ダイビングログ2007年9月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

9月30日(日)

神子元島 カメ根

天候:雨 気温:23℃ 水温:23〜22℃ 透視度:15m

観られた生物:アカシュモクザメver.1ver.2)、メジロザメ群れ、クエ、ワラサ、マダイ、タカベイサキ、マダイ、ハマフエフキ、ホウライヒメジ、イシダイ、シラコダイ、アオブダイ、イシガキフグなど

  ハンマーヘッドシャーク

コメント:9月も早いもので今日で終わりです と、いうことで満を持して神子元ツアーを開催しました あいにくの雨と東よりの強風で決して良いコンディションではありませんでしたが、海の中はとても静かで潮色も素晴らしかったですよ!1ダイブ 目はカメ根エリアをのんびり散策しました 高根周辺でイサキやタカベの群れをウォッチした後、中層(かなり上のほう)でハンマーを発見!エリア内でも十分に楽しめました 2ダイブ目も同様のコース取りでしたが潮が上げ始め、カレントがきつくなってきたので 早々に根待ちの省エネダイブ すると早速、ハンマーが登場 2個体登場し、今回は全員見ることができました  最後はメジロザメ十数匹の群れに囲まれての浮上になりました 神子元デビューの皆様、おめでとございます
BY松田

9月29日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨 気温:24℃ 水温:23〜22℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウver.1ver.2)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコ、イタチウオ、マツカサウオyg(写真)、イソカサゴ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイイシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ニジギンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ、コウイカの仲間、 アオサハギ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、マダコ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナマコマルガザミ、ショウジンガニ、テントウウミウシニシキウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、イボヤギミノウミウシなど

  マツカサウオ

コメント:朝から雨降りであいにくのお天気になりましたが、予報どおり、西風もおさまり穏やかなコンディションに恵まれました! 1ダイブ目は‐24アーチ周辺を散策しました レギュラーメンバーのベニカエルアンコウやハナタツ、この時期良く見られるサキシマミノウミウシなどをウォッチ 潮がかかり、中層はイサキの群れがすごかったです!2ダイブ目は小牛周辺をまわり、イソギンチャクを宿主にするエビの仲間やマダイの群れを観察しました 3ダイブ目は大牛の洞窟でサクラテンジクダイやコウイカの仲間、マツカサウオの幼魚をじっくり見てきました  4ダイブ目の三競ではイボヤギミノウミウシ・サンクチュアリ&洞窟ダイブを満喫しました あいにくのお天気で海の中は暗かったものの潮色がいいので全く気になりませんでした
BY松田

9月28日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24〜23℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、カエルアンコウベニカエルアンコウハナタツ、イタチウオ、マツカサウオyg、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ムツ、イサキ、コロダイ 、マダイ、イシダイ、カゴカキダイ、シラコダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、コガネスズメダイyg、ニザダイ、ツノダシ、アライソコケギンポガラスハゼ(写真)、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ウマヅラハギ、シマキンチャクフグ、マダコアカホシカクレエビイソギンチャクエビver.1ver2)、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、ナマコマルガザミムラサキウミコチョウ、テントウウミウシ、センテンイロウミウシアオウミウシ、シロハナガサウミウシ、セスジミノウミウシ、GLAUCIDAE sp.2トラフケボリベニキヌヅツミ、サチコツグチなど

  ガラスハゼ

コメント:朝一番は秋特有の強いカレントがかかっていました 小牛から大牛方面に大潮の昨日より潮が速かったです 当然、イサキ、ニザダイなど中層にいる魚の活性は上がり魚影もグンと濃くなっていました 大牛や小牛の壁面にはツマジロモンガラやメガネハギの幼魚をよく見かけます とっても用心深く、不用意に近づくとすぐに穴のなかに入って隠れてしまいます しばらくそのまま遠巻きに観察していると尻尾からそ〜っと出てきます その姿はなんともユーモラスです!機会がありましたら是非、観察してみてくださいね お昼前から南西の風が強くなり、久し振りに風波が立ちました 明日は雨予報ですが風が東よりに変わりますのでコンディションは今日よりずっと良さそうです!
BY松田

9月27日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24〜23℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、カエルアンコウベニカエルアンコウ、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオyg、イソカサゴ、クエ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、コミナトテンジクダイ、イサキ、コロダイ、ヨコスジフエダイ、マダイ、シマウミスズメ、スジコウイカ、マダコ、イソギンチャクエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビ(写真)、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ムラサキウミコチョウニシキウミウシ、アオウミウシ、キャラメルウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、イボヤギミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  ムチカラマツエビ

コメント:本日も引き続き素晴らしいコンディションでした 1ダイブ目、-24アーチ周辺でこのところずっと目撃されている大きなクエ2個体をウォッチ ネンブツダイ、イサキなど魚影も濃くいい感じです 2ダイブ目は小牛のまわりでじっくりフォト・ダイブ 小牛の砂地面は依然、大型のマダイが群れていました 3ダイブ目は三競で地形&ウミウシ・ダイブをしました 潮色が良くアーチに差し込む光、壁一面を覆うイボヤギのオレンジ色のポリプがとてもキレイでしたよ 今週末も期待できますね〜! 今回、ご一緒した皆様、たくさんの画像提供どうもありがとうございました
BY松田

9月26日(水)

雲見 赤井浜/牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24〜23℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、カエルアンコウ(写真)、ハナタツ、クエ、ミノカサゴyg、クロホシイシモチ、キンセンイシモチ、コスジイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、クロダイ、イシダイ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、トビヌメリ、ニザダイ、アカカマス、ハナハゼ、ダテハゼ、マダコ、ニシキテッポウエビ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  カエルアンコウ

コメント:穏やかなダイビング日和でした 三連休の喧騒がまるで嘘のように静かな雲見でした 赤井浜で3年ブランクの方のリフレッシュダイブをしました 水深が浅いので水底まで光が差し込みとても明るい海の中でした イバラカンザシを引っ込めては出てくるまで観察するなど、普段のファンダイブ以上にのんびり潜りました 岩場に集まるソラスズメの幼魚の青はホント、きれいでしたョ! キバナトサカにはホソテンロクケボリ、サンゴソギンチャクにはイソギンチャクエビのペアが棲んでいました ちなみに大きくてずんぐり丸っこいほうがメスです
BY松田

9月25日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24〜23℃ 透視度:12m

観られた生物:トラウツボ、ウツボホタテウミヘビカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、マツカサウオygクエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ(写真)、ツマグロハタンポ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニジギンポ、トウシマコケギンポアライソコケギンポガラスハゼ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、アオサハギ、シマウミスズメ、ボウズコウイカ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イセエビナマコマルガザミイボイソバナガニ、アオウミウシ、フリエリイボウミウシキイロイボウミウシスミゾメミノウミウシなど

  マダイ

コメント:本日、一気にコンディションが上向きました 水温、潮色ともまさにベストシーズン到来といっていいでしょう! 1ダイブ目アドベンチャー・ディープで−24mのアーチや水路の洞窟を堪能 大きなクエに大接近しました 2ダイブ目はアドベンチャー・ドリフトで−16mのアーチからグンカン周辺を流しワイド×2なダイブ 潮色がいいので本来の雲見正統派マクロ系ダイブをしばし忘れてしまいました、、、 3ダイブ目はアドベンチャー・U/Wナチュラリストで小牛周辺をねちっこく潜りました 小牛の砂地の中層には大型のマダイがものすごい数で群れています! いい潮が入ってきました 今後におおいに期待ができます ベストシーズンです 生物&フォトガイドに強いEXILESに是非、遊びにいらして下さいっ!
BY松田

9月24日(月)

雲見 牛着岩/張石ビーチ/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:23〜22℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、カタクチイワシyg、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、イシダイ、マダイ、イトフエフキ、シラコダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ヒメギンポ、ニジギンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、アオサハギ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ボウズコウイカ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ノコギリガニ、トゲアシガニ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシ、アオウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシイボヤギミノウミウシ(写真)など

  イボヤギミノウミウシ

コメント:3連休の最終日も穏やかなコンディションに恵まれました 1ダイブ目はアドベンチャー・ダイブのドリフトで牛着岩の沖合いを潜りグンカンでEXITしました イレギュラーな潮流にちょっぴり苦戦しましたが、イサキの群れなど魚群を満喫しました 2ダイブ目は潮流がキツくなり潮をかわしながらのダイブになりました カレントが強い分、魚の活性も上がり気持ち良いダイビングでした 3ダイブ目はアドベンチャー・ダイブのナビゲーション講習をしました 皆さんコンパスナビはバッチリでしたね 4ダイブ目は三競で地形&マクロ系フォト・ダイブを楽しみました イボヤギミノウミウシやキャラメルウミウシなどをじっくり撮影 3番、4番の洞窟を楽しんできました
BY松田

9月23日(日)

浮島 ビーチ(ナイト)

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23℃ 透視度:−m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴ、セレベスゴチ、クロイシモチ、コスジイシモチ、ヨメヒメジ、クロサギ、サビハゼ、カワハギ、キタマクラ、アオリイカ、フトミゾエビ、シロハナガサウミウシ(写真)ホソテンロクケボリ、ウミサボテンなど

  シロハナガサウミウシ

コメント:浮島ビーチでのんびり長めのナイトダイブをしてきました 幻想的な夜光虫やウミサボテンの発光を楽しんできました 昼間、活動している魚は体色を変え、水底にじっとしています 昼間は砂の中に隠れているアナゴや甲殻類が活発に活動しています ユビノウトサカを摂食しているシロハナガサウミウシも昼間はグチャっと固まっていてキモかわいい感じですがナイトダイビングでライトアップされた姿はとてもキレイです 夜の海は潜る度に新しい発見がありますね EXILESでは浮島ビーチと田子のボートナイトが楽しめます 是非、リクエストして下さいね!
BY松田

9月23日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:26℃ 水温:24〜22℃ 透視度:8m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘエビ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、カミソリウオ、イタチウオ、ミノカサゴyg、ハナミノカサゴ、クエ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、ヨコスジフエダイ、マダイ、シラコダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、アオサハギ、アミメハギ、ツマジロイモンガラyg、メガネハギyg、ボウズコウイカ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシ、アカネコモンウミウシ(写真)、キャラメルウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、イボヤギミノウミウシなど

  アカネコモンウミウシ

コメント:3連休の中日、港はダイバーで大賑わいでした 2ダイブ目から秋特有の速い潮流がかかり、潮陰にかわしながらのダイビングになりました 潮通しが良い分、魚の活性も上がり魚影が非常に濃かったです! 三競でアカネコモンウミウシの目撃情報がありました 3ダイブ目に早速、確かめに行きました カニノテの上にちょこんと乗っかっていて、かなり大きめでキレイな個体でした 久し振りに見ました〜! その他、牛着岩の−24mのアーチでは大きなクエに大接近っ!! 地形、マクロ、群れ、大物など雲見を満喫しました 
BY松田

9月22日(土)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24〜22℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:トラウツボ、カエルアンコウベニカエルアンコウハナタツカミソリウオミノカサゴygイソカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ(写真)、コミナトテンジクダイ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、イシダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、スズメダイ、アオサハギ、ボウズコウイカイソギンチャクモエビビシャモンエビムチカラマツエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、ベニイシガニ、ムラサキウミコチョウモンガラキセワタヒロウミウシウスイロウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシキャラメルウミウシミズタマイボウミウシイボヤギミノウミウシver.1ver.2)、シロミノウミウシスミゾメミノウミウシjuv.など

  サクラテンジクダイ

コメント:3連休の初日はデジタルU/Wフォトグラファーの講習を開催しました なんでもかんでもというわけではなく、じっくり撮影できるマクロ系を中心にコースを催行しました 台風CLOSE明けの雲見の潮色は今ひとつ芳しくありませんでしたが、マクロ系にターゲットを絞ってじっくり撮影すればコンディションに左右されにくく、オススメですよ  今回の台風は本州に上陸しませんでしたので西伊豆への影響はさほどなく、CLOSE明けの今日もCLOSE前とほぼ同じ生物が見られ、60分×3本勝負で粘って頂きました! 今回ボク自身は内臓ストロボはもちろん、外部ストロボ、さらにレンズもさまざまな倍率のものを試してみました
BY松田

9月21日(金)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24〜22℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、カエルアンコウハナタツカミソリウオミノカサゴyg、ボラ、クエ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、オヤビッチャyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ベラギンポアライソコケギンポ、ダテハゼ、カワハギ、アオリイカ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビマダライロウミウシ(写真)など

  マダライロウミウシ

コメント:台風12号の影響で6日ぶりの雲見でした 1ダイブ目はブランクの方のリフレッシュで張石ビーチです コンディションが思いのほか早く回復していてビックリ 砂地でのんびり癒し系ダイブを楽しみました 2ダイブ目は牛着岩を潜りました やっぱり雲見はいいですね〜! 秋特有の潮がかかり少しハードなコンディションでしたが魚影は濃く、台風のヨタでCLOSEする前とほぼ同じキャストが登場しました 特にマダライロウミウシはサイズも大ぶりでマクロ・コンバージョン・レンズがなくても充分勝負できます 明日はデジタルU/WフォトSPを開催しますので、じっくりフォト・ダイブをしてきますね LOGをお楽しみに!
BY松田

9月20日(木)

田子 瀬ノ浜/白崎bP

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24〜20℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、カタクチイワシyg、ミノカサゴ(ad,,yg.)、メバル、ネンブツダイ、マダイ、カゴカキダイ、タカノハダイ、イソギンチャクエビ、ヒメイソギンチャクエビオシャレカクレエビ、ムラサキゴカクガニ、ヒロウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、シロハナガサウミウシ(写真)、コダマウサギガイなど

  シロハナガサウミウシ

コメント:気持ちのいいお天気に恵まれた一日でした 秋晴れというには日差しが強く、まさにダイビング日和 でもまだ海はヨタが残り、本日も田子を潜りました PADIスキンダイバー・コースで瀬ノ浜を2ダイブ、スクーバで白崎をリサーチダイブしました 瀬ノ浜の水温は26℃とぬくぬくでしたが、潮色は依然厳しかったです 船着場にもカタクチイワシの幼魚がたくさん群れていて時折、カンパチの幼魚がアタックをかけていました 白崎は水底の水温が低かったものの透視度は若干良くなった感じです あいかわらずピカチューの個体数は多く、他店情報ではルージュミノウミウシが見られたようです ブイ付近では久し振りに黄色い大きなベニカエルアンコウが見られました!
BY松田

9月19日(水)

田子 フト根(沖根)/前浜〜弁天島/白崎bP

天候:曇り 気温:25℃ 水温:24〜20℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ノコギリヨウジ、マツカサウオ、ゴンズイ、ミノカサゴver.1ver.2)、キンギョハナダイ、サクラダイ、ワラサ(写真)、イサキ、タカベ、ウメイロ、イシダイ、マダイ、イスズミ、メジナ、アオブダイ、ブダイ、スズメダイ、マツバスズメダイ、ナガサキスズメダイ、オキゴンベ、ニザダイ、コケギンポの仲間、チャガラ、ハナハゼ、イチモンジハゼ、コウイカの仲間、オシャレカクレエビヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ナマコマルガザミ、サンゴガニ、ウデフリツノザヤウミウシシロハナガサウミウシ、TRITONIIDAE sp.1、ミチヨミノウミウシ、テンロクケボリ、コダマウサギガイなど

  ワラサ

コメント:オープン・ウォーター・コースのファイナルとファンダイブで本日も田子を潜ってきました 台風12号のヨタがまだ残っていて雲見は牛着岩の水路が通行禁止とのことです でも田子湾内は極めて穏やか 外海も前日に比べればずいぶん凪いできました 今日もフト根の沖根を潜りましたが、ブイを設置してある根の周辺には前日に続き、イサキ、タカベが群れ、そこにワラサが数個体回遊していました 北側の根に行ってガヤ食のミチヨミノウミウシをご一緒した方にご案内しようと振り返った瞬間、そこには一面、ワラサの壁がっ!思わず声を出してしまいました 潮色は厳しいものの魚影爆発、マクロ系も充実の田子でした
BY松田

9月18日(火)

田子  瀬の浜/白崎bQ/弁天島〜前浜/フト根(沖根)

天候:曇り 気温:28℃ 水温:25〜24℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ウツボ、タツノイトコ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、サツマカサゴ、メバル、マゴチ、ワニゴチ、カタクチイワシyg、キンギョハナダイ、サクラダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ワラサ、カンパチ、イサキ、コロダイyg、タカベ、ウメイロ、マダイ、ブダイ、クマノミ、コガネスズメダイ、スズメダイ、ニシキハゼ、ホシハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、サビハゼ、カワハギ、キタマクラ、ダルマガレイ、オシャレカクレエビ(写真)イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、ヒメイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ、ヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシver.1ver.2)、アオウミウシ、シロハナガサウミウシ、TRITONIIDAE sp.1、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ハツユキダカラなど

  オシャレカクレエビ

コメント:ファンダイブとオープン・ウォーター・コースに分かれて田子を潜りました ファンダイブ・チームは湾内でマクロ系を満喫、外海でイサキやタカベの群れ、そしてワラサの群れに遭遇 おおいに盛り上がりました! 今シーズン初めてオシャレカクレエビを見ました ペアでサンゴイソギンチャクに付いていましたが、イソギンチャクエビも同じサンゴイソギンチャクに付いていました 別の種類のカクレエビが同じイソギンチャクを宿主にするのは珍しいのではないかと思います それにしてもピカチューが依然、大発生中です でもカワイイから何個体見ても嬉しいものです
BY松田

9月17日(月)

田子 弁天島〜前浜/白崎bQ/田子島裏

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:25〜24℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ウツボ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴカサゴ、オニカサゴ、メバル、ワニゴチ、 キンギョハナダイ、サクラダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マアジ、イサキ、イトヒキベラ、ニシキハゼ、ホシハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、アオサハギ、アミメハギ、コウイカの仲間、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、サラサエビ、イセエビ、ヒトデヤドリエビver.1ver.2ver.3)、ナマコマルガザミ、ウデフリツノザヤウミウシタンンブヤ・ウェルコニスイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、センテンイロウミウシ、TRITONIIDAE sp.1、キイロイボウミウシなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:ファンダイブ・チームは田子を潜りました 白崎ではタンブヤ・ウェルコニスが登場 大型でキレイなウミウシのすが、ちょこまか移動しているようで続けて見られないのが玉にキズです ミノカサゴの幼魚があちこちで見られているようです 幼魚のうちはホントかわいいですよね! このところ良く目撃されているホクヨウウミウシ科のウミウシ(TRITONIIDAE sp.1)は本日も登場 しかも15cmはあろうかという立派な体躯です その他、オオアカヒトデにヒトデヤドリエビが付いていました 田子湾内は非常に生物が多く、潜れば潜るほどその奥行きの深さを感じずにはいられません 雲見CLOSEで田子に移動しても楽しんで頂けますよ!
BY松田

9月17日(月)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:25〜24℃ 透視度:3m

観られた生物: アオヤガラ、カタクチイワシyg、カンパチ、クロホシイシモチ、イトフエフキ、サビハゼ、ヒメイソギンチャクエビ、シロハナガサウミウシなど

  浮島のプールにて

コメント:オープン・ウォーター・コースと体験ダイビング、スクーバリビューチームは浮島を楽しんできました 台風の影響でしょうか? ビーチにはヨタが入っていて潮色もかなり厳しかったです でも、今回ご参加の皆様はとても元気が良く、プールダイブ中もとても賑やかで楽しかったですよ! ビーチにも割と良型のカンパチが入ってきていました お天気も良くのんびり一日過ごせましたね 体験ダイビングにご参加の皆様、是非スクールを受講されてはいかがでしょうか?楽しみにお待ちしています
BY松田

9月16日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:22〜21℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、カエルアンコウベニカエルアンコウハナタツver.1ver.2ver.3)、カミソリウオ、イタチウオ、マツカサウオyg、クエ、ネンブツダイ、 イサキ、アジアコショウダイyg、コロダイ、テングダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、キンチャクダイyg、カゴカキダイ、クマノミ、 ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミサキウバウオ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポver.1ver.2)、ヤマドリ、 メガネハギyg、ツマジロモンガラyg、マダコ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ(写真)、カザリイソギンチャクエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、マダライロウミウシ、コイボウミウシなど

  イソギンチャクモエビ

コメント:連休の中日ということもあり、かなりタイトな感じでしたがダイバーが集中するポイントをずらして潜れば、陸上での喧騒を忘れてしまうダイビングができます フォト派の方を中心にじっくりマクロ系フォト&ウォッチダイブをしてきました 前日に続き、マダライロウミウシや大きなカエルアンコウ、アジアコショウダイygなどが見れました 台風9号後、赤と黒のカミソリウオのペアが観察されています 大型回遊魚や季節来遊魚が頻繁に見られるようになり、伊豆のベストシーズンの到来を実感せずにはいられませんね!
BY松田

9月15日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23〜21℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、カエルアンコウベニカエルアンコウver.1ver2)、ハナタツver.1ver2ver.3)、カミソリウオ、イタチウオ、アオヤガラ、ミノカサゴyg、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイver.1ver2)、クロホシイシモチ、マアジ、タカベ、ヨコシジフエダイ、イサキ、アジアコショウダイyg、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、スズメダイ、ヤマドリ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、 メガネハギyg、ツマジロモンガラyg、コウイカの仲間、マダコ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシミアミラウミウシセトイロウミウシ、アオウミウシ、マダライロウミウシ(写真)コイボウミウシミチヨミノウミウシホソテンロクケボリなど

  マダライロウミウシ

コメント:3連休の初日です 雲見の港はダイバーで賑わっていました コンディションもまずまずで、牛着岩周辺は生物が大変充実しています H型の水路では居付きの大型クエが見られました 小牛の砂地側の壁では大型のマダイが集まっています その他、南方系ウミウシのマダライロウミウシが見られました! 割と大き目の個体なのでマクロ・コンバージョン・レンズがなくてもそこそこ撮れそうです 魚影、大物、マクロ系と幅広くダイバーの好みにお応えできそうな今日この頃の雲見です 皆様のリクエスト、是非お待ち申し上げます
BY松田

9月13日(木)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:25℃ 水温:22〜20℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、カエルアンコウver.1ver2)、ベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、ボラ、カタクチイワシyg、クエ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、カンパチ)、イナダ、マアジ、ムツ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、メイチダイyg、テングダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、アカヒメジ、アライソコケギンポトウシマコケギンポver.1ver2)、カワハギ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビver.1ver2)、モクズショイ、ナマコマルガザミムラサキウミコチョウニシキウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、ミチヨミノウミウシトラフケボリver.1ver2)、コダマウサギガイなど

  カンパチの群れ

コメント:昨日の大雨の影響はさほど感じられませんでした 牛着岩の浅い根頭付近では良型のカンパチがかなりの数で群れていました イナダの群れや大型のマダイもカタクチイワシygの群れにアタックをかけていました 依然、回遊魚や大型魚の活性が高いですね 他店情報で教えてもらったカエルアンコウやアジアコショウダイの幼魚を見てきました 岩礁域の多い雲見ではカエルアンコウが登場するのは割と珍しいですね オレンジ色っぽい個体はどうやら、5月に小牛の沖合いで目撃されたものと同個体のようです アジアコショウダイの幼魚ですが、LOGをひも解いてみると雲見で過去に登場したのはなんと2002年の9月末でした でも、不思議なことに出没エリアは5年前とかなり近いんです 自然って面白い!
BY松田

9月12日(水)

田子 弁天島〜前浜/白崎bP

天候:雨→晴れ 気温:29℃ 水温:22℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:ベニカエルアンコウタツノイトコver.1ver.2、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、カタクチイワシyg、ミノカサゴyg、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ハタタテダイニシキハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、カワハギ、ボウズコウイカ、ヒメイソギンチャクエビイソギンチャクモエビヒトデヤドリエビver.1ver.2、オトヒメエビ、マルガザミ、ナマコマルガザミ、ウデフリツノザヤウミウシver.1ver.2イガグリウミウシ、センテンイロウミウシ、クチナシイロウミウシ(写真)キイロイボウミウシ、オオアカヒトデなど

  クチナシイロウミウシ

コメント:昨晩から降り続いた大雨で河川から泥水が海に流入した為、急遽ダイビング・ポイントを雲見から田子に変更しました 田子は港内に川があるものの泥水の流入がないので、予想通り比較的良いコンディションで潜れました 1ダイブ目の弁天島は若干ヨタが入っていたものの、深場は潮色が良くタツノイトコが4個体も見られました 2ダイブ目の白崎では先週見つけた大きなベニカエルアンコウや大量発生中のピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)をウォッチしました でもなんといっても本日のヒットはクチナシイロウミウシですね 今シーズン2個体目の遭遇です 田子湾内はウミウシ天国といった様相です!大好きなヒトデヤドリエビも見られ、小物で盛り上がった一日でした
BY松田

9月11日(火)

雲見 牛着岩/張石ビーチ/三競

天候:雨→晴れ 気温:28℃ 水温:22℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:クロアナゴ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ゴンズイ、ハナミノカサゴ、カタクチイワシyg、ボラ、 オオモンハタ、キンギョハナダイ、カンパチ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、ヨコスジフエダイ、テングダイ、イシダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、カゴカキダイ、オハグロベラ、ソラスズメダイ、ベラギンポ、トビヌメリ、トウシマコケギンポ、ツノダシ、アカカマス、ボウズコウイカ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、コマチコシオリエビ、トゲアシガニ、ショウジンガニ、スイートジェリーミドリガイ(写真)ニシキウミウシセトイロウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、キャラメルウミウシキイロイボウミウシイボヤギミノウミウシver.1ver.2)など

  スイートジェリーミドリガイ

コメント:天気予報は雨、、、でも予報はいい方に外れ、お天気に恵まれました! 1ダイブ目はディープダイブ 水中作業中もイサキの群れや、ネンブツダイの群れなどたくさんの魚に囲まれましたよ! 2ダイブ目は張石ビーチでナビゲーションのトレーニング 前日の大雨で河川からの泥水が流れ込んだ為に、ビーチの透視度は今ひとつでしたが見えすぎるよりはむしろ、ナビの練習には良かったのかもしれません 3ダイブ目はリクエストで三競へ行きました 三競のエアー・ドームでは差し込む光がとても幻想的でした 4番目の洞窟もキサンゴの仲間がオレンジ色のポリプを広げ、お花畑のようでしたよ ちなみに前日に発見したイボヤギミノウミウシは本日も見られました しかも産卵中でしたよ!
BY松田

9月10日(月)

浮島 ビーチ(ナイト)

天候:曇り 気温:25℃ 水温:22℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:サカタザメ、ウツボ、ハナアナゴ、ハチyg(写真)セレベスゴチ、コスジイシモチ、ヨメヒメジサビハゼカワハギアオリイカjuv.、イセエビ、マルガザミ、コノハミドリガイクロスジアメフラシタツナミガイ、ウミサボテンなど

  ハチ幼魚

コメント:アドバンスのナイト・ダイビングは浮島に移動して開催しました 浮島ビーチのナイトは楽しめますよ!ゆっくり、ゆったり、のんびりで50分以上ナイトダイビングを満喫してきました 日中、活動している生物は寝ていてじっとしているのでじっくり観察できます さらに砂の中や岩の隙間から夜行性の甲殻類やアナゴの仲間が活動を始め、むしろ昼間のダイビングより海の中が賑やかですよ! ライトを胸に押し当て光を遮って真っ暗な水中で夜光虫やウミサボテンの発光を楽しみました 浮島ビーチでは割と珍しい1mオーバーのサカタザメも見られ、ご一緒したダイバーの方もきっと、初めてナイトダイビングを楽しんでいただけたことと思います! ナイト・リクエストお待ちしています
BY松田

9月10日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:28℃ 水温:22℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、カタクチイワシyg、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ヤマドリ、アライソコケギンポver.1ver.2)、ガラスハゼ、ムスメウシノシタボウズコウイカアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビver.1ver.2)、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビセンテンイロウミウシアラリウミウシシロウミウシ、ウスイロウミウシ、アオウミウシキャラメルウミウシキイロイボウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシイボヤギミノウミウシ、ハツユギダカラなど

  イボヤギミノウミウシ

コメント:朝からものすごい雷雨 ポイントまでの移動中にも雷が鳴っています 鉛色の空はさながら永井豪の名作、デビルマンの格闘シーンの背景のようです(わかるかな〜?) でも、海の中は大賑わいでした アドバンス&ファンダイブ、大物〜小物と地形を満喫しました! ムチカラマツを宿主にしているエビやカニ、ハゼなどをじっくりフォト 根頭ではカンパチがカタクチイワシ幼魚の群れにアタック 青モノにはついつい反応してしまいます 2ダイブ目は少し潮がかかり、カンパチや大型のマダイが中層で見られました 3ダイブの三競では洞窟を満喫 さらに岩肌でイボヤギミノウミウシを発見しました しかも3個体っ!過去に1個体しか見たことがなかったのでボク的には大収穫でした
BY松田

9月9日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:23〜22℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ハナタツ、カタクチイワシyg(カエリ)、ミノカサゴ、オオモンハタ、イナダ、カンパチ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、オキゴンベ、タスジウミシダウバウオ、ヤマドリ、ヒメギンポ、ニジギンポ、チャガラガラスハゼ、 メガネハギyg、ボウズコウイカver.1ver2)、マダコ、アカホシカクレエビビシャモンエビver.1ver2)、ムチカラマツエビ、イセエビ、イボイソバナガニ、ナマコマルガザミ、トゲアシガニ、ヒロウミウシサラサウミウシjuv.フジナミウミウシセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、キャラメルウミウシミズタマイボウミウシキイロイボウミウシサキシマミノウミウシハクセンミノウミウシミチヨミノウミウシシロミノウミウシ、トラフケボリ、テンロクケボリ、タルダカラなど

  カンパチの群れ

コメント:水温、潮色とも台風上陸前より若干下がっているものの、それでも上々のコンディションでした!グンカン根頭ではイナダとカンパチの群れがカエリの群れにアタック 青モノを見るとついつい血が騒いでしまいます(笑) 台風一過、近隣のダイビングスポットではクマドリイザリウオが登場したとの情報があり、雲見も負けてはいられないと、過去に登場したエリアを丹念に探しながらのガイディングでしたが、なかなかそう上手くはいきませんね、、、 オオウミシダをチェックしていたらタスジウミシダウバウオがいました 今シーズン初めて見ました! 大きな個体で観察しやすいですよ
BY松田

9月8日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:23〜22℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツver.1ver2ver3)、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、カタクチイワシyg(カエリ)ネッタイミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イナダカンパチyg、マダイ、クロダイ(群れでイナダと混泳)ヒゲダイ、イシダイ、シラコダイ、キンチャクダイyg、ヤマドリヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポ、ガラスハゼイソハゼの仲間セイテンビラメ、イソギンチャクモエビver.1ver2)、ムチカラマツエビビシャモンエビオトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウイソカサゴの背中に乗っていました)、ニシキウミウシver.1ver2ver3センテンイロウミウシアオウミウシコイボウミウシミレニアムマツカサウミウシ(産卵中)サキシマミノウミウシミチヨミノウミウシver.1ver2)、トラフケボリホソテンロクケボリサチコツグチなど

  ネッタイミノカサゴyg

コメント:台風一過の雲見、エントリーしてすぐカエリ群れに遭遇 動きがあきらかに変です パーッと散った瞬間、イナダの群れが登場 すぐさまクロダイの群れ(初めて見ました) も登場 そしてクロダイの群れとイナダの群れが混泳してカエリにアタックをかけます! 水底付近でヒゲダイ発見 神子元などの潮通しの良い外洋ポイントで はよく見かけますが、雲見ではあまり見かけない魚です あきらかに台風前と様子が違います! そしてなんとネッタイミノカサゴの幼魚も登場しました 最初、キリンミノかと思いましたが、 尾ビレ付近の模様などをじっくり観察してみるとやはりネッタイミノでした 雲見で見たのは初めてです 明日は東よりの風です さらにコンディションが上向いてきそうです 期待しましょう
豆知識:カタクチイワシの幼魚=シラス(〜2cmまで)=カエリ(3〜5cm)=カタクチイワシ(5cm〜)
BY松田

9月5日(水)

田子 フト根(沖根)/弁天島〜前浜/白崎bP

天候:晴れ 時々雨 気温:30℃ 水温:25〜23℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、ヒフキヨウジ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、イナダ、カンパチyg、ツムブリ、マダイ、ハマフエフキ、イスズミタカベ、ウメイロ、キンチャクダイyg、イトヒキベラ、コブダイyg、スズメダイ、コガネスズメダイ、コケギンポの仲間、スケロクウミタケハゼ、ホシノハゼ、ハナハゼ、ニシキハゼ、ヒメイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、サンゴガニニシキツバメガイ(写真)、ヒョウモンツバメガイ、ヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシver1ver2)、イガグリウミウシセンテンイロウミウシ(産卵中)アオウミウシムカデミノウミウシjuv.コダマウサギガイヒラムシの仲間など

  ニシキツバメガイ

コメント:空模様は時折り雨が降ったり強い日差しがのぞいたり、なまぬるい風が吹くなど台風の接近を肌で感じました でも海のほうはコンディションばっちりで外海も潜れました 1ダイブ目はフト根をやりました 軽く潮がかかり魚影が濃く楽しめました! 2ダイブ目は弁天島です ピカチューやセンテンイロウミウシ、ムカデ ミノウミウシの幼体などたくさんのウミウシが見られました 砂地にはヒョウモンツバメガイの黒バージョンが大発生 その中になんとニシキツバメガイがっ!今シーズン2個体目を目撃しました 小さな魚を追って、カンパチ、イナダ、ツムブリが登場しました 3ダイブ目は白崎です 今回もピカチューがたくさん見られました 大きなベニカエルアンコウも見られ、3ダイブともとっても盛り上がりました
BY松田

9月4日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26〜24℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:トビエイ、ホタテウミヘビ、トラウツボ、ハナタツver.1ver.2ver.3)、カミソリウオ、アオヤガラ、イタチウオ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチyg、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、カゴカキダイ、ハタタテダイ、ツノダシ、ヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポ、クロユリハゼyg、ハナハゼ、ガラスハゼ、ハリセンボン、ミナミハコフグyg、シマウミスズメ、アオリイカ、ボウズコウイカ、マダコ、イソギンチャクモエビカザリイソギンチャクエビビシャモンエビムチカラマツエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ♀(写真)、ナマコマルガザミ、ベニイシガニ、トゲアシガニ、ショウジンガニ、スベスベマンジュウガニ、アオウミウシ、フリエリイボウミウシサキシマミノウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  イボイソバナガニ♀

コメント:今日も引き続き素晴らしいコンディションに恵まれました 潮色、水温とも前日より若干下がったものの、充分過ぎるコンディション、気持ちよく潜れました!このところ、あまりにも透明度が良いので本日はウミウシ・ダイブはお休み ワイド×4で雲見を満喫してきました 牛着岩と三競でそれぞれトビエイを目撃 真っ白な砂地にあのシルエットは映えますね〜 グンカン根頭にはテンジクダイの幼魚がものすごい数で群れています  潜った時は潮がかかっていて、とても気持ちよかったですね う〜ん、でも残念ながら明日から雲見は台風避難の為にボートを揚げるのでCLOSE、、、 でも明日いっぱいは海のほうも何とかもちそうです そして田子湾内もスペシャルなポイントなので海の中が今から楽しみです
BY松田

9月3日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26〜24℃ 透視度:〜20m

観られた生物:ベニカルアンコウ、ハナタツ、カミソリウオ(写真)、オオモンハタ、カンパチ、 マアジ、イサキ、コロダイ、タカベ、スズメダイ、クマノミ、 スズメダイ、ヤマドリ、 ヒメギンポ、アライソコケギンポイソハゼの仲間、ムスメウシノシタ、 ボウズコウイカマダコムチカラマツエビ、ビシャモンエビver.1ver2)、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミモンガラキセワタヒロウミウシフジナミウミウシミヤコウミウシjuvアラリウミウシセンテンイロウミウシ、ウスイロウミウシjuv、アオウミウシ、 キャラメルウミウシミズタマイボウミウシコイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシハクセンミノウミウシGLAUCIDAE sp.2ホソテンロクケボリサチコツグチ、ヒラムシの仲間など

  カミソリウオのペア

コメント:台風9号が接近していますが、嵐の前の静けさでしょうか?今シーズン最高のコンディションに恵まれました 水温は26℃!透視度は20m以上!!いや〜、こんな素晴らしいコンディションは3年振りでしょうか?気持ち良く60分×3ダイブ、がっつり潜ってきました!フォトダイブ・リクエストで潮色がいいのに中層には背を向け、マクロ系をじ〜〜っくり撮って頂きました (笑) 浅場ではミノウミウシの仲間が多く見られましたよ こんなに素晴らしいコンディションなのに台風でCLOSEするなんて本当にもったいないですね、、、 でも台風一過、どんな生物が運ばれてくるかわかりませんよ 台風も決して悪いばかりではありませんので台風一過に期待しましょう
BY松田

9月2日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26〜24℃ 透視度:18〜15m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、カミソリウオ、イタチウオ、ハナミノカサゴ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、カンパチ、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、ハタタテダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ヤマドリ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、ハナハゼ、ボウズコウイカマダコビシャモエビ(写真)、ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ナマコマルガニミ、ムラサキウミコチョウセンヒメウミウシニシキウミウシフジナミウミウシ、サラサウミウシ、アラリウミウシマダライロウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、セスジミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、ハクセンミノウミウシミチヨミノウミウシ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリなど

  ビシャモンエビ

コメント:9月に入ってさらにコンディションが上向きました!ワイドからマクロ系の生物までとても充実しています 牛着岩の沖側ではイサキ、タカベ、マアジの群れが混泳 カンパチもいいサイズから幼魚まで群れていました ツノダシやハタタテダイなど南方系の魚も青い海に彩りをそえています もちろん今日もウミウシの仲間はたくさん見られましたよ イソギンチャクを宿主にするカクレエビの仲間も増えましたね フォト派の方には「泳がない雲見ダイブ」を提唱していますのでガッチリ生物撮影に集中して頂きました そして今回ご一緒した皆様、たくさんの画像提供本当にありがとうございました
BY松田

9月1日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26〜22℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.1ver.2)、カミソリウオハナタツver.1ver.2)、ルリハタ、クロホシイシモチ、カンパチyg、マアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、ツマグロハタンポ、シラコダイ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、アライソコケギンポver.1ver.2)、ツマジロモンガラyg、ムスメハギyg、アオサハギyg、ハナキンチャクフグ、マダコ、イソギンチャクモエビver.1ver.2)、カザリイソギンチャクエビ、ビシャモンエビムチカラマツエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、ウスイロウミウシセンテンイロウミウシアオウミシコイボウミウシキイロイボウミウシ、セスジミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、シロミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、シュスヅツミ 、テンロクケボリホソテンロクケボリ(写真)など

  ホソテンロクケボリ

コメント:伊豆のダイビングのベストシーズンの幕開けです!潮色よく、水あたたかく、魚影が濃く、素晴らしいコンディションでした 台風9号の影響は今のところまったくありません 季節来遊魚、大型回遊魚など海の中はひと足早く、衣替えといったところでしょうか マクロ系も充実×2!!今日は牛着岩を4ダイブしましたが、ウミウシの仲間や甲殻類、ギンポの仲間などフォトジェニックな生き物たちがたくさん見られました 台風9号の動向が気になるところです 雲見潜り放題キャンペーンでご予約頂いた皆様には前日までにはコンディションの方をインフォメーション致します ご検討中の方は直接、当店までお問合せ下さいませ
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED