ダイビングログ2008年8月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

8月29日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビイロカエルアンコウハナタツver.12)、ホソウミヤッコ、アオヤガラ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イトヒキベラ、コガネキュウセンyg、クマノミ、スズメダイ、コケギンポの仲間、ツノダシ、ガラスハゼ、ベンケイハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、ツマジロモンガラyg、ビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニナマコマルガザミイガグリウミウシコンガスリウミウシセンテンイロウミウシver.12)、セスジミノウミウシ〈写真〉スミゾメミノウミウシシロミノウミウシサチコツグチトラフケボリver.12)、ホソテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  セスジミノウミウシ

コメント:雨予報でしたが」、雲見は見事に予報に反しいいお天気&海況に恵まれました!3ダイブがっつり潜ってきました〜!1ダイブ目は小牛周辺を潜りました サビカラマツに付くナカザワイソバナガニ、撮りました 撮りましたがどうも写真映えしない難しい被写体ですね、、、 2ダイブ目は大牛周辺で定番のウミウシ・フォトダイブ きれいなコンガスリは本日も見られました 3ダイブ目は黒いカエルアンコウがいたとの目撃情報があり再度、小牛周辺を潜りました 以前見た本種カエルアンコウの黒い個体ではなく大きな黒いイロカエルアンコウでした 黒い個体は久し振りに見たのでちょっとコーフンしましたが撮影してみると、、、やはり映えないですね 黒い個体は難しい、、、

8月27日(水)

神子元島 江ノ口/江ノ口〜カド根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:25℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(写真)、イサキ、タカベ、マダイ、スズメダイ、、サンゴガニ、サメジマオトメウミウシなど

  ハンマーヘッドシャーク

コメント:東風強風のため、江ノ口のみOPENという厳しい状況でした が、出るときはでるんですね〜! エントリーして早々にハンマーの群れに遭遇しました 全部で10個体くらいの小さな群れでしたが、この悪コンディションで見られたのは本当にラッキーでした! 2ダイブ目も江ノ口からエントリーしてカド根へ まったりのんびりダイブでマクロレンズがあったら楽しいかも?といった感じでした(笑) 白っぽい濁った潮が南から入り込んでむしろ西伊豆エリアのほうがいいコンディションンでしたが、さすがは神子元、海のポテンシャルが違いますね 来月も神子元ツアーを開催したいと思いますので、是非リクエストして下さいね!

8月26日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:25℃ 透視度:15m

観られた生物:ハナタツ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、ガラスハゼアオサハギ〈写真〉ビシャモンエビムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、ナガサワイソバナガニ、コンガスリウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンスジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシミズタマイボウミウシコイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシサチコツグチ、トラフケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  アオサハギ

コメント:空がすっかり秋っぽくなってきました お天気に恵まれ、まさにダイビング日和、フォト日和でした 1ダイブ目は大牛周辺を潜りました コンガスリウミウシやビシャモンエビ、ガラスハゼなどを撮影 当店ではすっかりお馴染みの定番コースになってしまいました 2ダイブ目は小牛周辺を潜りました サビカラマツに棲むナカザワイソバナガニ、どうも上手く撮れません いい画像がないので未だUPできていません 今度じっくり時間をかけて撮影してみます、、、 3ダイブ目は三競です 久し振りに3番洞窟でねばりました ミズタマイボウミウシやとても美しいジュッテンイロウミウシが見られました!三競のベニカエルアンコウのペア、最近いなくなってしましました、、、 残念

8月25日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨 気温:24℃ 水温:24℃ 透視度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、コロダイ、マダイ、クロダイ、イシダイ、イトヒキベラ、コガンキュウセンyg、ツマグロハタンポ、ハタタテダイ、オキナワベニハゼガラスハゼビシャモンエビムチカラマツエビ〈写真〉、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビコールマンウミウシ、サラサウミウシ、セトイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシフリエリイボウミウシサキシマミノウミウシなど

  ムチカラマツエビ

コメント:遠征明けの今日はあいにくのお天気でした 本日もじっくりマクロ系フォトダイブです 前日の遠征では着底していないので水底のある海はなんか落ち着きます(笑) 1ダイブ目は初雲見の方を-24mのアーチをご案内 潮がかかっていたのでプチ・ドリフト気分で楽しめました2ダイブ目は三競でウミウシ撮影 美しいセトイロウミウシやレギュラーのキャラメルミウシ、シロタエイロウミウシが見られました 今シーズンはこの2種類のイロウミウシが多く見られます もちろん、オキナワベニハゼにもガブリ寄り 3ダイブ目は大牛周辺で地形&フォト・ダイブ ムチカラマツにはガラスハゼやビシャモンエビ、ムチカラマツエビなどが見られました 特にエビの仲間はそっくりに擬態してして見つけにくいですが、破るとちょっと嬉しいですよ!

8月24日(日)

藺灘波島 東エリア

天候:曇り 気温:24℃ 水温:26〜23℃ 透視度:20m

観られた生物:ヘラヤガラ、アオヤガラ、キビレマツカサ、イットウダイ、アカハタ、ヒラマサ、カンパチ、シマアジ、ナンヨウカイワリ、ツムブリムロアジ、タカベ、ウメイロ、イシガキダイ、シラコダイ、カスミチョウチョウウオ、レンテンヤッコ、キホシスズメダイ、メジナ、イスズミ、レンテンヤッコユウゼン、シラコダイ、タテジマキンチャクダイ、ムレハタタテダイ、ツノダシ、ナメモンガラ、イシガキフグ、アミメジュズベリヒトデなど

  藺灘波島

コメント:2年ぶりのイナンバ遠征 まずまずのコンディションに恵まれ、開催することができました イナンバに到着すると現場は西よりの風が吹いていた為、今回は東エリアを潜りました1ダイブ目は7:00前にエントリー さながら早朝ダイブです 入ってすぐカンパチの群れが登場 タカベやウメイロがウヨウヨいました 2ダイブ目は少し風がおさまってきたので同じ場所からエントリーして北〜西〜南で浮上 島の西側はツムブリやムロアジがたくさん見られました 3ダイブ目は東〜北へ 深場ではキビレマツカサがぐっちゃり群れていました ライトやストロボの光が当たると赤いボディーに鮮やかな黄色がとても美しい魚ですね 水面からそびえ立つこの島の存在感にはいつも圧倒されます 全員、元気に3ダイブしてきました!

8月23日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:25℃ 水温:25〜24℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ゴンズイ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、ツノダシ、オキナワベニハゼガラスハゼ、ツマジロモンガラyg、ミナミハコフグygビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビ(写真)イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニ、コールマンウミウシミヤコウミウシ、アオウミウシ、コンガスリウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、スミゾメミノウミウシサチコツグチトラフケボリなど

  アカホシカクレエビ

コメント:4ダイブがっつりフォトダイブを楽しんできました 1、2ダイブ目は大牛の洞窟を潜りました サクラテンジクダイやコンガスリウミウシなどを撮影しました 潮色もまずまずで洞窟の中から見る景色がとてもきれいでした! 3ダイブ目は三競でオキナワベニハゼの撮影会 かなり近づけますので、是非トライして下さいね その他、キャラメルウミウシやシロタエイロウミウシなどをじっくりフォト 4ダイブ目は小牛周辺を潜りました 今日の1枚はアカホシカクレエビです あまり動かないので撮影しやすいのですが、いざ撮ろうと思うと案外難しかったりします ローアングルで狙うといい感じの写真が撮れますよ!

8月22日(金)

雲見 赤井浜/オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25〜24℃ 透視度:10〜5m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ゴンズイ、ボラ、 クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、 イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、ツマグロハタンポ、アカカマス、ハリセンボン〈写真〉ビシャモンエビイソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシアラリウミウシコンガスリウミウシセンテンイロウミウシスミゾメミノウミウシサチコツグチトラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ハリセンボン

コメント:OWDコースのファイナルで赤井浜、オオ根を ファンダイブで牛着岩を潜りました 講習ポイントの赤井浜ではヨタが入りあいにくのコンディションでしたが、時間が経つにつれヨタがとれ濁りもおさまって無事コースを修了しました ファンダイブの牛着岩はまずまずのコンディション 今日もたくさんのウミウシの仲間が見られました ニシキウミウシは幼体の姿が良く目に付きます それと今シーズン多いのがセンテンイロウミウシでしょうか エリアによっては1ダイブで数個体見られます 黄色いカイメンの上でよく見られますのでチェックしてみて下さいね 人気のイロカエルアンコウは本日もジュズエダカリナの上にちょこんと乗っかっていました!

8月21日(木)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜21℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:クロアナゴ、イロカエルアンコウ、イタチウオ、マツカサウオ、ミノカサゴ、オニカサゴ、ボラ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、イシガキダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、アカカマス、ハナハゼ、ダテハゼ、ビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、コノハミドリガイ、ニシキウミウシコンガスリウミウシ〈写真〉センテンイロウミウシシロタエイロウミウシシロハナガサウミウシミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、トラフケボリなど

  コンガスリウミウシ

コメント:コンディションが回復しました 潮色もバッチリです!今日の1ダイブ目はリフレッシュでオオ根を潜りました 白い砂地にとっても癒されます カマスの群れが見どころでしょうか 2ダイブ目は牛着岩でマクロ系ダイブをしました 久し振りにコンガスリウミウシ〈写真〉に遭遇 いや〜、和風な感じのとってもキレイなウミウシです しばらく同じ場所に留まってくれるタイプのウミウシですので是非、リクエストして下さいね 3ダイブ目は小牛周辺で地形&砂地でまったりダイブ 洞窟の中でイタチウオやマツカサウオ、イセエビを 砂地ではスズメダイの群れやホタテウミヘビなどを観察してきました 潮色がいいのでワイド&地形も楽しめますよ〜

8月20日(水)

田子 白崎bP/前浜

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:28〜26℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ウツボ、ミノカサゴ、カタクチイワシ、ネンブツダイカンパチ動画〉、マダイ、メイチダイ、ハタタテダイyg、イトヒキベラ、キュウセン、ブダイ、マツバスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、コウライトラギス、トラギス、チャガラ、アカカマス、カワハギ、ミナミハコフグyg、アオリイカ〈写真〉、オトヒメエビ、ナマコマルガザミウデフリツノザヤウミウシニシキウミウシver.12)、イガグリウミウシアオウミウシなど

  アオリイカ

コメント:前線の影響でしょうか 朝から西よりの風が強く雲見はCLOSEしていなかったものの海況判断で田子湾内を潜りました 1ダイブ目はピカチュウに愛に白崎bPブイでエントリー 潮色は16日(土)よりは上向き水も温かでした お目当てのピカチュウにも3個体出会えました! 中層をカマスの群れが回遊し、なかなか見応えありましたよ 2ダイブ目は前浜の−17mのアオリイカ産卵床にアオリイカの交接&産卵シーンを観察に行きました 潮色が悪くかなり接近しないと見えない状況でしたが、その分アオリイカにも近寄れたのかもしれません 帰りのボートの移動中にはぐれハンマーヘッドシャークが水面から背ビレを出していました う〜ん、何とかダイビング中に見たいものです、、、

8月18日(月)

雲見 オオ根/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:28〜26℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、ボラ、メアジ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、イトヒキベラ、クマノミ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、ダテハゼ、オキナワベニハゼ、ツマジロモンガラyg、キタマクラ、クサフグ、ミナミハコフグyg、ビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ゾウリエビ、ナカザワイソバナガニ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシシロタエイロウミウシver.12)、キャラメルウミウシ〈写真〉フリエリイボウミウシトラフケボリなど

  キャラメルウミウシ産卵中

コメント:台風のヨタもなくなり穏やかなコンディションになりました 1ダイブ目はOWDコースのファイナルとリフレッシュ・ダイブでオオ根を潜りました 水底付近は若干、濁っていたものの潮色は良く水底まで温かいいい潮でした 2ダイブ目は小牛のまわりをじっくりのんびり生物ウォッチングしました 小牛横の砂地がとてもキレイでしたよ!午後からの3ダイブ目は三競で洞窟&ウミウシ・ウォッチ・ダイブをしました 3番洞窟に日差しが入り、幻想的な風景が広がっていました 本当にいい潮が入ってきました おそらく、年に何日もない素晴らしいコンディションです 是非、この機会に遊びにいらして下さい ワイド派の方も楽しめるコンディションですよ

8月17日(日)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:27〜20℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ミノカサゴ、ボラ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、キュウセン、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、ベラギンポ、ビシャモンエビイソギンチャクモエビヒロウミウシコトヒメウミウシニシキウミウシver.12)、アラリウミウシセンテンイロウミウシ(写真)シロタエイロウミウシフチベニイロウミウシフリエリイボウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリサチコツグチなど

  センテンイロウミウシ

コメント:台風一過、若干ヨタが残っていたもののコンディションは回復傾向です OWDコース2日目のオープンウォーター・トレーニングダイブで張石ビーチを潜りました 3ダイブみっちりスキルの練習を繰り返しました 楽しみの為の水中ツアーでは砂地で良く見かけるベラギンポをじっくり観察してきました 砂に潜ったとき顔だけ出してダイバーを覗いている様子はとっても可愛かったですね 牛着岩ではじっくりのんびりマクロ・フォト・ダイブ 今日の1枚はセンテンイロウミウシです 今シーズンは良く見かけるウミウシですが非常にキレイなウミウシです カイメンに食い込んでいることが多いのできっとカイメン食なのでしょうね

8月16日(土)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:27〜20℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、チャガラ、ダテハゼ、ハナハゼ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ〈写真〉、イガグリウミウシ、アオウミウシなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:熱帯低気圧が台風に発達して本州に接近した為、雲見はクローズ 田子に移動しました お盆休みの台風CLOSEで各エリアからダイバーが田子に逃げてきた為、ポイントは大混雑 ボートに乗船するのもままならないくらいでした 1ダイブ目の弁天島では他のパーティとコースがかぶってしまい、厳しいガイディングに終始してしまいご一緒した皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいました 2ダイブ目の白崎ではのんびりじっくりフォトダイブを楽しみました! またまたピカチュウが大発生 1ダイブで2桁のピカチュウが観られました とても可愛いウミウシなので何個体みても飽きないですね〜 あまり生物をご紹介できなかったのでピカチュウ様々といった感じでした(苦)

8月15日(金)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:晴れ 気温:35℃ 水温:28〜22℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、マツカサウオ、スズメダイ、ツノダシ、トウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、アカカマス、ミナミハコフグyg(写真)、イソギンチャクモエビ、クリアクリーナーシュリンプ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、スベスベマンジュウガニ、キイロウミコチョウ、コノハミドリガイ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシニシキウミウシ、ミヤコウミウシ、コールマンウミウシ、モンコウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシフリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシミズタマイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、ユビウミウシ、ミチヨミノウミウシ、サチコツグチ、トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  ミナミハコフグyg

コメント:ダイバーで大賑わいの雲見でした 下りの潮が強く西よりの風が少し吹いていた為、流れと波の方向が反対になりエリアによっては厳しいコンディションでした 1ダイブ目は小牛のまわりをじっくりのんびり 生物ウォッチ中心のダイブをしました 2ダイブ目はマクロ・フォトが大好きな方々とご一緒したので三競で動かない?ダイブをしました 三競は潮の陰になっているため、非常に穏やかなコンディションでフォトダイブを満喫して頂きました 風がやや強くなった3ダイブ目はセーフティにオオ根で砂地をのんびりダイブ この時期のオオ根や張石ビーチの沖合いはカマスの群れがすごく今シーズンは例年に比べて潮色がいいのでとてもキレイですよ〜!今日の1枚はミナミハコフグのナイスショット かわいいですね

8月14日(木)

雲見 張石ビーチ/牛着岩/三競/オオ根

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜23℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イロカエルアンコウベニカエルアンコウver.123)、 マツカサウオ、サクラテンジクダイ(写真)、 クロホシイシモチ、コロダイ、ツノダシ、ヒメギンポニジギンポオキナワベニハゼ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビナマコマルガザミムラサキウミコチョウヒロウミウシオトメミドリガイニシキウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシカナメイロウミウシセンテンイロウミウシシロタスキウミウシ、 アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンスシロウサギウミウシフチベニイロウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシフリエリイボウミウシキイロイボウミウシミズタマイボイミウシミチヨミノウミウシシロミノウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリサチコツグチなど

  サクラテンジクダイ 口内保育中

コメント:お盆に入り、道路も海もだんだん混雑してきました 夏真っ盛りといった感じですね ただコンディションは今ひとつで時間が経つにつれ風と波とヨタが強くなりました 1ダイブ目はファンダイブ・チームと体験ダイブ・チームに分かれました ファンダイブ・チームはウミウシ三昧のじっくりフォト カナメイロウミウシやフチベニイロウミウシなどキレイなイロウミウシが見られました 2ダイブ目は地形リクエストで小牛周辺の洞窟をご案内しました 小牛の洞窟に皆さん感動した様子でした!3ダイブ目はオオ根と三競に分かれてファンダイブ オオ根ではカマスの群れが見られてとっても楽しいダイブになりました

8月13日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:27〜23℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、イサキ、イトヒキベラ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ、ヒメギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間、トウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、クリアクリーニングシュリンプ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシアカネコモンウミウシ(写真)セトイロウミウシシロタスキウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシフリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サチコツグチトラフケボリなど

  アカネコモンウミウシ

コメント:ひき続き素晴らしいコンディションに恵まれました 本日は伊豆でダイビングをするのは初めてという方々とご一緒しました プレッシャーはあったもの、のこのところのコンディションの良さも手伝って、初めての伊豆でのダイビングを満喫して頂いたようです 1ダイブ目は様子見で小牛の砂地を中心に潜りました小さな生物や地形を堪能しました 2ダイブ目は−24アーチをご案内しました 水底の潮色はさほど悪くなく大型のマダイが水底付近では若干、つめたくて濁った潮が入っていますが、潮の境目に手ごわいですからね〜♪ 3ダイブの三競では地形&生物を楽しみました 3番洞窟前のベニカエルアンコウの排泄シーンが見られラッキーでした!

8月11日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26〜22℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:トラウツボ、クロアナゴ、イロカルアンコウ、イタチウオ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、マダイ、イトヒキベラ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ(写真)、ハナハゼ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、アカメイロウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、キイロイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリなど

  トウシマコケギンポ

コメント:前日よりさらに潮色が良くなりました!潜降ブイ近辺は透視度15m、水温は27℃〜、もう真っ青です 凪もお天気も最高でした 初雲見の方とご一緒しましたので1ダイブ目は−24mのアーチや三角穴など地形を中心にご案内しました−24mnアーチ付近の深場はやや濁って冷たい潮が入っているものの水深−10m以浅は伊豆とは思えないほどの潮色と水温です 大型のマダイは深場の冷たい潮のところに集まっていました 2ダイブ目は地形とウミウシなど小さな生物をご案内しました 相変わらずたくさんのウミウシの仲間が見られました 日差しが強いので日焼け止め対策を万全にしましょう

8月10日(日)

雲見 オオ根/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26〜25℃ 透視度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオハナミノカサゴ、ボラ、 クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、メジナ、カゴカキダイ、ツマグロハタンポ、イトヒキベラ、クマノミ、ソラスズメダイ、ミサキウバウオ、アカカマス、 ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間 オキナワベニハゼ(写真)ミナミハコフグyg、 アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシコールマンウミウシモンコウミウシアカネコモンウミウシ、ソバカスウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタスキウミウシver.12)、ミヤコウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシフリエリイボウミウシキイロイボウミウシシロハナガサウミウシユビウミウシヒラムシの仲間など

  オキナワベニハゼ

コメント:OWDコース最終日とファンダイビングです 1ダイブ目はオオ根で講習のダイブ4を開催しました 潮色よく温かくアカカマスの群れなどたくさんの魚たちが見られ、おおいに盛り上がりました!コース修了後、リクエストで牛着岩でファンダイブ 講習ポイントでは見られない圧倒的な魚影と地形の楽しさを経験して頂きました 初ファンダイブとは思えないくらい落ち着いて、そして水中世界をエンジョイしていましたね 午後からベテラン・チームで三競じっくりフォトファイブをしました アカネコモンウミウシやシロタスキウミウシ、ミナミハコフゴの幼魚などフォトジェニックな生物を撮りまくってきました もうお腹いっぱいって感じの三競でした!

8月9日(土)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:31℃ 水温:28℃ 透視度:12m

観られた生物:イロカエルアンコウ(写真)オオウミウマ、ホソウミヤッコ、カタクチイワシ、オニカサゴクロホシイシモチ、カンパチyg、キュウセン、ベラギンポ、コケギンポの仲間、スケロクウミタケハゼ、イソハゼの仲間、ゴマサバ、カワハギ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシver12)、カナメイロウミウシアラリウミウシver12)、センテンイロウミウシアカメイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシスミゾメミノウミウシ、サチコツグチなど

  イロカエルアンコウ

コメント:OWDコース2日目と体験ダイブで張石ビーチを潜りました 日差しが真っ白な砂地の砂紋にユラユラと反射してとても幻想的でした 水底の係留ロープにオオウミウマを発見 しばしスキルの練習をストップして観察しました スキルの練習が終わり、水中ツアーをしていると中層にカタクチイワシの群れが登場 一同、銀鱗の美しさに感動しているとそこにサバの群れが登場し、イワシにアタックをかけてました いや〜、講習中に素晴らしいシーンに遭遇できラッキーでした 午後はファンダイブチームと牛着岩をじっくりフォトダイブ カナメイロウミウシやアカメイロウミウシなどとてもキレイなイロウミウシの仲間が見られました エキジット間際にイロカエルアンコウをご案内 すると貴重なアクビシーンが運良く撮影できました!

8月8日(金)

OWDコース プール講習

天候:晴れ 気温:34℃ 水温:-℃ 透視度:-m

観られた生物:など

 

コメント:OWDコース初日はプールダイブをしました ジリジリと照りつける日差し強烈で、まさに夏真っ盛り 陸上では日向を避け、日陰で過お盆休み前の平日ということもあり、混雑もなく快適な環境で講習ができました 今夏、ダイバーデビューすれば9月〜10月の伊豆のベストシーズンを満喫できますよ!当店ではコース修了後、半年もしくは10回のファンダイブ分の器材のレンタル代が無料です 是非、その間にスキルアップや色々な器材を試してみてください
ねOWD3日間コース・・・¥6,3000− クラブハウス宿泊2日間分含 む

8月7日(木)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:28〜23℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、マダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ソウシハギ、ビシャモンエビ(写真)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、アオウムシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシセンテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチなど

  ビシャモンエビ

コメント:ファンダイブを牛着岩、体験ダイブを張石ビーチで開催しました 中層から表層にかけて青くて温かい潮が入ってきました 深場は少し冷たくて白っぽい感じですが、コンディションはまずまずです 1ダイブ目はウシ対岩野沖合いからエントリーしグンカンまで流しました 魚影が濃く気持ちよく泳げました 2ダイブ目は体験ダイビングで張石ビーチを潜りました ソラスズメダイや生まれたばかりのテンジクダイの仲間の幼魚の群れを観察して楽しみました 3ダイブ目は大牛の洞窟でサクラテンジクダイをじっくり観察&撮影 イロカエルアンコウやベニカエルアンコウも見られました ラスト4ダイブ目は小牛のまわりでじっくり小さな生物の撮影ダイブをしました!

8月6日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26〜21℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウver.12)、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、カンパチ、コロダイ、テングダイ、スズメダイ、ニジギンポ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ヒトデヤドリエビ、ビシャモンエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシアカネコモンウミウシ、サラサウミウシ、シロタスキウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウミウシ、ミヤコウミウシ、ホムライロウミウシ(写真)シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、アオミノウミウシ科の一種、トラフケボリなど

  ホムライロウミウシ

コメント:マクロフォト・リクエストでガッツリ3ダイブしてきました 1ダイブ目は月末のイナンバ遠征のチェックダイブを兼ねて牛着岩の沖合いからエントリーして−26mアーチまでワイド系、そこからマクロ系に切り替えて大牛周辺をじ〜っくりフォトダイブ イロウミウシの仲間をたくさん撮影しました 2ぢぶめは大牛周辺で引き続きウミウシダイブ 何とモンジャウミウシを目撃しました!兼ねてから1度は見てみたいウミウシでしたので思わず大騒ぎしてしまいました(笑) 縁取りの色合いがなんとも不思議な色彩です 想像していたのよりずいぶん大きくて、動き回っていました それにしても雲見のウミウシ密度は濃いですね〜! 潜れば潜るほど新たな発見や出会いがあります

8月5日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:27〜22℃ 透視度:12m〜

観られた生物:ホタテウミヘビ、イロカエルアンコウベニカエルアンコウver12)、イタチウオ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、ツマジロモンガラyg、ミナミハコフグyg、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナカザワイソバナガニ、ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウニシキウミウシver12)、コールマンウミウシ、モンコウミウシ、シロウムシ、シロタスキウミウシ、センテンイロウミウシシロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、キイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ヒラムシの仲間など

  サクラテンジクダイ

コメント:1ダイブ目はお得意のマクロ系のフォト・ダイブで牛着岩をご案内しました あまりにも地形が有名な雲見ですが地形だけではもったいないですよ〜 たくさんのウミウシの仲間や甲殻類、カエルアンコウや洞窟の中に棲む生物たちをウォッチしてきました  2ダイブ目は少しイールドを広めに使って、牛着岩の沖合いからグンカン流し プチ・ドリフト気分を味わえます 3ダイブ目は小牛の周辺でじっくりフォト・ダイブ そしてラスト4ダイブ目は三競でウミウシ&洞窟ツアー 三競のベニカエルアンコウは撮影中によくアクビ?をするのでアクビ・シーンを狙ってみてはいかがでしょうか?潮色も良くワイドにマクロに充実の雲見です

8月4日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27〜22℃ 透視度:8m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、カタクチイワシ、マダイ、 ニジギンポ、オキナワベニハゼ、 イチモンジハゼ、ホシノハゼ、ビシャモンエビ、オトヒメビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウニシキウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、カナメイロウミウシ(写真)シロウサギウミウシシロタスキウミウシセンテンイロウミウシシロタエイロウミウシver12)、キャラメルウミウシフリエリイボウミウシスミゾメミノウミウシミノウミウシの仲間トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

  カナメイロウミウシ

コメント:1ダイブ目はウミウシフォト・リクエストで牛着岩を潜りました 今年たくさんの個体が見られているシロタエイロウミウシやキャラメルウミウシをじっくり撮影 2ダイブ目はカタクチイワシの大群が登場 大型のマダイがイワシの群れにアタックをかけます もうご一緒したダイバーが見えないくらいのものすごい群れの密度でした 傷ついたイワシがあっちでピチピチ、こっちでフラフラ カサゴなどの根魚に捕食されていました 自然界の厳しい食物連鎖を垣間見た気がしました 本日の1枚はカナメイロウミウシです 久し振りの出会いです カナメイロウミウシとピュプセロドーリス・クラカトアは大好きなイロウミウシです 雲見ではあまり個体数が多くないのかめったに遭遇しません それだけに出会った時の感動はひとしおです

8月3日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨→晴れ 気温:32℃ 水温:28〜21℃ 透視度:8m

観られた生物:トビエイイロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、キンチャクダイ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、ミナミハコフグyg、ヒトデヤドリエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ムラサキウミコチョウ、テントウウミウシキイボキヌハダウミウシイガグリウミウシニシキウミウシ(写真)、コールマンウミウシ、オセロウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、シロタスキウミウシアラリウミウシ、センテンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、アカメイロウミウシ、キイロイボウミウシミズタマイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、シロミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチ、ヒラムシの仲間など

  ニシキウミウシ幼体

コメント:潮色は今ひとつでしたが、生物はとにかく充実しています ウミウシの仲間はもちろん、カエルアンコウの仲間やトビエイなども見られました 魚影は濃く、とにかくここ数年では一番のコンディションに恵まれているのではないでしょうか? 1ダイブ目は今、最も熱いウミウシ・ポイントを潜りました その濃厚なウミウシ密度を是非、体験してみませんか? 2ダイブ目は雲見らしい?地形を中心にご案内しました 魚影が濃いので魚まみれのダイブを堪能できました 3ダイブ目は小牛周辺で小さな生物をじっくりフォト&ウォッチ そりてラスト4ダイブ目は三競でマクロ系フォトダイブを堪能してきました オキナワベニハゼは同じエリアで3個体確認されています 発見当初に比べてかないダイバー慣れしてきました 撮影の際はどこまで寄れるか駆け引きも楽しんで下さいね
BY松田

8月2日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨→晴れ 気温:31℃ 水温:27〜22℃ 透視度:8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウver12)、マツカサウオ、イトヒキベラトウシマコケギンポコケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、 コウイカの仲間、ビシャモンエビヒトデヤドリエビ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ヒシガニ、イソギンチャクモエビ、ニシキツバメガイ(写真)、ヒロウミウシ、コールマンウミウシ、 アオウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシ、サガミイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ 、コイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、ユビウミウシ、サキシマミノウミウシシロミノウミウシコダマウサギガイなど

  ニシキツバメガイ

コメント: 8月第1週の週末は大混雑でした 雲見でも今シーズンで一番の人出だったのではないでしょうか? そんなエリアの大渋滞を避けるように4ダイブしてきました 1ダイブ目は大牛の洞窟でウミウシ・ウォッチング さすがに普段の60分ダイブは厳しく40分と当店にしてはかなり短めですが、日頃からポイントの生物情報をリサーチしていますのでご安心下さい 1ガイド5名の少人数制でガッチリフォトダイブを楽しんで頂けたと思います!2ダイブ目は牛着岩の水路や三角穴など地形を楽しんで頂きました 3ダイブ目は一転、小牛周辺でフォトダイブ そしてラスト4ダイブ目は三競でマクロ三昧の満腹ダイブを楽しんできました 今シーズンは海が良いので是非、皆様遊びにいらして下さいね!

8月1日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24〜23℃ 透視度:8m

観られた生物:ホタテウミヘビイロカエルアンコウベニカルアンコウver.123)、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、トウシマコケギンポコケギンポの仲間オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビナマコマルガザミサンゴガニムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシ、キャラメルウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、キャラメルウミウシ、テンロクケボリなど

  ベニカエルアンコウ

コメント:早いもので今日から3月です 夏本番ですね〜 「雲見いっぱい潜ろうキャンペーン」の8月初日です! と、いうことで本日は5ダイブしてきました 1ダイブ目は小牛の手前で生物ウォッチ&フォトダイブ 2ダイブ目は小牛まわりをのんびりと潜ってきました 3ダイブ目は大牛の周辺でウミウシ・フォト・ダイブ、4ダイブ目はグンカンの根頭で遊びました そしてラスト5ダイブは三競でウミウシ&地形ダイブです 例年に比べ水温が高いので気持ちよく潜れますよ これから秋に向けて、コンディションが上向いてきますので楽しみです!

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED