じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2013年8月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

8月27日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:23.6〜21.5℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:サカタザメ、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、マツカサウオ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カゴカキダイ、イサキ、コロダイイシダイygテングダイ(写真)クマノミ、メジナ、イスズミ、ニザダイ、ツノダシ、アイゴ、オキゴンベ、ニジギンポ、マツバギンポ、ウミスズメ、シマウミスズメ、キタマクラ、アカホシカクレエビムチカラマツエビビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミ、ベニキヌヅツミなど
※8/27のガイドコース

 テングダイ

コメント:お天気&凪で最高でしたね〜 潮色も回復してきました ただ週末は台風が本州に接近してきます… 嵐の前の静けさといったカンジでしょうか? まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして水路〜クレバス〜-24mアーチ〜たて穴〜たて穴根頭〜-24mアーチブイといったいわゆる雲見らしいコース取りでした -24mアーチではテングダイのペアがダイバーをお出迎えしてくれました ブイ下はこの時期の風物詩、イシダイのちびっこがとってもフレンドリー 2ダイブ目は-16mアーチの湾内側からエントリーしてグンカンでエグジットしました -16mアーチを抜けると抱卵中のアカホシカクレエビ、そしてお馴染みのホタテウミヘビのもとへ お腹の大きなイソコンペイトウガニやマツカサウオをご紹介した後、砂地でサカタザメ探しをしました 今回は狙い通りすぐに見つかりました 7月はオオ根で多く見られたサカタザメ 8月以降はこのエリアの砂地で多く目撃されています 運試しにいかがでしょう? これからが雲見のベストシーズンです 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます

8月25日(日)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:27℃ 水温:23.6〜21.5℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:ホシエイ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ホソウミヤッコ、マツカサウオ、カタクチイワシ、アカエソ、キンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、シマアジyg、イサキ、コロダイ、イシダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、ツユベラyg、コガネキュウセンyg、テンスyg、キュウセン、コブダイ)、ブダイ、ニザダイ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、コケギンポの仲間ガラスハゼ(写真)ヒラメ、ウミスズメ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビイソコンペイトウガニ、ノコギリガニ、ベニイシガニ、ナマコマルガザミ、テンロクケボリ、セロガタケボリ)、ハナヤカケボリ)、ベニキヌヅツミ、テズルモズル、メダマイカリムシなど
※8/25のガイドコース

 ガラスハゼwithメダマイカリムシ

コメント:ウネリは残っていたものの前日の西風はおさまり雲見、OPENしました 狭い洞窟は避けて魚影やマクロ系のフォトダイブをしました まず1ダイブ目は小牛前をご案内 ギンポ岩には大きなヒラメが鎮座していました ダイバーが近づくとバサバサと空飛ぶじゅうたんのように移動してしまったためそ〜っと尾行しました 着底したところで今度はそ〜っとアプローチ なんとか撮影することができました その他、クリーニングステーションにはコブダイの若魚が2個体、訪れていました その他、イソコンペイトウガニやセロガタケボリ、ツユベラの幼魚が見られました カミソリウオは残念ながらウネリで飛ばされてしまったんでしょうか、見つかりませんでした…(>_<) 続いて2ダイブ目は-16mアーチからグンカンへ アカヤギではベニキヌヅツミがたくさん -16mアーチをくぐって砂地にでるといつものホタテウミヘビがいました 久し振りにフィーディングしましたが食欲旺盛でした(笑) すると久し振りにフィーディングしているコブダイの若魚が登場 ダイバーのまわりをフレンドリーにまわってくれました グンカン根頭はキンギョハナダイやソラスズメダイなどの カラフルな魚たちが出迎えてくれました 時間の経過とともにウネリがおさまってきたようなのでラスト3ダイブ目は水中アーチもご案内しました 中層ではカタクチイワシの群れにカンパチの群れがアタックする迫力のシーンも見られました これからコンディションが上向いてくると思います 期待しましょう!!

8月24日(土)

谷津 境/サザエ根

天候:曇り 気温:32℃ 水温:23.4〜20.1℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、メバル、ネンブツダイ、アカカマス、トゲチョウチョウウオyg、ソラスズメダイヘビギンポミナミハコフグyg(写真)キタマクラ、コウイカの仲間、サラサエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ)、ベニイシガニ、キイロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、マツカサウミウシの仲間、ムカデミノウミウシ)、テンロクケボリアヤメケボリベニキヌヅツミ、サザエ、アカヒトデ、コペポーダなど

 ミナミハコフグの幼魚

コメント:ウネリと久し振りの西風のため本日も雲見CLOSEになりました 黄金崎、田子と潮色が芳しくないため東伊豆に移動しました 須崎、菖蒲沢という選択肢もあったのですがここは思い切って初めてのポイント「谷津」に行ってみました ダイビングサービスのスタッフの皆さんのおもてなしは最高でした(^O^) 海の方はウネリが入っていたため、本来のコンディションではなかったと思いますが面白かったです! 特にサザエ根はソフトコーラルやカイメンが多く、探しがいのあるポイントでした もうちょっと潜り込むと見所がわかってもっと×2、面白くなると思います 今度、穏やかなコンディションの時に遠征したいと思う海でした 1ダイブ目の目玉、カミソリウオのペアは残念ながら海藻ごと飛ばされてしまった模様ですが、カワいいムカデミノウミウシの幼体が見られましたよ〜 そしてなによりも耳よりな情報をGETしました ビーチポイントでなんとアユが見られるそうです 河津川の河口からほど近いので汽水域なんですね その他、コイやフナなども見られるそうです 海に潜っていて淡水魚も見られるなんてまだ経験したことありません 想像しただけでもワクワクしますね これは近いうちに必ず行かねばと思いました! 本日の一枚はミナミハコフグの幼魚です いや〜、カワイかったぁヽ(^0^)ノ

8月22日(木)

田子 フト根/弁天島

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:21.5〜20.6℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク、ウツボ、イシヨウジ、サクラダイ、キンギョハナダイ、タカベ、イッセンタカサゴ、イサキ、コロダイ、メジナ、クマノミ、マツバスズメダイ(写真)、スズメダイ、ニザダイ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、アミメハギ、キタマクラ、イソギンチャクモエビ、ベニサンゴガニ、アシボソベニサンゴガニ、ニシキウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ベニキヌヅツミなど

 マツバスズメダイ

コメント:今日も引き続き暑い一日でした〜 ウネリはさらに強くなり西伊豆エリアのダイビング.サイトは軒並みCLOSE 黄金崎ビーチもCLOSEWになったため、田子を潜りました 湾内ポイントの白崎は透視度が1m以下との情報を得て外海のフト根を潜りました 移動中になんと水面でハンマーヘッドシャークが見られました! ラッキー(^O^) 潮色はまずまずでしたがいかんせんウネリが強く3mくらい左右に振られました 魚影は濃く、ウネリのためアトラクション的な楽しみ方ができたフト根でした 2ダイブ目は湾内でも外洋に面している弁天島をご案内しました 水面は視界不良でしたが深場はまずまず見えていました ムチヤギではガラスハゼ、ニクイロクダヤギではアシボソベニサンゴガニ、ヤギ類ではベニキヌヅツミなどマクロ系のリクエストでしたのであまり泳がずにご案内しました 深場の水温が21〜20℃とちょっとヒンヤリしていたのが気になりました 昨日はボレロとシーガルの5mmツーピースで潜ったのですが、今日はロクハンかぶりを用意して正解でした 潮色自体は悪くないのでウネリが取れたらコンディションもグッと上向くのではないでしょうか? 期待しましょう!

8月21日(水)

黄金崎 ビーチ

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:28.3〜26.3℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ニシキフウライウオ、ボラ、アカエソ、キンギョハナダイ、アカハタ、カンパチ、コロダイyg、イトフエフキ、ハタタテダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ヤマドリ、ヒレナガネジリンボウ、ダテハゼ、ハナハゼ、ミジンベニハゼ、アミメハギyg、カワハギ、キタマクラ、アオリイカ、ニシキテッポウエビ、ウズラカクレモエビ(写真)、シャコの仲間、コノハガニ、スカシカシパンヤドリニナなど

 ウズラカクレモエビ

コメント:今日も最高のお天気でした〜(^O^) ただ遥か沖縄にある台風のウネリが入ってきました(>_<) 午前中は体験ダイビング、午後からファンダイブです まずは体験ダイビング 浅場でスキルの練習をしました さすがにウネリが入って振られましたが水底にガイドロープが設置されているのでロープにしっかりつかまって練習ができました 体験ダイビングを実施した水温28℃台とぬくぬくでした 6名全員が水中世界を楽しんで頂けたようでまさにインストラクター冥利に尽きますね! 午後からはベテランのダイバーさん達とビーチダイビングをしました 台風のウネリの影響で潮色は芳しくなかったもののリクエストのミジンベニハゼやヒレナガネジリンボウが見られて良かったですね(^O^) 本日の1枚はガイドロープのすぐそば、水深-5m付近のユビノウトサカを宿主にしたウズラカクレモエビです ポテっとしていてとってもカワいいですね〜 雲見でも常に意識して探しているのですがまだ見つかっていません… 早く見つけたい一品です

8月18日(日)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:28.2〜25.8℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、カミソリウオオオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、スジオテンジクダイカンパチフタスジタマガシラyg、オハグロベラ、ツユベラygセジロノドグロベラyg(写真)キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、トラギス、ヒメギンポ、ミナミギンポニジギンポコケギンポの仲間)、オキナワベニハゼイチモンジハゼ、アカイソハゼ、ハナキンチャクフグイソバナカクレエビムチカラマツエビイソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビ、ソメンヤドカリ、イソコンペイトウガニ、ヒロウミウシ、センヒメウミウシ、ニシキウミウシセンテンイロウミウシ)、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、アヤメケボリ、アカネケボリ、トラフケボリツマニケボリ、ホソテンロクケボリ、ハナヤカケボリベニキヌヅツミ卵塊)など
※8/18のガイドコース

 セジロノドグロベラyg

コメント:本日はフォトダイブでじっくりのんびりあまり泳がす3ダイブしてきました 夏真っ盛り お天気&凪&潮色は最高です! まず1ダイブ目は小牛前からエントリー ギンポ岩のアライソコケギンポでカメラリハーサルをしました 続いてイソバナカクレエビやアヤメケボリ、アカネケボリ、ベニキヌヅツミなどヤギ類を宿主にしている被写体をご紹介しました 擬態系はイソコンペイトウガニ、ハナヤカケボリが見られました 季節モノはツユベラyg、セジロノドグロベラyg、カミソリウオなど 南方系の魚が増えてきて海の中がだいぶ華やいできました 2ダイブ目は黒崎で魚群&マクロ系をご紹介 まずは浅根のアーチからエントリー アーチに入る前に岩肌をチェック✔ ヤギ類には無数のベニキヌヅツミとその卵塊が見られます 昨シーズンはここでナマハゲウミウシを見つけたので油断ができませんね アーチに入ると入口付近にはネンブツダイの群れ そして奥はキンメモドキがおびただしい数で群れを形成しています 振り返えると後続のダイバーが見えなくなるくらいの密度です ドラゴンウォールではその名にたがわずハナタツをGET その他、アカシマシラヒゲエビやスジオテンジクダイが見られました 時間切れで先端洞窟には入れずビシャモンエビのペアはご紹介できませんでした それにしても黒崎、被写体が多いですね〜(^O^) ラスト3ダイブ目は三競で洞窟&マクロ系フォトダイブ ご一緒した常連さんはデジタル一眼とコンデジの2台持ちなのでコンデジで洞窟に差し込む日差しなど水中嫌韓を デジイチでマクロ系をという1ダイブで二本立てという作戦です 狙い通り水中に差し込む光やオキナワベニハゼ、オオモンカエルアンコウなど接写も楽しめました これからますます生物層が濃くなって盛り上がってきますよ〜!

8月17日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:28.9〜23.9℃ 透視度:12m

観られた生物:サカタザメ、ウツボ、トラウツボ、コケウツボホタテウミヘビオオモンカエルアンコウハナタツ、カミソリウオ、イタチウオマツカサウオ、セレベスゴチ、カタクチイワシyg、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ(写真)、スジオテンジクダイ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、タカベ、イサキ、コロダイテングダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ツユベラyg、ツマグロハタンポ、テンクロスジギンポマツバギンポアライソコケギンポトウシマコケギンポオキナワベニハゼクツワハゼアオサハギ、キタマクラ、イソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビカイカムリイソコンペイトウガニ、トゲアシガニ、トサカガザミイガグリウミウシニシキウミウシセンテンイロウミウシアカネケボリアヤメケボリハナヤカケボリトラフケボリなど
※8/17のガイドコース

 サクラテンジクダイの口内保育シーン

コメント:本日、伊豆が初めてという方がいらっしゃいました 今までのLOGの全てがリゾートとのこと 伊豆ガイドとしては責任重大ですね(^_^;) まず1ダイブ目は地形と魚影を中心にご案内しました アーチの向こう側には クロホシイシモチやツマグロハタンポなどでギッシリ -24mアーチではテングダイのペアがお出迎えしてくれました たて穴から浅根に移動してこの時期の風物詩、ニシキベラの産卵&放精シーンを観察しました 手をついた岩にはトウシマコケギンポやマツバギンポが見られます 中層を移動して-24mアーチブイへ 潮色もよく初めての伊豆を満喫して頂きました 続いて2ダイブ目はウミウシが見たいとのリクエストを頂き-16mアーチからエントリーして大牛洞窟へ がっちりウミウシ・ダイブというのではなく軽いカンジでご案内しました 砂地ではサカタザメが見られ大興奮! 大牛洞窟前ではリクエストのウミウシの仲間も見られました ラスト3ダイブ目は三競で地形ダイブ 間にオキナワベニハゼやオオモンカエルアンコウといったマクロ系もご紹介しました 3番洞窟と4番洞窟の光の差し込みは最高でしたね 3ダイブご一緒できたので伊豆ガイドとしてはちょっと肩の荷が降りた感じです(^_^) いい潮、入ってます 是非、皆さん遊びにいらして下さいね〜

8月16日(金)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:29.1〜24.6℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウカミソリウオ、イタチウオ、カタクチイワシg(シラス)、キンギョハナダイオオモンハタ、イサキ、コロダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニシキベラキンメモドキ、ツマグロハタンポ、マツバギンポ、オキナワベニハゼ、ミナミハコフグyg、クリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、イセエビ、キャラメルウミウシ、テンロクケボリ、トラフケボリ、ソリキヌヅツミなど
※8/16のガイドコース

 三競のレーザービーム

コメント:昨日まで入っていたウネリと濁りがなくなり、再び青くて温かい雲見に戻りました 本日は十数年前に現地SHOP勤務の時にご一緒した方と3年前に体験ダイビングでご一緒したご家族と久し振りの再会でした 地形と魚群をメインにトロピカルな雲見をご案内しました(^O^) まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリー 小牛前のカミソリウオをご紹介した後、水路へ クレバスに入りH型のアーチ、左右の水中景観をご覧頂きました 潮色がいいのでアーチの中から見る光景は本当に幻想的ですね -24mアーチで見られた魚はテングダイのペアやイシダイ、オオモンハタ、イタチウオなど たて穴に向かったのですがダイバーで大渋滞 コースを変更して根頭へ キンギョハナダイが乱舞し、ニシキベラが塊になって産卵&放精を繰り返していました スマイル顔のマツバギンポがとってもカワイかったです その後、中層を移動して-24mアーチの根頭へ 浮上間際にテンロクケボリとその名の由来をご説明しました 2ダイブ目は黒崎の浅根のアーチで前が見えないくらいのキンメモドキの群れをご紹介しました 圧巻の魚群密度でしたね ミナミハコフグの赤ちゃんもとてもカワイかったですね 黒崎先端の洞窟では深場のウミウサギ、ソリキヌヅツミやアカシマシラヒゲエビが見られました 洞窟を出ると今夏ハッチアウトしたテンジクダイ系の幼魚の群れが太陽光に映えてとてもキレイでした ラスト3ダイブ目はレーザービームを狙って三競へ まずは2番洞窟から キャラメルウミウシや オキナワベニハゼ、オオモンカエルアンコウなどをご紹介 そして3番洞窟のエアードーム下 時間帯はドンピシャでした(^O^)  実に美しい光景ですね みなさんもこの光と影のラビリンスをご一緒しませんか?

8月15日(木)

雲見 赤井浜/牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:28.7〜26.3℃ 透視度:10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、タツノイトコ、カミソリウオイタチウオアカエソ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、イサキ、コロダイ、イシダイyg(写真)、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラyg、コガネキュウセンyg、タカノハダイ、オキゴンベ、クロエリギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ニザダイ、アオサハギモシオエビの仲間イソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミアカネケボリアヤメケボリトラフケボリハナヤカケボリセロガタケボリテンロクケボリ)、ベニキヌヅツミなど
※8/15のガイドコース

 イシダイ幼魚

コメント:昨日から遅れて入ってきた台風のヨタの影響でしょうか? 潮色が下がってしまいました 午前中、ジュニアの体験ダイビングをしたのですが浅場はかなり浮遊物が巻き上がっていました でも色んなお魚を見て楽しかったですね〜 午後はFreeだったのでネタ探しに小牛前を潜りました ウミウシカクレエビの宿主になっているアカオニナマコ、今日も引き続き捜索したのですが見つかりませんでした… ツユベラygやコガネキュウセンyg、カミソリウオなどの季節モノが見られました イソバナカクレエビがワラワラ付いているヤギを発見 いっぱいいて嬉し〜(^O^) 抱卵中のイソコンペイトウガニも見られました 器材を洗って明日の準備をしていると知り合いのSHOPオーナーさんと最近、餌付けをしているホタテウミヘビの話題に それじゃ、お見せしましょうということで再び器材を引っ張り出してホタテウミヘビの餌付けショーにご案内しました 昨日も餌付けをしたのでお腹いっぱいじゃないかと心配でしたがムシャムシャ気持ちのいい食べっぷりでした(^O^) その他、イソコンペイトウガニ2個体、アカホシカクレエビ、タツノイトコなどが見られました 本日の一枚はイシダイの幼魚です 湾内のブイ下で見られれる夏の風物詩です

8月14日(水)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:28.0〜24.6℃ 透視度:15m

観られた生物:サカタザメトビエイ、ウツボ、トラウツボホタテウミヘビタツノイトコ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、スジオテンジクダイカンパチ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、カワハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビアカシマシラヒゲエビイソギンチャクモエビビシャモンエビ)、イソコンペイトウガニニシキウミウシベニキヌヅツミソリキヌヅツミ、ビゼンクラゲなど
※8/14のガイドコース

 カンパチの群れ

コメント:猛暑が続いています 海の中は最高に気持ちいいですね〜 さすがにロクハンかぶり(6.5mmの2ピース)では暑くて潜っていられないカンジになってきました 何年振りかに5mmスーツを引っ張り出して着ました(笑) そのくらい水温が高く潮色も青くてキレイです(^O^) まず1ダイブ目はフォトダイブで-16mアーチからエントリーしてトレジャーロックまで フィーディングを続けているホタテウミヘビに久し振りに餌やりをしました お腹が空いていたのかムシャムシャと旺盛な食欲を見せてくれました 砂地ではここ最近、水温の上昇に伴いこのエリアに集まっているサカタザメ 英名ギターシャークがいました ご一緒した方々も初めての大物?に大興奮の様子でした その他、アカホシカクレエビや抱卵中の大きなイソコンペイトウガニなどを撮影して頂きました 2ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてモロコ根経由でグンカンへ -24mアーチではテングダイ、モロコ根ではマダイの群れが見られました トビ根からグンカン感に移動中、トビエイに遭遇 青くて温かい海を気持ちよく流しました ラスト3ダイブ目は黒崎をご案内しました 他のパーティーが浅根からエントリーしたのを確認し、交錯しないように反対の先端洞窟からエントリー 洞窟付近では本来は深場のウミウサギ、ソリキヌヅツミがここでは水深-10mで見られます 洞窟内ではイタチウオやツマグロハタンポ、サクラテンジクダイなどが見られました 浅根のアーチ内にはキンメモドキの群れが相変わらず詰まっていました(^O^) 安全停止中、カンパチの群れが来襲カタクチイワシの幼魚(シラス)にアタックをかけていました まだサイズは小振りでしたがアタックシーンは迫力ありますね〜

8月13日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:27.7〜25.6℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、アカエソ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ)、テングダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラ(写真)、トカラベラyg、イトヒキベラ、マツバギンポコケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、カワハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、マダコ、イソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビイソコンペイトウガニ)、ノコギリガニ、ナマコマルガザミ、トゲアシガニ、ニシキウミウシキャラメルウミウシトラフケボリホソテンロクケボリ、ビゼンクラゲなど
※8/13のガイドコース

 ツユベラyg

コメント:いよいよお盆休みに突入しました〜 本日も引き続き、お天気&海況ともバッチリでした〜ヽ(^0^)ノ まず1ダイブ目は昨年、OWDコースを修了された方がご一緒だったのでリフレッシュを兼ねて小牛前でのんびちじっくり 昨日、ウミウシカクレエビの目撃情報があったのでついでに探しました 宿主のアカオニナマコをいくつかチェックしましたが残念ながら見つかりませんでした ツユベラygは今日もフラフラしていて、クロミルに付いていたカミソリウオはお出掛け中?のようでした 2ダイブ目は 島前からエントリーして洞窟ダイブ 水路〜クレバス〜H型のアーチを抜けて-24mアーチへ テングダイのペアや大きなイシダイの老成魚、通称クチグロが見られました その後、たて穴を抜けて根頭へ 前日、ミスガイの目撃情報があったのでチェックしましたがこちらも見つからず キンギョハナダイを見ている手元ではカワいいマツバギンポが数個体、穴から顔を出していました 中層では今シーズン多いビゼンクラゲでしょうか?それともスナイロクラゲ?が中層を漂っていました 午後の三競の洞窟に差し込む太陽光のレーザービームを狙ってサーフェスインターバルをちょっと長めに取りました その間に小牛前でしつこくウミウシカクレエビ探しをしました  30分、捜索しましたが今日は見つかりませんでした その代わりイソコンペイトウガニやイソバナカクレエビをチェック✔しました〜 ラスト三競で洞窟ダイブを満喫しました 狙い通りバッチリ光が入って幻想的でした キャラメルウミウシやオオモンカエルアンコウ、イソコンペイトウガニ、トラフケボリなどのマクロ系もご紹介しました 明日もいい海、満喫してきます

8月12日(月)

雲見 赤井浜

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:29.2℃ 透視度:12m

観られた生物:ボラ、クロサギ、ソラスズメダイ、キュウセン、ニザダイ、キタマクラ、コワタクズガニ、イバラカンザシなど

 体験ダイビング風景

コメント:今日は観測史上、最高の気温を記録したそうですね 確かに暑かったですね〜 ただ西伊豆は海っぺリで涼しいのでしょうか? 首都圏から来て下さいましたお客様は一様に伊豆は涼しいとおっしゃってくださいます 午後着で体験ダイビングをして来ました〜(^O^) 赤井浜は水温が高く潮色もサイコ〜でした カノジョの方は初めてのダイビングでしたがとっても水慣れしていて気持ち良さそうに泳いでいましたね〜 今回のダイビングシーンをスライドショーにしてDVDを作ってお土産にして頂きました(\2,000-) 告知はしていませんがオーダー頂ければダイビング中にムービー撮影&7フォト撮影をして編集してDVDを作成致します もちろんオーダーは事前に取りますのでご安心を 夏の思い出創りのお手伝い、させて下さい

8月11日(日)

黄金崎 ビーチ

天候:晴れ 気温:35℃ 水温:28.3〜24.1℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴ、ハナタツタツノイトコカミソリウオニシキフウライウオ、イネゴチ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、アジアコショウダイygハタタテダイソラスズメダイテンス、トラギス、ヤマドリ、ホシギンポミジンベニハゼ(写真)、ヒレナガネジリンボウ、ネジリンボウ、カタボシオオモンハゼ、カワハギ、アミメハギ、アオサハギ、キタマクラ、シマウミスズメ、ハコフグ、コトブキテッポウエビ、イソバナカクレエビウズラカクレモエビ、コノハガニ、トサカガザミミレニアムマツカサウミウシトラフケボリアヤメケボリベニキヌヅツミスカシカシパンヤドリニナなど

 ミジンベニハゼ

コメント:今夏は記録的な暑さのようですね(^_^;) でも黄金崎ビーチは松林に囲まれ爽やかな海風で過ごしやすかったです 久し振りにビーチダイブを楽しんできました ところ変われば品変わるといいますが、雲見ではなかなか見られない魚やまだ登場していないラインナップが見られましたよ〜(^O^) まず1ダイブ目はビーチの左側へ このエリアで見られたのはヒレナガネジリンボウやネジリンボウ、イソバナカクレエビやニシキフウライウオ、ハナタツなどなど ヤギ類が多くウミウサギの仲間がいっぱいいますね〜 たっぷり60分、マクロ系を楽しみました 続いて2ダイブ目は浅場で生物探し タツノイトコやハタタテダイyg、アジアコショウダイの赤ちゃん、テンスなどが見られました エグジット間際のガイドロープ沿いでは今シーズンお初のウズラカクレモエビがいました いや〜、かわいいですねぇ 雲見でも常に意識してるんですがまだ今シーズンは見つけられていません…(>_<) 本日の一枚はミジンベニハゼ 超カワイイですね〜ヽ(^0^)ノ

8月10日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:28.8〜23.5℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツカミソリウオ、イタチウオ、アカエソ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタカゴカキダイ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ(写真)、イシダイ、メジナ、イスズミ、テングダイツユベラyg、ニザダイ、ツノダシガラスハゼオキナワベニハゼムスメウシノシタ、カワハギ、ミナミハコフグygマダコイソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビビシャモンエビイセエビ、イソコンペイトウガニ)、ゾウアメフラシキャラメルウミウシセンテンイロウミウシ、トラフケボリ、セロガタケボリツマニケボリムラクモコダマウサギシロオビコダマウサギなど
※8/10のガイドコース

 モロコ根のマダイ

コメント:今日も激アツな一日でした〜 相変わらず海況は最高ですね 本日、地形&ワイドリクエストで3ダイブしてきました〜 まず1ダイブ目は水路前からエントリーしてクレバス〜-24mアーチへ テングダイのペアに大接近しました その後、たて穴〜迷路のような洞窟〜三角穴へ 小牛前ではカミソリウオやツユベラの幼魚を見てきました 続いて2ダイブ目は牛着岩の沖合をダイナミックに潜りました 先だってもスゴかったモロコ根の大きなマダイの群れは今日も健在でした ざっと20枚以上は見られましたよ〜 潮色がいいので気持ちよく泳げました 午後から三競の洞窟に差し込む太陽光を狙って長めのサーフェスインターバルで時間調整をしました と、いうことで空いてる時間に小牛前を潜ってネタ探し 1ダイブ目では見られなかったいつものミナミハコフグの赤ちゃんや大きなイソコンペイトウガニ、イソバナカクレエビなどが見られました(^_^) ラストは三競で洞窟三昧 トップライトから差し込む日差しは天使が舞い降りてくるんじゃないかと思うほど幻想的でした 潮色がいい時の三競は最高ですね! 太陽の角度がバッチリな3ダイブ目か4ダイブ目にオススメです 浅いのでNDLの心配もありませんよ!

8月9日(金)

雲見 赤井浜

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:24.6℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、アオヤガラ、アカカマス、クロサギ、スズメダイ、ソラスズメダイ、キュウセン、タカノハダイ、キタマクラ、イバラカンザシなど

 ジュニア体験ダイビング

コメント:夏真っ盛り 海もお天気も最高でした 今日はちびっこ体験ダイビングです 赤井浜の足のつく浅場からスタートしました 透明度抜群、水温も高いのNOストレスですね ソラスズメダイが視界に入った途端にスイッチON もう夢中になって遊びまくりましたね 最初は一人づづ海の中を案内しましたが、すっかり水慣れしてジブンで水中バランスと浮力コントロールを取るようになったので2ダイブ目は一緒に潜れましたね ウツボを見ておっかなビックリしたり、イバラカンザシをツンツンして引っ込ませたりあっという間の一日でしたね 夏休みの最高の思い出になったことと思います 今度はライセンスコースをやろうね!

8月8日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:24.6〜23.7℃ 透視度:15m

観られた生物:イズヒメエイ、ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウホソウミヤッコカミソリウオ、イタチウオ、オニカサゴ、サツマカサゴワニゴチキンギョハナダイ、アカハタ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラyg、 イトヒキベラ、オハグロベラ、コケギンポの仲間オキナワベニハゼミナミハコフグ(写真)イソバナカクレエビイソコンペイトウガニ)、トサカガザミ、キャラメルウミウシ、アオウミウシ、アカネケボリ、トラフケボリ、アヤメケボリ、テンロクケボリセロガタケボリシロオビコダマウサギベニキヌヅツミ、アカヒトデヤドリニナスナイロクラゲなど
※8/8のガイドコース

 ミナミハコフグyg

コメント:8月の雲見無制限ダイブキャンペーンが終了し今日から通常営業です 引き続きお天気&凪に恵まれました 今日は午前と午後でのんびり2ダイブです まず1ダイブ目はマクロ系っフォトダイブリクエストで小牛前を潜りました 最近のお気に入り、ミナミハコフグygやツユベラyg、カミソリウオをご紹介しました ウミウシカクレエビのリクエストを頂いたのですが先月、見つけたウミウシカクレエビは宿主が移動してしまい見つかりませんでした と、いうことでお昼休みに大捜索 50分かけて宿主を探したのですが残念ながら今回は見つかりませんでした(ToT) これからが季節なのでまたリクエストをお待ちしています! そして午後からは地形リクエストで三競をご案内しました この時期の三競は太陽の角度がトップライトにかかる午後がオススメです 今日も光のカーテンをたっぷり堪能してきました マクロ系は「幸せの黄色いカエルアンコウ」ことオオモンカエルアンコウやオキナワベニハゼ、イソコンペイトウガニ、キャラメルウミウシなどをご紹介しました 素晴らしいコンディションが続いています お盆もまだ空きがありますので是非、遊びにいらして下さい いい潮が入っている今がチャンスですよ〜(^O^)

8月7日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:26.3〜23.1℃ 透視度:15m

観られた生物:サカタザメ)、ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビオオモンカエルアンコウタツノイトコカミソリウオ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、ツユベラyg、ヤマドリ(写真)ニジギンポコケギンポの仲間オキナワベニハゼ、ミナミハコフグyg、イソバナカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビコマチコシオリエビイソコンペイトウガニモクズショイナマコマルガザミヒトエガイニシキウミウシキャラメルウミウシサガミイロウミウシノウメア・ワリアンスフリエリイボウミウシアヤメケボリトラフケボリテンロクケボリホソテンロクケボリ、ツマニケボリに、シロオビコダマウサギ、コペポーダなど
※8/7のガイドコース

 ヤマドリの縄張り争い

コメント:8月の雲見無制限ダイブも今日で最終日です 期間中はお天気、海況に恵まれました(^O^) 本日はじっくりマクロ系のフォトダイブをリクエスト頂き、1ダイブ目は小牛前をのんびり潜りました ギンポ岩のコケギンポの仲間でじっくり撮影の練習をしました その他、リクエストのナマコマルガザミは2個体、見られましたね 2ダイブ目は-16mアーチからトレジャーロックへ リクエストはまたまたマニアックなコペポーダを頂きました(笑) あまり移動せずにマクロ系のフォトダイブをしました タツノイトコやヒトエガイ、コマチコシオリエビなどをご紹介しました 続いて3ダイブ目は当店で開拓した牛着岩のシークレットポイントへ海水温の上昇とともにウミウシの鉄板ポイントの大牛洞窟前のウミウシ密度が薄くなる中、ここは濃いですね〜 今日のダイブで見たウミウシはほとんどがここで見られました 先月までオオ根の浅場に乗っこんでいたサカタザメはこちらも海水温の上昇とともに姿を消しました 代わりに深場に移動して5個体GET 英名ギターシャークと呼ばれるエイの仲間です そして8月の雲見無制限ダイブのラストを飾ったのは三競です お天気が最高で洞窟内のトップライトから差し込む日差しは言葉では説明ができないくらいキレイでした いや〜この一週間いっぱい潜れてホント、幸せでした〜ヽ(^0^)ノ  本日の一枚はヤマドリの縄張り争いです 動画をYouTubeにUPしましたので是非、ご覧下さい!「

8月6日(火)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:曇り 気温:30℃ 水温:26.4〜24.1℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オオモンカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツカミソリウオ、イタチウオ、ゴンズイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイygイシダイyg、メジナ、イスズミ、ツユベラygキンメモドキ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポガラスハゼミナミハコフグygムチカラマツエビ、クリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクモエビビシャモンエビ)、オトヒメエビ、イセエビカイカムリイソコンペイトウガニ、ノコギリガニ、ベニサンゴガニナマコマルガザミヒトエガイイガグリウミウシキャラメルウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシソリキヌヅツミベニキヌヅツミ卵塊)、トラフケボリテンロクケボリセロガタケボリホソテンロクケボリツマニケボリコペポーダなど
※8/6のガイドコース

 ベニカエルアンコウ

コメント:雲見無制限ダイブ6日目 お天気は曇で過ごしやすい一日でした もちろんガッツリ5ダイブしてきましたよ〜(^O^) まず1ダイブ目は小牛の洞窟からスタートして小牛まわりで湾内ブイへ 小牛の洞窟ではイタチウオやクリアクリーナーシュリンプが見られました 小牛ではいつもの大きなイソコンペイトウガニや最近、見つけたミナミハコフグyg、ツユベラyg、カミソリウオなどなど 2ダイブ目は黒崎をご案内しました 牛着岩のH型のアーチを抜けたところに集まっていたキンメモドキの大群はいつの間にかいなくなってしまったので黒崎の浅根のアーチでキンメモドキの群れを堪能しました 群れの密度が濃すぎてアーチの向こう側が見えません(^_^;) いや〜、すごいですね〜 3ダイブ目は湾内ブイから水路〜クレバスを経由して-24mアーチへ -24mアーチ住民、テングダイはどこかにお出掛け中のようでした いつものハナタツは定位置で見られました 4ダイブ目は大牛洞窟からトレジャーロックへ 今シーズン初のアジアコショウダイの赤ちゃんが見られましたよ〜 そしてラスト5ダイブ目は〆の三競、地形ダイブ 2.5番のオーバーハングではいつものオオモンカエルアンコウの他、ベニカエルアンコウが2個体いました オキナワベニハゼもカワイイですね ワイドにマクロにとちょっぴり忙しい三競でした(笑)

8月5日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27.1〜23.9℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:イズヒメエイ、ウツボ、ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウハナタツ(写真)、タツノイトコ、マツカサウオ、イナダ、イサキ、 コロダイ、マダイツユベラyg、テンス、オキゴンベ、ツノダシ、コケギンポの仲間、ミナミギンポ、ニジギンポ、アミメハギyg、ミナミハコフグyg、イソバナカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビビシャモンエビイソコンペイトウガニ)、ナマコマルガザミヒトエガイキャラメルウミウシサラサウミウシミチヨミノウミウシツマニケボリシロオビコダマウサギなど
※8/5のガイドコース

 ハナタツ抱卵中

コメント:雲見無制限ダイブ5日目、今日も穏やかな海況、温かい潮、透明度抜群の海でした〜 今日もガッツリ5ダイブしてきましたよ(^O^) まず1ダイブ目は牛着岩の沖合を気持ちよく流しました グンカンからエントリーしてモロコ根経由で-24mアーチへ モロコ根では大きなマダイが20個体以上の群れを形成して圧巻でした 2ダイブ目は三競で地形ダイブ 2番洞窟から5番洞窟までご案内しました 幸せの黄色いカルアンコウことオオモンカエルアンコウやイソコンペイトウガニ、クリアクリーナーシュリンプなどいつものラインナップがお出迎えしてくれました 3ダイブ目は小牛前でじっくりマクロ系フォトダイブをしました ツユベラの幼魚やミナミハコフグの幼魚など南方系の赤ちゃんが見られました(^O^) 4ダイブ目は-16mアーチからエントリーしてトレジャーロックへ 砂地ではいつものホタテウミヘビやタツノイトコ、テンスygが見られました ヒトエガイは2個体、どうやら交接中のようです ラスト5ダイブ目は再度、三競で地形ダイブをしました この時期、午後の三競はトップライトに差し込む日差しが最高ですね 今日も光のカーテンを堪能してきました〜ヽ(^0^)ノ 本日の見出し写真は-24mアーチのハナタツです お腹がなかり目立ちます ハッチアウトが待ち遠しいですね!

8月4日(日)

雲見 牛着岩/オオ根/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:27.1〜24.0℃ 透視度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツ、タツノイトコ、イタチウオ、マツカサウオメバル、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイスジオテンジクダイ、ムツ、イサキ、テングダイキツネベラyg(写真)ミサキウバウオ、オキナワベニハゼ、カワハギ、アオサハギ、ミナミハコフグyg、シマウミスズメ、キタマクラ、ムチカラマツエビ、クリアクリーナーシュリンプ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビビシャモンエビ、イセエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミ、ヒトエガイキャラメルウミウシサラサウミウシテンロクケボリ、ホソテンロクケボリ、コペポーダなど
※8/4のガイドコース

 キツネベラyg

コメント:雲見無制限ダイブ4日目 引き続き穏やかな海況に恵まれました 本日はAOWチームの2日目とファンダイブチームです まず1ダイブ目はAOWのディープダイブで-24mアーチブイからエントリー アーチ周辺で講習をしました 簡単な課題をした後は余った時間でファンダイブしました 潮色良く温かく魚影も濃くて楽しかったです 2ダイブ目はオオ根の砂地でAOWのナビゲーションをやりました 皆様、コンパスをお見事に使いこなしましたね! 3ダイブ目は三競で地形ダイブをしました 日差しがたっぷり差し込んで本当にキレイでした〜 4ダイブ目は-16mアーチからトレジャーロックへ リクエストはちょっとマニアックなコペポーダ(通称うさぴょん) とってもちっちゃい生き物ですが萌えましたね〜(笑) このダイブで本日の見出し写真のキツネベラの幼魚に出会いました 南方系が増えてきて雲見のダイビングシーンがますます盛り上がってきましたね〜! ラスト5ダイブ目は再び三競へ 午後の三競はトップライトからの日差しが最高ですね 地形が素晴らしい三競ですがオオモンカエルアンコウやベニカエルアンコウ、オキナワベニハゼ、クリアクリーナーシュリンプ、イソコンペイトウガニ、キャラメルウミウシなどのマクロ系も充実しています  是非、地形だけでなく生物の方もお腹いっぱい楽しみましょうヽ(^0^)ノ

8月3日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:25.6〜23.9℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ホソウミヤッコ、ハナタツタツノイトコカミソリウオ(写真)、イタチウオ、マツカサウオ、アカエソ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、 イサキ、テングダイ、 メジナ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラyg、イトヒキベラ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、ヤマドリ、コケギンポの仲間ガラスハゼ、ダテハゼ、ミナミハコフグ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、イソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、カイカムリ、イソコンペイトウガニ)、ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、テンロクケボリ、ツマニケボリ、アヤメケボリ、ベニキヌヅツミ、スナイロクラゲなど
※8/3のガイドコース

 カミソリウオ

コメント:雲見無制限ダイブ3日目 波止場は大賑わいでした 本日はファンダイブチームとアドヴァンスチームでがっつり5ダイブしてきました〜 まず、1ダイブ目は小牛前でマクロ系フォトダイブとAOWのナチュラリストを実施しました ツユベラの幼魚やミナミハコフグなど南方系の幼魚が登場しましたね〜(^O^) 続いては地形&魚影ダイブとAOWのボートダイブでブイからエントリーして水路〜-24mアーチへ -24mアーチではテングダイやハナタツが見られました 3ダイブ目はAOWのドリフトダイブで-16mアーチからグンカンへ 途中、砂地でホタテウミヘビやタツノイトコをGET グンカン根頭はキンギョハナダイの群れがキレイでした〜 4ダイブ目は-24mアーチからエントリーして水路を通って湾内ブイへ 地形を満喫しました ちょっとダイバーが多かったので洞窟内が混雑してしまいご迷惑をおかけしましたm(_ _)m ラスト5ダイブ目は小牛裏カドから小牛まわりでブイへ マクロ系を中心にじっくりと生物をご紹介しました そして小牛の前で今シーズンの初モノ、カミソリウオをGET! 海藻のクロミルに擬態していました ユラユラとしながら眼はクリクリ動いてこちらの様子を伺っていました じっくり探せばきっと見つかると思いますよ〜

8月2日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:26℃ 水温:25.6〜23.9℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビタツノイトコ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、イシダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ若魚、ヒメギンポ、セボシウミタケハゼ、ムスメウシノシタ、アオサハギ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ)、ビシャモンエビオルトマンワラエビカイカムリイソコンペイトウガニ(写真)マルガザミ、ショウジンガニ、ムラサキウミコチョウヒトエガイ、イガグリウミウシ、オセロウミウシキイロウミウシミヤコウミウシアオウミウシウスイロウミウシ)、シラユキウミウシアオウミウシ属の一種5センテンイロウミウシフジイロウミウシリュウモンイロウミウシフリエリイボウミウシキイロイボウミウシ、オトメウミウシ、ヒブサミノウミウシシロミノウミウシ、ツマニケボリ、ソリキヌヅツミベニキヌヅツミフトトゲヒトデコペポーダスナイロクラゲなど
※8/2のガイドコース

 イソコンペイトウガニ

コメント:雲見無制限ダイブ2日目 マクロ系リクエストでがっつり50分×4ダイブしてきました〜(^O^) まず1ダイブ目は-16mアーチからエントリーしてトレジャーロックへ お約束のコブダイの餌付けもしました それにしても人懐っこいカワいいコブダイですね 2ダイブ目は大牛洞窟前でウミウシ・ダイブをしました 水温の上昇の影響かやや密度が薄くなってきたカンジですが逆に季節来遊ウミウシの登場が期待されますね〜 ガイドが入っていない時にロストしたフジナミウミウシやヤマブキウミウシを捜索してみたいと思います 3ダイブ目は新ジャンルのスタイル、フローダイブ(蛍光発色ダイビング)をしました ご一緒したダイバーは初めて体験する幻想的な光景に感動してくれましたヽ(^0^)ノ ラスト4ダイブ目はこのところハマっているシークレットポイントでウミウシ・ダイブをしました ウミウシの鉄板ポイントの大牛洞窟前よりむしろ密度が濃いのfではないでしょうか? 本日、見たウミウシのほとんどはここでGETしました 久し振りにヒトエガイも見られ盛り上がりました〜 本日の1枚はイソコンペイトウガニです 擬態の名手で見つけるが少し難しいのですが3個体、在庫を押さえています(笑) このコはお腹が大きいので抱卵中でしょうか?

8月1日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:27.5〜26.9℃ 透視度:12m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウ(写真)、タツノイトコ、マツカサウオ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、メジナ、イシダイ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ツユベラyg、テンスyg、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ、イソバナカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、アカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビカイカムリイソコンペイトウガニ)、ナマコマルガザミマルタマオウギガニヒトエガイニシキウミウシミヤコウミウシアオウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシセトイロウミウシ)、リュウモンイロウミウシ)、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシ、スミゾメミノウミウシアヤメケボリテンロクケボリツマニケボリシロオビコダマウサギなど
※8/1のガイドコース

 オオモンカエルアンコウ

コメント:今日から8月です! 夏、真っ盛りですね〜(^O^) そして8月の雲見無制限ダイブがスタートです フォトダイブで50分×4本、潜ってきました まず1ダイブ目はフォトダイブの鉄板コース、小牛前です 定番のコケギンポの仲間やイソバナカクレエビ、イソコンペイトウガニの他、季節モノのツユベラの幼魚をご紹介しました 2ダイブ目は三競で地形ダイブ と言ってもオオモンカエルアンコウやオキナワベニハゼ 、イソコンペイトウガニ、 クリアクリーナーシュリンプなどのマクロ系も織り交ぜてご案内しました 3ダイブ目は-16mアーチから大牛洞窟へ ホタテウミヘビやイソコンペイトウガニ、タツノイトコなどが見られました ラスト4ダイブ目はウミウシ・リクエストでシークレットポイントへ 海水温の上昇からかウミウシの鉄板コースの大牛洞窟前のウミウシ密度がやや薄くなった中、ここだけは相変わらずのウミウシ密度をKeepしています 普通種が中心ですがミヤコウミウシの幼体やボクの大好物のセトイロウミウシが見られました 黒潮祭り継続中です 是非、この機会に温かくて青い雲見をご一緒しましょう!

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED