じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2012年8月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

8月30日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23.2〜21.8℃ 透視度:12〜6m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンチャクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、オトメベラ、コガネキュウセン、テンスyg、アイゴ、ニザダイ、ミヤケテグリyg、ヒメギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ)、イチモンジハゼ、コクテンベンケイハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、カワハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、アオリイカ、ウミウシカクレエビヒトデヤドリエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イセエビ、カイカムリ、トサカガザミムラサキゴカクガニコトヒメウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシサキシマミノウミウシアヤメケボリホソテンロクケボリ)、セロガタケボリハナヤカケボリ)、トラフケボリ(写真)シロオビコダマウサギベニキヌヅツミなど
※8/30のガイドコース

 トラフケボリ

コメント:沖縄にあった台風のウネリがようやくおさまり静かな雲見に戻りました 一昨日の田子のダイビングで水中カメラのハウジングが壊れてしまったため新しい水中カメラを試してみました 久し振りのおNEWで気分一新です! まず1ダイブ目は今、ウチ的にスタンダードなコースになっているグンカンからエントリーしトレジャーロックでエグジットするコース取り 潜降中、潮色が悪くてビックリしましたが、水深-8〜10m付近からちょっぴりひんやりしたキレイな潮に変わりました まずは根頭のイソギンチャク畑のクマノミでカメラリハーサルをしました そして台風CLOSE後、初めてセナキルリスズメダイと再開しました このエリアではヒトデヤドリエビやウミウシカクレエビ、アカホシカクレエビなどのエビカニの仲間が見られました 砂地では枯葉のようにユラユラ泳ぐテンスの幼魚もいました 2ダイブ目は小牛の裏カドからエントリーして小牛まわりからの湾内ブイでエグジット ウミウサギの仲間や南方系の幼魚たち、そしてエビカニの仲間をチェックしました 小牛横のムチカラマツではガラスハゼが増えましたね 産卵したペアも見られます ヤギ類やウミトサカをチェックしてウミウサギの仲間を探しました アヤメケボリ、ハナヤカケボリ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリ、シロオビコダマウサギガイなど様々なウミウサギの仲間が見られました! 3ダイブ目は湾内ブイからエントリーしてして小牛の裏カドで折り返し元の湾内ブイでエグジット 小牛の横ではメイチダイが群れていました その他、イサキの群れ、スズメダイの群れも見られました 午後は潮が動き出し魚の活性が上がりましたよ 台風のウネリに負けずにミヤケテグリの幼魚は同じエリアで見られました 背ビレを広げた瞬間がシャッターチャンスですね(^O^) 新しい水中カメラはとても使いやすく撮っていて楽しかったですね〜 今シーズンは南方系の魚が多いので海の中がとてもカラフルに感じますね 本当は三競でハタタテハゼがまだいるのかどうかチェックしたかったのですがタイミングが合いませんでした またの機会にチェックしてみます!

8月28日(火)

田子 白崎1/白崎2〜4

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24.2〜23.6℃ 透視度:5m

観られた生物:ウツボ、イシヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、アオヤガラ、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、ネンブツダイ、マダイ、イシダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ブダイ、ホンソメワケベラ、ニジギンポ、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、キタマクラ、アオリイカの卵ヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビ)、イセエビヒロウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、セトリュウグウウミウシイガグリウミウシニシキウミウシアオウミウシヒラムシの仲間など

 ヒメイソギンチャクエビ

コメント:今朝も引き続き、アカウミガメのハッチアウトを見学に雲見の浜に行ってきました そこでバッタリ、ダイビングサービスのスタッフと遭いました お休みでウミガメのハッチアウトを見に来たそうです 残念ながら本日もハッチアウトをならず なかなか思わせぶりですね、、、 でもXデーは間近です! 明日も引き続き、チェックします 海をチェックしましたが昨日より波が高くなっています いや〜今回の台風、大陸の方に抜けたのに強烈なパワーですね、、、 と、いうこちで本日も田子湾内を潜ってきました 田子湾内も海況が悪くなっていました 昨日は弁天島がOPENしていましたが本日はCLOSE、、、(ToT) 潮色も若干、下がってしまいました 1ダイブ目は白崎の1番ブイからスタートしました 昨日、目撃情報のあったクロフチウミコチョウを捜索しましたが見つかりません 是非、見てみたいウミウシですね! 浅場ではサンゴイソギンチャクでヒメイソギンチャクエビやカザリイソギンチャクエビといったグラスシュリンプの仲間をチェック 抱卵した個体もいました\(^^)/ 2ダイブ目は白崎の2番ブイからエントリーして4番ブイでエグジットしました 昨日、見つけたキサンゴカクレエビを見に行きました まずはケーソンブロックでセトリュウグウウミウシをチェック 昨日は離れ離れだったのに今日は交接中でした(@_@。 たった一日で色々な行動をするんですね 毎日チェックして観察日記を付けたら面白そうですね そして昨日、見つけたキサンゴカクレエビ 同じエントウキサンゴをチェックしたのですがなぜか見られませんでした(T_T;) その後、水深を上げてウミウシ探し 転石裏ではヒロウミウシがたくさん見られました そして久し振り?のアオウミウシ 小さかったです  雲見の三競と同じようなロケーションのところがあり、やはりオキナワベニハゼが見られました 4番ブイの先のヒメエダミドリイシの群生地では南方系のチョウチョウウオの仲間の幼魚やソラスズメダイの群れに癒されてきました イシヨウジも見られました! 安全停止中、潜降ロープにはニジギンポがたくさんいたので撮影を試みましたが、ヨタがきつくロープをつかむと体が上下してとても無理でした(´Д`;) 潮自体は悪くないので台風一過に期待ですね!

8月27日(月)

田子 白崎1/白崎1〜2

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26.2〜25.5℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ、ミノカサゴ、イソカサゴ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アケボノチョウチョウウオ、キンチャクダイyg、タカノハダイ、オキゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、コブダイyg、ブダイ、アオブダイyg、ハナハゼ、ダテハゼ、シマウミスウメ、キサンゴカクレエビ、イソバナカクレエビ、アカスジカクレエビ、アカホシカクレエビ、ウデフリツノザヤウミウシ、セトリュウグウウミウシ(写真)イガグリウミウシニシキウミウシ)、コボレバケボリヒラムシの仲間など

 セトリュウグウウミウシ

コメント:前日より海が少し穏やかになりました 弁天島もOPENです 他店情報ではオオモンカエルアンコウの幼魚やヒュプセロドーリス・クラカトアがいるとのことです まず1ダイブ目は白崎1 ピカチュウをご紹介しようと前日、見た場所に行ったのですが、残念ながらいなくなっていました(´Д`;)  ニシキウミウシは幼体と成体の両方が見られました エグジットして港へ戻ると他のグループがクロフチウミコチョウのペアやウデフリツノザヤウミウシを見たとのこと お願いして情報を教えてもらいました そして2ダイブ目は白崎の1番ブイからエントリーしてクロフチウミコチョウとウデフリツノザヤウミウシをチェックしてから2番ブイの沖のセトリュウグウウミウシをGETする作戦にしました 後半、水深が深くなるのでヤル気の12Lタンクを用意して準備万端です クロフチウミコチョウはまだ見たことがないのでテンション上がりました エントリーしてピカチュウは見つかったのですが、クロフチウミコチョウは見つかりませんでした、、、  その後、浅場を移動して2番ブイ過ぎたところで急降下 ケーソンブロックのセトリュウグウウミウシをGETしました 情報通り2個体いました 前からず〜っといる個体なんでしょうかね? いや〜、相変わらずド派手なウミウシです タッチ&ゴーで浅場のエダサンゴの群生地へ 途中、エントウキサンゴをチェックするとなんとキサンゴカクレエビがいるじゃありませんか! いや〜、ず〜っと見たいと思っていたので感動しました ここにいたのか〜ってカンジです(^O^) そしてエダサンゴの群生地で長めに南方系のチョウチョウウオの赤ちゃんやソラスズメダイの群れを眺めてエグジットしました いや〜、最後にサプライズがあった本日の田子でした

8月26日(日)

田子 前浜〜弁天島/白崎1/白崎1〜2

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26.2〜22.5℃ 透視度:8m

観られた生物:ウツボ、アマクサヨウジ、ミノカサゴ、イソカサゴ、オニカサゴ、ワニゴチ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アケボノチョウチョウウオyg、ミナミハタタテダイyg、イサキ、コロダイ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、オハグロベラ、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ、アカスジカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ウデフリツノザヤウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、センテンイロウミウシシロハナガサウミウシハナオトメウミウシホソテンロクケボリコボレバケボリ、ベニキヌヅツミ、コダマウサギガイシロオビコダマウサギガイ、ヒラムシの仲間など

 ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:前夜はBBQで盛り上がり、朝は未明から出発しアカウミガメのハッチアウトを見に行きました 先週の金曜日からスタートして今日で3日目 残念ながら子ガメを見ることができませんでしたが、満点の星空、流れ星、そして朝焼けの中の海越しの富士山は参加して下さいました皆さんの美しい思い出になったことと思います 波打ち際は大きな波が打ち寄せ、雲見CLOSEは火を見るよりも明らかでした さて田子湾内ですがかる〜くヨタが入っていましたが弁天島もOPENでした さて1ダイブ目はお仕事つながりのヤングチームのリフレッシュダイビングで前浜からエントリーしました 中には一年振りの方もいらっしゃいましたが、ブランクを感じさせない落ち着きようでした(^O^) 続いてはフォトチーム 白崎の1番ブイからエントリー  白崎はほとんどウネリを感じませんでした バニー系やイソバナカクレエビなどのマクロ系をご紹介 コケムシを摂食中のピカチュウに会うこともできました〜 3ダイブ目は白崎の一番ブイからエントリーして2番ブイでエグジット リクエストのピカチュウやヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地で 南方系のチョウチョウウオの赤ちゃんを観察しました 皆さん、上手に中性浮力をとっていました(^-^) ラスト4ダイブ目は再び1番ブイへ 水温が高すぎるのかウミウシの密度が薄いため水温がやや低めの深場をご案内しました 1番ブイ西のムチカラマツ林まで行ったのですが、どうもパッとしませんでした アカヤギの仲間にはイソバナカクレエビとアカスジカクレエビが見られました砂泥地では久し振りのワニゴチ いつ見てもユニークな顔立ちです(^O^) 明日も田子湾内をウミウシリクエストで潜ります

8月25日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24.9〜23.6℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、イタチウオ、ゴンズイ、イソカサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、アカハタ、サクラテンジクダイ)、ネンブツダイ、ヤセ アマダイ、イナダ、ヒレナガカンパチ、タキゲンロクダイyg、イサキ、コロダイテングダイ、ミスジスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイツマグロハタンポ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼ、ハナハゼ、ホシノハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスウメ、ウミスズメ、キタマクラ、ヒトデヤドリエビムチカラマツエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイガグリウミウシキカモヨウウミウシセンテンイロウミウシコイボウミウシツマニケボリソリキヌヅツミベニキヌヅツミ)、シロオビコダマウサギガイなど
※8/25のガイドコース

 ミスジスズメダイ

コメント:お天気は良いものの台風15号の強烈なウネリが雲見にも入ってきました(T_T;) と、いうことで狭い通路や洞窟はパス 1ダイブ目はグンカンからエントリーしてトレジャーロックでエグジット 南方系の魚や生物をご紹介しました 潜降して根頭集合して早々、イナダがやってきました 今シーズン生まれたテンジクダイ科の幼魚が群れていますのでそれを狙って回遊魚ラッシュになることでしょう セナキルリスズメダイやヤセアマダイ、ミスジスズメダイなどをご紹介しました  トレジャーロックでは大きめサイズのキカモヨウウミウシも見られましたよ! 2ダイブ目は-24mアーチからエントリー 小牛まわりの湾内ブイでエグジット 中層の魚影、大物と水底、岩肌のマクロ系の両方を欲張って潜りました -24mアーチではお約束のテングダイのペアにご挨拶 小牛の沖側ではヒレナガカンパチの群れに遭遇しました 浅場はかなりヨタがキツく特にミヤケテグリの撮影は厳しかったですね、、、 ツマニケボリやシロオビコダマウサギガイなどのバニー、イソバナカクレエビは大〜小までいっぱい見られました ラスト3ダイブ目はヨタを避けて大牛の洞窟へ 少なくなりましたがまだ口内保育中のサクラテンジクダイがいますのでご紹介しました 今回、2ダイブで終了されたダイバーの方からオリンパスPENをお借りする機会に恵まれ、試してみましたがクローズアップレンズを併用すると魚からウミウシ、エビカニまでなんでも対応できる感じがしました ついついボクが楽しんでしまいました(笑) 明日は雲見、CLOSE予想です 田子湾内をじっくりエグります!

8月24日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24.3〜22.7℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ノコギリヨウジ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、 メジナ、イシダイ、イシガキダイ、キンチャクダイygタキゲンロクダイyg、オキゴンベ、ウイゴンベクマノミミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイyg、ナガサキスズメダイセナキルリスズメダイ、キュウセン、コガネキュウセン、オトメベラ、ムナテンベラ、モンツキベラyg、ニザダイ、ニセカンランハギyg、 モンツキハギ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼ)、オキナワベニハゼハタタテハゼ(写真)、コクテンベンケイハゼ、ウミウシカクレエビ)、ヒトデヤドリエビイソバナカクレエビ)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビカイカムリナマコマルガザミ、 ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ニシキウミウシ)、イガグリウミウシ、イシガキウミウシ、ハクセンミノウミウシミチヨミノウミウシフジエラミノウミウシアヤメケボリセロガタケボリトラフケボリベニキヌヅツミなど
※8/24のガイドコース

 ハタタテハゼ

コメント:う〜ん、台風のヨタが入ってきましたね、、、 本日のガイドコースに入っていなかったので行ってないのですが、水路は通行できそうですが三角穴は厳しいかもしれません(ToT) まず1ダイブ目はウチ的に今、旬のガイドコース、グンカンからエントリーしてロッカク岩を経由してトレジャーロックでエグジットしました デジイチ・ダイバーとご一緒しましたので南方系の幼魚たちやエビカニの仲間を中心にじっくりフォトダイブをご案内いたしました ボクが持参しているコンデジでは証拠写真しか撮れないセナキルリスズメダイをはじめ、極小サイズのヒトデヤドリエビや今シーズン大発生しているイソバナカクレエビ、季節モノのウミウシカクレエビなどバッチリ撮影して頂きました 朝イチは思ったより潮がかかっていました 続いて2ダイブ目は小牛の裏からエントリーして小牛まわりの湾内ブイでエグジット ミヤケテグリやウミウサギの仲間、エビカニや南方系の魚を中心にご案内しました 小牛まわりのムチカラマツにはガラスハゼがあちらこちらで見られますね 産卵したペアも見られます ムチカラマツのポリプがかじり取られたような部分に卵が産みつけられていますので機会があったら是非、観察しましょう! ミヤケテグリは本日も2個体 大好きな南の魚です ラストは三競でフォトダイブ ヨタがキツく地形派の方の洞窟ダイビングには厳しいコンディションでしたが、今回は洞窟には全く入らない完全フォトダイブでしたのでコンディション的には全く問題ありませんでした 今月13日から1番洞窟前で見つけたイロカエルアンコウ、今日は見つけられませんでした〜 ムスジコチョウダイの幼魚もどこかにいなくなってしまいました 台風のウネリの影響でしょうか? そのかわり昨日、見られなかったというハタタテハゼ、ペアで見られました 理想はペアで並んで背ビレをピーンと立てている図柄ですが、なかなかうまくいきませんね それにしても本当に可愛いハゼですね! その他、オキナワベニハゼやハクセンミノウミウシ、ニシキウミウシなどが見られました 2.5番のハング前では最近、ハッチアウトしたテンジクダイ科(ネンブツダイかクロホシイシモチ)の幼魚がぶわ〜っと群れていて、そこにジンタ(アジの子供)やイサキのちびっこが混泳してとっても癒されました 本日の一枚はなんといってもオススメのハタタテハゼです!

8月23日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:24.5〜22.2℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ)、メイチダイイシダイ、チョウチョウウオ、シラコダイ、オキゴンベミナミゴンベ、タカノハダイ、ミギマキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ(写真)ミヤケテグリ)、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼ)、コクテンベンケイハゼ、アオサハギ、カワハギ、キタマクラ、シマウミスウメ、ウミウシカクレエビヒトデヤドリエビイソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビ)、ベニホンヤドカリカイカムリナマコマルガザミヒロウミウシコトヒメウミウシニシキウミウシセンテンイロウミウシアヤメケボリテンロクケボリトラフケボリベニキヌヅツミなど
※8/23のガイドコース 牛着岩で海猿が訓練をしていました\(◎o◎)/!

 セナキルリスズメダイ

コメント:今日は暦の上では処暑 そろそろ暑さが終わるという日ですが本日も残暑が厳しい一日でした(^_^;) 台風14、15号の影響が気になっていましたが、今のところさほど影響は出ていないようです 浅場はウネリがありましたが、それが台風のウネリなのかそうでないのかはちょっとわかりませんでした 水底の水温がやや上がったのが朗報です! ただ潮流が速いのでエントリー時に離反しないように注意しましょう! 1ダイブ目はグンカンからエントリーしてロッカク岩経由でトレジャーロックでエキジットしました 根頭のクマノミはイソギンチャクからかなり離れた中層を泳いでいました 野球だったらリードが大きすぎて牽制で刺されていますね(^O^) ここではカイカムリやアヤメケボリ、ヒトデヤドリエビやセナキルリスズメダイなどが見られました ウミウシカクレエビは宿主のアカオニナマコがなかなか見つからず苦戦、、、 なんとか一個体、GETできました(;^_^A 続いては小牛の裏からエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ このラインもマクロ系が多いですね 潜降中、イサキの群れが中層を気持ちよさそうに泳いでいました 一昨日、見つけたミヤケテグリは今日も2個体、見られました 毎年やってくる死滅回遊魚ですが、大好きな生き物なのでこの時期を心待ちにしていました〜o(^o^)o  ここではイソバナカクレエビやカイカムリ、ウミウサギの仲間が見られました いよいよ明朝からアカウミガメのハッチアウトをチェックします 今週、来られる方々が見られるこを祈ってます!

8月21日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:23.9〜20.7℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビイロカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、ツムブリyg、マアジ、イサキ、コロダイ、コショウダイムスジコチョウダイyg、マダイ、メイチダイ、イシダイ、イシガキダイ、ウミヒゴイ、キンチャクダイ、ミギマキ、オキゴンベ、ウイゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オヤビッチャ、ソラスズメダイミヤケテグリ)、ヒメギンポニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ)、オキナワベニハゼ、ベニイソハゼ、ハタタテハゼ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、アオリイカ、ウミウシカクレエビ(写真)イソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ()、カイカムリ)、モクズショイムラサキゴカクガニキモガニトサカガザミヒメサンゴガニ属の一種スベスベマンジュウガニセンテンイロウミウシサキシマミノウミウシツグチガイチヂワケボリトラフケボリホソテンロクケボリアヤメケボリベニキヌヅツミウミウサギガイ科不明種など
※8/21のガイドコース

 ウミウシカクレエビのペア

コメント:今日もうだるような暑い一日でした ネタ探しでコン・コン・コンと3ダイブして来ました 依然、表層と中層から水底の温度差があります まず1ダイブ目はミヤケテグリの幼魚を探しにロッカク岩からエントリーしました 例年ミヤケテグリが登場する大牛の沖側の岩のくぼみを丹念にチェックしました ここでは残念ながら見つけることはできませんでした イソギンチャクやヤギ類でエビの仲間を探しました アカホシカクレエビやイソバナカクレエビなどが見られました 大牛をまわりながらブイへ向かう途中でウミウシカクレエビをGET! しかもペアでした まだ一度もペアで写っているシーンを撮影したことがなかったので今回、撮影できてテンションがかなり上がりました(笑) 湾内ブイでは今日もコショウダイの群れがいました いや〜、カッコいいですね〜! 続いては今、おおいに盛り上がっている三競を潜りました 先週の月曜日に見つけた黄色いイロカエルアンコウは今日も健在でした この近くで見られていたモンツキハギの幼魚は今日は見つかりませんでした  さらにムスジコチョウダイの幼魚 今日も元気にカラダをクネらせていました そしてハタタテハゼ ボクは2個体しか見ていないのですが、3個体いるとの情報も上がっていました 今日チェックしたらなんと1個体しか確認できませんでした、、、 なんかヤバい雰囲気じですね 見たい方は是非、お早めに! そして2.5番の住民、オキナワベニハゼ ダイバー慣れしたのかそ〜っとアプローチすればかなり接近できますよ! ラスト3ダイブ目はダイビングサービスの研修生を連れて小牛をまわりました マクロ系を中心にじっくり潜ってきました カイカムリやイソバナカクレエビ、ウミウサギの仲間をチェックしてきました 台風が2つできましたが、まだウネリなどの影響は全くでていませんでした

8月20日(月)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:22.1〜19.9℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ウツボ、カンパチ、タカベ(写真)イサキ、マダイ、ハマフエフキ、イシダイ、テングダイキホシスズメダイ、ホンソメワケベラ、アオブダイ、ブダイタカノハダイ、ハコフグ、ハリセンボン、イボベッコウタマガイなど

 タカベの群れ

コメント:平日リクエストで神子元に行ってきました このところややハンマーの出方は渋いようですが、神子元はハンマーだけではないので久し振りにワイドな海を楽しんできました 1ダイブ目はカメ根からエントリーしてひたすら泳ぐコース ここのところタカ根のさらに南でハンマーの目撃情報が上がっているとのことでした イサキやタカベをかき分け中層をブルーウォーターダイビング 雲見ではなかなか味わえないワクワク感です 約30分の潜水でシグナルフロートをうって浮上しました ボートの上ではクルーの人達と格闘技の話で盛り上がりました(笑) 続いて2ダイブ目も再びカメ根を潜りました 潮も1ダイブ目よりタルみ前半はエリア内でのんびりまったり タカベやイサキ、カンパチをウォッチ 銭洲で見られるキホシスズメダイが普通に群れいました 後半はまた中層をブルーウォーターダイブ 同じく約30分の潜水でした ハンマーやメジロザメを見ているチームありました いや〜、いるんですよね 見たかったなぁ〜 でもこのワクワク感がホント、たまりませんねぇ〜 またチャレンジします!

8月19日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23.6〜20.1℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、イロカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ7、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マアジ、カンパチ、イサキ、コロダイ、コショウダイ(写真)ムスジコチョウダイygマダイテングダイイシダイ、クマノミ、セナキルリスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ムナテンベラ、コブダイ、ブダイ、ツマグロハタンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ、イチモンジハゼ、オキナワベニハゼハタタテハゼ、クロユリハゼ、ソウシハギ、ハコフグ、シマウミスズメ、ウミスズメ、ハリセンボン、キタマクラ、ヒトデヤドリエビイソバナカクレエビカイカムリサンゴガニチヂワケボリなど
※8/19のガイドコース

 コショウダイの群れ

コメント:今日も暑い一日でした リフレッシュダイブ&ナイトロックスの講習です まず1ダイブ目はブイからエントリーして小牛まわり 潜降ロープ周辺にもイサキが群れています 小牛前ではイソバナカクレエビやカイカムリ、コケギンポの仲間、ガラスハゼなどマクロ系をご紹介 運試しで小牛洞窟沖のクリーニングステーションへ 残念ながら今日はクエが来店していませんでした 中層はイサキ、マアジが群れています サプライズ(大型回遊魚の襲来)がないかとしばらく根待ちしました その後、H型のアーチへ向かうとここでクエに出会いました クレバスはマアジがごっちゃり とても食べ切れる数ではありません(笑) 水路の前では大きなソウシハギがいました そして緊急減圧用のタンクのまわりにはイスズミの群れが と、思いきやコロダイの群れ でもなくなんとコショウダイの群れでした〜\(^o^)/ 単体はコリンズブイの近くで見られるのですが群れで見たのは初めてです! いや〜、カッコいい(^o^) そして2ダイブ目は名とロックスの講習で牛着岩の沖合いをワイドに潜りました -24mアーチブイからエントリーしてまずはテングダイのペアにごあいさつ その後、今シーズン初めてのモロコ根へ モロコ根には大型のマダイがうじゃうじゃ群れていました なんでこんなにいっぱいいるんでしょう? 真っ黒な老成魚にガブリ寄りして激写しました ヒラ根〜西根〜トビ根〜グンカンへ 気持ちよく潮に乗って移動したのでエアーに余裕があります ナイトロックスなので減圧不要限界にも十分な余裕がありました そしてここからコブ根へ 真っ白な砂地がとてもキレイでした〜 グンカンでは先日、見つけたヒトデヤドリエビやとってもキレイなセナキルリスズメダイをご紹介 根頭にはクマノミがたくさんいました 本日は2ダイブで終了だったのですが、どうしてもハタタテハゼを見たくてお客様にはゆっくり休んで頂き、三競をジブンのために潜って来たのでした(笑) いや〜ハタタテハゼ、かわいかった〜 その他、カンパチやハナタツ、ムスジコチョウダイ、イロカエルアンコウなどが見られました 三競も生物が多いですね〜

8月17日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:30℃ 水温:26.5〜21.3℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イロカエルアンコウハナタツイタチウオナミマツカサ、キンギョハナダイ、クエ(写真)、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、コロダイ、ムスジコチョウダイ、イシダイ、イシガキダイ、マアジ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニシキベラ、オハグロベラ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、ヒメユリハゼyg、オグロクロユリハゼyg、モンツキハギ、ハコフグ、シマウミスズメ、キタマクラ、ウミウシカクレエビヒトデヤドリエビイソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、ヒメサンゴガニ属の一種コトヒメウミウシホソテンロクケボリアヤメケボリなど
※8/17のガイドコース

 クエ

コメント:本日もがっつり4ダイブしてきました〜 まずまずの凪でしたが流れはちょっと速くウネリは昨日より少し強くなっていました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜H型の洞窟〜たて穴〜迷路のような洞窟〜湾内ブイという地形ダイビング マアジの群れや大きなクエ、良型なカンパチの群れが見られました! 朝イチの透明度はバッチリでした 2ダイブ目はグンカンからエントリーしロッカク岩、大牛のカドを経由してトレジャーロックでエキジットするコース取りです 根頭のサンゴイソギンチャク&オオサンゴイソギンチャクの群生地でクマノミとミツボシクロスズメダイをウォッチ その後、昨日のダイビングで見つけたセナキルリスズメダイをご紹介 あまり馴染みがないのですが2日連続で見られたということは同じ場所に定着するタイプなんでしょうか? 大牛の端をかわしトレジャーロックではオススメのウミウシカクレエビを見ました 通称バルタン星人のヒトデヤドリエビ、通称ウルトラマンのウミウシカクレエビが1ダイブで見られるという面白い組み合わせでした 3ダイブ目は三競で地形&生物ダイブ 今週月曜日に見つけたイロカエルアンコウはほぼ同じ場所で見られました エスカをブンブン振っていたので摂食シーンアゲインと期待しましたが早々、うまくはいきました、、、 2.5番では昨日の情報通り、ハタタテハゼのペアが見られました 三競では通算、2回目の観察です 去年もハタタテハゼを見ていますが場所はグンカンのハングでした 3番洞窟をご案内した後、エキジットエリアへ シグナルフロートをうって安全停止中、良型のカンパチの群れに100匹以上の遭遇 圧巻でした〜! ラスト4ダイブ目も三競です ウネリが強かったので4番洞窟はパスしましたが5番はほとんどウネリの影響を受けていませんでした ここでもカンパチの大群に遭遇 クロホシイシモチの群れが突然、逃げ惑っていたので何かと思いきや、銀河系軍団が来襲しました 写真は撮れませんでしたが、カンパチは高確率で遭遇しています 本日の1枚はメーター級のクエです 普段、マクロ系のフォトを見出し使っているのでウチ的にはちょっと珍しいかもしれませんね
   

8月16日(木)

雲見 牛着岩/オオ根/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24.8〜19.8℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:サカタザメ、ウツボ、ホタテウミヘビ、イロカエルアンコウ、イタチウオ、ナミマツカサミノカサゴyg、オニカサゴ、ハオコゼ、カタクチイワシ、ネンブツダイ、キンチャクダイyg、カンパチコロダイ成魚幼魚)、ムスジコチョウダイyg、ヨコシマクロダイyg、メイチダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、セナキルリスズメダイ(写真)、キュウセン、オハグロベラ、テンスyg、ヒメギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間オキナワベニハゼ、モンツキハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、ウミウシカクレエビイソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、カイカムリ、トゲアシガニ、サガミイロウミウシアヤメケボリハナヤカケボリトラフケボリベニキヌヅツミなど
※8/16のガイドコース

 セナキルリスズメダイ

コメント:昨日、浮島のボートポイントは冷たい潮が入ってきたとの情報を得ていましたが、雲見も昨日から冷たい潮が入ってきたようです 1ダイブ目はグンカン洞窟&-16mアーチなどの地形&ミヤケテグリ、ウミウシカクレエビといったマクロ系の組み合わせで潜りました 潜降してみてまず「冷たいっ!」と心の中で叫んでしまいました(+o+) でも潮色はバッチリです 根頭のイソギンチャク畑でクマノミやミツボシクロスズメダイを観察した後、水深を下げました すると見慣れない鮮やかなブルーとイエローの魚がいました なんとセナキルリスズメダイ ボク的には伊豆半島で初めて見ました イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビをウォッチした後、ミヤケテグリとウミウシカクレエビをチェック 今までセットで見られたのですがミヤケテグリは本日、お出掛け中でした、、、 明日は逢えるかな? 2ダイブ目はOWD講習のファイナル、ダイブ4をオオ根で実施しました スキルはバッチリ 特にコンパスナビが得意とのこと!? 結構、苦手なヒトが多いんですけどね 砂地ではでっかいテンスが2個体 シラスを追ってカンパチの群れが入っていました 浅いのでヌクヌクでした〜♨ 3ダイブ目は三競4番〜2番洞窟で地形&生物ウォッチ 今日もイロカエルアンコウは健在でした お客様が撮影中、ライティングをしていたのですがイロカエルアンコウがエスカをブンブン、振りまくっています あれ〜、どうしたのかなぁ〜?なんて思いつつウォッチしていたらエスカに誘われてイソハゼの仲間がケロちゃんの前に その時、ケロちゃんがイソハゼをパクリっ! ホント、一瞬の出来事でした いや〜、コーフンしましたぁ〜 他店情報ですが、2.5番ハタタテハゼが2個体いる模様 明日、早速チェックします! ラスト4ダイブ目は小牛前でじっくり生物ウォッチング カイカムリやイソバナカクレエビLサイズ、ハナヤカケボリなどをご紹介しました OWD講習、修了おめでとうございます! 明日もファンダイブ、楽しんできま〜す

8月15日(水)

浮島 ビーチ

天候:晴れ時々曇り 気温:29℃ 水温:26.9〜25.1℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、アオヤガラ、マハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイムラサキハナギンチャクの根元にいた魚ハタタテダイ、マアジ、イサキ、コロダイ yg、マダイ、ハマフエフキ、イトフエフキ、イシダイ yg、ヨメヒメジ、アカヒメジ、アカカマス、ソラスズメダイ、スズメダイ、キュウセン、ニシキベラ、オハグロベラ、テンスyg、ブダイ、ツマグロハタンポ、ニセカンランハギ、トビヌメリ、アミメハギ、カワハギ、 アオリイカ()、ソメンヤドカリ、ヒラミルミドリガイキャラメルウミウシ、アカネコモンウミウシ、ウスイロウミウシキイロイボウミウシシロハナガサウミウシホリミノウミウシ属の一種など

 キャラメルウミウシ

コメント:OWD講習とファンダイブを浮島で開催しました 海水浴シーズン真っ只中ということもあり、ビーチや海の家は大賑わいでした ただダイバーはそれほど多くなかったのでじ〜〜っくりスキルの練習ができました! 午前中は素晴らしい潮色でした いたるところでコロダイの幼魚がクネクネとダンスしているシーンに遭遇しました マアジの群れが入っていて太陽光に反射する銀鱗がとてもキレイでした その他、テンスの幼魚、カマスの群れ、ニセカンランハギの幼魚などが見らえました 無事、限定水域セッション全てとオープンウォーター・トレーニングダイブの2と3が終了しましたので明日はいよいよファイナルです! ようやく15:40過ぎからファンダイブを開始 1ダイブでしたがビーチを70分、じっくりフォトダイブしてきました ドラゴンホールでは大きくてキレイなキャラメルウミウシがペアで見られました その他、Dサービスから情報を頂いていたアカネコモンウミウシもばっちり見られましたよ〜♪ そして帰りに 砂地から出ていたムラサキハナギンチャクの根元をチェック マルガザミがいないかなぁ〜と思ったのですが、なにやらちっちゃい魚がいました 初めはクロイシモチかと思ったのですが、なんか違う感じがします 一体、何なんでしょう? エキジットしてみたら時計はもう17:00近く 陽が伸びたし、浮島はとにかく時間がゆっくり過ぎてゆくので癒されますね〜 本日の1枚はドラゴンホールで撮影したっでっかくてかわいいキャラメルウミウシです 雲見でもこんなかわいい個体が見られないかなぁ〜

8月14日(火)

雲見 牛着岩/赤井浜/三競

天候:雨→晴れ 気温:28℃ 水温:27.4〜23.7℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:イロカエルアンコウ、イタチウオ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、クエ、ネンブツダイ、カンパチ、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイ、クマノミ、キュウセン、オハグロベラ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間オキナワベニハゼ、モンツキハギ、ニザダイ、アイゴ、カワハギ、アミメハギ、キタマクラ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビオトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、カイカムリ(写真)、トゲアシガニ、キイロイボウミウシウミウサギガイ、コダマウサギガイなど
※8/14のガイドコース

 カイカムリ

コメント:朝から激しい雨、雷に見舞われました 風もやや吹いていて荒れ模様の中のスタートでした まず1ダイブ目は7月末にOWDコースを修了し、今回が初ファンダイブの方々とご一緒しました 雷と豪雨で海の中は真っ暗でした、、、 それでもH型のアーチを抜けるとものすごい密度のマアジの群れ いや〜、圧巻でした! 地形三昧のダイビングを堪能し、湾内ブイでエキジットしました 2ダイブ目は毎年お盆休みに遊びに来て下さるママさんダイバー でも今年はなんと高校1年の息子さんがダイバーデビューしました 赤井浜の足のつく浅場でスキルの練習をした後、水深-6mに設置したフロートのまわりで遊びました 空が明るくなって海の中もキレイでした たくさんの魚が見られましたね〜 さすがスイミングをやっていただけあって水慣れしていて超余裕でした 続いて3ダイブ目は小牛の洞窟をご案内しました その前に小牛前でじっくりマクロ系のフォトダイブ 昨日までいた抱卵中のアカホシカクレエビがいなくなり、かわりに極小サイズのアカホシカクレエビがいました イソバナカクレエビや当店オススメのカイカムリは健在でした 小牛の洞窟ではイタチウオやイセエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、ムスメウシノシタなど洞窟の住民をご紹介しました ラスト4ダイブ目は三競で洞窟ダイビングです 5番〜2番の順路でご案内しました 4番洞窟を楽しんだ後、昨日ご一緒した方が見たイロカエルアンコウを探しました その後、行った3番洞窟のエアードームでは一同、大感動 いや〜、洞窟ダイビング最高ですね 2.5番のオキナワベニハゼ、2番のウミウサギガイを見た後、沖出ししてエキジットエリアへ シグナルフロートをうって50分の冒険を楽しみました 明日は浮島で講習です! ボクも一緒に楽しんできま〜す(^o^)

8月13日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:25.7〜23.5℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビイロカエルアンコウ(写真)、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ムラソイ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ,イシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ミギマキ、タカノハダイ、ツノダシ、モンツキハギミヤケテグリヒメギンポニジギンポコケギンポの仲間、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、コウイカの仲間、ウミウシカクレエビ)、イソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、コマチコシオリエビカイカムリ、モクズショイ、トゲアシガニ、アリモウミウシの仲間ヒロウミウシウミウサギガイアヤメケボリチヂワケボリハナヤカケボリベニキヌヅツミなど
※8/13のガイドコース

 イロカエルアンコウ

コメント:本日、地形&マクロ・フォトでじっくりのんびり3ダイブしてきました 昨日はボク自身、今シーズン初のミヤケテグリやリクエストのウミウシカクレエビ、そして夏にもかかわらずウミウシの仲間がたくさん見られて至福の一日でした さてさて今日はどんな生物達がみられるんでしょうか? まず1ダイブ目は前日のラストダイブでおおいに盛り上がったミヤケテグリ&ウミウシカクレエビ狙いのコース エントリーして早々、小さなウミウシカクレエビを発見 今シーズン4個体目です さらにいつもアヤメケボリを見ているヤギに新たにイソバナカクレエビが付いていました! 今まで気が付かなかっただけなんですかね? 砂地ではホタテウミヘビ、岩場ではエビカニの仲間やウミウサギの仲間を紹介しつつトレジャーロックへ 前日、見つけたミヤケテグリとウミウシカクレエビは健在でした〜 ミヤケテグリ全長が5mmくらい ちっちゃいのでまだ色が白がちでとってもカワイイですよ〜! 続いて2ダイブ目は小牛の裏からエントリー クリーニングステーションでクエを狙うも空振り 中層の魚影や手元足元のマクロ系をせわしなく探しました イソバナカクレエビ、うじゃうじゃですね この1ダイブだけでLサイズが3個体、S&Mサイズが3個体と合計6個体も湧いていました 人気のカイカムリや久し振りに擬態の名手、ハナヤカケボリをご紹介 じっくり撮影して頂きました ラスト3ダイブは洞窟&マクロで三競へ 2番〜4番洞窟を流しました 先だって見つけたクセニアウミウシ属の一種3は見られませんでしたが、三競で初めてチヂワケボリを見ました う〜ん、キレイですね〜 久し振りにTHEウミウサギガイも見られました ユビノウトサカを摂食中でした オキナワベニハゼもダイバー慣れしていたガブリ寄りで接写しました そしてエキジット間際に、プチ・ミラクルが起こりました なんと7月5日以来、1ヶ月以上も見ていなかったカエルアンコウの仲間をGETしました イロカエルアンコウの超美人さんです 黄色い個体は久し振りですね〜 明日も逢いに行くから待っててね〜(*^_^*)

8月12日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26.0〜22.8℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、ワカウツボ、ホタテウミヘビ、アマクサヨウジ、ノコギリヨウジ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ニジギンポ、テンクロスジギンポコケギンポの仲間ハシナガウバウオガラスハゼ、ベニイソハゼ、イチモンジハゼ、フトスジイレズミハゼ、ハナハゼ、ウミウシカクレエビイソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、カイカムリ、モクズショイ、ノコギリガニ、ベニイシガニ、マルタマオウギガニモンガラキセワタヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、センヒメウミウシセンニンウミウシトサカリュウグウウミウシイガグリウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシジュッテンイロウミウシセトイロウミウシコイボウミウシホリミノウミウシ属の一種7アオウミウシ科の一種3、セスジミノウミウシ、トラフケボリアヤメケボリ)、ベニキヌヅツミ)、ソリキヌヅツミホシキヌタなど
※8/12のガイドコース

 ミヤケテグリyg

コメント:引き続きベタ凪でコンディション良好です 秋のベストシーズンのようなコンディションです 夏真っ盛りで外気温が高いので海の中はホント、気持ちいいです(^◇^) 本日、ウミウシ・チームとエビカニ などのマクロ・チームの二本立てです まず1ダイブ目はウミウシ・チームとコーヂーコーナーを60分、がっつりダイブ スマイル君ことテンクロスジギンポがケヤリムシのチューブ管でお出迎え そしてここにもいました、トサカリュウグウウミウシ! 全長5mm以下と極小ですが、鮮やかなオレンジ色にアイキャッチされます 季節柄、ボリュームはやや薄めでしたがそれでも たくさんのウミウシが見られました〜 続いて2ダイブ目はエビカニなどのマクロチームとご一緒しました 小牛前の湾内エリアのみでもはや雑魚キャラになりつつあるイソバナカクレエビや人気のカイカムリ、抱卵中のアカホシカクレエビなどをじっくり撮影しました 潮色よく、温かいので潜っていて気持ちよかったですね〜 3ダイブ目は再び、ウミウシ・ダイブをしました コーヂーコーナーからロッカク岩まで60分かけてヌラヌラと流しました  寒い時期よりもウミウシ密度が薄くなっているだけに河岸を変えて気分転換しました 夏っぽいウミウシのセンニンウミウシが見られました ラスト4ダイブ目はウミウシカクレエビのリクエストでロッカク岩からトレジャーロックまで流しました でも実は心の中では常にミヤケテグリを探していて、まわりの現地ガイドさん達にミヤケテグリ情報を日々、確認していました -16mアーチ近くのヤギではイソバナカクレエビが3個体 例年、こんなにいたっけかな〜という感じです(^_^;) そしてウミウシカクレエビをチェック ところが、宿主がいなくなっていました ガーン((((゚Д゚)))) 気を取り直して探すとなんと密かに探し続けていたミヤケテグリの幼魚(1cm以下)がいるではありませんか! そしてそのそばには大きなウミウシカクレエビ! いや〜、こんなこともあるんですね〜 生物が充実してきましたね あとはカエルアンコウの仲間の登場が待たれますね〜 じっくり見られてしっかり撮れるガイドをご提供しています(^o^)

8月11日(土)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:曇り 気温:31℃ 水温:26.4〜24.5℃ 透視度:12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナタツ)、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キンギョハナダイ、クエ、オオモンハタ、アカハタ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ツマグロハタンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、オキナワベニハゼベニイソハゼ、イチモンジハゼ、フトスジイレズミハゼ、ベンケイハゼ、コウイカの仲間ムチカラマツエビ)、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、フトユビシャコモドキ属の一種モンガラキセワタツノクロミドリガイヒロウミウシコトヒメウミウシサガミリュウグウウミウシクロスジリュウグウウミウシ亜科の1種)、ミドリリュウグウウミウシ(写真)、コミドリリュウグウウミウシ、トサカリュウグウウミウシイガグリウミウシミヤコウミウシニシキウミウシヘリシロイロウミウシアオウミウシウスイロウミウシジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシマドレラ・フェルギノーサナンヨウウミウシ、シロミノウミウシ、ハクセンミノウミウシサキシマミノウミウシミノウミウシ亜目の一種6スミゾメミノウミウシクセニアウミウシ属の一種3イボヤギミノウミウシムギメシミノウミウシオショロウミウシ属の一種9ベニキヌヅツミソリキヌヅツミなど
8/11のガイドコース

 ミドリリュウグウウミウシ

コメント:水温、潮色ともUPし、素晴らしいコンディションに恵まれました 本日、ウミウシ・リクエストで60分×4本勝負でがっつりエグってきました(笑) まず1ダイブ目はコーヂーコーナー ここはやはりテッパンですね〜 キレイなイロウミウシの仲間がザクザク見られました センテンイロウミウシとイガグリウミウシが特に目につきました 2ダイブ目は小牛の洞窟からクレバスをねちっこく潜ってきました バライロマツカサウミウシのリクエストがありましたので探したのですが今シーズンは宿主がないんですね、、、 残念ながら見つけることができませんでした ただ常に意識して潜るようにしますので近いうち、見つけられると信じています 小牛の洞窟前ではやや大きなナンヨウウミウシが見られました 3ダイブ目はクセニアウミウシ属の一種3狙いで三競を潜りました いや〜、先だって見た場所に今日もいてくれました それにしてもなんとも美しい南方系のミノウミウシですよね コイツを見ると夏を感じずにはいられません その他、3番洞窟の壁でイボヤギミノウミウシを見つけました ラスト4ダイブ目はトサカリュウグウウミウシ狙いで黒崎リュウグウ城へ リュウグウ城へ向かう途中でハナタツを2個体GET そしてシーズンINしましたね〜 リュウグウ系がたくさん見られましたよ〜 そしてご一緒した方がお目当てのトサカリュウグウウミウシを見つけて下さいました 眼のいい方とご一緒するとホント、たくさん見られますね そして本日の1枚はミドリリュウグウウミウシです こちらも南方系のウミウシでいるところにはザクザクいて雑魚キャラ扱いされていることもありますがボク自身、伊豆では初めて見ました〜(^o^) 夏場に入りウミウシ密度がうやや薄くなってきましたが、それでも本日28種のウミウシをGET! 雲見のポテンシャル、高すぎです(喜)

8月9日(木)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:28.0〜27.4℃ 透視度:10m

観られた生物:ボラ、アカカマス、クロホシイシモチ、マダイ、ハマフエフキ(写真)、イトフエフキ、ヨメヒメジ、クロサギ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、 キュウセン、ニシキベラ、オハグロベラ、キイロハギ、カエルウオ、サビハゼ、クツワハゼ、カワハギ、キタマクラ、アオリイカの卵、ヒメイソギンチャクエビ、トコブシ 、サザエなど
※体験ダイビングでご一緒した方々

 ハマフエフキ

コメント:本日は体験ダイビングのプログラムを浅場のプールが利用できる浮島で実施しました 海のない県から来られたご家族でしたので今日のお天気と凪は最高のご褒美になったのでしゃないでしょうか? お父様と小学5年生の息子さんがご参加下さいました 陸上で体験ダイビングについてのご説明をした後、浅場のプールでスキルの練習をしました 小学生にはタンクが大きすぎて放っておくとゴロンゴロンと体勢が崩れてしまいますが、カラダをキッチリ押さえて練習をしてみるとレギュレータリカバリー&クリアは元よりマスククリアもバッチリでしたね お父様もスキルの方がキッチリできましたのでプール練習が終わった後、20分休憩でさっそく海の方をご案内しました いざ、海に入ってみると!?、、、透明度がサイコーじゃあないですか! しかも水が温かいです 小学5年生はソラスズメダイの群れを見た瞬間にスイッチON タンクの首ねっこを押さえていないとどこへ行ってしまうかわかりません(爆) そのくらい夢中で楽しんでくれました エキジット後に何分、潜っていたのかを聞かれ、「30分だよ〜」と答えると「え〜、5分くらいかと思った〜」との返答 楽しさは時間を忘れさせるんですね〜! このひと言が聞きたくてダイビングを生業としていますのでインストラクター冥利に尽きるお言葉を頂きました 体験ダイブは午前中に終了し、午後は時間が空いたので早速、小学3年生の長女に連絡しました そして午後からは長女と2ダイブして穏やかな夏の海を満喫しました いや〜、ダイビングってホント、楽しいですね〜\(^o^)/ いい潮が入っています 今週末からお盆休みも楽しみfですね〜 予約状況ですがまだ空きがありますので是非×2、皆様のお越しをお待ちしております

8月8日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24.7〜23.8℃ 透視度:8m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、キンセンイシモチ、イサキ、コロダイ、 マダイ、イシダイyg、メジナ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オヤビッチャ、モンスズメダイyg、ソラスズメダイ、スズメダイ、ナガサキスズメダイ、オトメベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、キュウセン、コブダイ、ブダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ニザダイ、ヒメギンポ、ニジギンポアライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ウミウシカクレエビ(写真)イソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビカイカムリ)、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシアオウミウシアヤメケボリトラフケボリセロガタケボリベニキヌヅツミなど
※8/8のガイドコース

 ウミウシカクレエビ

コメント:今日はジブンのためにじっくり撮りたかった被写体を求めて潜りました 台風11号の影響は少しありましたが、マクロ系も撮影できるくらいに回復していました〜 まず1ダイブ目は小牛の裏カドから湾内ブイという今のウチのスタンダード・コースです(笑) いや〜、バニーちゃん(ウミウサギの仲間)はかなり復活していますねぇ〜\(^o^)/ イソバナカクレエビもでっかいのからちっこいのまでご用意しております 当店オススメのカイカムリの仲間もグレーとイエローのバリエーションが見られますよ! 一眼レフ、ミラーレス一眼、コンデジなど撮影機材に拘わらずマクロ系のフォトダイブをご希望でしたら機材に対応したガイディングをご提供致しますのでどうぞご用命下さい 2ダイブ目はウミウシカクレエビ探しでロッカク岩からトレジャーロック上がりで潜りました お目当てのウミウシカクレエビ以外にもたくさんのエビカニの仲間が見つかりとにかく実りある一本でした そしてたまったま、お目当てのウミウシカクレエビをGETできました〜 実に6月16日以来の出会いでしたぁ(#^.^#) いつ見てもホント、かわゆいエビですねぇ〜 今回の宿主はアカオニナマコでしたが、またウミウシを宿主にした個体を見つけたいものです! そうそう、近隣の現地ショップのログを久し振りにチェックしたらイソバナカクレエビやカイカムリ、ウミウサギなどウチのスタンダードが流行りになっているようです これはトレンドメーカーとしてガイド冥利に 尽きますね〜!! これからも常に他店より「一歩、先」に行かねばという姿勢をモチベーションにして精進してまいります<(_ _)> いつでも撮れるダイビングをご提供致します

8月7日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:25.8〜24.3℃ 透視度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、マツカサウオ、シラス(カタクチイワシyg)、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、サクラテンジクダイ、カンパチ、マアジ、ムツ、タカベ、イサキ、コロダイ、コショウダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、オハグロベラ、ブダイ、タスジウミシダウバウオ(写真)ガラスハゼムスメウシノシタムチカラマツエビアカホシカクレエビクリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イセエビヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ノコギリガニ、コトヒメウミウシセンテンイロウミウシアヤメケボリベニキヌヅツミガイホシキヌタなど
※8/7のガイドコース

 タスジウミシダウバウオ

コメント:8月無制限ダイブウィークのファイナルです 先月もご来店下さいましたアクティヴ・ダイバーの方々とがっつり4ダイブしてきましたぁ〜! 台風11号の影響でしょうか!? ヨタが再び入ってきました 水温、潮色とも前日よりUP! ありがたいこです(笑) まず1ダイブ目はグンカンからエントリーして-24mアーチでエキジットしました 当初は-24mアーチブイからのエントリーでブリーフィングしていましたが、現場に到着したらウラ潮(大牛→小牛方面の潮流)だったのでエントリー直前にコースを変更しました まずグンカンでエントリーして根頭のイソギンチャク畑でクマノミとミツボシクロスズメダイをご紹介しました そこから-18m付近まで落ちて生物探しをするとペアのタスジウミシダウバウオが見られました(超、ご無沙汰っ) 牛着岩の沖合いを広範囲に潜りました! 2ダイブ目は小牛の洞窟からH型のアーチ〜水路〜湾内ブイ・エキジットというコース取り 小牛の洞窟ではウツボをクリーニング中のクリアクリーナーシュリンプが見られました しかもこの時期、ならではでしょう 抱卵中でした(^o^) 3ダイブ目は小牛裏カドから湾内ブイへ ウチが今、もっとも得意としているスタンダードです 生物情報によってコース取りを変えていますのでその時に一番、頻度の高いコース取りが当店の定番(スタンダード)コースとでもいうのでしょうか!? 本日もマクロ系がザックザクでしたよ〜(喜) 4ダイブ目は大牛洞窟からロッカク岩へ ミヤケテグリやコウワンテグリ、クマドリカエルアンコウやウミテング、フリソデエビなど季節モノが出た実績のあるエリアです 常に目玉商品を最初に見つけるガイドでありたいと思っているのでガン見しまくりでしたが、今回は特に目ぼしい出モノとの出会いはありませんでした でも水が温かいので潜っていてホント、気持ちいいですね〜

8月6日(月)

雲見 赤井浜/牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:30℃ 水温:25.7〜24.8℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ(写真)、クロホシイシモチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、イスズミ、オヤビッチャ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、キュウセン、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、トラフナマコ、イバラカンザシなど
※8/6のガイドコース

 ウツボ

コメント:久し振りのお湿りでCOOLダウンできました オープンウォーターのトレーニングダイブ2〜4を赤井浜の浅場にフロートを設置して実施しました  不安定な天候で1ダイブ目にスコールに見舞われました でもそこは我々はダイバーです ダイバーならではの特権、海の中から見た波紋を堪能しました(^o^) スキルの練習もとっても順調に進み、講習中に記念撮影をしました ホーズはピースではなくアイーン(エアー切れ)です(笑) 講習中もいろいろなお魚さん達が見られましたね〜 トレーニングダイブは順調に進み、午前中に終了しました と、いうことで昼食をはさんで午後から初ファンダイブを実施しました 初ファンダイブということもあり、画像は少ないですがダイビングはとっても上手で雲見の洞窟ダイブのお試しコースを楽しんで頂きました! 今回、ダイバーデビューした方とはLGS、ジプトーン、ソーラトン、タッカー、ヒルティなど共通の話題が豊富でダイビング以外の部分でおおいに盛り上がってしまいました(爆) 今秋、またご一緒できるのを楽しみにお待ち申し上げます!

8月5日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24.8〜23.1℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ、イタチウオ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ニシキベラ、イトヒキベラ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、アイゴ、コケギンポの仲間)、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビカイカムリ、トゲアシガニ、センテンイロウミウシ、セスジミノウミウシクセニアウミウシ属の一種3(写真)、ツグチガイ、アヤメケボリ、セロガタケボリなど
※8/5のガイドコース

 クセニアウミウシ属の一種3

コメント:ようやくヨタがおさまってきました 台風11号の影響が雲見に始めるまでには少し時間が稼げそうです 本日、オープンウォーターダイバーコースは浮島へ ファンダイブ・チームは雲見を潜りました 凪いでたので久し振りに三競も潜ります がっつり4ダイブ、地形にフォトに欲張りダイビングをしました まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路経由で-24mアーチで折り返し湾内ブイでエキジットするコース取りです マアジの群れがすごく時々、イレギュラーな動きをしているなぁ〜と見ていると案の定、カンパチがアタックをかけていました 2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーして大牛洞窟方面へ 緩いニヤ潮だったのでダラダラ流されながらのフォトダイブでした そして大牛のハングでサプライズがっ! 今シーズン初のクセニアウミウシ属の一種3と遭遇しました〜(^o^) いや〜、ラッキーでしたぁ 普通は赤いイソバナの上で見るのですが移動中だったのでしうか? カイメンの上を這っていました 実に美しいウミウシですねぇ〜\(^o^)/ 3ダイブ目は久し振りに三競を潜りました 潮色は芳しくありませんが洞窟内に差し込む光はとても幻想的でした! そしてなんと一昨年、クセニアウミウシ属の一種3を見たイソバナで本日、2個体目をGETしました こちらは摂食中で写真は撮れなかったのですが、しばらく居てくれると思います ラスト4ダイブ目は牛着岩の小牛前でじっくりマクロ系フォトダイブです ウミウシ・リクエスト以外ではかなりの出モノが見られます カイカムリ2個体、イソバナカクレエビいっぱい、ウミウサギ充実といったカンジです(^◇^) 本日の一枚はクセニアウミウシ属の一種3です 夏のイメージのウミウシですね 昨シーズンは見ていないので2年振りの遭遇です

8月4日(土)

雲見 牛着岩/赤井浜

天候:曇り 気温:29℃ 水温:25.8〜20.8℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、イタチウオ、ゴンズイ、オニカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、イナダ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、タキゲンロクダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ホンソメワケベラ、イトヒキベラ、 ブダイ、ヒメギンポ、ミギマキ、オキゴンベ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間イチモンジハゼ、ベニイソハゼ、クツワハゼ、ホシノハゼ、イソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビオトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ(抱卵中)、カイカムリ)、ベニイシガニ、モンガラキセワタコトヒメウミウシニシキウミウシジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシ、アヤメケボリ、トラフケボリ、テンロクケボリ、セロガタケボリ、ソリキヌヅツミなど
※8/4のガイドコース

 サクラテンジクダイ口内保育中

コメント:8月最初の週末はビーチの海水浴客はもとより波止場もダイバーで活気づいていました 本日は体験ダイビングも含め、がっつり5ダイブしてきました〜! まず、1ダイブ目はファンダイブ・チームと体験ダイビング・チームに分かれてスタート 昨日は温かな潮が入っていたのですが朝一番はひんやりとした潮が牛着岩周辺に入っていました(>_<) ファンダイブ・チームの方はウォーミングアップも兼ねて小牛前でじっくりフォト&ウォッチ 出モノも少しづつ回復しつつあります 体験ダイブ・チームは赤井浜の浅場にフロート設置して潜りました ヨタはだいぶおさまったものの濁りが残っていたようです 2ダイブ目は別チームと小牛前を潜りました ウミウサギやエビカニをじっくり撮影して頂きました イソバナカクレエビやカイカムリなど当店オススメの被写体をご紹介しました 3ダイブ目は体験ダイブを担当しました 潮色が赤井浜よりいい牛着岩の湾内ブイで実施しました 水深-5mに安全停止バーが設置してあるのでとっても便利です(^o^) 4ダイブ目は大牛洞窟でサクラテンジクダイの口内保育シーンやオルトマンワラエビ、オトヒメエビの抱卵シーン、ウミウシの仲間をご紹介しました ハッチアウト間近の個体やまだまだ育児し始めのイクメン・パパもいて面白いですよ〜 オルトマンワラエビは卵をびっしり抱えてホント、大変そうです(^_^;) ラスト5ダイブ目は別チームを大牛洞窟にご案内しました 午前中より午後の方がコンディションが良くなり潜りやすかったです 明日は今日よりも穏やかなコンディションになりそうですね〜!

8月3日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:24.8〜22.8℃ 透視度:6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イナダ(写真)、マアジ、ムツ、イサキ、コロダイ、マダイ、メイチダイ、イトフエフキ、テングダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、 イトヒキベラ、ニシキベラ、キュウセン、オハグロベラ、コブダイ、ブダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、 イチモンジハゼ、ベニイソハゼ、ベンケイハゼ、ハナハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、イソバナカクレエビ)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビカイカムリ)、 ノコギリガニ、アヤメケボリ、トラフケボリ、テンロクケボリセロガタケボリなど
※8/3のガイドコース

 イナダ(ブリの若魚)

コメント:引き続き、夏真っ盛りの暑い一日でした 台風のヨタはまだ残っていました 本日、ファンダイブと体験ダイビングの2本立てでした! まず1ダイブ目は小牛まわりで-24mアーチのブイでエキジット じっくりフォトダイブです 約1年振りのダイビングとのことでしたが、水中ではブランクを感じさせない身のこなしでたくさん撮影して頂きました 潮色は相変わらずでしたが水温の方は前日よりUPしたました!! 続いては体験ダイビングです 実は6月にハワイですでに体験ダイビングを経験しているとのこでスキルの方もまだまだフレッシュでした 体験ダイビングの1本目は赤井浜を予定していたのですが、台風のヨタで水底の砂が巻き上がりニゴニゴ(涙) 湾内ブイを利用して実施しました 牛着岩のブイの方透視度が断然よく、魚もたくさん見られとっても盛り上がりました〜 3ダイブ目は小牛の前のみ、じっくり接写コース ターゲットをウミウサギの仲間やエビカニに絞ってねっちっこくフォトダイブをしました 湾内のブイでエキジットしたのですが安全停止中、ず〜っとイナダがブイ下を回遊していました ワラサというには少し寸足らずでしたが、それでも貫録のある体躯でゆっくり我々のまわりをグルグルしてくれました(^o^) ラスト4ダイブ目は体験ダイビングの2本目リクエストです ファンダイブの方々も同行して頂きました 体験ダイビングとは思えないくらいたくさんの魚の群れに巻かれて頂きました 是非、次回はライセンス・コースでご一緒でいるのをお待ちしていますね! さてさてコンディションの方は週末にかけて回復に向かっています ただ、台風11号の発生が気になりますね、、、

8月2日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:21.5〜21.1℃ 透視度:6m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ゴンズイ、サクラテンジクダイ)、アカネテンジクダイ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイイシダイテングダイ)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、オヤビッチャ、イトヒキベラ、ニシキベラ、ブダイ、オキゴンベ、ミギマキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間ムスメウシノシタ、 アオサハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビオルトマンワラエビ、ホムラチュウコシオリエビ、カイカムリの仲間(写真)モクズショイツノガニ)、ノコギリガニ、ベニツケガニ、ベニオウギガニ、モンガラキセワタ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシイチゴミルクウミウシアオウミウシ属の一種5スミゾメミノウミウシベニキヌヅツミソリキヌヅツミアヤメケボリ、トラフケボリ、テンロクケボリなど
※8/2のガイドコース

 カイカムリの仲間

コメント:本日も暑い一日でした〜 海の方は台風の影響がかなり出ていました、、、 OPENはしているものの水路は厳しい状態でした 潮流はニヤ潮が軽くかかっていました 浅場は潮流にウネリが加わってかなり潜りづらい感じでした 水温は水面から水深-10mくらいまでは26〜27℃あるのですが、そこから下は21℃台でした まず1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー 小牛の洞窟の入口をナメて小牛まわりで湾内をじっくり -24mアーチ内もヨタがキツかったのですが、浅場の湾内側はウネウネのニゴニゴでした(涙) フォトダイブにはちょっとキツいですね〜 ウネリによる巻き上げで浮遊物が多く、ワイド系は△ ウネウネでじっとしてられないのでマクロ系は×でした それでも根性だしてちっこいエビカニやウミウシを見てきましたよ〜(笑) 2ダイブ目は大牛の洞窟内でサクラテンジクダイの口内保育シーンや抱卵中のオルトマンワラエビ、ウミウシの仲間を観察してきました このエリアは唯一、ウネリの影響を受けづらい場所ですね でも、台風も明日には大陸に抜けますのでコンディションも持ち直すかと思われます 週末は大丈夫そうですね! ただ本日また小笠原付近に新たに台風が発生しました 日曜日か月曜日くらいから新しい台風の影響が出てくるかもしれません 台風の影響を受けにくいポイントをチョイスしてご案内しますので安心して遊びにいらして下さいね

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2013  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED