ダイビングログ2008年12

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

デジカメ動画はQuickTimeをダウンロードして下さい

12月31日(水)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:9℃ 水温:16.0℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:アオヤガラ、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、コスジイシモチ、キンセンイシモチ、カゴカキダイ、ホンソメワケベラ、ブダイ、コウライトラギススケロクウミタケハゼガラスハゼ、オキナワベニハゼ、オニハゼ、カワハギ、ヨソギ、キタマクラ、ヒトデヤドリエビオシャレカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、 オトヒメエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミ、 コトヒメウミウシ、ヒロウミウシカンナツノザヤウミウシウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシコイボウミウシ、シロハナガサウミウシ、テンロクケボリ、ヒラムシの仲間など

  ヒトデヤドリエビ

コメント:大晦日、2008年も今日で終わりです 昨年の大晦日は大西が吹いて東の菖蒲沢を潜ったのがまるで昨日のことのように感じられます 昨日同様、さほど強い西風ではなかったので1ダイブ目は弁天島を潜りました 今シーズン当たり年のカンナツノザヤウミウシやピカチュウ、イソギンチャクを宿主にするエビの仲間をじっくり撮影しました 2ダイブ目は白崎でウミウシ撮影 だんだんとウミウシの密度が濃くなってきています! 昨年中はダイブストアエグザイル及びWEBページに遊びに来てくださいましてどうもありがとうございました 来年も生物情報を収集して正統的なガイド付きダイブをご提供いたしますので来年も宜しくお願い致します!

12月30日(火)

田子 弁天島/白崎bP

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:16.1℃ 透明度:15m

観られた生物:アオヤガラ、ミノカサゴ、クロホシイシモチ、マダイ、メジナ、イスズミ、オキゴンベ、アオブダイ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、チャガラ、ニシキハゼ、クロイトハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、オニハゼ、アカカマス、マトウダイ、アオサハギ(写真)、アミメハギ、オシャレカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、マルガザミナマコマルガザミチャイロミドリガイアズキウミウシウデフリツノザヤウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシなど

  アオサハギ

コメント:年の瀬も迫ってきました この時期特有の西風で田子湾内を潜りました 西風といってもさほど強くなかった為、弁天島も潜れました! と、いうことで1ダイブ目は弁天島 ブイからエントリーして深場へ スナイソギンチャクを宿主にするイソギンチャクモエビオシャレカクレエビ、やマルガザミ、トラフナマコを宿主にするナマコマルガザミなど小さな甲殻類を観察しました 特に今シーズンははオシャレカクレエビの個体数が多いようでひとつのイソギンチャクに大小、数個体見られます とっても小さなピカチュウも見られましたよ! 2ダイブ目は白崎です 水温が下がってきてアズキウミウシやチャイロミドリガイなどのゴクラクミドリガイの仲間もチラホラ登場し始めました! これから時期はウミウシが盛り上がってきます

12月29日(月)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:15.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオyg、キビナゴ、マダイ、ヨコシマクロダイygタキゲンロクダイyg(写真)、キンチャクダイyg、コブダイ若魚、クダゴンベ、オキゴンベ、ミツボシクロスズメダイyg、タスジウミシダウバウオミヤケテグリスケロクウミタケハゼガラスハゼ、コクテンベンケイハゼ、ツバメウオ若魚ツマジロモンガラyg、ムスメウシノシタ、ミナミハコフグygイソバナカクレエビビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、アオウミウシ、コダマウサギガイトラフケボリ、オオウミシダトウマキクリムシなど

  タキゲンロクダイyg

コメント:冬型の気圧配置が緩み、前日まで吹き荒れた西風がおさまり雲見OPENです 明日からはまた西高東低の冬型の気圧配置に戻るのでいよいよ2008年雲見の潜り納めといったところです 1ダイブ目はこのところお気に入りの大牛の裏からエントリーして−16mのアーチ付近でエキジットするコース取りです 比較的コブダイの遭遇率が高いのと、甲殻類やウミウシの仲間が多く見られるので手堅いコース取りとも言えます タキゲンロクダイの幼魚やキンチャクダイの幼魚も見られました 2ダイブ目はリクエストのクダゴンベを撮影しに−24mアーチのブイからエントリーしました 小牛周辺を散策したのですが、このエリアもとにかく被写体が多いです! この時期は天候に左右されやすいのが難点ですが、是非フォト・ダイブで雲見をご一緒しましょう!

12月28日(日)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:16.1℃ 透明度:10〜8m

観られた生物:ミノカサゴ、メバル、アケボノチョウチョウウオyg、トノサマダイyg、ミスジチョウチョウウオyg、ミツボシクロスズメダイyg、オキゴンベyg、ヒレナガハギyg、ホシハゼ、イソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミヒロウミウシウデフリツノザヤウミウシ(写真)、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシなど  抜群の透明度(ヒメエダミドリイシの群生地 水深−8m)

  ウデフリツノザヤウミウシ

コメント:予報どおり冬型の気圧配置となり、雲見はCLOSE、、、 田子湾内を潜りました 大西の為、旬のカンナツノザヤウミウシが出没している弁天島エリアを潜ることができず白崎2ダイブでした マクロ系の被写体が非常に多い白崎、もう潜れるだけでもOKです! ピカチュウをはじめイロウミウシの仲間やヒメエダミドリイシの群生地でチョウチョウウオの幼魚をじっくり観察してきました 大西の影響で潮色、水温とも下がりましたが浅場は採光も充分でしばし伊豆を忘れさせられるロケーションが広がっていました! いよいよ2008年も残すところあとわずか 最後まで安全第一で気を引き締めてもぐりたいと思います!

12月27日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:16.7℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:トラウツボ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ワカヨウジ、ノコギリヨウジ、マツカサウオyg、マダイ、ヨコシマクロダイyg、タキゲンロクダイyg、クダゴンベ、オキゴンベ、ウイゴンベ、タスジウミシダウバウオ、ミヤケテグリ、ガラスハゼ、コクテンベンケイハゼ、ツバメウオ若魚、マトウダイ、ミナミハコフグygビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、ウミエラカニダマシ、モクズショイ、イソコンペイトウガニ(写真)ナマコマルガザミ、アオウミウシ、ウミウサギガイ、テンロクケボリ、トラフケボリなど

  イソコンペイトウガニ

コメント:2008年最後の週末、ヘヴィ・リピーターのさまと雲見を潜ってきました 水温は遂に17℃を切ってしまいましたが、潮色は抜群で絶好のダイビング日和でした 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーし、最近お決まりのクダゴンベからスタート じっくり移動せずにフォト・ダイブを満喫してエントリー・エリアとほぼ同じ場所でエキジットしました 2ダイブ目は小牛周辺を同じく、じっくりフォト・ダイブ ウミエラカニダマシやマツカサウオの幼魚、ミヤケテグリなどを撮影しました そしてラスト3ダイブ目は大牛の裏でエントリー 小さな甲殻類の仲間やウミウシの仲間を撮影しました 明日は冬型の気圧配置になり西風で雲見がCLOSEする予報です もしかしたら、今日で雲見の潜り納めでしょうか・・・!?

12月24日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:17.4℃ 透明度:15m

観られた生物:イロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、マツカサウオygハナミノカサゴ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、クダゴンベ、オキゴンベ、ヨコシマクロダイyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、コガネスズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ツノダシ、スケロクウミタケハゼガラスハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、コクテンベンケイハゼツバメウオ若魚、アオサハギ、ツマジロモンガラygミナミハコフグyg(写真)、ムスメウシノシタ、ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビシオダマリカクレエビオルトマンワラエビ、モクズショイ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミニシキウミウシアオウミウシアオミノウミウシ科の仲間ウミウサギガイ、コダマウサギガイ、テンロクケボリ、トラフケボリなど

  ミナミハコフグyg

コメント:クリスマス・イヴの本日、穏やかな海況に恵まれました 一昨日の西風の影響でしょうか、水温が若干下がったものの例年に比べればそれでも水温は高めをKEEPしています PADIデジタル・アンダーウォーター・フォトSPコースで牛着岩周辺を潜りました 潮色よく、たくさんの生物も登場 被写体には困りませんでした! 今回、マクロコンバージョンレンズ・デビューということで小さな生物を中心にじっくり3ダイブ満喫しました 一昨日目撃したミナミハコフグの幼魚ですが、今日は何とか撮影することができました 水温が高いので例年より季節来遊魚の密度が濃い感じがします ヨコシマクロダイの幼魚やツマジロモンガラの幼魚などは同じエリアから動かないのでじっくり観察&撮影できますよ

12月22日(月)

田子 弁天島/白崎bP/白崎bS

天候:晴れ 気温:16℃ 水温:17.8℃ 透明度:12〜10m

観られた生物:ノコギリヨウジミノカサゴ、メバル、クロホシイシモチ、オキゴンベ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、アカカマス、オキナワベニハゼイチモンジハゼ、オグロクロユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、ササハゼ、コウイカの仲間、アカホシアクレエビ、イソギンチャクモエビ、オシャレカクレエビカザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミヒロウミウシカンナツノザヤウミウシ(写真)ウデフリツノザヤウミウシイガグリウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシ、カメキオトメウミウシなど

  カンナツノザヤウミウシ

コメント:予報通りあいにくの西風強風、、、 雲見は残念ながらCLOSEということで、田子湾内を潜ってきました 田子湾内は非常に穏やかで外洋の風波がまるでウソのようなベタ凪でした カンナツノザヤウミウシの目撃情報があり早速、弁天島を潜りました このウミウシは過去に白崎で1個体しか観たことがなくしかも7年前のことです 期待に胸が高鳴ります そしていましたいました、7年振りのカンナツノザヤウミウシっ! しかも、2個体!! いや〜、可愛かったですね その他、小さなピカチュウやオシャレカクレエビなどが見られました 白崎bPではピカチュウ三昧 久し振りの白崎bSはヒレナガネジリンボウ狙いで入ったのですが残念ながら巣穴から出ていませんでした この時期に3ダイブ満喫できるくらい出モノがHOTな田子湾内でした 明日は穏やかな海況になりそうです

12月21日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:18.1℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:イロカエルアンコウニシキフウライウオマツカサウオygクエ、ネンブツダイ、クロホシイシモチ、マダイ、コロダイ、クマノミ、コガネスズメダイ、ヨコシマクロダイyg(写真)クダゴンベオキゴンベ、ツノダシ、ミヤケテグリコケギンポの仲間スケロクウミタケハゼガラスハゼオキナワベニハゼアオサハギ、ミナミハコフグygコウイカの仲間ビシャモンエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミコトヒメウミウシサガミリュウグウウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシリュウモンイロウミウシシロタエイロウミウシキイロイボウミウシコイボウミウシスミゾメミノウミウシ、ウミウサギガイ、コダマウサギガイ、テンロクケボリなど

  ヨコシマクロダイyg

コメント:天気予報では正午過ぎから西風強風とのこと いつもより1:30早く大急ぎで出発 通常、8:30からエントリーOKのところを前倒しで8:00過ぎにエントリーさせてもらいました 実際のコンディションはというと非常に素晴らしく気温、水温とも本当に12月?と思わせるほどでした 1ダイブ目はコンディションの変化に弱い三競を潜りました 普通は水深が浅い為、午後の3ダイブ目は4ダイブ目など最終ダイブで潜ることが多いのですが、当店では出モノ(特にウミウシの仲間)が充実している時は貸し切り状態で撮影に没頭できるように1ダイブ目に潜ることもしばしばあります 日曜日、貸切の三競を満喫してきました〜!本日はサガミリュウグウウミウシを三競と牛着岩で合計3個体も目撃 久し振りの遭遇にちょっぴりコーフンしました(笑) 例年より水温が高いので季節来遊魚も元気ですよ〜

12月20日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:15℃ 水温:18.1℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:トラウツボ、ダイナンウミヘビ、イロカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコ、ゴンズイ、マツカサウオyg、キビナゴ、マダイ、コロダイ、イシダイ、テンスygミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、コガネスズメダイ、オキゴンベミヤケテグリコケギンポの仲間スケロクウミタケハゼガラスハゼネジリンボウ(写真)ヒレナガネジリンボウダテハゼ、ハナハゼ、オグロクロユリハゼ、オトメハゼ、コクテンベンケイハゼ、アオサハギ、ビシャモンエビムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、モクズショイ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミヒメコモンウミウシ、アオウミウシ、フジイロウミウシリュウモンイロウミウシ、スミゾメミノウミウシ、トラフケボリコダマウサギガイテンロクケボリなど

  ネジリンボウとヒレナガネジリンボウの共生

コメント:引き続きお天気に恵まれました 前日残っていたヨタもすっかりなくなり絶好のダイビング日和 本日もガッツリ3ダイブしてきました! 今日も出モノ満載でした 贅沢にも旬のクダゴンベとニシキフウライウオを封印してのフォト・ダイブです 1ダイブ目はネジリンボウ狙いで漁礁からエントリー 最近、行ってなかったので久し振りにじっくり観察してきました 石で巣穴をサークル状に囲ってあるのですが、サークルの石まではネジリンボウに寄れるようになりました 2ダイブ目もネジリンボウ・リクエストで再度、同じコースを計画しました 残念ながら他のパーティが我々の前に来ていた為、ネジリンボウは引っ込んで見られませんでしたが、他の生物をじっくり撮影しました 3ダイブ目は大牛周辺を潜りました ボク自身、初のヒメコモンウミウシのと出会いがありました!ラッキ〜でしたぁ!!

12月19日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:13℃ 水温:17.6℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:トラウツボ、ダイナンウミヘビ、イロカエルアンコウベニカエルアンコウ、ニシキフウライウオ、ゴンズイ、ハナミノカサゴ、キンチャクダイyg、クマノミyg、ミツボシクロスズメダイyg、コガネスズメダイ、クダゴンベ(写真)トラギス、ミヤケテグリ、コケギンポの仲間、スケロクウミタケハゼセボシウミタケハゼガラスハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ツバメウオ若魚、ツマジロモンガラyg、アオサハギ、マダコ、ビシャモンエビムチカラマツエビイソバナカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、モクズショイ、ナカザワイソバナガニ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミ、アオウミウシ、ユビウミウシウミウサギガイコダマウサギガイ、トラフケボリ、キヌヅツミガイの仲間など

  クダゴンベ

コメント:前日吹いた西風がすっかりおさまりました 若干、ヨタは残っているもののお天気も良くまずまずのコンディションです 本日もマクロ・フォトダイブです 1ダイブ目は−24アーチのブイからエントリーしてクダゴンベからスタート 平日でダイバーの数もまばらでしたので思う存分、粘りました 続いてニシキフウライウオを撮影 その後もマクロ系で写真映えのする被写体をじっくり」撮影しました 2ダイブ目はネジリンボウ狙いで小牛の砂地からエントリーして小牛周辺のみじっくり撮影ダイブ お目当てのネジリンボウですが、残念ながらアプローチの仕方がうまくいかず巣穴に引っ込んだまま出てきませんでした 明日、リベンジですね、、、 ラスト3ダイブ目は大牛周辺で小さな甲殻類の仲間を中心にご案内しました 明日もいいコンディションに恵まれそうです !

12月11日(木)

雲見 牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:18℃ 水温:18.4℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、ノコギリヨウジ、アマクサヨウジ、ホソウミヤッコ、ニシキフウライウオカミソリウオ(写真)マツカサウオyg、キビナゴ、ハナミノカサゴ、カンパチ、ネンブツダイ、コロダイ、マダイ、イシダイ、タキゲンロクダイygクダゴンベ、ウイゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、キンメモドキ、タスジウミシダウバウオ、ヤマドリ、コケギンポの仲間、スケロクウミタハゼガラスハゼツバメウオ若魚、アミメハギ、アオサハギ、ウミウシカクレエビビシャモンエビムチカラマツエビ、イソバナカクレエビ、アカホシカクレエビイソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、イソコンペイトウガニナカザワイソバナガニ、ナマコマルガザミ、イシガキウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、マダライロウミウシ、トラフケボリ、ベニキヌヅツミ、キヌヅツミガイの仲間など

  カミソリウオ

コメント:引き続き素晴らしいコンディションに恵まれました 今日も師走とは思えない本当に暖かな陽気でした 海況よし、出モノも豊富ろいうことで2ダイブじゃもったいないです 本日もガッツリ3ダイブしてきました! 1ダイブ目は大牛の沖側をじっくりフォト・ダイブ 透明度がいいにもかかわらず、じっくりマクロ系で粘りました 2ダイブはクダゴンベやニシキフウライウオを撮影 ラスト3ダイブ目は小牛周辺を潜りました ハナタツやベニカエルアンコウ、イシガキウ ミウシを宿主にしたイシガキウミウシなどフォトジェニックな生物を撮影しました 今シーズンはウミウシカクレエビの姿を良く見かけます 例年、アカオニナマコを宿主にした個体を見ますが、今年はちゃんとウミウシを宿主にしたパターンが多いようです

12月10日(水)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:18℃ 水温:18.5℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:ニシキフウライウオ(写真)、カミソリウオ、ネンブツダイ、クダゴンベ、オキゴンベ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、スケロクウミタケハゼ、ガラスハゼフリソデエビムチカラマツエビイソバナカクレエビ、アカスジカクレエビ、イソギンチャクモエビカザリイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、イソコンペイトウガニナマコマルガザミ、アオウミウシ、シロウミウシ、スミゾメミノウミウシテンロクケボリコダマウサギガイトラフケボリなど

  ニシキフウライウオ

コメント:お天気になり気温が18℃までUP 暖かい一日でした〜 海の中はというと水温も若干UP 潮色もバツグンでした でも少〜しヨタが入っていました、、、 明日のガイドの下見で入り、クダゴンベ、ニシキフウライウオ、フリソデエビ、カミソリウオをチェック その他、イソコンペイトウガニやイソバナカクレエビなども押さえておきました 明日はお昼近くに少し西よりの風が強くなりそうですが、風波なので水中は問題なさそうです 明日はさらにじ〜っくり探してみたいと思います 今の雲見はとにかく出モノが充実しています 出ているときに是非、遊びにいらして下さい! ガッツリ撮って下さい! 

12月8日(月)

雲見 牛着岩

天候:曇り→晴れ 気温:14℃ 水温:17.8℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ダイナンウミヘビ、イロカエルアンコウベニカエルアンコウハナタツニシキフウライウオマツカサウオyg、ノコギリヨウジ、ホソウミヤッコ、キビナゴ、アオヤガラ、アカハタ、ネンブツダイ、マアジ、コロダイ、マダイ、イスズミ、クダゴンベオキゴンベyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、キンメモドキ、タスジウミシダウバウオコケギンポの仲間スケロクウミタケハゼ、ガラスハゼ、ツバメウオ若魚、アオサハギ、フリソデエビビシャモンエビムチカラマツエビイソバナカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビシオダマリカクレエビ、オルトマンワラエビ、モクズショイ、ナカザワイソバナガニイソコンペイトウガニ(写真)ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、マダライロウミウシコダマウサギガイテンロクケボリトラフケボリキヌヅツミガイの仲間など

  イソコンペイトウガニ

コメント:前日残っていたヨタがとれ素晴らしいコンディションに恵まれました 平日ガッツリ3ダイブ、フォト・ガイドです 1ダイブ目は−24mアーチ根頭のブイからエントリーしてクダゴンベからスタート タスジウミシダウバイオやニシキフウライウオを粘って撮影しました 2ダイブ目はフリソデエビやイソコンペイトウガニなど甲殻類中心で ラスト3ダイブ目は小牛前でじっくりマクロ三昧! 今日もたくさんの水中生物との出会いがありました 12月というと例年ならシーズン・オフに入るところですが、今シーズンはちょっと違います 出モノ的には最も充実しているのではないでしょうか? フリソデエビ、クダゴンベ、ニシキフウライウオ、ツバメウオなど伊豆で出会えたら嬉しいラインナップが目白押しです 是非、このチャンスを逃さずに遊びにいらして下さい! 

12月7日(日)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:18.3℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ニシキフウライウオ(動画はコチラ)、カミソリウオ(動画はコチラ)、ノコギリヨウジ、アマクサヨウジ、ホソウミヤッコ、イタチウオ、マツカサウオyg、キビナゴ、ネンブツダイ、カンパチ、イサキ、コロダイ、マダイ、イスズミ、ブダイ、クダゴンベオキゴンベyg、キンメモドキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ヒメギンポコケギンポの仲間タスジウミシダウバウオ、ミサキウバウオ、スケロクウミタケハゼセボシウミタケハゼガラスハゼフリソデエビ(写真)ウミウシカクレエビムチカラマツエビイソバナカクレエビアカスジカクレエビアカホシカクレエビ(動画はコチラ)、イソギンチャクエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビオルトマンワラエビナカザワイソバナガニイソコンペイトウガニナマコマルガザミコトヒメウミウシ、アオウミウシ、ヒュプセロドーリス・クラカトアマダライロウミウシver.12)、センテンイロウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、スミゾメミノウミウシコダマウサギガイテンロクケボリトラフケボリキヌヅツミガイの仲間、オオウミシダオウマキクリムシなど

  フリソデエビ

コメント:冬型の気圧配置が緩み、前夜まで吹き荒れた大西がピタッと止みました と、いうことで2008年「雲見いっぱい潜ろうキャンペーン」の千秋楽を無事開催することができました そしてなんとなんと4本目にサプライズがありました 見出しの写真、そうフリソデエビが登場しました 3ダイブ終了後、他店情報が入り4ダイブ目に今シーズン初めて見るとこができました!昨シーズン登場したフリソデエビより小さな個体でむしろ撮影しやすいサイズですよ〜 フリソデエビ以外にもにも見どころが満載です 当店で本日見られた生物情報を是非、チェック&クリック 画像をチェックして下さいね 自分でいうのも何ですがまさに「珠玉のLOG」と胸を張っていえるコース取りで皆様をご案内致します!

12月6日(土)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:晴れ 気温:11℃ 水温:18.5℃ 透明度:12〜8m

観られた生物:ホソウミヤッコ、ノコギリヨウジ、ミノカサゴ、シマヒメヤマノカミ(動画はコチラ)、コクチフサカサゴ、オニカサゴ、メバル、トノサマダイyg、アケボノチョウチョウウオyg、カゴカキダイ、イトヒキベラ、ブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、スズメダイ、ミナミギンポ、チャガラ、ホシハゼ、ハナハゼ、ヒトデヤドリエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビ、オトヒメエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミver.12)、コトヒメウミウシヒロウミウシイガグリウミウシver.12)、ニシキウミウシアオウミウシフジイロウミウシテンロクケボリなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:昨晩から冬型の気圧配置が強まり、大西が吹きました 今日は今シーズン一番の冷え込みになりました 田子湾内も風波がたち、白崎以外は厳しい状況でした と、いうことで本日は白崎2ダイブです 1ダイブ目は1番ブイからエントリーして1番ブイでエキジットしました ミノカサゴがやたら目に付き、我々のいく後行く後を付いてきます フィンの巻き上げを利用して摂食のチャンスを伺っているようです 最近マイブームのイソコンペイトウガニを見つけようとトサカでじっくり丹念に探ったのですが、残念ながら見つけられませんでした、、、 2ダイブ目は白崎の2番ブイエントリーで2番ブイエキジットです 深場の砂泥地からスターしてヒメエダミドリイシの群生地で南方系のチョウチョウウオの幼魚を観察してブイへ戻りました 小さな生物がたっくさん見られました〜!

12月5日(金)

雲見 牛着岩

天候:曇り→雨 気温:18℃ 水温:18.9℃ 透明度:20m

観られた生物:ハナタツニシキフウライウオ(動画はコチラ)、カミソリウオ(動画はコチラ)、マツカサウオygハナミノカサゴ、ミノカサゴ、ネンブツダイ、イサキ、クダゴンベオキゴンベ、ミナミゴンベ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミヤケテグリタスジウミシダウバウオスケロクウミタケハゼガラスハゼツバメウオ若魚アカスジカクレエビウミウシカクレエビ(写真)ムチカラマツエビイソギンチャクエビver.12)、アカホシカクレエビ(動画はコチラシオダマリカクレエビカザリイソギンチャクエビイソギンチャクモエビウミエラカニダマシ、モクズショイ、イソコンペイトウガニver.123)、ナマコマルガザミヒロウミウシニシキウミウシフチベニイロウミウシ、アオウミウシ、コダマウサギガイなど

  ウミウシカクレエビ

コメント:早いもので今年も残すところ今月のみとなりました 海のほうはといいますと依然、出モノ満載の絶好調です!季節来遊魚のニシキフウライウオやカミソリウオ、ツバメウオをはじめ、クダゴンベやウミウシカクレエビなども引き続き見られています 先月発見したイソコンペイトウガニですが、2個体だと思っていたら本日なんと3個体目も見つかりました!とにかくカワイイので是非、リクエストお待ちしています イシガキウミウシにはウミウシカクレエビがペアで付いていました 本当にキレイなエビです ただこのイシガキウミウシ、かなりアクティヴなのでかなり移動しています また見られるといいなぁ 寒冷前線の接近、通過に伴いだんだん風雨が強くなってきました 明日は西風の予報です 海がいいだけに雲見CLOSEは残念ですね〜(涙)

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED