ダイビングログ2006年8月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

8月29日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23〜21℃ 透明度:10m

観られた生物:トビエイ、アカエイ、ベニイザリウオハナタツ、 クエ、ルリハタ(写真)、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マダイ、コロダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、メイチダイ、カゴカキダイ、カワハギ、(産卵中)、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アオウミウシ、ユビノウハナガサウミウシなど

  ルリハタ

コメント:日に日に魚影が濃くなってきました 深場に少し冷たい潮が入り前日より水温がやや下がりましたが、潮色はまずまずいい感じです 今日はあまり生物にはこだわらず、ロケーションを楽しみました H型の洞窟の出口では大きな居付きのモロコに遭遇しました グンカン付近の砂地では大きなトビエイやアカエイの姿が見られました お天気が良かったので光が差し込み、砂地がとてもキレイでしたよ!
BY松田

8月28日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:29℃ 水温:25〜23℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ベニイザリウオ)、ハナタツ)、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メイチダイ、ヤマドリ(写真)ヒメギンポ、 ベンケイハゼ、カワハギ、イボイソバナガニムラサキウミコチョウ(産卵中)ヒロウミウシミツイラメリウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシアオウミウシフジイロウミウシニシキウミウシ幼体ユビノウハナガサウミウシキイロイボウミウシ、フロイエリイボウミウシ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  ヤマドリ

コメント:雲見も水温が上がり、気持ちよく潜れました!ようやくベストシーズン到来といったところでしょうか 今日の1ダイブ目は先週金曜日に目撃されたキャラメルウミウシの幼体の大捜索です 粘ったのですが発見には至りませんでした、、、 2ダイブ目は小牛のまわりでじっくりF・Wです イザリウオの仲間やウミウシの仲間がたくさん見られました 小さな稚魚の群れもあちらこちらで見られ、そろそろ大型回遊魚の登場が期待されますね!
BY松田

8月27日(日)

銭洲 ネープルス/エビ根とヒラッタイの水路/ヒラッタイ

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:28〜26℃ 透明度:30〜20m

観られた生物:メジロザメの仲間、ヒラタエイ、アカハタ、イットウダイ、キンギョハナダイ、ヒラマサ、ツムブリ、ムロアジ、イサキ、タカベ、オキザヨリ、レンテンヤッコ、シラコダイ、ツバメウオ(写真)、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、ニザダイ、キホシスズメダイ、コガネスズメダイ、ナメモンガラ、イセエビコイボウミウシアオウミガメなど  今回ご参加の皆様 今日の銭洲

  ツバメウオ

コメント:凪になりました!お天気もカラっとは晴れませんでしたが、時々薄日も差しました 現地に到着してみると、南西から北東に向けて激しく流れています、、、1ダイブ目はネープルスの南東の潮陰からエントリー 水中はとにかく青いっ!黒潮の影響でしょう 水温も高く、2ピースのスーツでは暑すぎます エントリーしてから15分後、根の東側から西側に移動するとなにやら怪しげな潮流 エアーが渦を巻いています しばらく根待ちしてすかさず潮陰に戻りました 2ダイブ、3ダイブ目は若干潮流がタルみましたがそれでも速く、ドリフトが最高に気持ちよかったですよ!
BY松田

8月27日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24〜22℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:トラウツボ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、イタチウオ、マツカサウオ、アカハタ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、イサキ、テングダイ、イシダイ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、メジナ、クマノミ、マツバスズメダイ、シラコダイ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、イラ、イトヒキベラ、アライソコケギンポ、アミメハギ、メイタガレイ(写真)マダコ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウなど

  メイタガレイ

コメント: 雲見をのんびり生物ウォッチしてきました 今回もDDS様にガイドをお願いしました 水温もまずまずで生物もたくさん見られました 潜降ロープのまわりにはコロダイ、メジナの群れ カゴカキダイの群れが居付いています 透明度は前日より若干、下がったようですがモードを小さな生物に切り替えてしまえば、これくらい見えていれば潮色はあまり気になりませんね
BY松田

8月26日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23〜20℃ 透明度:8m

観られた生物:イザリウオベニイザリウオ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、アカハタ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、イサキ、テングダイ、イシダイ、コロダイ(写真)、マダイ、メイチダイ、メジナ、クマノミ、マツバスズメダイ、シラコダイ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、イラ、イトヒキベラ、アライソコケギンポ、アミメハギ、メイタガレイ(写真)マダコイボイソバナガニムラサキウミコチョウシュスヅツミなど

  コロダイ

コメント: DDS様にガイドをお願いしました ガッツリ3ダイブ、フォト&ウォッチしてきました 潜降ロープ付近に群れているコロダイはサイズ、数ともまずまずで見ごたえがありますよ!雲見で良く見られるイザリウオの仲間はベニイザリウオが多いのですが、最近普通のイザリウオも目撃されています このところガイドでご紹介しているムラサキウミコチョウは個体の大きさがこの種にしてはかなり大きく、写真も撮りやすいですよ 是非、リクエストして下さいね
BY松田

8月26日(土)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22〜21℃ 透明度:5m

観られた生物:ヒラタエイ、キンギョハナダイ、イサキ、タカベ(写真)、ハマフエフキ、イシダイ、ニシキベラ、アオブダイ、ニザダイ、ホウライヒメジなど

  タカベ

コメント: 東よりの風がやや吹いていましたが、まずまず凪いでいました 2ダイブともカメ根に入りました イサキやタカベの群れはさすが、神子元ですね アオブダイがブンブンまわり、ハマフエフキがのんびり泳いでいる姿が見られました 潮が上向いてきたらスゴいことになりそうな予感です 次回に期待しましょう!
BY松田

8月25日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23〜17℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:トビエイ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、イタチウオ、サクラテンジクダイ、マダイ、コロダイ、テングダイ、カゴカキダイ、コブダイ、コウイカの仲間、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシセンヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシ(産卵中)、シロウミウシ、アオウミウシ、ノウメア・ワリアンス(産卵中)アラリウミウシフジイロウミウシニシキウミウシ(幼体)キャラメルウミウシ(写真)サガミイロウミウシミヤコウミウシ(幼体)オトメウミウシフリエリイボウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  キャラメルウミウシ幼体

コメント:平日ガッツリ3ダイブです ウミウシ・リクエストでじっくり潜ってきました 1ダイブ目は水路から-24アーチへ センヒメウミウシやヒロウミウシなどGET!2ダイブ目は大牛の裏を攻めました な、なんとキャラメルウミウシを発見!!雲見初観測なのではないでしょうか?と、いっても実はボクは見ていないんですが、、、(涙) 場所はわかっていますので来週以降、チェックしてみます 産卵中のウミウシが目に付きました 3ダイブ目は三競でウミウシ祭り アラリウミウシやノウメア・ワリアンスなどが交接していました 地形も楽しみもうお腹いっぱいといった感じです
BY松田

8月24日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24〜18℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:イザリウオベニイザリウオハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、イシダイ、メジナ、イトフエフキ、ネンブツダイ、ニシキベラ、コブダイyg、ヒメギンポムスメウシノシタ、コウイカの仲間、イセエビ、ヒメセミエビ、アケウス、オルトマンワラエビ(写真)ムラサキウミコチョウセンヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、サガミイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ノウメア・ワリアンスアラリウミウシニシキウミウシオトメウミウシフリエリイボウミウシなど

  オルトマンワラエビ

コメント:水面水温は依然高いものの中層から水底にかけての冷たい潮の範囲が広がってきたような気がします その分、透視度は良くなりました 今日はウミウシの仲間をはじめ、イザリウオはギンポの仲間など小さな生物をじっくりウォッチしてきました 地形ポイントとして有名な三競ですが、ところがどうして牛着岩に負けず劣らず生物がたくさん見られました 浅場ではニシキベラなどのベラの仲間が産卵の為にかたまって泳いでいました お天気が良く、透明度も良いのでアーチに差し込む光がとてもキレイでしたよ
BY松田

8月23日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24〜19℃ 透明度:12〜6m

観られた生物:トビエイイザリウオベニイザリウオ)、ハナタツ、 イタチウオ、マツカサウオ、ネンブツダイ、イサキ、タカベ、マアジ、マダイ、コロダイ、イシダイ、テングダイ、ツマグロハタンポ、コブダイ、ヤマドリ、アライソコケギンポ、ハコフグyg(写真)、イボイソバナガニ、マルツノガニ、コンガスリウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シラユキウミウシ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  ハコフグ幼魚

コメント:流れもなく穏やかなコンディションでした 表層から中層にかけてはやや濁った温かい潮、中層から水底にかけては少しひんやりとしたキレイな潮でした 24アーチには大きなマダイやテングダイ、根頭にはトビエイが2枚ホバーリング、そして西根の砂地には特大のトビエイが寝そべっていました 日増しに魚影が濃くなっている気がします 昨日は浮島でスキンダイビングの講習中にオヤビッチャが見られましたが、雲見にもそろそろ季節来遊魚が登場してくれるといいですね
BY松田

8月22日(火)

浮島 ビーチ

天候:晴れ時々曇り 気温:29℃ 水温:26〜24℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、ボラ、クロホシイシモチ、マダイ、イトフエフキ、クロサギ、ソラスズメダイ、カミナリベラ、オハグロベラ、 キュウセン、トビヌメリ、ハナハゼ、サビハゼ(写真)、 カワハギ、アオリイカの卵ソメンヤドカリ、ヒラミルミドリガイなど

  サビハゼ

コメント:OWD講習 最終日、本日も穏やかなコンディションでした 潮色は前日より良く、水温も若干上昇しました!砂地にはたくさんのサビハゼの姿が見られました ミルには小さな小さなカワハギの幼魚やヒラミルミドリガイや蚊取り線香みたいなその卵、モクの中ではアオリイカの卵が見られました スキルの練習も順調だったので、ちょっぴり長めに水中ツアーを楽しみました 前々日のイナンバ遠征が激流の中、ピリピリムードだったのでスキー場でいうとファミリーゲレンデのような癒し系の浮島ビーチは、なんだかほっとしますね
BY松田

8月21日(月)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:25〜23℃ 透明度:8m

観られた生物:ウツボ、カタクチイワシ、ボラ、クロホシイシモチ、マダイ、イトフエフキ、クロサギ、ソラスズメダイ、カミナリベラ、オハグロベラ、トビヌメリ、アライソコケギンポ、ハナハゼ、サビハゼ、マダコ、ソメンヤドカリなど

  気持ちよく潜れました

コメント:OWD講習2日目は凪の浮島ビーチで開催しました お盆の喧騒も去り、なんとなく人もまばらになってきてダイバーにとっては潜りやすくなってきました 水温、潮色ともまずまずでのんびりトレーニングダイブを楽しんできました 講習中にカタクチイワシの群れと遭遇するなどサプライズもありました!ビーチのコンディションが非常に良いので明日も浮島をやります
BY松田

8月20日(日)

イナンバ 東側

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:28〜27℃ 透明度:30m〜

観られた生物:ウツボ、ヘラヤガラ、シマアジ、タカベ、ヌノサラシキンギョハナダイキビレマツカサヤセエビス、イットウダイ、イシダイ、イシガキダイ、シラコダイ、ユウゼン)、キホシスズメダイ、コガネスズメダイ、タテジマキンチャクダイ、トサヤッコ、レンテンヤッコ、ミギマキ、ナメモンガラ、イシガキフグ、キタマクラ、コイボウミウシなど  最高の透明度)、THE黒潮今回ご参加の皆様

  藺灘波島

コメント:直前まで台風の動向に気を揉んだ今回のイナンバ遠征でしたが、当日は最高の凪でした 航行中、クジラの群れが20頭ほど見られたそうです ボクは寝ていて見損ないました、、、 現地イナンバは黒潮の真っ只中ということで到着してみると島の両サイドからうず潮が逆巻くかなりヤバい状態になっていました と、いうことで潮の陰になっている東側のみの狭いエリアでのダイブを余儀なくされました エントリーしてみるとさすがは黒潮、どこまでも青く温かく我々ダイバーを包み込んでくれました 潜水中、イルカの鳴き声がずっと聞こえていました 青モノはイルカに怯えたのでしょう 姿を見せませんでした 癒し系のまったりのんびりダイブを満喫してきました 最後に「イナンバ最高っ!」(総合格闘技の秋山風に )
BY松田

8月19日(土)

田子 弁天島〜前浜(ナイト)

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:イザリウオベニイザリウオ)、ハナタツ)、マツカサウオ、オニカサゴ、イソカサゴ、イシダイ、マダイ、メジナ、コロダイ、ニザダイ、オキゴンベ、アライソコケギンポ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ニシキウミウシ(写真)、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  ニシキウミウシ

コメント:雲見、本日はOPEN!1ダイブ目は小牛のまわりでねちっこくフォト カレントがきつくやや苦戦しましたが、たくさんの生物が見られました 潮当たりが良かったのでブイの周辺ではメジナがすごい数で群れていました 2ダイブ目は大牛やグンカンのまわりを潜りました ウミウシの仲間がたくさんいました!潮通しのいいグンカンの根頭では今度は大きなコロダイが群れていました 季節来遊漁の登場が待ち遠しいですね 明日はイナンバ遠征 黒潮のど真ん中で予想水温は29〜28℃ 楽しみです!!
BY松田

8月18日(金)

田子 弁天島〜前浜(ナイト)

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23〜18℃ 透明度:−m

観られた生物:アカエイ、ヒラタエイ、シビレエイホタテウミヘビ、ハナアナゴ、コスジイシモチ、マダイyg、シロギス、ヒメジ、ホウボウyg、メガネウオ、ブダイ、カワハギ、メイタガレイ、コモンフグ、フトミゾエビ、トラフカラッパ(写真)、マルガザミ、ツノナガコブシガニ、モミジガイなど

  トラフカラッパ(抱卵中)

コメント:ボートナイトダイブをやりました 日中に比べ、海が凪いでいました ボートナイトの醍醐味は移動中のボートの引き波で水面が夜光虫で光り輝く、水深が深くとれるので深場〜浅場まで生物層が豊富に見られる、なんといってもアドベンチャラス!といったところでしょうか 今回も様々な生物をウォッチしてきました 特にトラフカラッパ(写真)が卵を抱えていて腹節をせわしなく動かし、卵に新鮮な水を送り込んでいる姿に親の愛情を垣間見たような気がして感激しました!今の時期は外気温も高く、エキジット後も快適です 是非、リクエストをお待ち申しあげます
BY松田

8月18日(金)

田子 白崎bP/白崎bQ〜4

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:23〜19℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ハナアナゴ、ベニイザリウオ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、セレベスゴチ、イシダイyg、マダイ、コウライトラギス、ソラスズメダイ、ニシキベラ、ホンベラ、イトヒキベラ、キュウセン、オハグロベラ、アライソコケギンポ、チャガラ、ホシノハゼ、ニシキハゼ、リュウグウハゼ、キヌバリ、シュンカンハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、サビハゼ、コウイカの仲間、ヒメイソギンチャクエビ、ガンガゼカクレエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、ヒロウミウシ(写真)ミツイラメリウミウシフジイロウミウシイガグリウミウシ、キイロイボウミウシなど

  ヒロウミウシ

コメント:朝、起きると海のほうがなんとなくザワザワしていました 海況写真を撮りに、大浜に行くとヨタが入っていました 案の定、雲見はCLOSE と、いうことで田子をやりました 今回ご一緒の方がフォト派の方だったのでかえって良かったかも知れません ウミウシの仲間やハゼの仲間をじっくり、そして撮りまくってきました!浅場では繁殖期を迎えたベラの仲間が大きな群れを形成していました 夏の風物詩ですね さて今夜はナイトダイブです 甲殻類を中心にじっくりウォッチしていきたいと思います LOGの更新をお楽しみに!!
BY松田

8月17日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:29℃ 水温:21℃ 透明度:8m

観られた生物:イザリウオベニイザリウオ()、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、マダイ、イシガキダイ、コウイカの仲間、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ幼体、フリエリイボウミウシ、トラフケボリ(写真)、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  トラフケボリ

コメント:台風10号の影響はほとんど出ていませんでした 本日はじっくりフォト・ガイド・リクエストです イザリウオの仲間やウミウシ、ウミウサギガイの仲間をじっくり撮影しました 大牛の洞窟ではサクラテンジクダイやアカネテンジクダイのマウスブリーディング(口内保育) している様子を観察しました 最後は−24mのアーチの根頭でマダイの老成魚をウォッチ 潮が当っていてプチ・ドリフトダイブも楽しめました 明日は小牛周辺をじっくり潜りたいですね ナイトもやります!
BY松田

8月15日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24〜21℃ 透明度:8m

観られた生物:ハナアナゴ、イザリウオ、ベニイザリウオ、ハナタツ、ヨウジウオ科の仲間、マツカサウオ(写真)、カタクチイワシ、ネンブツダイ、アカネテンジクダイ、マダイ、テングダイ、アライソコケギンポ、イボイソバナガニ、ウミフクロウ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ 、キイボキヌハダウミウシ、シュスヅツミなど

  マツカサウオ

コメント:台風接近の影響でCLOSEが予想されましたが、朝起きて海を見に行くと凪いでいるではありませんか!と、いうことで本日も雲見です セッティング中に北東の風が強くなり沖合いは風波が立ちました が、海の中は流れもそしてウネリすらなく水温も高いところで24℃の潮が入り、前日より透視度も良くなっていました 不思議なこともあるもんですね お陰で地形とFWを満喫できました!
BY松田

8月14日(月)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜21℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:サカタザメイザリウオ(写真)ベニイザリウオyg、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、セミホウボウ、ネンブツダイ、イサキ、マダイ、テングダイ、イシガキダイ、トウシマコケギンポ、サビハゼ、コウイカの仲間、マダコ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、シラユキウミウシなど

  イザリウオ

コメント:1ダイブ目の往路は問題なく通れた水路も復路はヨタが入りました 本日も根頭のクリーニングステーションで大型のマダイをじっくりウォッチ 大型のテングダイやベニイザリウオ、ハナタツなどの小物系ものんびりウォッチしました 2ダイブ目はオオ根をやりました この時期旬のサカタザメが2個体 その他セミホウボウなど砂地をのんびりまったり 3ダイブ目はウネリが大きくなってきた為、裏からエントリーしてグンカンで上がりました 根から離れて潜ったのでウネリの影響は避けられました 雲見では珍しく普通のイザリウオが見られました 砂地と岩場の際にいました 普段は砂地にいるイザリウオもたまには岩に付くんですね
BY松田

8月13日(日)

雲見 牛着岩/オオ根/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:20〜19℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:サカタザメ、トビエイ、アカエイ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マダイ、テングダイ、 クマノミ、ヒメギンポ(写真)トウシマコケギンポ、チャガラ、サビハゼ、ヒロウミウシテントウウミウシ、ミツイラメリウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、シロウサギウミウシ、リュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、オトメウミウシ、フリエリイボウミウシ、ムラサキミノウミウシなど

  ヒメギンポ

コメント:天気も凪も最高でした!1ダイブ目は-24アーチで遊びました 根頭には大型のマダイが群れでホンソメワケベラのクリーニングを順番待ちしていました 混雑が予想されましたが、さほどでもなく快適に過ごせました 牛着岩、オオ根、三競をガッツリ4ダイブしてきました 大物から小物、地形などたっぷり楽しんできました 前日より水温も上がり、今後ますます期待できます!
BY松田

8月12日(土)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:21〜17℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ベニイザリウオ()、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、マアジ、コブダイ、アライソコケギンポ、ウミスズメ、コウイカの仲間、イボイソバナガニ、マルツノガニ、ムラサキウミコチョウ(写真)、コトヒメウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、サガミイロウミウシ、トラフケボリなど

  ムラサキウミコチョウ

コメント:お盆休みが本日からスタートしました 今日は思ったほど混雑せず、のんびり2ダイブしてきました 1ダイブ目は小牛の周辺で小さな生物をじっくりウォッチ 2ダイブ目は-24アーチや大牛周辺でワイド?&マクロ&地形 潮が上げてくると水温が若干上がります 魚影も濃く、結構いい感じでしたよ!
BY松田
コメント: ビーチは海水浴客がいっぱい(;・;) が下から見る泳いでる人って言うのも面白いですよね。天気も良く、光が射し込み水中は明るくきらきらしてました
BYユキ

8月11日(金)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:22〜17℃ 透明度:8〜3m

観られた生物:トビエイ、アカエイ科のエイ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、マツカサウオ、カタクチイワシ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マアジ、マダイ(写真)、テングダイ、スズメダイ、サビハゼ、チャガラ、カワハギ、ヨソギ、ウマズラハギ、ハコフグyg、ヒメセミエビ、ウスイロウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシなど

  マダイ

コメント:台風一過、久し振りの雲見です 台風8号のヨタが若干入っていましたが、時間が経つにつれて徐々におさまってきました 1ダイブ目はオオ根をやりました 砂地ではトビエイ、藻場ではチャガラの群れが印象的でした 2ダイブ目は牛着岩の裏からエントリーして-24アーチへ 大きなアカエイ科のエイが寝そべっていました テングダイも2個体見られました 大牛の洞窟ではサクラテンジクダイやアカネテンジクダイ、ハコフグの幼魚など ベニイザリウオが4個体も壁に付いていました 3ダイブ目は小牛の手前をじっくり潜りました オレンジのハナタツはお腹がパンパンに膨らんでいて臨月のようです 明日からいよいよお盆休みですね!
BY松田

8月7日(月)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:21〜19℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、トビヌメリ、アライソコケギンポ(写真)、サビハゼ、クサフグ、イバラカンザシなど

  アライソコケギンポ

コメント:台風が3つ発生しましたが、日中は穏やかなコンディションでした 浮島ビーチでのんびりまったり体験ダイビングをしてきました 中層に濁った潮が入っていて「?」と思いましたが、水底はわりとキレイでした dサービスの情報では最近、ボートポイントのカマガ根でワラサの大群が目撃されたそうです!ビーチもボートも盛り上がっているようです 浜ではビーチパラソルが満開で夏真っ盛りですね 台風一過の海に期待しましょう!!
BY松田

8月6日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:20〜17℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:ネコザメ、アカエイ、ヒラタエイ、ベニイザリウオ)、イタチウオ、マツカサウオ、クエ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、マアジ、ヒメギンポ、アライソコケギンポ、コウイカの仲間、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシシラユキウミウシミアミラウミウシウスイロウミウシ、シロウミウシ、オレンジサメハダウミウシオトメウミウシヒブサミノウミウシトラフケボリ、ベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

  ベニイザリウオyg

コメント:本日も大賑わいの雲見をガッツリ4ダイブです 1ダイブ目はネコザメ狙いで裏からエントリーして-26アーチへ 今日も見られてラッキーでした 2ダイブ目は行き止まりの洞窟や水路の壁でじっくりウミウシ・ウォッチ ヒブサミノウミウシなどキレイ系ミノウミウシなどがいましたが、いかんせん大渋滞 作戦失敗です、、、 3ダイブ目は大牛の洞窟にサクラテンジクダイを見に行きました そしてラスト4ダイブ目は三競の地形を満喫してきました お天気が最高に良かったので洞窟に差し込む光がとてもキレイでした!
BY松田

8月5日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ネコザメ、サカタザメ、ヒラタエイ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、カタクチイワシ、オオスジイシモチ、テングダイ、マアジ、アライソコケギンポコクテンベンケイハゼ、トウシマコケギンポ、イセエビ、ヒメセミエビ、イボイソバナガニ♂ヒロウミウシミツイラメリウミウシサラサウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、ノウメア・ワリアンスシラユキウミウシニシキウミウシオトメウミウシトラフケボリベニキヌヅツミ、シュスヅツミなど

 ベニイザリウオ 

コメント:8月に入り最初の週末、雲見は大賑わいでした 天気は最高、凪で潮色もまずまずでした!1ダイブ目はブイから入り小牛を一周 小さな生物をじっくりウォッチしました 2ダイブ目は大牛の周辺でじっくりフォト・ガイド 3ダイブ目は-24アーチやたて穴などの地形を楽しみました そしてラスト4ダイブ目はまたまた小牛の周辺でFW&フォト 海がいいので4ダイブも気持ちよかったですよ
BY松田

8月3日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22〜19℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ネコザメ、ハナアナゴベニイザリウオ)、ハナタツ、カタクチイワシ、ルリハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、オハグロベラ、ホンベラ、ニシキベラ、トウシマコケギンポアライソコケギンポ)、オルトマンワラエビ、アケウスジンガサヒトエガイの仲間(写真)コトヒメウミウシヒロウミウシミツイラメリウミウシシロウミウシアオウミウシウスイロウミウシリュウモンイロウミウシオトメウミウシユビノウハナガサウミウシトラフケボリベニキヌヅツミシュスヅツミなど

  ジンガサヒトエガイの仲間

コメント:-26アーチにネコザメが戻ってきました イザリウオの仲間やハナタツも見られました ホンベラやニシキベラが群れになり、テンジクダイの仲間も口内保育を始め、海の中もすっかり夏です 牛着岩の水路の壁ではイロウミウシの仲間がたくさん見られました 今日はジンガサヒトエガイの仲間を初めて見ました 最初、大きめのミツイラメリウミウシかと思ったのですが、良く見てみると貝殻を背負っていました  英名でスモール・アンブレラ・シェルというのだそうで、、、 う〜ん、なるほど!潜るたびに発見があって海ってホントに飽きないですね〜
BY松田

8月2日(水)

 浮島 カマガ根bR/カマガ根bQ/ビーチ

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:22〜20℃ 透明度:10〜8m

観られた生物: トビエイ、ヒラタエイ、ハナミノカサゴ、ドゴットメバル、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ムツ、マアジ、コロダイ、タカベ、メイチダイ、メジナ、オハグロベラ、カミナリベラ、ブダイ、トビヌメリ、ヒメギンポ、アライソコケギンポ、ニザダイ、アオリイカ、コウイカの仲間、マダコ、キイロウミコチョウ、ヒロウミウシ、アラリウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシサガミイロウミウシキイボキヌハダウミウシ(写真)、イガグリウミウシ、コイボウミウシキイロイボウミウシミチヨミノウミウシなど

  キイボキヌハダウミウシ

コメント:ここにきてようやく水温が上昇 8月にはいってやっとウェットスーツに衣替えしました 潮色も少し上向いてきたようです ビーチは海水浴客で賑わい、夏本番です カマガ根の砂地ではトビエイ、ヒラタエイが見られました ウミウシの仲間は相変わらず多く、久しぶりにシロウサギウミウシやキイボキヌハダウミウシも見られました ビーチでは藻場にアオリイカのカップルが集まり、産卵をしていました いつ見ても感動的なシーンですね!
BY松田

8月1日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:20〜18℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:サカタザメ、アカエイ、ヒラタエイ、ウツボ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ツマグロハタンポ、マアジ、イサキ、コロダイ、テングダイ、オハグロベラ、コブダイyg、トビヌメリ、ベラギンポ、アライソコケギンポヒメギンポ、チャガラ、サビハゼ、コウイカの仲間、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ウスイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、アオウミウシ、シロウミウシ、シロウサギウミウシ(写真)リュウモンイロウミウシサガミイロウミウシオトメウミウシ、コイボウミウシ、ユウレイクラゲ(イボダイyg)など

  シロウサギウミウシ

コメント:今日から8月です 潜り放題キャンペーンの初日です 潮色は依然芳しくないものの水温は上がりました 本日は台湾からわざわざ遊びに来てくださいました方とご一緒でしたので、日本の海(雲見)のいい印象を持ってもらおうと頑張りました!(笑)ウミウシやイザリウオの仲間、アーチや洞窟なども満喫してきました 明日は浮島リクエストです 海の家もOPENしてきっと、真夏モードになっているんだろうな〜
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED