ダイビングログ2009年9月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

9月29日(火)

雲見 三競/牛着岩

天候:曇り 気温:26℃ 水温:23.4〜23.0℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツver.12)、ウミテング(写真)、イタチウオ、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、ミサキウバウオ、ガラスハゼオキナワベニハゼver.12)、アオサハギyg、シマウミスズメ、ウミウシカクレエビver.12)、ビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビver.12)、イソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビヨコシマエビイセエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ナマコマルガザミ、スベスベマンジュウガニ、ヒトエガイミカドウミウシ幼体イガグリウミウシミヤコウミウシキャラメルウミウシミスジアオイロウミウシヘリシロイロウミウシフジナミウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシシラユキウミウシセンテンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ツノキイボウミウシミズタマイボウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシホソテンロクケボリなど

  ウミテング

コメント:雲見のオールキャストが全員集合したかのような生物層の濃さでした 今、ウチがイチオシのウミウシはフジナミウミウシやミカドウミウシの幼体です!  前日とほぼ同じ場所で見られました その他、ヘリシロイロウミウシやミスジアオイロウミウシなどもとても写真映えしますよ 甲殻類の仲間ではウミウシカクレエビがオススメです 前日まで1個体だったのが本日、ペアになっていましたっ! 不思議ですね〜、どうやって来たのでしょうか? ちょっと地味ながらヨコシマエビやイボイソバナガニなどもいぶし銀的な感じでシブいですよね ここ数日、-24mアーチ周辺で居着きのクエが2個体、クリーニングされに来ています その他、ハナタツやウミテングなども比較的、写真が撮りやすくてオススメです 是非、リクエストして下さいね〜!

9月28日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23.5〜23.4℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ウミテング、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、イシダイ、カゴカキダイ、コブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイコケギンポの仲間ガラスハゼ、ハナハゼ、オニハゼ、ダテハゼ、アオリイカ、ウミウシカクレエビビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビヨコシマエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、モクズショイ、ナマコマルガザミヒトエガイヒロウミウシミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシ、ミスジアオイロウミウシフジナミウミウシセトイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシセンテンイロウミウシ、フリエリイボウミウシ、キシマオトメウミウシサキシマミノウミウシチゴミノウミウシ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリなど

  フジナミウミウシ

コメント:1ダイブ目は前日に見逃したフジナミウミウシを探しに潜りました 前日ご一緒し、目撃した方が場所を覚えていたのですぐに見つかりました しかもペアで見られました ミカドウミウシの幼体に続いてのヒットですね ホント、雲見はウミウシの種類が多く密度も濃いですね〜 2ダイブ目は甲殻類をターゲットに潜りました ウミウシカクレエビやビシャモンエビ、イソギンチャクエビなどが見られました それにしてもウミウシカクレエビ、キレイですね〜 3ダイブ目は季節来遊魚狙いで小牛をまわりました お目当てのミヤケテグリは見つかりませんでしたが、砂地側の中層は魚影が濃く大型のマダイがたくさん見られました その他、アジアコショウダイの幼魚、ウミテングなども見られましたよ!

9月27日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:23.5〜23.3℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ハナオコゼ(サブカット)ベニカエルアンコウハナタツ、イタチイウオ、クエ、イサキ、コロダイ、アジアコショウダイyg、マダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、ビシャモンエビ、ニシキテッポウエビ、オトヒメエビ、イセエビ、 オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、フジナミウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシ、シロタスキウミウシキイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリなど

  ハナオコゼ

コメント:ここに来てさらに雲見の生物が充実してきました! 1ダイブ目は-24mアーチの入口付近で大きなクエが2個体登場 その他、ハナタツが 2個体見られました カヤ類にはミチヨミノウミウシやサキシマミノウミウシが見られました 2ダイブ目は三競と牛着岩の小牛の2チームに別れました 三競では一旦ロストしたミカドウミウシの幼体を再びGET その他、シロタスキウミウシやヘリシロイロウミウシなどキレイ系のイロウミウシが見られました 小牛のほうはアジアコショウダイの幼魚が見られました サーフェスインターバル中、波止場でハナオコゼを発見! スノーケリングでじっくり観察しました 3ダイブ目はなんとフジナミウミウシをGET 雲見では3年振りです! ところがEXIT.後、お客様のデジカメから発覚したのでボクは見ていません、、、 明日は大捜索ですね 他店情報ですが丸加ブイ付近でウミテングがいたそうですよ

9月26日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23.9〜23.8℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、ウツボベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキサイ、キンメモドキ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、コトヒメウミウシ、サガミリュウグウウミウシイガグリウミウシニシキウミウシver.12)、キャラメルウミウシver.12)、ヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、リュウモンイロウミウシアラリウミウシノウメア・ワリアンスキベリアカイロウミウシセンテンイロウミウシキカモヨウウミウシキイロイボウミウシ、コイボウミウシ、ツノキイボウミウシミズタマイボウミウシミチヨミノウミウシサキシマミノウミウシハクセンミノウミウシシロミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ツグチガイ、テンロクケボリトラフケボリなど

  キンメモドキ

コメント:シルバー・ウィーク明けの週末、波止場は割と静かでした 本日は外国からのお客様が見えました ウチもインターナショナルになったなぁと思いきや、お仕事で日本在住の方でした ワイド、地形、泳ぐダイブをご希望かと思ったのですが、なんとウミウシ・リクエスト しかもかなりデヒープでコアな感じでした いや〜ダイビング・スタイルがストライク・ゾーンのど真ん中ですね〜! 1ダイブ目はシーホースを見たことがないとのことでしたので-24mアーチのハナタツを絡めつつ、じっくりウミウシ・ダイブ サガミリュウグウウミウシやニシキウミウシ、リュウモンイロウミウシにカブリついて頂きました 2ダイブ目は三競で60分コース 今回もお腹いっぱいになりました 3ダイブ目は大牛洞窟からスタートするスペシャル・コース 雲見のウミウシ密度の濃さに大喜びの様子でした〜!

9月24日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23.5〜23.4℃ 透視度:15m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ワカヨウジ、カタクチイワシyg、イソカサゴクエキンギョハナダイ、ムツ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、クマノミ、スズメダイ、コガネスズメダイトウシマコケギンポカワハギウミウシカクレエビビシャモンエビver.12)、アカホシカクレエビver.12)、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニトラフケボリなど

  ウミウシカクレエビ

コメント:急きょ予定がキャンセルになったため、スタッフ同士で生物リサーチをしました ターゲットは今シーズンまだ見ていないウミウシカクレエビ探しです 1ダイブ目、秋特有の強い下り潮に翻弄されながらも-24mアーチ上のクリーニングステーションにやってくる居着きのクエを撮りに入りました クエが潮の上流を向いている為、潮を背に受けるキツい体勢でのアプローチ、、、 しんどかったですね〜(苦) 2ダイブ目は潮もタルみウミウシカクレエビ探しをしました ターゲットは早々に見つかりじっくり撮影することができました! 見れば見るほどキレイなエビです 人それぞれツボがあると思いますが、ボクにとってはコイツがかなりツボにハマってるんですよね〜

9月23日(水)

雲見 張石ビーチ/牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:23.7〜23.6℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、 クロホシフエダイ、イサキ、コロダイ、マダイ(写真)、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、アカカマスyg、コウイカの仲間ビシャモンエビver.12)、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビオトヒメエビオルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、イボイソバナガニシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシなど

  マダイ

コメント:シルバー・ウィーク最終日はOWDコース最終日とファンダイブでした OWDコース・チームは張石ビーチでファイナルのダイブ4を ファンダイブ・チームは牛着岩を潜りました 張石ビーチの水深-8m付近で講習を実施しましたが、水深が浅く採光が十分で潮色も良かった為、映画「イントゥーザブルー」を彷彿させるような美しい水中景観の中での講習でした 一方、ファンダイブの方も小牛の行き止まりの洞窟で地形ダイブを楽しみました 小牛の横の砂地には大型のマダイがゴンゴン群れていました! 2ダイブ目はOWDコースを修了した皆様もファンダイブに合流 牛着岩は下り潮がキツかったため、流れを避けて黒崎で地形&魚影を楽しんできました!

9月22日(火)

雲見 張石ビーチ/牛着岩/オオ根/三競

天候:曇り 気温:24℃ 水温:23.7〜22.9℃ 透視度:15m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、カタクチイワシyg、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コロダイyg、テンスyg(写真)クマノミ、スズメダイ、キンメモドキ、トウシマコケギンポイソギンチャクエビ、イセエビ、ソメンヤドカリ、ミカドウミウシ幼体キャラメルウミウシアラリウミウシ、ツノキイボウミウシ、シロハナガサウミウシハナオトメウミウシサキシマミノウミウシホソテンロクケボリなど

  テンスyg.

コメント:シルバー・ウィークも後半戦に入りました コンディションは尻上がりに良くなっています 本日の1ダイブ目はマルチレベル&コンピューターダイブのスペシャルティ・コースも兼ねてグンカンからコブ根へ 秋特有の下り潮がキツくやや苦戦しましたが、グンカン根頭の魚群の活性は高く、いい感じでワイドな雲見を楽しめました 2ダイブ目は7月に当店でOWDコースを修了した方の初ファンダイブをご一緒しました オオ根の砂地側のブイ付近にはテンスの幼魚が登場しました! 今シーズン、雲見では初モノです 初モノってホントいいですよね〜 しつこく追っかけてしまいました(笑) 3ダイブ目は-24mアーチ方面へ ハナタツやベニカエルアンコウがそれぞれ2個体づつ観られましたよ ラスト4ダイブ目は三競で地形ダイブを満喫しました 潮色がいいので洞窟に差し込む光がすっごくキレイですよ〜

9月21日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:23.8〜23.7℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ゴンズイ、クエ、キンギョハナダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、ハマフエフキ、イシダイ、マダイ、コブダイ、クマノミ、コガネスズメダイ、ニザダイ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、コウイカの仲間、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ(写真)、ニシキテッポウエビ、イボイソバナガニ、ヒロウミウシ、ミカドウミウシ幼体、イガグリウミウシ、サラサウミウシver.12)、センテンイロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シロウサギウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシサキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  イソギンチャクエビ

コメント:シルバー・ウィークど真ん中、前日よりもさらにコンディションが上向きました スタッフShinがオープンウォーターダイバーコース(浮島)に入り、ファンダイブは松田が担当しました 1ダイブ目は小牛を1周 アカホシカクレエビやビシャモンエビをじっくり観察 潮色もUPして気持ち良く潜れました 2ダイブ目は三競でウミウシ・ダイブ 早い時間帯に入り、貸切の三競を思う存分粘りました お陰で3番だけでタイムアウトになっちゃいました(笑) 3ダイブ目は-24mアーチ付近を散策しました レギュラーメンバーのベニカエルアンコウやハナタツ、中層にはイサキの群れが お出迎えしてくれました 4ダイブ目は-16mアーチからエントリーしてグンカン流しです グンカン根頭のオオサンゴイソギンチャク、サンゴイソギンチャクの群生地にはクマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、イソギンチャクエビなどが観られました

9月20日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23.9〜23.6℃ 透視度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、カタクチイワシyg、クエ、マハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、コロダイyg、マダイ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ガラスハゼアミメハギygビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビヨコシマエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシキャラメルウミウシver.12)、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、キベリアカイロウミウシ、センテンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ(写真)スミゾメミノウミウシハクセンミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ミチヨミノウミウシ

コメント:シルバー・ウィーク2日目は雲見OPEN! 台風のヨタもそれほど入っていませんでした 1ダイブ目は雲見を1周しました 砂地側の中層ではカタクチイワシの幼魚の群れにカンパチがアタックをかけていました 潮色、水温とも安定して、いよいよベストシーズンに突入ですね〜 2ダイブ目はリュウモンイロウミウシのリクエストで水路〜たて穴付近を潜りました 今シーズン、当たり年のリュウモンイロウミウシはこのエリアを探せばほぼ見つかります ベニカエルアンコウやハナタツも見られました 秋特有の強い下り潮がかかっていたので-24mアーチの根頭付近からプチ・ドリフト気分で流しました ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしてじっくりウミウシ・ダイブを堪能しました

9月17日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:23.2〜22.8℃ 透視度:12m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、マツカサウオ、カタクチイワシyg、アカハタ、キンギョハナダイ(写真)、カンパチ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイyg、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、シラコダイ、カゴカキダイ、イトヒキベラ、コブダイyg、クマノミ、スズメダイ、ニジギンポオキナワベニハゼ、カワハギ、コウイカの仲間、ビシャモンエビver.12)、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ミカドウミウシ幼体イガグリウミウシヘリシロイロウミウシキャラメルウミウシ、アラリウミウシ、シロタスキウミウシ、キベリアカイロウミウシセンテンイロウミウシホソテンロクケボリなど

  キンギョハナダイ

コメント:11月に開催する石垣島ツアーに備えてワイドコンバージョンレンスの使い方を練習しました 幸い、潮色もまずまずだったのでかなり楽しめました! 普段、雲見では小さな生物をじっくり撮影して頂くダイブが中心なんですが、もちろんワイド系も大好きです 11月の石垣島ツアーでは大物はもちろん、マクロ系もガッツリとエグろうと思っています 前回のダイブが60分/1ダイブでしたので、かなりいい感じでフォトダイブを満喫できました 現地では普通種でも普段、伊豆で潜っていると図鑑でしか見たことのない生物ばっかりでホント、夢中になっちゃいますよね〜(笑) シルバーウィーク直前の台風接近ですが、西伊豆は大丈夫そうです ベストシーズンの西伊豆を満喫しましょう!!

9月16日(水)

田子 弁天島/沖根/白崎bP

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23.4〜23.1℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ソウシカエルアンコウハナタツ、ミノカサゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、ハマフエフキ、イスズミ、アオブダイ、スズメダイ、ニザダイ、ハナハゼ、ヒメユリハゼ、チャガラ、イチモンジハゼ、ヒトデヤドリエビver.12)、ヒメイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、マルガザミウデフリツノザヤウミウシ(写真)ヒロウミウシイガグリウミウシver.12)、ニシキウミウシver.12)、アオウミウシ、サラサウミウシ、シロハナガサウミウシムカデミノウミウシ幼体サキシマミノミウシ、オオアカヒトデなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:エンリッチド・エアー・ダイバーSPコース開催の為、田子を潜りました 普段は雲見がCLOSEになった時のリザーブとしていく機会が多い為、ベタ凪の素晴らしいコンディションの田子に一同、大喜びです! もちろんポテンシャルの高い海なのは言うまでもなくボクも湾内、外海ともとても好きなダイビングポイントです 1ダイブ目は弁天島を潜りました 潮色はまずまずで小さな甲殻類やウミウシの仲間をメインにじっくりご案内しました 毎年、水深-13mくらいのガレ場にはハナハゼと季節来遊魚のヒメユリハゼが混泳します 2ダイブ目は話題のソウシカエルアンコウを見にフト根の沖根へ 評判通りの大きさですね〜 バスケットボールくらいはあるでしょうか? 魚影も濃く、大満足でした 3ダイブ目は定番の白崎bPへ ピカチュウ(写真)をはじめ、数多くのウミウシの仲間が見られました エンリッチド・エアーを使用したのでNDLにもかなり余裕を持ってダイビング できましたよ〜! 是非、皆さんもエンリッチで安全ダイブ

9月15日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:22℃ 水温:23.8〜23.7℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ハナタツ、サツマカサゴ、カタクチイワシyg、クエ、 キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イトヒキベラ、ツマグロハタンポ、ツノダシ、トウシマコケギンポ、ヒメギンポ、ニジギンポ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ムスメウシノシタビシャモンエビver.12)、アカホシカクレエビ(写真)イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウミカドウミウシ幼体イガグリウミウシキャラメルウミウシミスジアオイロウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシアラリウミウシ、シロタスキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

  アカホシカクレエビ

コメント:前日まで強くかかっていた下り潮が止まり、穏やかなコンディションになりました お天気のほうも曇り空で残暑がゆるみ過ごしやすい一日でした じ〜っくりフォトダイブを満喫してきました〜! 小さな甲殻類やウミウシの仲間にベッタリ張り付いてひたすら撮影して頂きました 写真の出来映えも皆さんバッチリでしたね ミカドウミウシの幼体やミスジアオイロウミウシは健在 フォトジェニックなウミウシですので是非、リクエストをお待ちしています 季節来遊魚、大型回遊魚が登場し、これからますます雲見のダイビングシーンが盛り上がってきます 是非、皆様のお越しをお待ちしています

9月14日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.4〜23.8℃ 透視度:10〜8m

観られた生物ホタテウミヘビベニカエルアンコウ、ハナタツ、イタチウオ、 ツムブリyg(写真)、ミノカサゴ、ネンブツダイ、マダイ、カゴカキダイ、コロダイ、クマノミ、コロダイyg、スズメダイ、ツマグロハタンポ、トウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、ミカドウミウシ 幼体、イガグリウミウシ、キャラメルウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、モンコウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シラユキウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシ、サキシマミノウミウシなど

  ツムブリyg.

コメント:引き続き下り潮がかかっています 初雲見の方がご一緒でしたのでまずはベタなコース取りです ブイからエントリーしてH型のアーチ、-24mアーチ、たて穴などをご案内しました 天気が良く採光も十分 洞窟の中に差し込む光がとてもキレイでしたよ〜 2ダイブ目は小牛のまわりをご案内しました 白い砂地がとってもキレイでした 魚影がとても濃く、スズメダイの群れが特に圧巻でした 3ダイブ目は三競を潜りました いつもは洞窟は入らずにウミウシ・ダイブを中心に開催しているのですが、本日は地形リクエストということで1番洞窟から3番洞窟のエアードームをご案内しました 今日の見出しはツムブリの幼魚です 潜降ロープのブイについています 体側のブルーの2本線がオシャレな感じです

9月13日(日)

田子 瀬ノ浜/白崎bP

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24.5〜24.2℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、ボラ、ミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ(写真)、ハタタテダイ、カゴカキダイ、コブダイyg、ソラスズメダイ、トラギス、チャガラ、クツワハゼ、ダルマガレイ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ヒロウミウシイガグリウミウシ、ニシキウミウシ、サキシマミノウミウシなど

  ネンブツダイyg.

コメント:今秋、初めての緩い冬型の気圧配置になり大西が吹きました 残念ながら雲見はCLOSEになりましたが、ウミウシの宝庫、田子湾内はバッチリOPENです ト、いうことで体験ダイビングとファンダイブを開催しました松田チームの1ダイブ目は久し振りのダイビングという方がいらっしゃいましたので、瀬ノ浜でリフレッシュダイブ 太陽光が水底まで差込み、まるでリゾートの海のようでした〜 潜降ブイ付近のケーソンには今夏、産まれたテンジクダイの仲間の幼魚がびっしり群れていました〜 倉嶋チームの1ダイブ目は体験ダイビングで同じく瀬ノ浜 初めての水中世界を満喫されました 2ダイブ目は白崎bPです これでもかっていうくらいイガグリウミウシが見られました(笑)

9月12日(土)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:曇り 気温:23℃ 水温:24.2〜23.8℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、イタチウオ、マツカサウオ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イナダ、イサキ、コロダイ、マダイ、カゴカキダイ、イシダイ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ニジギンポオキナワベニハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ハコフグ、キタマクラ、マダコ、ヒトデヤドリエビ、ニシキテッポウエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ミカドウミウシ幼体イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、フチベニイロウミウシモンコウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、アラリウミウシセンテンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ(写真)シロハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシ、オオアカヒトデなど

  ミズタマイボウミウシ

コメント:ここ数日、秋特有の強烈な下り潮が終日流れています 春分の日と秋分の日が年間を通じて潮位が高いのですが、特に秋分の日がもっとも潮位が高くなります つまり干満の差が大きくなると当然、潮が早くなります 雲見の秋の潮はこれに関連しているのでしょうか? 1ダイブ目はブイからエントリーしたのですが9月なのに「鯉のぼり」状態 インサイドワークを駆使して潮をかわしたコース取りをしました 2ダイブ目以降は潮流に影響されないポイントを選択してのダイブをしました 三競はウミウシの仲間などの生物ウォッチ&フォト、そして地形を堪能 EXIT.エリアに向かう途中でイナダ(ブリの子供)の大群に遭遇! 迫力ありましたよ〜 ラスト3ダイブ目は黒崎で地形ダイブを満喫しました!

9月11日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.1〜23.7℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、キンセンイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、オキゴンベ、クマノミ、スズメダイ、ガラスハゼオキナワベニハゼ、コクテンベンケイハゼ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イボイソバナガニ、ミツイラメリウミウシ、ミカドウミウシ幼体ミヤコウミウシイガグリウミウシ、キャラメルウミウシ、ミスジアオイロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、セトイロウミウシ(写真)、シロタスキウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ツノキイボウミウシコイボウミウシキイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、ベニキヌヅツミなど

  セトイロウミウシ

コメント:牛着岩2ダイブ、三競1ダイブの合計3ダイブです 1ダイブ目は裏からエントリーして-24mアーチを抜けたて穴方面へ ベニカエルアンコウやウミウシの仲間を観察しました 中層にはイサキが群れ、魚影がとても濃かったですよ 2ダイブ目も裏からエントリーしました 小牛のまわりを一周したのですが、小牛の東側の砂地付近の中層では大型のマダイが多数みられました 水深-10m付近のオオサンゴイソギンチャクの群生地ではクマノミが見られます もう少しするとイソギンチャクエビやヒメイソギンチャクエビのペアが登場すると思います ラスト3ダイブ目は三競でウミウシ・ダイブです ミカドウミウシの幼体は本日も健在 今日の見出し写真はセトイロウミウシ とても美しい模様のイロウミウシです!

9月10日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.4〜24.0℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビハナタツ、クエ、カタクチイワシyg、ネンブツダイ、カンパチ、イサキ、コロダイyg、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、ブダイ、スズメダイ、ニザダイ、コケギンポの仲間、ガラスハゼヨコシマエビビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニver.12)、コマチコシオリエビ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシサガミリュウグウウミウシニシキウミウシミヤコウミウシ幼体ミスジアオウロウミウシ(写真)キャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サガミイロウミウシセンテンイロウミウシリュウモンイロウミウシキベリアカイロウミウシ、コイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ハクセンミノウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  ミスジアオイロウミウシ

コメント:引き続き上々のコンディションです 本日は牛着岩三連チャンです 1ダイブ目は裏からエントリーして小牛を一周 なんと、ミスジアオイロウミウシに遭遇 過去、ミゾレウミウシは大牛洞窟前で半年間、追跡したことがあるのですがこのウミウシは始めてみました ミゾレウミウシに良く似ていますが、触角と二次鰓の色が違うようです そこそころサイズがありますので撮影もしやすいかと思いますよ 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーして-16mアーチ方面に流しました このライン取りはウミウシのオンパレードです 特にミヤコウミウシの幼体はヒットでしたね ラストイ3ダイブ目は再び小牛をまわりました 砂地付近ではカタクチイワシの幼魚(シラス)にカンパチがアタックをかける迫力のシーンに遭遇しました!

9月9日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→晴れ 気温:23℃ 水温:24.2〜23.9℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イサキ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、シラコダイ、カゴカキダイ、コブダイygクマノミガラスハゼオキナワベニハゼ(写真)コウイカの仲間ビシャモンエビver.123)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニver.12)、テントウウミウシ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ミカドウミウシ幼体、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、フチベニイロウミウシ、モンコウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシセトイロウミウシ、センテンイロウミウシ、アラリウミウシ、ノウメア・ワリアンスキベリアカイロウミウシシロタスキウミウシアデヤカイボウミウシツノキイボウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ホソテンロクケボリ、トラフケボリなど

  オキナワベニハゼ

コメント:台風一過、コンディションはすっかり回復 雲見をフォト・リクエストで3ダイブしてきました ます1ダイブ目は裏からエントリーして小牛を一周 ムチカラマツを宿主にする甲殻類や砂地の生物をご紹介しました 2ダイブ目は他のダイバーが入る前に午前中の三競をチョイス 本日も様々なウミウシの仲間が見られました 今季、初登場のアデヤカイボウミウシや2日に発見したミカドウミウシの幼体など雲見では珍しいウミウシの仲間も押さえてきましたよ〜 三競の〆は2.5番でオキナワベニハゼにガブリ寄りしてきました ラスト3ダイブ目は-16mアーチ付近からエントリーしグンカン流し 潮色がいいのでとにかく気持ち良く潜れました〜!

9月8日(火)

田子 沖根/弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24.1〜23.9℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(水面)ミノカサゴ、マハタ、サクラダイ(写真)、キンギョハナダイ、カゴカキダイ、タカベ、ハマフエフキ、コロダイ、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、コブダイyg、アオブダイ、スズメダイ、ハナハゼ、ヒメユリハゼ、キヌバリ、チャガラ、オルトマンワラエビ、ハナミドリガイヒロウミウシミツイラメリウミウシウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシ、サラサウミウシ、シロハナガサウミウシ、サキシマミノウミウシ、ムカデミノウミウシテンロクケボリベニキヌヅツミなど

  サクラダイ

コメント:台風が本州に接近 ヨタが入ってきた為、田子を潜りました 雲見はギリギリOPENしていたそうですが、田子なら外海もOKとのことで久し振りに沖の根を潜って来ました 魚影が濃く、深場ではサクラダイがとてもキレイでした バレーボール大のソウシカエルアンコウがいるとのことでしたが、残念ながら今回は見られませんでした、、、 港に帰る途中、水面でハンマーヘッドシャーク2個体に遭遇 あ〜、水中で見たいものですっ 2ダイブ目の弁天島、3ダイブ目の白崎はウミウシなどの小さな生物をじっくり撮影して頂きました ハナハゼとヒメユリハゼの混泳は見ていて本当に癒されます

9月6日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:25.4〜24.7℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ハナタツボラ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、クマノミ、スズメダイ、ガラスハゼビシャモンエビムチカラマツエビヨコシマエビ(写真)アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、イボイソバナガニ、ヒラワタクズガニ、ミスジアオイロウミウシシロタエイロウミウシver.12)、キャラメルウミウシキベリアカイロウミウシリュウモンイロウミウシセンテンイロウミウシ、コイボウミウシ、テンロクケボリなど

  ヨコシマエビ

コメント:5日(土)、6日(日)と雲見にてTUSAトライアウト・ツアー(モニター会)が開催されました ボク自身、TUSAのオフィシャルアドバオザーを務めさせて頂いていますので、ご一緒した皆様に様々なTUSAの器材を試して頂きました とても評判が良く、買い替えの際は是非、TUSAをという方が多数でした!さて、海のほうはといいますと1ダイブ目は裏からエントリーしてグンカンへ 前日の神子元チックなドリフト・ダイブを楽しみました 2ダイブは牛着岩の裏からエントリーして早々、ボラクーダ(ボラの大群)に遭遇 たかがボラ、されどボラ 圧倒的な魚群に思わず見とれてしまいました 今日の1枚はヨコシマエビ STAFFクラシマがヨコシマな気持ちで見つけました(爆)

9月5日(土)

神子元島 青根/カメ根

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23.6〜23.0℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:カンパチ、タカベイサキ(写真)、ハマフエフキ、テングダイ、アオブダイ、ブダイ、スズメダイ、サメジマオトメウミウシなど

  イサキ

コメント:久し振りに神子元を潜ってきました さすがにシーズンとあって大盛況 ボートはダイバーで溢れんばかりでした 西伊豆にいると実感できないのですが、北東の風が強く風波でかなりしんどいコンディションでした 1ダイブ目は青根エリアへ 下りの潮が軽くかかりイサキやタカベの群れが見られました 途中、カンパチ単体が目の前を横切りました 2ダイブ目は風がだいぶおさまり、カメ根を潜れました 若干、下りの潮がかかりいい感じでした 潜降して早々、テングダイが登場 西側の壁沿いに進み、いい雰囲気でした 結果的にはお目当てのハンマーには出会えませんでしたが、是非また潜りたいですね〜 リクエストお待ちしています

9月4日(金)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.5〜24.0℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビカエルアンコウホソウミヤッコ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、ニシキベラ、クマノミ、スズメダイ、ガラスハゼオキナワベニハゼ、アミメハギyg、コウイカの仲間、ビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ソメンヤドカリ、イボイソバナガニヒシガニムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシサガミリュウグウウミウシミカドウミウシ幼体(写真)、イガグリウミウシ、ニシキウミウシミスジアオイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、オセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシ、ウスイロウミウ、アラリウミウシノウメア・ワリアンスキベリアカイロウミウシシロタスキウミウシセンテンイロウミウシコイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシサキシマミノウミウシ、ハクセンミノウミウシ、ホソテンロクケボリトラフケボリなど

  ミカドウミウシ幼体

コメント:引き続き、「雲見いっぱい潜ろうキャンペーン」で本日もガッツリ4ダイブしてきました 9月に入ってからすっかり秋の潮に変わり、丸一日下り潮が止まりません 1ダイブ目はグンカンからコブ根へ ところがコブ根方面は沖払いの潮でグンカンに戻るまで強烈な向かい潮でした、、、 グンカン周辺は潮の流れが複雑ですね 特に下り潮が走っているときは注意が必要ですね グンカン付近の岩場で白いカエルアンコウがいました 雲見では環境的なものなのか本種はあまり見られません 今日のヒットは何と言ってもミカドウミウシの幼体でしょう 成体は何度か見たことがありますが幼体を雲見で見たのは初めてです 割と長く見られるウミウシですので、今後も追い続けたいと思います

9月3日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.6〜24.0℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ハナタツver.12)、マツカサウオ、フサカサゴ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、シマアジ、タカベ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、ムツ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、ダテハゼ、ハナハゼ、アオリイカ、コウイカの仲間、ヒトデヤドリエビ(写真)ビシャモンエビver.12)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、ニシキテッポウエビ、オルトマンワラエビ、シロイバラウミウシニシキウミウシキャラメルウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシセンテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、ムカデメリベ、オトメウミウシ、サキシマミノウミウシミチヨミノウミウシ、アオミノウミウシ科の一種、ハクセンミノウミウシ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリトラフケボリ、ベニキヌヅツミ、オオアカヒトデなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:「雲見いっぱい潜ろうキャンペーン」で本日もガッツリ4ダイブしてきました〜 コンディションは前日同様バッチリ ヨタが取れた分少し上向いた感じです いよいよ秋の潮がかかってきましたね〜 1ダイブ目は下り潮を利用して−24mアーチブイからエントリーしてグンカンへ気持ちよくドリフトしました トンガリに差しかかるとシマアジの群れに遭遇 カンパチと違い、愛想よくダイバーのまわりを回ってくれませんでしたが、、、 2ダイブ目は小牛のカドからエントリーして水路へ 潮流を利用して楽チンダイブでした 3ダイブ目は−16mアーチ周辺を グンカン方面へ流そうとしたのですが思いのほか潮が強かった為、頑張ってブイまで戻りました ラスト4ダイブ目はウミウシ・フォトダイブ ワイドもマクロも楽しめました〜!

9月2日(水)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:曇り 気温:23℃ 水温:24.5〜23.9℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:イタチウオ、ハナミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マアジ、タカベ、ムツ、イサキ、ヒメギンポ、ニジギンポ、トウシマコケギンポガラスハゼ、アミメハギ、アオサアハギ、マダコ、ビシャモンエビ(写真)ムチカラマツエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イボイソバナガニver.12)、アケウスムラサキウミコチョウヒロウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、ウスイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、サガミイロウミウシセンテンイロウミウシ、ムカデメリベ、シロハナガサウミウシホシアカリミノウミウシミチヨミノウミウシハクセンミノウミウシテンロクケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ビシャモンエビ

コメント:台風一過の雲見です コンディションがグ〜ンと上がりました! 1ダイブ目は小牛周辺をじっくり潜りました 今シーズン、初めてビシャモンエビをGET ペアで見られてラッキー このエビ、結構好きなんです 特に♂の方がシュッとしていていいですね その他、アカホシカクレエビやイボイソバナガニのペアなど小さな甲殻類を観察してきました 大牛から小牛方面に下り潮がかかり、すっかり秋らしくなってきました 2ダイブ目はまたまた小牛周辺を潜りました 岩の窪みではキモ可愛いムカデメリベを発見しました 海の中にはホント変テコ生き物がいますよね 3ダイブ目は−16mアーチから大牛洞窟方面へ ウミウシ狙いのコースです ラスト4ダイブ目は黒崎へ 地形とウミウシを満喫してきました〜

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED