ダイビングログ2006年10月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

10月30日(月)

雲見 沖ノ根×2!

天候:晴れ時々曇り 気温:22℃ 水温:21℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ネンブツダイ、タカベ、イサキ、アオブダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、マツバスズメダイ、ソラスズメダイなど

  潮流で-3mまで沈んだブイ

コメント:沖ノ根2連発です 朝一番(8:30)に出船しました 沖ノ根に到着してみると、結構潮流がかかっていました イサキやタカベ、マツバスズメダイなど魚影は濃く楽しめました サーフェスインターバルを長めに取り、2ダイブ目も沖ノ根リクエストです 1ダイブ目でもかなりのエクササイズといった感じでしたが、2ダイブ目はそれ以上でした 潮流の為、ブイが水面に浮いたり沈んだり、、、あきらかに1ダイブ目より潮がかかっています エントリーしてみると案の定の激流でした!最後は潜降浮上用のロープにつかまって安全停止したのですが、激流鯉のぼり状態でブイがなんと水深−3mまで沈みました もう笑うしかありませんでした(爆)
BY松田

10月29日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ時々曇り 気温:22℃ 水温:22〜21℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ベニイザリウオ)、クマドリイザリウオハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、クエ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、コロダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、クロユリハゼyg、メガネハギyg、アオリイカ群れ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビ(写真)、ムチカラマツエビ、ヒメセミエビ、アオウミウシ、コイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  ビシャモンエビ

コメント:前日に続き、秋特有の潮で速かったです、、、潮流をかわしながら小さな生物を中心にじっくり潜りました ご一緒した方が雲見初めてとのことでしたので地形&生物ダイブをしました イソギンチャクを宿主にしているカクレエビをはじめムチカラマツにも小さなエビの仲間が見られました
BY松田

10月28日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:22〜21℃ 透明度:10〜8m

観られた生物: ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、アオヤガラ、キビナゴ、クエ、アカハタ、サクラテンジクダイ、カンパチ、マダイ、コロダイ、メジナ、イスズミ、キンチャクダイyg、レンテンヤッコ、ミツホシクロスズメダイyg、アヤアナハゼ、コケギンポ、ツノダシ、カゴカキダイ、ハナハゼ、イソギンチャクエビ(写真)、オルトマンワラエビなど

  ヒメイソギンチャクエビ

コメント:最高のお天気に恵まれた週末になりました 潮流はかなり速かったようです 実は前日、歯の治療をしてから39度〜の発熱はしてしまいDOWN↓ 床に伏してしまった為、ガイドはまたまたDDSさんにお願いしました 遊びに来て下った皆様、ありがとうございました そしてご一緒できなくてスミマセンでした、、、 でも、皆様とっても楽しんで頂いたようで本当に良かったです!早く治してガンガン潜りたいです
BY松田

10月27日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:21℃ 水温:22〜21℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、トラウツボ、クマドリイザリウオベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、イタチウオ、オニカサゴ、キビナゴ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、シラコダイ、キンチャクダイyg、ムレハタタテダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ブダイ、ツノダシ、ミヤケテグリ)、ヒメギンポアライソコケギンポツバメウオ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ウマヅラハギ、シマウミスズメ、ヒラメ、アオリイカ、イソギンチャクエビヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ベニツケガニ、ナマコマルガザミ)、アオウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシ)、トラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  ヒメイソギンチャクエビ

コメント:引き続きいいコンディションです!1ダイブ目は小牛周辺の小さな生物の確認&リサーチ イザリウオの仲間やタツノオトシゴの仲間、カクレエビ系をチェックしました 一昨日は見られたヒレボシミノカサゴygですが、本日は確認できませんでした ミヤケテグリですが、ひとつのエリアに数個体(少なくとも3個体)いるようです サイズもやや大きめなので見つけやすいですよ 2ダイブ目は大牛を中心に新ネタ探しです イザリウオの仲間やウミウシの仲間は見つかるものの、レアモノは見つかりませんでした ま、なかなか見られないからレアモノなんですけどね、、、
BY松田

10月25日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:22〜21℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、クマドリイザリウオygベニイザリウオハナタツ)、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコ)、ヒレボシミノカサゴyg、オニカサゴ、キビナゴ、イサキ、マアジ、マダイ、コロダイ、イシダイ、シラコダイ、ムレハタタテダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ニジギンポ、イソギンポ、アライソコケギンポガラスハゼ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、アオリイカ、コウイカの仲間、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、シャコの仲間ナマコマルガザミ)、ベニツケガニ、アオウミウシニシキウミウシハクセンミノウミウシ)、サキシマミノウミウシミチヨミノウミウシ)、トラフケボリシュスヅツミテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシ(写真)など

  オオウミシダトウマキクリムシ

コメント:昨日、一昨日とグズついた空模様でしたが、河川の泥水が海に流入するほどではなく、むしろ週末より透視度が上がっていました ガヤをじっくり観察すると大小たくさんのミチヨミノウミウシが見られました ウミウシはその他、ハクセンミノウミウシやサキシマミノウミウシ、アオ、ニシキなど 午後から潮がかかり始め、小牛付近の中層には大型のマダイが群れていました 相変わらずのド迫力です!ニシキフウライウオ捜索中 今年こそ雲見で見たいものです!!
BY松田

10月22日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:23℃ 水温:22〜21℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオクマドリイザリウオハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キビナゴ、クエ、サクラテンジクダイ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、ムレハタタテダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイアライソコケギンポ、ベンケイハゼ、アオリイカ、コウイカの仲間、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビアカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、キイロイボウミウシサキシマミノウミウシ(写真)ミチヨミノウミウシトラフケボリベニキヌヅツミテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  サキシマミノウミウシ

コメント:本日も生物、フォト(マクロ、ワイド)、地形のなんでもありです!大きなモロコ(クエ)からオオウミシダトウマキクリムシといった小物までまんべんなく網羅しました 大潮でしたが潮が完全にタルんでいましたのでのんびりじっくり潜れました ウミウサギガイの仲間を刺激して引っ込んだ外套膜からのぞく貝をじっくり観察して遊びました 光沢があってとてもキレイですよ テンロクケボリなどその名のとおり点が6つあり、今更ながらネーミングの妙に感心してしまいます
BY松田

10月21日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:22℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、クマドリイザリウオベニイザリウオ(写真)ハナタツ、ミノカサゴ、キビナゴ、クロホシイシモチカンパチ、イサキ、タカベ、マダイ、コロダイ、テングダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、ミゾレチョウチョウウオyg、カゴカキダイ、ムレハタタテダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、ツバメウオ若魚、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、アオサハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナマコマルガザミ、シロウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシトラフケボリ、シュスヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  ベニイザリウオ

コメント:ベストシーズンの雲見、週末はさすがに大混雑です 水中で混雑を避けるため、ちょっとイレギュラーなコース取りで渋滞をかわしました この時期は生物がとても多いので地形よりもフィッシュウォッチに重点を置いたガイディングを心掛け3ダイブねちっこくやりました 季節来遊魚や青モノ、石モノ、ウミウシなどをじっくろウォッチしました ダイビングもさることながら、アフターダイブがおおいに盛り上がりました(喜)
BY松田

10月20日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:23℃ 水温:22℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ハナアナゴ、クマドリイザリウオハナタツ)、キビナゴ、ヒレボシミノカサゴ動画)、オニカサゴ、アカハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、イサキ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、ツマグロハタンポ、タキゲンロクダイyg、キンチャクダイyg、ミツボシクロスズメダイyg、カゴカキダイ、ツノダシ、ミヤケテグリヒメギンポ、ニジギンポ、アライソコケギンポイソギンポガラスハゼ、アオリイカ、マダコ、イソギンチャクエビカザリイソヒンチャクエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビムチカラマツエビ、イセエビ、ナマコマルガザミ、ベニツケガニ、ショウジンガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシ)、ミチヨミノウミウシテンロクケボリなど

  ミヤケテグリ

コメント:コンディションは依然いい感じです!フォト派、フィッシュウォッチ派の方には特に出物が充実している今日この頃です 本日のヒットはなんといってもヒレボシミノカサゴとミヤケテグリ(写真)でしょう!!特にヒレボシカサゴに関しては初めて見ました ミノカサゴの仲間だというのはすぐにわかったのですが、いかんせん初めての出会いだったので名前がわからずエキジット後に調べました 生態は暗いところを好みあまり動かないようなので、リクエスト頂ければご紹介できそうです ウミウシの仲間はやはりサキシマミノウミウシ科のウミウシが多く見られました 魚影も濃く、何でもありの雲見でした
BY松田

10月17日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:22℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:クマドリイザリウオハナタツ)、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコマツカサウオ、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、イサキ、カンパチ、イシダイ、キンチャクダイyg、ヤマシロベラyg、カミナリベラ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、カゴカキダイ、ツノダシ、アライソコケギンポガラスハゼ、ベンケイハゼ、ツマジロモンガラyg、イソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビアカホシカクレエビウミウシカクレエビムチカラマツエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、ナマコマルガザミ)、アオウミウシシロウミウシニシキウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシ(産卵シーン)トラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  クマドリイザリウオ

コメント:前日のクマドリイザリウオ目撃情報を元に捜索ダイブです いました、いました!とてもキレイな個体です ボク自身、’04シーズンの冬(2004年の1月29日以来)を最後にクマドリイザリウオを見ていませんので、ホント久し振りに会えてラッキーでした!!その他、キンチャクダイの幼魚やウミウシカクレエビ、サキシマミノウミウシなどこの時期に見られる生物をウォッチしてきました 相変わらずキビナゴはものすごく、カンパチがせわしなく追いかけていました フォト派の方のフォトダイブ・リクエストも是非、お待ちしています!
BY松田

10月16日(月)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:22℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ハナタツ、キビナゴ、 サツマカサゴ、ミノカサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、タキゲンロクダイyg、キンチャクダイyg、ミツボシクロスズメダイyg、タスジウミシダウバウオ、ツノダシ、ヨコシマエビ(写真)イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、 イセエビ、ナマコマルガザミアオウミウシニシキウミウシ)など

  ヨコシマエビ

コメント:土日の混雑と台風のウネリがウソのように静かで穏やかな雲見でした アドバンス講習で張石ビーチを2ダイブしました あまりのコンディションの良さにボートで1ダイブ 甲殻類を中心に小さな生物をじっくりウォッチしました グンカンの根頭ではカンパチの群れがキビナゴに猛アタック サイズは小振り(アジくらい)ですが、なかなか見応えがありましたよ ところで本日、他店情報ですがクマドリイザリウオの目撃情報がありました 早速、明日潜って確認してきます!
BY松田

10月15日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:22℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ベニイザリウオ)、キビナゴ、クエ、キンギョハナダイ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、キンチャクダイyg、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ハシナガウバウオ)、ツノダシ、ガラスハゼイチモンジハゼツバメウオ若魚イソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、ウミウシカクレエビ(写真)ナマコマルガザミ、アオウミウシ、キイロイボウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシなど

  ウミウシカクレエビ

コメント:台風の影響でヨタが入ってきた為、本日は洞窟を封印 生物ウォッチ&フォトダイブをしました 潮陰やウネリの影響のない場所をチョイスしてじっくりウォッチ マクロ系ではこの時期が旬のウミウシカクレエビやイソギンチャクエビ、サキシマミノウミウシ科のウミウシ、そして久々登場のハシナガウバウオなど、ワイド系ではカンパチの群れやマダイの群れ、キビナゴのシャワーなどが見られました ここ最近では生物的にはとても充実 していましたよ 今日のように台風などでコンディションがあまり良くないときは無理して洞窟には入らずに旬の生物ウォッチに限りますね!
BY松田

10月14日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:22℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ベニイザリウオハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、キビナゴ、クロホシイシモチ、タカベ、コロダイ、イシダイ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、ニジギンポ、ツバメウオ若魚、クロユリハゼyg、ヨソギ、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、トゲアシガニ、アオウミウシ、ニシキウミウシミアミラウミウシ(写真)ミヤコウミウシキイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  ミアミラウミウシ

コメント:台風18号が接近していますが、今日のところはさほど影響は感じられませんでした ベストシーズンの雲見、さすがに大混雑でした この時期特有の速い潮流がかかっていましたが、潮陰にかわしながらゆったり潜りました 目の前を埋め尽くすキビナゴの大群に巻かれたり、岩肌のキレイなウミウシの姿をウォッチしたり、アーチに差し込む光を眺めたりと雲見らしいダイブを楽しんできました 明日も今のところ雲見を予定しています
BY松田

10月11日(水)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ハナアナゴ、ベニイザリウオ、ノコギリヨウジ、ツノダシ、アライソコケギンポ、サビハゼ、ハナハゼ、イソギンチャクエビ、ナガレモエビ属の一種、シロハナガサウミウシ、ムカデミノウミウシ(写真)など

  ムカデミノウミウシ

コメント:ダイビング器材総合メーカーTUSAのオフィシャル・アドバイザーとしてのお仕事で浮島ビーチを潜りました 開発中のギアを装着して海に入るワクワク感はダイビングを始めた頃のあの頃の感覚を思い出します まだリリース前のギアに付き、ここで詳細をお伝えすることはできませんが、ダイビング器材も日進月歩なんですね ガイドインストラクターはもちろんですが、ダイビングに携わる者は「海が好き」という大前提がまずありきですね 開発の最前線の方々と一緒に潜って、改めてTUSAのダイビングに対する熱い情熱を感じた一日でした
BY松田

10月10日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:23℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ミノカサゴ、キビナゴ、イサキ、コロダイ、キンチャクダイyg、クマノミyg(写真)、ミツボシクロスズメダイyg、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、ニジギンポガラスハゼツバメウオ、メガネハギyg、ツマジロモンガラyg、アカホシカクレエビイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシアオウミウシニシキウミウシフリエリイボウミウシ、キイロイボウミウシ、ミチヨミノウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシシュスヅツミなど

  クマノミyg

コメント:連休明けの雲見、引き続きいいコンディションです!潮色良く、水も温かです オオサンゴイソギンチャクには小さなクマノミの姿がチラホラ見られるようになりました 今年は13℃という低水温がG・W直前まで続いたせいか例年なら越冬してそう珍しくないクマノミも死滅し、案外レアな存在になっています カクレエビの仲間やミツボシクロスズメダイの幼魚も多く見られるようになり、イソギンチャクの仲間のまわりで結構粘ってしまいます もちろん、ワイド系も赤丸急上昇中です!!
BY松田

10月9日(月)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:23℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マダイ、イシダイ、 キンチャクダイyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ベラギンポ、トビヌメリ、ヒメギンポ、アライソコケギンポトウシマコケギンポ)、ツバメウオ若魚)、メガネハギyg、ツマジロモンガラyg、アオリイカ、マダコアカホシカクレエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ニシキウミウシ、キイロイボウミウシ 、サキシマミノウミウシなど

  ハナタツ

コメント:3連休最終日はこの連休の中で最高のコンディションに恵まれました ウネリも流れもなく、午前中に半数以上のダイバーが撤収したので午後からは本当にのんびりまったりといった感じでした 季節柄、イロウミウシの仲間が少なくなったように感じますが、ミノウミウシの仲間はグンと増えました 潮色よく魚影も濃く、ワイド、地形、FW、フォトとなんでもありです!
BY松田

10月8日(日)

雲見 牛着岩/三競/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:23℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、マダイ、キビナゴ、ミツボシクロスズメダイyg、ベラギンポ、トビヌメリ、ヒメギンポ(写真)、アライソコケギンポ、ツバメウオ若魚、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、トゲアシガニ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシ、ニシキウミウシ、フリエリイボウミウシキイロイボウミウシサキシマミノウミウシなど

  ヒメギンポ

コメント:台風の影響も少しづつおさまり、雲見をやりました 港は3連休の中日で海賊料理祭りということもあり、今シーズン一番の人出だったのではないのでしょうか?体験ダイビングで潜ったビーチの浅場は砂が巻き上がって透明度が芳しくありませんでしたが、沖合いは潮色バッチリでした!フォト・リクエストでしたのでじ〜〜っくり撮りまくりダイブでした サーフェスインターバル中は浜で海賊料理に舌鼓を打ち、海も丘もとても楽しかったです♪
BY松田

10月7日(土)

田子 弁天島/フト根(沖の根)/白崎bP

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:23〜22℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオ)、サツマカサゴ白化個体、サクラダイ、キンギョハナダイ、タカベ、ハマフエフキ、イスズミ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ(写真)、オトヒメエビ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、サキシマミノウミウシ、ベニキヌヅツミなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:午前中は西よりの風がやや強く吹いていた為、湾内のポイント弁天島を潜りました 昨日に引き続きコンディションは上々でした 予想していたよりダイバーは少なくのんびり潜れました 2ダイブ目もじっくり弁天島をやりました オオアカヒトデに真っ白なヒトデヤドリエビが2個体付いていました とてもキレイで好きなエビのひとつです 午後から風がおさまったので外海をやりました やや潮流がかかり、潮当たりのよい根頭はタカベやハマフエフキの群れが見られました ラスト4ダイブ目はピカチュウが出たとの情報で白崎をやりました 残念ながらGETならずでしたが、マクロをじっくりウォッチ&フォトで楽しみました!
BY松田

10月6日(金)

田子 弁天島〜前浜

天候:強雨 気温:25℃ 水温:23℃ 透明度:12m

観られた生物:アカエイ、アオヤガラ、ゴンズイ、サツマカサゴ、マダイ、コロダイyg、スズメダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、ニシキハゼ、サビハゼ、カワハギ、イソギンチャクモエビマルガザミナマコマルガザミヒロウミウシシロウミウシアオウミウシトゲトゲウミウシ(写真)など

  トゲトゲウミウシ

コメント:台風並みの強風が吹き荒れましたが、田子の弁天島はOKでした それどころか海の中はとても静かで潮色も良く、潮温かくといったグッドコンディションでした ウミウシや甲殻類の仲間を中心にじっくりのんびりフォト・リクエストダイブでした 本日2ダイブ目にトゲトゲウミウシを目撃しました ボク自身初めて見るウミウシでとてもコーフンしてしまいました 3cmくらいのとてもキレイな個体でしたよ!明日は西風の予報です 北よりの強風で本日潜れなかった白崎をじ〜っくり潜りたいと思います!!
BY松田

10月4日(水)

雲見 牛着岩

天候:雨→晴れ 気温:22℃ 水温:23〜22℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マアジ、ツマグロハタンポ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、イサキ、コロダイ、カゴカキダイ、レンテンヤッコ、ハタタテダイyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、 ヒラソウダ、ツバメウオ若魚(写真)、ニジギンポ、アライソコケギンポ、アオリイカ、コウイカの仲間、マダコ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、ムチカラマツエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、ムカデメリベ、ユビノウハナガサウミウシ、フリエリイボウミウシ、テンロクケボリベニキヌヅツミなど

  ツバメウオ若魚

コメント:朝のうち東よりの風が強く吹いていたものの、だんだんと静まりお昼前には穏やかなコンディションになりました  陽が出なかった分、透視度が若干下がりましたが、以前いい状態が続いています -24アーチの根の上ではキビナゴの群れにヒラソウダが数匹アタックをかけていました そろそろ青モノ(カンパチ、イナダ等)が登場しそうな予感がビンビンです!期待しましょう
BY松田

10月3日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り時々晴れ 気温:25℃ 水温:23℃ 透明度:15m

観られた生物:ホタテウミヘビベニイザリウオ)、ハナタツイタチウオ、ゴンズイ、マツカサウオ、オニカサゴ、キビナゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、カンパチ、マアジ、マダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、カゴカキダイ、コブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ツノダシ、アライソコケギンポニジギンポヒメギンポハコフグygコウイカの仲間(写真)イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、アカホシカクレエビオトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ショウジンガニ、ヒロウミウシウスイロウミウシシロウミウシアオウミウシコンガスリウミウシノウメア・ワリアンスニシキウミウシユビノウハナガサウミウシフリエリイボウミウシテンロクケボリなど  牛着岩水中景観三競水中景観

  コウイカの仲間

コメント: 前日とはうって変わって潮が止まりました のんびり、ガッツリ4ダイブです!1ダイブ目は−24アーチへ ものすごい数のキビナゴが出迎えてくれました 2ダイブ目はグンカンへ 根頭のイソギンチャク畑もようやく華やいできました 3ダイブ目は小牛のまわりをじっくり粘りました 根の東側では大型のマダイがキビナゴの群れにプレッシャーをかけていました ラスト4ダイブ目は三競をやりました 地形、マクロなど雲見の魅力を堪能してきました!T.ODAさん、画像提供ありがとうございます!!
BY松田

10月2日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:23〜22℃ 透明度:15m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビベニイザリウオハナタツ、アカエソ、イサキ、コロダイ、マダイ、キンチャクダイyg、タキゲンロクダイyg、ニザダイ、ツノダシ、アライソコケギンポ、ニジギンポ、サビハゼ、ツバメウオ若魚、メガネハギyg、イソギンチャクエビヒメイソギンチャクエビアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、アケウス、モクズショイ、ノコギリガニ、ベニツケガニ、ナマコマルガザミ、ショウジンガニ、ウスイロウミウシアオウミウシセンテンイロウミウシ(写真)、ニシキウミウシ、フリエリイボウミウシ、ユビノウハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシ)、ハクセンミノウミウシトラフケボリシュスヅツミテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  センテンイロウミウシ

コメント:早いものでもう10月ですね!先月に引き続き、依然いいコンディションです 季節来遊魚、カクレエビ系、ミノウミウシの仲間が多く見られます ツバメウオの若魚もフラフラしていました この時期(秋)特有の強い潮流がかかっています 潮色がいいので離反のリスクは低いのですが、ロブ集合でフリー潜降する場合は必ずラインに沿って潜降しましょう そのまま下に潜降してしまうとロープの付け根の集合場所からかなり潮の下流に流されることになります ご注意下さいね 海のほうというと、透明度抜群!!今シーズン初めてセンテンイロウミウシを目撃しました 昨シーズンは掃いて捨てるほど(?)いたんですけどね、、、
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED