ダイビングログ2009年11

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

11月29日(日)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:20.5〜20.4℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ハナタツ、マツカサウオ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、イシガキダイ、オキナヒメジ、カゴカキダイ、スズメダイ、ミツボシクロスズメダイyg、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ヒメギンポニジギンポテンクロスジギンポイソギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼオキナワベニハゼツバメウオ若魚動画)、ウミウシカクレエビ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、コマチコシオリエビ、マルツノガニ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、オセロウミウシ、キイロウミウシ(写真)、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ミチヨミノウミウシ、サチコツグチなどQyo8QeKH9SU

  キイロウミウシ

コメント:お天気は下り坂との予報でしたが、日中は持ちこたえ時折り日差しもありました 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリー -24mのアーチ、-26mのアーチを通り前半は地形&ワイド 大牛洞窟前に移動し後半はウミウシや甲殻類を接写しました イワシの群れがすごくそこに小振りながらカンパチの群れがアタックをかけていました -24mのアーチを抜けたところでキイロウミウシを発見 ここ最近、小牛のオーバーハング付近でも見られています 2ダイブ目は小牛でカエルアンコウの仲間を探しました ここしばらくカエルアンコウの仲間を見ていません どうしちゃったんでしょうね、、、 アカオニナマコでウミウシカクレエビのペアを目撃しました 残念ながら画像はないのですが大きくてキレイな個体でした 3ダイブ目はツバメウオリクエストで三競へ 前日は見られなかったのですがまた同じエリアに戻ってきました 5個体かたまっています ワイコンでガブリ寄りしてみませんか?

11月28日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:20.7〜20.6℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:ハナタツ、ホソウミヤッコ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、キンセンイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、イシガキダイ、テングダイ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、キンメモドキ、ニジギンポ、テンクロスジギンポ、イソギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼ、オキナワベニハゼ、アオサハギ、カワハギ、ムスメウシノシタ、マダコ、ムチカラマツエビイソバナカクレエビ、アカスジカクレエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビナマコマルガザミヒロウミウシオセロウミウシキャラメルウミウシ(写真)、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ウスイロウミウシ、キイロイボウミウシ、ミズタマイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、サチコツグチ、テンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  キャラメルウミウシ産卵中

コメント:11月最後の週末、お天気と海況にバッチリ恵まれました! 潮色よく水温も依然、高めをキープしています 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして小牛を1周しました やや下り潮がかかっていたもののさほど苦労しませんでした -24mアーチ付近のクリーニングステーションでは大きなクエが見られました 2ダイブ目は久し振りに大牛洞窟付近を潜りました 台風18号後、ウミウシの仲間が少なくなってしまいましたが、この日はオセロウミウシやコモンウミウシなどのキレイなイロウミウシが見られ復活の兆しです 3ダイブ目は三競3番をメインに5番付近でツバメウオ探しをしました 台風のヨタが強く、ツバメウオは深場に避難したのでしょうか、見られませんでした 潮色が良かったので3番沖の漁礁から小牛、ブイと気持ちよく流しました

11月26日(木)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:21.2〜21.1℃ 透明度:15m〜

観られた生物:トラウツボ、ウツボ、ダイナンウミヘビ、アオヤガラ、クエ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、コブダイyg、スズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、テンクロスジギンポガラスハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、クツワハゼ、ツバメウオ、ニザダイ、カワハギ、アオサハギ、ムスメウシノシタ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミキイロウミウシ、アオウミウシ、ホソテンロクケボリなど

  ツバメウオ若魚

コメント:11月下旬とは思えない暖かな陽気、そして素晴らしい海況でした ここのところ強い下り潮が続いていますが、本日も同様のコンディションでした 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして小牛を回りました 潮がかかっていたので小牛周辺は特に魚影が濃かったです イサキの幼魚とマアジの幼魚が混泳 スズメダイも大きな群れを形成していました 2ダイブ目は先週日曜日に目撃されてから今、話題の三競のツバメウオの群れを探しに行きました 前日は5番洞窟の入口付近にいたそうですが、本日は5番洞窟を過ぎたオーバーハングに溜まっていました 潮色がいいので太陽光をバックに撮影するととてもキレイですよ 2.5番のウミトサカも太陽光バックに撮影してみました ワイドがイケるいい時期です

11月23日(月)

雲見 牛着岩/オオ根/三競/黒崎

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:21.5〜21.4℃ 透明度:15m

観られた生物:トラウツボ、イタチウオ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、キビナゴ、ツムブリ、イナダ、カンパチ、シマアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ニザダイ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、ガラスハゼオキナワベニハゼミナミハコフグyg(写真)、ハリセンボン、アオリイカ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、キイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  ミナミハコフグyg

コメント:西風CLOSEやリクエストで他のポイントを潜ったりで何だか久し振りのホームといった感じです 3連休の最終日は素晴らしいコンディションに恵まれました 松田チームは1ダイブ目、潮がかかっているということで牛着岩の沖合いからエントリーしてグンカンへプチ・ドリフト カンパチやツムブリなどの回遊魚が登場しました 倉嶋チームはドライスーツ講習でオオ根へ じっくりスキルアップしてきました 2ダイブ目はリクエストの洞窟三昧 潮色がいいのでアーチに差し込む日差しがとてもキレイでしたよ 3ダイブ目は三競地形ダイブ ウチでは三競を潜るときはウミウシ・リクエストが多いのですが台風18号のダメージは思ったより深く、今の三競は地形中心になってしまいます ボートにエキジットすると、なんと三競4番〜5番エリアでツバメウオの群れの目撃情報がありました ラスト4ダイブ目は黒崎です 洞窟ではハリセンボンが3個体もいました 最後は流れに乗ってドリフトしたのですがたくさんの魚群やシマアジも登場し、いいコンディションがまだまだ続きそうな気配です!

11月22日(日)

岩地 ニヤヨコ根/蟹ヶ浦ビーチ

天候:曇り時々晴れ 気温:11℃ 水温:20.0〜19.9℃ 透明度:12m

観られた生物:ダイナンウミヘビ動画)、タツノイトコ、ホソウミヤッコ、キビナゴ、イタチウオ、ミノカサゴ、ワニゴチ、マトウダイ、オオモンハタ、イサキ、コロダイ、ハタタテダイ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、キンメモドキ、ガラスハゼスケロクウミタケハゼ(写真)、アミメハギ、ダルカガレイ、ヒトデヤドリエビイソギンチャクモエビアカスジカクレエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニver.12)、ナマコマルガザミニシキウミウシアオウミウシコイボウミウシ、サキシマミノウミウシ、テンロクケボリベニキヌヅツミなど

  スケロクウミタケハゼ

コメント:リクエストにより久し振りに岩地を潜りました 曇りベースながら時折り日が差し込む穏やかなお天気&凪になりました 1ダイブ目はニヤヨコ根の北側のソフトコーラル畑を中心にご案内しました ダイバーがほとんど入っていないのでソフトコーラルがものすごい元気でした さらに魚達もスレていない感じでダイバーが近づいても全く気にする様子がありませんでした イサキやスズメダイ、キビナゴなどの群れを堪能しました 2ダイブ目は同じくニヤヨコ根の南側のオーバーハングから北側のソフトコーラル畑へ ムチカラマツにはガラスハゼやイボイソバナガニが見られました 3ダイブ目はのんびりビーチダイブです キンメモドキの大群やなんとマトウダイ! さらには全身露出しているダイナンウミヘビなどたくさんの生物が見られました 暖かくなったらまた潜りたいと思います

11月21日(土)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bP〜bQ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:20.1℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:ウツボ、ホソウミヤッコ、アオヤガラ、キビナゴ、サツマカサゴ、ミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ソラスズメダイ、アカカマス、イチモンジハゼ、ダテハゼ、ホシノハゼ、チャガラ、ホシハゼ、コウイカの仲間、ヒョウモンダコ、オシャレカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、ヒメセミエビ、ナマコマルガザミマルガザミヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシセトリュウグウウミウシ(写真)、イガグリウミウシ、ニシキウミウシヘリシロイロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、クロスジウミウシ、スミゾメミノウミウシなど

  セトリュウグウウミウシ

コメント:雲見リクエストだったのですが未明から西よりの風が強く吹きはじめ、結局CLOSEになってしまいした、、、 と、いうことで田子湾内を潜ってきました さすがは田子湾内、西風を物ともせず穏やかなコンディションでした 弁天島ではイソギンチャクにオシャレカクレエビやマルガザミなどの甲殻類が見られました 白崎の方はというと本日もキレイなウミウシ達が見られました ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシはあちらこちらに 今シーズン比較的多く見られるセトリュウグウウミウシや久し振りのクロスジウミウシ、レギュラーメンバーのヒロウミウシやアオウミウシなどが見られました 潮色は西風の影響か若干、下がったものの水温は依然高く、水中は快適に過ごせます 明日は風がおさまり予定通り、岩地リクエストです チョ〜久し振りのポイントです LOGをお楽しみに!

11月15日(日)

菖蒲沢 ポイントA/ポイントM/ビーチ

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:20.9〜20.7℃ 透明度:15〜10m

観られた生物:ドチザメ、ネコザメ、トビエイ、ハナタツ、イタチウオ、マツカサウオ、カサゴ、オニカサゴ、メバル、キビナゴ、ルリハタ、イナダイ、ネンブツダイ、イシダイ、ブダイ、ヤマドリ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間、アカカマス、コウイカの仲間イソギンチャクモエビゴシキエビ幼体ナマコマルガザミスイートジェリーミドリガイヒロウミウシアオウミウシサラサウミウシ、シラユキウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、オトメウミウシ、サメジマオトメウミウシ、 サキシマミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、エチゼンクラゲ(写真)など

  エチゼンクラゲ

コメント:引き続き大西が吹いたため、潜水地を東伊豆の菖蒲沢に決定 し朝、早めに出発しました 菖蒲沢はベタ凪の絶好のコンディションでした 1ダイブ目はポイントAへ ブイが設置してあるところの向かい側(北側)の根をじっくり散策 オーバーハングにはカイメンやソフトコーラルがびっしり群生しハナタツやカエルアンコウの仲間がいそうなロケーションです 砂地ではなんとエチゼンクラゲに遭遇! 初めて見ましたが本当に大きな迫力ある体躯でした その後、大きなトビエイにも遭遇しました 2ダイブ目はポイントMへ ドチザメは穴にグッチャリ密集 体長1.2mほどある大きなネコザメ をGET その他、割と珍しいゴシキエビの幼体や美しいスイートジェリーミドリガイが登場しました 3ダイブ目はビーチでのんびりダイブ ハナタツやウミウシの仲間が てんこ盛りでしたよ〜 施設が整備されていてロケーションも抜群 生物層が厚くまたすぐにでも潜りたい海です

11月14日(土)

田子 白崎bP

天候:曇り 気温:21℃ 水温:21.6℃ 透明度:12m

観られた生物:ミツボシクロスズメダイyg、アカホシカクレエビヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシサキシマミノウミウシ(写真)など

  サキシマミノウミウシ

コメント:南西の風が強烈に吹き、雲見は残念ながらCLOSE 松田はダイバーの方の結婚式に出席のため東京へ 本日、挙式した雲見でのダイビングをきっかけに交際が始まりついにゴールイン ダイビングで出会ってカップルになるって結構、多いんですよね 幸せをおすそ分けしてもらいとっても楽しい1日でした(車で日帰りだったので皆さんとお酒が飲めなかったのがちょっぴり残念でしたが・・・) 末永くお幸せに! さて海の方はというと、雲見CLOSEの影響で田子湾内が混雑したそうです でも潮色はまずまず、水温も依然高かったとのことです セトリュウグウウミウシやピカチュウの目撃情報もありテデモノ的には充実しているようです 冬の田子湾内といえば過去にキアンコウが登場しています 果たして今冬はどうでしょうか?

11月13日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:17℃ 水温:21.6〜21.5℃ 透明度:15m

観られた生物:ハナタツ、ノコギリヨウジ、クエ、オオモンハタ、マツカサウオ、カンパチ、ネンブツダイ、イサキ、クロホシフエダイ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ガラスハゼ、アオサハギ、ミナミハコフグygムスメウシノシタコウイカの仲間ムチカラマツエビアカホシカクレエビver.12)、アカスジカクレエビイソギンチャクモエビアカシマシラヒゲエビ(爪のクリーニング)ナマコマルガザミニシキウミウシアオウミウシサキシマミノウミウシなど

  アカシマシラヒゲエビ

コメント:石垣島ツアーから帰ってきて久し振りの雲見です やっぱりホームゲレンデは落ち着きますね〜 潮色よく素晴らしいコンディションでした −24mアーチの周辺はキンメモドキの群れ、群れ、群れ・・・ そこにネンブツダイの群れやイサキの群れ、大きな居着きのクエやテングダイのペアが絡みものスゴイことになっています! 小ぶりですがカンパチも登場し、今季ハッチアウトしたテンジクダイの仲間の幼魚の群れにアタックをかけていました −16mアーチ付近の岩の亀裂ではアカシマシラヒゲエビが見られました ダイビンググローブを脱いでそっと手を近づけると爪のクリーニングをしてくれます ちょっぴりチクチクしてくすぐったい感じです 是非、一度クリーニング体験をしてみてはいかがでしょうか?

11月5日(木)〜7日(土)

石垣島ツアー報告

天候: 気温: 水温:26℃ 透明度:25〜20m

  マンタ

コメント:1年半振りの石垣島ツアー、今回は総勢11名という大所帯で催行しました そして普段の行いが功を奏したのか3日間ともコンディションに恵まれました(笑) 石崎マンタスクランブルではお腹いっぱいマンタを見ることができました 素晴らしい透明度、温かい水温、そして普段は見られないトロピカルな魚達に囲まれて石垣島の海を満喫してきました 100ダイブ、バースデーとお二人の方が今回のツアーで記念ダイブを迎えました アフターダイブも大いに盛り上がり、夜が更けるのも忘れて飲んで語って弾けました ご参加の皆様、どうもおつかれさまでした そして本当にありがとうございました また来シーズンも開催したいと思います 来月は忘年会、年越しダイブ 年が明けて潜り初め、柏島ツアーと企画が目白押しです もちろん、新年会も計画中です 乞うご期待下さいっ!

11月1日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:25℃ 水温:23.0〜22.6℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、イソカサゴ、クエ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ヒメギンポテンクロスジギンポニジギンポオキナワベニハゼアオサハギコウイカの仲間、ヒョウモンダコヒトデヤドリエビ(写真)ムチカラマツエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、オセロウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:早いもので今日から11月、2009年も残すところあと2ヶ月となりました 予報では雨でしたが、日中は秋晴れで潮色も前日よりUPしました 1ダイブ目は三競でテンクロスジギンポやオキナワベニハゼをじっくり撮影&観察ダイブ 前日、目撃されたキイロウミウシは残念ながら見られませんでした、、、 2ダイブ目は−24mアーチ内のウミシダで目撃された極小アオサハギ・リクエストです 居着きのクエは本日もクリーニングステーションにやってきていました 3ダイブ目は大牛洞窟を潜りました ウミウシの仲間やムチカラマツエビなど台風後、姿を潜めていた生物達がチラホラ見られるようになってきました! 5日から8日まで石垣島ツアーでショップをCLOSEします ツアー報告、お楽しみに!! 雲見の11月のダイビング・シーンは例年盛り上がります 是非、遊びにいらして下さいね〜

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED