ダイビングログ2009年8月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

8月30日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:25℃ 水温:21.6℃ 透視度:10m

観られた生物:イタチウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、イシダイ、メジナ、ニザダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ヒトデヤドリエビ(写真)ニシキウミウシ、リュウモンイロウミウシなど

ヒトデヤドリエビ

コメント:8月最後の日曜日は初めて雲見を潜る皆様と1ボートダイブです 雲見らしい地形と生物の両方をご紹介しました 湾内のブイからエントリーして水路へ 洞窟の住民、ツマグロハタンポやクロホシイシモチの群れを観察しました H型のアーチを抜けて根沿いに進み、たて穴方面へ オオアカヒトデには小さな小さなヒトデヤドリエビが見られました 今シーズン初めて見られました!(喜) 岩肌に目をやると以前はフタイロニシキウミウシと呼ばれていたニシキウミウシの幼体やリュウモンイロウミウシの産卵シーンに遭遇しました 帰りのクレバスではダイバーで大混雑 初めて使用したモニターの水中ライトを点滅モードに切れ変えて無事、三角穴を通過 皆様、楽しんで頂けた様子でほっとひと安心しました

8月29日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24.1〜22.1℃ 透視度:10m

観られた生物:ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ネンブツダイ、サクラテンジダイ、ウミタナゴ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ツノダシ、オキナワベニハゼ 、コクテンベンケイハゼ、シマウミスズメygミナミハコフグyg(写真)、アカホシカクレエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシヘリシロイロウミウシセトイロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシセンテンイロウミウシコイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ハクセンミノウミウシ、シロミノウミウシ、トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

ミナミハコフグyg.

コメント:ウミウシ&マクロ系フォトリクエストでガッツリ3ダイブしてきました お天気、凪ともバッチリのダイビング日和でした 1ダイブ目はウミウシのホットポイント、大牛洞窟前からエントリー 洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンもじっくり観察できました 2ダイブ目は−24mアーチブイからエントリー 小牛周辺をのんびりフォトダイブ ウミスズメの幼魚に出会いました 初めはコンゴウフグの幼魚かと思ったのですが、ドットの大きさやデザインが違うようです 枯れかけたアントクメの陰からそっと顔を覗かせとってもキュートでした キュートと言えば見出しのミナミハコフグ 人気の季節来遊魚です 三競2番洞窟の入口で見られました 様々 な季節来遊魚が登場してくると、いよいよベストシーズンの到来ですね

8月28日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24.1〜23.2℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:トビエイ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ネンブツダイカゴカキダイ、イシダイ、クマノミ、オキナワベニハゼ(写真)、コクテンベンケイハゼ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、ヘリシロイロウミウシアカネコモンウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、サガミイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、セトイロウミウシアラリウミウシシロタスキウミウシキベリアカイロウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロイボウミウシツノキイボウミウシミズタマイボウミウシ、ホソテンロクケボリ、トラフケボリ、ヒラムシの仲間など

オキナワベニハゼ

コメント:3ダイブねちっこくフォトダイブをしてきました 前日より潮色がUPしました! 1ダイブ目は−24mアーチのブイからエントリーしたて穴方面へ ニシキウミウシの幼体やアカネコモンウミウシなどが見られました 2ダイブ目は小牛周辺をじっくりのんびり 砂地ではホタテウミヘビ、ムチカラマツにはイボイソバナガニが見られました トビエイも登場しおおいに盛り上がりましたよ〜 ラスト3ダイブ目は三競ウミウシ・パラダイスです キベリアカイロウミウシやヘリシロイロウミウシ、セトイロウミウシなどのフォトジェニックなウミウシ達が登場! 三競がますます熱くなってきましたね〜 2.5番では定番のオキナワベニハゼにガブリ寄り 4個体も見られました!

8月27日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24.6〜23.5℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ハナタツ、 イタチウオ、マツカサウオ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、アカネテンジクダイサクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、 イサキ、コロダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ、 オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、 オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、ムラサキウミコチョウ、 ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、センヒメウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシver.12)、キャラメルウミウシver.123)、ヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、 サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシ、センテンイロウミウシ、 コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ツノキイボウミウシ、ツノヒダミノウミウシテンロクケボリ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、コダマコゴメガイなど

ムラサキウミコチョウ

コメント:潮色が若干下がりましたが、まずまずのコンディションです 本日のファンダイブはインストラクター2名とダイブマスターという顔ぶれです 1ダイブ目は−24mアーチ経由のいわゆるベタなコース取りです −24mアーチの根頭で居つきの大きなクエが見られました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしウミウシダイブ 本日も実にたくさんのウミウシ達が見られました エッグイーターであるツノヒダミノウミウシが三個体、ウミウシの卵を摂食していました 3ダイブ目は三競で地形ダイブをしました 特に3番洞窟は時間帯もドンピシャで差し込む太陽光が実に幻想的でした 4番洞窟の岩肌はイボヤギのオレンジ色のポリプが開いてとてもキレイですよ

8月26日(水)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:25.5〜23.4℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、ネンブツダイ、マアジ、イサキ、イシダイ、ツノダシ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、ベニサンゴガニ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシ(写真)キャラメルウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシサガミイロウミウシリュウモンイロウミウシ、センテンイロウミウシ、ツノキイボウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ホシアカリミノウミウシハクセンミノウミウシ、ベニキヌヅツミなど

ニシキウミウシ

コメント:水温が上がり、コンディションも安定しています 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリー −24mアーチから水路へ 三角穴の手前の壁でシロタスキウミウシが見られました 例年、雲見ではそれほど目撃されないのですが今年は個体数が多いようで、各エリアで目撃されています 2ダイブ目は久し振りに黒崎を潜りました エントリー口の岩肌ではベニカエルアンコウが3個体見られました 天気が良く光の差込も十分 洞窟も堪能しました カヤ類にはホシアカリミノウミウシやハクセンミノウミウシなどが数多く見られました 3ダイブ目は三競でウミウシダイを楽しみました 写真はニシキウミウシの幼体です 以前はフルーツポンチウミウシと呼ばれていましたね

8月25日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22.9〜22.0℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:トビエイ、カエルアンコウベニカエルアンコウ、ハナタツ、マツカサウオ、アカハタ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イサキ、テングダイ、イスズミ、シラコダイ、カゴカキダイ、クマノミ、ガラスハゼ、ナンヨウツバメウオyg(写真)、マダコ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イボイソバナガニムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ムカデメリベ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ 、ヘリトリコダマウサギなど

ナンヨウツバメウオ yg.

コメント:平日ガッツリ3ダイブです 1ダイブ目は−24mアーチから小牛へ 魚影、地形、小さな生物達を満喫しました 2ダイブ目は−24mアーチからグンカンへ 潮色よくとっても気持ちよく潜れました グンカン付近では白いカエルアンコウが登場 雲見では意外かもしれませんが、本種のカエルアンコウはあまり見られないんです ちょっぴりラッキーな感じでした!(笑) 3ダイブ目は三競へ 小さなウミウシの仲間をじっくりのんびりフォト&ウォッチしました 本日の見出しはナンヨウツバメウの幼魚です 波止場で見られました 枯れ葉そっくりに擬態して船を舫っているロープに付いています しばらくは見られると思いますので、サーフェスインターバル中にご紹介します ちなみにこの写真はスノーケリングで撮りました

8月24日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23.9〜23.0℃ 透視度:12m

観られた生物トビエイ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イサキ、テングダイ、イシダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ(写真)、アカホシカクレエビ、イボイソバナガニ、ミツイラメリウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシ、フジイロウミウシ、セトイロウミウシ、サガミイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシツノキイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、ベニキヌヅツミ、ヒラムシの仲間など

オキナワベニハゼ

コメント:8月に入って最高の凪とお天気でした! 本日はガイドのSHINが雲見を3ダイブがっつり潜ってきました〜 1ダイブ目は-24mアーチのブイからエントリーしてたて穴〜水路〜ブイという定番コース 魚影と地形、ウミウシを満喫しました 2ダイブ目は小牛をぐるり 真っ白な砂地がとにかくキレイです!ラスト3ダイブ目は三競でマクロ三昧のダイブ 今日の見出しも三競のオキナワベニハゼです 4個体見られました とにかくキュートなので是非、逢いに来て下さいね ちなみに松田は本日はOFF 浮島で娘三人と水遊びをしました 長女は初めてのスノーケリング・ツアー 下の双子もプール・デビューです 初めは海に出るのがおっかなびっくりでしたが慣れてしまえば夢中になって泳いでいました 唇が紫になっているのにまだ泳ぐといってとめるのが大変でした・・・ 子供ってスゴイですね

8月23日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23.7〜20.7℃ 透視度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ハナタツマツカサウオ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、テングダイ、レンテンヤッコ(写真)ガラスハゼ、ウミスズメ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビイボイソバナガニムラサキウミコチョウテントウウミウシ、ヒロウミウシ、センヒメウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシヘリシロイロウミウシ、センテンイロウミウシ、ヒラムシの仲間など

レンテンヤッコ

コメント: 引き続きコンディションに恵まれました 3ダイブしっくり潜ってきました まず1ダイブ目はワイド系で−24mアーチからエントリーしグンカンへ 潮が若干かかっていたので気持ちよくドリフトできました! 見出しのレンテンヤッコや−26mアーチで撮影しました これからの時期、H型のアーチや−24mアーチの出入り口付近でも見られるようになってきます 2ダイブ目は裏からエントリーして小牛のまわりをじっくりフォトダイブ キッカイソギンチャク上でアカホシカクレエビのクリーニング・シーンが見られました ラスト3ダイブ目は今、旬の大牛洞窟前 本日もたくさんのうみうしの仲間が見られましたよ!

8月22日(土)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:25.8〜22.2℃ 透視度:10m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、 クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ガラスハゼムチカラマツエビ、ベニサンゴガニ、ムラサキウミコチョウニシキウミウシキャラメルウミウシver.12)、ヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ(写真)サガミイロウミウシセンテンイロウミウシシロウサギウミウシ、キイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシテンロクケボリなど

リュウモンイロウミウシ

コメント:穏やかな天気に恵まれた週末、ガッツリ4ダイブしました 1ダイブ目は大牛洞窟を潜りました 相変わらずウミウシの密度が濃く、お腹いっぱいダイブでした(笑) 2ダイブ目はオオ根です 砂地でのんびりまったり サカタザメを探したのですが、残念ながら見られませんでした、、、 3ダイブ目は小牛をまわりました ワタトリカイメンには大きな白いベニカエルアンコウが付いていました 他店情報ですが、小牛のアカオニナマコ上でウミウシカクレエビの小さな個体が目撃されたようです 是非、見てみたいものですね〜 ラスト4ダイブ目は−24mアーチブイから入りました 魚影と地形を満喫してきましたよ

8月21日(金)

田子 白崎bP

天候:曇り 気温:29℃ 水温:20.3〜18.1℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、マダイ、ホンソメワケベラ、イトヒキベラ、オハグロベラ、スズメダイ、ガラスハゼ(写真)イチモンジハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、シュンカンハゼ、オトヒメエビ、イセエビヒロウミウシサガミリュウグウウミウシイガグリウミウシニシキウミウシver.12)、コモンウミウシアオウミウシシロウミウシ、ヒラムシの仲間など

ガラスハゼ

コメント:エンリッチド・エア・ダイバーコースで田子を潜りました昨年末からナイトロックスのタンクの供給がストップしてしまい、久し振りの再開となりました 知識開発をショップで実施した後、いよいよ海へ 田子湾内には少しひんやりした潮が入っていましたが、深場でセトリュウグウウミウシ探しをしました つい最近まで複数個体見られたセトリュウグウウミウシですが、今回は見つけることができませんでした、、、 それでもイガグリウミウシやサガミリュウグウウミウシなどのキレイなイロウミウシの仲間がたくさん見られましたよ! ナイトロックスに興味のある方、すでにSPカードをお持ちの方は田子をご案内致します

8月20日(木)

雲見 牛着岩/赤井浜

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:25.5〜21.1℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、ニシキベラ、 イトヒキベラ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポコケギンポの仲間イボイソバナガニver.12)、ムラサキウミコチョウコトヒメウミウシサガミリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシニシキウミウシver.12)、シロタエイロウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシセンテンイロウミウシバライロマツカサウミウシスミゾメミノウミウシミノウミウシ亜目の仲間トラフケボリホソテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

サガミリュウグウウミウシ

コメント:引き続きいいコンディションです 1ダイブ目は水路の手前からエントリーし小牛をまわりました 中層にはマダイやカンパチの若魚が見られました カンパチの成魚の群れも回っているとの目撃情報もあり、いよいよ本格的なシーズンですね 小牛のムチカラマツに付いているイボイソバナガニですがどこから来たのかペアになっていました イボイソバナガニをムチカラマツ上でしか見たことがないので、どうやって移動してくるのかとても興味があります 2ダイブ目は−24m付近からたて穴、水路とじっくり小さな生物を観察しました 3ダイブ目は赤井浜を潜りました お天気が良かったので砂紋に差し込む光がとてもキレイでしたよ

8月19日(水)

浮島 ビーチ/カマガ根bQ

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26.2〜25.2℃ 透視度:12m

観られた生物:ベニカエルアンコウ(写真)ハオコゼ、ネンブツダイ、イラ、スズメダイ、ヘビギンポ、イセエ ビ、タイワンガザミ、ヒロウミウシver.12)、イガグリウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、アラリウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サメジマオトメウミウシサキシマミノウミウシなど

ベニカエルアンコウ

コメント:久し振りに昼間の浮島を潜りました いい潮が入ってきましたね〜! 特にボートポイントのカマガ根は白い砂地がとてもキレイに見えました ウミウシで有名な浮島、早速ウミウシ探しをしました 雲見と違いサメジマオトメウミウシやサキシマミノウミウシがさたらと目に付きます 場所場所でよく見られるウミウシも変わってくるのですね 改めて実感しました 浮上開始間際にブイの付け根でキレイなベニカエルアンコウを発見 ラッキーでした(笑) 根頭ではハオコゼの縄張り争いをしているシーンに遭遇しました お互いに口と口で噛みつきあっていました こういうネイチャー・シーンに立ち会えるのもダイバーならではですね

8月18日(火)

土肥 プールダイブ

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:−℃ 透視度:−m

観られた生物:−など

スキルの練習風景

コメント:今日はトレーニングでプールダイブのため、海はお休みです 夏ですね〜 ダイビングプールはスクール生がたくさんいました スイムやスノーケルスイム、スキルの練習など丸一日、みっちりプールで過ごしました 鏡の前でスキルのチェックができるのでいい練習になりましたね 水温は30℃以上ありとっても快適でした〜 でも、やっぱりダイバーは海のほうがいいですね 明日は浮島を潜ってきます!

8月17日(月)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26.1℃ 透視度:15m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、イシダイ、テングダイ、ニシキベラ、スズメダイ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシシロタエイロウミウシver.12)、キャラメルウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、アラリウミウシシロウサギウミウシ、フチベニイロウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

ニシキベラの産卵、放精

コメント:お盆休み明けの平日も絶好のお天気、海況に恵まれました −24mアーチ根頭のブイからエントリーするとニシキベラの産卵、放精シーンを目撃することができるでしょう この時期限定の夏の風物詩的な光景です 依然、魚影は濃くウミウシの仲間もたくさん観られました 潮色は前日よりさらに上がり、地形やワイド系が楽しめますね〜 もうそろそろネンブツダイなどテンジクダイ科の仲間の口内保育している卵がハッチアウトし小さな幼魚達が群れを形成します するとその群れを狙ってカンパチなどの若魚が登場します 個体のサイズはさほど大きくないですが、アタックをかけるシーンはなかなか迫力がありますよ

8月16日(日)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26.2〜25.2℃ 透視度:12m

観られた生物:ウツボ、ゴンズイ、アカハタ、マダイ、ウミヒゴイ、オハグロベラ、キュウセン、ソラスズメダイ、コケギンポ仲間、ダテハゼ、ハナハゼ、ハコフグ、ムスメウシノシタ、ニシキテッポウエビ、センヒメウミウシ、ニシキウミウシホソテンロクケボリなど

センヒメウミウシ

コメント:PPB講習で倉嶋チームはオオ根へ ダイブマスターコースの水中マップ計測のため、松田チームは牛着岩のブイ付近を潜りました 今回はトレーニングダイブでしたので水中生物はほとんど見ていません、、、 海況はというと水温上昇、潮色もUP! いよいよ本格的なダイビング・シーズンの到来ですね お盆シーズンも終わり、これからは道路もさほど混雑しなくなるの是非、このいい時期に遊びにいらして下さい 季節来遊魚や大型回遊魚の目撃情報もチラホラ聞かれるようになりました 今シーズンはどんな生物との出会いがあるのでしょうか?今から楽しみですね〜

8月15日(土)

浮島 ビーチ(ナイト)

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.2℃ 透視度:−m

観られた生物:ホタテウミヘビタツノイトコ、アオヤガラ、マハタ(写真)、クロホシイシモチ、サビハゼカワハギ、ソメンヤドカリ、タイワンガザミ、ハツユキダカラなど

マハタ

コメント:日中、これだけ暑いと夕涼み気分で夜の海に潜りたくなりますよね ナイトダイビングはポイントを雲見から浮島に移動して実施しました この時期のないとダイビングはホント、気持ちいいですよね〜 初めてナイトを経験する方3名とご一緒しました 昼間は活発に活動していた生物がお休みモードになりじっくり観察できます また日中は砂の中に潜っていた甲殻類やアナゴの仲間が活動をはじめ、海の中はかなり賑やかです 見出しの画像はマハタの幼魚です 昼間は横縞が印法的な魚ですが、夜の体色は黒ずんだ色合いです 一方、アオヤガラは昼間は柄がないのですが寝ている時はシマシマ模様になります 夜の海はとても幻想的です 是非、リクエス トをお待ちしています

8月15日(土)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:25.1〜20.9℃ 透視度:10〜7m

観られた生物:アカエイ、カサゴ、コロダイ、ホンソメワケベラ、ソラスズメダイ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシコトヒメウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、フチベニイロウミウシ、コンガスリウミウシアオウミウシウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシセトイロウミウシセンテンイロウミウシver.12)、ホシアカリミノウミウシ(写真)スミゾメミノウミウシヒラムシの仲間など

ホシアカリミノウミウシ

コメント:お盆休みだというのに波止場の混雑はさほどでもありませんでした やっぱり景気が悪いんでしょうか、、、 松田班の1ダイブ目はオオ根へ 水温は高く太陽光が砂紋に映えてまさに癒し系のダイビングでした 倉嶋班の1ダイブ目は牛着岩を潜りました じっくりフィッシュウォッチです 次は三競を予定していたのですが、サーフェスインターバルが長かったのでウミウシ・リクエストでこそっとフォト・ダイブ コンガスリウミウシやセトイロウミウシなどの美人系なイロウミウシや久し振りのホシアカリミノウミウシとの出会いがありました ラストは三競で地形ダイブを堪能しました3番洞窟はさすがに混雑していてちょっぴり順番待ちでしたが、皆さん雲見の洞窟を満喫しましたね〜

8月14日(金)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:25.1〜20.9℃ 透視度:10〜7m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウハナタツマツカサウオ、ゴンズイ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、マダイ、コロダイ、テングダイ、カゴカキダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、トウシマコケギンポ、ダテハゼ、ハナハゼ、イセエビイガグリウミウシニシキウミウシver.12)、アオウミウシ、スミゾメミノウミウシホソテンロクケボリヒラムシの仲間など

ベニカエルアンコウ

コメント: お盆休みがスタートしました 倉嶋班はオープンウォーターダイバーコースのファイナル、松田班はアドヴァンス&ファンダイブです コンディションは前日よりさらにアップ 水温も高く気持ちよく潜れました 1ダイブ目はアドベンチャーダイブのナビゲーションで張石ビーチへ 潮色が思いのほか良かったのでいつもよりキック数を増やしてトレーニングしました 2ダイブ目はディープダイビング 陸上と水中の作業時間の比較などをしました 3ダイブ目は−24mアーチのブイからエントリーしてグンカンへ 潮が下げていたので、ドリフトにはまさにもってこいでした 潮色のいい牛着岩を気持ちよくドリフトしてきました オススメのSPコースです 興味のある方は是非、リクエストしてくださいね

8月13日(木)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:25.2〜24.9℃ 透視度:8m

観られた生物:トビエイ(写真)、アカエイ、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ゴンズイ、クエ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、テングダイ、カゴカキダイ、キュウセン、オハグロベラ、ホンゾメワケベラ、クマノミ、ソラスズメダイ、ヒメギンポ、イチモンジハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、カワハギ、ハコフグ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシニシキウミウシ、フチベニイロウミウシ、キャラメルウミウシコンガスリウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、センテンイロウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリなど

トビエイ

コメント:倉嶋班は牛着岩を松田班はOWDコースの2日目の海洋トレーニングダイブで張石ビーチを潜りました 張石ビーチのコンディションはすっかり回復 トレーニングダイブでしたが水温も高く癒し系ま感じで楽しめました〜 オープンウォータートレーニングダイブ1と2の間のサーフェスインターバル中に1ダイブしちゃいました(笑) −24mアーチのブイからエントリーしてグンカンまで流しました 前日より潮色がかなり回復しましたのでヒラ根〜西根〜トビ根のトライアングル地帯でトビエイ探し 2個体のトビエイに遭遇しました 真っ白な砂地の砂紋がとってもキレイでした その後、トビ根からグンカンにとぶとそこでもトビエイに遭遇 気持ちのいいダイブでした

8月12日(水)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:25.2℃ 透視度:3m

観られた生物:−など

OWD講習風景

コメント:オープンウォーターダイバーコースのファイナルは海況が回復した浮島で、初日は河津のダイビングプールで実施しました 浮島ビーチの様子を確認したところ、潮色はあまり良くないもののヨタは取れたようです これからコンディションのUPが期待できますね〜 倉嶋班の十代の兄弟講習生も見事に講習を修了しダイバー認定されました おめでとうございます! 一方、松田班は朝一番で蓮台寺駅ピックアップ そのまま河津のダイビングプールへ 実はここの温水プール、小学生の時に仲間と忍び込んで勝手に泳いでいたところ、見つかってつまみ出された苦い思い出があります(笑) それはさておき、講習は順調にすすみましたよ!

8月11日(火)

土肥 プールダイブ

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:−℃ 透視度:−m

観られた生物:−など

OWD講習風景

コメント:オープンウォーターダイバーコースのプールダイブを実施しました 昨晩、発生した台風9号の影響で西伊豆の格ダイビングスポットはCLOSE、、、 でもダイビングプールは天候海況に関係なく楽しめます 17歳と14歳の兄弟でご参加下さいましたが、やはり若さなのでしょうか? スポンジのように教えたスキルを吸収して見る見る上達していきました 今回の台風でゲリラ豪雨で水底に堆積した泥がさらわれてキレイになってくれるといいですね〜  台風一過、生物情報がリセットされることが多々ありますが、季節来遊魚など新たな生物の登場が期待できます これからますますコンディションがUPしてくれると思いますので楽しみですね

8月10日(月)

田子 前浜

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25.2〜24.5℃ 透視度:3m

観られた生物:ミノカサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、キュウセン、オハグロベラ、カワハギなど

プールで体験ダイビング!

コメント:OWDコースと体験ダイビングの2本立てでした 昨晩21:00くらいに熱帯低気圧が台風9号に発達しました OWDコースは日程の都合上、田子湾内でトレーニングダイブをしました 昨日よりさらにコンディションが悪くなりましたが、なんとか予定のスキルを修了することができました 体験ダイビングはお母さんと小学5年生のお兄ちゃんです あいにくのコンディションだった為、海でのダイビングを諦めプールで半日遊びました とにかく水が大好きで初めてのダイビングだというのにとっても物覚えが良く、ホバーリングをピタッと決めていましたね〜!明日は台風9号が本州に最接近します 様子を見ながら慎重にコースをすすめていきます 台風一過、お盆休みの海に期待しましょう!

8月9日(日)

田子 白崎bP/瀬ノ浜

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23.8〜19.2℃ 透視度:8〜6m

観られた生物:アカエイ、イズヒメエイ、ゴンズイ、ミノカサゴオニカサゴ、メバル、ネンブツダイ、キンセンイシモチ、クロホシイシモチ、マアジ、ムツ、ヨメヒメジ、カゴカキダイ、ブダイ、キヌバリ、チャガラ、ダテハゼ、ダルマガレイ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、セトリュウグウウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、サラサウミウシ、ヒラムシの仲間など

セトリュウグウウミウシ

コメント:引き続き本州付近に発生した熱帯低気圧の影響でヨタが入り、雲見はCLOSEしましたので本日も田子湾内を潜りました 体験ダイブは瀬ノ浜へ、ファンダイブは白崎を潜りました 前日、目撃したセトリュウグウウミウシですが本日は2個体に増えていました そしてなんと交接しているではありませんか! 大好きなウミウシのひとつなのでいっぱい増えて欲しいものです エキジット後、他店情報でダンブヤ・ウェルコニスの目撃情報が上がりました ボク自身、昨シーズン白崎で目撃していますのでタンブヤ・〜狙いで再度、白崎へ サガミリュウグウウミウシはいたのですが残念ながらお目当てのウミウシは見つけられませんでした まぁ、どちらも好きなウミウシなのでOKなんですけどね!

8月8日(土)

田子 白崎bP/瀬ノ浜/前浜〜弁天島

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:22.2〜19.1℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:アカエイ、ミノカサゴ、ネンブツダイ、マアジ、ムツ、マダイ、コモンフグ、カゴカキダイ、キュウセン、トラギス、ニジギンポ、オトヒメエビ、アケウス、ベニツケガニ、ヒロウミウシ(写真)、ミツイラメリウミウシ、セトリュウグウウミウシイガグリウミウシニシキウミウシアオウミウシ、キイロイボウミウシ、アワシマオトメウミウシ、ベニキヌヅツミガイ、オオアカヒトデ、ヒラムシの仲間など

ヒロウミウシ

コメント:本州付近に発生した熱帯低気圧の影響で強いヨタが入ってきたため、残念ながら雲見はCLOSE と、いうことで田子湾内を潜ってきました 田子湾内といえばやっぱりセトリュウグウウミウシですよね〜 まず1ダイブ目ファンダイブは白崎、体験ダイブは瀬ノ浜を潜りました ファンダイブ・チームはセトリュウグウウミウシをGET! 何とご一緒したダイバーの方が見つけて下さいました 2ダイブ目もウネリの影響を受けにくい白崎でダイブ 潮色が今ひとつ芳しくなかったのでウミウシなどの小さな生物をじっくり観察しました 3ダイブ目は前浜からエントリーし弁天島へ 浅場はヨタが強かったので水深−18〜16m付近を散策しました ヒロウミウシやミツイラメリウミウシなどの小さなウミウシが見られましたよ

8月7日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:22.3〜18.0℃ 透視度:8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイコスジイシモチ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、ニシキベラ、トラギス、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、クモガタウミウシ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシ、アカネコモンウミウシver.12)、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシミズタマイボウミウシなど

コスジイシモチの口内保育

コメント:ヨタは依然入っているものの、前日より潮色がUP! コンディションは回復傾向です 1ダイブ目は−24mア−チからエントリー 下り潮に乗ってドリフトダイビングをしながら中層の魚影や大物、岩肌の小さな生物を観察&撮影しました 2ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーし、H型の洞窟付近でウミウシ・ウォッチング その後、沖合いに出て小牛周辺をまわりました 岩の亀裂にいたコスジイシモチの口内保育シーンをじ〜っくり観察しました 新鮮な酸素を含んだ海水を卵に供給するために口をモゴモゴ その瞬間を狙ってじっくり粘りました テンジクダイの仲間の口内保育シーンは今しばらく続きます 1ダイブじっくり観察していても飽きませんね

8月6日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:28℃ 水温:22.0〜19.7℃ 透視度:3m

観られた生物:ホタテウミヘビ、クエ、キンギョハナダイ、マツカサウオ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、コスジイシモチ、アカネテンジクダイ、マダイ(写真)、テングダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、コクテンベンケイハゼ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、セトイロウミウシセンテンイロウミウシヒブサミノウミウシ、ホシテンロクケボリなど

マダイ

コメント:台風の影響がかなり出てきました 前日より潮色がさらに落ち、ヨタもさらに強くなりました 本日も狭い洞窟には近寄らず、大きく回りました -24mアーチのブイの付け根付近では大型のマダイの群れやホンゾメワケベラのクリーニングをされているクエに遭遇しました 台風は西に向かっていますので徐々にコンディションが回復してくると思います ここに来てようやく水温が上がってきました 季節来遊魚の目撃情報もボチボチ出始めています 今シーズンはどんな生物との出会いがあるのか、今から楽しみですね〜 ヨタが無くなればまたじっくりウミウシ・フォトダイブを再開したいと思います

8月5日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:22.8〜20.7℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:トビエイ、ホシエイ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、コスジイシモチ、コロダイ、マダイ、クロダイ、テングダイ、イシガキダイ、メジナ、コガネスズメダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、ツノダシ、オトヒメエビ、イボイソバナガニヒロウミウシコトヒメウミウシ、ミツイラメリウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシver.12)、セトイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシアラリウミウシセンテンイロウミウシ、ヒブサミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、セロガタケボリホソテンロクケボリトラフケボリなど

ベニカエルアンコウ

コメント:台風の影響がかなり出てきました 前日まで10mくらい見えていた透視度も半分以下に落ちてしまいました、、、 水路や狭い洞窟はウネリが集中してトイレのフラッシュ状態になってしまうため、近寄れません と、いうことで牛着岩を大きく回りました 1ダイブ目は-24mのアーチからグンカンへ ウネリの影響でウミウシの仲間も隠れてしまい個体数が減っていました 2ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして小牛を一周しました 砂地ではホタテウミヘビ、ムチカラマツではイボイソバナガニ、その他、ベニカエルアンコウなどの小さな生物を観察しました ラスト3ダイブ目は大牛洞窟からグンカンへ 根頭にはコロダイがかたまっていました 早くコンディションが回復するといいですね

8月4日(火)

雲見 タケノコ/オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22.4〜17.0℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、オニカサゴ、クエ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、ワラサ、マアジ、タカベ、イサキマダイ、メジナ、レンテンヤッコ、キンチャクダイ、アオブダイ、ニシキベラ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、スナダコ、スベスベマンジュウガニムラサキウミコチョウ、ヒラミルミドリガイ、コトヒメウミウシ、イガグリウミウシ、ミアミラウミウシ(写真)ニシキウミウシver.123)、キャラメルウミウシver.123)、オセロウミウシアカネコモンウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシリュウモンイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、センテンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ガーベラミノウミウシなど

ミアミラウミウシ

コメント:沖の根リクエストで朝一番の出船 ポイントに到着してみると潜降用のブイがありません、、、 魚探で根を探してのエントリーになりました 潜れど潜れど根が見えません 沖の根の南側のピークなら水深-7mなのですぐに到達するはずなのですが、、、 ぼんやりした根のシルエットに向かって進んでいくと水深-17mでようやく根頭に到達 明らかに沖の根ではなく、タケノコではありませんかっ! それにしても潮がタルんでいたので助かりました〜 イサキ、タカベなどの魚影は濃く、深場では大きなクエにも遭遇しました 機会があったら今度こそ沖の根リベンジしたいところです 2ダイブ目以降は浅場でのんびりダイブ 台風のヨタが軽く入ってきて前日と比べるとコンディションが若干、悪くなりました

8月3日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:22.2〜17.9℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トビエイ、ベニカエルアンコウver.1234)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、ミノカサゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、テングダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、アオリイカ、コウイカの仲間、マルツノガニカメノコフシエラガイテントウウミウシヒロウミウシコトヒメウミウシミツイラメリウミウシイガグリウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシボンボリイロウミウシ(写真)アカネコモンウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシウスイロウミウシアラリウミウシ、ノウメア・ワリアンス、フジイロウミウシ、キイロイボウミウシ、ツノキイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、シロハナガサウミウシスミゾメミノウミウシトラフケボリヒラムシの仲間など

 ボンボリイロウミウシ

コメント:久し振りのお天気になりました 潮色が良くなりコンディションがかなりUPしました! 1ダイブ目は-24mアーチのブイからエントリーしてたて穴〜水路〜湾内のブイというコース取り 地形と生物の両方を楽しみました お天気が良いので水中に差し込む太陽光がとてもキレイでした 2ダイブ目は同じく-24mアーチのブイからエントリーしてグンカンへ 潜降して早々、カンパチの群れに遭遇 海の中もすっかり夏モードになりました 3ダイブ目は三競でウミウシ・フォトダイブ ツノキイボウミウシやボンボリイロウミウシなど雲見ではあまり見られないウミウシとの出会いがありました 今日の1枚はボンボリイロウミウシ 触覚の淡いブルーが実に美しいウミウシです

8月2日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨→曇り 気温:27℃ 水温:22.0〜19.8℃ 透視度:8〜6m

観られた生物:ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、メジナ、カゴカキダイ、イトヒキベラ、クマノミ、ツマグロハタンポ、コケギンポ、ガラスハゼ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、テントウウミウシ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシミツイラメリウミウシ、イガグリウミウシ、キャラメルウミウシver.12)、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ(写真)アラリウミウシキイロイボウミウシツノキイボウミウシスミゾメミノウミウシミノウミウシ亜目の仲間ホソテンロクケボリなど

 リュウモンイロウミウシ

コメント:8月だというのに雨降りでジメジメしています 朝のうちはそうでもなかったのですが、午後から河川からの泥水が流入し港は海水がカフェ・オレのような色になってしまいました でも、沖合いは問題ありませんでした 水面は濁っているものの、雨水は比重が軽いため水深-2〜3mも潜ると視界はクリアでした! 雲見いっぱい潜ろうキャンペーンで本日もガッツリ4ダイブ 特に2ダイブ目の-24mアーチ根頭ではカンパチの群れに遭遇 マアジの群れにアタックをかけているシーンは圧巻でした 50cm程あり、この時期にしては良型のカンパチでしたよ 昨日から水温がググッと上がり潜っていてもホント快適です これからますます雲見のダイビング・シーンが盛り上がってきそうですね!

8月1日(土)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:曇り時々晴れ 気温:27℃ 水温:22.0〜19.8℃ 透視度:10m

観られた生物:サカタザメ、トラウツボ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、オオスジイシモチ、アカネテンジクダイ、サクラテンジクダイ、マアジ、イサキ、テングダイ、メジナ、ニザダイ、ツマグロハタンポ、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、チャガラ、コクテンベンケイハゼ、アオサハギ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビヒメイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ノコギリガニ、ムラサキウミコチョウテントウウミウシヒロウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、イガグリウミウシニシキウミウシver.12)、キャラメルウミウシver.12)、ヘリシロイロウミウシ、コールマンウミウシ、アカネコモンウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシアラリウミウシキイロイボウミウシイボウミウシの仲間、オトメウミウシ、ハクセンミノウミウシ属の一種スミゾメミノウミウシガーベラミノウミウシツノヒダミノウミウシ、トラフケボリなど

 ハクセンミノウミウシ属の一種

コメント:いよいよ今日から8月、夏真っ盛りといいたいところでしたが、お天気は曇りベース 早く夏らしくなって欲しいですね 8月の雲見いっぱい潜ろうキャンペーンがスタートしました 外はなんとなくカラッとしませんが海の中はここに来て水温がググっとUP!夏らしくなってきましたよ〜! 本日はガッツリ5ダイブ 皆さん、お泊りでしたので満腹ダイブをしてきました 潮色が良くなったので地形、中層の魚影、ウミウシなどの小さな生物などオールマイティに楽しめますよ 当店ならコースをアレンジして海の中も渋滞知らずで被写体独占ダイブが楽しめます!フォト派の方は是非、リクエストして下さいね 今日の1枚はハクセンミノウミウシ属の一種です 某ウミウシ・サイトではハクセンミノウミウシ属の一種2として紹介されています 伊豆半島でなんとまだ2例しか報告されていないそうです

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED