在でしたヽ(^0^)ノ 4ダイブ目は小牛前でじっくり小物探しをしました コケギンポの仲間に餌付けもして大いに盛り上がりました イソバナカクレエビやシロオビコダマウサギなどのキレイ系の被写体もバッチリ採って頂きました〜魚影、地形、小物となんでも楽しめる雲見 是非、この素晴らしい海をご一緒しませんか!?

月2日(火)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温:20.1〜19.8℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビハナタツタツノイトコ、マツカサウオ、アヤアナハゼ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、 イシダイ、テングダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、ニザダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、ダルマガレイ、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、 オトヒメエビ、イソコンペイトウガニ(写真)ニシキウミウシフジイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシセンテンイロウミウシサザエなど
※7/2のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:本日は午後着のお客様で牛着岩を2ダイブしてきました 午前中は曇り空でしたが午後からはいいお天気になり、海況もバッチリでした 初めての雲見ということでまずは地形ダイブからご案内しました 湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜-24mアーチというコース取りです -24mアーチではキンメモドキの群れ、テングダイのペア、クエなどが見られました 洞窟ダイブを満喫したのですが魚影の濃さにも大満足のダイブでしたね! お客様に好きな生物を聞いたところホタテウミヘビが大好きとのこと リクエストにお応えして-16mアーチの湾内側からエントリーして大牛洞窟へ 砂地でホタテウミヘビを3個体ご紹介しました お腹がMAXパンパンなタツノイトコのペアやイソコンペイトウガニ、マツカサウオの幼魚が見られました 大牛洞窟ではサクラテンジクダイの口内保育シーンや先月29日に見つけたフジナミウミウシなどを観察しました ここに来て出モノが充実の雲見 ますます目が離せませんね〜(^O^)

月1日(月)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:曇り→晴れ 気温:25℃ 水温:20.6〜20.5℃ 透明度:10m

観られた生物:ヒラタエイ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビオオモンカエルアンコウ)、ハナタツタツノイトコ(写真)、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、メバル、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、カンパチ、 ムツ、イサキ、コロダイ、ムツ、クマノミ、スズメダイ、キンメモドキ)、ツマグロハタンポ、ミナミハコフグ、コウイカの仲間、アオリイカの卵アカホシカクレエビクリアクリーナーシュリンプアカシマシラヒゲエビイソギンチャクモエビ)、ビシャモンエビオトヒメエビイセエビ、ヒメセミエビ、カイカムリイソコンペイトウガニ、ノコギリガニ、トゲアシガニ、ムラサキウミコチョウ、モンガラキセワタ、ニシキウミウシ、フジナミウミウシアオウミウシ)、ウスイロウミウシキイロイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クモガタウミウシの卵塊トラフケボリムラクモコダマウサギ、ベニキヌヅツミ、ソリキヌヅツミ、コペポーダなど
※7/1のガイドコース

  タツノイトコ

コメント:今日から7月がスタートです いよいよ夏ですね〜♪ 雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブしてきました まず1ダイブ目はブイからエントリーして水路〜クレバス〜H型のアーチ〜-24mアーチへ 魚影が濃いですね 地形と魚影を堪能しました 2ダイブ目は軽く潮がかかっていましたので-24mアーチブイからエントリーして沖に点在する隠れ根をまわりながらグンカンへ 気持ちよくプチドリフトしました グンカンでは安全停止中にカンパチの群れが来襲 いよいよ回遊魚の季節、到来でしょうか  3ダイブ目は三競で洞窟ダイブ 三角岩からエントリーして3番洞窟のエアードームまでご案内しました 2.5番のカイメンには幸せの黄色いカエルアンコウがお出迎えしてくれましたよ 4ダイブ目は-16mアーチの湾内側からエントリーして大牛洞窟へ ジュズエダカリナに同色のオオモンカエルアンコウがいました 三競のより小振りです 大牛洞窟前では今日もフジナミウミウシが見られました(^O^) ラスト5ダイブ目は黒崎です 浅根から先端洞窟へ行きました 浅根のアーチには相変わらずキンメモドキの大群が詰まっています(笑) アカシマシラヒゲエビやビシャモンエビ、ウミウサギの仲間などマクロ系も充実していました 雲見の海をお腹いっぱい満喫してきました〜

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVE