じっくり観られる、ばっちり撮れる
ダイビングログ2012年11

LOGの詳細は↓日付をCLICK

潜水地/ダイビングポイント

11月29日(木)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:18.8〜18.7℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、ノコギリヨウジ、キリンミノミノカサゴコクチフサカサゴ、メバル、キンギョハナダイ、オオモンハタ、マダイ、イシダイ、イトヒキベラ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、ニザダイ、アイゴ、アカカマス、カモハラギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼ)、イチモンジハゼ、フタイロサンゴハゼ、クロユリハゼ)、ハナハゼ、ダテハゼ、カワハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、アオリイカヒトデヤドリエビ)、イソバナカクレエビ)、アカホシカクレエビ)、アカスジカクレエビカザリイソギンチャクエビオシャレカクレエビサンゴの中にいたエビイソギンチャクモエビナカソネカニダマシ(写真)オルトマンワラエビイソコンペイトウガニ)、ナマコマルガザミキモガニベニサンゴガニヒメサンゴガニ属の一種ニシキウミウシアオウミウシスミゾメミノウミウシキンスジケボリコボレバケボリアヤメケボリ)、ベニキヌヅツミ)など

  ナカソネカニダマシ

コメント:朝のうち風が強く雲見はOPENするもののポイント制限が付きました コンディションの悪い中、無理して潜るより穏やかな海況の中、じっくりということで田子湾内を潜りました 外海に面した弁天島も波はなくコンディションばっちりでした 潮色もよく浅場は魚影が濃かったですね〜  中層をのんびり泳いで深場からスタート エダムチヤギやムチヤギにはガラスハゼ ヤギ類にはベニキヌヅツミやトラフケボリといったウミウサギの仲間、ニクイロクダヤギではアカスジカクレエビとお目当てのキンスジケボリが見られました 徐々に浅場に移動しながらのフォトダイブ アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、そして久し振りのナカソネカニダマシなどエビカニの仲間が色々と見られました ブイ下ではエンタクミドリイシの中でキモガニ、ヒメサンゴガニ属の一種、フタイロサンゴハゼなどをチェック✔ 安全停止の3分間もあっという間の50分の水中ツアーでした 続いて2ダイブ目は白崎1を潜りました ここでもたくさんのエビカニの仲間が見られました サンゴイソギンチャクではオシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビなど アミメヤギの仲間ではイソバナカクレエビが見られました イソコンペイトウガニも2個体と田子湾内は被写体が目白押しですね〜 その他、見られた生物は魚ではキリンミノの幼魚やミノカサゴ、ウミウサギの仲間ではコボレバケボリなどなど ウミウシの仲間がちょっと薄いような気がしますがまたじっくり探してみたいと思います! 午後になるとすっかり風もおさまり海が穏やかになりました

11月28日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り時々晴れ 気温:14℃ 水温:19.1〜18.7℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、ダイナンウミヘビ、クマドリカエルアンコウ)、イロカエルアンコウワカヨウジ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ)、ネッタイミノカサゴキリンミノ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ)、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、サザナミヤッコ、シテンヤッコ、キンチャクダイ、コガネキュウセン、セジロノドグロベラ、カミナリベラ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ミヤケテグリテンクロスジギンポ、カモハラギンポ、ニジギンポコケギンポの仲間、イチモンジハゼ、フトスジイレズミハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタ、アオサハギ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、アオリイカ、スナダコ、ウミウシカクレエビ(写真)イソバナカクレエビ)、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビ)、イソギンチャクモエビオトヒメエビカイカムリイソコンペイトウガニコワタクズガニキモガニ、ヒメサンゴガニ属の一種、ベニサンゴガニヒロウミウシコトヒメウミウシニシキウミウシコールマンウミウシアオウミウシフジイロウミウシヒュプセロドーリス・クラカトアコイボウミウシフリエリイボウミウシサキシマミノウミウシムラクモコダマガイテンロクケボリアカネケボリ)、アヤメケボリハナヤカケボリセロガタケボリトラフケボリソリキヌヅツミアンガスキヌヅツミムラクモキヌヅツミなど
※11/28のコース取り

  ウミウシカクレエビ

コメント:昨日、一昨日と吹き続いた大西がおさまり穏やかな海況になりました 心配された水温、潮色は大西が吹いた割には下がっておらず依然、いいコンディションでした まず1ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーし大牛沿いに-16mアーチ方面へ進みました ウミウシの仲間や人気のクマドリカエルアンコウ、イロカエルアンコウをチェック✔しました ウミウサギの仲間もとても多く被写体には困りませんね〜 いつものサザナミヤッコや久し振りに小さなイソコンペイトウガニも見られました 潮流やウネリもなくじっくり60分、フォトダイブを楽しみました〜(^O^) 2ダイブ目は小牛の裏カドからエントリーして小牛まわりで湾内ブイでエグジットするマクロ系のフォトダイバーにオススメのコース取りです 移動距離が短く平均水深がそれほど深くないノーストレスの、のんびりコースです それでいて色々な生物がお出迎えしてくれます 今日は久し振りにウミウシカクレエビが見られました〜 その他、ハナヤカケボリやアカネケボリ、セロガタケボリといったウミウサギの仲間、シテンヤッコ、ミヤケテグリ、ネッタイミノカサゴ、キリンミノといった南方系の魚たちも見られました 明日も雲見予定ですが西よりの風がやや吹きそうなので、明日の朝になったらポイントを決めます いや〜、いい海が続いていますね〜

11月24日(土)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:曇り→晴れ 気温:14℃ 水温:19.0℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウ)、イロカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ベニマツカサ、マツカサウオキリンミノカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、7オオモンハタ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、ネンブツダイ、キンチャクダイ、サザナミヤッコ、カノコベラ、セジロノドグロベラ、ムナテンベラ店、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、シコクスズメダイ、ソラスズメダイ、テンクロスジギンポ、カモハラギンポ、ニジギンポ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、イソバナカクレエビムチカラマツエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ)、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ノコギリガニ、トゲアシガニ、ナマコマルガザミコミドリリュウグウウミウシニシキウミウシシロタエイロウミウシコールマンウミウシアオウミウシシロウミウシ、センテンイロウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトア(写真)イボヤギミノウミウシツグチガイコボレバケボリトラフケボリ)、ムラクモキヌヅツミアンガスキヌヅツミソリキヌヅツミコペポーダなど
※11/24のコース取り

  ヒュプセロドーリス・クラカトア

コメント:連休中日は朝のうち降っていた雨が上がり、急速にお天気が回復しました 浅場は軽〜くヨタが入っていましたがダイビングにはさほど影響はありませんでした まず1ダイブ目は大牛洞窟前から大牛沿いに進み-16mアーチ前でエグジットしました 大牛洞窟前ではカエルアンコウの仲間やウミウシの仲間をじっくりご紹介しました ウミウサギの仲間もいろいろ見られました! 潮色が良くワイドも楽しめるコンディションになりましたよ〜 2ダイブ目は地形&魚影&マクロで黒崎をご案内しました まず黒崎のY字になっているアーチをくぐりました クロホシイシモチやツマグロハタンポがぎっしり詰まっているカンジでご一緒するダイバーにもデジカメのムービー撮影をオススメしています ドラゴンウォールではウミウサギの仲間が充実 大牛洞窟前以外でもソリキヌヅツミが見られました 黒崎先端の洞窟ではイタチウオやサクラテンジクダイ、ツマグロハタンポといった洞窟の住民がお出迎えしてくれました 午後になるとすっかり青空が広がりました 透明度がいいので地形ダイブにはもってこいのコンディションです と、いうことで3ダイブ目は三競をチョイス 前日のエアードームは日差しの差込がなかったのでリベンジマッチにもなりました 2〜5番洞窟をご案内した後、2.5番でオキナワベニハゼをチェック✔ キリンミノやイボヤギミノウミウシなど思いがけない生物にも出会えました〜(^O^)

11月23日(金)

雲見 牛着岩/三競

天候:雨→曇り 気温:17℃ 水温:19.2〜19.1℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウ(写真)イロカエルアンコウノコギリヨウジイタチウオ)、マツカサウオ)、ネッタイミノカサゴキリンミノ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ)、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、コロダイ、イシダイ、テングダイツマグロハタンポ、ニザダイ、アイゴ、ヒメギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、タスジウミシダウバウオ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタ、カワハギ、シマウミスズメ、キタマクラ、コウイカの仲間マダコ属の一種スナダコイソバナカクレエビムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビウミカラマツにいたエビイソギンチャクモエビオトヒメエビイセエビヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリ、ツノガニナカザワイソバナガニトゲアシガニヒロウミウシコトヒメウミウシコミドリリュウグウウミウシ、イガグリウミウシ、コールマンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、センテンイロウミウシ、フリエリイボウミウシ、オトメウミウシ、トラフケボリ)、ムラクモキヌヅツミアンガスキヌヅツミ、ソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミガイコペポーダなど
※11/23のコース取り

  クマドリカエルアンコウ

コメント:連休の初日はあいにくの雨降りでしたがまずまずのコンディションに恵まれました 前日は時間帯によって島裏エントリー/エグジットが禁止になりましたが、本日は全面OPENでした なにより潮色がグーンと良くなりました〜! まず1ダイブ目は雲見の地形と魚影、そしてマクロ系の生物をご紹介しました 小牛の洞窟からスタートしてH型のアーチ、たて穴、-24mアーチをご案内 潮流はほとんどなく潮色抜群で気持ちよく潜れました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしてこのエリアでじっくり50分マクロ系のフォトダイブを堪能しました クマドリカエルアンコウやイロカエルアンコウ、そしてたくさんのウミウサギの仲間、ウミウシの仲間が見られました 続いて3ダイブ目はお気に入りの小牛まわりでじ〜っくりフォトダイブ レア物というより普通種でも面白い生態や場面を探してご案内しました ネッタイミノカサゴの幼魚が2個体寄り添っているシーンやたまたまレアなマダコ属の一種に遭遇 マダコ属の一種は南方系のタコでミミックオクトパスみたいに胴に比べて腕が長い種です くるくると色を変えたのですが一番、地味な色合いのシーンしか撮影できませんでした… ニラミギンポはお出掛け中で代わりにタスジウミシダウバウオが見られました ラスト4ダイブ目は三競で洞窟ダイブを楽しみました あいにくのお天気でエアードームに差し込む光が今ひとつでしたので、お天気が回復する明日また再チャレンジしたいと思います(^O^)

11月22日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:17℃ 水温:19.5〜19.1℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウイロカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ、アオヤガラ、キリンミノネッタイミノカサゴ、オニカサゴ、イソカサゴ、ハオコゼ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ、クロホシイシモチ、コロダイ)、マダイ、イシダイ、メジナ、タキゲンロクダイ、サザナミヤッコシテンヤッコ、カゴカキダイ、コガネキュウセン、オトメベラ、コブダイ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、タカノハダイ、ツマグロハタンポ、 ニザダイ、アイゴ、オキゴンベ、ウイゴンベ、ミサキウバウオニラミギンポテンクロスジギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、イチモンジハゼ、コクテンベンケイハゼ、ホシノハゼ、ムスメウシノシタ、シマウミスズメ、キタマクラ、ヒョウモンダコイソバナカクレエビムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビ)、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリナマコマルガザミコトヒメウミウシコミドリリュウグウウミウシイガグリウミウシシロタエイロウミウシヒメコモンウミウシアオウミウシシロウミウシサラサウミウシ)、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシホクヨウウミウシ科の一種2ハクセンミノウミウシ属の一種)、アカネケボリ)、アヤメケボリアンガスキヌヅツミムラクモキヌヅツミベニキヌヅツミソリキヌヅツミコペポーダなど
※11/22のコース取り

  カイカムリ

コメント:週末のお天気、海況が心配されますが連休前のリサーチダイブをしてきました 風波が立ってザワザワしています 1ダイブ目は小牛の裏カドからエントリーして小牛をまわって湾内ブイでエグジット 移動距離が短くてそれでいて魚、エビカニ、ウミウシ、ウミウサギを網羅した実においしいコース取りです 小牛の亀裂では今日もさまざまな生物が見られました 潮流がややかかっていたのですがその分、魚の活性がビンビンに上がっていました 小牛前の砂地の中層ではおびただしい数のクロホシイシモチ、スズメダイが群れています ここだけでもワーッ(*'▽'*)♪ってカンジで盛り上がれます(笑) ラストは水路前でクビアカハゼやオビテンスモドキを撮影したかったのですが、いかんせん時間が足りません… あっという間の60分でした 続いては大牛洞窟前のみ60分、ウミウシをエグりたかったのですが、島裏エントリー/エグジットが禁止になってしまいました と、いうことで-16mアーチの湾内側からエントリーして大牛洞窟前へ そこからまた来た道のりを戻ってトレジャーロックでエグジットするというリサーチダイブならではの泳ぎまくりなイレギュラーなコース取りです 帰りのエアーと時間を考慮して大牛洞窟前には40分くらいしか滞在できませんでしたがウミウシが確実に増えているのを実感しました! 昨日、見つかったイロカエルアンコウもほぼ情報通りの場所で見られました 砂だまりのクマドリカエルアンコウは残念ながら見つけられませんでしたが他店情報ではいたとのことです マクロ系が充実のさらに雲見 ますます楽しみになってきましたね!

11月21日(水)

田子 白崎bP/弁天島

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:18.5〜18.4℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、カサゴ、イソカサゴ、ミノカサゴ、オビアナハゼ、キンギョハナダイ、サクラテンジクダイ、オオモンハタ、クロホシイシモチ、コロダイ、マダイ、キンチャクダイ、チョウチョウウオ、ニシキベラ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、マツバスズメダイ、ナガサキスズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、アイゴ、アカカマスガラスハゼ)、イチモンジハゼ、フタイロサンゴハゼ、クロユリハゼ、クツワハゼ、ヒトデヤドリエビイソバナカクレエビアカスジカクレエビクサイロモシオエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、イボイソバナガニキモガニヒメサンゴガニ属の一種ヒロウミウシミチヨミノウミウシコボレバケボリベニキヌヅツミ)など

  ミノカサゴ

コメント:前日の西風がおさまり穏やかな海況になりました 今週末の連休初日〜2日目がやや荒れ模様になりそうなので、事前に田子湾内をリサーチしてきました まず1ダイブ目は白崎1 水温は19℃を切ってしまいましたが潮色は良かったです! まずは深場をチェック✔しました 水深-30m付近のムチカラマツ林でセトリュウグウウミウシをはじめ、ウミウシの仲間やキサンゴをチェック✔しましたが残念ながら目ぼしい生物は見つかりませんでした 白崎先端をまわって折り返しました ヤギ類ではコボレバケボリやイソバナカクレエビなどのレギュラーメンバーが出迎えてくれました ピカチュウを探しましたが残念ながら見つかりませんでした ミノカサゴが多くソフトコーラルや太陽光を背景に撮影するとキレイですね〜 さて2ダイブ目は弁天島へ 一気に深場まで降りてムチヤギをチェック✔ アチラコチラでガラスハゼが見られました ミネミズエビが本命だったのですが見つかりませんでした ヤギ類ではベニキヌヅツミがいっぱいいます 以前、ニクイロクダヤギでキンスジケボリを見たのですがいなくなってしまったようです ただアカスジカクレエビがこれでもかっていうくらいワラワラと付いていました 中層はアカカマスが群れています そしてびっくりしたのがクロユリハゼ すでに成魚になっています そして個体数も多いです 浅場ではエダサンゴの中でヒメサンゴガニ属の一種やキモガニ、フタイロサンゴハゼをチェック✔しました ウミウサギの仲間がいっぱいいて田子湾内、面白いですね〜 明日も凪予報です 金、土曜日のどちらか雲見を潜れることを願いましょう! 日曜日は海が良さそうです(^O^)

11月19日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:18.4〜18.2℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウマツカサウオ、カサゴ、オニカサゴ、サツマカサゴコクチフサカサゴ、イソカサゴ、キリンミノ、ノコギリヨウジ、クエ、オオモンハタ、アカハタ、ヌノサラシ、クロホシイシモチ、 ネンブツダイ、ヒレナガカンパチ、コロダイ、マダイ、イシダイ、アカヒメジ、シテンヤッコ、キンチャクダイ、セジロノドグロベラ、ムナテンベラ、カミナリベラ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ミヤケテグリヒメギンポニラミギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、クビアカハゼ、コクテンベンケイハゼ、フトスジイレズミハゼ、ムスメウシノシタ、カワハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、ハコフグ、キタマクラ、トゲトサカテッポウエビ、イソバナカクレエビ(写真)ムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビ)、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ 、カイカムリナカザワイソバナガニムラサキウミコチョウ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、フリエリイボウミウシサキシマミノウミウシアオミノウミウシ科の一種3アカネケボリ)、アヤメケボリトラフケボリセロガタケボリテンロクケボリムラクモコダマガイベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミなど
※11/19のコース取り

  イソバナカクレエビ

コメント:先週あたりから冬型の気圧配置になり、西風が吹くようになりました 雲見では今朝、西風で砂が飛ばされないように浜囲いをしました この時期の風物詩で季節は冬に移り変わっているのを実感します さて海のほうですが、ベタ凪で全エリアOPEN 水温、透明度ともやや下がってしまいましたが、またナライ(北東の風)が吹けば持ち直すかもしれません まず1ダイブ目はブイからエントリーして小牛をまわり島裏でエグジットしました エビカニやウミウサギなどのマクロ系が充実しているコース取りです まずは水路前の石で囲ったサークル内でクビアカハゼをチェック✔ アプローチの仕方が悪く、撮影する間もなく巣穴に隠れてしまいました 小牛の砂地方面へ移動するとクロホシイシモチやスズメダイの群れがすごかったですね〜 このエリアではイソバナカクレエビやカイカムリ、コケギンポの仲間、ウミウサギの仲間などを撮影しました 小牛横の亀裂では ヌノサラシ、マツカサウオの幼魚、ノコギリヨウジ、コロダイ幼魚、キリンミノなどたくさんの魚が詰まっていました ここだけでもかなり遊べます 小牛の裏で中層に目をやるとメジナの群れがスゴかったです! 相変わらず魚影が濃いですね〜 続いて2ダイブ目は-16mアーチ前からエントリーして大牛沿いに進み大牛洞窟前でエグジットしました でっかいイソコンペイトウガニをチェック✔したのですがついにいなくなりました〜(゚д゚lll) また探しておきます! 砂だまりのクマドリカエルアンコウは定位置で見られました 大牛洞窟付近はダイバーで大混雑していました 水底の砂がモクモクと巻き上がっていて、なんとクマドリカエルアンコウの背中に降り積もっていました(@_@。 本当はじ〜っくりウミウシ探しをしたかったのですが、今回は断念… 目撃情報は続々と上がっていますのでそろそろ本腰入れてウミウシをビッと探しますか! 生物が豊富なこの時期、2ダイブではとても足りませんよ(´∀`)

11月13日(火)

大瀬崎 タマザキ/湾内

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:20.8〜20.5℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、ダイナンウミヘビクマドリカエルアンコウオオウミウマ、ボロカサゴ(写真)カサゴオニカサゴ、キンギョハナダイ、マハタ、クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、メジナ、ハタタテダイ、ブダイ、イトタマガシラ、ガラスハゼ)、スケロクウミタケハゼ、ミジンベニハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、アカカマスアオサハギ、カワハギ、キタマクラ、クサフグ、ニシキテッポウエビ、イソバナカクレエビコマチコシオリエビスミゾメミノウミウシトラフケボリなど

  ボロカサゴ

コメント:大瀬崎にボロカサゴが出たという情報を聞いて行きたくて仕方なかったんです! そして今日、ようやく潜りに行ってきました 現地に到着してみると結構、西風が強く吹いています ボロカサゴは外海で出ているようなのですが、そこ潜ったことありません(ToT) とりあえず他のポイントへ向かうと大瀬崎の知り合いの現地ガイドがやはりボロカサゴ狙いとのことでした まさに渡りに船とはこのことです お願いして後を付いて行くことになりました そして、いました×2〜 今シーズン2個体目のボロカサゴ 1個体目は雲見が一番寒い時期の2月29日のうるう日でした 小牛の裏で見て以来です いや〜、事前に聞いていて潜ったので前回、見つけた時のようにカラダが震えるような衝撃はありませんでしたが、それでも感動の波が次から次へと押し寄せてきましたヽ(^0^)ノ 1ダイブ目はほぼボロカサゴのみというダイブでしたが大満足の1本でした! エグジットする頃にはさらに西風が強くなりいよいよギリギリな感じでした と、いうことで2ダイブ目は湾内でじっくりのんびりフォトダイブ ミジンベニハゼに萌えてきました たまには他のポイントを潜るっていうのも勉強になりますし、なによりリフレッシュできますね〜

11月11日(日)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:17℃ 水温:22.1〜22.0℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ)、クマドリカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、イタチウオマツカサウオ)、ハナミノカサゴキリンミノネッタイミノカサゴ(写真)キンギョハナダイクエ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ)、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、オオスジイシモチ、サクラテンジクダイ)、アカヒメジ、イッセンタカサゴ、ウメイロ、コロダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、シテンヤッコ、キンチャクダイ、カゴカキダイ、コガネキュウセン、コブダイ、ブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、ツマグロハタンポ、ミサキウバウオ、ミヤケテグリニラミギンポテンクロスジギンポ、コウイカの仲間、ヒョウモンダコムチカラマツエビ)、イソギンチャクエビソリハシコモンエビウミカラマツエビオトヒメエビ)、イセエビヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリナカザワイソバナガニ、アオウミウシ、シロウミウシ、ナンヨウウミウシアカネケボリアヤメケボリトラフケボリ、テンロクケボリ、ベニキヌヅツミムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミなど
※11/11のコース取り

  ネッタイミノカサゴyg.

コメント:昨日の土曜日はガラガラだった波止場ですが日曜日の今日はけっこう混雑しました フォト&地形リクエストで60分×2ダイブでした まず1ダイブ目は大牛洞窟から大牛沿いに進みH型のアーチ経由で-24mアーチでエグジットしました 前半30分は大牛洞窟でじ〜っくりフォトダイブ 洞窟前ではテンクロスジギンポ、ムラクモキヌヅツミ、ソリキヌヅツミそして人気のクマドリカエルアンコウが見られました 洞窟内ではサクラテンジクダイ、マツカサウオの幼魚、オトヒメエビなどなど ここだけでもかなり内容の濃いフォトダイブができます そろそろじ〜っくりウミウシをリサーチしたいですね〜 30分が経過し地形ダイブにシフトチェンジ 大牛沿いにH型のアーチを目指します 洞窟の入口付近にはツマグロハタンポやクロホシイシモチがぐっちゃり詰まっているカンジです -24mアーチでは大きなコブダイが見られました 浮上中、クエ穴前で大きなクエがホンソメワケベラにクリーニングされていました この1ダイブでマクロ系と地形を欲張って楽しみました〜 続いて2ダイブ目は小牛の洞窟からエントリー フォト派の方は洞窟入口でナンヨウウミウシとヌノサラシなどを撮影 地形派の方はそのまま洞窟内へ 洞窟をご案内した後、合流して小牛まわりでマクロ系フォトダイブ 小牛の亀裂ではヒョウモンダコ、ネッタイミノカサゴ、マツカサウオの幼魚が2個体 ヌノサラシ、コロダイ、キリンミノ、ミサキウバウオなど充実のラインナップでした その後も小牛まわりでねちっこくフォトダイブを楽しみました 前日より潮色、水温ともUPしました 至福のシーズンはまだまだ続きますね〜

11月10日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:19℃ 水温:21.6〜21.2℃ 透明度:8〜5m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウ)、ワカヨウジイシヨウジ、ノコギリヨウジ、マツカサウオ)、マダラフサカサゴサツマカサゴ)、キリンミノキンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ)、サクラテンジクダイオオスジイシモチカンパチイナダコロダイサザナミヤッコシテンヤッコ、キンチャクダイ、カノコベラセジロノドグロベラ、コガネキュウセン、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、オキゴンベ、ウイゴンベ、メガネゴンベミヤケテグリニラミギンポヒメギンポ、ニジギンポ、セボシウミタケハゼ、ガラスハゼ、アオサハギアミメハギシマウミスズメ、ウミスズメ、キタマクラ、コウイカの仲間イソバナカクレエビムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビイソギンチャクエビ)、カザリイソギンチャクエビ、クリアクリーナーシュリンプイソギンチャクモエビ)、オトヒメエビヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイソコンペイトウガニイボイソバナガニ)、マルタマオウギガニボンボリイロウミウシアオウミウシシロウミウシフリエリイボウミウシナンヨウウミウシロマノータス属の一種イボヤギミノウミウシアカネケボリアヤメケボリセロガタケボリ)、テンロクケボリトラフケボリムラクモコダマ ウサギシロオビコダマウサギムラクモキヌヅツミソリキヌヅツミベニキヌヅツミホシキヌタコペポーダメダマイカリムシなど
※11/10のコース取り

  マツカサウオyg.

コメント:先週末は大賑わいの土曜日でしたが一転、静かな週末でした お天気もよくのんびりじっくりフォトダイブで60分×3勝負でした 昨日は朝からかなり潮がかかっていましたが、今日はそれほどでもありませんでした ただ前日あれだけ抜けていたのにかなり潮色が悪くなっていました… なぜ!? まず1ダイブ目は島裏からエントリーして大牛洞窟経由でロッカク岩方面へ 浅場のヤギに付いているメガネゴンベからスタート 大牛洞窟前では人気のクマドリカエルアンコウが見られました その他、ソリキヌヅツミやムラクモキヌヅツミなどのウミウサギの仲間も絶好の被写体ですね 砂だまりのクマドリカエルアンコウは大あくびをしてくれました エグジット間際、イワシの群れと交錯 するとカンパチとイナダの群れがイワシの群れに来襲 圧巻のシーンにしばし見とれました 続いては小牛の洞窟前からスタート ナンヨウウミウシやヌノサラシを撮影した後、小牛まわりで湾内ブイへ イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ、マルタマオウギガニなどの甲殻類をご紹介 小牛横の亀裂ではマツカサウオの幼魚、ヌノサラシの幼魚、キリンミノの幼魚、コロダイの幼魚など幼魚づくしでした それにしてもマツカサウオとヌノサラシの幼魚、なんで今シーズンはこんなに多いんでしょうね? シテンヤッコやミヤケテグリの幼魚も見られまさに雲見幼稚園といったカンジです(笑) ラスト3ダイブ目はグンカンからエントリーして-16mアーチの横を経由してトレジャーロックへ グンカン深場のムチカラマツの群生地ではムチカラマツエビ、イボイソバナガニ、ガラスハゼが見られました ガラスハゼは寄生虫のメダマイカリムシ付きです 午後から潮がかかり始め、-16mアーチ横からトレジャーロックまでの間がアゲンストで結構、大変でした(苦笑) 今日もマクロ系フォトダイブでおおいに盛り上がりました〜\(^^)/

11月9日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ時々曇り 気温:19℃ 水温:21.4〜20.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、クマドリカエルアンコウ)、ノコギリヨウジ、マツカサウオ()、ネッタイミノカサゴ)、キリンミノアカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ)、サクラテンジクダイ、オオスジイシモチ、イッセンタカサゴコロダイ、マダイ、イトフエフキシテンヤッコ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、カミナリベラ、セジロノドグロベラ、コガネキュウセン、コブダイ、ツマグロハタンポ、タカノハダイ、オキゴンベメガネゴンベ、ミナミゴンベ、コウワンテグリミヤケテグリテンクロスジギンポニジギンポコケギンポの仲間ハタタテハゼイソバナカクレエビムチカラマツエビ)、アカホシカクレエビオトヒメエビ、オルトマンワラエビ、カイカムリイソコンペイトウガニベニイシガニ、ナマコマルガザミ、ヒメサンゴガニ属の一種、キモガニ、コトヒメウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、アオウミウシウスイロウミウシナンヨウウミウシアカネケボリ(写真)アヤメケボリ)、ベニキヌヅツミソリキヌヅツミなど
※11/9のコース取り

  アカネケボリ

コメント:6日は雷と豪雨、7〜8日は大西が吹いたため4日振りの雲見になりました 潮色はよく西風が吹いた割には思ったより水温は下がりませんでした 週末前にリサーチで潜ってきました まず1ダイブ目は島裏からエントリーして大牛洞窟〜ロッカク岩〜-16mアーチというコース取り ボートでエントリーエリアに移動中、秋特有の速い潮がガンガンかかっていました 島裏でエントリーしてすぐ根につかまりほふく前進 メガネゴンベをチェック✔しました 西風CLOSE後も同じヤギにいてくれました その後、潮に乗って大牛洞窟前へ 二本ムチカラマツのムチカラマツエビは2個体見られました 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイ、ツマグロハタンポ、マツカサウオの幼魚などが見られました ちびクマドリカエルアンコウはほぼ同じ場所にいました! 大牛沿いに-16mアーチ方面に進みましたがサビカラマツがある岩の窪みにいたサザナミヤッコはどうやらお出かけ中でした 砂だまりのちょっと大きめクマドリカエルアンコウはCLOSE前とほぼ同じ場所にいました この辺りまで来るとガンガン潮がかかっています イソコンペイトウガニをチェック✔してシグナルフロートをうって安全停止 浮上してみるとなんとテトラポッド前まで流されていました たった3分の間でどんだけってくらい流れていました、、、 続いて2ダイブ目は小牛洞窟前から小牛まわりをして湾内ブイでエグジット 小牛の洞窟手前の壁ではヌノサラシやナンヨウウミウシが見られました そして小牛横の亀裂が熱いですね〜 亀裂内には十円玉大のマツカサウオの幼魚が2個体、ネッタイミノカサゴの幼魚が2個体、ヌノサラシ、さらにキリンミノの幼魚が見られました! バニーのヤギでは本日の見出し写真のアカネケボリ、アヤメケボリ、ベニキヌヅツミ そして亀裂ではシテンヤッコの幼魚が見られました その他、ミヤケテグリやコケギンポの仲間、カイカムリ、イソバナカクレエビなどなど 水路前ではハタタテハゼやコブダイ、コウワンテグリが見られました 最近、ちょいちょい目撃情報が上がっているクビアカハゼですがボクが行った時は出ていませんでした まだまだ雲見のベストシーズンは続きます! 是非、ご一緒しましょう\(^^)/

11月5日(月)

雲見 牛着岩/三競

天候:曇り→雨 気温:20℃ 水温:22.4〜22.2℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウ、イタチウオ、マツカサウオ、キンギョハナダイ、クエ、アカハタ、オオモンハタ、クロホシイシモチサクラテンジクダイ、マアジ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、サザナミヤッコ、コガネキュウセン、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、シコクスズメダイ、オキナワベニハゼノコギリハギ(写真)、カワハギ、アオサハギ、コウイカの仲間、ムチカラマツエビイソギンチャクモエビオトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニ、トゲアシガニ、アオウミウシ、フリエリイボウミウシ、ハクセンミノウミウシ、テンロクケボリソリキヌヅツミヒラムシの仲間など
※11/5のコース取り

  ノコギリハギ

コメント:連休明けの雲見の波止場はとても静かでした 空は今にも泣き出しそうな雨模様でしたが海の方はベタ凪 水温、透明度も前日よりUPしました! 本日も雲見無制限ダイブです まず1ダイブ目はチェックダイブも兼ねてブイからエントリーして水路〜H型のアーチ〜-24mブイでエグジットしました アーチ内にはツマグロハタンポやクロホシイシモチがぐっちゃり -24mアーチには居着きのテングダイ、そしてクエ穴の前では大きなクエがいました クロホシイシモチの群れがすごくクエには直前まで気が付かずホント、びっくりしました(笑) ダイビング中に潮がかかってきて-24mアーチのロープにつかまっていっる時はプチ鯉のぼり状態でした 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーしてじっくりマクロ系フォトダイブ 洞窟内ではサクラテンジクダイやマツカサウオの幼魚をじっくり撮影 小さい方のクマドリカエルアンコウは見つけられませんでしたが、後から他店情報でいることを確認しました 砂だまりのクマドリカエルアンコウは撮影しやすい場所にいました 大きなイソコンペイトウガニも同じウミトサカの仲間で見られました シグナルフロートを安全停止をして浮上 お昼休みを取ってラスト3ダイブ目は三競をご案内しました 1番洞窟から4番洞窟をのんびりご案内しました オキナワベニハゼがそ〜っとアプローチすればかなり接近できますのでコンデジの方は是非、クローズアップレンズを装着してガブリ寄りして下さいね(^O^) 昨日は3番洞窟で見られたミカドウミウシ、今日はいなくなっていました ただ同じ場所にヒラムシの仲間がいました 皆さん、初めての雲見に感激されたようで良かったです 写真は-24mアーチの根頭にいたノコギリハギの幼魚 なんと2個体、並んでいました\(^^)/

11月4日(日)

雲見 牛着岩/黒崎/三競

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:21.6〜21.3℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:クマドリカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、マツカサウオキリンミノハナミノカサゴヌノサラシ、ネンブツダイ、クロホシイシモチオオスジイシモチ、サクラテンジクダイ、アカネテンジクダイ、クサヤモロ、マアジ、サザナミヤッコ、シテンヤッコ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、ソラスズメダイ、コガネキュウセン、ミヤケテグリ、ニラミギンポ(写真)コケギンポの仲間、クロユリハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタ、カワハギ、アオサハギ、シマウミスズメ、ハリセンボン、キタマクラ、コウイカの仲間イソバナカクレエビ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクエビ、アカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクモエビヒメセミエビイセエビ)、カイカムリ、イソコンペイトウガニ、コマチコシオリエビ、コトヒメウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、アオウミウシ、アカネケボリアヤメケボリコボレバケボリトラフケボリ、ソリキヌヅツミ、ベニキヌヅツミツグチガイなど
※11/4のコース取り

  ニラミギンポ

コメント:連休最終日は素晴らしい海況に恵まれました 本日、雲見無制限ダイブで5ダイブしてきました! まず1ダイブ目は湾内ブイからエントリーして小牛まわりで-24mアーチブイでエグジットしました 湾内エリアではカイカムリやイソバナカクレエビ、コケギンポの仲間が見られました そして小牛横の亀裂ではヌノサラシ、マツカサウオの幼魚が今日もいました -24mアーチ付近は魚影が濃くワイド系も楽しめました! 2ダイブ目は大牛洞窟前から-16mアーチ方面へ クマドリカエルアンコウは大小2個体、イソコンペイトウガニも大小2個体、見られました 3ダイブ目は久し振りに黒崎へ 潜降して早々、ハリセンボンがいました そしてエントリー口のアーチへ クロホシイシモチとツマグロハタンポがグッチャリ詰まっている感じでした 大きなハナミノカサゴも見られました 黒崎先端洞窟の手前ではヤギ類に様々なウミウサギの仲間が見られました ドラゴンウォールではなぜかあれだけいっぱいいたハナタツが今日は見つかりませんでした 先端の洞窟内ではアカシマシラヒゲエビ、サクラテンジクダイ、ハナミノカサゴ などいつものメンバーがお出迎えしてくれました 4ダイブ目は小牛の裏カドからエントリーして小牛まわりで湾内ブイでエグジットするマクロ系のテッパンコース しばらく見かけなかった小さなニラミギンポに久し振りに会えました ラスト5ダイブ目は三競で地形ダイブをして〆ました 初雲見の方も多く地形ダイブを満喫しておおいに盛り上がりました! 明日も雲見無制限ダイブでがっつり潜ってきます

11月3日(土)

雲見 牛着岩/三競

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:22.0〜21.4℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウ)、イタチウオ、マツカサウオサツマカサゴ、キンギョハナダイ、アカハタ、オオモンハタ、サクラテンジクダイ、シテンヤッコ、サザナミヤッコ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、メジナ、イスズミ、コガネキュウセン、セジロノドグロベラ、ムナテンベラ、ブダイ、コブダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、スズメダイ、コガネスズメダイ、ソラスズメダイ、メガネゴンベ、オキゴンベ、タカノハダイ、ツマグロハタンポ、ミヤケテグリ、ニジギンポコケギンポの仲間オキナワベニハゼイソバナカクレエビムチカラマツエビ)、カイカムリイソコンペイトウガニ(写真)トゲアシガニミカドウミウシアオウミウシアオミノウミウシ科の一種3アカネケボリトラフケボリソリキヌヅツミなど
※11/3のコース取り

  イソコンペイトウガニ

コメント:11月の連休初日はダイバーで大賑わいでした 8:30に波止場に到着しましたがすでに器材がびっしり 地面が見えないくらいでした 雲見無制限ダイブ3日目の1stダイブはブイからエントリーして-24mアーチブイでエグジットしました カイカムリやイソバナカクレエビ、コケギンポの仲間をチェック✔した後は小牛横の亀裂でマツカサウオの幼魚、-24mアーチではテングダイや中層では魚の群れが見られました 潮がややかかっていたので魚の活性が高かったです 2ダイブ目は島裏からエントリーして大牛洞窟前〜-16mアーチというコース取り 島裏ではメガネゴンベをチェック✔ 大牛洞窟脇では大人気のクマドリカエルアンコウが今日も定位置で見られました 大牛裏の砂だまり付近のちょっと大きめなクマドリカエルアンコウも健在でした そしてラストは抱卵中のイソコンペイトウガニを撮影してシグナルフロートをうってエグジット 3ダイブ目は別チームを2ダイブ目と同じコース取りでご案内しました ラスト4ダイブ目は三競を潜りました 1番洞窟からスタートして4番洞窟まで行きました 2.5番の壁ではオキナワベニハゼ、3番洞窟では大きなミカドウミウシが見られました 真っ暗な洞窟にいるからなにでしょうか? 体色が真っ白でした 昨日、一昨日は西よりの風が強く三競は潜れなかったのですが、ようやく海況が上向いてきましたね! 明日も凪予報 無制限ダイブで色々なエリアを潜り倒したいですね〜

11月2日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:21.9〜21.6℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、トラウツボ、クマドリカエルアンコウマツカサウオキリンミノ、アカハタ、オオモンハタ、ヌノサラシ、クロホシイシモチ、サザナミヤッコシテンヤッコ、キンチャクダイ、コガネキュウセン、 マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、オビテンスモドキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、コガネスズメダイ、シコクスズメダイ、メガネゴンベ、 オキゴンベ、ミナミゴンベ、ツマグロハタンポ、ミヤケテグリ、カモハラギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼセボシウミタケハゼ、ホシノハゼ 、ベンケイハゼ、ムスメウシノシタサザナミフグ(写真)ヒョウモンダコイソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビクリアクリーナーシュリンプ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ)、オルトマンワラエビ、モンハナシャコ、カイカムリ、イソコンペイトウガニナカザワイソバナガニトサカガザミナマコマルガザミイガグリウミウシアカネコモンウミウシ、シロウミウシ、フリエリイボウミウシ、アオミノウミウシ科の一種3トラフケボリアカネケボリアヤメケボリベニキヌヅツミ)、ウミウサギガイ科の仲間など
※11/2のコース取り

  サザナミフグ

コメント:雲見無制限ダイブキャンペーンでがっつり4ダイブしてきました 西よりの風が吹き、やや荒れ模様でしたがポイント制限まではいかず、牛着岩は全面OPENでした まず1ダイブ目は島裏からエントリーして大牛洞窟経由の湾内エグジット ファーストコンタクトはメガネゴンベだったのですが、いかんせん動きが早く撮影は断念… 昨日は見られたハタタテハゼが今日はお出かけ中?でした 大牛洞窟前ではクマドリカエルアンコウが今日も見られました その後、大牛沿いに進みサザナミヤッコやイソコンペイトウガニをご紹介しました 潮色は芳しくありませんでしたが生物が充実していますね〜 2ダイブ目はグンカンからエントリーして-16mアーチを経由してトレジャーロックでエグジット 地形&生物を堪能しました エビカニやウミウサギの仲間をメインにご紹介しました クローズアップレンズがおおいに活躍しましたね! 3ダイブ目は島裏からエントリーしてクレバス〜水路〜湾内ブイという地形も生物も楽しめるコース取り 人型の岩では久し振りにサザナミフグが見られました ホンソメワケベラのエステを気持ち良さそうに受けていました〜 水路ではオビテンスモドキがフラフラと泳いでいるのを挟み撃ちにしました(笑) ラスト4ダイブ目は小牛の裏カドからエントリーして小牛まわりで湾内ブイでエグジットしました 移動距離が短く生物が多い当店オススメのおいしいコース取りです ウミウサギの仲間やヌノサラシ、イソバナカクレエビ、カイカムリなどフォトジェニックな生物が見られました 2012年11月の雲見は一年の中でも至福のシーズンを迎えています 

11月1日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:20℃ 水温:22.4℃ 透明度:10m

観られた生物:ウツボ、トラウツボz、コケウツボ、クマドリカエルアンコウあくびシーンのアニメ)、ベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオネッタイミノカサゴキリンミノサツマカサゴ、イソギンチャクエビ、オニカサゴ、オオモンハタ、アカハタ、ヌノサラシ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、サザナミヤッコシテンヤッコ、チョウチョウウオ、クサヤモロ、マアジ、アカヒメジ、コロダイ、イトフエフキフエヤッコダイ、イシダイ、メジナ、イスズミ、コガネキュウセン、セジロノドグロベラ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、メガネゴンベ、オキゴンベ、ハシナガウバウオミヤケテグリコケギンポの仲間ハタタテハゼ、フトスジイレズミハゼ、ベンケイハゼ、アオサハギツマジロモンガラ、コウイカの仲間、イソバナカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビ)、カザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビオトヒメエビカイカムリイソコンペイトウガニ、トサカガザミ、ベニサンゴガニ、ヒメサンゴガニ属の一種、キカモヨウウミウシアオウミウシアヤメケボリアカネケボリトラフケボリベニキヌヅツミ)、コペポーダなど
※11/1のコース取り

  クマドリカエルアンコウ

コメント:早いもので今年もあと2ヶ月ですね 新しいカメラの進水式も兼ねてガッツリ3ダイブしてきました まず1ダイブ目は島裏からエントリーして大牛洞窟の前を経由してロッカク岩エグジット  ファーストコンタクトはメガネゴンベです 動きが速いのでちょっと手強いですね… そして大牛洞窟前ではいつものクマドリカエルアンコウ 大きなあくびシーンを繰り返し披露してくれました 近くにはベニカエルアンコウも見られました その他、サザナミヤッコやイソコンペイトウガニなども定位置にいました 2ダイブ目は同じく島裏からエントリーして小牛まわりの湾内ブイでエグジット  マクロ系を中心にじっくり潜りました 小牛の亀裂では小さなマツカサウオの幼魚が見られました その他、 ネッタイミノカサゴやキリンミノの幼魚、ヌノサラシもこのエリアです 潮色が今ひとつでしたのでワイド系は厳しかったですが今シーズンは出モノがスゴイですね〜  何が出ても不思議な感じがしません 最後は水路のエンタクミドリイシでヒメサンゴガニ属の一種をチェック✔してブイへ 午後になると予報通りだいぶ西よりの風が強くなってきました 昨日、行方不明だったフリソデエビを探しにグンカンからエントリー もちろんミラクルは起こらずあえなく撃沈しました グンカンではユニークな動きのキカモヨウウミウシ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビなどが見られました  その後、大牛経由でサプライズ狙いでトレジャーロックロックへ 特に目新しい生物は見られなかったのですがグビジンイソギンチャクにコペポーダがいました  最後は湾内ブイに戻って安全停止 安全停止中、クサヤモロの群れが通り過ぎて行きました 明日も西風予報です なんとか雲見、潜りたいものです…

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002-2013  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED