DIVESTORE  EXILES ファンダイブコーナー2003年10月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

10月31日(金)

雲見 牛着岩 

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:21℃

透明度:15〜12

観られた生物コケウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、カミソリウオ、ハナミノカサゴ、マツカサウオ、イタチウオ、キビナゴ、キンメモドキ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、モロコカンパチ、コロダイ、マダイ、サラサゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ソメワケヤッコygレンテンヤッコタテジマキンチャクダイyg、ムレハタタテダイ、コケギンポ、ガラスハゼメガネハギyg、ツマジロモンガラyg、コウイカの仲間、アカシマシラヒゲエビアカホシカクレエビムチカラマツエビ、ビシャモンエビ、ウミウシカクレエビ(写真)、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、タマゴイロイボウミウシなど

 ウミウシカクレエビ

コメント:一昨日吹き荒れた西風の影響で落ちていた透明度もすっかり回復しました 1本目はグンカンへ行きました 流れが若干ありましたが気にならない程度です 今シーズン初めてカミソリウオを発見しました じっくりリサーチすればまだまだ面白い生物が見つかりそうです 2本目は小牛を廻りました 今が旬のソメワケヤッコygやウミウシカクレエビ、キンメモドキの大群、定番のハナタツ、コケギンポをじっくりウォッチしてきました   
BYカズ
コメント:クマドリイザリウオを求めてグンカンのみ、リサーチで入りました LOGにUPされていないということは。。。明日は頑張ります!
BY松田

10月30日(木)

田子 弁天島 

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22〜20℃

透明度:8〜6

観られた生物ウツボ、ヘリシロウツボ(写真)ゴンズイ、セミホウボウ、サツマカサゴ、ミノカサゴ、キビナゴ、イナダ群れ、ヨスジフエダイyg、ミツボシクロスズメダイyg、ナガサキスズメダイ、スズメダイ、ニジギンポ、コケギンポ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ササハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、オニハゼ、ホシノハゼ、イソハゼ、イチモンジハゼ、ハクセンアカホシカクレエビオシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、シャコの仲間、ナマコマルガザミセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ベニキヌヅツミなど

 ヘリシロウツボ

コメント:昨日は強い西風が吹き荒れましたが、今日はお天気、海況ともとても良くなりました ただ、西風が吹いた翌日ということもあり透視度は落ちていましたが、明日も北東の風の予報が出ていますので、すぐに回復すると思います 弁天島に2本入りじっくりネジリンボウを撮影してきました 深場ではレア物のヘリシロウツボ(今季2度目)やハクセンアカホシカクレエビが見られた他、センテンイロウミウシやヒロウミウシ、スミゾメミノウミウシなどが見られました オシャレカクレエビに至っては5個体確認されています 明日は雲見です クマドリイザリウオを見つけたいと切に願っています!    
BY松田

10月28日(火)

雲見 牛着岩/三競 

天候: 気温:18℃ 水温:22℃

透明度:15

観られた生物ウツボ、トラウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、イタチウオ、ベニイザリウオハナタツ×2、タツノイトコ×2、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、カサゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、キンメモドキ(写真)、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイカンパチ、マダイ、ヨコシマクロダイyg、コロダイ、イトフエフキ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ムレハタタテダイ、ツノダシ、キンチャクダイyg、カゴカキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼ、アイゴ、モンツキハギ、ニザダイ、ダルマガレイ、コウベダルマガレイ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、アオリイカ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ、ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイなど

 キンメモドキ

コメント:あいにくのお天気でしたが、透明度がいいため地形に射し込む光の量も充分あり地形、生物共に満足のダイビングでした クレパスを抜けるとキンメモドキの群れが、沖にでればキビナゴの群れにカンパチ そして、ブイ付近ではムレハタタテダイと中層が賑わっています またイザリウオの仲間、タツノオトシゴの仲間も健在です マクロかワイドまできっとお楽しみ頂けると思います!     
BYカズ

10月27日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:23〜21℃ 透明度:15m
観られた生物トラウツボ、ウツボ、イロイザリウオ(1cm)ベニイザリウオハナタツ×2、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、ゴンズイ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、クロホシイシモチ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、クチグロ、イシガキダイ、テングダイ、コロダイ、ヨコスジフエダイ、ヨコシマクロダイygカンパチタテジマキンチャクダイyg(写真)、キンチャクダイyg、ソメワケヤッコyg、ハナミノカサゴ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、ベンケイハゼ、ホシノハゼ、ガラスハゼ、ツノダシ、ハタテダイ、モンツキハギyg、カゴカキダイ、ミゾレチョウコウウオyg、ツマジロモンガラyg、シマキンチャクフグyg、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、ウミウシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、トゲアシガニ、ショウジンガニ、ノコギリガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシなど

 タテジマキンチャクダイyg

コメント:今日も素晴しいお天気、海況の中雲見を平日3ダイブしてきました 1本目は今、生物が一番充実している小牛を廻りました カレントが非常に強く、フォトをやるには厳しいコンディションでしたが、上級レベルの方で潜ったので、じっくりウォッチ&フォトができました 2本目は牛着岩の裏からEN.してグンカンでEX.しました ちょうど潮がグンカン方面に流れていた為、気持ちよくドリフトできました 途中、今シーズン初のタテキンygを目撃することができました! タテキンygはしばらく同じ場所にいますので、是非リクエストして下さい 今回もまたクマドリイザリウオをGETするこができませんでしたが、次回こそとスタッフ一同燃えに燃えています
BY松田

10月26日(日)

田子 弁天島/フト根(沖) 

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:24〜23℃ 透明度:18m
観られた生物ウツボ、ハナアナゴ、キビナゴ、ゴンズイ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、タカベ、カゴカキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、マツバスズメダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、コケギンポ(写真)、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、アイゴ、ニザダイ、アカカマス、シマウミスズメ、アカシマシラヒゲエビハクセンカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、オシャレカクレエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ、ゼブラガニ、ニシキウミウシ、シロタエイロウミウシ、スミゾメミノウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、イガグリウミウシなど

 コケギンポ

コメント:10月末だというのに「夏!」のような陽気でした 水温、透明度も高く、ダイビングを満喫しました オシャレカクレエビが5個体も観られ、とてもラッキーでした 定番のネジリンボウ達は健在です 明日の雲見はイロイザリウオのちびっ子はもちろん、クマドリイザリウオをGETしてやろうと燃えています(いつも燃えていますが・・・笑)
BY松田
コメント:台風の影響も無く、絶好のコンディションでした 弁天島ではのんびりフィッシュウォッチングを フト根では魚の群れを楽しみました 湾内にもいい潮が入って来ています ぜひこの機会に遊びにいらして下さい
BYカズ

10月25日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:20℃ 水温:22℃ 透明度:12
観られた生物ウツボ、イロイザリウオ(写真)ハナタツ×3、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、ゴンズイ、キンメモドキ大群、コロダイ、マダイ、メジナ、ブダイ、コガネキュウセンyg、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、ムレハタタテダイ、カゴカキダイ、チョウチョウウオ、ソメワケヤッコyg、クマノミ、ミツポシクロスズメダイyg、ブダイ、コケギンポ(食事シーン)ガラスハゼ、ベンケイハゼ、メガネハギyg、ツマジロモンガラyg、キタマクラ、イソギンチャクモエビ、ウミウシカクレエビ、サラサエビ、モクズショイなど

 イロイザリウオ(1cm)

コメント:台風のウネリがありました 1本目に大牛と小牛の間を通ったのですが、岩につかまりながらホフク前進状態でした 2本目は水路を避け、じっくり生物ウォッチングをしました ハナタツはなんと3個体もいました さらにイロイザリウオ、体長1cmほどのチビっ子を見つけました!さらにさらに、なんとウミウシカクレエビも発見するというLUCKに恵まれました!!イロイザリウオやウミウシカクレエビは当分同じ場所にいると思いますので、是非リクエストして下さいね 気温は下がっても熱いガイディングを致します
BY松田

10月22日(水)

雲見 牛着岩

天候: 気温:20℃ 水温:22℃ 透明度:10
観られた生物ベニイザリウオハナタツ(写真)、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、イタチウオ、キビナゴ、キンギョハナダイ、モロコ×3、テングダイ、マダイ、コロダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コガネスズメダイ、ソメワケヤッコ、ムレハタタテダイ、ツノダシ、コケギンポ、ガラスハゼ、カワハギ、アオサハギ、ミナミハコフグyg、オルトマンワラエビ、モクズショイなど

 ハナタツ

コメント:あいにくのお天気、海況でしたが平日貸切ダイブをしました ご一緒した方が、初雲見&デジカメデビューということもあり、生物と地形を織り交ぜてじっくり潜りました 1本目で大型のモロコ(クエ)が3個体、ホンソメワケベラのクリーニング・ステーションで順番待ちをしていたのにはビックリしました 週末に向けて、平日じっくりリサーチをして更にネタを増やしますので皆様是非遊びにいらして下さいね!
BY松田

10月19日(日)

雲見 張石/牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22 透明度:15
観られた生物アカエイ、ウツボ、ベニイザリウオ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、キビナゴ、ボラ、クロサギ、ミツボシクロスズメダイyg、クマノミ、コガネスズメダイyg、ハタタテダイ、ソメワケヤッコ、コロダイ、メジナ、タカサゴヒメジ(写真)、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、コケギンポ、ミサキウバウオ、ベンケイハゼ、ガラスハゼ、ミナミハコフグyg、イソギンチャクモエビ、モクズショイなど

 タカサゴヒメジ

コメント:最高のお天気、コンディションの中、OWD講習の最終日を迎えることができました 連休明けの週末ということもあり、さほどの混雑もなく の〜んびりダイブしてきました 定番のベニイザリウオや最近旬のソメワケヤッコygは健在です 他店情報ですが、ハタタテハゼやクマドリイザリウオの目撃情報もあり、ますますこれからが楽しみにな雲見です!
BY松田

10月19日(日)

田子 フト根(沖)/弁天島 

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22℃

透明度:12〜20

観られた生物ウツボ、トラウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、ヒトスジエソ、ボラ、ヘラヤガラ、アオヤガラ、カサゴ、コクチフサカサゴ、オニカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、マダイ、コロダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、レンテンヤッコ、タカベ、カゴカキダイ、イシダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、コガネスズメダイマツバスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、アオブダイコケギンポ、ニジギンポ、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、アイゴ、ニザダイ、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、アオリイカ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オシャレカクレエビヒトデヤドリエビサンゴガニ、ゼブラガニ(写真)、ヒロウミウシ、サラサウミウシ、センテンイロウミウシ、ニシキウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

 ゼブラガニ

コメント:昨日とはうって変わっていいお天気の中、今日も田子へ行ってきました 弁天島でネジリンボウをじっくりウォッチングをしてきました 相変わらず警戒心が無くゆっくり観る事ができ、満足して巣穴をあとにすると目の前にまたヒレナガネジリンボウが! 今までのヒレナガネジリンボウに比べ体の大きさも小さく警戒心も強いですが、可愛い姿が砂地に増え嬉しいかぎりです ぜひ、観にいらしてください     
BYカズ

10月18日(土)

田子 フト根(沖)/弁天島 

天候: 気温:17℃ 水温:22℃

透明度:12〜20

観られた生物ウツボ、トラウツボ、ゴンズイ、ボラ、ヘラヤガラ、カサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、マダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、タカベ、カゴカキダイ、イシダイ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、マツバスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、アオブダイ、コケギンポ、ニジギンポ、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウ(写真)ヒレナガネジリンボウ、アイゴ、ニザダイ、アカカマス、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、アオリイカ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、オシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、サンゴガニ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシなど

 ネジリンボウ

コメント:今日もフト根(沖)へ行ってきました 天気はあいにくの雨でしたが透明度は昨日と変わらず魚影も濃かったです 特にタカベの群れは凄かったです 自分達のすぐ近くを通りまるで壁のようなタカベの群れをまじかで観る事ができました 昨日に引き続きサクラダイの求愛行動も観られました ウミウシ、アカシマシラヒゲエビのような小型な水中生物からアオブダイやマダイなどの大型の水中生物まで幅広く観られ観ているこちらを飽きさせません     
BYカズ

10月18日(土)

浮島 ビーチ 

天候: 気温:17℃ 水温:22℃

透明度:10m

観られた生物ウツボ、ソラスズメダイ、クロホシイシモチ、アイゴ、メバル、クサフグ、キタマクラなど

 ソラスズメダイ

コメント:OWD講習で浮島ビーチを潜りました ダイバーが多く、巻き上げにより透明度が落ちていましたが、潮色自体は悪くありませんでした お天気さえ良くなってくれれば採光により透明度もグンと上がります 明日は講習最終日です 天気予報も良さそうなので、いいダイブができそうです!    
BY松田

10月17日(金)

田子 フト根(沖)/弁天島 

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:23℃

透明度:12〜20

観られた生物ウツボ、トラウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、ボラ、アオヤガラ、カサゴ、サツマカサゴ、ハナミノカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、イサキ、マダイ、イトフエフキ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、タカベ、カゴカキダイ、イシダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、コガネスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、ニジギンポ、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ(写真)、アイゴ、ニザダイ、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、オシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシスミゾメミノウミウシなど

 ヒレナガネジリンボウ

コメント:1本目は弁天島へ 今日もネジリンボウを観察しに行くと、ヒレナガネジリンボウの巣穴に小さい固体が1匹 ヒレナガネジリンボウのペアの子供なのかな?と思わずじっくり見つめてしまいました 2本目はフト根(沖)へ サクラダイが求愛行動(?)をしていたのか、雄と雌のペアが踊るようなしぐさでグルグルまわっていました まだ、しばらく観られるのではないでしょうか? この機会にフト根をぜひ潜ってみて下さい     
BYカズ

10月16日(木)

田子 瀬ノ浜 

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:23℃ 透明度: ―
観られた生物トビエイ(写真)、ダイナンウミヘビ、モンガラドオシ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、ゴンズイ、マエソ、アオヤガラ、クロホシイシモチ、ヒメジ、ダルマガレイ、カワハギ、コモンフグ、キタマクラ、コウイカの仲間、フトミゾエビ、マルガザミウラシマガイなど

 トビエイ

コメント:昨日に引き続きナイトダイビングに行ってきました 今日はなんとナイトダイビングでトビエイを発見! 時期外れのうえにナイトで出会えるとは思ってもいませんでした また、モンガラドオシ、ウラシマガイなどの生物が観られました 浮上後は今日も満天の星が迎えてくれました 水温も高く、空気が澄んでいるこの時期のナイトダイビングはオススメです    
BYカズ

10月16日(木)

雲見 牛着岩/三競 

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:23℃ 透明度: 20
観られた生物ウツボ、トラウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、イタチウオ、イタチウオ、ベニイザリウオ、ボラ、マツカサウオ、ハナタツ×タツノイトコ×、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、カサゴ、ハナミノカサゴ、キリンミノカサゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、イサキ、マダイ、コロダイ、イトフエフキ、ツマグロハタンポ、タキゲンロクダイYg(写真)、ハタタテダイ、ツノダシ、カゴカキダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、コウライトラギス、ハシナガウバウオ、ガラスハゼ、アイゴ、ニザダイ、ツマジロモンガラ、メガネハギ、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、コウイカの仲間、アオリイカ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、ヒトデヤドリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、タマゴイロイボウミウシキイロイボウミウシなど

 タキゲンロクダイYg

コメント:今日は流れがあったものの魚の群れが凄かったですよ ENしてすぐにメジナ・ニザダイの群れが、しばらくしてイサキの群れ そしてアオリイカの群れ EXまぎわにはキビナゴを狙って数匹のカンパチがまわってきました 中層から目が離せなかった1日でしたが、タキゲンロクダイygやイザリウオ、ハナタツが3個体観れたりとダイバーに人気者の魚も多く入ってきています ぜひ、これが見たい!という魚がありましたら、ぜひリクエストして下さい   
BYカズ

10月15日(水)

田子 瀬ノ浜 

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:24℃ 透明度: ―
観られた生物ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、クロアナゴ、ゴンズイ、マエソ、アオヤガラ、サツマカサゴ、ミノカサゴ、ハチ、セレベスゴチ、クロイシモチ、クロホシイシモチ、スカシテンジクダイ(写真)、ヒメジ、ダルマガレイ、カワハギ、コモンフグ、キタマクラ、コウイカの仲間、フトミゾエビ、マルガザミなど

 スカシテンジクダイ

コメント:久し振りにナイトダイビングに行ってきました 水温が高い為、海の中は快適です おかげでのんびりナイトダイビングを楽しむことができました 生物もクロアナゴやスカシテンジクダイ、ハチなどが観られ満足して浮上するとそこには満天の星空! 思わず見とれてしまいました 水面から眺める星は綺麗です ぜひ、この機会にナイトダイビングに挑戦してみてください   
BYカズ

10月15日(水)

田子 弁天島/白崎 

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:24 透明度: 12
観られた生物ウツボ、トラウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、ボラ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、カンパチ、マダイ、コロダイ、イトフエフキ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、カゴカキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、ニジギンポ、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、ガラスハゼ、アイゴ、ヒレナガハギYg(写真)、アカカマス、ダルガレイ、メガネハギ、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、キタマクラ、オトヒメエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、ヒロウミウシ、サキシマミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、など

 ヒレナガハギyg

コメント:天候・海況共に回復し、ベストコンディションの田子の海を潜ってきました 相変わらず、ネジリンボウは寄らせてくれます こんなに警戒心なさすぎていいのかな〜と思ってしまうんですが、じっくり観察したい自分達のダイバーにとってはありがたいことです また、弁天島にヒレナガハギの幼魚が入ってきていました 可愛いですから、ぜひ見にいらして下さい   
BYカズ

10月12日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:24℃ 水温:25〜24℃ 透明度:20〜15m
観られた生物トビエイ、トラウツボ、ウツボ、ホタテウミヘビ、ゴンズイ、イタチウオ、マツカサウオ、ハナタツタツノイトコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、カサゴ、ハナミノカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、ヨメヒメジ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ソメワケヤッコ、ハタタテダイ、ツノダシ、テングダイ、カゴカキダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ガラスハゼ、クロユリハゼYg、アイゴ、ニザダイ、ツマジロモンガラ、メガネハギ、モンガラカワハギ(写真)、アオリイカ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、スベスベマンジュウガニ、ニシキウミウシ、ニセイガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、など

 モンガラカワハギyg

コメント:ときどき雨がちらつくあいにくのお天気でしたが、海のコンディションは崩れる気配を見せません グンカンでは、定番のアカシマシラヒゲエビににくわえ、根頭ではクロユリハゼの幼魚が観られ、ヒラネではモンガラカワハギの幼魚が観られました また、小牛の砂地では昨日に引き続き季節外れのトビエイが 砂地におとなしくしていたのでまじかでウォッチングすることができました 海、生物共に充実しています! リクエストお待ちしています 
BYカズ

10月11日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:25〜24℃ 透明度:20〜12m
観られた生物トビエイ(写真)トラウツボ、ウツボ、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、ゴンズイ、ベニイザリウオ、ボラ、ハナタツ1、ハナタツ2、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、キリンミノカサゴ、キンギョハナダイ、ルリハタ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、マツカサウオ、マダイ、クロダイ、イトフエフキ、ツマグロハタンポ、ハタタテダイ、ツノダシ、カゴカキダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、トゲチョウチョウウオygスミレヤッコ、オキゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポ、テンクロスジギンポ、ミサキウバウオ、メガネハギ、ツマジロモンガラ、モンツキハギyg、ガラスハゼアカハチハゼyg、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、トゲアシガニ、コンペイトウコブシガニなど

 トビエイ

コメント:3連休の初日、北東の強風ということもあり、東伊豆からもダイバーが雲見に集まり、大混雑しました 水中はダイバーだらけでしたが、それでもじっくりと生物ウォッチング&フォト・カイドをしました 季節外れのトビエイや季節モノのアカハチハゼyg、チョウチョウウオの仲間の幼魚、スミレヤッコyg、伊豆のアイドルイザリウオの仲間やタツノオトシゴの仲間、コンペイトウコブシガニなど生物が大変充実しています!
BYカズ
コメント:凪良し、潮良し、生物良しで言うことなしです!!
BY松田

10月10日(金)

田子 フト根(沖)/弁天島/白崎bQ〜4

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:25〜24℃ 透明度:20〜12m
観られた生物タカベ、イサキ、マアジ、キビナゴ、アオブダイ、サクラダイ、キンギョハナダイ、タナバタウオ、ネジリンボウヒレナガネジリンボウ、オニハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、クツワハゼ、ガラスハゼ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ナガサキスズメダイ、チョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオygミスジチョウチョウウオygトゲチョウチョウウオygトノサマダイyg(写真)スミツキトノサマダイygヤリカタギyg、ハタタテダイ、ツノハタタテダイゴマハギyg、コケギンポ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、オシャレカクレエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビヒトデヤドリエビシロタエイロウミウシ、アオウミウシ、イガグリミウシ、スミゾメミノミウシ、ベニキヌヅツミなど

 トノサマダイyg

コメント:昨日に引き続き素晴しいコンディションでした 沖のボートポイントは透明度20m〜、湾内ボートポイントでも15〜12m、水温25〜24℃と気持ちよくダイブしてきました このコンディションは今週末も続きそうです!お天気も良く、素晴しい週末になりそうです 白崎のヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地には沢山のチョウチョウウオ系の幼魚(yg)が入っています 沖のポイントではアカシマシラヒゲエビを発見しました もちろん爪のクリーニングのパフォーマンスもご披露しました 明日からの3日間は雲見ツアーなのですが、週が明けましたら是非、田子もリクエストして下さい!
BY松田

10月9日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:24〜23℃ 透明度:18m
観られた生物ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ゴンズイ、イタチウオ、ボラ、ハナタツ×3、タツノイトコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、カサゴ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クエ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、スミレヤッコ、カゴカキダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、ホシテンスygカマスベラ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、ミサキウバウオ、ガラスハゼ、アイゴ、メガネハギ、マダコ、イセエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ(写真)、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、イボイソバナガニ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、タマゴイロイボウミウシなど

 アカホシカクレエビ

コメント:昨日よりさらにコンディションが上向きました!透明度18mはあります 水温も上が24℃、下で23℃と高く、まだまだウェットスーツでもストレスなく潜れます 季節来遊魚が増え、一段と海の中も賑やかになりました 特にスミレヤッコはとてもキレイなのでオススメです!珍しいところではカマスベラも観られました 今回の3連休も若干空きがあります この素晴しいコンディションの西伊豆を私達と一緒に潜りませんか?  
BYカズ

10月8日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:19℃ 水温:22℃ 透明度:15
観られた生物トラウツボ、ホタテウミヘビ、キビナゴ、ゴンズイ、イタチウオ、ベニイザリウオ、ボラ、ハナタツ×2、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、カサゴ、コクチフサカサゴ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、カンパチ、シマアジ、マダイ、コロダイ、イトフエフキ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、スミレヤッコ、カゴガキダイ、イシダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コケギンポ、ニジギンポ、コウライトラギス、ガラスハゼ(写真)、アイゴ、ニザダイ、ツマジロモンガラ、シマウミスズメ、キタマクラ、コウイカの仲間、アオリイカ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、コマチコシオリエビ、ウミシダヤドリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、など

 ガラスハゼ

コメント:また透明度があがりましたよ 曇りにもかかわらず綺麗に光が射し込んでいました 水温も安定してきています 今日もカンパチの捕食シーンに遭遇しました 何度観ても迫力があります! また、この頃こどものイセエビをよく見かけます 指の長さほどしか無いイセエビでもしっかり模様がついてて可愛らしいですよ ぜひ、観にいらして下さい ベストシーズンの西伊豆をご案内します!  
BYカズ

10月8日(水)

田子 フト根/弁天島

天候:曇り 気温:19℃ 水温:21℃ 透明度:20〜12m
観られた生物サカタザメ、トラウツボ、ウツボ、キビナゴ、ボラ、アオヤガラ、カサゴ、オニカサゴ、フサカサゴ、ネッタイフサカサゴ、サクラダイ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、タカベ、イシダイYg、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、トラギス、コウライトラギス、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシハゼ、オビアナハゼ、イソハゼの仲間、ヒレナガネジリンボウシュンカンハゼ、アイゴ、ニザダイ、ヒトデヤドリエビ、オシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビミチヨミノウミウシ、キイロイボウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ニシキウミウシ、フタイロニシキウミウシ、ヒロウミウシなど

 オシャレカクレエビ

コメント:抜群の透明度の外海を貸しきりダイブしました 魚影は濃く、特に根頭のタカベの群れは圧巻でした 弁天島も上々のコンディションでした ヒレナガネジリンボウにギリギリまでにじり寄りました その他大きなサカタザメやカンパチの群れなどが観られました 今日のヒットは何と言ってもオシャレカクレエビでしょう!! 甲殻類好きな方は是非リクエストして下さい 今週末の連休が楽しみです
BY松田

10月7日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:18℃ 水温:22℃ 透明度:12〜15m
観られた生物トラウツボ、ウツボ、ベニイザリウオハナタツ×2、タツノイトコ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、アカマツカサハナミノカサゴ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、イサキ、メジナ、マダイ、コロダイ、レンテンヤッコ、スミレヤッコ、ハタタテダイ、ツノダシ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、オキゴンベ、コケギンポテンクロスジギンポガラスハゼイセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、モクズショイ、トゲアシガニ、ノコギリガニ、キイロウミウシなど

 ハナタツ

コメント:平日がっつり3ダイブしました 定番メンバーのハナタツやベニイザリウオはもちろん、季節物のスミレヤッコも定位置にいました スミレヤッコですが、警戒心が強くすぐに岩の亀裂の奥に入ってしまうため、なかなか写真が撮れません。。。我こそはと思う方、TRYしてみませんか?しばらくこのいいコンディションが続きそうです!今週末もまだ空きがありますので、是非遊びにいらして下さい
BY松田

10月6日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:18℃ 水温:22℃ 透明度:12〜15m
観られた生物トラウツボ、ホタテウミヘビ、キビナゴ、ゴンズイ、イタチウオ、ベニイザリウオ(写真)、ボラ、イットウダイ、マツカサウオ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイカンパチ、マダイ、コロダイ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、カゴガキダイ、イシダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ソラスズメダイ、イトヒキベラ、コケギンポ、ニジギンポ、コウライトラギス、ガラスハゼ、アイゴ、ニザダイ、メガネハギ、コウイカの仲間、マダコ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、イガグリウミウシなど

 ベニイザリウオ

コメント:昨日より潮色が良くなりました 水温が22℃とほんの少し下がりましたが、まだまだ寒さを感じずに潜ることができます コロダイ、マダイが群れを作っています 珍しい魚では無いですが十数匹で群れをなしているので見ごたえがあります カンパチの捕食シーンも迫力満点、必見です! また、三競の洞窟内でイットウダイが観られました サクラテンジクダイも観られますしオススメです 三競リクエスト、お待ちしています!  
BYカズ

10月5日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ→曇り 気温:21℃ 水温:23℃ 透明度:10〜8m
観られた生物トラウツボ、ウツボ、キビナゴ、ゴンズイ、イタチウオ、ベニイザリウオ、ボラ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ヘラヤガラ、アオヤガラ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ(写真)、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、フエヤッコダイ、レンテンヤッコ、カゴカキダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、モンツキベラyg、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、ミサキウバウオ、アイゴ、ニザダイ、シマウミスズメ、コウイカの仲間、アオリイカ、イセエビ、ヒメセミエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、ムチカラマツエビ、ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、モクズショイ、オルトマンワラエビ、モンハナシャコなど

 サクラテンジクダイ

コメント:悪い潮が入ってきて若干透明度が落ちましたが、水温は23℃をKEEPしています 魚影は相変わらず濃く、フィッシュ・ウォッチを十二分に堪能できます 洞窟の中で見られる生物としては、単体で生息するサクラテンジクダイ(写真)がオススメです それと、洞窟に射し込む光がとてもキレイです! これから潮色のほうも安定してくると思います 
BYカズ

10月4日(土)

神子元島 カメ根

天候:曇り→晴れ 気温:22℃ 水温:22〜21℃ 透明度:12m
観られた生物アカシュモクザメ群れ1アカシュモクザメ2メジロザメワラサカンパチツムブリイサキ、タカベ、マダイ、アオブダイ、ホウライヒメジ、ニザダイ、メジナ、テングダイなど

 アカシュモクザメ

コメント:久し振りの神子元ツアーでした 3ダイブ入りましたが1本目、2本目ともワラサ、カンパチは見られましたが本命のハンマーは観られませんでした 3本目にようやくハンマーの群れを観ることができました!その後、メジロザメにも遭遇しました 水温は下がったものの、今しばらくハンマーシーズンは続きそうです!
BY松田

10月3日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:21℃ 水温:23℃ 透明度:12〜15m
観られた生物トラウツボ、ダイナンウミヘビ、ホタテウミヘビ、ゴンズイ、イタチウオ、ボラ、マツカサウオ、ハナタツ×、ノコギリヨウジ(写真)、アオヤガラ、コクチフサカサゴ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ヨコスジフエダイ、イサキ、マダイ、コロダイ、ツマグロハタンポ、チョウチョウウオ、ツノダシ、フエヤッコダイ、カゴガキダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキゴンベ、ミギマキ、クマノミ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コブダイ、コケギンポ、ガラスハゼ、アイゴ、ニザダイ、ヒラメ、メガネハギ、カワハギ、シマウミスズメ、ハナキンチャクフグ、イセエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、ヒトデヤドリエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、ウミシダヤドリエビ、モンハナシャコ、モクズショイ、タマゴイロイボウミウシなど

 ノコギリヨウジ

コメント:流れがあったものの透明度も回復し、ほぼ貸しきり状態の雲見の海をのんびり潜ってきました 牛着岩の沖側ではヨコスジフエダイやイサキの群れが、小牛の砂地ではマダイが群れていました また、コブダイやコロダイがところどころで見られ中層からも目が離せませんよ もちろんハナタツやアカホシカクレエビといった可愛い生物達も健在です ぜひ、この機会に遊びにいらして下さい 
BYカズ

10月2日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24℃ 透明度:12〜10m
観られた生物トラウツボ、ウツボ、ハナタツ×2、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、イタチウオ、ゴンズイ、キンギョハナダイ、キビナゴ、ツマグロハタンポ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、コロダイ、マダイ、テングダイ(写真)、イシダイ、カゴカキダイ、シラコダイ、チョウチョウウオ、スミレヤッコ、ハタタテダイ、ツノダシ、クマノミ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、マツバスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、オキゴンベ、ミギマキ、ブダイ、コケギンポ、イセエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイなど

 テングダイ

コメント:久し振りに強い西風が吹き、厳しいコンディションになりました 風波だけならまだしも、カレントが強く入れるポイントが限定されてしまいました 午後から潮流がたるむと思われたのですが、2本目もビンビン流れていました 2ダイブともホフク前進&鯉のぼりでしたが、アーチ、ケーブの中は穏やかでした 強風の為、透明度が若干下がりましたが、明日はもう少し穏やかになると思います 西伊豆は大潮だからといって潮がたるんでいるときもあれば、小潮でもカレント・ビンビンのこともあります なかなか難しいものです
BY松田

10月1日(水)

雲見 牛着岩/三競/張石 

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:25〜24℃ 透明度:18m
観られた生物アカエイ、トラウツボ、ウツボ、ノコギリヨウジ、ベニイザリウオ、マツカサウオ、イタチウオ、キビナゴ、ボラ、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、モロコ、イサキ、カンパチ、マダイyg、テングダイ、ヨコスジフエダイ、ヨコシマクロダイyg、シラコダイ、チョウチョウウオ、ゴマチョウチョウウオ、カゴカキダイ、ハタタテダイ、ツノダシ、イシダイ、クマノミ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ムナテンベラ、テンクロスジギンポ、ハナハゼ、ダテハゼ、ホシノハゼ、ベンケイハゼ、ダルマガレイ、ウシノシタ、シマウミスズメ、アオサハギ、コウイカの仲間、アオリイカ、アカシマシラヒゲエビ(爪のクリーニング)、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、コマチコシオリエビ、オルトマンワラエビ、メガネカラッパ(写真)、ノコギリガニ、ショウジンガニ、トゲアシガニ、モクズショイ、ニシキウミウシ、ボウシュウボラなど

 メガネカラッパ

コメント:体験ダイビングで張石を潜りました EN.した途端、真っ白な砂地が広がり、珍しい生物がいました メガネカラッパやウシノシタの仲間などが観られました 雲見のビーチもなかなかどうして、侮れません
BYカズ
コメント:10月に入りました 秋晴れの気持ちいいお天気の中、ベストコンディションの雲見をのんびりファンダイブしました 素晴しい透明度で水も温かく、海の中はもっと気持ちが良かったです!ハナタツやモンガラカワハギygは本日お出かけ中でしたが、色々な生物をウォッチしてきました
BY松田

▲ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2002〜 Dive Store EXILES All rights reserved.