じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2013年10月

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

10月30日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:21.8〜21.7℃ 透視度:10m

観られた生物:ウツボ(ホンソメワケベラ がエステ中)、トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、コロダイ、イシダイ、ヨコシマクロダイ(写真)、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネキュウセン、ホンソメワケベラ、コブダイ、ブダイ、コウワンテグリ、スジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポ、コケギンポの仲間、セボシウミタケハゼ、コクテンベンケイハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ヒラメ、カワハギ、アオサハギ、メガネハギ、ウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、ムチカラマツエビ、ウミウシカクレエビ)、ウミカラマツエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニ、モクズショイ、ナマコマルガザミ)、ミカドウミウシキイロイボウミウシフリエリイボウミウシ、ヒブサミノウミウシ、アヤメケボリハナヤカケボリシロオビコダマウサギテンロクケボリなど
※10/30のガイドコース

  ヨコシマクロダイ

コメント:前日の雨が上がり素晴らしいお天気&海況になりました 本日、リサーチで牛着岩を3ダイブしてきました まず1ダイブ目は小牛の洞窟前からエントリー 小牛まわりで湾内ブイへ 久し振りにヨコシマクロダイの幼魚を目撃 シマキッカイソギンチャクやキッカイソギンチャクではアカホシカクレエビ、ヤギの仲間にはアヤメケボリやイソバナカクレエビがいました 最近、フィーディングを始めたちょっと大きめのコブダイがボクの姿を見つけて近づいてきました あらかじめ用意していたエサをあげると満足そうに去って行きました 続いて2ダイブ目は大牛前カドからエントリーして大牛洞窟前を経由してたて穴の根頭へ ここではウミウシカクレエビやイソコンペイトウガニをチェックしてからホタテウミヘビのフィーディング、そしていつものコブダイのフィーディングをしました たて穴の根頭ではスジタテガミカエルウオやマツバギンポ、トウシマコケギンポのギンポ三兄弟がお出迎えしてくれました ラスト3ダイブ目は再び小牛まわりを潜りました 地形が有名な雲見ですがボク的にはマクロ系のフォトダイブなら小牛周辺をオススメします じっくり生物を撮影できますよ! 久し振りのウミカラマツエビや先だって見つけたコウワンテグリ、そしてウミウシカクレエビをまたまた見つけちゃいました(^O^) するとまたまたコブダイ登場 よっぽど腹が減っていたのでしょうか? エサをおねだりしてきます カワいいヤツですね 他店情報ですがアカハチハゼが見られたようです 今シーズンは目撃情報が多いですね ボクはまだ見ていないので今度チェックしてみます

10月27日(日)

雲見 牛着岩

天候: 気温:20℃ 水温:22.3〜22.1℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ワカウツボホタテウミヘビベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオ、ベニマツカサ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、クエ、オオモンハタ、アカハタ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、シラコダイ、ミゾレチョウチョウウオ、イサキ、コロダイ、イシダイ、イシガキダイ、ハマフエフキ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイコガネスズメダイ、コガネキュウセン、ツユベラ、オハグロベラ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、コウライトラギス、コウワンテグリ(写真)、ニジギンポ、コケギンポの仲間、コクテンベンケイハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、サラサエビ、ムチカラマツエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミイガグリウミウシアオウミウシ、シロウミウシ、トルンナ・プルプロペディス、アヤメケボリ、ムラクモコダマウサギソリキヌヅツミコペポーダなど
※10/27のガイドコース(

  コウワンテグリ

コメント:台風27号の影響で23日からCLOSEしていた雲見 久し振りのOPENとなりました ただ朝のうちはまだヨタが残っていて決していいコンディションとは言えませんでいた 本日、マクロ系フォトダイブのリクエストでした まず1ダイブ目は大牛裏カドからエントリーして大牛洞窟へ まずは砂地でバースデーダイブのお祝いをしてからリクエストのホタテウミヘビのフィーディングをしました 台風の影響で一週間、ご無沙汰していたせいでしょうか? 近づいただけで砂の中から出てきてフィーディング中は何度も指を噛まれて腹ペコの様子でした(笑) アカホシカクレエビやイガグリウミウシ、サクラテンジクダイの口内保育シーンをご紹介しました 2ダイブ目は雲見が初めてという方に地形ダイブをご案内しました 濃密な魚影と複雑な地形を堪能しました  CLOSE明けにしては潮色がすこぶる良く、ワイド系も楽しめました お昼休みをはさんでラスト3ダイブ目は小牛の洞窟前からエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ 小牛の洞窟では和名がないキレイなウミウシの仲間が見られます ただ摂食中なのでカイメンにめり込んでいて写真映えは今ひとつでした… (>_<) ウミウサギの仲間をいくつか紹介しているとかわいいベニカエルアンコウがいました それにしてもカエルアンコウの手(胸ビレ)ってホント、カワいいですよね〜 本日の1枚は3ダイブ目に見つけたコウワンテグリ ミヤケテグリを探していたのですがコウワンテグリが見つかりました ガイドが入っていない時にじっくりタイマン勝負してきます!

10月26日(土)

田子 白崎bP/弁天島

天候: 気温:20℃ 水温:22.3〜22.1℃ 透視度:8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、カサゴ、イソカサゴミノカサゴメバル、アカエソ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アカカマス、ニザダイ、アイゴ、ガラスハゼ)、イソハゼの仲間、ハナハゼ、ダテハゼ、アオサハギ、ヨソギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ハナキンチャクフグ、サラサエビ、イソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、アカスジカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビイボイソバナガニモクズショイキモガニトサカガザミヒロウミウシアカネケボリアヤメケボリトガリアヤメケボリホソテンロクケボリキンスジケボリ(写真)ベニキヌヅツミなど

  キンスジケボリ

コメント:台風27号の影響で今週23日から雲見がCLOSEしています 21日は銭洲遠征が中止になり、22日が三津の淡島沖で作業潜水 それ以来のダイビングとなりました 台風が伊豆半島に最接近する時間帯を避け、朝の10:00にショップに到着 のんびりスタートで田子に行きました 小雨が降りしきる中、台風が接近しているというのに海はとても穏やかでした さすがに数あるダイビングサービスもほとんどCLOSEしていましたので海の中は貸切状態でした しかも思ったより透明度が良かったです まず1ダイブ目は白崎の1番ブイからエントリー マクロ系のフォトダイブをしました ヤギ類ではアカネケボリやアヤメケボリなどのウミウサギの仲間やイソバナカクレエビなどフォトジェニックな生物が見られました 続いて2ダイブ目は弁天島をご案内しました スナイソギンチャクやキッカイソギンチャク、ニチリンイソギンチャクでそれぞれアカホシカクレエビがいました 深場で見られるクダヤギでは今年もアカスジカクレエビがワラワラと見られました そして久し振りのキンスジケボリ! 大好きなウミウサギなのでテンション、上がりました〜 浅場のウネリもたいしたことなくエンタクミドリイシでヒメサンゴガニ属の一種やキモガニをご紹介しました 45分×2ダイブ、台風でコンディションが芳しくないながらも楽しく潜れました 明日は雲見がOPEN予定です 久し振りの雲見です LOGの更新をお楽しみに!

10月20日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:19℃ 水温:22.6〜22.3℃ 透視度:10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、イロカエルアンコウ(写真)、イタチウオ、マツカサウオ、ハオコゼ、カサゴ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、ムラソイ、 キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、スジオテンジクダイ、ヤミテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、キュウセン、ツユベラ、オビテンスモドキ、コブダイ)、ブダイ、ニジギンポマツバギンポ)、コケギンポの仲間、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、アカイソハゼ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビクリアクリーナーシュリンプヒロウミウシナマコマルガザミキカモヨウウミウシアヤメケボリ)、ベニキヌヅツミなど
※10/20のガイドコース(

  イロカエルアンコウ

コメント:今日もまた肌寒い一日でした 風が強く午前中はポイント制限がかかりました 本日は2パーティ4ダイブしました まず1ダイブ目は じっくりフォトダイブチーム 小牛の前カドからエントリーして小牛の横のみ60分です まずは砂地でバースデー記念 その後、コケギンポの仲間やイソバナを宿主にしているエビやアヤメケボリをご紹介 その後はそれぞれお気に入りの被写体を見つけては心ゆくまで楽しんで頂きました  2ダイブ目は雲見初めての方がバースデーダイブ ブイからエントリーして水路前でお祝いをしました 水路前ではオビテンスモドキやツユベラが見られました その後、地形&魚影、そしてマクロ系の生物もご紹介しました たて穴の根頭ではマツバギンポやトウシマコケギンポが穴から顔を出していてカワイかったですね〜(^O^) 洞窟巡りをして三角穴から湾内のブイへ 潮色は昨日より良くなったような気がします 3ダイブ目は大牛前カドからエントリーしてこのエリアをじっくり潜りました フィーディングしている2個体のコブダイが揃って登場 基本的には貝類が好きですが甲殻類の方がもっと好きみたいですね その後、湾内ブイへ向かって目撃情報が上がっていたオオモンカエルアンコウを見に行きました 大きな体躯をオオパンカイメンに横たえていました オオモンカエルアンコウと聞いて見てみましたが何となくイロカエルアンコウのような気がします… 間違えていたらスミマセンm(_ _)m ラスト4ダイブめはブイからエントリーして小牛まわりで-24mアーチブイへ 小牛横でミヤケテグリを探して下ばっかり見ているとご一緒したお客様が中層にいた大きなクエを教えてくれました ニヤ潮がやや強くなっえきたので流れを利用して-24mアーチのブイへ 大物、魚影も楽しめました〜 台風27号がまた本州に接近しています 明日の銭洲遠征が中止になってしまいました(>_<) 来週末どうなるかは今のところ台風の動向次第ですね

10月19日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:22.5〜22.4℃ 透視度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イタチウオ、マツカサウオ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、キリンミノ、キビナゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ヤミテンジクダイアブラヤッコ、キンチャクダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、カンムリベラ、コガネキュウセン、オハグロベラ、コブダイ、ブダイ、イチモンジハゼ、フトスジイレズミハゼ、ツマジロモンガラ、カワハギ、アオサハギ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビ、モクズショイ、ツマニケボリホソテンロクケボリなど
※10/19のガイドコース

  ヤミテンジクダイ

コメント:肌寒い一日でした 本日ご一緒した方の200ダイブ記念で全員でダイブ -16mアーチの沖側の砂地でお祝いをしました おめでとうございます! これからも素敵なLOGを積み重ねて下さいね〜 当店では記念ダイブをお申し込み頂くと手作りのフラッグでお祝いします 是非、皆さまのお申し込みをお待ちしています! さてダイビングの方ですがまずは砂地でリクエストを頂いたホタテウミヘビのフィーディング・パフォーマンスを披露しました その後、マクロ系のフォトダイブでじっくり50分 キリンミノやカンムリベラの幼魚が見られました その後、2パーティに分けてそれぞれのダイビングスタイルで水中をご案内しました まずは地形コース -24mアーチからエントリーしてたて穴〜クレバス〜三角穴へ 湾内側に入ってからは昨日も見た小さなウミウシカクレエビをご紹介してシグナルフロートをうってエグジットしました 続いては小牛の横でじっくりマクロ系のフォトダイブを満喫しました ヤミテンジクダイやウミウシカクレエビ、マツカサウオの幼魚などが見られました 明日も記念ダイブが入っています おめでたいですね〜!

10月18日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:23.2℃ 透視度:8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、イロカエルアンコウ(写真)マツカサウオ、キビナゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キリンミノ、クロホシフエダイ、オオスジイシモチサクラテンジクダイスジオテンジクダイヤミテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、イトヒキベラ、カミナリベラ、カンムリベラ、オハグロベラ、タコベラ、コブダイ、ブダイ、ニジギンポコケギンポの仲間、アカイソハゼ、ベンケイハゼ、コウイカの仲間、ウミウシカクレエビ)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビ)、クリアクリーナーシュリンプイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ノコギリガニマルガザミ、コトヒメウミウシ、イガグリウミウシミカドウミウシキカモヨウウミウシトルンナ・プルプロペディスアオウミウシシロウミウシアヤメケボリなど
※10/18のガイドコース

  イロカエルアンコウ

コメント:台風26号でCLOSE後、初めて潜りました 明日からの週末に向けてリサーチダイブをしてきました 東よりの風が強くウネリがまだ残っていました 河川からの土砂が流入して潮通しがあまりよくない場所では水底に泥がフワフワ積もっていました まず1ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーして大牛前カドへ 新ネタとしてはキリンミノの幼魚やカンムリベラの幼魚が見つかりました 大牛洞窟前ではクリアクリーナーシュリンプ、キカモヨウウミウシなど 洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンがまだ見られました いつもフィーディングしているコブダイの若魚がやってきたので食事をご馳走しました 水中は思ったより台風の影響を受けていないように思いました 続いて2ダイブ目は小牛洞窟前からエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ 他店情報で小牛洞窟にミカドウミウシの成体がいてそこに大きなウミウシカクレエビが付いているとのこと トルンナ・プルプロペディスのいるカイメンの下にいるとのことで情報通りすぐに見つかりました サイズといい色合いといい、沖縄などで見られるタイプそのものでした やっぱりウミウシカクレエビはウミウシに付いているのが絵になりますね〜 シマキッカイソギンチャクやサンゴイソギンチャクでは小さなアカホシカクレエビが見つかりました リセットしてしまったネタもあってムチカラマツではキミシグレカクレエビやガラスハゼはいなくなってしまいました(>_<) 新しく見つかったネタはイロカエルアンコウ、ヤミテンジクダイなどです アカオニナマコを宿主にしていた小さなウミウシカクレエビもGET! 秋特有の速い潮流なのでこの堆積した泥もキレイに流されると思います 今週末はフォト派ダイバーが勢ぞろいしますのでボクも今から楽しみです 気合入れて頑張るぞ〜(^O^)

10月14日(月)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.1〜23.4℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、コケウツボ、トラウツボ、ニシキフウライウオ(写真)ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイマツカサウオキリンミノ、オニカサゴ、カサゴ、ヘラヤガラ、 キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、ミゾレチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、サザナミヤッコ、キンチャクダイ、アカヒメジ、マアジ、イサキ、コロダイ、クロホシフエダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキツマグロハタンポ、タカノハダイ、ミギマキ、オキゴンベ、ニジギンポ、マツバギンポコケギンポの仲間)、ガラスハゼセボシウミタケハゼ、コクテンベンケイハゼ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビ)、イソギンチャクエ)、ヒメイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビオシャレカクレエビ)、クリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビビシャモンエビオトヒメエビオルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、キモガニ、ヒメサンゴガニ属の一種、コトヒメウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、イガグリウミウシキカモヨウウミウシ、コイボウミウシ、アヤメケボリセロガタケボリソリキヌヅツミなど
※10/14のガイドコース(

  ニシキフウライウオ

コメント:連休の最終日は海賊料理祭りと重なり、駐車場が制限されるため、早朝出発しました 7:30に到着しましたが時すでに遅し… すでに駐車スペースは満車になっていました(^_^;) 秋晴れのベタ凪でしたが秋特有の速い潮流がかかっていました 今シーズンで一番潮が速かったように思います 本日60分×3本勝負、まず1ダイブ目は大牛カドからエントリーして大牛洞窟へ じっくりフォトダイブをしました キカモヨウウミウシやイガグリウミウシ、サクラテンジクダイの口内保育シーン、イソギンチャクエビなどが見られました 潮はかかっていましたが大牛洞窟周辺は潮流やウネリをかわせるのでとっても穏やかでした 休憩時間中にニシキフウライウオの目撃情報があり早速、湾内ブイからエントリーしました 小牛前も結構な潮がかかっていました(>_<) いました〜、ニシキフウライウオ それにしてもとっても小さかったです 胸ビレと尾ビレがとってもキレイな個体でした その後、小牛周辺でウミウシカクレエビやサザナミヤッコ、コケギンポの仲間などを撮影しました それにしても潮流がMAXでやや苦戦しました と、いうことで潮流を避けて3ダイブ目は黒崎へ 狙い通り潮色をかわしてのんびりじっくりフォトダイブを満喫できました 黒崎でもウミウシカクレエビのペアをGET 宿主のアカオニナマコが力を入れないと剥がせないような時は無理に剥がすとウミウシカクレエビが潰れてしまうので諦めましょう ボクの場合、裏技を使ってナマコに触らずにウミウシカクレエビをおびき出す術を編み出しましたよ(笑) 午後に入ると台風の影響でしょう、ウネリが強くなってきました 浅根の根頭ではタワシウニが多いので着底には充分、注意して欲しいのですがエンタクミドリイシなどのサンゴをチェックするとキモガニやヒメサンゴガニ属の一種が見られます 今日はマツバギンポを発見しました(^O^) 写真はニシキフウライウオのおチビちゃんです 岩をバックにしていたのでちょっと見づらくてスミマセン… 大型で強い勢力の台風26号が接近しています ちょっと今回の台風はヤバそうですね(>_<)

10月13日(日)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.4〜23.0℃ 透視度:12m

観られた生物:ウツボ、イタチウオ、ゴンズイ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、マツカサウオ、イソカサゴ、ミノカサゴ、キンギョハナダイ、オオモンハタ、アカハタ、チョウチョウウオ、ミゾレチョウチョウウオ、キンチャクダイカゴカキダイ、アカヒメジ、オキナヒメジ、クロホシフエダイ、イトフエフキ、テングダイ、イシダイ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、アカササノハベラホンソメワケベラキンメモドキオキゴンベコウライトラギスニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼオキナワベニハゼ、カワハギ、アオサハギサラサエビウミウシカクレエビ)、ヒトデヤドリエビキミシグレカクレエビムチカラマツエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビ)、カザリイソギンチャクエビオシャレカクレエビ)、イソギンチャクエビ、アカシマシラヒゲエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビオルトマンワラエビ、ホムラチュウコシオリエビ、カイカムリノコギリガニ、ベニツケガニ、ナマコマルガザミトゲアシガニキイロイボウミウシミチヨミノウミウシなど
※10/13のガイドコース(

  オシャレカクレエビ

コメント:連休中日は風が東よりに変わり穏やかなコンディションに恵まれました 秋晴れのお天気で最高のダイビング日和になりました 本日も2パーティ5ダイブがっつり潜ってきました まず1ダイブ目は全員で潜りました 秋特有の速い潮流を利用して-24mアーチからエントリーしてグンカンまでドリフトダイビングをしました このダイビングはエントリーがキモになりますが全員お見事なエントリーをして牛着岩をダイナミックに楽しみました 2ダイブ目はグループ分けをして黒崎へ 黒崎マクロ天国を満喫しました〜 最初と最後は洞窟&アーチで締めくくりました 3ダイブ目は三競で地形ダイブを満喫しました 3番洞窟のエアードームには皆さん、大喜び 光と影が織りなす美しい水中景観をたくさん撮影しましたね お昼休みをはさんで4ダイブ目は再び黒崎へ 先端洞窟内の魚群、出入り口付近に群れるキンメモドキをはじめ、マクロ系の生物もたくさん見られましたね ウミウシカクレエビは牛着岩とここ黒崎でも見られました ラスト5ダイブ目は小牛裏カドからエントリーして小牛まわりで湾内ブイへ じっくりフォトダイブするのには一番オススメのコース取りです カイカムリ、キミシグレカクレエビ、イソバナカクレエビ、ウミウシカクレエビ、サザナミヤッコなどのレギュラーメンバーがお出迎えしてくれました 地形にマクロ、魚影ととても2ダイブでは足りません…(>_<) 是非、3ダイブご一緒しましょう! 本日の一枚はオシャレカクレエビ ボクは黒崎でご紹介しています 腕立て伏せのような独特な動きがとってもユニーク でもなんでオシャレカクレエビっていう名前なんでしょうね?

10月12日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.4〜24.3℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、コケウツボ、ホタテウミヘビ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、イタチウオ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、クエ(写真)、オオモンハタ、アカハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ)、スジオテンジクダイ、サザナミヤッコ、キンチャクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、テングダイコブダイ)、 クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、オヤビッチャ、オビテンスモドキ、ブダイ、タカノハ、ミギマキ、ウイゴンベ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ニジギンポ、アライソコケギンポ、ガラスハゼ)、アカイソハゼ、カワハギ、アオサハギアオリイカ、サラサエビ、ヨコシマエビウミウシカクレエビ)、キミシグレカクレエビヒトデヤドリエビ)、クリアクリーナーシュリンプイソギンチャクエビイソギンチャクモエビオトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ホムラチュウコシオリエビ、カイカムリナマコマルガザミトルンナ・プルプロペディスキカモヨウウミウシセンテンイロウミウシコイボウミウシアヤメケボリ) など
※10/12のガイドコース(

  クエ

コメント:三連休がスタートしました 西よりの風が吹いたため牛着岩のみご案内しました 本日2パーティ5ダイブでした まず1ダイブ目は大牛洞窟前からグンカンへ 大牛洞窟前ではキカモヨウウミウシやイガグリウミウシなどのウミウシをご紹介 フィーディングしているコブダイ若魚にも出会えました 続いて2ダイブ目は雲見初めてという大学のダイビングサークルの皆さんとご一緒しました 西よりの風でやや荒れ模様だったためポイント制限で島裏エグジットができませんでした と、いうことでブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mアーチ〜たて穴〜三角穴と地形ダイブをご案内しました 雲見の複雑な地形に皆さん、感動した様子でした 先発隊の2ダイブ目は小牛洞窟から小牛まわりでブイへ 洞窟内では和名のないウミウシ、トルンナ・プルプロペディスは相変わらずカイメンを摂食中でした 小牛裏カドではクエの若魚が2個体、見られました 小牛前では前日に見つけた大好物のウミウシカクレエビや岩の亀裂の中にいるサザナミヤッコの幼魚をご紹介しました 4ダイブ目は大牛洞窟前からトレジャーロックへ -16mアーチ前の砂地ではホタテウミヘビのフィーディングを披露しました 餌付け体験もできておおいに盛り上がりました ラスト5ダイブ目は大牛前カドからトレジャーロック経由で湾内ブイへ 再びコブダイのフィーディングをしました ここではまたまたウミウシカクレエビを発見 当たり年ですね〜! 水路前ではいつものオビテンスモドキがあっちへフラフラ、こっちへフラフラ 安全停止中、ブイ下ではアオリイカのちびっこが群れていました 西よりの風で海況は決してよくありませんでしたが本日もたくさんの生物が見られました

10月11日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:26℃ 水温:24.4〜24.3℃ 透視度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、イソカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、サザナミヤッコアカヒメジ、マダラタルミ(写真)、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、コブダイ、マルソウダ、ニジギンポガラスハゼヒラメウミウシカクレエビ)、キミシグレカクレエビムチカラマツエビクリアクリーナーシュリンプカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビオルトマンワラエビナマコマルガザミヒロウミウシコトヒメウミウシイガグリウミウシキカモヨウウミウシ、アオウミウシ、トルンナ・プルプロペディス、アヤメケボリ)、トラフケボリテンロクケボリセロガタケボリなど
※10/11のガイドコース

  マダラタルミ幼魚

コメント:連休前のリサーチで牛着岩を潜りました まず1ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー クマドリカエルアンコウやらフリソデエビやら他にも何かいいネタないかな〜とリサーチしました 洞窟前ではキカモヨウウミウシやイガグリウミウシ、クリアクリーナーシュリンプが見られました 大牛の沖側の岩肌でミヤケテグリyとウミウシカクレエビを捜索しましたが見つからず… いつものよりちょっと大きめなコブダイ若魚がいました 他店情報ですがアカハチハゼが見られたそうです 続いて2ダイブ目は小牛の沖からエントリー 小牛の洞窟内ではトルンナ・プルプロペディス、定位置でした そして1ダイブ目は見つけられなかったウミウシカクレエビ、別々の宿主から2個体GET! 今シーズンはホント当たり年ですね〜 潜ればほぼ見られていますね ウミウサギの仲間も多いです アヤメケボリ、トラフケボリ、セロガタケボリ、テンロクケボリなどなど 中層を小さなカタクチイワシの幼魚が群れていたので眺めているとそこに突然、マルソウダが来襲! カンパチやイナダなどと違って一直線で駆け抜けて行ったので撮影することはできませんでした(>_<) その他、ムチカラマツエビやキミシグレカクレエビ、ナマコマルガザミなどが見られました そして本日のメガヒットはマダラタルミの幼魚 見つけちゃいました〜(^O^) 雲見では初めて見ました いや〜、カワいいですね〜 I.O.Pの知り合いガイドに電話して聞いたところ今シーズンは当たり年ですでに2個体出たが珍しいとのこと ん〜、今年もまたやっちゃいました〜ヽ(^0^)ノ 控えめなアプローチで今いるエリアから追い出さないようにある程度の距離を保って観察する分には同じ場所で結構、長く見られるそうです ま、台風26号でどうなるかわかりませんが…(^_^;) パンダみたいでとってもカワいいのでリクエストして下さいね〜

10月8日(火)

雲見 牛着岩/張石ビーチ

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24.7〜24.6℃ 透視度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、キビナゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、 ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、スズメダイ、ニシキベラ、カミナリベラ、コブダイ、ブダイ、ガラスハゼ)、カワハギ、ウミスズメ、キタマクラ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビヒトデヤドリエビイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、コマチコシオリエビイソコンペイトウガニ(写真)、トサカガザミなど
※10/8のガイドコース

  イソコンペイトウガニ

コメント:前日の時点では台風の接近に伴い、船を避難させるため本日は雲見CLOSEとのことでしたが思いのほか海が穏やかだったため急遽、雲見OPENしました と、いうことでPADIレスキューダイバーコース2日目も雲見で実施しました 潮色が良かったので午前中、一本ボートダイブを楽しんできました 大牛カドからエントリーしてグンカンへホタテウミヘビのフィーディング・パフォーマンスを披露しました ホタテウミヘビはすっかりボクに慣れたようで餌を食べるためにほぼ全身砂の中から出てきてくれます グンカンでは根頭でヒトデヤドリエビ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビなどをご紹介 お目当てのウミウシカクレエビを探します すると今日もいました〜、ウミウシカクレエビ! 今回は単体でした(^-^) その他、イソコンペイトウガニやコブダイも見られました それとビックリしたのが前日より潮色が前日より良くなったことでしょうか ボートダイブを終え、張石ビーチに移動 PADIレスキューダイバーコースのシナリオを4つ実施して無事、コースを修了しました 台風の影響が心配されましたがエントリー・エリアもさほどサーフがたたなくて助かりました(^-^) それにしてもここ数日、夏のような暑さが戻りました 雲見のベストシーズンはまだまだ続きますよ〜ヽ(^0^)ノ

10月7日(月)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:晴れ 気温:25℃ 水温:24.6℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、スジオテンジクダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、コガネキュウセン、イトヒキベラ、カミナリベラ、クロサギ、ガラスハゼヒラメ、カワハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、アオリイカ、キミシグレカクレエビムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビ、ナマコマルガザミ、サキシマミノウミウシ、アヤメケボリ、トラフケボリセロガタケボリ(写真)など
※10/7のガイドコース

  セロガタケボリ

コメント:週末の喧騒が嘘のような静かな月曜日でした ウネリが入りあまりいいコンディションとは言えませんでしたがビーチでPADIレスキューダイバーコースを実施しました 午前中は張石ビーチでレスキューのトレーニングダイブを頑張りました お昼休憩の際、牛着岩をリサーチで潜ってきました 一昨日、小牛の沖合で見つけたウミウシカクレエビを探したのですが、宿主のアカオニナマコがどこかに移動してしまいました ひと晩で一体、どのくらいの距離を移動するんでしょうね? スジオテンジクダイの右脇腹に寄生虫が付いていました ホンソメワケベラがクリーニングをしようとついばむとなぜが嫌がって逃げていました 寄生虫がガッチリ食い込んで引っ張ると痛かったんですかね? 小牛前では大きな×2、ヒラメに遭遇 9/30も同じ場所に大きなヒラメがいたんですが同じ個体なんでしょうかね? その他、ベニカエルアンコウやキミシグレカクレエビ、ナマコマルガザミなどが見られました 本日の一枚はセロガタケボリです ウミトサカの仲間を宿主にしています セロは楽器のチェロの意だそうです ソフトコーラルが多い雲見では比較的、普通に見られます 午後はレスキューコースの続きを実施して初日を終えました 雲見無制限ダイブは1〜7日の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい

10月6日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:29℃ 水温:24.7〜24.6℃ 透視度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、イタチウオ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、オヤビッチャ、ツユベラ、ブダイ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ツノダシ、ニジギンポ、スジタテガミカエルウオ、トウシマコケギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ)、カワハギ、アミメハギ、ミナミハコフグ(写真)キミシグレカクレエビ、ムチカラマツエビ、ヒトデヤドリエビイソバナカクレエビイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イセエビ)、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、イガグリウミウシ、キカモヨウウミウシ、トルンナ・プルプロペディステンロクケボリなど
※10/6のガイドコース(

  ミナミハコフグ

コメント:台風24号の影響でしょうか? 雲見にもウネリが入ってきました 本日も雲見無制限ダイブでがっつり4ダイブしてきました まず1ダイブ目は初めてご一緒した方がいらっしゃいましたので小牛前でスキルチェックを兼ねて潜りました キミシグレカクレエビやコケギンポの仲間、砂地ではコロダイの群れが見られました 続いて2ダイブ目は小牛洞窟からエントリー 洞窟内はイセエビがギシギシいました そしてイタチウオもいっぱい まだ和名のないウミウシ、トルンナ・プルプロペディスもカイメンを摂食中でした 3ダイブ目は大牛のカドからエントリーして大牛洞窟へ 砂地でホタテウミヘビのフィーディング・パフォーマンスを披露しました 大牛洞窟ではサクラテンジクダイの口内保育シーンをご紹介 その他、キカモヨウウミウシやイガグリウミウシなどが見られました ラスト4ダイブ目はグンカンをご案内しました グンカンのアーチの入口付近ではミナミハコフグの幼魚が2個体、見られました また根頭ではヒトデヤドリエビやイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビなどなど ここのイソギンチャク畑にはクマノミやミツボシクロスズメダイがいっぱいいるのでとっても華やかです コンディションが悪いなりにも楽しく4ダイブできました〜ヽ(^0^)ノ 雲見無制限ダイブは1〜7日の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい

10月5日(土)

雲見 牛着岩/黒崎

天候:曇り 気温:28℃ 水温:24.4〜24.0℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ゴンズイ、オニカサゴ、カサゴ、イソカサゴ、メバル、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ハタタテダイ、イサキ、コロダイ、イシダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、ツノダシ、アライソコケギンポ、ムスメウシノシタ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、ムチカラマツエビ、ウミウシカクレエビ、ヒトデヤドリエビ、イソバナカクレエビオシャレカクレエビ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、クリアクリーナーシュリンプビシャモンエビ(写真)、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、コマチコシオリエビイソコンペイトウガニナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、 コトヒメウミウシ、イガグリウミウシキカモヨウウミウシアオウミウシ、コイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ソリキヌヅツミなど
※10/5のガイドコース(

  ビシャモンエビ

コメント:本日は雲見無制限ダイブでがっつり5ダイブしてきました〜 台風の影響もさほど出ていなかったのでフォトダイブに洞窟ダイブにと雲見をたっぷり満喫できました まず1ダイブ目は大牛洞窟から大牛カドへ 時期的にウミウシ密度が薄いなりにもカワいいキカモヨウウミウシをGET 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンや今夏、ハッチアウトした幼魚をえほっちしました 2ダイブ目は大牛カドから大牛洞窟へ ウミウシカクレエビやイソコンペイトウガニ、クリアクリーナーシュリンプなどが見られました 3ダイブ目はグンカンをじっくりダイブしました 根頭ではヒトデヤドリエビやイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビなどが見られました 4ダイブ目は小牛前でじっくりフォトダイブ ベニカエルアンコウやアライソコケギンポ、イソバナカクレエビをご紹介しました ラスト4ダイブ目は黒崎でマクロ系&地形ダイブ 今日もキンメモドキの群れは凄かったですね〜 ベストシーズンの雲見を是非ご一緒しませんか? 雲見無制限ダイブは1〜7日の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい

10月4日(金)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:曇り 気温:28℃ 水温:24.4〜24.0℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、コケウツボホタテウミヘビハナタツ)、ノコギリヨウジ、ヘラヤガラ、マツカサウオ、カサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、メバル、ムラソイ、キンギョハナダイ、クエアカハタ、オオモンハタ、クロホシフエダイ、ネンブツダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、オビテンスモドキ、ツユベラ、コガネキュウセン、コブダイブダイ、タカノハダイ、オキゴンベ、ミナミゴンベ、ウイゴンベ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、スジタテガミカエルウオ)、コケギンポの仲間ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタ、カワハギ、アミメハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、コウイカの仲間、ヨコシマエビウミウシカクレエビ)、ヒトデヤドリエビムチカラマツエビ)、オシャレカクレエビ、クリアクリーナーシュリンプ、アカシマシラヒゲエビビシャモンエビイセエビイソコンペイトウガニナマコマルガザミイガグリウミウシトルンナ・プルプロペディス、ミチヨミノウミウシ、テンロクケボリソリキヌヅツミなど
※10/4のガイドコース(

  ハナタツ

コメント:台風23号と24号のはざまでウネリがなく穏やかなコンディションに恵まれました 先だってデジイチ・デビューされたダイバーとがっつりフォトダイブを4本潜りました(^O^) まず1ダイブ目は島前からエントリーして水路〜小牛洞窟〜-24mアーチ〜たて穴という地形&魚影&マクロ系という組み合わせです H型のアーチではクロホシイシモチとツマグロハタンポの群れ、小牛洞窟ではトルンナ・プルプロペディスという和名のないウミウシの仲間をご紹介しました 中層では大きなクエが2個体、一緒に泳いでいる貴重なシーンが見られました! 1個体でも嬉しいのに2個体とはダブルでラッキーでしたヽ(^0^)ノ -24mアーチではいつものテングダイがお出迎えしてくれました たて穴の根頭ではここの人気者、スジタテガミカエルウオとトウシマコケギンポが見られました 続いて2ダイブ目は大牛カドからグンカンへ ホタテウミヘビのフィーディングをご披露しました グンカンではウミウシカクレエビ、そして昨日に続いてにヨコシマエビが見られました サンゴイソギンチャクではイソギンチャクエビやカザリイソギンチャクエビ、アカヒトデを宿主にしたヒトデヤドリエビなどエビの仲間がいっぱい見られました 3ダイブ目は三競をご案内しました 残念ながら曇り空だったので3番洞窟のエアードームに差し込む日差しは見られませんでしたが 、4番洞窟の水中景観は非常にキレイでした ラスト4ダイブ目は黒崎でマクロ系&地形ダイブ ここでもまたまたウミウシカクレエビが見られました しかもペアで見られましたよ〜(^O^) アカシマシラヒゲエビはいつの間にかペアになっていました どこからやってきてどうやって出会うんでしょうね? 雲見無制限ダイブは1〜7日の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい

10月3日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:28℃ 水温:24.4〜24.0℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビベニカエルアンコウイタチウオ、オニカサゴ、コクチフサカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クエ、オオモンハタ、アカハタ、サザナミヤッコ、イサキ、コロダイ、イシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ホンソメワケベラ、コガネキュウセン、コブダイ、コケギンポの仲間ガラスハゼセボシウミタケハゼ、アカイソハゼ、ベンケイハゼ、ヒラメ、カワハギ、シマウミスズメ、サラサエビ、ウミウシカクレエビキミシグレカクレエビムチカラマツエビヨコシマエビ(写真)ヒトデヤドリエビ)、イソバナカクレエビオシャレカクレエビイソギンチャクエビ)、カザリイソギンチャクエビウズラカクレモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、カイカムリイソコンペイトウガニナマコマルガザミアオウミウシ、シロウミウシ、ノウメア・ワリアンストルンナ・プルプロペディスアヤメケボリトラフケボリテンロクケボリムラクモコダマウサギなど
※10/3のガイドコース(

  ヨコシマエビ

コメント:本日はマクロ系フォトダイブのリクエストでじっくり50分×4本勝負でした 心配された台風23号の影響も朝のうちは出ていませんでした まず1ダイブ目は小牛洞窟前から小牛横までほとんど移動せずにフォトダイブをしました 洞窟内のトルンナ・プルプロペディス 沖のウミウシカクレエビやキミシグレカクレエビをご紹介 中層では大きなクエが2個体、見られました 2ダイブ目は-16mアーチから大牛洞窟へ ウミウシ・リクエストでしたがホタテウミヘビのフィーディングをしているとこちらもお馴染みのコブダイ若魚が久し振りに登場 コブダイにもフィーディングをしておおいに盛り上がりウミウシ・ダイブの尺が足りなくなってしまいました(>_<) 3ダイブ目はヒトデヤドリエビのリクエストを頂きグンカンへ 個体数が多いのですぐに見つかりました その他、久しぶりにヨコシマエビが見られました〜 普通種で通年、見られますがボク的にはツボな生き物です(^O^) 午後になると台風23号の影響でしょうか? ウネリが入ってきました と、いうことでラスト4ダイブ目は小牛前をじっくり潜りました ここはウネリの影響を受けにくいのでフォトダイブに集中できました 大きなヒラメや小さなウズラカクレモエビ、ベニカエルアンコウ、イソバナカクレエビなどが見られました トータル200分、お腹いっぱい雲見の海を楽しみました〜ヽ(^0^)ノ  雲見無制限ダイブは1〜7日の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい

10月2日(水)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:晴れ 気温:27℃ 水温:24.6〜23.3℃ 透視度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ホタテウミヘビ、イシヨウジ、アマクサヨウジ、ノコギリヨウジ、イタチウオゴンズイハナミノカサゴアカハタ、オオモンハタ、オオスジイシモチ、シラコダイ、イサキ、コロダイ、クロホシフエダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、アイゴ、ニザダイ、キンメモドキ)、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、ハシナガウバウオスジタテガミカエルウオマツバギンポトウシマコケギンポオキナワベニハゼムスメウシノシタ、ミナミハコフグ、シマウミスズメ、キタマクラ、ウミウシカクレエビ(写真)ムチカラマツエビ)、クリアクリーナーシュリンプ、オシャレカクレエビ)、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、ビシャモンエビ)、オトヒメエビヒメセミエビイセエビ)、ナマコマルガザミ、ヒメサンゴガニ属の一種、キモガニ、トルンナ・プルプロペディスコイボウミウシキイロイボウミウシフリエリイボウミウシミチヨミノウミウシテンロクケボリソリキヌヅツミベニキヌヅツミなど
※10/2のガイドコース(

  ウミウシカクレエビ

コメント:早いものでもう10月ですね〜(^O^) 本日、無制限ダイブでがっつり4ダイブしてきました 台風22号の影響は全くなく本日も穏やかなコンディションでした まず1ダイブ目は小牛洞窟前からエントリー 小牛洞窟をご案内した後、-24mアーチ〜たて穴と洞窟巡りをしました たて穴の根頭ではスジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポのギンポ三兄弟をご紹介しました 続いて2ダイブ目は-16mアーチからエントリーして大牛洞窟へ ホタテウミヘビのフィーディングを披露しようとしたのですがいつものホタテウミヘビが見当たらず どこかへお出掛け中のようでした その後、大牛洞窟へ マウスブリーディング中のサクラテンジクダイや今夏、ハッチアウトした幼魚を観察しました お昼休憩をはさんで3ダイブ目は三競へ 三競3番洞窟のトップライトと太陽の角度がバッチリで水中で光のカーテンが見られました オキナワベニハゼもすっかりダイバー慣れしてかなり寄れますよ ラスト4ダイブ目は黒崎でマクロ三昧 ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、ナマコマルガザミ、オシャレカクレエビなどのエビカニやミチヨミノウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシなどのウミウシの仲間が見られました 最後は浅根のアーチでキンメモドキの群れにまみれました ただちょっと密度が薄くなったでしょうか? お天気、海況ともよくまさにベストシーズンですね(^-^) 雲見無制限ダイブは1〜7日 の7日間、12月まで開催中! 詳しくはコチラをチェックして下さい
 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2014  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED