ダイビングログ2008年9月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

9月30日(火)

田子 弁天島/沖根

天候:晴れ 気温:18℃ 水温24.2℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ワニゴチ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、ハマフエフキ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、トラギス、コケギンポの仲間、ネジリンボウヨソギ、コウイカの仲間、オシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ヒロウミウシ、アカネコモンウミウシ(写真)、アオウミウシ、コイボウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  アカネコモンウミウシ

コメント:早いですね〜、今日で9月も終わりです 台風の影響が強くなり、残念ながら本日から雲見はCLOSEです でも悪いときの雲見より田子湾内のほうが透視度が良く、ウネリの影響がすくないのでじっくりとフォトダイブを楽しんでいただけますよ 1ダイブ目はネジリンボウ・リクエストで弁天島へ 途中、アカネコモンウミウシ(写真)が登場し、盛り上がりました〜! オシャレカクレエビは毎年この頃になると同じ 場所に登場します 体が透き通っている為、風景に同化してなかなか見つけづらいのですがハサミの先端がほんのり茶色いのでチェックして見て下さい 2ダイブ目は ラッキーなことに沖根にいきました いい潮がかかっていましたが、大物には遭遇しませんでした 3ダイブ目は弁天島でマクロ三昧でしたよ

9月28日(日)

田子 弁天島/白崎bP〜2

天候:曇り 気温:22℃ 水温27〜21℃ 透視度:5〜2m

観られた生物:トラウツボ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、コロダイ、イシダイ、ハタタテダイ、オハグロベラ、ホンソメワケベラ、キンメモドキ、クマノミコガネスズメダイ、ソラスズメダイ、トラギス、ニジギンポ、ツノダシ、ツバメウオ若魚、オキナワベニハゼカワハギ、ハコフグ、ウミスズメ、カザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イセエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルミウシ、ウスイロウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシなど

 

コメント:所用に付、松田不在に付きコメントがありません

9月27日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温27〜21℃ 透視度:8〜2m

観られた生物:イタチウオ、ゴンズイ、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、クエ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、シラコダイ、カゴカキダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼ、アミメハギ、ハコフグ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、コマチコシオリエビ、ナマコマルガザ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、ミヤコウミウシ、コイボウミウシ、サチコツグ、ベニキヌヅツミなど

 

コメント:所用に付、松田不在に付きコメントがありません

9月25日(木)

田子 弁天島/白崎bP〜2

天候:晴れ 気温:26℃ 水温25℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:オニカサゴ、アケボノチョウチョウウオyg、トノサマダイyg、イトヒキベラ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、コケギンポ、チャガラ、ネジリンボウ、ヒメユリハゼ、オグロヒメユリハゼ、カザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、ゾウリエビ、ヒロウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、イガグリウミウシ、ヒュプセロドーリス・ゼフィラホソテンロクケボリなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:引き続きヨタが入り、雲見はOPENしましたがコンディションが良くなかったので田子湾内を潜りました 1ダイブ目は弁天島でネジリンボウ狙いです  ヨタは前日より弱くなり、弁天島のネジリンボウも活性が上がっていました! 2ダイブ目は白崎を潜りました ここのところ大量発生しているピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)はもちろん、前日見つけたヒュプセロドーリス・ゼフィラもガッチリ押さえました 潮色は芳しくないものの、田子湾内はマクロ天国ですね〜!是非、海況のいいときにもリクエストお待ちしています!

9月24日(水)

田子 弁天島/白崎bP〜2

天候:晴れ 気温:29℃ 水温25℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ホソウミヤッコ、アオヤガラ、ミノカサゴサツマカサゴ、カサゴ、メバル、マハタ、アケボノチョウチョウウオyg、トノサマダイyg、カゴカキダイ、イトヒキベラ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、ネジリンボウ、ヒメユリハゼ、ミナミハコフグyg、ヒトデヤドリエビver.12)、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ゾウリエビ、ウデフリツノザヤウミウシver.12)、ヒュプセロドーリス・ゼフィラ(写真)ホソテンロクケボリなど

  ヒュプセロドーリス・ゼフィラ

コメント:強いヨタが入り、雲見はCLOSE でもそんな時の心強いダイバーの見方、田子湾内はコンディションばっちりでした!1ダイブ目は弁天島へ 湾の出口で外海との境だけあって多少ヨタが入っていましたが、ネジリンボウもじっくり観察できいいダイブでした! 2ダイブ目は白崎です マクロONLYの時はbPのみ50〜60分じっくりやるのですが、ここ最近はヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)とそこに集まる南方系のチョウチョウウオの幼魚を観察しにbQで上がることが多いです ピカチュウ4個体、ミナミハコフグyg、トノサマダイygやアケボノチョウyg、そして人生2個体目のヒュプセロドーリス・ゼフィラ(写真)との出会いがありました いや〜、田子湾内恐るべしですね 海が荒れてもガッカリしないで田子湾内をエンジョイしましょうね〜!

9月23日(火)

雲見 牛着岩/三競/張石ビーチ

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温25℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビベニカエルアンコウver.12)、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、マハタ、アカハタ、キンギョハナダイクロホシイシモチ、マダイ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ヤマドリコケギンポの仲間、ツノダシ、オキナワベビハゼ、ソウシハギツバメウオ若魚(写真)、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、マルソデカラッパ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシセンテンイロウミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、トラフケボリなど

  ツバメウオ若魚

コメント:OWDコース最終日とファンダイブです OWDは張石ビーチでファンダイブは牛着岩を潜りました 今日の雲見も秋特有の強い潮流がかかっていたので大牛の-16mのアーチ側からエントリーして潮をかわせる大牛洞窟方向へ進みました 最後はフロートで安全停止をしたのですが、あっという間にグンカン方面に流されました こういうコンディション下の場合は潜水時間と浮上エリアをきっちり守るのが大事です 2ダイブ目は潮のかからない三競を潜りました ウミウシと地形を満喫しました 3ダイブ目は潮流がMAX ウネリも強くなり、セーフティーに小牛前のみ でもこの小牛前こそマクロ系の宝庫です みっちりたっぷりフィッシュ・ウォッチングを楽しみました!

9月22日(月)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:曇り→晴れ 気温:26℃ 水温25℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、シマアジ、カンパチ、ヒレナガカンパチ、ツムブリ、ナンヨウカイワリ、マダイテングダイ、カゴカキダイ、クマノミ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ(写真)コケギンポの仲間ビシャモンエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、イボイソバナガニ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシアオウミウシシロウミウシセンテンイロウミウシ、コイボウミウシ、サチコツグチホシキヌタなど

  ヒメギンポ

コメント:前日よりもさらにコンディションが上向きました 朝一番は潮がタルでいたのですが、2本目以降はかなりいいカレントがかかりました その分、回遊魚の活性が上がりました!! カンパチ、ヒレナガカンパチ、ツムブリ、ナンヨウカイワリ、シマアジが混泳 いや〜、青モノ好きにはたまらないですね! 3ダイブともワイドを楽しみました −24mnアーチ付近には今年ハッチアウトしたネンブツダイやクロホシイシモチの幼魚がものすごい数の群れを形成しています そこに小型のカンパチがアタックをかけるシーンはなかなか見応えがありますよ! 普段はマクロ系重視のガイドスタイルですが、コンディションが上がってくると大物好きの血が騒いでしまします(笑) 是非、ベストシーズンの雲見をご一緒しましょう!

9月21日(日)

雲見 牛着岩/オオ根/三競

天候:曇り 気温:26℃ 水温25〜24℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、オオモンカエルアンコウyg(写真)、イタチウオ、マツカサウオ、オオモンハタ、キビナゴ、クエ、オニカサゴ、ボラ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、ニジギンポ、ギンポの仲間、ハナハゼ、オキナワベニハゼアカカマス、ビシャモンエビムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニ、ナマコマルガザミ、イカガリウミウシ、ニシキウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、キャラメルミウシ、フリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシスミゾメミノウミウシなど

  オオモンカエルアンコウyg

コメント:台風一過の雲見はヨタもなく思ったよりいいコンディションでした 1ダイブ目は−24mのアーチに行きましたテングダイや大きなイシダイが見られました! 2ダイブ目は初ファンダイブの方とご一緒にオオ根を潜りました カマスの群れは依然濃く、白い砂地に癒されてきました!3ダイブ目は三競で地形ダイブをしました でも、ついつい目に付いてしまうんですね〜、ウミウシの仲間が、、、 オキナワベニハゼも同じエリアで見られましたヨ あいにくの空模様で光の差込が足りませんでしたが、それでも地形ダイブは楽しいですね♪ ラスト4ダイブ目は小牛でじっくり生物ウォッチ&フォトダイブを満喫しました 秋特有の速い潮がかかっていますので十分注意して安全ダイブを楽しみましょう〜

9月18日(木)

田子 弁天島/白崎bP〜2

天候:曇り 気温:27℃ 水温25℃ 透視度:10〜5m

観られた生物:ミノカサゴ、オニカサゴ、クロホシイシモチ、トノサマダイyg、ヤリカタギyg、カゴカキダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ヒメギンポコケギンポの仲間、チャガラ、ネジリンボウ、ヒメユリハゼ、オグロクロユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシハゼ、ミナミハコフグyg、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ(写真)、オトヒメエビ、ヒロウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、イガグリウミウシなど

  イソギンチャクモエビ

コメント:雲見の予定でしたが、沖合いの風が強く吹いてきた為、潜水地を田子に変更しました 1ダイブ目は弁天島でネジリンボウ&ピカチュウを見に行きました 初めて国内を潜るという海外でOWD取得したての方とご一緒しましたが伊豆の海を楽しんで頂きました! 他店情報ですが沖合いの潮色はかなり良いようです 台風一過に期待ですね 今週末の海況ですが、台風13号の接近、通過に伴い20日(土)はCLOSEとさせて頂きます 台風の速度が上がっていますので21日(日)からはOPEN致します 20日のダイビングを予定していてキャンセルになった皆様、本当にスミマセン、、、 まだまだベストシーズンが続きますので、これに懲りず是非また遊びにいらして下さい!!

9月15日(月)

田子 弁天島

天候:晴れ 気温:27℃ 水温25℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ホソウミヤッコ、 ミノカサゴ、クロホシイシモチ、カンパチ、クロホシフエダイ、スズメダイ、ネジリンボウ(写真)、ササハゼ、ハナハゼ、オグロクロユリハゼ、ヒメユリハゼ、ダテハゼ、クツワハゼ、ホシハゼ、オシャレカクレエビカザリイソギンチャクエビコノハミドリガイ、ウデフリツノザヤウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシスミゾメミノウミウシなど

  ネジリンボウ

コメント:三連休最終日は少し海況が回復したものの、若干ヨタが残っていた為、引き続き田子を潜りました 1ダイブ目は弁天島で ピカチュウ&ネジリンボウ探し ラッキーなことに両方ともGETできました〜! と、いうことでネジリンボウ撮影で2ダイブ目も弁天島に入りました ところが巣穴が崩れて本命に会うことはできませんでした、、、 でも小さな生物を中心にじっくりのんびりダイビング 毎年同じ場所に登場するオシャレカクレエビ、ホント体が透きとおっていて撮影しづらい被写体ですねぇ 茶色いハサミの先端まで入れようとするとつまらない構図になってしまうし、、、 水深13mの砂地でハナハゼ、オグロクロユリハゼ、ヒメユリハゼの三種類の混泳が見られますよ!

9月14日(日)

田子 弁天島/白崎bP〜2

天候:晴れ 気温:29℃ 水温26〜23℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:アオヤガラ、クロホシイシモチ、トノサマダイyg、イトヒキベラ、クマノミyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、チャガラ、ホシハゼ、クロユリハゼ、ハナキンチャクフグ、オシャレカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、オルトマンワラエビマルガザミナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシウデフリツノザヤウミウシ(写真)ホソテンロクケボリなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:三連休の中日は荒れ模様のコンディションのため、ダイバーが田子に集中して大賑わいでした 1〜2ダイブ目は弁天島へ 浅場ではソラスズメダイの群れやスズメダイの群れ、岩場ではピカチュウ(写真)やオシャレカクレエビ、砂地ではハナハゼやダテハゼ、テッポウエビの共生シーンを観察しました 3〜4ダイブ目は白崎bP〜2を潜りました ピカチュウの産卵シーンや交接シーンなどたくさんの個体が見られました ヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地にはトノサマダイなど南方系のチョウチョウウオの幼魚が見られました 何種類のチョウチョウウオの仲間が見られるか観察してみるのも面白いかもしれませんね!

9月13日(土)

田子 瀬ノ浜

天候:晴れ 気温:30℃ 水温25℃ 透視度:7〜5m

観られた生物:クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、トラギス、コケギンポの仲間コノハミドリガイ(写真)、トラフナマコ、タコノマクラなど

  コノハミドリガイ

コメント:OWDコース2日目は海況が思わしくなかった為、海洋トレーニングを田子で開催しました スキルの練習後は楽しみのための水中ツアーを開催 田子湾内はとても穏やかで講習にはもってこいのコンディションでした ガンガゼの周辺には今年産まれたテンジクダイの仲間の稚魚がたくさん群れていてとてもキレイでした 初めての水中世界、ナマコやタコノマクラなどを手に取って楽しんできました! 明日以降の三連休も海況があまり良くないため田子湾内でファンダイブを開催する予定です 小さな生物をじっくりとフォト&ウォッチするには絶好のダイビングポイントですよ このところ雲見ばかりだったのでどんな出会いがあるか楽しみですね

9月12日(金)

プールダイブ

天候:晴れ 気温:30℃ 水温−℃ 透視度:−m

観られた生物:―

  OWD講習風景

コメント:OWDコース初日はダイビングプールでプールトレーニングダイブをしてきました 夏を思わせるようなジリジリとした日差しでプールの中はとっても気持ちよかったですよ〜! 平日だというのにたくさんのダイバーがいてちょっとビックリしてしまいました 皆さんとっても楽しそうに初めての水中世界を楽しんでいました 明日の海が今から楽しみですね! 

9月11日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:25℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、イタチウオ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、シラコダイ、カゴカキダイ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ヤマドリトウシマコケギンポコケギンポの仲間ミナミハコフグyg、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ナカザワイソバナガニ、コマチガニ(写真)ナマコマルガザミイガグリウミウシシロタスキウミウシキャラメルウミウシミノウミウシミノウミウシ亜目の一種9トラフケボリサチコツグチ、ホソテンロクケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  コマチガニ

コメント:雲見地形&コース取りのトレーニングダイブです 1ダイブ目は−16mアーチからグンカンへ 潮がかかっていたものの回遊魚との遭遇はありませんでしたが、ミナミハコフグ幼魚や根頭のイソギンチャク畑でクマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚に癒されました 2ダイブ目は−24mのアーチに行きました 三角穴手前の洞窟のウミシダにコマチガニがちょこんと乗っかっていました 普段は根元のほうにいることが多く、なかなかご紹介しづらいのですが、暗い洞窟の中だったからなんでしょうかね!? 3ダイブ目は小牛の周りをじっくり時間をかけて回りました 砂地では小型ながらカンパチも登場 ウミテングの目撃情報もありました!

9月9日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:25℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ミノカサゴサクラテンジクダイ、キンチャクダイyg、ツマグロハタンポ、ニジギンポコケギンポの仲間オキナベニハゼアオサハギ(写真)、キタマクラ 、ネズミフグビシャモンエビver12)、イソギンチャクエビナマコマルガザミver12)、 コールマンウミウシ、シロタスキウミウシセンテンイロウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシヘリシロイロウミウシフリエリイボウミウシ、コイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイ、トラフケボリなど

  アオサハギ

コメント:マクロ系フォトダイブのリクエストで3ダイブしてきました! 1ダイブ目は大牛の洞窟内でサクラテンジクダイをじっくり撮影 大牛のオレンジ色のヤギに極小サイズ〜小サイズのアオサハギ(写真)の幼魚が4〜5個体ついていてとっても可愛かったですよ! と、いうことで2ダイブ目はヤギのアオサハギの撮影会 一ヶ所でかなり粘ってしまいました(笑) −16mのアーチ付近ではなんとネズミフグを発見 妙に長いハリセンボンだなぁと思ったのですが、ネズミフグというんですね 初めてみました!3ダイブ目は三競でじっくりウミウシ・フォト シロタスキウミウシやコールマンウミウシ、シロタエイロウミウシなどのキレイなイロウミウシの仲間やオキナワベイハゼなどじっくりフォト・ダイブを満喫してきました 超楽しかったですよ〜!!

9月8日(月)

神子元島 青根/カメ根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26〜24℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:エイラクブカ、ウツボ、カンパチ、イサキ、テングダイハマフエフキ、アオブダイ、ウミガメの仲間など

  イサキ

コメント:神子元に行ってきました 1ダイブ目は青根でエントリー 潜降中もイサキがウジャウジャ あまり大きくはありませんでしたがカンパチも群れていました ウミガメの姿も見られましたよ! とにかく魚影が濃くハンマーは見られませんでしたが、十分に堪能してきました 休憩中のボート上では1組ハンマーを見たパーティがあり、俄然期待が高まります 2ダイブ目はカメデンからエントリー 依然としてイサキの数が多く巻かれたり帯状になったりと、魚酔いしそうでした 結局、40分弱まったりとした流れのドリフトダイブを楽しんできました

9月7日(日)

雲見 牛着岩/張石ビーチ/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26〜25℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、クエ、ネンブツダイ、イサキ、イシダイオキナワベニハゼ、ヒトデヤドリエビ、ビシャモンエビムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ(写真)、ノコギリガニ、ヒョウモンツバメガイニシキウミウシ、イガグリウミウシ、コールマンウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシフリエリイボミウシスミゾメミノウミウシなど

  イボイソバナガニ

コメント:本日もガッツリ3ダイブ雲見を堪能してきました 1ダイブ目は−24mのアーチへ 大きなクエが2個体、根頭に鎮座していました アーチの中にはまるまる太ったハナミノカサゴの姿が見られました ムチカラマツにはムチカラマツエビやビシャモンエビ、イボイソバナガニなど 今年はムチカラマツを宿主にする甲殻類の姿が多いですね〜 2ダイブ目は張石ビーチでPPBのSPコースを開催しました 皆さん、初めて体験する水中での輪くぐりに最初とまどっていましたが、後半はバッチリでしたよ 水底にふと目をやるとあちらこちらにヒョウモンツバメガイがいました 3ダイブ目は三競で地形ダイブです お天気が良くアーチに差し込む光がとってもキレイでしたよ

9月6日(土)

雲見 牛着岩/三競/オオ根

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26〜25℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ハナアナゴ、イロカエルアンコウ(写真)、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、アオヤガラ、クエ、マダイ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、ガラスハゼ、アカカマスコウイカの仲間、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニナマコマルガザミコノハミドリガイニシキウミウシ、コールマンウミウシ、コンガスリウミウシ、シロウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシキイロイボウミウシシロハナガサウミウシムカデメリベ、サキシマミノウミウシ、サチコツグチ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  イロカエルアンコウ

コメント:9月最初の週末は大盛り上がりでした! いっぱい潜ろうキャンペーンで4ダイブしてきました 1ダイブ目は小牛のまわりをじっくりのんいり 中層は大きなマダイが悠々と泳いでいました 2ダイブ目は三競に行きました え?なぜ午前中にと思うかもしれませんが、フォト派の方にとっては混雑しない平日〜土曜日の三競こそ撮影チャンスなんです 貸し切りの三競でやりたい放題のフォトダイブを満喫! 3ダイブ目は小牛でじっくりダイブ 先月から登場した大きな黒いイロカエルアンコウがヤギの上にちょこんと乗っかっていました 4ダイブ目はオオ根を潜りました カマスの群れが依然すごく、白い砂地にとても映えていました アフターダイブはショップ前で花火大会 浴衣姿で過ぎ行く夏を楽しみました 

9月5日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26〜24℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、ハナミノカサゴ(写真)、クエ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、カンパチ、イサキ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ツノダシ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、コウイカの仲間、ビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシセスジミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、サチコツグチなど

  ハナミノカサゴ

コメント:本日も引き続き天気良し、凪良しのまさにベストシーズンの雲見を満喫してきました! 1ダイブ目は−24mアーチを潜りました 根頭で根待ちをしているとカンパチや大型のマダイがチラホラ 大きなクエがホンソメワケベラに気持ち良さそうにクリーニングされていました 2ダイブ目は小牛周辺をじっくり生物ウォッチ 小牛の洞窟ではたくさんのイタチウオやイセエビを目撃しました 3ダイブ目は大牛周辺でじっくりのんびり 大牛の洞窟ではサクラテンジクダイを撮影しました 潮色よくこのところずっといいコンディションが続いています 来週、13〜15日の3連休もまだ余裕がありますのでまだ予定が決まっていないという方は是非、EXILESに遊びにいらして下さい!

9月4日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26〜24℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ホソウミヤッコ、キンギョハナダイ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、モンツキベラ yg、クマノミ yg、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポの仲間ミナミハコフグyg(写真)ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、ニシキウミウシ、キャラメルウミウシ、サキシマミノウミウシセスジミノウミウシホソテンロクケボリなど

  ミナミハコフグyg

コメント:熱い一日になりました 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーしてグンカンまで流しました深場のナシジイソギンチャクやウスアカイソギンチャクでアヤトリカクレエビを探したのですが、う〜んなかなか見つからないものですね、、、 グンカンでミナミハコフグygをじっくり撮影しました 2ダイブ目は小牛周辺でマクロ・フォト・ダイブ アカホシカクレエビがミギマキの鰓の中に入ってクリーニングしている様子をじっくり観察しました(動画はコチラ) 3ダイブ目はグンカンでエントリーしグンカンのみ 温かくホント気持ち良くってぽけ〜っとしていました ダイブ終了間際にカンパチの小群れがパラパラ登場 根頭にはテンジクダイの仲間の幼魚が群れていますので小型のカンパチが入りやすい状況ですね

9月3日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26〜25℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イタチウオ、ミノカサゴ、シイラ、イサキ、アジアコショウダイyg(写真)、コロダイ、マダイ、クマノミ、ツマグロハタンポ、ツノダシ、コケギンポの仲間オキナワベニハゼ、ミナミハコフグyg、コウイカの仲間、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナカザワイソバナガニ、ナマコマルガザミコールマンウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、アラリウミウシ、センテンイロウムシ、フリエリイボウミウシ、セスジミノウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチなど  三競洞窟に差し込む光

  アジアコショウダイyg

コメント:当店が初めての方とご一緒させて頂きました デジカメ・デビューと聞き思わずガイドにもチカラが入ります と、いうことで1ダイブ目は小牛周辺を潜りました クローズアップ・レンズを装着していませんでしたのでほどほどの大きさの被写体を中心に撮影して頂きました 2ダイブ目はグンカンをご案内しました 1年ぶりにアジアコショウダイの幼魚をGET 昨シーズン−24mのアーチ付近に登場した個体のなんと10分の1くらいの極小サイズ この手の生物は動きが速く撮影が困難なのですが奇跡的に上手く撮れました!ミナミハコフグygが3個体見られました グンカンにありがちな奥行きのあまりない窪みに追い詰めると撮影しやすいですよ 3ダイブ目は三競で地形を満喫してきました 太陽光の差込がキレイでした

9月2日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26〜23℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:クロアナゴ、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、カンパチ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間、ツマジロモンガラyg、ハリセンボン、ヒトデヤドリエビ(写真)ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビカザリイソギンチャクエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、ナカザワイソバナガニイボイソバナガニナマコマルガザミイガグリウミウシシロタエイロウミウシセンテンイロウミウシセスジミノウミウシミノウミウシ亜目の一種の9トラフケボリサチコツグチオオウミシダトウマキクリムシなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:9月に入ってからコンディションは上向いています エントリーしてすぐカンパチの小群れに遭遇 青い潮に銀鱗が映えますね〜 グンカンまで流しましたが途中、オオアカヒトデを発見 裏を観てみるとヒトデヤドリエビがワラワラと付いていました この時期はほぼ間違いなくヒトデヤドリエビが見られると思います ただしこれらの甲殻類は非常に弱い立場にありますので必ずヒトデを元に戻してベラ等の魚にに捕食されないように注意しましょう 2ダイブ目は小牛のまわりをのんびりダイブ 白い砂地でいや荒れました 3ダイブ目は大牛周辺を潜りました 最近このパターンが多いですね 生物が充実しているのでフォト派の方にはきっとご満足頂けると思いますよ

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜 DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED