ダイビングログ2006年11月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

11月30日(木)

神子元島 はしご段

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:19℃ 透明度:15m

観られた生物:ワラサ・トルネード動画)、カンパチ、ヒラスズキ、ツマグロハタンポ、テングダイ、タカベ、イサキなど

  ワラサの群れ

コメント: 前日の大西もおさまり、穏やかな海況でした 流れもほどほどで気持ちよく潜れました 曇り空で太陽光が入らない分、水中は少し暗い感じでしたが、ワラサの群れが爆発していました 我々ダイバーを取り囲み、時に向きを変えしばらく回ってくれました 2ダイブ目も深場でワラサとカンパチの混泳を根待ちしてじっくりウォッチしました ここのところ、小物系をじっくりウォッチ&フォトでしたので、久し振りに「膝の汚れない」ダイブを満喫しました(笑)
BY松田

11月29日(水)

田子 白崎bP/白崎bP〜2/弁天島

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:19〜18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ベニイザリウオマトウダイ、ボラ、オビアナハゼ(捕食シーン)、 クロホシイシモチ、マダイ、イトヒキベラ、スズメダイ、ニシキハゼ、ベンケイハゼ、 イチモンジハゼ、アオリイカ、コウイカ仲間、アカホシカクレエビオシャレカクレエビイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ガンガゼエビヒトデヤドリエビ)、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシ)、シロウミウシアオウミウシレンゲウミウシ(写真)イガグリミウシ)、シロハナガサウミウシ、テンロクケボリ、オオアカヒトデ、アカヒトデなど

  レンゲウミウシ

コメント:西風強風、雲見CLOSEでしたが田子の湾内もおおいに盛り上がっていました!ピカチュー狙いで1ダイブ目から白崎へ 前回見た場所でGETしました いつみてもカワイイですね〜 2ダイブ目は釣りの浮きにオモリをつけてピカチューのいる場所にマーキングしておきました その他、ビッグサイズのベニイザリウオや伊豆では比較的珍しいレンゲウミウシも見られました 先週と同じ場所にいましたのでそれほど活発に動かない種類のウミウシなんですね 早くも冬の使者、マトウダイも登場しました 最後、3ダイブ目は弁天島で甲殻類を中心に観察してきました これからの時期、田子の湾内はウミウシで盛り上がります!
BY松田

11月25日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:19〜18℃ 透明度:15m

観られた生物:イロイザリウオカミソリウオヒレボシミノカサゴyg)、イソカサゴ、オニカサゴ、キビナゴ、マハタ、イナダ、マアジ、マダイ、コロダイ、テンスygクマノミygミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミサキウバウオミヤケテグリヤマドリアライソコケギンポヒメギンポ)、ツノダシ、サビハゼ、ベンケイハゼ、アオリイカ、アカホシカクレエビ)、オルトマンワラエビ、ヒシガニヒロウミウシサラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、コイボウミウシキイロイボウミウシシロハナガサウミウシスミゾメミノウミウシミチヨミノウミウシ)、ツルガチゴミノウミウシ)、ヒドロ虫にウミウシ不明種、オオウミシダトウマキクリムシなど

  テンスyg

コメント:フォトダイブ・リクエスト3日目です 一昨日撮りこぼした?生物のリベンジ&ウミウシ狙いです 1ダイブ目は潮がかかっていましたが、体をガッチリ安定させてひたすら撮りまくり お陰でなかなか寄りづらいテンスの幼魚にガブリ寄りできました!2ダイブ目はなんと久し振りにヒレボシミノカサゴの幼魚に遭遇 場所が悪かったのでいいアングルでの撮影は難しかったです 中層にはイナダの群れや大型のマダイが悠々と泳いでいました さらにツルガチゴウミウシの摂食シーンを初めて目撃しました! 3ダイブ目はウミウシリクエストで三競へ 地形ポイントとして有名ですが、雲見でウミウシが最も濃いのは実はココなんです ウミウシ三昧の60分でした
BY松田

11月24日(金)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:19〜18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ミノカサゴ、オオスジイシモチ、クロホシイシモチ、インドヒメジyg、ウミタナゴ、イトヒキベラ、ヤマドリ)、アライソコケギンポコケギンポの仲間、 ツノダシ、シュンカンハゼ、ホシハゼ、コウイカの捕食シーン、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビオシャレカクレエビ、イセエビ、ヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシ)、サラサウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシ)、レンゲウミウシイガグリウミウシシロハナガサウミウシコガネミノウミウシトラフケボリテンロクケボリなど

  ピカチューの交接シーン

コメント:天気良し、凪良し、そして貸切の田子を思いっきり満喫してきました ピカチュー・リクエストで早速、弁天島へ 前回ピカチューを目撃したポイントに行きましたが、残念ながら見つけられませんでした 今シーズンあまり見かけないセンテンイロウミウシやスケルトンのオシャレカクレエビを激写しました 2ダイブ目もピカチュー狙いで白崎へ 入って早々、なんと交接シーンに遭遇 ピカチューのみ1ダイブ終了 3ダイブ目も小物狙いで白崎へ 伊豆では珍しいレンゲウミウシやコウイカの捕食シーン、イセエビの群れなどをウォッチ&撮影しました 充実の60分3本勝負でした!
BY松田

11月23日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:18℃ 水温:20℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イロイザリウオyg)、ベニイザリウオ)、ハナタツ、カミソリウオ、イタチウオ、アオヤガラ、キビナゴ、クロホシイシモチ、ツマグロハタンポ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、アカヒメジ、シラコダイ、テンスygクマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミヤケテグリ、イソギンポ、アライソコケギンポ)、ニジギンポ、ヒメギンポ、ニザダイ、ツノダシ、ガラスハゼ)、アオサハギ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ダルマガレイ)、アオリイカ、 コウイカの仲間(写真)、マダコ、アカホシカクレエビ)、 イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、ビシャモンエビ、ガンガゼカクレエビ、オルトマンワラエビ、 ナマコマルガザミ)、シロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシサキシマミノウミウシベニキヌヅツミ、シュスヅツミ、テンロクケボリなど

  コウイカの仲間

コメント:お天気は雨模様でしたが水温は再び20℃台に盛り返しました!本日はフォト・リクエストで60分、60分、50分の3本勝負です ほとんど動かずにマクロモードです 海は青く魚影もすごく濃いのですが、あえてマクロモードです(笑) 昨日見つけたテンスの幼魚は近くにもう1個体いて2個体です 新しく見つけた個体は近づいてもなぜか砂に潜らないのでかなりガブリ寄りできます 他のパーティの情報ですが、ネッタイミノカサゴの幼魚を目撃したらしいです ボクも是非、見てみたいものです  ご一緒した方にたくさんの画像をご提供頂きました!どうもありがとうございます
BY松田

11月22日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:18℃ 水温:19℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:ホタテウミヘビ、イロイザリウオygベニイザリウオ)、ハナタツカミソリウオ、 イタチウオ、アオヤガラ、ハオコゼ、キビナゴ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、ツマグロハタンポ、キンメモドキ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、シラコダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、ハタタテダイ、テンスyg、(動画はコチラクマノミygミツボシクロスズメダイyg(写真)、スズメダイ、ミヤケテグリ、イソギンポ、アライソコケギンポ)、ニジギンポ、ヒメギンポ、ニザダイ、ツノダシ、イチモンジハゼ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、 コウイカの仲間、マダコ、アカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビカザリイソギンチャクエビビシャモンエビガンガゼカクレエビヒメセミエビオルトマンワラエビ、アオウミウシ、キイロイボウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシヒラムシの仲間、シュスヅツミ、テンロクケボリなど

  ミツボシクロスズメダイyg

コメント:お天気も良くとても11月下旬とは思えない暖かさでした 凪良し、潮良しの絶好のコンディションの中、ガッツリ3ダイブしてきました 水中生物ビデオ撮影のリクエストにお応えし、ほとんど泳がずビデオを回して頂きました マクロコンバージョンレンズを使用されていたのでイロイザリウオygのエスカの動きやハナタツのエラの動き、忙しなく胸ビレを動かすミヤケテグリなど細部に渡り観察することができました よく見かける生物でも細かなディテールに目をやると新たな発見がありますよ!
BY松田

11月20日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々雨 気温:19℃ 水温:19℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、イロイザリウオygベニイザリウオエスカ)、ハナタツカミソリウオ動画はコチラ)、アオヤガラ、 キビナゴ、ヒレボシミノカサゴygイソカサゴ(ケンカシーン)、 クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、シラコダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、ハタタテダイ、スズメダイ、ミヤケテグリイソギンポアライソコケギンポ、ニジギンポ、ニザダイ、ツノダシ、 ベンケイハゼ、ガラスハゼイチモンジハゼ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、 アオリイカ、マダコ、ヒョウモンダコアカホシカクレエビ、 イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビカザリイソギンチャクエビビシャモンエビガンガゼカクレエビ、ナマコマルガザミ、 コシオリエビの仲間、コモンウミウシ、アオウミウシ、 シロハナガサウミウシ、サキシマミノウミウシトラフケボリ、シュスヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  カミソリウオ

コメント:風がやや強く、海上はウネリが入り、ちょっぴり厳しいコンディションでした でも潮色は良く、前日よりさらに水温が上がり19℃まで持ち直しました 本日のヒットは情報では耳に入っていたものの、今シーズン初めて見たカミソリウオでしょうか 枯れ葉そっくりにユラユラ揺れるように泳ぐので、画像におさめるのが難しい生物のひとつです その他、イロイザリウオの幼魚や久し振りにヒレボシミノカサゴの幼魚が見られました この感じで今度の連休も水温が高めだといいですね ウミウシの仲間が今ひとつ薄い感じですがアオウミウシやコモンウミウシなどイロウミウシ系の極小幼体をアチラコチラで見かけるようになりました
BY松田

11月19日(日)

雲見 張石ビーチ/牛着岩

天候:雨 気温:14℃ 水温:18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ)、ホソウミヤッコ、アオヤガラ、 ボラ、ハオコゼ、イソカサゴ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、ヨメヒメジ、ハタタテダイ、スズメダイ、イソギンポ、アライソコケギンポ、 ニジギンポ、ニザダイ、ツノダシ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ガラスハゼ、マダコ、アカホシカクレエビ、ナマコマルガザミ、コノハミドリガイ(写真)など

  コノハミドリガイ

コメント:あいにくのお天気でしたが潮色は依然抜群でした OWDコース最終日、張石ビーチでスキルのトレーニングをしました 海がとても青く砂紋がキレイでした!午後はドライスーツの練習&ファンダイブで牛着岩へ ブイまわりと砂地周辺で生物ウォッチとフォトを楽しみました 東よりの風が続き、水温も1℃持ち直しました 目撃例としてはこのところよく聞いていたのですが、コノハミドリガイが見られました 浮島ビーチなどでは普通に見られるのですが、雲見では個体数が少ないようです そろそろスイートジェリーミドリガイなどのキレイ系ミドリガイの仲間が登場する時期ですね ウミウシの仲間も要チェックです!
BY松田

11月16日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:17℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコ、アオヤガラ、ハオコゼ、イソカサゴ、マダイ、コロダイ、イシダイ、メジナ、カミナリベラ、イトヒキベラ、キュウセン、ブダイ、ヨメヒメジ、アカヒメジ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミヤケテグリ)、イソギンポアライソコケギンポ、ニザダイ、ツノダシ、ハナハゼ、ダテハゼ、オグロクロユリハゼ、ガラスハゼ)、マダコ、イソギンチャクエビイソギンチャクモエビ)、カザリイソギンチャクエビアカホシカクレエビビシャモンエビムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ)、ウスイロウミウシアオウミウシニシキウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシトラフケボリシュスヅツミテンロクケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  イソカサゴの縄張り争い

コメント:今週に入り、西高東低の冬型の気圧配置になり西風が吹き続けましたが、本日は風もおさまり凪になりました じっくりリサーチで60分×2ダイブしました 特別珍しい生物を見つけることはできませんでしたが、生物の生態をじっくり観察して面白い写真を撮ってきました ハナタツを探していたらイソカサゴがたまたまケンカの真っ最中!なんと顔を丸呑みにされていました しばらくすると離れ今度はKISSシーン いつもは気にも留めない生物でも場面によっては面白い写真が撮れますよ ガイド中必ずご紹介するアライソコケギンポも口を開いているシーンはかなりイケています フォト派の方は是非、リクエストして下さいね(その1その2
BY松田

11月15日(水)

神子元島 はしご段

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:19℃ 透明度:15m

観られた生物:ドチザメオオセ)、クエ、タカベ動画)、ハマフエフキ、テングダイ、イシダイ、メジナ、レンテンヤッコ、ヒラスズキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、アオブダイ、ニザダイ、ツノダシ、ハリセンボン、イソギンチャクエビ、ニシキウミウシコイボウミウシユビウミウシサキシマミノウミウシなど

  ヒゲダイ

コメント:大西の吹く中、出船しました はしご段、初めて潜りましたがメッチャ楽しかったです ドチザメがウヨウヨ泳ぎ(話では穴の中に重なって横たわっていてjっくりウォッチできるとのことでしたが、、、笑)、岩の隙間にはあちらこちらでオオセが寝そべり、タカベやイサキ、メジナの大群にヒラスズキの群れも登場しました 岩肌にはニシキウミウシやユビウミウシなども見られ、本当に引き出しの多い海ですね〜!水温も思ったより高く、なんといっても透明度が抜群に良かったですね
BY松田

11月13日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:18〜17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ミノカサゴ、 イソカサゴ、キビナゴ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、イシダイ、イトヒキベラ、ニシキベラ、セジロノドグロベラyg、ブダイ、 アカヒメジ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリイソギンポアライソコケギンポ、ニジギンポ、ダテハゼ、ガラスハゼ、ツノダシ、ツマジロモンガラyg、メガネハギyg、ヒラメ、メイタガレイ、アオリイカ、マダコイソギンチャクエビヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビアカホシカクレエビビシャモンエビムチカラマツエビガンガゼカクレエビナマコマルガザミ)、アオウミウシ)、シロハナガサウミウシサキシマミノウミウシミチヨミノウミウシコマユミノウミウシ写真)シュスヅツミなど

  コマユミノウミウシ

コメント:昨日吹いた西風もおさまり、雲見を潜ってきました 海が荒れた割には透明度はまずまずでしたが、西風の影響で水温が下がってしまいました 中層にはキビナゴの大群、マダイの群れ、コロダイの群れ、岩肌日はウミウシの仲間やベニイザリウオ、カクレエビなどの甲殻類が見られました 一昨日、目撃情報が上がったウミテングを砂地でしばらく探したのですが、見られませんでした ドライスーツを着用すれば快適ダイビングでじっくりフォトやウォッチを楽しめますよ!
BY松田

11月12日(日)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:19℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ミノカサゴ、サツマカサゴイソカサゴ、クロホシイシモチ、イラyg、アオブダイyg、ブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ヒメギンポ、ツノダシ、スケロクウミタケハゼ、ハナハゼ、ニシキハゼ、アオサハギ、ヒラメ、アオリイカ、コウイカの仲間、オシャレカクレエビ)、イソギンチャクモエビ、ガンガゼカクレエビ、ヒトデヤドリエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ナマコマルガザミサンゴガニウデフリツノザヤウミウシ(写真)、サラサウミウシ、アオウミウシ、イガグリウミウシ、オオアカヒトデ、キサンゴの仲間など

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:西高東低の冬型の気圧配置になり、西風で雲見はCLOSEになりましたので田子をやりました 潮色もまずまずでさすが田子湾内、とても穏やかでした 今シーズンの田子はピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)の目撃例が多いようで本日も1ダイブ目の弁天島で目撃しました 小さめでとても可愛いコでしたよ〜 その他、小さな甲殻類やウミウシの仲間をじっくりフォト&ウォッチしました 午後から西風がさらに強くなり肌寒く感じましたが、アフターダイブは温かい昼食を摂り、胸が アツアツになりました!海も陸も昼も夜も腹筋が鍛えられるくらい大盛り上がりの週末でした(笑) T・Mさん、K・Iさん、画像提供ありがとうございました!
BY松田

11月11日(土)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:19℃ 水温:19〜17℃ 透明度:12〜5m

観られた生物:トビエイ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、クエ、アカネテンジクダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、カミナリベラ、アライソコケギンポニジギンポ、ツノダシ、アオサハギ、アオリイカ、コウイカの仲間、アカホシカクレエビビシャモンエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ(写真)、ヒロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  クロメガネスズメダイyg

コメント:前夜から雨が降り続き、水面は濁っていましたが深場の潮色はキレイでした 1ダイブ目は小牛のまわりをじっくりフォト・ダイブ 小牛の洞窟にはおびただしい数のイセエビが見られ、まさに伊勢海老祭りといった感じでした 潮がかかっていたため、大型のマダイが群れていて見応え満点でした 最後はコケギンポやカクレエビをウォッチして浮上しました 2ダイブ目は牛着岩の沖側からエントリーしてグンカンへ 大きなクエやトビエイと遭遇 ボク的には久し振りにワイドな感じの雲見を楽しみました K・Iさん、画像提供どうもありがとうございます!
BY松田

11月10日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:20〜19℃ 透明度:8m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、ミツボシクロスズメダイyg、クロメガネスズメダイyg(写真)、スズメダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ミヤケテグリ、ヤマドリ、アライソコケギンポ、イソギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼイソハゼの仲間、ツマジロモンガラyg、イソギンチャクエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、ビシャモンエビガンガゼカクレエビ、イセエビ、ナマコマルガザミアオウミウシニシキウミウシキイロイボウミウシ、コイボウミウシ、サキシマミノウミウシミチヨミノウミウシシュスヅツミ、テンロクケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  クロメガネスズメダイyg

コメント:西よりの風で水面が少しザワついていましたが、水中はまずまずのコンディションでした ガッツリ3本、フォトダイブです 1ダイブ目のグンカンでは今シーズン初めてクロメガネスズメダイの幼魚を目撃しました ここに来てホント季節来遊魚が増えましたね 2ダイブ目は牛着岩の沖側をねちっこく潜りました 中層にはイサキやマダイがたくさん群れていました 3ダイブ目は小牛のまわりで小一時間粘りました フォトジェニックな生物が多いので、今週末もかなり楽しめると思いますよ N・Kさん画像提供、どうもありがとうございました!!
BY松田

11月9日(木)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:20℃ 透明度:15〜8m

観られた生物:オオセ、アカハタ、ヒレナガカンパチカンパチイサキタカベ)、ホウライヒメジ、メジナ、イシダイ、テングダイ)、マダイ、ハマフエフキ、 ムツ、キンチャクダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、アオブダイ、ミツボシクオスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ツノダシなど

  オオセ

コメント:お天気、凪に恵まれました 11月だというのに本当に暖かな一日でした このくらい暖かいとウェットスーツでもまだまだイケそうな気がします 1ダイブ目は上げ潮弱でのんびり根まわりをフィッシュウォッチングしました おびただしい数のタカベやイサキの群れ、その群れにプレッシャーをかけるヒレナガカンパチなどが見られました 深場では底性のサメ、オオセやテングダイの群れも目撃しました エキジット後、別パーティがハンマーの群れをGETしたとのこでした 2ダイブ目はガンガン泳いで大きなカンパチや魚の群れにまみれましたが残念ながらハンマーに遭遇することは出来ませんでした 来週15日にまた神子元をやります
BY松田

11月8日(水)

雲見 三競/牛着岩/オオ根

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:20℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ベニイザリウオ、クロホシイシモチ、コロダイ、 アカヒメジ、カミナリベラ、キュウセン、ニシキベラ、ムレハタタテダイyg、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、ミヤケテグリ、トビヌメリ、アライソコケギンポ、ツノダシ、アオリイカ、アカホシカクレエビ(写真)、ビシャモンエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、ミチヨミノウミウシトラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  アカホシカクレエビ

コメント:昨日は今シーズン初の大西が吹き大荒れでしたが、冬型の気圧配置も緩み徐々に海況も回復してきました OWDのトレーニングダイブとファンダイブを開催しました 前日の大西の影響で潮色、水温は落ちていましたが、生物は非常に多く講習中もとても楽しめました!明日は神子元をやるので明後日、週末前にじっくり下調べで牛着岩周辺を潜ります 何がデモノが見つかるといいですね!
BY松田

11月5日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:22〜21℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、ホタテウミヘビ、ハナアナゴベニイザリウオ)、クマドリイザリウオハナタツホソウミヤッコ、アオヤガラ、ヒレボシミノカサゴyg(写真)、コロダイ、イシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリアライソコケギンポ)、イソギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼ、アオリイカ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビムチカラマツエビヒトデヤドリエビ)、ガンガゼカクレエビオルトマンワラエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、アオウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミ、オオウミシダトウマキクリムシ、ウスアカイソギンチャクなど

  ヒレボシミノカサゴyg

コメント:三連休最終日はお天気、海況ともこの3日間の中で最高でした 小牛の壁ではちょっぴり久し振りのヒレボシミノカサゴygに遭遇 どうやらこの界隈をウロウロしている様子です でもこのあとすぐに同じ場所に言ってのですが、もういなくなっていました、、、むずかしいものですね 今日も小さな生物を中心にじっくりウォッチ&フォトです 画像提供、どうもありがとうございました!
BY松田

11月4日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:21℃ 透明度:10m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ベニイザリウオクマドリイザリウオホソウミヤッコ、アオヤガラ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリ、ムレハタタテダイ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ)、イソギンポ、ニジギンポ、ツノダシ、ツバメウオ若魚、ボウズコウイカ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ(写真)イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、アオウミウシニシキウミウシ、シロハナガウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、トラフケボリ、シュスヅツミ、テンロクケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  カザリイソギンチャクエビ

コメント:三連休の中日、前日とはうって変わって大混雑の雲見でした でもダイビングスタイルは前日とまったく同じフォトガイドです 中には順番待ちで混み合っている被写体もありましたが、コース取りを工夫してなるべく水中で他のダイバーと交錯しないようにしました じっくりのんびりガッツリ4ダイブ、写真を撮りまくって頂きました 画像提供どうもありがとうございます!!
BY松田

11月3日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:21℃ 透明度:10m

観られた生物:ベニイザリウオ(写真)クマドリイザリウオ、ハナタツ、イタチウオ、ハオコゼ、ミノカサゴyg、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、マダイ、カゴカキダイ、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、ヤマドリ、トウシマコケギンポ、アオサハギ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、ヒトデヤドリエビ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、ショウジンガニ、ニシキウミウシ、シロハナガサウミウシ、トラフケボリオオウミシダトウマキクリムシなど

  ベニイザリウオ

コメント:11月の三連休初日は天気良し、凪良し、流れもなくいいコンディションでした 思ったよりダイバーも少なく、のんびりガッツリ3ダイブしてきました 大人気のクマドリイザリウオのポイントは大渋滞していました(苦) 順番待ちをしていると撮影中のダイバーにイジられていて、冷や汗モノでした 依然、魚影は濃く地形派からマクロ派の方まで楽しんでいただけると思います!
BY松田

11月1日(水)

神子元島 カメ根

天候:晴れ 気温:22℃ 水温:21℃ 透明度:10〜8m

観られた生物: ワラサ、コバンザメ、タカベ(写真)、イサキ、イシダイ、ミゾレチョウチョウウオyg、アオブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ニザダイ、ツノダシ、サキシマミノウミウシ、ウミガメ の仲間など

  タカベ

コメント:今日から11月です!11月第一発目は神子元をやりました 東よりの風がやや強かったものの、水中は心地よい流れで楽しめました 1ダイブ目と2ダイブ目のサーフェスインターバルは島に上陸しました 島から見る風景は外国みたいでとても伊豆とは思えない素晴しい景観です 平日でしたら上陸のチャンスもありますよ
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED