ダイビングログ2010年9月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

9月29日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.5〜24.3℃ 透視度:18〜15m

観られた生物:トラウツボ、クマドリカエルアンコウver.123)、アオヤガラ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アカヒメジ、ミゾレチョウチョウウオyg、フエヤッコダイyg、ソラスズメダイ、シコクスズメダイyg、ブダイ、ニザダイ、ツノダシ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、テンクロスジギンポガラスハゼ、イチモンジハゼ、オキナワベニハゼビシャモンエビアカホシカクレエビver.12)、イソギンチャクエビクリアクリーナーシュリンプイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ベニイシガニ、トゲアシガニ、ムラサキウミコチョウヒロウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシキイロイボウミウシミチヨミノウミウシスミゾメミノウミウシアオミノウミウシ科の一種3、テンロクケボリ、ツグチガイなど

  オキナワベニハゼ

コメント:すっかり秋めいてきましたね 今日はさわやかな秋晴れ いい潮が入ってきました〜 透視度はざっと20mちかくありましたよ 水温も例年より高く、まさにベストシーズン到来といったところでしょうか 南方系の幼魚達がたくさん見られます ツノダシやフエヤッコダイ、チョウチョウウオの仲間など黄色い魚が登場して、ぐっと海の中が賑やかになりました 先だってクリアクリーナーシュリンプがひとつの窪みに7〜8個体いると書いたのですが、今日チェックしてみたら1個体しか見つかりませんでした なぜ? みんなドコに行ってしまったんでしょうね? ミヤケテグリは浅場の至るところで見られました クマドリカエルアンコウしかりこんなに成長した姿を見るのは初めてです 今シーズンは季節モノの出始めが早いのでその分、成長するプロセスが長く観察できますね 10月以降も季節モノがたくさん登場しそうですね 期待しましょう!

9月26日(日)

波勝崎 沖の根/パヤオ/ブルーウォーターダイブ

天候:晴れ→曇り 気温:23℃ 水温:24.7〜24.4℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:イズヒメエイ、ウツボ、サクラダイ、キンギョハナダイ、ヒラマサ、ヒレナガカンパチツムブリver.123)、ブリモドキ、イサキ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、イスズミ、メジナ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、マツバスズメダイ、オヤビッチャ、アオブダイ、ニザダイ、ゼブラガニムラサキウミコチョウなど  マリンロボ水面画像水中画像ver.12) 、水中映像

  魚群でダイバーが隠れます

コメント:松崎港を8:00に出港し、波勝崎沖のパヤオに向かいました 風は吹いていましたがナライ(北東)だったのでまずまずの海況でした 30分ほどでパヤオに到着 が、遊漁船や漁船が50隻パヤオのまわりに集まりとても潜れる状況ではありませんでした キメジ、シイラがガンガン上がり、クロカジキまで来ているという情報は本当のようです 取り合えず、お昼過ぎて釣り船が減るのを待ってから潜ることにしました 急きょ、3ダイブ目に潜る予定だった沖の根を前倒しして1ダイブ目に潜りました 潮はほどほどかかり、イサキは物凄い数でした ボクは見ていないのですがメータークラスのヒラマサやイズヒメエイがいたようです 人数が多く、潮がかかっていたので潜降/浮上ラインにつかまっての浮上が出来ない為、シグナルフロートをうって浮上しました 安全停止中も何かでそうな予感はビンビンしていました エキジット後、再びパヤオに向かいました 早めの昼食を摂って長めの水面休息 12:00を過ぎると釣り船が一斉に帰り始め、ようやく我々の出番がやってきました スキンダイビングでカレントチェックをして、潮がトロトロだったため水面フロートは流さずにパヤオに集合するパターンでエントリーしました パヤオ下はまるで水族館のような魚影の濃さで、隣りのダイバーが見えなくなることもたびたびありました! それにしてもあっという間の30分でした〜  お目当てのシイラが見られなかったのが心残りでしたが、、、 3ダイブ目は潮がかかってきたのでパヤオの潮上からフロートを流してブルーウォーターダイビングを実施しました 予想以上に潮が早くエキジットしたときにはパヤオははるか彼方にありました 教訓:パヤオの下以外には魚はいない=つまり次回、企画する時は潮が速くてウネリがあっても全員、パヤオ集まってつかまれる方法を考えて準備します こんなスタイルのダイビングも面白いですね

9月25日(土)

田子 白崎bP/フト根(沖根)

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:25.8〜24.7℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:クロホシイシモチ、タカベ、イサキ、スズメダイ、タカノハダイ、スケロクウミタケハゼ、イチモンジハゼ、フリソデエビ(写真)ヒメイソギンチャクエビオシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)、イガグリウミウシキイロイボウミウシ、ルージュミノウミウシ、サキシマミノウミウシなど

  フリソデエビ

コメント:台風12号が接近し、大ナライ(北東強風)が吹き、残念ながら雲見がCLOSEになりました と、いうことで田子を潜ったのですが時間を追うごとに凪になり、午後は外海を潜れました 台風がいい潮を引っ張ってきたのでしょうか? 波止場から見ても潮色が真っ青です 案の定、湾内も素晴らしい透視度でした 1ダイブ目はまだ外海が荒れていた為、白崎bPを潜りました 今、話題のフリソデエビがいるポイントです フリソデエビのいる場所はダイバーが順番待ちをしています あちらこちらのポイントから田子に逃げてきているので、ダイバーでごった返していました 2ダイブ目はフト根(沖)の潮上からフロートを流してブルーウォーターダイブの練習をしました フト根を過ぎるとクラゲしかいませんでしたが、気持ちよく流されました 明日はいよいよパヤオダイブです 楽しみですね〜!

9月22日(水)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:24.6〜24.0℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、クマドリカエルアンコウygver.12)、ベニカエルアンコウver.12)、カタクチイワシ、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、タコベラ、ホンソメワケベラ、ブダイ、イロブダイyg動画)、アイゴyg、ニザダイ、ニジギンポ、ヘビギンポ、テンクロスジギンポガラスハゼver.12)、セボシウミタケハゼ、オキナワベニハゼ、ベンケイハゼ、ビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビクリアクリーナーシュリンプオトヒメエビムラサキウミコチョウver.12)、コトヒメウミウシミツイラメリウミウシイシガキウミウシキカモヨウウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシアラリウミウシ幼体キイロイボウミウシミチヨミノウミウシイボヤギミノウミウシ、ウミウサギガイ、キヌヅツミガイの仲間など

  イロブダイyg

コメント:西よりの風が強く風波が立っていましたが、水中は穏やかでした まずは三競で未確認のイロブダイの幼魚を探しに行きました 情報通りの場所にいてすぐに見つかりました なんでこの間は見つからなかったんだろう?って感じです いや〜、ホントかわいかったです あまり動かないのでじっくり撮影できますよ クリアクリーナーシュリンプはどんどん増殖してひとつの窪みに7〜8個体見られます 水底が砂地なので撮影には砂を巻き上げないように注意しましょう 一昨日、目撃したヤマブキウミウシは今回は残念ながら見られませんでした 続いて牛着岩ですが、一昨日リクエストがあったキカモヨウウミウシが本日見つかりました いる場所が少し動いていました う〜ん、一昨日はリクエストにお応えできず残念、、、 またの機会にリクエストして下さいね さらに久し振りにイシガキウミウシを目撃 ウミウシカクレエビが付いていないかチェックしたのですが見られませんでした 昨シーズンはイシガキウミウシを宿主にしたウミウシカクレエビがあちらこちらで見られたので今後に期待しましょう 本日の1枚はイロブダイの幼魚です  どの生物にもいえるのですが、一日でも長く見られるといいですね〜!

9月20日(月)

雲見 オオ根/牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25.2〜24.9℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ハナアナゴ、クマドリカエルアンコウver.12)、ベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、タツノイトコ、イタチウオ、オニカサゴ 、コロダイ、イシダイ、ソラスズメダイ、ホンソメワケベラ、オキゴンベ、コウライトラギス、ニジギンポコケギンポの仲間、 オキナワベニハゼ、ヨソギ、シマウミウスズメ、クリアクリーナーシュリンプ、オトヒメエビ、ムラサキウミコチョウ、コトヒメウミウシ、ニシキウミウシヤマブキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシキイロイボウミウシ、コイボウミウシ、シロミノウミウシハクセンミノウミウシ科の一種2アオミノウミウシ科の一種3、ホソテンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ハクセンミノウミウシの一種2

コメント: 連休最終日はアドバンスコース2日目とウミウシ・リクエストでした 1ダイブ目はアドバンスの水中ナビゲーションでオオ根を潜りました 前日のヨタがすっかり取れ、透明度もよく素晴らしいコンディションの中でトレーニングがダイブができました 2ダイブ目はねっちりウミウシ・ダイブを満喫しました 秋のベストシーズンに入り、中層の回遊魚やクマドリカエルアンコウと始めとする季節モノについついなびいてしまいましたが、やっぱり雲見のウミウシ・ダイブは心が落ち着きますね〜 本日はなんとハクセンミノウミウシ科の一種2が4個体も見られました! さらにさらに三競ではボク自身が初観測のヤマブキウミウシが登場しました と、いってもボクが見つけたのではなくご一緒したダイバーの方が教えてくれたのですが、、、 話題のイロブダイの幼魚ですが、また見つけられませんでした 目がふし穴なんでしょうかね、、、(涙)

9月19日(日)

田子 漁協前(ナイトダイビング)

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:25.1℃ 透視度:-m

観られた生物:マツカサウオ、サクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、オヤビッチャ、アミメハギyg、サザナミフグ(写真)ガンガゼエビ、イセエビ、ベニツケガニ、アカオニナマコなど

  サザナミフグ

コメント:アドバンスコースのナイトダイブで田子を潜りました 当初、浮島を予定していたのですが台風11号のヨタでポイントがCLOSE、、、 田子の漁協前にポイントを変更しました 田子の口内は潮色が良く、水温も高く快適でした ご一緒した方がすでにナイトダイビング経験者でしたのでNOストレスで1時間近く潜ってしまいました 田子といえば弁天島〜前浜というボートナイトが経験できる素晴らしいポイントがあるのですが、海況が悪いときには波止場も捨てたものではありません 甲殻類の多さにはきっと目を見張ることでしょう 本日の1枚はなんとサザナミフグです 浮上中に出くわしてしまい、なんとか写真におさめるためにダイブタイムを10分近く延長してしまいました(笑) とっても可愛い南の海からのお客さんです

9月19日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:25.3℃ 透視度:8〜6m

観られた生物:クマドリカエルアンコウygver.12345)、カタクチイワシyg、アオヤガラ、クエ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、カンパチ、アジアコショウダイyg、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、メジナ、ニザダイ、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ナマコマルガザミ(写真)、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシウミウサギガイなど

  ナマコマルガザミ

コメント:台風11号の影響でウネリが強く入り、大牛と小牛の間の水路は通行止になりガイドコースが限定されました 1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーして小牛を一周 途中、小牛の洞窟に様子をうかがいながら入ったのですが洞窟の奥は天井の亀裂から潮が流入しさながらトイレのフラッシュ状態でした、、、 小牛では白と黒、2個体のクマドリカエルアンコウが見られました 2ダイブ目も1ダイブ目とほぼ同じコース取りでした 小牛の砂地側の中層では大きなマダイが群れていました 3ダイブ目は大牛洞窟からグンカンへ行きました 大牛の洞窟ではサクラテンジクダイの幼魚や成魚の口内保育シーンを観察 大牛のクマドリカエルアンコウ2個体とグンカンのクマドリカエルアンコウも見られ今日現在見られる雲見のクマドリカエルアンコウ5個体、コンプリートしました 海況不良の為、苦し紛れのカエルアンコウ・ガイドでした(苦笑) 強いウネリでウミウシは身を潜めてしまったようです 早く海況が落ち着いてウミウシがジャンジャン出てきて欲しいものです

9月18日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25.1〜24.7℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、ハナアナゴ、クマドリカエルアンコウver.123黒クマのアクビシ−ン動画ベニカエルアンコウver.12)、カミソリウオ、ウミテング動画)、ノコギリヨウジ、イタチウオ、コクチフサカサゴ、クエ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、カタクチイワシyg、カンパチ、ツムブリ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、セジロノドグロベラyg、ムナテンベラyg、コガネキュウセンyg、イロブダイyg、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、ヘビギンポ、コケギンポの仲間、ニザダイ、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、オキナワベニハゼ、シマウミスズメ、アオリイカ、ビシャモンエビアカホシカクレエビver.12)、クリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ムラサキゴカクガニムラサキウミコチョウヒロウミウシ、コトヒメウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ジュッテンイロウミウシ、センテンイロウミウシ、コイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイなど

  ウミテング

コメント:9月の3連休初日は思ったほど波止場も海の中も混雑せず、のんびりと潜れました 午前中は台風のヨタもなく潮色も抜群でした! 1ダイブ目は-24mアーチ、三角穴などいわゆる雲見らしいベタなコース取り 魚影が濃く気持ちよく潜れました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしウミウシ&クマドリカエルアンコウをターゲットに潜りました 3ダイブ目は三競で地形ダイブ クリアクリーナーシュリンプやオキナワベニハゼ、ベニカエルアンコウのペア、イロブダイygなど生物も充実! 三競がますます盛り上がってきました ただ、ヨタが強く入っていたのが気がかりですが、生物&フォトダイブなら十分楽しめます 4ダイブ目は小牛の裏からエントリーして湾内のブイまでじっくりフォトダイブです 通称黒クマちゃんのアクビシーンを動画で捉えることができました! 他店情報ですが小牛の横にも白クマちゃんのNEWフェイスが登場したそうです 今シーズンの雲見はホント、何かが違いますね〜! 本日の1枚は小牛の砂地で見られるウミテングです サイズが大きめなので見つけやすいと思います

9月15日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24.1〜22.4℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、クマドリカエルアンコウver.12)、トゲウオ目カミソリウオ科の仲間、カタクチイワシyg、カンパチver.1234)、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、クマノミyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネキュウセンyg、セジロノドグロベラyg、タコベラ、コブダイ、ブダイ、ニザダイ、ミヤケテグリガラスハゼ、アオサハギyg、アミメハギyg、カワハギ、ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミver.12)、ムラサキウミコチョウver.12)、モンガラキセワタ、ニシキウミウシミアミラウミウシ幼体、アオウミウシ、シロウミウシ、センテンイロウミウシキカモヨウウミウシコイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ウミウサギガイ、テンロクケボリ、トラフケボリなど

  クマドリカエルアンコウのアクビ

コメント:ベタ凪の雲見でした 伊豆半島全域で言えるのでしょうが、今シーズンは雲見はひと味違います 秋のベストシーズンに入り、ますます出モノが増えています ここに来てようやくウミウシの種類、密度とも上がってきました カヤ類やカイメンを要チェックですね さまざまなイロウミウシの仲間やミノウミウシの仲間が見られます 中層はカタクチイワシの幼魚(シラス)が群れ、そこにカンパチの群れがアタックをかけています 本日は安全停止中もず〜っと回遊し浮上後もフィン先をグルグルまわっていました ボートにエキジット後、グンカンブイでハンマーヘッドシャークが登場 この時期の風物詩ですね 1mそこそこのちびっこですが、是非とも水中で遭遇したいものです 本日の1枚は大牛洞窟付近の小さいほうのクマドリカエルアンコウの幼魚です なんとアクビシーンを撮影できました! 今週末の連休もまだ空きがありますので是非、遊びにいらして下さいね

9月13日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:33℃ 水温:26.0〜25.9℃ 透視度:10m

観られた生物:クマドリカエルアンコウver.12)、カミソリウオ、ヒフキヨウジ、ノコギリヨウジ、カタクチイワシyg、ボラ、カンパチ、ナンヨウカイワリ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、スズメダイ、オキゴンベ、ニザダイ、ムスメウシノシタ、アミメハギyg、アオサハギyg、ハコフグ、アオリイカ 動画)、ガラスハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビムラサキゴカクガニナマコマルガザミムラサキウミコチョウリュウグウウミウシ(写真)キカモヨウウミウシミアミラウミウシ幼体トラフケボリ、コダマウサギガイ、ウミウサギガイなど

  リュウグウウミウシ

コメント:風波とウネリの影響でエントリー、エキジットポイントとも限定OPENでした 潜ってしまえば多少、ヨタが入っている程度なんですが、、、 中層はカタクチイワシの幼魚(シラス)が群れをなしています そこにカンパチの子供がアタックをかけるシーンがあちらこちらで繰り広げられています マクロ系のリクエストでしたが、元来の青モノ好きの為、ついつい中層に目が行ってしまいました カンパチの群れにナンヨウカイワリも交じっていました 2ダイブ目は黒いクマドリカエルアンコウの幼魚リクエストで小牛を潜りました じっくりのんびり60分近くエビカニやウミウシの仲間もじっくりウォッチしてきました 本日の1枚は小牛で見られたリュウグウウミウシです 雲見ではちょくちょく見られていてさほどレアではないのですが、ボク的には大好きなウミウシのひとつですね

9月8日(水)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:28℃ 水温:23.0〜22.5℃ 透視度:10m

観られた生物:クマドリカエルアンコウver.123)、イロカエルアンコウver.12)、ベニカエルアンコウver.12)、トゲウオ目カミソリウオ 科の仲間、ホソウミヤッコ、カタクチイワシyg、オニカサゴ、マダラフサカサゴ、クエ、オオモンハt、アカハタ、キンギョハナダイ、カンパチ、 ネンブツダイ、イサキ、アジアコショウダイyg、コロダイ、マダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、タキゲンロクダイygフエヤッコダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、コガネキュウセンygヤセアマダイ、ウイゴンベ、ミナミギンポガラスハゼ、ヒラメ、ミナミハコフグygビシャモンエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビムラサキウミコチョウテントウウミウシ、ニシキウミウシ、キイロイボウミウシ、ムカデメリベ、ミチヨミノウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチ、ツグチガイなど

  クマドリカエルアンコウyg

コメント:台風9号の影響で午前中のみOPENとなりました 1ダイブ目は今が旬のクマドリカエルアンコウを3個体GET その他、季節来遊魚やウミウシの仲間をじっくりフォトダイブをしました 1ダイブ目を終えてサーフェスインターバル中にビッグニュースが入りました 小牛で黒いクマドリカエルアンコウの幼魚の目撃情報が上がりました すごいですね〜、この時期に4個体もクマドリカエルアンコウの幼魚が見られるなんて観測史上、初めてのことではないでしょうか!? 今シーズンの雲見はひと味違いますね〜 今後もダイビングコースをじっくり精査して生物情報のさらなるストックをしたいと思います 本日の1枚は今日登場した黒クマちゃんです 肉眼で見るぶんにはかわいいのですが撮影となると、、、なんとも料理しにくい素材です(苦笑)

9月7日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:31℃ 水温:26.3〜24.3℃ 透視度:10m

観られた生物:クマドリカエルアンコウver.12)、イロカエルアンコウver.12)、ゴンズイ、カンパチ動画)、イサキ、アジアコショウダイyg動画)、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、タコベラ、コガネキュウセンyg、キュウセンyg、セジロノドグロベラyg、コブダイygミヤケテグリ、ヤマドリ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、アカボシスケロクハゼ、アオサハギ ygビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ、モンガラキセワタニシキウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ジッテンイロウミウシ、ユビウミウシ、ミノウミウシの仲間、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイなど

  クマドリカエルアンコウyg

コメント:平日ガッツリ60分×3本勝負です 前日までかなりキツく入っていたヨタがだいぶ落ち着いてきました 1ダイブ目はグンカンからエントリー 根頭で早速カンパチの群れが登場 クマドリカエルアンコウや水玉模様のイロカエルアンコウが見られました 2ダイブ目は大牛洞窟前でウミウシ・ダイブをしようと思ったのですが乗船間際にクマドリカエルアンコウの新しい個体が見つかったとの情報が入りました 早速、探してみるといや〜、かわいいサイズです 本来、今の時期だとこのくらいのサイズなんでしょうね これでクマドリカエルアンコウが3個体もみられるようになりました 2002年の当たり年を彷彿させますね 水温が例年より高く、60分ほとんど動かないダイブを3本やりましたが寒くなかったですよ 本日の1枚は 前述の小さなクマドリカエルアンコウygです オレンジがとってもキレイですね 今回もご一緒したダイバーからたくさん画像を提供して頂きました 画像のUP、しばらくお待ち下さいね

9月6日(月)

雲見 牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:25.1〜24.0℃ 透視度:10m

観られた生物:クマドリカエルアンコウver.12)、イロカエルアンコウ、ニシキフウライウオ、カタクチイワシ(シラス)、オオモンハタ、アカハタ、キンギョハナダイ、カンパチ、ハタタテダイyg、イサキ、アジアコショウダイyg動画)、コロダイ、マダイ、クロダイ、イシダイ、イシガキダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスイズメダイyg、スズメダイ、ツユベラyg、コガネキュウセンyg、オキゴンベ、ウイゴンベ、ミナミゴンベ、ニザダイ、ガラスハゼ、クロイトハゼ、ビシャモンエビ(写真)、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビナマコマルガザミムラサキウミコチョウ、 ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、ヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、 キイロイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイなど

  ビシャモンエビ

コメント:週明けの雲見、台風9号のヨタがかなり入ってきました 砂が巻き上がった為、講習で入ったオオ根の透視度は3〜2mとkなりDOWNしました 牛着岩周辺は透視度10mとまずまずでした グンカンと大牛洞窟前のクマドリカエルアンコウは健在、大牛の黄色いイロカエルアンコんなんとニシキフウライウオが3個体見られました 今シーズンは久し振りにニシキフウライウオの当たり年なのでしょうか? カタクチイワシ幼魚(シラス)の群れにカンパチの群れがアタックをかけているシーンが4ダイブ通じて見られました サイズこそ小さいものの青モノが回遊するシーンはダイバーならゾクゾクするくらいアドレナリンが分泌されるはず!! ヨタが強くはいっていますので、当店得意のウミウシダイブはしばらくお休みです 凪になってから中1日するとウミウシが大爆発します あくまでも経験則ですが 本日の1枚はビシャモンエビです 今シーズンはムチカラマツのいたるところで見られています ムチカラマツエビと違って必ずといっていいくらいムチカラマツの先端に頭を向けています なぜ!?

9月5日(日)

雲見 牛着岩/赤井浜〜オオ根/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:25.1〜24.2℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:クマドリカエルアンコウygイロカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウニシキフウライウオ動画)、イタチウオ、マツカサウオ、ヘラヤガラ、カタクチイワシyg(シラス)、オオモンハタ、キンギョハナダイ、カンパチ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、アカネテンジクダイ、イサキ、コロダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、スズメダイ、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、ハコフグ、キタマクラ、コウイカの仲間ムチカラマツエビ、オトヒメエビ、トゲシガニ、キイロイボウミウシなど

  イロカエルアンコウ

コメント:9月最初の週末は多少ヨタが入っていたものの、まずまずのコンディションでした 水温は前日よりUPし、潮色も良くなりました 1ダイブ目はベテランチームとプチ・ドリフトダイブ 地形、魚影、マクロ系を楽しみました 2ダイブ目は体験ダイブ&リフレッシュダイブで赤井浜からエントリーしてオオ根の砂地のブイでエキジット 真っ白な砂地に癒されました 3ダイブ目は雲見らしいベタな洞窟ダイブをしました 潮色よくお天気もバッチリでしたのでアーチに差し込む光がとてもキレイでした 4ダイブ目の三競も地形を堪能しました 2番洞窟は天井側から入りました 2.5番の壁も本日はサラっと通過 3番洞窟ではエアードームで記念撮影をして楽しみました 明日も引き続き凪予報です じっくり生物ウォッチ&フォトダイブを楽しみます

9月4日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:22.9〜19.2℃ 透視度:12〜6m

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、クマドリカエルアンコウyg(写真)イロカエルアンコウygベニカエルアンコウver.12)、ハナタツノコギリヨウジ、ニシキウフウライフオ、イタチウオ、ヘラヤガラ、マツカサウオ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、アカネテンジクダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ムツ、カンパチ、イトヒキアジyg、イサキ、テングダイ、イシダイ、イトヒキベラ、モンツキベラyg、オハグロベラ、ブダイ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポ、テンクロスジギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼオキナワベニハゼ、シマウミスズメ、ヒトデヤドリエビビシャモンエビクリアクリーナーシュリンプ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ムラサキゴカクガニナマコマルガザミムラサキウミコチョウニシキウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシシロハナガサウミウシスミゾメミノウミウシなど 三競3番洞窟のスポットライト(画像動画

  クマドリカエルアンコウyg

コメント:週末の雲見、おおいに盛り上がっていました 若干、ヨタが入っていてマクロ系の撮影にはてこずりましたが、潮色もだいぶ良くなり地形派やワイド派の方には絶好のコンディションだったのではないでしょうか まず1ダイブ目はベタなコース取りで湾内ブイからエントリーし水路を通り、-24mアーチ、そして根頭のブイでエキジットしました潮がかかっていたので魚の活性が上がり盛り上がりました 浮上中はロープにつかまってプチ鯉のぼり気分を味わいました 2ダイブ目は大牛洞窟から-16mアーチ方面へ クマドリカエルアンコウは8月10日に見つけた時よりも明らかに大きくなっていますね 3ダイブ目は三競でマクロ系&洞窟ダイブ ハナタツやベニカエルアンコウ、オキナワネニハゼやウミウシをたくさん見ました3番洞窟ではエアードームのトップライトから差し込む光がまるでスポットライトのようでした 4ダイブ目はマクロ系フォトダイブで大牛へ なんと安全停止中、表層にイトヒキアジの群れが登場 追いかけてなんとか撮影しようと思ったのですが、残念ながら写っていませんでした それにしても今年の雲見は何が出ても不思議ではありませんね〜 今月18日からの3連休ですが、まだまだ空きがありますので是非、遊びにいらして下さいね

9月1日(水)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:21.0℃ 透視度:8m

観られた生物:オニカサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ(写真)、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、コロダイyg、クロサギ、スズメダイ、ソラスズメダイ、オハグロベラ、ブダイ、ミサキウバウオ、ヤマドリ、テンクロスジギンポ、イチモンジハゼ、サビハゼ、ニザダイ、ニセカンランハギ、カワハギ、ヒメイソギンチャクエビ、サラサエビ、オトヒメエビナマコマルガザミ、モンガラキセワタ、ムカデミノウミウシ、チャイロキヌタ、タルダカラなど

  ミノカサゴ

コメント:今日から9月です でも残暑が厳しいですね〜 日中はとても日向には出ていられません 浮島に出稽古に行ってきました ドラゴンホールにヘコアユが3個体いるそうです ヘコアユを見たことがなかったので是非っと思っていました ビーチの見た目は凪いでいましたがドラゴンホールはウネリがキツく砂地に溜まったテングサ(マクサ)がビューン、ビューンと揺れています ドラゴンホールに留まるのはあきらめてムーンビーチ、ショットホール方面のビーチの深場に移動しました ムーンビーチまで来るとウネリは弱くなり潜りやすくなりました お目当ての生物がひとつも見つけられずちょっと凹んでしまいました、、、(苦笑) 潮色はまずまずでしたが、水温が低かったですね〜 明日は台風のヨタが強くなりそうです 太平洋高気圧がバリバリ強いので台風7号のコースは伊豆半島からかなり離れますので海況のほうは心配はなさそうですね

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED