ダイビングログ2007年12月

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

12月31(月)

菖蒲沢 ポイントA/ポイントM

天候:晴れ 気温:8℃ 水温:16〜15℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:ウツボ、ベニカエルアンコウ(写真)、イタチウオ、ハナミノカサゴ、メバル、キビナゴ、イナダ、ネンブツダイ、アカヒメジ、キンメモドキ、タカノハダイ、ハコフグ、シマウミスズメ、キタマクラ、 オトヒメエビ、イセエビ、キイロウミコチョウ、クロヘリアメフラシ、ミツイラメリウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシキイロイボウミウシサギリオトメウミウシ、ミチヨミノウミウシ、ハツユキダカラ、アワビなど

  ベニカエルアンコウ

コメント: 前日より西風が強くなった為、さすがに田子を断念、、、 東伊豆の菖蒲沢を潜ってきました 西伊豆とはうって変わってベタ凪、透明度も良かったです! ロケーションと小さな生物を楽しみ2007年の潜り納めとなりました 100本、200本記念のお祝いもあり、とってもおめでたい締めくくりとなりました 2007年遊びに来て下しました皆様、本当にありがとうございました 2008年も安全を第一に考え、楽しいガイドとスクールをご提供できるよう努力を惜しみませんので、是非また遊びにいらして下さい 楽しみにお待ち申し上げます それでは、良いお年を!!
BY松田

12月30(日)

田子 白崎bP/造船所前

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:15℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ウツボ、ダイナンウミヘビヒフキヨウジ、アオヤガラ、キビナゴ、ミノカサゴ、メバル、メジナ、ハタタテダイyg、クロサギ、ヒメジ、 コウライトラギス、チャガラ、ハナハゼ、オニハゼ、ダテハゼ、ホシハゼ、アミメハギ、ダルマガレイ、ヒトデヤドリエビビシャモンエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ(写真)ウデフリツノザヤウミウシver.12)、ヒロウミウシ、イガグリウミウシサラサウミウシシロウミウシ、アオウミウシ 、コイボウミウシなど

  ナマコマルガザミ

コメント:予報通り大西になりました しかも強烈です と、いうことで田子湾内を潜ってきました 水面は風であおられるのですぐに潜降して水中で集合しました 潮色は依然良く、透明度抜群! 水中はとっても穏やかでした ウミウシの仲間や甲殻類をじっくりウォッチ&フォト さすがにこの風では西伊豆エリアでは潜れるポイントは少なく、思ったよりダイバーが集まってしました 2ダイブ目はさらに風が強くなり白崎も厳しい状態になりましたので、久し振りにシークレット・ポイントがOPEN 今年の2月に潜った時はニシキツバメガイをはじめ、砂中潜行型のウミウシが見られました 今回は藻場を丹念に探したものの、ウミウシは見られませんでしたが精査すれば結構いろいろいそうな雰囲気がビンビンしていました
BY松田

12月29(土)

雲見 牛着岩

天候:雨→曇り 気温:18℃ 水温:15℃ 透明度:12m

観られた生物:カエルアンコウオオモンカエルアンコウygイロカエルアンコウver.123)、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、キリンミノyg、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タテジマキンチャクダイygヤマドリコケギンポの仲間サビハゼモンガラカワハギ、ミナミハコフグyg、コウイカの仲間、オトヒメエビ、Oncinopus sp.ver.12)、オルトマンワラエビテントウウミウシ(写真)サガミリュウグウウウミウシキャラメルウミウシコールマンウミウシ、シラユキウミウシ、フジイロウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、トラフケボリver.12)など

  テントウウミウシ交接中

コメント:前夜の大雨で河川から泥水が流入し、水面は濁っていましたが潜ってしまえばそこにはBLUEの世界が広がっていました 前日の天気予報を見る限り今日の雲見は厳しいかなぁ〜と思っていただけに、潜れただけでもラッキーでした! 2007年雲見潜り納めのLOGを飾る画像はテントウウミウシに決定 ちょっと地味な感じもしますが、個人的に好きなウミウシなので、、、 また来年も雲見のダイビングエリアをしっかりとリサーチしてご一緒した方々に楽しんで頂けるよう頑張ります 明日以降は冬型の気圧配置が強まりますので田子湾内を潜る予定です 潮色がいいので大きなウミトサカを見ているだけでも癒されます 楽しみです!
BY松田

12月28(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:15℃ 水温:15℃ 透明度:15m

観られた生物:ダイナンウミヘビ、カエルアンコウオオモンカエルアンコウver.12)、イロカエルアンコウver.123)、ベニカエルアンコウver.123)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ウミテング、アオヤガラ、クエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タテジマキンチャクダイyg、スズメダイ、ヒメギンポ、ミヤケテグリトウシマコケギンポモンガラカワハギヒョウモンダコムチカラマツエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビver.12)、オトヒメエビ、イセエビ、オルトマンワラエビ、Oncinopus sp.通称:オランウータンクラブ ver.12)、ナマコマルガザミ、ショウジンガニ、キャラメルウミウシカナメイロウミウシ(写真)コモンウミウシver.12)、セトイロウミウシフジイロウミウシDORIDIDAE sp.4コールマンウミウシサラサウミウシシロウミウシアオウミウシバライロマツカサウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、オトメウミウシトラフケボリver.12オオウミシダトウマキクリムシなど

  カナメイロウミウシ

コメント:今週に入り穏やかなコンディションが続いています 今日の雲見は潮色抜群で流れもなく気持ちよく潜れました 今日のヒットはなんといってもカナメイロウミウシでしょう!ボク自身、今シーズン2度目の出会いでした 実に美しいウミウシです その他、コールマンミウシ、キャラメル、DORIDIDAE sp.4、コモン、シロ、サラサなどが畳一帖ほどの狭いスペースでこれでもかと言うくらい見られ、雲見のウミウシ密度の濃さを改めて実感しました 透視度は15m、水温は15℃台と安定しています 魚影の濃さにもきっと満足頂けるのではないでしょうか? 2ダイブ目はDサービスから情報があったオランウータンクラブを確認しました! 個体数は多く他でもGET 毛むくじゃらでルックスはまさにオランウータンですね
BY松田

12月24(月)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:16〜15℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ミノカサゴ、メバル、コロダイyg、コブダイyg、ブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポの仲間スケロクウミタケハゼ、ニシキハゼ、チャガラ、アオサハギyg、シマウミスズメ、ヒョウモンダコヒトデヤドリエビver.12)、ビシャモンエビアカホシカクレエビver.12)、ヒメイソギンチャクエビイソギンチャクモエビオトヒメエビ、イセエビ、コマチコシオリエビオルトマンワラエビver.12ハナミドリガイウデフリツノザヤウミウシver.123)、イガグリウミウシサラサウミウシコモンウミウシアオウミウシ、コイボウミウシ、透明度抜群の白崎のロケーション(12)など

  田子湾内のロケーション

コメント:クリスマス・イブ、そして三連休の最終日です 港はダイバーも少なく、のんびりできました 朝のうち西よりの風が強く吹いていたため、田子湾内を潜りました ただ、予報どおりお昼前には風もおさまり凪になりました 潮色は前日よりUP 透視度はなんと15m!マクロだけではもったいないということでワイコン大活躍の本日の海でした 2ダイブとも同じポイントをじっくりとフォトダイブ 1ダイブ50分以上潜りましたが普通に泳いで2〜3分の距離を40分以上かけ、皆さんにたくさんの写真を撮影して頂きました ここにきてようやくハナミドリガイが見られました 田子湾内はこれからの時期、ゴクラクミドリガイ科の仲間が増えてくると思います
BY松田

12月23(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:16〜15℃ 透明度:12m

観られた生物:オオモンカエルアンコウver.12)、イロカエルアンコウver.12)、ベニカエルアンコウver.12)、キリンミノ、カタクチイワシ、キンメモドキ、ブダイ、タテジマキンチャクダイyg、マダラトラギス(写真)、 ヒメギンポ、ガラスハゼモンガラカワハギ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミミアミラウミウシゴマフビロウドウミウシ、セトイロウミウシ、サラサウミウシver.12コモンウミウシ、 シロウミウシ、アオウミウシ、キャラメルウミウシミズタマイボウミウシフリエリイボウミウシ、バライロマツカサウミウシ、トラフケボリなど

  マダラトラギス

コメント:強烈なヨタが入り、水路の壁や大牛の沖側のウミウシ・エリアのコンディションは撮影にはちょっと厳しい状態でした ウネリに翻弄されながらも皆さん頑張って壁に張り付いて60分×2のフォトダイブを満喫しました 1ダイブ目は牛着岩の沖側でカエルアンコウの仲間やキンメモドキの群れなどをウォッチ 潮色がいいので中層を浮遊するのも気持ちいいですね 水路の壁ではセトイロウミウシやキャラメルウミウシなどキレイ系イロウミウシが登場 2ダイブ目の大牛ではモンガラカワハギやイロカエルアンコウの幼魚、ガラスハゼなどをカブリつきで撮影して頂きました 今日の写真はマダラトラギス 模様が珍しかったので撮影して頂いたのですが、このトラギスの仲間は初めて見ました!
BY松田

12月19(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:15℃ 透明度:12m

観られた生物:カエルアンコウオオモンカルアンコウver.12)、イロカエルアンコウver.1234)、ベニカエルアンコウver.1234)、ハナタツキリンミノ、キビナゴ、マアジ、クロホシイシモチ、マダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タテジマキンチャクダイyg、カゴカキダイ、クマノミ、ヒメギンポ、ニジギンポ、イチモンジハゼ、ガラスハゼ、モンガラカワハギ、アオサハギ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、スイートジェリーミドリガイニシキウミウシ、コールマンウミウシサラサウミウシver.12コモンウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、フリエリイボウミウシバライロマツカサウミウシ、オトメウミウシ、サギリオトメウミウシ、ベニキヌヅツミなど

  イロカエルアンコウyg

コメント:冬型の気圧配置が緩み、久し振りの凪になりました このところの西風続きでさすがに水温は若干下がったものの、潮色は依然良好です 牛着岩周辺ののウミウシポイントではイロウミウシの仲間の幼体を中心に爆発的に個体数が増えています 特にシロウミウシ、コモンウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシといった種類が目に付きます 中層を見上げれば魚影も濃く、キンメモドキやツマグロハタンポなどが大きな群れを形成していました 本日はダイバーの方からお預かりしたデジカメをカスタマイズし、そのテスト撮影を兼ねて潜りました 大きめの拡散板を加工して取付けることによって、レンズを2枚重ねにしてもケラレもなくいい感じに仕上がりました!
撮影機材:富士フィルムファインピクスF50fd,INON UCL-165AD×2
BY松田

12月16(日)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:16℃ 透明度:12m

観られた生物:ウツボ、ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、ミノカサゴ、コロダイyg、マダイ、コブダイyg、カゴカキダイ、アミメハギ、アオサハギ、ハナハゼ、ニシキハゼ、ホシノハゼ、チャガラ、ビシャモンエビ(写真)アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビコマチコシオリエビナマコマルガザミウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシサラサウミウシシロウミウシ、アオウミウシなど

  ビシャモンエビ

コメント:冬型が緩み、徐々に西風が弱くなってきたものの本日も雲見はCLOSEでした と、いうことでまたまた田子湾内に行ってきました これからの時期はダイビング中の移動距離が短く、一ヶ所でガッチリ潜れる田子湾内がオススメです 今日の1ダイブ目はディープダイバーSPコースのダイブ3と絡めてのダイブ 白崎bPブイから西側の深場に進みムチカラマツ林の周辺の岩場でレアものウミウシを捜索しました 過去にカンナツノザヤウミウシやセトリュウグウウミウシを見ているエリアだけに期待が大きかったのですが今回は残念ながら見られませんでした  でも、昨日より透明度が上がり何より西風がやんだので暖かかったです!
BY松田

12月15(土)

田子 白崎bP/白崎bQ〜bS

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:17〜16℃ 透明度:10〜6m

観られた生物:アカエイ科のエイ、ウツボ、アオヤガラ、カタクチイワシ、ミノカサゴ、オニカサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、クロサギ、トノサマダイyg、ミスジチョウチョウウオyg、イトヒキベラ、 コブダイ若魚、ソラスズメダイ、スズメダイ、スケロクウミタケハゼ、ハナハゼ、ホシハゼ、アミメハギ、アオサハギ、ヨソギ、ボウズコウイカ、ヒョウモンダコ、ビシャモンエビ、アカホシカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、イセエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミウデフリツノザヤウミウシver.12)、イガグリウミウシコモンウミウシシロウミウシアオウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシなど

  ミノカサゴ

コメント:引き続き、大西(西風強風)で雲見はCLOSE 田子湾内で講習&ファンダイブをして来ました 前日より風が強くなったせいか、透明度もやや落ちてしまいました それでも潮色自体はまずまずでしたのでフォト派の方はワイドマクロなどの撮影を楽しみました 珍しいヒョウモンダコの交接シーンやピカチュー、コモンウミウシなどが見られました ヒメエダミドリイシの群生地ではトノサマダイやミスジチョウチョウウオの幼魚がまだ見られ日差しも入っていたので、水中はさながら南国チックでした これから水温が下がってくると白崎bPの深場では冬の季節来遊魚、リュウグウハゼが目撃されるようになります 楽しみですね!
BY松田

12月14(金)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:17〜16℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アオヤガラ、カタクチイワシ、ミノカサゴver.12)、メバル、コロダイyg、マダイ、イトヒキベラ、オハグロベラ、ブダイ、スズメダイ、チャガラスケロクウミタケハゼ、イチモンジハゼ、 シュンカンハゼ、ボウズコウイカヒトデヤドリエビver.123)、ビシャモンエビアカホシカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビオルトマンワラエビver.12)、ウデフリツノザヤウミウシチャガライガグリウミウシアオウミウシ、オオアカヒトデ、ニホンアワサンゴなど

  アカホシカクレエビ

コメント:西高東低の冬型の気圧配置になり、雲見はCLOSE と、いうことで田子湾内をフォトダイブ・リクエストで潜ってきました!午前中はとにかく潮色が良く透明度抜群 マクロだけではもったいないロケーションでした 風波で水面は多少、パシャパシャしていたものの海の中は非常に穏やかでした ワイドコンバージョンレンズを使ってワイドマクロで遊んだり、フォトダイブを満喫してきました ピカチューはたまたま産卵中に遭遇 今冬も大量発生の予感です(嬉) 白崎の1番ブイだけでもたっぷり1時間ダイブを2本楽しめます そろそろミドリガイの仲間があちらこちらで見られるようになると思います
BY松田

12月12(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:17〜16℃ 透明度:12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、カエルアンコウ(写真)イロカエルアンコウygオオモンカエルアンコウygベニカエルアンコウver.12)、キリンミノオニカサゴハオコゼ、クエ、キビナゴ、イナダ、 マアジ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マダイ、イスズミ、ツマグロハタンポ、キンメモドキ、ヤマドリ、ニザダイ、モンガラカワハギ、 アミメハギ、イソギンチャクエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、テントウウミウシ、ニシキウミウシ、ミアミラウミウシDORIDIDAE sp.4コールマンウミウシ、 アオウミウシ、GLAUCIDAE sp.4など

  カエルアンコウ

コメント:前日の雨もすっかり上がり、お天気になりました コンディションがやや回復し、水温17℃〜16℃、透視度は12mとまずまずでした 1ダイブ目は小牛周辺をじっくりフォトダイブ ダイブタイムは50分でしたがフォトダイブだと、とても小牛を一周まわることはできません(笑) ブイから裏(沖側)にかけてじっくり潜りました 2ダイブ目は大牛の周辺をやはり丹念に時間をかけてフォトダイブ 平均水深が比較的浅くとれるので、減圧不要限界を気にせず安心して撮影に専念して頂けます 特にレアな生物狙いでというのではなく、普通種をキレイに撮って頂きました 西伊豆のこれからの時期はガンガン泳いでアグレッシヴに攻めるというよりはのんびりフォトダイブが主流ですね
BY松田

12月10(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:16℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:トラウツボ、ホタテウミヘビ、オオモンカエルアンコウygイロカエルアンコウベニカエルアンコウver.123)、ハナタツウミテングカミソリウオ、イタチウオ、サツマカサゴ、キビナゴ、カタクチイワシ、クエ、キンギョハナダイ、イナダ、イサキ、コロダイ、マアジ、マダイ、イシダイ、テングダイ、ハタタテダイ、カゴカキダイ、クマノミ、スズメダイ、ツマグロハタンポ、キンメモドキ、ミヤケテグリアライソコケギンポver.12)、ネジリンボウ(写真)、ソウシハギ、モンガラカワハギ、メガネハギyg、ハコフグyg、アオリイカ、ムチカラマツエビver.12)、アカホシカクレエビ、イセエビ、甲殻類不明種、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、ミアミラウミウシDORIDIDAE sp.4コールマンウミウシトラフケボリ、ベニキヌヅツミオオウミシダトウマキクリムシなど

  ネジリンボウ

コメント:お天気、海況とも素晴らしいコンディションに恵まれました 1ダイブ目は大牛の端からエントリー ネジリンボウやモンガラカワハギ、イロカエルアンコウなどをウォッチしました 一昨日、目撃したヒュプセロドーリス・ゼフィラを期待して見に行ったのですが残念ながら移動して見られませんでした 2ダイブ目は久し振りに-24mのアーチを通りました アーチの入口付近の中層では大きなクエが2個体、気持ち良さそうにクリーニングされていました キビナゴの群れにイナダや大きなマダイがアタックをかけていました!3ダイブ目は小牛周辺をじっくりのんびり ウミウシの仲間や甲殻類、ミヤケテグリなどが見られました 12月に入り水温は少し下がりましたが、生物的にはかなりいい感じです
BY松田

12月9(日)

田子 白崎bP/弁天島

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:16℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、ミノカサゴver.12)、カタクチイワシ、ボラ、セミホウボウ、 コロダイyg、マダイ、ミツボシクロスズメダイyg、マツバスズメダイ、ハナハゼ、ダテハゼ、ボウズコウイカver.12)、ヒトデヤドリエビver.12)、ビシャモンエビ、オシャレカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビver.12)、コマチコシオリエビ(写真)オルトマンワラエビコマチガニ(写真)ナマコマルガザミスイートジェリーミドリガイヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシニシキウミ幼体イガグリウミウシサラサウミウシシロウミウシ、アオウミウシ、イボヤギミノウミウシヒラムシの仲間など

  コマチコシオリエビ

コメント:本日も冬型の気圧配置になり、雲見は西風CLOSE 田子湾内を潜りましたが実は今、田子湾内が盛り上がっています 今シーズンは少し中休みがあったものの、ピカチューが大量発生しています 本日も大小さまざまな個体が見られました 冬型の気圧配置といっても緩く、大西までは吹いていませんでしたので弁天島も潜れました 久し振りの弁天島だったので、小さな生物を中心にじっくりと3ダイブしてきました 水温が徐々に下がっていますが、田子湾内はマクロ天国ですので、インナーにフリース素材のものを着用したり使い捨てカイロを貼るなどしてガッチリ防寒対策をして長めのフォトダイブを楽しみましょう!被写体が多すぎてとても40分じゃあ足りません、、、
BY松田

12月8(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:17〜16℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:カエルアンコウイロカエルアンコウver.12)、オオモンカエルアンコウygベニカエルアンコウver.12)、カミソリウオ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、キリンミノ、キビナゴ、カタクチイワシ、クエ、イナダ、マダイ、メジナ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タテジマキンチャクダイyg、キツネベラyg、クマノミ、スズメダイ、ミヤケテグリ、アライソコケギンポ、ニザダイ、モンガラカワハギムチカラマツエビアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、ヒメセミエビ、イセエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、ムラサキウミコチョウ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシサラサウミウシ、DORIDIDAE sp.4、コールマンウミウシヒュプセロドーリス・ゼフィラ(写真)、クモガタウミウシ、オトメウミウシ、コイボウミウシフリエリイボウミウシミレニアムマツカサウミウシ、バライロマツカサウミウシ、トラフケボリver.12)など

  ヒュプセロドーリス・ゼフィラ

コメント:12月に入り冬型の気圧配置が強まり西風CLOSEが続いた雲見ですが、やっと凪になり久し振りに潜れました!そして、なんとなんとっ、念願のヒュプセロドーリス・ゼフィラに出会うことができました今シーズン雲見では目撃情報を一度だけ聞いたことがありましたが、すぐにその場所に入ったものの見られませんでした それだけに出会ったときの感動は大きなものでした いや〜、本当にキレイなウミウシでしたよ 水路の壁や三競のウミウシ密度が上がってきました ウミウシ好きの方にはこれからますますいい季節になってきますね 潮色が良いのでもちろん、ワイド派の方も楽しんで頂けますよ〜!
BY松田

12月7(金)

田子 白崎bP

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ウツボ、ミノカサゴ、 オニカサゴ、メバル、カサゴ、アオヤガラ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、コロダイyg、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、ミツボシクロスズメダイyg、マツバスズメダイ、コウライトラギス、スケロクウミタケハゼ、アオサハギyg、アミメハギyg、ヒョウモンダコビシャモンエビヒトデヤドリエビver.123)、オシャレカクレエビ(写真)アカホシカクレエビ、ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビオルトマンワラエビナマコマルガザミ、ベニイシガニ、ウデフリツノザヤウミウシ(通称:ピカチュー)イガグリウミウシアオウミウシコイボウミウシなど

  オシャレカクレエビ

コメント:本日も西風が強く吹き雲見がCLOSEしたため、田子湾内をロングで2ダイブしてきました 普通にゆっくり泳げば2〜3分で移動できる距離を50分以上かけてじっくり潜りました このところの西風続きで水温が少し下がりましたが、季節来遊魚や季節モノの甲殻類などがまだまだ見られています 特にこれからの時期はダイバーもめっきり少なくなりますのでフォト派の方には願ったり叶ったりのフォトダイブが満喫できること間違い無しです 潮色自体は非常に良いので冬型の気圧配置さえ緩めば期待で着ます 明日は凪ぎの予報です 久し振り(先週土曜日以来)の雲見を満喫したいと目論んでいます!
BY松田

12月4(火)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:17℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ミノカサゴ、ハオコゼ、メバル、コロダイyg、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、チャガラ、ニシキハゼ、スケロクウミタケハゼヒトデヤドリエビビシャモンエビオシャレカクレエビアカホシカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビver.12)、オルトマンワラエビナマコマルガザミウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシver.12)など

  ヒトデヤドリエビ

コメント:引き続き冬型の気圧配置が続き、大西が吹いています 雲見は当然CLOSEの為、田子湾内をガッチリ潜ってきました 西風が続いている為、水温が若干下がりましたが水温が下がってくるとキアンコウなどの深海性の生物、マトウダイ、冬の季節来遊魚リュウグウハゼなどの登場に期待がもてます もう少しするとハナミドリガイやチゴミドリガイなどのゴクラクミドリガイの仲間が出てくるかもしれませんね!寒くなるこれからの時期、潮色自体はとても良いのでワイド系も楽しんでいただけると思います 再来週の3連休、年末年始もまだ空きがありますので是非、フォトダイブ・リクエストをお待ちしています!
BY松田

12月2日(日)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:18℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:サツマカサゴ(白化個体)、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、ヤライイシモチ、マダイ、ミツボシクロスズダイyg、スズメダイ、アカカマス、ササハゼ、スケロクウミタケハゼ、ビシャモンエビヒトデヤドリエビver.12)、オシャレカクレエビアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビコマチコシオリエビ、ナマコマルガザミ、ウデフリツノザヤウミウシ、アオウミウシなど

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:当初、雲見を予定したのですがコンディションが良くなかったためポイントを急きょ田子湾内に変更しました さすが田子湾内、穏やかなコンディションで小物系がとても充実していました 西風が吹いて風波が立っていましたが、透明度は思ったより良かったです 人気のピカチューも登場 イソギンチャクやヒトデを宿主にしているカクレエビなどをじっくり撮影しました ミノカサゴは幼魚から成魚までがあちらこちらでたくさん見られました これからの時期、冬型の気圧配置になり西風が吹くことが多くなります 雲見がCLOSEの時はマクロ系が充実している田子湾内をご案内致します!
BY松田

12月1日(土)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:17℃ 水温:18℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ホタテウミヘビ、ウツボ、オオモンカエルアンコウygイロカエルアンコウver.1234)、カエルアンコウベニカエルアンコウver.12)、ハナタツ、ノコギリヨウジ、ワカヨウジウミテング、イタチウオ、マツカサウオyg、キビナゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、クエ、イナダ、カンパチ、イサキ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タテジマキンチャクダイygコブダイ、セジロノドグロベラyg、カマスベラ、アライソコケギンポ、ハコフグyg(写真)、アオリイカ、ボウズコウイカ、マダコフリソデエビ、ムチカラマツエビ、イソギンチャクモエビナマコマルガザミムラサキウミコチョウテントウウミウシヒロウミウシ、キイロウミウシ、シロタエイロウミウシDORIDIDAE sp.4コールマンウミウシセトイロウミウシコモンウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、フリエリイボウミウシバライロマツカサウミウシミレニアムマツカサウミウシ、セスジミノウミウシ、ハクセンミノウミウシアオミノウミウシ科の一種、トラフケボリ、サチコツグチなど

  ハコフグyg

コメント:今日から12月です 2007年も早いものであと1ヶ月ですね さて、海のほうはというと依然いいコンディションが続いています 大牛周辺ではフリソデエビやイロカエルアンコウの幼魚、ウミテングなど 小牛の周辺では小牛の洞窟前のハコフグ幼魚(写真)やハナタツ、タテキン幼魚、オオモンカエルアンコウの幼魚、キンメモドキの群れ、キビナゴにアタックをかけるイナダやカンパチの群れ、そして大きなマダイの群れなどどのエリアもおおいに盛り上がっています 午後から西風が強くなりましたが3ダイブじっくりとフォトリクエストにお応えしました まだまだいい状態が続きそうです!是非、EXILESに遊びにいらして下さい
BY松田

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED