じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2013年9月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

9月30日(月)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24.6〜23.3℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、イタチウオ、ゴンズイサツマカサゴ、オニカサゴ、ミノカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ハタタテダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、クロホシフエダイ、イシダイ、イシガキダイ、アカヒメジ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、テンス(写真)、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ミギマキ、オキゴンベ、ツノダシ、コウライトラギス、スジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポヒラメ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、ミナミハコフグ、キタマクラ、ウミウシカクレエビ)、キミシグレカクレエビムチカラマツエビ)、ヒトデヤドリエビイソバナカクレエビイソギンチャクエビヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビ)、オシャレカクレエビイソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビコマチコシオリエビナマコマルガザミタマオウギガニトルンナ・プルプロペディスアヤメケボリ)、トラフケボリセロガタケボリ)、テンロクケボリソリキヌヅツミなど
※9/30のガイドコース(

 テンス

コメント:9月最終日、朝一番は風がややつよく水面がバシャついていました でも海の中はとっても穏やか 水温は前日より1℃下がりましたが潮色は良くなりました 昨日はエクササイズのような牛着岩を大きくまわるダイビングでしたが今日は一転、あまり泳がずに じっくり60分×3本フォトダイブを堪能しました〜 まず1ダイブ目は島裏からエントリーして小牛洞窟〜小牛まわりでブイへ 根頭のイソギンポの仲間や小牛洞窟で見られるウミウシ、トルンナ・プルプロペディス、ムチカラマツを宿主にしている甲殻類、さらにウミウサギの仲間をご紹介しました 続いて2ダイブ目は-16mアーチからエントリーしてグンカンへ ホタテウミヘビのフィーディングパフォーマンスを披露したりイソギンチャクを宿主にしているエビの仲間や砂地でテンスをご紹介しました グンカンではウミウシカクレエビのペアが見られました 宿主はアカオニナマコですが昨シーズンはニシキウミウシを宿主にしているウミウシカクレエビが見られましたので今後に期待しましょう お昼休憩をはさんでラスト3ダイブ目は黒崎でじっくりマクロ系のフォトダイブ ムチカラマツエビやビシャモンエビ、アカシマシラヒゲエビ、そしてここでもウミウシカクレエビが見られました 最後の浅根のアーチではキンメモドキの大群の中を通過してフィニッシュ! 午後になると潮色は下がったものの風もおさまり素晴らしい海況でした 明日から10月です いよいよ伊豆の海のベストシーズンですね!

9月29日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.7〜24.6℃ 透視度:8m

観られた生物:ホシエイ(写真)、ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ハタタテダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、マダイテングダイ、メイチダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、アイゴ、ツノダシ、ニザダイ、ガラスハゼヒトデヤドリエビ、オトヒメエビ、イセエビコマチコシオリエビヨツバネジレカニダマシモンハナシャコナマコマルガザミ)、ベニサンゴガニ、アシボソベニサンゴガニ、ニシキウミウシなど
※9/29のガイドコース

 ホシエイ

コメント:9月最後の週末は秋晴れのベタ凪です 本日はワイド系&泳ぐダイビングごご希望のお客様 と、いうことで久し振りにエクササイズのようなダイビングを楽しんできました 潮色、水温とも前日とほぼ変わりません まず1ダイブ目は-24mアーチからエントリーしてモロコ根へ -24mアーチでは今日もテングダイのペアがお出迎えしてくれました -24mアーチを抜けると大きなホシエイが気持ち良さそうにホンソメワケベラのエステを受けていました 刺激しないようにそ〜っと近づいてパチり そして静かにその場を後にしました モロコ根まではゆっくり泳いでも5分ちょっとで到着します 一時のマダイラッシュはありませんでしたが数個体がパラパラと見られ時折り、イサキの群れが通り過ぎます 普段あまり行かないエリアだからこそレア物や人気者がいないか岩肌や亀裂、ソフトコーラル、イソギンチャクなどをチャックしましたが残念ながら見つかりませんでした そのまま平根〜トビ根〜グンカンへ 気持ちよく泳いだ45分間でした サーフェスインターバル中、牛着岩の水中マップを見ていたお客様がマップを見ながら「ここはなんていうところ? 行ったことない」とコブ根を指差して言いました と、いうことで2ダイブ目はグンカンからエントリーしてコブ根へ ここの超久し振りに行きました 何かいそうな雰囲気がビンビンしてちょっと張り詰めた気分のダイビングができました クダヤギの仲間をチェックするとアシボソベニサンゴガニとヨツバネジレカニダマシがいました クダヤギクモエビ、まだ雲見では見られませんね…(^_^;) グンカン根頭のイソギンチャク畑でクマノミやミツボシクロスズメダイをウォッチして浮上しました 2ダイブ目も45分間の気持ちいいエクササイズでした 明日は一転、じっくりフォトダイブです

9月28日(土)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.9〜24.3℃ 透視度:8m

観られた生物:ウツボ、コケウツボ、トラウツボ、イタチウオゴンズイ、ノコギリヨウジ、ヘラヤガラ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、スジオテンジクダイ、ハタタテダイ、チョウチョウウオ、マアジ、シマアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ(写真)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、オビテンスモドキ、セジロノドグロベラ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、アイゴ、ニザダイ、ミギマキ、オキゴンベ、コウライトラギス、スジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、カワハギ、ミナミハコフグ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビ、オシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ)、オトヒメエビ、イセエビ、トゲアシガニ、キモガニトルンナ・プルプロペディスソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミなど
※9/28のガイドコース(

 -24mアーチのテングダイ

コメント:素晴らしいお天気、海況に恵まれました 海越しの富士山がとてもキレイでした 本日もがっつり3ダイブ、雲見の海を満喫してきました〜 雲見が初めてという方がいらっしゃったのでまず1ダイブ目はブイからエントリーして水路〜-24mアーチなどの地形をご紹介しました もちろん途中途中でマクロネタをはさみこみつつじっくり50分 潮色は前日より少し下がりましたが水温は依然、高く快適です 小牛洞窟のトルンナ・プルプロペディスや-24mアーチのテングダイのペア、たて穴根頭のギンポ三兄弟などの人気者がお出迎えしてくれました 続いて2ダイブ目は黒崎をご案内しました マクロ系と密度の濃い魚群を楽しもうという作戦です まず先端洞窟からドラゴンウォールでビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、アカシマシラヒゲエビ、ソリキヌヅツミなどをご紹介 今日はなんとウミウシカクレエビまで見られました 黒崎も熱いですね〜 そして浅根のアーチで恒例のキンメモドキにまみれてきました それにしても圧巻の魚影です 魚まみれになりたい方は是非、リクエストして下さいね ラスト3ダイブ目は三競で地形ダイブをしました 3番洞窟には見事な光のカーテンができてとても幻想的でした ベストシーズンですね〜 2ダイブではもったいないですよ 10月の無制限ダイブが1日からスタートします!

9月27日(金)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:24.6〜24.4℃ 透視度:10m

観られた生物:ウツボ、コケウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、オキザヨリ、ボラ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、メバル、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、マアジ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラ(写真)、テンス、コブダイ、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、スジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポ)、ガラスハゼ、カワハギ、ハコフグ、キタマクラ、 アオリイカ、ウミウシカクレエビキミシグレカクレエビムチカラマツエビオシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ウズラカクレモエビアザミカクレモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビ)、イソコンペイトウガニナマコマルガザミキモガニイガグリウミウシトルンナ・プルプロペディスソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミ、ムラクモコダマウサギ、テンロクケボリ
※9/27のガイドコース(

 ツユベラyg

コメント:今日は穏やかな海況に恵まれました CLOSE明けの雲見、生物情報はリセットされてしまったのでしょうか? 本日は関西からわざわざ遊びに来て下さいましたお客様 昨日は黄金崎をご案内しましたがようやくホームの雲見をご一緒することができました まず1ダイブ目は 小牛の裏カドからエントリーして小牛まわりで水路〜H型のアーチ〜小牛の洞窟〜-24mアーチ〜たて穴と地形&生物の両方を楽しむコース取りですCLOSE明けもキミシグレカクレエビが見られました そしてウズラカクレモエビもウネリを乗り越えてくれました H型のアーチにはクロホシイシモチやツマグロハタンポが詰まっていました -24mアーチでテングダイのペアを見たあとにたて穴へ 根頭ではスジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポが見られました 今回の台風ではどうやら生物情報はリセットされなかったようです! 続いて2ダイブ目は-16mアーチからエントリーしてグンカンへ ホタテウミヘビのフィーディング・パフォーマンスを披露しました ご一緒したお客様も挑戦しましたが見事に成功 ただ指を甘噛みされるという貴重な経験もされました(笑) 途中でフィーディブリーフィングンを続けているコブダイ若魚に遭遇 ボクのことを完全に認識していますね ず〜っとついて来ます グンカンでは久し振りにアカオニナマコを宿主にしたウミウシカクレエビをGET! いや〜、カワいいですね〜 大好物です(*´`) そして一昨日、見つけたアザミカクレモエビもウネリに負けず健在でした 最後はコブダイの餌をGET コブダイのフィーディングで盛り上がった後、浮上しました お昼休憩をはさんでラスト4ダイブ目は黒崎へ ハナタツのリクエストで自信満々でご案内しましたが結局、見つけられず… なかなか、うまく行きませんねぇ(ToT) 気を取り直して鉄板ネタのビシャモンエビ、ソリキヌヅツミ、アカシマシラヒゲエビ、オシャレカクレエビをご紹介 CLOSE前はいっぱい見られたイソギンチャクモエビはいつものグビジンイソギンチャクからいなくなってしまいました そして浅根のアーチではおびただしい数のキンメモドキの群れに巻かれてきました いや〜、この魚影の濃さはテンション上がりますね〜! 明日も凪予報です いい海をご案内できるといいですね〜ヽ(^0^)ノ

9月26日(木)

黄金崎 ビーチ

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24.6℃ 透視度:10m

観られた生物:ウツボ、クマドリカエルアンコウ(写真)イロカエルアンコウタツノイトコゴンズイ、アオヤガラ、ヘラヤガラ、アカエソ、ボラ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コスジイシモチ、スジオテンジクダイ、イサキ、クロホシフエダイ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、ヨメヒメジ、クマノミ、ソラスズメダイ、ミギマキ、オキゴンベ、ホタテツノハゼsp、ヒレナガネジリンボウ、ダテハゼ、オニハゼ、ハナハゼ、ノコギリハギ、カワハギ、アミメハギ、シマウミスズメ、ウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、イソバナカクレエビクリアクリーナーシュリンプナマコマルガザミトサカガザミアカエラミノウミウシミチヨミノウミウシスミゾメミノウミウシアカネケボリ、アヤメケボリ、トラフケボリホソテンロクケボリなど

 クマドリカエルアンコウ

コメント:ウネリが強く残念ながら雲見はCLOSEしました と、いうことでクマドリカエルアンコウが登場した黄金崎ビーチに行ってきました エントリーエリアは多少、波があったものの潮位が高かったのでエントリーはそれほど苦労しませんでした 情報を聞いてクマドリカエルアンコウの元へ 移動中の砂地でヒレナガネジリンボウやホタテツノハゼspをウォッチ ガイドロープ沿いではたくさんのタツノイトコが見られました そして-16m付近のケーソンブロックで早速、捜索開始 なかなか見つからずに苦労していると知り合いのインストラクターも合流 共同で探しましたがそれでも見つかりません… すると安良里のダイビングサービスのスタッフが合流 あっさり見つけてくれました(^_^;) 眼が慣れてないとこんなもんなんですかね… それとも節穴ガイドということでしょうか(>_<) ともあれ今シーズン初のクマドリカエルアンコウが見られて良かったです 小さくてとってもカワイかったです! 続いて2ダイブ目はカミソリウオやハナタツを探しに入りました 前回の台風で生物情報がだいぶリセットされたようですね 残念ながらお目当てのカミソリウオとハナタツは見つかりませんでした ミノウミウシの仲間やウミウサギの仲間をご紹介 のんびりじっくり60分×2ダイブでした 台風20号は明日には温帯低気圧になるそうです 雲見がOPENすることをお祈りしましょう(>人<;)

9月25日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24.9℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、ハオコゼ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、オビアナハゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、イトヒキベラ、ツユベラテンスコブダイ、ブダイ、アイゴ、ニザダイ、コケギンポの仲間)、キミシグレカクレエビムチカラマツエビイソバナカクレエビ)、ヒトデヤドリエビイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビウズラカクレモエビアザミカクレモエビ(写真)イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミトサカガザミ、フトユビシャコ科の一種、トルンナ・プルプロペディスアヤメケボリ)、トラフケボリテンロクケボリ)など
※9/25のガイドコース

 アザミカクレモエビ

コメント:台風一過、昨日から雲見はOPEN 明日に備えてリサーチダイブをしてきました まずは牛着岩の島裏からエントリー ウネリは入っているものの潮色は一気に回復していましたね〜 まずは小牛の洞窟でトルンナ・プルプロペディスをチェック✔ 続いて小牛まわりで台風のウネリでエビカニ類のネタがリセットされていないかチェックしてきました キミシグレカクレエビ、イソバナカクレエビ、ウズラカクレモエビなどのお気に入りやウミウサギの仲間はどうやら台風のウネリを耐え抜いてくれました(^O^) 砂地ではマクサ(てんぐさ)などの切れた海藻が溜まっていましたが、海が落ち着いたらこの辺りを探すとカミソリウオが見つかるかもしれませんね 2ダイブ目は-16mアーチの沖側からグンカンへ 抱卵中のでっかいイソコンペイトウガニ、砂地のホタテウミヘビもウネリを耐え抜いてくれました そして久し振りにフィーディングしているコブダイが登場 ヤドカリのご馳走を美味しそうに食べていました 新たにテンスとツユベラの幼魚を発見 季節モノがグッと増えてくるといいですね! そして本日の一枚はアザミカクレモエビっ 雲見では初めて見ました 新たに持ちネタが増えました〜ヽ(^0^)ノ ウズラカクレモエビはすでに持ちネタでKEEPしているのであとはマルミカクレモエビなんて見つかっちゃったりするとさらに面白くなるんですけどね まだ見たことがないエビなので探してみます 台風後のコンディションはまずまずです 明日も雲見を潜る予定です

9月23日(月)

田子 白崎1/弁天島

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.9〜24.5℃ 透視度:5〜3m

観られた生物:ウツボ、ノコギリヨウジ、コクチフサカサゴ、クロホシイシモチ、コスジイシモチクマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、コケギンポの仲間ガラスハゼ(写真)、ハナハゼ、ダテハゼ、イソバナカクレエビヒトデヤドリエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ)、オトヒメエビ、イボイソバナガニ)、ヒメサンゴガニ属の一種キモガニニシキウミウシアヤメケボリ)、ベニキヌヅツミ)、イバラカンザシ)など

 ガラスハゼ

コメント:三連休最終日は台風19号の影響で残念ながら雲見CLOSE… と、いうことで田子湾内を潜ってきました 田子は他のエリアから移動してきたダイバーで大混雑していました でもさすがは田子 外海もOPENしていました まず1ダイブ目は白崎の1番ブイからエントリー 心配された透明度も思ったより良く相変わらずマクロ系がたくさん見られました 田子湾内と言えばウミトサカでイソコンペイトウガニが見られたのですが今回は見つかりませんでした… イボイソバナガニやイソバナカクレエビなどのエビカニの仲間が見られました 2ダイブ目は弁天島へ 外海に面している分、白崎より潮色が良かったですね 深場ではムチカラマツにガラスハゼが、アカヒトデにはヒトデヤドリエビが見られました その他、アカホシカクレエビやイソギンチャクモエビなどなど 安全停止中はエンタクミドリイシでヒメサンゴガニ属の一種やキモガニをチェック✔ 田子湾内もホント面白いですね ただ雲見がCLOSEした時に行っているので、あえていい時に潜ってじっくり生物探しをしたらもっと楽しいんでしょうね

9月22日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25.3〜23.3℃ 透視度:3m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、オキナヒメジ、イサキ、コロダイテングダイ、イシダイ、 クマノミ、ソラスズメダイ、キュウセン、コブダイ、ブダイ、ツマグロハタンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、ヒトデヤドリエビ(写真)ムチカラマツエビマルタマオウギガニ、トサカガザミ、ヒメサンゴガニ属の一種アヤメケボリトラフケボリなど
※9/22のガイドコース

 ヒトデヤドリエビ

コメント:連休中日は台風のウネリが強く入り海況不良になってしまいました 雲見はギリギリOPEN ウネリの影響を受けづらい場所をチョイスしてご案内しました ウネリの中の1ダイブ目はブイからエントリーして小牛前を潜りました 小牛に近づくと潮色が落ち厳しいコンディションでしたが少し離れて漁礁の方に行くと明るくキンギョハナダイやスズメダイの群れが乱舞しています 砂地ではコロダイが群れを作っていました マクロ系ではアライソコケギンポやアヤメケボリなどが見られました  2ダイブ目は透明度の悪い牛着岩から離れ-24mアーチの周辺を潜りました -24mアーチの住民、テングダイのペアが出迎えてくれました 潮色は前日よりかなり落ちてしまいましたがご一緒した皆さん、海大好きっていう方々でこんな悪コンディションにもまったくメゲずがっつり潜って下さいました 3、4ダイブはグンカンまわりをご案内しました 深場は砂が舞い上がって潮色が落ちるので根頭を中心に魚の群れやマクロ系をご紹介しました 本日の一枚はアカヒトデを宿主にしていたヒトデヤドリエビです 通称、バルタン星人 秋から冬にかけて見られる季節モノです 早くコンディションが回復してくれるといいですね〜

9月21日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:25.6〜25.1℃ 透視度:5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、クロホシイシモチ、タカベ、イサキ、コロダイ、テングダイ、クマノミ、スズメダイ、オビテンスモドキ、コブダイ、ブダイ、ツマグロハタンポ、オキゴンベ、テンクロスジギンポ、トウシマコケギンポ、オキナワベニハゼ、キミシグレカクレエビ(写真)ムチカラマツエビ、イソバナカクレエビ、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビイソコンペイトウガニナマコマルガザミなど
※9/21のガイドコース

 キミシグレカクレエビ

コメント:三連休の初日は台風19号のウネリが入り始めました と、いっても全エリアOPENしました まず1ダイブ目はブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチ〜たて穴というコース取りです H型のアーチにはクロホシイシモチがグッチャリと詰まっていました -24mアーチではここの住民、テングダイのペアがお出迎えしてくれました たて穴を抜けて根頭でキンギョハナダイが乱舞している様子やモグラ叩きみたいなカンジで顔を出しているトウシマコケギンポを見ました ニヤ潮(小牛→大牛)がかなりキツく秋の訪れを海の中でも実感しました 2ダイブ目はさらに潮がキツくなりました 小牛の裏カドからエントリーしてブイでエグジットするコース取りです 前回の台風18号で2個体いたガラスハゼwithメダマイカリムシはいなくなってしまいました(>_<) でもその代わりにキミシグレカクレエビがやってきましたよ〜 水路前ではオビテンスモドキがあってへフラフラこっちへフラフラしていました 続いて3ダイブ目は牛着岩の-16mアーチの湾内側からエントリーしてロッカク岩、そして湾内へ戻りました ここではホタテウミヘビやナマコマルガザミ、イソコンペイトウガニなどが見られました ラスト4ダイブ目は三競へ 2番洞窟〜3番洞窟をご案内しました3番洞窟の光の差し込みを堪能しました 2.5番ではオキナワベニハゼやテンクロスジギンポなどが見られました ウネリは入ったものの楽しいダイビングでした〜

9月20日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24.8〜24.6℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、カサゴ、オニカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、イサキ、コロダイ、コショウダイマダイ、イシダイ、ヒゲダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、セダカスズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、タコベラ、キュウセン、コガネキュウセン、オビテンスモドキスジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポコケギンポの仲間)、サラサエビ、キミシグレカクレエビムチカラマツエビイソバナカクレエビウズラカクレモエビイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビイソコンペイトウガニナマコマルガザミトルンナ・プルプロペディス(写真)、シロウミウシ、アヤメケボリテンロクケボリセロガタケボリなど
※9/20のガイドコース

 トルンナ・プルプロペディス

コメント:台風一過、連休前のネタ集めで牛着岩をリサーチダイブしました 水温、透視度はほぼ前日と同じでしたが、台風19号のウネリがちょっぴり入ってきました まず1ダイブ目は水路からエントリーして小牛まわりで小牛洞窟、たて穴の根頭をチェックしました 水路前ではオビテンスモドキの幼魚が3個体 あっちをフラフラこっちをフラフラしていました それにしても3個体は多いですね ウズラカクレモエビの大きい個体はどうやらいなくなってしまったようです… 極小個体は健在でした 小牛洞窟ではトルンナ・プルプロペディスがカイメンを接触中でした とてもキレイなウミウシなので是非、リクエストして下さいね たて穴の根頭でコンシボリガイをチェックしたのですが、やはり足が速いウミウシですね どこかへ行ってしまいました 人気のイソギンポの仲間、トウシマコケギンポ、マツバギンポ、スジタテガミカエルウオの三種盛りは健在でした(^O^) 続いて2ダイブ目は-16mアーチからロッカク岩、そしてグンカンへ 久し振りにコショウダイやヒゲダイが見られました レアものを探したのですが今回は見つからず… それでも手堅いラインナップを揃えてお待ちしています 連休中ですがまだ余裕がありますので是非、遊びにいらして下さい!

9月19日(木)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:25.9〜25.4℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、アオヤガラ、カタクチイワシ、ボラ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、アカネテンジクダイ、サクラテンジクダイ)、 イサキ、コロダイ、イトフエフキ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ブダイ、ニザダイ、イチモンジハゼ、カワハギ、アミメハギ、アオサハギ、キタマクラ、サラサエビ、イソコンペイトウガニ、モクズショイ、コンシボリガイ(写真)アオウミウシセロガタケボリなど
※9/19のガイドコース

 コンシボリガイ

コメント:引き続き秋晴れ、穏やかな海況に恵まれました 午前中はPADIレスキューダイバーコースの最終日を実施しました 4つのシナリオもバッチリでしたね 水温が高くベタ凪で講習をとてもやりやすかったです お昼休みをはさんで午後から1本ファンダイブをしました 台風一過のネタ集めもついでにしました(^O^) いつものホタテウミヘビや大きなイソコンペイトウガニは台風のウネリにも負けずに健在でした ホタテウミヘビにフィーディングパフォーマンスをするとスゴい食欲でご一緒したダイバーも大喜びしてくれました 大牛の洞窟内はサクラテンジクダイが今シーズン、ハッチアウトした幼魚とマウスブリーディング中のオスの両方が見られます 本日の一枚は久し振りに逢えたコンシボリガイ 目撃情報はちょくちょく聞いていたのですが縁がなくなかなか逢えませんでした いつ見ても本当にキレイ! 雲見では黄色バージョンが多いですね

9月18日(水)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:26.4〜25.9℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナアナゴ、ベニカエルアンコウ(写真)、ノコギリヨウジ、カサゴ、イソカサゴ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、コケギンポの仲間)、アオサハギキミシグレカクレエビ、ムチカラマツエビ、イソバナカクレエビ)、ウズラカクレモエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミアヤメケボリトラフケボリセロガタケボリなど
※9/18のガイドコース

 ベニカエルアンコウ

コメント:台風一過、お天気&海況に恵まれました PADIレスキューダイバーコースの初日の限定水域セッションでしたがプールの水温より海水の方が温度が高いので雲見の張石ビーチで開催しました 海越しの富士山がはっきりと見え抜群のロケーションでした 順調にトレーニングが進みお昼休み、台風一過の雲見の生物情報をチェックしてきました 思ったよりスゴい台風でしたね 小牛の横からエントリーして小牛まわりでブイでエグジットしたのですが砂地には切れたテングサがごっそり溜まっていました 今まで砂地だったところが砂がなくなり岩場になっていたり、あるはずのソフトコーラルがなくなっていたりなどなど… 講習の合間にリサーチダイブをちょこっとしただけなのでネタ集めができなかったので、連休前にじっくり潜ってがっつりネタ集めしたいと思います 今日の一枚はベニカエルアンコウ たまたま見つけた個体ですが小さくてとってもキュートでした 潮色が落ちてしまいましたが水温はヌクヌク ウズラカクレモエビや超久しぶりにキミシグレカクレエビも見られ、マクロ系がかなり楽しめそうです 今週末の連休はまだ空きがありますので是非、遊びにいらして下さい お待ちしていま〜すm(_ _)m

9月15日(日)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:26.3〜25.8℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、オニカサゴ、ミノカサゴ、カタクチイワシ、ボラ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イサキ、コロダイテングダイ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイキンメモドキ、ツマグロハタンポ、ムチカラマツエビ、ガラスハゼ)、オキナワベニハゼ(写真)、カワハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ウズラカクレモエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミトラフケボリ、メダマイカリムシなど
※9/15のガイドコース

 オキナワベニハゼ

コメント:連休中日は朝から大雨洪水警報が発令されましたが、無事オープンしました ただ台風のウネリが入ってきたのでコース取りに気を遣います 本日、2パーティで4ダイブを海況が悪くなる前に早め早めに実施しました まず1ダイブ目は小牛前カドからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチへ ウズラカクレモエビをご紹介しようと思ったのですが残念ながら見つけられず… 擬態がウマいですね(>_<) 水路は若干、ウネリが入ってきましたが朝一番は水路の通行ができました ウネリの影響かクロホシイシモチの群れがいつも以上にH型のアーチに集まっていました -24mアーチのテングダイのペアも健在 その他、ビシャモンエビも紹介して安全停止&浮上 昨日までの激流がおさまったくれたのが何より幸いでした 2ダイブ目も同じコース取りを予定していたのですが、エアー消費の関係でコースを変更 ブイからエントリーして小牛裏カドでエグジットしました 1ダイブ目で見つけられなかったウズラカクレモエビ、今回はあっさり見つかりました ま、こんなもんですよね〜(^_^;) 小牛裏カドのオオサンゴイソギンチャクの群生地でクマノミやイサキの群れなどを見てシグナルフロートをうって浮上しました 続いて3ダイブ目は-16mアーチから大牛洞窟へ ホタテウミヘビとコブダイのフィーディング・パフォーマンスを披露しました 皆さん、楽しんで頂けたようです 最後は大牛洞窟でサクラテンジクダイの口内保育シーンをご紹介しました 本日ラスト4ダイブ目は地形リクエストで三競へ さすがに午後はウネリが強くなり全ての洞窟をコンプリートすることはできませんでしたが、無理のない範囲で地形をご紹介しました 本日の一枚は三競2.5番のオキナワベニハゼ ダイバー慣れしているのかかなりガブリ寄りできるようになりました〜ヽ(^0^)ノ 明日は台風の本州上陸に伴い大荒れの予報です 連休最終日はCLOSEしますが台風一過の雲見に期待しましょう!

9月14日(土)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:28.6〜26.1℃ 透視度:20〜15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、アカエソオオモンハタ、アカハタ、サクラテンジクダイ(写真)、アカネテンジクダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、トゲチョウチョウウオ、イシダイ、メジナ、テングダイ、クマノミ、ナガサキスズメダイキンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ツノダシ、ニジギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼオキナワベニハゼ、ベンケイハゼ、アオサハギ、キタマクラ、コウイカの仲間ムチカラマツエビイソバナカクレエビオシャレカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ウズラカクレモエビビシャモンエビイソコンペイトウガニナマコマルガザミトラフケボリベニキヌヅツミ)、トガリアヤメケボリなど
※9/14のガイドコース

 サクラテンジクダイ口内保育中

コメント:台風18号が接近していますが三連休の初日は素晴らしいお天気、海況に恵まれました ウネリもまだ入っていません 本日は2パーティで5ダイブでした まず1ダイブ目は小牛前からエントリー デジイチ(デジタル一眼レフ)デビューの方がいらっしゃいましたのでじっくりフォトダイブです ギンポ岩のコケギンポの仲間やウミウサギの仲間そして最近、見つけたウズラカクレモエビをご紹介しました 新しいカメラに慣れるまでは何かと時間が必要なので泳がずにじっくりと腰を据えて撮って頂きました 別のパーティの到着時間が遅れていたため、先発隊の2ダイブ目を先に実施しました -16mアーチからエントリーして大牛洞窟まで移動しました -16mアーチ付近ではアカホシカクレエビとナマコマルガザミ、そしてイソコンペイトウガニをご紹介 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンをじっくりと撮影して頂きました 3ダイブ目は後発隊の1ダイブ目です 1年ブランクのビギナーの方もいらっしゃいましたのでブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチと地形、魚影、大物をご紹介しました  温かく潮色も良かったので一年振りのダイビングもリラックスして楽しめましたね ただ潮が速かったのでロープにつかまっての安全停止中はまるで鯉のぼりのようでしたね(笑) 4ダイブ目は黒崎でマクロ系&キンメモドキの群れを楽しみました ビシャモンエビやハナタツ、アカシマシラヒゲエビ、オシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビなどフォトジェニックな生物たちが見られました 浅根のアーチでは相変わらずものスゴイ数のキンメモドキの群れにまみれてきました〜 ラスト5ダイブ目は三競で地形ダイブ まだウネリが入っていなかったのでエアードームも満喫できました 明日の連休中日は台風の影響が出てきそうです 安全第一で無理のないダイビングを心がけます!

9月13日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:29℃ 水温:26.7〜26.4℃ 透視度:20〜15m

観られた生物:ウツボコケウツボ、トラウツボ、オニカサゴ、イソカサゴ、カサゴ、カタクチイワシ、ボラ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、イサキ、コロダイ、イトフエフキ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、コガネキュウセン、ブダイ、ニザダイ、ツマグロハタンポ、ニジギンポコケギンポの仲間)、ガラスハゼ)、ダテハゼ、ハナハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ムチカラマツエビイソバナカクレエビ(写真)イソギンチャクエビウズラカクレモエビカザリイソギンチャクエビビシャモンエビ)、イソギンチャクモエビモクズショイキモガニ、ヒメサンゴガニ属の一種、スミゾメミノウミウシアカネケボリトガリアヤメケボリトラフケボリテンロクケボリホソテンロクケボリなど
※9/13のガイドコース

 イソバナカクレエビ

コメント:台風18号が発生しましたがまだ影響は出ていません それどころか水底でも水温26℃以上、透明度も20mくらいスコーンと抜けた温かい潮が入っています! まさにベストシーズン到来といった感じですね まず1ダイブ目は-24mアーチからエントリー 小牛をまわって湾内ブイでエグジットしました 前回はなぜか見つけられなかったウズラカクレモエビは今回あっさりと見つかりました 背中の模様がダイバーの間ではかねてから言われている通り和田アキ子さんの顔によく似ています 雲見ではこのコで3個体目と見つけるまだまだ眼が慣れていませんねぇ…(>_<) 小牛から大牛方面に流れるニヤ潮が結構かかっていました 10〜11月は秋特有の速い潮が流れるのですが早くも秋の潮がかかっているのでしょうか? 2ダイブ目は小牛の横からエントリーして小牛のまわりのみじっくり潜りました 季節モノを重点的に探したのですがなかなか見つからないもんですねぇ 結局、1ダイブ目のおさらい的なカンジになってしまいました 明日から三連休 せっかくの素晴らしいコンディションなのに台風の動向が気になりますね 安全第一を大前提にできる限りお客様のリクエストにお応えして楽しんで頂けるように頑張りま〜す!

9月10日(火)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:曇り 気温:26℃ 水温:26.0〜24.5℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビハナタツイタチウオマツカサウオオニカサゴ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイイシダイ、メジナ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツユベラ、ニシキベラ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、マツバギンポトウシマコケギンポオシャレカクレエビアカホシカクレエビヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ)、ベニサンゴガニカイカムリイソコンペイトウガニ(写真)ナマコマルガザミソリキヌヅツミイバラカンザシなど
※9/10のガイドコース

 イソコンペイトウガニ 抱卵中

コメント:朝晩、涼しくなりすっかり秋めいてきましたね 終日、曇り空の過ごしやすい一日でした 海の中は相変わらずHOTです 今日は対照的なお二人とご一緒しました 一人は伊豆(国内)初ダイブの方 もう一人は伊豆出身の伊豆ダイバーという組み合わせです まず1ダイブ目はブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチ〜たて穴と地形と魚影をご紹介しました なんとか伊豆デビューのお手伝いができて良かったです(^-^) 2ダイブ目は-16mアーチからエントリーして大牛沿いに進んで大牛洞窟へ まずはホタテウミヘビのフィーディング・パフォーマンスをご披露しました 抱卵中のお腹が大きなイソコンペイトウガニや洞窟内では口内保育中のサクラテンジクダイなどマタニティ系?の生物をご紹介しました お昼休憩をはさんで3ダイブ目はキンメモドキの大群がスゴいことになっている黒崎へ 先端洞窟から入るとビシャモンエビ、ソリキヌヅツミ、イタチウオがいました ドラゴンウォールではいつものハナタツ そしてアカシマシラヒゲエビやオシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビなどのエビの仲間を見ていよいよクライマックスの浅根のアーチへ 今日もホント、ものスゴイ密度でしたヽ(^0^)ノ 前のダイバーが見えなくなるくらいです アーチを抜けると今夏ハッチアウトしたテンジクダイの仲間の幼魚がいっぱい ここでさらにカンパチ来襲とはいきませんでしたがとにかくスゴい魚影に一同、大満足でした 今週末の三連休も初日と3日目はまだまだ余裕があります まだ予定がお決まりでない方は是非、遊びにいらして下さい

9月8日(日)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:雷雨→晴れ 気温:29℃ 水温:26.7〜24.1℃ 透視度:12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ワカウツボ、ベニカエルアンコウハナタツ)、イタチウオ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、 スズメダイ、ソラスズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、スジタテガミカエルウオ)、マツバギンポトウシマコケギンポガラスハゼムスメウシノシタアミメハギ、アオサハギ、サラサエビムチカラマツエビイソバナカクレエビ、、ヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビオシャレカクレエビアカスジカクレエビウズラカクレモエビアカシマシラヒゲエビ(写真)イソギンチャクモエビビシャモンエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミベニイシガニヒメサンゴガニ属の一種ヒロウミウシ)、シラユキウミウシ、ミチヨミノウミウシサキシマミノウミウシアカネケボリアヤメケボリ)、トガリアヤメケボリトラフケボリ、セロガタケボリ、ツマニケボリホソテンロクケボリソリキヌヅツミベニキヌヅツミ)、メダマイカリムシなど
※9/8のガイドコース

 アカシマシラヒゲエビ

コメント:朝方は雷と豪雨で海況が心配されましたが、雲見に到着すると雨が上がり一気に天気も回復 素晴らしいお天気&海況になりました 今日はじ〜っくりマクロ系フォトダイブで粘りたいというリクエストでした 雲見ではボクの最も得意とするダイビングスタイルなので気合入れて楽しんできました まず1ダイブ目は小牛洞窟前からエントリーして小牛まわりでブイへ 小牛洞窟付近でベニカエルアンコウとイロカエルアンコウの目撃情報があったので早速、チェックしましたが…見つかりませんでした(^_^;) その後、小牛まわりでじっくりマクロ系フォトダイブ メダマイカリムシが寄生しているガラスハゼは2個体、確認できました ウミウサギの仲間やエビをご紹介 タレントの和田アキ子さんの顔にそっくりと言われているウズラカクレモエビは今日も大人気でした(^O^) 小牛前ではベニカエルアンコウやアカスジカクレエビも見られ充実の60分でした 続いて2ダイブ目も小牛前からスタート 前半は小牛前でエビ、カニ、ウミウサギの仲間 そして後半は島裏でイソギンポの仲間を撮影したいというリクエストです ウズラカクレモエビからスタートして最後はたて穴の根頭でギンポ撮影会 スジタテガミカエルウオやマツバギンポ、トウシマコケギンポが見られました ご一緒した方からは口を揃えて60分じゃ足りな〜い!と、嬉しいお言葉を頂きました それではと言うことでラスト3ダイブ目は黒崎で70分、どマクロダイブ 黒崎というと先端の洞窟内や浅根のアーチのキンメモドキの大群が思いつきますが実はマクロ系が超充実したおいしいポイントなんです ドラゴンウォールではハナタツが2個体 アカシマシラヒゲエビのクリーニングシーンやオシャレカクレエビにイソギンチャクモエビ ツマニケボリやホソテンロクケボリといったウミウサギの仲間など70分お腹いっぱい楽しんできました 延長料金やボクの残業代はかかりませんので! これからのベストシーズン、じっくり腰を据えてのフォトダイブ・リクエストをお待ちしています!

9月7日(土)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:30℃ 水温:27.0〜24.0℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ワカウツボホタテウミヘビハナタツホソウミヤッコ、イタチウオ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、カタクチイワシ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、スジオテンジクダイ、カンパチ(写真)、イサキ、コロダイ、イトフエフキ、クロホシフエダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ヤマドリニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ、カワハギ、ミナミハコフグ、ムチカラマツエビ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビウズラカクレモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビコマチコシオリエビ、 オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニモクズショイサキシマミノウミウシアヤメケボリソリキヌヅツミイバラカンザシメダマイカリムシなど
※9/7のガイドコース

 カンパチの群れ

コメント:9月無制限ダイブ最終日はお天気、海況に恵まれまさにベストシーズンですね〜 本日、がっつり4ダイブしてきました まず1ダイブ目は小牛まわりをご案内しました パラサイト好きのお客様がいらっしゃったのでまずはガラスハゼwithメダマイカリムシをご紹介  近くのムチカラマツではムチカラマツエビ もペアで見られました ウミウサギの仲間やサキシマミノウミウシ、イソバナカクレエビなどをご紹介した後、 前日見つけたウズラカクレモエビをご紹介しました エグジット時間が迫り全員が撮影するには尺が足りなくなってしまいました と、いうことで2ダイブ目も和田アキ子エビならぬウズラカクレモエビのリクエストで小牛まわりを潜りました 1ダイブ目でウマく撮影できなかったりもっとじっくり撮影したかったという生物を再度、ご紹介しました お昼休憩をした後、3ダイブ目は黒崎に行きました 先端からエントリーして浅根へ ドラゴンウォールではポイント名の由来通り、お約束のハナタツをご紹介しました 浅根のアーチではキンメモドキの大群にまみれてきました アーチを抜けるとカンパチの群れに遭遇! 圧倒的な魚影に一同、感動しました〜ヽ(^0^)ノ ラストは-16mアーチからエントリーしてトレジャーロックへ ホタテウミヘビのフィーディングや抱卵中のでっかいイソコンペイトウガニ、新顔の小さなアカホシカクレエビなど トレジャーロックではリクエストのコペポーダをご紹介しようと思ったのですが、なんと宿主の大きなグビジンイソギンチャクが無くなっていました(^_^;) こんなこともあるんですね〜 一体何が起こったんでしょう!? ハナウミシダでは白×黒のモノトーンカラーのコマチコシオリエビが見られました 45分×4本、お腹いっぱいフォトダイブを満喫しましたね〜(^O^)

9月6日(金)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:曇り 気温:30℃ 水温:27.2〜22.7℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビハナタツ、カタクチイワシ、アオヤガラ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イトフエフキ、イシダイ、イシガキダイ、イトヒキベラ、ツユベラコブダイ若魚、ブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヘビギンポ、ニジギンポスジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ)、ベンケイハゼムスメウシノシタ、アオサハギ、カワハギ、ムチカラマツエビ)、イソバナカクレエビアカホシカクレエビオシャレカクレエビカザリイソギンチャクエビウズラカクレモエビ(写真)イソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビカイカムリイソコンペイトウガニニシキウミウシアオウミウシセンテンイロウミウシフリエリイボウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシアヤメケボリ、セロガタケボリ、テンロクケボリソリキヌヅツミベニキヌヅツミ、ダマイカリムシなど
※9/6のガイドコース

 ウズラカクレモエビ

コメント:本日はマクロ系フォトダイブのリクエストで60分×3本勝負です まず1ダイブ目は仲良しになったコブダイの若魚とホタテウミヘビのフィーディング&エビカニ・リクエストで-16mアーチからエントリー 大牛洞窟前経由でたて穴の根頭まで行きました ホタテウミヘビとコブダイの若魚は今日も食欲旺盛でした〜 抱卵中のイソコンペイトウガニやカイカムリをご紹介 大牛洞窟前は季節柄、ウミウシ密度が薄いのですが今後に期待しましょう 最後は根頭で安全停止しながらギンポ撮影 スジタテガミカエルウオやマツバギンポ、トウシマコケギンポの三種盛りでした 2ダイブ目はウミウシカクレエビのリクエストで小牛まわりを潜りました ガラスハゼwithメダマイカリムシからスタートしてアライソコケギンポやイソバナカクレエビ、そしてウミウシカクレエビを思ったのですが宿主のナマコが見当たりません(゚д゚lll) ちょっぴり意気消沈しながら何気なくユビノウトサカをチェックするとなんと、ず〜っと探し続けていたウズラカクレモエビを発見  一気にテンション上がりました〜〜 ボク自身、雲見では過去に2個体した見つけたことがなく大好きなエビのひとつです なぜ大好きかというとふっくら丸いフォルムはもちろんですが、かねてから背中の模様がタレントの和田アキ子さんの顔に似ていると言われているからです たしかに似ているような気がしますね(笑) いるのが分かっていても擬態が上手すぎて見つけづらい手強い相手です 宿主のユビノウトサカ共々、デリケートな生き物なのでとにかく優しく控えめに接してあげましょう  ラスト3ダイブ目は黒崎でマクロ系をご紹介しました ビシャモンエビやソリキヌヅツミ、ドラゴンウォールではハナタツ オシャレカクレエビやイソギンチャクモエビ、ヒメイソギンチャクエビやカザリイソギンチャクエビなどのイソギンチャクを宿主にしているエビの仲間をご紹介しました 浅根のアーチではおびただしい数のキンメモドキの大群にまみれて大満足の3ダイブでした〜(^O^)

9月5日(木)

黄金崎 ビーチ

天候:雨→曇り 気温:28℃ 水温:25.6〜25.1℃ 透視度:8〜3m

観られた生物:ウツボ、ニシキフウライウオ(写真)、ハナミノカサゴ、イソカサゴ、ボラ、アカエソ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、コテングカタギ、ソラスズメダイ、ネジリンボウ、ダテハゼ、ハナハゼ、オニハゼ、ホタテツノハゼspセイテンビラメトガリアヤメケボリスカシカシパンヤドリニナギンカクラゲなど

 ニシキフウライウオ

コメント:朝からもの凄い雷雨に見舞われました 温帯低気圧になった台風17号の通過に伴い、海は大荒れ 残念ながら本日は雲見がCLOSEになってしまいました 最近、行ってみて面白かった東伊豆の谷津に問い合わせたところ南風が強くてボートが出られないとのこと… いつも利用している田子のダイビングサービスもCLOSEすると言われダメもとで黄金崎に問い合わせたところOPENするとのこと と、いうことで黄金崎ビーチを2ダイブしてきました 1ダイブ目はエントリーエリアに波があり、さらに潮が下げていたのでちょっとタイヘンでした どんよりと薄暗く潮色も3mあるかないか お客様の離反がないように慎重にコースを進みました そんな中でもネジリンボウやニシキフウライウオは情報通り見ることができました 雲見では今シーズン、まだ登場していないので早く見られるといいですね お昼休憩を挟んで午後から2ダイブ目を潜りました 時間の経過とともにお天気と海況が回復してきて海の中は午前中より明るく潮色も良くなりました(^O^) 雲見無制限ダイブ・リクエストでご参加された皆様にはリクエストにお応えできなくて残念でしたが、これに懲りず是非また遊びにいらして下さいm(_ _)m

9月4日(水)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:26.8〜25.3℃ 透視度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビハナタツイタチウオマツカサウオ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、アカネテンジクダイスジオテンジクダイカンパチ、イサキ、イスズミ、クマノミ、ソラスズメダイ、ニシキベラ、ホンソメワケベラ、コガネキュウセンテンス、ブダイ、ミギマキ、オキゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニジギンポマツバギンポトウシマコケギンポガラスハゼムスメウシノシタアオサハギ、コウイカの仲間、ウミウシカクレエビ(写真)ヒトデヤドリエビアカホシカクレエビ)、クリアクリーナーシュリンプオシャレカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビビシャモンエビオトヒメエビイセエビ、ヒメセミエビ、カイカムリイソコンペイトウガニ、マルタマオウギガニ、ヒメサンゴガニ属の一種トサカガザミイガグリウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシテンロクケボリホソテンロクケボリツマニケボリソリキヌヅツミベニキヌヅツミメダマイカリムシなど
※9/4のガイドコース

 ウミウシカクレエビ

コメント:本日も雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブ潜ってきました まず1ダイブ目はホタテウミヘビのフィーディング・リクエストで-16mアーチからエントリーして大牛洞窟前へ エントリーエリアのシマキッカイソギンチャクでは抱卵中のアカホシカクレエビがいなくなり代わりに小さなアカホシカクレエビが2個体付いていました ホタテウミヘビはフィーディングを始めてから2ヶ月が経ちますが今ではすっかり懐いて本当にカワイイですね〜 マツカサウオや抱卵中のイソコンペイトウガニ、カイカムリなどをご紹介しました 2ダイブ目は小牛前でじっくりマクロ系をご紹介しました 前日、見つけたウミウシカクレエビもバッチリ見られましたよ〜 3ダイブ目は小牛の洞窟からたて穴の根頭をご案内しました 小牛の洞窟内にはイタチウオやイセエビがワシャワシャ その他、アカネテンジクダイやクリアクリーナーシュリンプが見られました たて穴の根頭ではマツバギンポやトウシマコケギンポなどカワいいイソギンポの仲間が見られましたよ〜 4ダイブ目は-16mアーチからグンカンへ 砂地を移動中、サカタザメを探していたのですが水温が高すぎるのでしょうか? 以前は何個体も見られたのにいなくなってしまいました(>_<) ラスト5ダイブ目は黒崎へ 先端洞窟からエントリーして浅根のアーチへ 前半はマクロ系をご紹介 後半はキンメモドキの大群にまみれる作戦でした 安全停止中はカンパチの群れがカタクチイワシの群れにアタックをかける圧巻のシーンに遭遇! ゴージャスな締めくくりになりました〜ヽ(^0^)ノ

9月3日(火)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:晴れ 気温:32℃ 水温:26.8〜24.5℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:ウツボホソウミヤッコ、イタチウオ、ゴンズイ、カタクチイワシ、アカエソ(写真)、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、スジオテンジクダイカゴカキダイ)、イサキ、コロダイ、イシガキダイ、テングダイクマノミ、ツユベラyg、ケサガケベラygキンメモドキ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベ、ヘビギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼオキナワベニハゼ、アカイソハゼ、セイテンビラメ、アオサハギ、ハコフグ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビイソバナカクレエビヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビイセエビナマコマルガザミ、トゲアシガニ、モンハナシャコ、アカネケボリ、アヤメケボリ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリ、ツマニケボリ、メダマイカリムシなど
※9/3のガイドコース

 アカエソの捕食シーン

コメント:本日、雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブしてきました〜 前日よりもさらにコンディションが上向き、ベストシーズンの雲見を満喫してきました(^O^) 雲見が初めての方もいらっしゃいましたのでまず1ダイブ目はウォーミングアップを兼ねてブイからエントリーしました 水路〜H型のアーチを抜け-24mアーチへ アーチ内ではテングダイのペアやコロダイ、イシダイ、イタチウオなどが見られました アーチの外ではムチカラマツエビ、ビシャモンエビなどのマクロ系もご紹介 そろそろ浮上しようと思った矢先にサプライズがっ(;゚Д゚)! アカエソがイシダイの幼魚を丸呑みにしていたのです 海の中は弱肉強食の世界とはいえ、改めて自然界の厳しさを再認識しました 2ダイブ目は小牛まわりでリクエスト頂いていたマクロ系をじっくりご紹介しました お目当てのウミウシカクレエビもGET! その他、ツユベラの幼魚やケサガケベラの幼魚、イソバナカクレエビなどが見られました 3ダイブ目は3番洞窟に差し込むレーザービームを狙って三競へ ドンピシャのタイミングで幻想的な光景を楽しむことができました 地形以外にもオキナワベニハゼやトラフケボリといったマクロ系も楽しみました 4ダイブ目はウミウシカクレエビをもう一度、撮影したいというリクエストで再び小牛まわりを潜りました いや〜、ホント可愛いエビですね ボクは見ていないのですがモンハナシャコもいたようです ラスト4ダイブ目はマクロ系とキンメモドキの大群にまみれようと黒崎を潜りました アカシマシラヒゲエビの爪のクリーニングやイソギンチャクを宿主にしたエビの仲間、キバナトサカを宿主にしたウミウサギの仲間をご紹介しました ラストは浅根のアーチでキンメモドキのまみれて大コーフンっ! お腹いっぱい潜りました〜〜ヽ(^0^)ノ

9月2日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ時々曇り 気温:29℃ 水温:24.8〜20.3℃ 透視度:12〜8m

観られた生物:トビエイ、ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、イタチウオ、マツカサウオ、カタクチイワシ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、カサゴ、メバル、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラダイ、スジオテンジクダイ、カゴカキダイイナダカンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イトフエフキ、メイチダイ、イシダイテングダイ、クマノミ、スズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、ツユベラygスジタテガミカエルウオ、ニジギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼオキナワベニハゼソウシハギ(写真)、カワハギ、アミメハギ、ウミスズメ、シマウミスズメ、ハコフグ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、ウミウシカクレエビイソバナカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、ムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリナマコマルガザミ、トゲアシガニ、ムラサキウミコチョウアカネケボリアヤメケボリトラフケボリツマニケボリセロガタケボリテンロクケボリメダマイカリムシなど
※9/2のガイドコース

 ソウシハギ

コメント:台風のウネリで先週末は雲見CLOSE…(>_<) と、いうことで本日、9月の雲見の初日です そして始りました、雲見無制限ダイブ! 本日は3ダイブのんびりじっくり地形をメインに生物を織り込みながらご案内しましたまず1ダイブ目は島前からエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチ〜たて穴というコース取りです CLOSE明けだったので潮色は期待していなかったのですが、青くて温かい潮色にビックリしました 浅場のウネリは残っていたものの素晴らしいコンディションでした H型のアーチ内はクロホシイシモチとツマグロハタンポがぎっしり詰まっていました -24mアーチではテングダイのペア たて穴を上がって根頭ではスジタテガミカエルウオなど地形プラス生物も見所満載でした〜 続いて2ダイブ目はワイドな牛着岩をご案内しました -24mアーチからエントリーしてモロコ根〜-26mアーチ〜トビ根〜平根〜グンカンと気持ちよく流しました モロコ根のマダイの群れに期待したのですが残念ながらパラパラ程度しか見られませんでした それでも砂地ではトビエイが見られ気持ちよく泳げました 3ダイブ目はネタ探しでお客様がお昼休憩中に小牛前を潜りました 持ちネタのツユベラygやイソバナカクレエビ、ガラスハゼwithメダマイカリムシなど健在でした そして久し振りにウミウシカクレエビをGET ホント、カワいいですね〜 今週、リクエストの方がいらっしゃいますのでそれまで見られるといいなぁ ラスト4ダイブ目は3番洞窟のレーザービームを狙って三競へ 狙い通り見事な光の差込でした 1番から5番までフルコースで潜ったのですが安全停止の準備中にイナダの大群が登場 しばしフロートをうつのを忘れて見とれてしまいました いや〜、素晴らしい海でした〜 本日、台風17号が沖縄付近で発生しました 影響がでないといいですね〜(>人<;)

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED