ダイビングログ2008年10月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

10月28日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:23.5℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウyg、マツカサウオ、キビナゴ、クエ、カンパチ、コブダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリ、トウシマコケギンポ、コケギンポの仲間、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウガラスハゼ(写真)ツバメウオ、ウミウシカクレエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミ、イガグリウミウシ、テンロクケボリ、トラフケボリ、ウミウサギガイなど

ガラスハゼ

コメント:前夜、大西が吹き荒れましたが夜が明けると予報通り西風がおさまりました 若干ヨタが残っていたものの雲見は3日振りにOPENしました 1ダイブ目、2ダイブ目とも小牛の周辺をじっくりフォトダイブしました −24mの手前では、大きなクエやコブダイに遭遇しました 小牛横の漁礁付近ではネジリンボウとヒレネガネジリンボウ、ニシキテッポウエビの共生が見られました その他、ミヤケテグリやブイ下ではツバメウオ若魚が見られました 3ダイブ目は−16mアーチ付近からエントリーしてグンカンへ アカオニナマコにウミウシカクレエビが付いていました とにかく生物が充実しているベストシーズンの雲見、地形だけじゃもったいないですよ〜

10月27日(月)

田子 弁天島/白崎bQ

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:23.6℃ 透視度:8〜5m

観られた生物:アオヤガラ、コロダイ若魚(写真)、ヤリカタギyg、トノサマダイyg、ソラスズメダイ、ササハゼ、ハナキンチャクフグ、ヒトデヤドリエビ、オシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、マルガザミ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、ホソテンロクケボリなど

コロダイ

コメント:アドバンスコース、ファイナルも引き続き冬型の気圧配置となり雲見はCLOSE、、、 と、いうことで本日も田子湾内を潜ってきました 1ダイブ目の弁天島ではオシャレカクレエビやコロダイ若魚などを観察しました 南方系の魚が多く、水中はとても彩り豊かでした! 2ダイブ目は白崎のbQブイから入りヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地周辺を潜りました 季節柄、さまざまなチョウチョウウオの幼魚が見られました 着底禁止につき、撮影は比較的困難ですが水中環境を考えると仕方ないですよね! 伊豆では珍しいエダサンゴの群生地、いつまでも大切にしましょうね

10月26日(日)

田子 白bP/前浜/港前(ナイト)

天候:曇り 気温:22℃ 水温:23.3℃ 透視度:8m

観られた生物:ホソウミヤッコ、セレベスゴチ、オオスジイシモチ、コロダイyg、ハナハゼ、スケロクウミタケハゼ、ハコヒグ、コウイカの仲間、ガンガゼ カクレエビヒトデヤドリエビ(写真)カザリイソギンチャクエビオトヒメエビイセエビ、イシガニ、ホソテンロクケボリ、オオアカヒトデなど

 ヒトデヤドリエビ

コメント:アドバンスコース初日は冬型の気圧配置になり、あいにくのコンディション、、、 残念ながら雲見をご案内することはできませんでした でも田子湾内はとっても穏やかでした 白崎と前浜で日中のアドベンチャーダイブを楽しんできました 肝心のナイトダインビングですが、海が荒れたため、田子湾内ボートナイトだできなかったため船着場からエントリー 初めて田子の港内を潜りました たくさんのイセエビやガンガゼの針の間ではガンガゼカクレエビなどが見られました 本日の見出し写真はヒトデヤドリエビです この時期、宿主のオオアカヒトデさえ見つければほぼ間違いなくヒトデヤドリエビが付いています 小さな甲殻類は水中では弱い立場ですので、ヒトデをひっくり返したら、必ず元に戻しましょう

10月25日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:23.9℃ 透視度:12m

観られた生物:クロアナゴ、オオモンカエルアンコウygイロカエルアンコウ、イタチウオ、マツカサウオ、ノコギリヨウジ、カンパチ(写真)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリ、トウシマウコギンポ、ガラスハゼスケロクウミタケハゼ、ベンケイハゼ、ツバメウオ、アオサハギ、ミナミハコフグyg、ウミウシカクレエビ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、オトヒメエビ、ナマコマルガザミ、サラサウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトアトラフケボリなど

 カンパチ

コメント:いや〜、今日の海も青かったですね〜!見出し写真はいつもマクロ系の生物(ウミウシ、甲殻類、カエルアンコウなど)が多いのですが、今日はさすがにカンパチの群れです 浅場でミヤケテグリを探していると、時折頭上を通過しキビナゴの群れにアタックをかけています アカオニナマコでウミウシカクレエビが見られました フリソデエビの次に大好きなエビです 伊豆半島ではウミウシよりもナマコを宿主にしていることが覆いようです ボク自身、ウミウシを宿主にしているウミウシカクレエビは過去に一度しか見ていません 宿主のウミウシもタツナミガイだったのでどちらかというとナマコチックですよね、、、 キレイなイロウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトアは本日も見られましたよ!!

10月23日(木)

雲見 牛着岩

天候:雨 気温:22℃ 水温:23.4℃ 透視度:12m

観られた生物:オオモンカエルアンコウyg、 マツカサウオyg、キビナゴ、サクラテンジクダイ、カンパチ、テングダイ、マダイ、ミヤケテグリ(写真)ニジギンポ、コケギンポの仲間、トウシマコケギンポ、ヒレナガネジリンボウ、ガラスハゼ イソハゼの仲間スケロクウミタケハゼ、ツバメウオ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ナマコマルガザミウミエラカニダマシ、アオウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトアウミウサギガイ、トラフケボリなど

 ミヤケテグリ

コメント:引き続き潮色、水温とも素晴らしい状態が続いています 小牛周辺がとても盛り上がっています!小牛カドの水深−8m付近ではキビナゴの群れにカンパチの群れがアタックをかけています その他、岩の亀裂ではミヤケテグリの幼魚やマツカサウオの幼魚が見られます 水路手前の岩にはオオモンカエルアンコウの幼魚やキレイなイロウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトアが見られました ムチカラマツにはガラスハゼの姿が数多く確認されています 潜降ブイのちかくのユビノウトサカの群生地では外套膜がまるで宝石箱の開いたように美しいウミウサギガイがペアで見られました とにかく被写体満載の今日の雲見でした!

10月22日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23.6℃ 透視度:12m

観られた生物:オオモンカエルアンコウyg、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ミノカサゴ、オニカサゴ、マスダオコゼ属の一種、キビナゴ、サクラテンジクダイ、カンパチ、テングダイ、マダイ、キンメモドキミヤケテグリ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、トウシマコケギンポ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、オキナワベニハゼ、ガラスハゼ、ツバメウオ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ナマコマルガザミ、ウミエラカニダマシ(写真)、シロミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトア、センテンイロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、キイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリなど

  ウミエラカニダマシ

コメント:お天気、海況とも恵まれました!1ダイブ目は−24mのアーチを潜りました H型のアーチを抜けると、キンメモドキの群れ、群れ、群れ 圧巻でした〜 −24mのアーチではテングダイのペアも見られました 2ダイブ目は小牛周辺をじっくりフォトダイブ ネジリンボウとヒレナガネジリンボウの共生、ウミエラカニダマシ、ミヤケテグリなどフォトジェニックな水中生物との出会いがありました! 3ダイブ目は三競で地形ダイブ 2番、3番、4番の3つの洞窟を散策しました お天気が良かったので洞窟に差し込む日差しがおてもキレイでしたよ 生物、地形と欲張りなダイビングが楽しめます 是非、リクエストして下さいね

10月21日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.2℃ 透視度:15〜12m

観られた生物:オオモンカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオyg、キビナゴ、カンパチ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ツバメウオ、ツノダシ、ツマジロモンガラyg、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ウミエラカニダマシヒュプセロドーリス・クラカトア(写真)、ウミウサギガイ、テンロクケボリ、トラフケボリなど

  ヒュプセロドーリス・クラカトア

コメント:今日は朝から潮がタルむことなく常に流れていました でも、その分回遊魚の活性は上がっています 今日も小牛のカドではカンパチの群れがキビナゴにアタックをかけていました 潮色抜群なんですが、今日もマクロ中心のフォトダイブをしました 雲見で話題のネジリンボウとヒレナガネジリンボウの共生やミヤケテグリ、前日見つけた一円玉より小さいマツカサウオよりさらに小さい幼魚、ウミエラカニダマシなど盛りだくさんの内容です でも、これ全部小牛のカドから手前だけなんです 探せばいくらでも見つかりますね〜! 今日の1枚はヒュプセロドーリス・クラカトア 久し振りに見ました とってもキレイなイロウミウシでしばらくは動かないと思いますので是非、リクエストお待ちしています!

10月20日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:23.6℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:オオモンカエルアンコウイロカエルアンコウマツカサウオyg、キビナゴ、ボラ(写真)ボラクーダ動画カンパチ、マダラトラギス、コケギンポの仲間、ガラスハゼツバメウオ若魚ヒトデヤドリエビムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビナマコマルガザミヒロウミウシ、ニシキウミウシ、ウミウサギガイ、ベニキヌヅツミ、トラフケボリなど

  通称:ボラクーダ

コメント: 今日もたくさんの水中私物との出会いがありましたが、何と言ってもボラクーダに限ります そう、ボラの大群です 噂には聞いたことがありますが、実際に遭遇するのは初めてです 何万匹という数でしょうが?周囲が暗くなるほどの大群でした 動画もUPしましたので是非、ご覧下さい 臨場感が伝わってくると思いますよ 秋らしく終日、潮が走っていました 小牛のカドではカンパチの群れがキビナゴにアタックをかけていました その他、1円玉より小さいマツカサウオの幼魚を発見 あまり動くタイプの生物ではないのでしばらく観察できるのはないかと思います! ダイビングを続けているといろいろなシーンに出くわすものですね 改めて実感しました

10月17日(金)

浮島 ビーチ

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:24.2℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ボラ、クロホシイシモチ、コロダイyg、ナンヨウカイワリyg、マアジ、ツマグロハタンポ、ベニツケギンポトウシマコケギンポ、ツノダシ、ハナハゼ、イソギンチャクエビ、オトヒメエビ、アオウミウシ、サラサウミウシセトイロウミウシシラナミイロウミウシ(写真)キカモヨウウミウシミヤコウミウシシロタエイロウミウシシロハナガサウミウシユビウミウシ、スミゾメミノウミウシ、ムカデミノウミウシオショロミノウミウシの仲間など

  シラナミイロウミウシ

コメント:ベタ凪の平日、の〜んびり2ビーチダイブです 1ダイブ目は湾内左奥のドラゴンホールオンリーのウミウシフォトダイブ 情報にあったミカドウミウシの幼体は見つけることができませんでしたが、かねてから一度観てみたかったシラナミイロウミウシに逢えました! いや〜、念願かなってそれだけで十分って感じでした その他、セトイロウミウシやシロタエイロウミウシなどキレイなイロウミウシの仲間も見られました ムカデミノウミウシが大量発生しているのも印象的でした 2ダイブ目は湾内右側の水上アーチの壁、最大水深3.7mと浅場の長潜りです(笑) 小さくてキレイなオショロミノウミウシの仲間が2個体 キカモヨウウミウシなどウミウシ三昧の2ダイブでした 湾内のコンディションもすっかり回復していました!

10月13日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:24.7℃ 透視度:20m〜

観られた生物:ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウyg、アオヤガラ、ハナミノカサゴ、イソカサゴ(写真)、ナンヨウカイワリ、ツムブリ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、ヨコシマクロダイyg、キンチャクダイyg、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイygミヤケテグリヤマドリガラスハゼスケロクウミタケハゼツバメウオ若魚、ツマジロモンガラyg、アオサハギyg、シマウミスズメ、ウミウシカクレエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、イソギンチャクモエビ、ゼブラガニナマコマルガザミ、フリエリイボウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチなど

  イソカサゴの捕食シーン

コメント:3連休の最終日、最高のコンディションに恵まれました! 2パーティに別れ、4便です 1ダイブ目は小牛のまわりでじっくりフォトダイブ ミヤケテグリやアカホシカクレエビなどをじっくり撮影して頂きました ヨコシマクロダイの幼魚や2ダイブ目は別パーティt同じコースを回りました 砂地ではカンパチの群れにツムブリが混泳 青い潮に映えました 3ダイブ目は大牛周辺でウミウシカクレエビ狙い 先だって見た個体とは別個体のウミウシカクレエビをGET 4ダイブ目も同じコースを回りました ラッパウニには大きなゼブラガニ、トラフナマコにはナマコマルガザミが見られました 潮色良く、まさに伊豆のベストシーズン到来と言った感じです ブイ下には依然、ツバメウオの若魚が居ついています 安全停止中にどうぞ

10月12日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:曇り 気温:21℃ 水温:21℃ 透視度:15〜10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウygイロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ホソウミヤッコ、ハナミノカサゴ、クロホシイシモチ、 カンパチ、ツムブリ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、オキナワベニハゼ、ミサキウバウオ、ミヤケテグリ(写真)、ニジギンポ、コケギンポの仲間オキナワベニハゼガラスハゼスケロクウミタケハゼ、ハナハゼ、ツバメウオ若魚、ムチカラマツエビ、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビオルトマンワラエビイボイソバナガニナマコマルガザミ、スイートジェリーミドリガイ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシコダマウサギガイトラフケボリ、ベニキヌヅツミなど

  ミヤケテグリ

コメント:3連休の中日の雲見は海賊料理祭りとも重なり、港は大混雑でした 当然、海の仲間も大混雑が予想される為、あえて三競を1ダイブ目に持ってきました 案の定、一人のダイバーとも会わずに快適に潜れましたよ! 三競ではキレイなイロウミウシの仲間やオキナワベニハゼ、ベニカエルアンコウなどを見てきました 2ダイブ目は小牛でミヤケテグリ狙い 中小、2個体が確認できました 3ダイブ目は−24mのアーチへ テングダイのペアは健在でした 4ダイブ目は小牛の深場を潜りました 潮色がいいので砂地がキレイです そして本日のラスト5ダイブ目は小牛の浅場でじっくり小さな生物をフォト&ウォッチしました コンディションがいいので気持ちよく潜れましたよ!

10月11日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:23℃ 水温:24.1℃ 透視度:20〜12m

観られた生物:オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウ(写真)ベニカエルアンコウハナタツ、マツカサウオ、アオヤガラ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシガキダイ、クマノミ、ミツボイシクロスズメダイyg、ミヤケテグリニジギンポ、ツノダシ、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、オキナワベニハゼカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニムラサキウミコチョウヒロウミウシ、サラサウミウシ、シロタエイロウミウシ、キャラメルウミウシ、センテンイロウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、シロミノウミウシ、トラフケボリなど

  イロカエルアンコウ

コメント:3連休の初日です 抜群の透明度で素晴らしいコンディションに恵まれました 1ダイブ目はミヤケテグリ狙い&300本の記念ダイブのお祝いで小牛を潜りました そういえば昨シーズンの今頃、まず小牛でフリソデエビが登場したんですよね〜 そんなサプライズも楽しみ潜りました  2ダイブ目は大牛をじっくり泳がずマクロフォト・ダイブ ムラサキウミコチョウやスケロクウミタケハゼなどが見られました 3ダイブ目はエアードーム無しの三競です レギュラーメンバーのキャラメルウミウシやシロタエイロウミウシ、オキナワベニハゼなどが見られました カエルアンコウの仲間もイロ、オオモン、ベニと三種類見られ、そろそろクマドリカエルアンコウの登場が期待されますね!

10月10日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:24.3℃ 透視度:10m

観られた生物:ダイナンウミヘビ、イロカエルアンコウver.12)、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、マツカサウオ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、フエヤッコ、カゴカキダイ、クマノミミツボシクロスズメダイyg(写真)、スズメダイ、コウライトラギス、ミヤケテグリ、アオサハギ、ミナミハコフグyg、ビシャモンエビ、ムチカラマツエ、イソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビ、イボイソバナガニ、サンゴガニ、ニシキウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシミチヨミノウミウシ、シロミノウミウシなど

  ミツボシクロスズメダイyg

コメント: フォトダイブ・リクエストで3ダイブ牛着岩をガッツリ潜ってきました 1ダイブ目はちょっとワイドっぽく裏からエントリーしてグンカンまで流しました 魚影が濃く、まさにベストシーズンの雲見って感じでした!グンカンの根頭のイソギンチャク畑ではたくさんのクマノミやミツボシクロスズメダイの幼魚、そして岩の窪みではミナミハコフグの赤ちゃんなどが見られましたよ! 2ダイブ目は久し振りに「たて穴」を潜りました 居着きのクロアナゴは健在でした ラスト3ダイブ目は大牛周辺を潜りました ベニカエルアンコウやイロカルアンコウが見られました ご一緒したのがカエルアンコウ好きのダイバーの方でしたので、LOGのコメントにはには「カエル祭り」と書いていただき、とっても喜んで頂けました

10月9日(木)

神子元島 ジャブ根

天候:曇り 気温:20℃ 水温:25.0℃ 透視度:15m

観られた生物:ハンマーヘッドシャーク(群れ)イサキ、タカベ、ハマフエフキ、テングダイ、スズメダイ、アオブダイ、ブダイなど

  ハンマーヘッドシャーク

コメント: 台風並みの風速20m近い強烈な東風の為、決して良いコンディションとはいえませんでしたが、今年はやはりハンマーの当たり年なんですねぇ 2ダイブともジャブ根を潜りました 1ダイブ目は中層をずっと流しダイブの後半にハンマーの群れに遭遇しました かなり近寄れたと思います(群れで画像におさめられなかったのが残念、、、) 2ダイブ目も同じコース取りでしたが、ハンマーには遭遇でkませんでしたでも、イサキやタカベなどがまるで壁のようにたくさん群れていてそれだけでも気持ちよかったですね 是非また平日、神子元リクエストお待ちしています!

10月8日(水)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:20℃ 水温:25.0℃ 透視度:20〜15m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、ミノカサゴ、セレベスゴチ、クエ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、カンパチ、ワラサ、マアジ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイメジナ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スケロクウミタケハゼ、ムスメウシノシタ、ミナミハコフグygウミウシカクレエビ(写真)、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニゼブラガニナマコマルガザミイガグリウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ノウメア・ワリアンス、シロタエイロウミウシ、キイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリテンロクケボリなど

  ウミウシカクレエビ

コメント: 平日がっつり、4ダイブしてきました〜! 1ダイブ目は裏からエントリーしてグンカンまで流しました 秋特有の下り潮に乗ってドリフトダイビングを楽しみました 最後はグンカン根頭のイソギンチャク畑でクマノミやミツボシクロスズメダイをビデオ撮影 癒されました〜 2ダイブ目はグンカンからエントリーして大牛へ ご一緒したダイバーの方がグンカン根頭のイソギンチャク畑を大変気に入った様子です 3ダイブ目は大牛周辺でじっくりマクロ・フォト リクエストのウミウシカクレエビをなんとかGETできてほっとしました! 今シーズン初めて見ました 小さめの個体がペア?でアカオニナマコに付いていました ラスト4ダイブ目は三競で地形&ウミウシダイブ う〜ん満喫しました〜!

10月7日(火)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.7℃ 透視度:20〜15m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、ツマグロハタンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼ、ツバメウオ(写真)ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビナカザワイソバナガニナマコマルガザミコールマンウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ベニキヌヅツミ、サチコツグチなど

  ツバメウオ若魚

コメント: お天気、海況に恵まれました 透視度はなんと20mっ!10月の雲見いっぱい潜ろうキャンペーン最終日です 1打うぶ目は「はまゆブイ」からエントリーして牛着岩の沖合いでエキジット 見出し写真「はまゆブイ」の水深−5m付近に居着いているツバメウオの若魚です 9月23日以来、ずっとここにいます 今日はお天気がいいので太陽光が入りとってもいい感じでした 2ダイブ目は小牛周辺をじっくりマクロフォトダイダイブ目はエビ網を打たれる前に三競を潜りましたキャラメルウミウシの産卵シーンやシロタエイロウミウシ、コールマンウミウシなどが見られました ラスト4ダイブ目は大牛洞窟前をじっくりのんびり いや〜、まさにベストシーズン! 海況も生物層もホント素晴らしいですね

10月6日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:23℃ 水温:24.4℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウハナタツネッタイミノカサゴ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシガキダイ、ミサキウバウオ、コケギンポの仲間、ガラスハゼツバメウオ若魚ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビイボイソバナガニナカザワイソバナガニナマコマルガザミコナユキツバメガイ(写真)イガグリウミウシ、アオウミウシなど

  コナユキツバメガイ

コメント:雲見いっぱい潜ろうキャンペーン期間中ですが、なんと1日空いてしまいました こんな時こそじっくりネタ探しですよね〜 1ダイブじっくり集中して潜りました 珍しいことこではネッタイミノカサゴが見られました 雲見では年に1〜2個体しか見たことがありません 撮影しづらい場所にいた為、画像が今ひとつですが、、、 その他、コナユキツバメガイも見られました 動くウミウシなので明日にはもういないかと思いますが、、、 そろそろサプライズな生物が登場しないかなぁと期待しています!

10月5日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り 気温:23℃ 水温:24.4℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウver.12)、マツカサウオ、サクラテンジクダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼガラスハゼカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニ(写真)、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシコールマンウミウシ、シロウミウシ、シロタエイロウミウシキャラメルウミウシ、フリエリイボウミウシ、サキシマミノウミウシスミゾメミノウミウシ、トラフケボリ、サチコツグチツグチガイなど

 イボイソバナガニ

コメント:引き続き穏やかなコンディションです 1ダイブ目はワイド系で攻めてみました 牛着岩の沖合いからエントリーしてグンカンでエキジット 午前中は特に潮色がいいので気持ちよく潜れましたよ〜 2ダイブ目は午後の混雑を避けて早めに三競にエントリー 1ダイブ目とは一転、ウミウシや甲殻類、小さなハゼの仲間などマクロ系でねちっこく潜りました 三競は地形だけではありませんね 洞窟無しで50分たっぷりマクロ系フォトダイブを満喫してきました 3ダイブ目はは大牛の裏側の洞窟や壁沿いでウミウシの仲間を中心にじっくりフォトダイブしてきました 昨年はこのコースで生物が爆発的に見られおおいに盛り上がったのですが、今シーズンは・・・これからでしょうか!?

10月4日(土)

雲見 オオ根/牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.4℃ 透視度:15〜8m

観られた生物:ベニカエルアンコウ、ハナタツ(写真)ホソウミヤッコ、アオヤガラ、キビナゴ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイyg、マダイ、クロダイ、ハタタテダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、ガラスハゼ、スケロクウミタケハゼ、ダテハゼ、ツバメウオ若魚、ヒラメ、ビシャモンエビムチカラマツエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミニシキウミウシキカモヨウウミウシ、ホソテンロクケボリなど

 ハナタツ

コメント:1ダイブ目はオオ根でウォーミングアップ マクロ系生物が充実!キカモヨウウミウシやホソテンロクケボリが見られました 白い砂地に日差しが差し込みとってもキレイでした 2ダイブ目は小牛周辺をじっくりフォトダイブ 被写体が充実しているのであんまり泳がず一ヶ所に腰を据えてじっくり粘るスタイルがオススメです 3ダイブ目は地形と生物を堪能しました 潮色が良く、伊豆の生物と南方系の生物が入り混じり、魚影がとても濃い雲見でした!

10月3日(金)

浮島 カマガ根bQ

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:25.0℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:トラウツボ、アカハタ、ネンブツダイ、マアジ、イサキ、スズメダイ、トウシマコケギンポ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、トラフケボリ、ホソテンロクケボリ(写真)など

 ホソテンロクケボリ 

コメント:TUSAオフィシャルアドバイザーミーティング(TOA)で午前中1ダイブ、浮島のボートポイントをアドバイザーとTUSA開発スタッフで潜ってきました その後、TUSAの器材についてアドバイザーとTUSA開発スタッフで熱いディスカッションをかわしました これからのTUSAの製品に反映されていくと素晴らしいでね!ボクもTOAの一員として一所懸命頑張ります

10月1日(水)

田子 弁天島/白崎bP

天候:曇り 気温:19℃ 水温:24.0℃ 透視度:8m

観られた生物:ホソウミヤッコ、セレベスゴチ、コロダイyg、マダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、トラギスネジリンボウスケロクウミタケハゼ(写真)オシャレカクレエビアカホシカクレエビヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシ、イガグリウミウシ、アカネコモンウミウシムカデミノウミウシ幼体など

  スケロクウミタケハゼ

コメント:今日から10月、そして雲見いっぱい潜ろうキャンペーンの初日です 海況もだいぶ回復しましたが大事をとって田子湾内を潜りました 1ダイブ目の弁天島ではネジリンボウ狙いです かなり寄れるようになってきましたよ! その他、ムカデミノウミウシの幼体やスケロクウミタケハゼが見られました ヨタが全く入っていないので快適に潜れました! 2ダイブ目は白崎でマクロ系フォトダイブをしました 今日もピカチュウがたくさん見られましたよ♪ オオサンゴイソギンチャクにはとってもちいさなクマノミの赤ちゃんがいました 可愛いので是非、リクエストして下さいね 明日以降、海況もすっかり回復して雲見もバッチリ潜れそうです
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED